回歸減法生活

永續時尚.疼惜大地
:::

2020 / 2月

文‧蘇晨瑜 圖‧林旻萱


鼓勵消費,不斷生產,時尚產業來到史上發展的最巔峰,卻也衍生許多環境問題。

舊衣過剩、環境污染、勞工人權,時尚產業這幾年開始正視永續議題,使用回收布料再製新衣,也從二手廢棄材料做出新的產品應用,從產製端就先開始守護環境,疼惜大地。


伸展台上,模特兒展示的一切華麗而炫目。時尚產業正在精心包裝更有野心的版圖。流行、最新、趨勢、CP值超高,不買白不買,快時尚快速推出新款服飾的能力,以及用平價就能買到類似時尚精品的方便,勾動消費者不斷掏出錢包。

但這一切的背後,需要付出極大的代價。根據綠色和平組織統計,台灣20~45歲的民眾,每年至少丟棄520萬件衣服,等於每分鐘有9.9件衣服被丟進垃圾桶或是舊衣回收箱。2018年遠見雜誌透露的數據更為驚人:「台灣每年約丟棄7萬2千噸舊衣,相當於每分鐘丟掉438件衣服。」

人造纖維污染造成生態浩劫

另一個問題是碳排放。廉價的人造纖維材質相當好用,但是製程中釋放出的二氧化碳,是棉花的三倍。現在有超過60%的織物纖維是石化燃料衍生的合成纖維,因此在衣服被丟棄而進入垃圾掩埋場後,並不會腐化,而洗滌時從衣物掉落的超細纖維被沖入溪流、海洋,這些微塑膠也是千年不會腐化,因此紐約時報以揶揄的口氣報導,未來的考古學家可能會在垃圾場研究ZARA。

要扭轉時尚產業污染,一些有志之士已經付諸行動。部分知名時裝設計師開始把永續議題帶上伸展台,例如用純天然的綿、麻材質設計服飾,拒絕使用石化人造纖維。還有一些人改變製程或延長產品終點,透過回收、再造,賦予產品全新的價值,讓廢棄物點石成金。

例如標榜「不製造垃圾」的Story Wear,從全台收集回收的衣物與布料,經過設計的升級再造,與弱勢婦女裁縫師合作,重新製作出許多造型時尚的衣物,除了避免過度浪費,也創造更多在地的就業。

Story Wear創辦人陳冠百2013年時揮別在台灣5年的時尚產業工作,隻身前往英國攻讀碩士。在英國她頭一次了解,時裝產業竟然是繼石化產業後,全世界第二大的污染源。「我的教授專攻永續時尚,所以他長年都在談論這個議題。」紡織業一直是個高度污染、相當不透明的產業,不人道的剝削、超時工作,衍生不少人權問題。

Story Wear升級改造單寧布

自從中國拒收任何國家的紡織廢品後,陳冠百意識到事態的嚴重性。「接下來紡織廢品的垃圾會越來越嚴重。」台灣的回收衣物無處可去,紡織廢品全部集中島內,這件事觸動她創辦了「Story Wear」。

Story Wear的衣物原料大多來自企業捐贈的回收牛仔褲,經過清洗再製後,變身成外型時尚的單寧布料外套、長裙、拼接洋裝,或是長大衣、布背包、電腦包,也製作成環保杯袋、鑰匙圈、面紙袋等小物。

「最困難的是要把全部的牛仔褲拆掉,重新變回一塊布。」與Story Wear合作的「街角裁縫師」拿到強韌耐洗、不易變形的單寧布料後,要先把縫線拆掉,這可真的是個大工程。「街角裁縫師」是陳冠百給她們的暱稱,其實是一群熱愛手工裁縫的二度就業或弱勢婦女,以及家有身障兒的勇敢媽媽們。

為了讓裁縫師有所依循,陳冠百會先設計打樣,裁縫師再依據樣品從成堆不同顏色、厚薄的布料中,挑選出跟樣品相同版型及同類型的布,顏色要搭配正確,布紋刷紋是直或橫,都要費心搭配,再去手工拼接。

這也是為何Story Wear的顧客拿到商品時,可以看到衣物標籤上的字樣:「回收單寧布料、廢棄碎布、棉」、「手工製作時間24小時」,以及裁縫師的親筆簽名。

每件衣物擁獨特身分證

「我們每件衣服的原料都不同,所以拼起來的顏色、布紋都不一樣。」衣物獨一無二,所以需要一個獨特的身分識別。使用回收布製成的衣物標籤就可誠實告訴顧客:「這件衣服做了幾個小時」、「是誰做的」。標籤揭露了這些資訊,恰恰符合國際環保時尚產業的趨勢,希望所有的品牌都可以公開透明,「如此可以確保勞工的權益沒有受到剝削。」陳冠百解釋。

「街角裁縫師」是Story Wear的重心,這些媽媽們因家境因素,有的無法出門工作,必須長期照顧生病的孩子,在一般職場無法找到適合的工作。與Story Wear的連結,讓她們在手工縫製中重新看見自己的價值,也為環境保護盡一份心力。

如今Story Wear朝著與快時尚的相反方向前進,自2018年開辦品牌以來,已經升級改造2,408件牛仔褲,代表有2,000多件原本要被丟棄的牛仔褲,被重新再製成衣服。除了改造回收衣物,Story Wear也替企業製作環保VIP禮品與生日禮,每個月平均為弱勢婦女帶來5萬筆訂單,創造更多在地的就業。

同樣點石成金的,還有來自台中豐原的林昀廷與來自香港的聶嘉希。兩人在英國皇家藝術學院就讀時認識,秉持對永續時尚的理念,攜手創辦了STUDIO LIM。

逆時尚潮流,從廢棄到精品

他們研發出的纖維木器,採用永續環保的回收廢木屑、舊報紙及亞麻纖維,並以傳統漆器工藝的八道工序,反覆上漆及砂磨,製作出平滑如鏡、質地堅硬的托盤。這些精巧的物件可以看見選用環保的材質,以及結合精準的現代工藝。更令人吃驚的是,這些從廢棄到重生的商品,並不是破破爛爛的回收品,而是有著雅緻的不規則花紋,兼備漆器的輕巧與精品般的質感,完全顛覆人們對回收再製品的想像。

「我們原本是為了碩士畢業製作,在製程中尋找一些可實驗的材料。」林昀廷與聶嘉希的時尚嗅覺敏銳,在尋找材料突破的過程中,因緣際會結識了帝國理工大學的科學家Koon-Yang Lee。Koon-Yang Lee的奈米纖維支撐材料,成為兩人後續研發纖維木器的基礎。

兩人初見Koon-Yang Lee時,那些新的材料還停留在研發階段,無法轉變成吸引消費者的商品。「那些研究成果看起來非常原始,就像是一堆草堆在一起的材料。」Koon-Yang Lee只埋首研究,缺乏現代設計或製程的推進,這一方面,林昀廷與聶嘉希的專業剛好可以補足。

材料突破應用超新穎

「我們繼續嘗試不同的植物纖維實驗,不同的比例,甚至不同顏色的混合。」兩個人把所能想到的纖維材料全部玩遍,亞麻、棉花、劍麻、馬尼拉麻,也去實驗不同的形狀、厚度與曲面。例如壓成片材,做成管狀,不斷改變材料的物理條件,最後成功把亞麻纖維的質地變得堅硬。這項技術雖然沒有使用到奈米,但也成功在畢業製作中,把亞麻纖維做成一只櫃子,一塊建材板材,以及一顆音響。

「亞麻纖維是全世界產量第二大的纖維。」這種一年生的草本植物,可以年年採收,也可在缺水的泥土中生長,非常環保。這也意味著未來不需砍伐森林,應用亞麻纖維一樣可以製作大型家具的板材。

纖維木器中還摻用了回收廢木屑。兩人把台中豐原木工廠職人刨下的櫸木、檜木、楓木等回收廢木屑,混合亞麻纖維再加以染色,做出每件木紋都獨一無二的托盤與點心盤。

由於材料本身是纖維,相當怕水,林昀廷再從豐原傳承百年的漆器中取得靈感,為纖維木器上漆,達到防水功能。「只要不刻意破壞,這些小物件都可以使用很久。」最近他們還混入了廢報紙,做出複合材質的托盤,遠觀類似磨石子材質,近看則仍可看到報紙上的字,是相當新穎的嘗試。

永續這條路怎麼走下去?

材料實驗創新,STUDIO LIM取材自回收廢木屑製成的托盤,從外觀上很難聯想到「廢棄」、「二手」或「回收」等字眼,陳列在架上顯得相當精緻美麗。

再加上「永續」這個字眼時,是不是就更為加分呢?或是讓更多顧客買單?答案並不是這麼簡單。「會來買我們東西的人,都不是因為這件商品永續,而是因為東西漂亮。」林昀廷一語道出推廣永續觀念的困難。聶嘉希也附和:「永續是我們的品牌核心,但是在與顧客溝通時,永續只能是一個附加的名詞。」因此要讓顧客接受永續,先決條件是商品不能醜醜的,「沒有顧客會願意掏錢買一個更醜的商品。」

陳冠百也說:「我本來是時裝背景,也喜歡時尚經典的款式,所以希望設計的東西我自己也喜歡,不會因為季節或退流行,大家就不穿了。」Story Wear在兼顧永續時尚的同時,也希望打造出有質感的品牌氛圍。

回歸到事物美好的本質,珍惜所有,珍惜身邊的人事物,我們的消費可以有更好的選擇。「所以我們鼓勵人們盡量把東西用到極致。」林昀廷與聶嘉希樂觀看待永續時尚的未來趨勢,也希望教育消費者能夠理解,永續時尚不只是某個品牌的單一理想,而是一種生活態度。陳冠百則感性地說,這輩子不會再回頭去生產全新的衣物,如果有一天Story Wear消失了,也不會覺得可惜,「因為那代表世界上再也沒有廢棄衣物、沒有勞工剝削的問題。」她現在唯一想做的,就是把「零廢棄時尚」的理念推廣出去。

相關文章

近期文章

EN 日本語

Less Is More

Protecting Nature with Sustainable Fashion

Sharleen Su /photos courtesy of Lin Min-hsuan /tr. by Phil Newell

By encouraging consumption and continually increasing production, the fashion industry has reached a new peak in its historical development. But this has given rise to a many environmental problems.

We live amid a surfeit of old clothes, environmental pollution, and workers’ rights issues. But in recent years the fashion industry has begun to face up to the issue of sustainability, and people have begun to make new clothes from recycled material and to create new applications for waste material, doing industry’s bit to protect the environment.


On the runway, everything presented by the models is dazzlingly beautiful. And the fashion and lifestyle industry is avidly exploring even more ambitious new territory. With trendiness, novelty and extra­ordinary value for money, fast fashion’s ability to rapidly ring the changes of style, and the easy availability of designer-grade garments at reasonable prices, inspire consumers to continually open their purses and spend.

Consuming fashion is easy, but behind it all there is a high price to pay. According to Greenpeace, each year Taiwanese consumers aged 20‡45 discard at least 5.2 million pieces of clothing, meaning that on average 9.9 garments are being thrown into trash cans or clothes recycling bins every minute. In 2018 Global Views Monthly magazine revealed even more astounding figures: “Each year Taiwan throws away 72,000 metric tons of old clothing, which is equivalent to 438 garments per minute.”

Manmade fabrics’ environmental impact

Another problem is carbon emissions. Cheap manmade fiber is very useful, but three times as much carbon dioxide is released in its production as for raw cotton. At present more than 60% of textile fibers made are synthetic fibers produced from fossil ­fuels, and clothing made from synthetic fibers doesn’t rot down when it reaches landfill. This prompted the New York Times to comment mockingly that future archeologists may study the fast fashion retailer Zara in ancient landfills. Also, microfibers that come off clothing when it is washed are swept into mountains, oceans, and glacial ice, where they persist for thousands of years without decomposing.

A number of dedicated people are taking action to reduce pollution from the fashion industry. Some famous designers have begun to incorporate sustainability into their catwalk designs, for example by using purely natural cotton or hemp materials for their attire and rejecting the use of manmade petro­chemical fibers. Still others have altered production processes or extended the life expect­ancy of products, or are using re­cycling to give new value to products and turn waste into gold.

Take for example Story Wear, which takes pride in making “zero-waste fashion.” Using clothing and fabrics collected from all over Taiwan, through design they turn them into fashionable attire in a variety of styles. Also, by working with disadvantaged seamstresses, in addition to avoiding waste they create local jobs.

In 2013, Story Wear founder Kuan Chen quit her job in Taiwan’s fashion industry after five years and went off to the UK to study for a master’s degree. It was there that she became aware for the first time that the fashion industry is in fact the world’s second largest source of pollution (after the petro­chemical industry). “My professor specialized in sustainable fashion, so he talked about this issue all year long.” Textiles has always been a highly polluting, quite opaque industry, which has generated many human rights problems around in­humane exploitation and long working hours.

Upgrading and remaking denim

It was when China refused to accept textile waste from other countries that Chen fully realized the seriousness of the situation in Taiwan. “In the future, the problem of textile trash will become increasingly severe.” There will be no place to send clothing collected for recycling, so all the textile waste will be concentrated in Taiwan itself. This thought moved her to found Story Wear.

The fabric for Story Wear clothing comes mainly from recycled jeans donated by businesses. After being cleaned, the material is remanufactured into fashionable denim jackets, long skirts, splice dresses, overcoats, cloth backpacks, computer bags, and even small products like tumbler totes, key chains, and tissue packages.

“The most difficult thing is that you have to completely take the jeans apart, right down to single pieces of cloth.” After the “street-corner seamstresses” who work with Story Wear receive the denim material, which is tough, wash resistant, and holds its shape, they must first remove all the stitching, which is a major task. “Street-corner seamstresses” is a pet name bestowed on these women by Chen, but in fact they are a group of courageous women who love hand tailoring and are in their second careers, are disadvantaged, or have disabled children at home.

To give the seamstresses a model to work from, Kuan Chen first makes a design and creates a sample. Based on the sample, the seamstresses then select cloth of similar pattern and type from piles of materials of different colors and thicknesses. They have to pay careful attention in order to accurately match the color and make sure the grain of the cloth runs in the right direction before they can then assemble the new piece of clothing by hand.

When Story Wear customers buy their products they can see on the labels information such as “Recycled denim, cloth waste, cotton,” “Handmade in 24 hours,” and the handwritten signature of the seamstress.

A unique ID for every garment

“The raw materials are different for each item of clothing, so the colors and patterns of the finished products are all different.” Information about the production process is printed on the label for everyone to see. “In this way people can be sure that the workers have not been exploited,” says Chen.

Since the brand was founded in 2018, Story Wear has remanufactured 2408 pairs of jeans, representing more than 2000 pairs that would otherwise have been discarded. Also, they bring in an average of 50,000 orders per month for other items made from recycled denim, creating numerous jobs for disadvantaged women.

Swimming against the fashion tide

Lin Yun-ting from Taichung’s Fengyuan District and Patricia Lip from Hong Kong are likewise turning waste into gold. The two met when studying at the Royal College of Art in the UK, and based on their shared ideal of sustainable fashion, joined together to form Studio Lim.

They have developed fiberwood objects sustainably made from recovered wood shavings, old newspaper, and flax fibers. They also use traditional lacquerware techniques, repeatedly applying lacquer and sanding it down, to produce serving trays that are hard and durable, and as smooth as glass. In their ingenious products, the use of environ­mentally friendly materials combined with sophisticated modern craftsmanship greatly alters the impression people have of “re­cycled” manufactured goods.

“We started out by looking for some materials we could experiment with for our MA graduation project.” In the course of seeking new substances, Lin and Lip serendipitously met scientist Lee Koon-yang from Imperial College London. Lee’s nanocellulose-coated support material became the foundation for their development of fiberwood artifacts.

Novel applications

The two continually experimented with different mixtures of plant fibers in different proportions and even in different colors. They tried out all the fibrous materials they could think of, including flax, cotton, sisal hemp, and Manila hemp (abaca), and also experimented with different shapes, thicknesses, and curved surfaces. For example, after flattening material into sheets they made tubes, and after continually adjusting the physical properties of the material, they finally created a flax-fiber product that was hard and durable. Although this technology did not involve nanoscale materials, for their graduation project they successfully used flax to make a cabinet, a piece of construction board, and a stereo.

“Flax has the second largest production volume of any natural fiber in the world.” This annual herbaceous plant can be harvested each year, and is very environmentally friendly. In the future there will be no need to cut down forests if flax fiber can be made into boards from which to make large furniture.

Waste wood shavings are also mixed into the fiberwood. Lin and Lip took shavings of Taiwan zelkova, cypress, sweetgum and other types of wood from lumber processing plants in Taichung’s Fengyuan District, mixed them with flax fiber and then added coloring, to produce coasters and dessert plates with unique wood patterns.

Because fibers absorb water, Lin and Lip also drew inspiration from Fengyuan’s century-­old tradition of lacquerware making, and applied lacquer to the fiberwood to make it waterproof. “So long as they aren’t deliberately damaged, these objects can be used for a long time.” Lately they have launched a new experiment by adding in waste newspaper to make a composite material from which they produce serving trays. From a distance they look like terrazzo, while up close you can actually read the characters from the newspaper.

How can sustainability be achieved?

Looking at Studio Lim’s trays made from reclaimed wood shavings, one’s thoughts do not incline to words like “waste,” “second­hand,” or “recycled.” Arrayed on a shelf they look exquisitely beautiful.

Kuan Chen likes classic, enduring styles, and she wants to design things that people won’t stop wearing when seasons or fashions change. While ensuring that its clothes are sustainable, Story Wear also wants to create a brand image for quality.

Returning to the good side of our nature, we can make better consumer choices by treasur­ing the things around us. “That’s why we encourage people to try to use things for as long as they remain usable.” Lin Yun-ting and Patricia Lip are optimistic about the future of sustainable fashion, and hope to educate consumers to understand that sustainable fashion is not just an ideal for a particular brand, but a way of life.

引き算の生活へ 地球のための

サステナブル・ファッション

文・蘇晨瑜 写真・林旻萱 翻訳・山口 雪菜

消費を奨励し、絶え間なく生産するファッション産業は、すでにピークにまで発展し、さまざまな環境問題を引き起こしている。

あふれる古着、環境汚染、労働者の人権などが問題となり、業界もサステナビリティを正視し始めた。古着や廃棄される素材の再利用など、生産側からも動きが出始めている。


ファッションショーの華やかなステージの背後には、マーケットを拡大しようとする業界の野心が満ちている。最新流行、トレンド、コスパなどを考慮し、消費者は手を出さずにいられない。次々と最新のスタイルが打ち出され、その流行を取り入れた手ごろな価格の服飾も市場にあふれ、消費者に財布を開かせる。

だが、こうした行為の背後で私たちは大きな代償を払ってきた。グリーンピースの統計によると、20~45歳の台湾人は、少なくとも年に合計520万点の衣服を捨てているのだ。1分当たり9.9点の計算になる。2018年の遠見雑誌のデータにはさらに驚かされる。台湾では年間7万2000トンの衣服が廃棄されているという。1分当たりにすると438点になる。

化学繊維による汚染

もう一つの問題は二酸化炭素排出量だ。廉価な化学繊維は非常に便利だが、製造工程でコットンの3倍の二酸化炭素を排出する。現在、繊維製品全体の6割は化石燃料から派生した合成繊維で、それらの衣服は廃棄しても自然界で分解されず、洗濯するとマイクロプラスチックが落ち、それらが河川や海に流れ込む。マイクロプラスチックは千年たっても分解されないため、ニューヨークタイムズは「未来の考古学者はゴミ処理場でZARAを研究することになるかもしれない」と揶揄している。

衣類による汚染を減らすため行動を始めた人々がいる。一部の著名デザイナーは化学繊維を使わず、天然の綿や麻だけを使ってサステナビリティというテーマをファッションショーに持ち込んだ。また製造工程を変えたり、回収して再利用できるようにするなど、衣類に新しい価値をあたえている。

例えば「ゴミを作らない」ことを打ち出したStory Wearは、全国で回収した衣料や生地を新たにデザインし、弱い立場に置かれた女性裁縫師と協力してファッショナブルな衣服に作り直している。これによって過度の浪費をなくし、地域の雇用も増やしている。

Story Wearを創設した陳冠佰は、5年間台湾のファッション業界で働いた後、2013年にイギリスの修士課程に進み、ファッション産業が世界で二番目の環境汚染源になっていることを知る。「私の先生は長年にわたってサステナブルファッションを研究していています」と言う。繊維産業はもともと汚染を出す産業で、不透明な点も多い。搾取や過重労働など人権問題も少なくない。

Story Wearのデニム再生

中国が繊維系廃棄物の輸入を禁じて以来、陳冠佰は事態の深刻さを感じてきた。台湾では回収した衣類の行き場がなく、すべてが島内に溜まっていることからStory Wearを設立したのである。

Story Wearの原料の大部分は企業から寄付されたリサイクルジーンズだ。これらを洗浄し、デニムのコートやスカート、ワンピース、バッグ、あるいはエコバッグやキーホルダー、ティッシュケースなどに再生している。

「大変なのはジーンズを解体して生地に戻すことです」。Story Wearと協力関係にある「街角裁縫師」は、洗濯に強いジーンズを縫製した糸を取り除くのが大仕事なのだと言う。「街角裁縫師」というのは陳冠百がつけた名称で、障害のある子供を持つ母親や再就職の女性たちのグループである。

彼女たちが仕事をしやすいよう、陳冠百はまず型紙を作り、裁縫師たちはサンプルを見ながら、さまざまな色合いや厚さの異なる生地から材料を選ぶ。色合いや縦横の織り目をマッチさせてから合わせて縫っていく。

このような作業を経ているため、Story Wearの商品には「リサイクルデニム、コットン」「手作業24時間」といったラベルが付けられ、裁縫師のサインも入っているのである。

すべての衣類に身分証

一点一点の材料が違うので組み合わせた色合いや織り目も違い、それぞれに身分証が必要で、ラベルには「誰が、何時間かけて製作したか」を標示しているのである。これは情報公開を求める世界的なサステナブルファッション産業の趨勢にも符合している。「こうすることで労働者の権益が護られるのです」と陳冠百は言う。

「街角裁縫師」はStory Wearの中心的存在だ。病気の子供の世話などのために長時間家を空けることができない女性たちが、手作業を通して自分の価値を再認識でき、また環境保全に役立っていることを感じられるのである。

Story Wearはファストファッションとは逆の道を進み、2018年の創設以来、廃棄されるジーンズ2000点余りを利用してきた。弱い立場の女性裁縫師たちは月に計5万点の注文を受けている。

同じく廃棄物を再生しているのは、台中豊原の林昀廷と香港出身の聶嘉希だ。二人はロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アートで知り合い、サスティナブルファッションの理念を実践するためにSTUDIO LIMを創設した。

流行の逆を行く

二人はファイバーウッド製品を開発した。回収された木屑や古新聞と亜麻繊維を用い、伝統の漆器工芸の工程を取り入れて漆を塗っては磨くことを繰り返し、鏡のように滑らかで堅く丈夫なトレイを作っている。廃棄された材料を使い、質の高い現代工芸へと生まれ変わらせている。漆器のような軽さと高級品の質感を持ち、リサイクル製品のイメージを完全に打ち破った。

「最初は修士課程の卒業制作として作り、材料の実験から始めたのです」と林昀廷と聶嘉希は言う。ファッションに対して鋭い嗅覚を持つ二人は、素材を探して技術的課題を突破していく過程で、インペリアル・カレッジ・ロンドンのKoon-Yang Leeと出会った。Koon-Yang Leeはナノ繊維を構造に用い、二人のファイバーウッド製品開発の基礎を支えた。

二人がKoon-Yang Leeに出会った頃は、まだ材料の研究段階で、市場に打ち出せるような製品はできていなかった。「当時はまだ原始的な研究しかできていませんでした」と言う。そこでKoon-Yang Leeが研究に取り組み、デザインや製造工程の方は林昀廷と聶嘉希が行なうという分担が成立した。

原材料の応用に成功

「私たちは継続してさまざまな植物繊維の実験を行ない、異なる配合や色の組み合わせも試みました」と言う二人は、亜麻(フラックス)、木綿、剣麻(ラミエ)、マニラ麻など、思いつく限りの繊維材料を片っ端から試み、また形や厚さの異なる曲面なども実験した。例えば、板状に圧縮したものを管状にし、材料の物理的条件を変えつつ実験する。こうして最終的に亜麻繊維を硬く丈夫にすることに成功したのである。ナノ技術までは応用していないが、卒業制作において、亜麻繊維を原料にラックと板状建材とスピーカーの制作に成功した。

「亜麻繊維は世界で生産量が二番目に多い繊維です」と言う。この一年生の草本植物は毎年収穫でき、しかも水分の少ない土壌でも生長するため環境保全にかなっている。これを大型家具や板材に応用すれば、将来的には森林伐採を減らしていくことも可能だ。

彼らが作ったファイバーウッドには回収した木屑も用いられている。林昀廷と聶嘉希は、台中の木工工場からカバやヒノキ、カエデなどのかんな屑を回収し、亜麻繊維と合わせて染色し、一点ずつ独特の味わいを持つトレイや器を生み出している。

素材が繊維であるため、水に弱いという問題があった。そこで林昀廷は同じく台中豊原で百年の歴史を持つ漆器からインスピレーションを得て、ファイバーウッドに漆を塗って防水機能を持たせることにした。「故意に壊さない限り、これらの小物はずっと使い続けることができます」と言う。最近彼らは、これらの素材にさらに古新聞を加えて複合素材のトレイを作った。これは離れて見ると石材のように見え、近寄ると新聞紙の文字が見える。新しい試みだ。

サステナビリティを続ける

素材の研究から始めたSTUDIO LIMのトレイは廃棄される木屑を用いているが、その外観からは「廃棄」「中古」「リサイクル」といった言葉は連想できない。棚に並べられた製品は、繊細で美しいのである。

では「サステナビリティ」という概念は、商品にとってプラスに働き、より多くの人が買っていくのだろうか。実はそれほど簡単ではない。「私たちの商品の購入者は、これがサスティナブルであるからではなく美しいから買っていくのです」と林昀廷はサステナビリティという概念を打ち出すことの難しさを語る。聶嘉希も「サステナビリティは私たちのブランドのコアですが、お客さんと話をする時、それは一つの付加的な名詞に過ぎません」と言う。したがって、消費者にサステナビリティを受け入れてもらうためには、商品は醜いものであってはならないのだ。「美しくないものにお金を使う消費者はいませんから」

陳冠百もこう話す。「私はもともとファッション業界出身で、定番スタイルが好きなので、自分自身が好きになれるものをデザインしています。またシーズンに関係なく、流行遅れにもならないものを作っています。そうでないと、みんな着なくなってしまいますから」Story Wearはサステナブルファッションであると同時にブランド品のような質感の高さを目指しているのである。

身の回りのものを振り返り、周囲の人や物や事を一つひとつ大切にしていけば、私たちの消費もより良いものになるのではないだろうか。「まずは物を最後の最後まで使い切ることです」と林昀廷と聶嘉希は言う。二人はサステナブルファッションの将来を楽観視し、消費者には、サステナビリティは個別のブランドの理想ではなく、一つのライフスタイルなのだと知ってもらいたいと考えている。陳冠百は、衣類の廃棄物がなくなり、労働者搾取の問題がなくなることを願って今後も新しい布地を使った衣服は作らないと言う。今やりたいのは、「ゼロ・ウェイスト・ファッション」の理念を広めていくことなのである。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!