分享台灣資通訊科技力

與友邦共創美好未來
:::

2019 / 8月

文‧陳群芳 圖‧國合會


國合會自2006年起,將台灣發展成熟的資通訊科技納入國際合作範疇,在加勒比海地區進行資通訊技術合作計畫。秉持教人釣魚的精神,無私分享台灣技術,領著當地政府一步步建置國家資訊中心、電子化政府、醫療資訊系統、交通監理系統等,讓友邦民眾的生活更好,是台灣的理念也是使命。

 


 

試著想像出門沒有「台北等公車」APP可以查找時刻表;醫院看診不使用健保卡,必須先填資料再找紙本病歷:幸運的話,一小時後找到病歷,完成掛號;運氣差的,病歷遺失,得重填初診資料……。當這些情境化為日常,將會是怎麼樣的風景?

我們習以為常的便利,其實是台灣自1980年代推行電子化政府積累的成果。國合會技術合作處處長顏銘宏表示,電子化政府大致可分為四階段:紙本資料電子化、各部會資料可彼此流通──資訊化、民眾上網即可申請政府服務──數位化,譬如網路報稅。如今進入第四階段智慧化:政府將許多數據做公開加值的運用,我們可以透過APP查看公車何時進站,或是地震前收到簡訊通知等。

然而位於加勒比海地區的國家,包含貝里斯、聖文森、聖露西亞、聖克里斯多福及尼維斯(以下簡稱克國),在國合會推動資通訊技術合作計畫前,所有的政府作業仍停留在紙本階段。

資訊沙漠中拓荒

國合會推動「加勒比海地區資通訊技術合作計畫」,第一步從建置友邦的國家資訊中心著手。從2007年就參與計畫的凌網科技資深經理馬宜信回憶當時,他從台灣找來裝潢師傅一起參與搭設網路線、高架地板,將幾個國家的資訊中心從無到有建置起來。

顏銘宏表示,國家資訊中心必須扮演三個角色:第一是資源中心,所有在計畫裡建置的資訊系統的主機,皆存放在中心裡。當政府作業全部轉成電子化,一旦主機出現問題就會使得政府運作停擺,因此國家資訊中心必須有高規格的資安機制,讓各部會的資料都能安全且完整地存放於此。在台灣的輔導下,目前聖露西亞、聖文森、貝里斯的國家資訊中心都通過ISO27001國際通用的資安認證,也是該國第一個取得ISO認證的政府機關。

第二是教育訓練中心,「人員培訓是計畫裡很重要的一環,這些國家的資訊人才質與量都明顯不足,光要找到會使用Word文書處理的人就很困難。」凌網科技專案經理蘇啟之表示。因此國家資訊中心都設有電腦教室,課程從基礎的Office,到程式設計、系統開發等中高階課程都有。在台灣專業人員的長期協助下,這些中心取得國際大廠的認證。例如貝里斯的電腦教室就獲得微軟認證,民眾可以直接在中心受訓考取微軟證照,不再需要跑到微軟有設認證中心的國家,這是國合會提升當地整體資通訊基礎的重要方式。

最後一個角色是諮詢中心,一直以來,國合會執行計畫的方式並非把系統建置好直接交給當地使用,而是找來台灣的專家到現場進行系統分析、雛型展示、試營運、輔導上線等系統開發工作,讓當地共同參與,並在過程中傳授技術與知識,使友邦能自行維護系統,甚至具備開發系統的能力。中心裡的成員因長期參與國合會的合作計畫,再加上台灣常有專家前往培訓,因此當其他部會想推展電子化卻不知如何著手時,就能擔任諮詢角色,「像是推動國家發展的先鋒部隊」顏銘宏說。

體察需求,讓民眾有感

國合會資通訊合作計畫的核心理念是便民,設身處地觀察民眾遇到的問題,再從台灣成熟的科技技術中找出解方,國合會在克國的JNF國家醫院所建置的醫院資訊系統即是一例。

過去該醫院使用紙本病歷,加上缺乏管理,導致常有病歷遺失或病人間資料混雜等問題,民眾每次掛號都要等很久。國合會建置的醫院資訊系統包含掛號、診間、病歷、批價、藥局、庫房等。除了開發當地醫療人員方便操作的系統,還在建置過程中導入庫房成本控制、先進先出等管理概念,透過教育訓練全面提高醫療人員的行政管理效率。

同時也將台灣的健保卡概念帶入,為民眾製作醫療卡,醫護人員只要掃瞄醫療卡即可快速查詢病人的健康資料,再搭配醫療資訊系統的使用,使整體效率大幅提升,讓克國民眾就診的平均等待時間從四小時縮短為兩小時。醫療卡因為是國家醫院核發,上面還有持卡人照片,對於沒有實施身分證的克國人民來說,反倒意外成為民眾身分識別的證件。

透過科技降低犯罪

貝里斯正在執行中的交通監理資訊服務系統計畫則是另一個廣受當地民眾好評的例子。過去貝里斯的駕照是以紙本印製再加上護貝,因為太過簡陋,常被鄰近國家認為是偽造。凌網科技承接此計畫後,便引進了卡式駕照的印製設備,貼心的是,馬宜信以身分證演算函數設計駕照號碼,並加強防偽功能,希望讓貝里斯能有以駕照代表身分識別的可能。

駕照算是交通監理計畫的插曲,貝里斯最初向國合會提出需求時,其實是想解決車輛違規管理的問題。原本貝里斯全國的監理站皆以紙本作業,監理站之間的資料無法流通,當民眾在某監理站領照,如果違規就再到其他監理站重新領照,即使有違規罰款未繳也無從查證,讓貝里斯的交通部十分頭痛。

甚至還有鄰國的不良分子會趁河水位下降時,將贓車開到貝里斯辦理車籍登記,用新領的車契與貝里斯民眾進行車輛買賣交易,成功讓贓車洗白。然而貝里斯每個監理站的流程、規範不同,要取得共識不容易,因此凌網科技先向貝里斯分享台灣交通監理經驗,然後在機關間居中協調出一個通用的流程,再因應製作彼此都容易使用的交通監理系統。

馬宜信表示,因為凌網先前執行過貨物進出口審核系統的計畫,一直與負責的海關人員Rigel Brown保持良好關係,也使得這次在進行交通監理計畫時,能順利的將兩個系統做連結。貝里斯交通部能即時查找海關系統裡的車輛進出口資訊,遇到來路不明的車輛能直接扣留,不會再發生過去的窘況。

做專案也做國民外交

已經參與國合會計畫12年的蘇啟之與馬宜信,與我們分享了這些年的心得:早先參與計畫像是苦差事,當地沒有麥當勞也沒有便利商店,遇到打雷下雨網路就斷訊,甚至還有同事遇到飛機客滿,在飛機上坐板凳等各種意想不到的狀況。一趟加勒比海出差短則一個月,長則半年,時差與台灣日夜顛倒,「像是被抽離原本生活,成了邊緣人。」馬宜信笑說。

隨著在當地相處的時間久了,以及親身參與其中,讓兩人慢慢轉念,他們發自內心想改善當地生活,每當觀察到當地民眾的困擾,便主動思考能用甚麼科技工具去協助。諸如貝里斯的公車都是私營小巴,票價自訂,司機為了多賺錢容易超載,或是車子沒有保養維護的概念,歪斜一邊、沒有門也照開。若能在車上加裝GPS,即可參照規劃時刻、路線,設定公車站點,進一步建立管理制度。「身為技術人員,最開心的莫過於開發的系統能對當地民眾生活有所改善。」馬宜信表示。

資通訊技術合作計畫,不僅代表台灣有優秀的科技能力,更蘊含了台灣想讓友邦民眾生活更好的使命,兩國情誼在這往來互動中深化穩固,不言自明。                                     

相關文章

近期文章

EN 日本語

Building a Brighter Future

TaiwanICDF Shares Information and Communications Technology

Chen Chun-fang /photos courtesy of TaiwanICDF /tr. by Scott Williams

Since 2006, Taiwan’s International Cooperation and Development Fund (TaiwanICDF) has been operating a program that shares Taiwan's mature information and communications technologies with countries in the Caribbean region, helping them utilize Taiwanese technology to establish national information and communications centers, medical information systems, motor vehicle systems and so on.

 


Imagine going to the hospital with no national health insurance card, having to fill out forms so that the staff can look for your paper-based medical records. If you’re lucky, they might find them in an hour or so, enabling you to complete the process of signing in. If you’re unlucky, the hospital might have lost your records, requiring you to redo all of the forms from your first visit.

Those of us in Taiwan are accustomed to the con­veni­ence of electronic records, but this convenience didn’t emerge from the void. Instead, it is the result of a government computerization initiative that began in the 1980s. Yen Ming-hong, director of TaiwanICDF’s Technical Cooperation Department, says that there are basically four stages on the road to e-government. It begins with the conversion of paper records to electronic records, followed by data sharing between government departments. It then moves on to the making of government services available online, and finally arrives at the implementation of “smart” government. This fourth stage, which Taiwan is now entering, involves making large amounts of data available for value-added public use, which can lead to services such as texts warning of earthquakes.

Prior to the introduction of TaiwanICDF’s Information and Communications Technology Program to the Caribbean, Taiwan’s allies in the region, which include Belize, Saint Vincent and the Grenadines, Saint Lucia, and Saint Kitts and Nevis, conducted all their government business on paper.

An information desert

The program began by helping these countries establish national information and communications centers.

Yen explains that these centers play three roles. The first is as resource centers housing the servers that host each nation’s information systems. Since the failure of a server would bring government operations to a halt, the centers employ stringent information security measures. With guidance from Taiwan, the national centers in St. Lucia, St. Vincent and the Grenadines, and Belize have become the first government institutions in their nations to obtain ISO 27001 information security certification.

The second role is as training centers. Each of the centers has computer classrooms and offers courses on subjects as basic as how to use productivity software and as advanced as systems development. With long-term assist­ance from Taiwan, each of the centers has also earned certifications from major international corporations. For example, residents of Belize can complete the coursework and testing necessary to obtain Microsoft certification at the center, rather than having to travel abroad. This is one important way in which TaiwanICDF has helped to upgrade ICT expertise in these countries.

The centers’ third role is consulting. TaiwanICDF’s ICT program places Taiwanese experts onsite to do systems development work in conjunction with locals, passing on knowledge and skills in the process. This enables local people to gain systems development skills and maintain systems themselves once the ICT program has run its course. It also means that when other government departments want to integrate computers into their oper­ations, the centers are able provide expert advice. In Yen’s view, the program is at the forefront of efforts to promote national development.

Feeling the need

The program’s core objective is to make life easier for the people in each nation. Program participants observe the public’s needs and then look to Taiwanese tech­nology for solutions. The medical information system that the program helped build for St. Kitts and Nevis’ Joseph N. France General Hospital is a case in point.

The facility used to keep medical records on paper, but lacked adequate file management. Because records were often misplaced or mixed up with those of other patients, patients spent a great deal of time waiting to register for hospital visits. The ICT program therefore created an inform­ation management system that tracks registrations, examining rooms, medical records, payments, inven­tories, and prescriptions. This helps the hospital control inventory costs, manage its inventories on a first-in‡­first-out basis, and train healthcare workers in ways that improve administrative efficiency across the board. 

The program also introduced patient ID cards that medical workers can scan to bring up a patient’s informa­tion. Together, the cards and the information manage­ment system have greatly increased the ef­fi­ciency of healthcare delivery, and reduced average ­patient wait-times from four hours to just two.

Reducing crime

Belizean driver’s licenses used to be printed on paper and then laminated. As a result, officials in other countries often assumed that Belize licenses were fakes. Hyweb Technology introduced license numbers derived from national ID card numbers, and improved the licenses’ anti-counterfeiting features, in the hope that the cards could also function as IDs.

Prior to the program, branch offices of Belize’s Department of Transport did all their work on paper, and were unable to exchange information with other offices. Consequently, a driver who had committed a traffic viola­tion could simply go to a different branch office and get a new license. Offices also had no way to check if applicants had unpaid fines.

Belize also struggled with criminals from neighboring nations bringing stolen vehicles across the Hondo River, which defines much of Belize’s international border, when water levels were low. The criminals would register the stolen vehicles in Belize, and then “launder” them by using their new titles to sell them to Belizeans. Hyweb helped address the issue by sharing Taiwan’s transportation oversight experience, mediating between departments as they negotiated shared processes, and then producing a system to meet those criteria.

Stan Ma, a senior manager at Hyweb Technology, says that because Hyweb had already created an import‡­export review system for Belize and had maintained good relations with Rigel Brown, a Belizean customs examiner and system administrator who had been responsible for the earlier project, it was relatively easy to link the transportation and customs systems. Now that Belize’s Department of Transport can instantly check the import‡export information for any vehicle on the customs system, it can impound those of dubious origin, resolving the problem.

Projects as diplomacy

Dylan Su, a project manager involved with TaiwanICDF projects for the last 12 years, and Ma both said they had a difficult time in the Caribbean at first. They noted the lack of convenience stores; the networks that went down during thunderstorms; and the fact that project workers sometimes found themselves seated on stools on planes during overbooked flights. Their trips to the Caribbean lasted anywhere from one to six months, and the time difference with Taiwan made things even more difficult. “It felt like I’d been pulled out of my own life and marginalized,” quips Ma.

But their perspectives changed over the course of their extended periods in country and their participation in the program, and they began thinking about which technological tools they could use to help locals with their difficulties. Belize’s privately operated buses are a case in point. Fares vary from operator to operator, and the vehicles themselves are often overcrowded and poorly maintained, with some listing badly to one side or operating without a door. A planned installation of GPS systems on the buses will generate data that can be used to plan routes and timetables and optimise the locations of bus stops. “As a technologist, nothing makes me happier than developing systems that can improve people’s lives,” says Ma.

TaiwanICDF’s ICT program highlights Taiwan’s technological capabilities, and demonstrates Taiwan’s commit­ment to improving the lives of citizens in allied nations, strengthening and deepening the friendly relations between our countries.                                      

台湾のICT技術を活かし

友好国に美しい未来を拓く

文・陳群芳 写真・國合會提供 翻訳・笹岡 敦子

国際合作発展基金会(ICDF)は2006年から、台湾の成熟した情報通信技術を国際協力に盛り込み、カリブ海地域で情報通信技術(ICT)協力プログラムを実施している。魚の釣り方を教える精神で、台湾の技術を惜しむことなく伝授する。現地政府をリードして、国の情報センター、医療情報システム、交通行政システムなどを一歩一歩構築し、人々の暮らしをよりよくしていくことが、台湾の理念であり使命でもある。


外出時「台北バス」アプリでバスの時間が調べられなかったら、どうだろう。病院に行っても健康保険カードはなく、必要事項を記入して紙のカルテを探す。運が良ければ1時間後にはカルテが見つかって、受付が済む。運が悪ければ見つからず、初診情報をもう一度書く羽目になる。これが日常だったら、どんな風景だろうか。

当たり前の便利さは、台湾が1980年代に始めたデジタルガバメントの成果である。ICDF技術協力処処長・顔銘宏は、デジタルガバメントは大きく4段階に分かれるという。文書の電子化と各省庁のデータ流通、データ化によるインターネットでの行政サービス申し込み、デジタル化は例えばオンライン税務申告などである。そして現在は第四段階のスマート化が進んでいる。政府がデータを公開し、価値ある運用に供している。市民はバスの到着時刻を調べ、地震の直前にはショートメッセージを受け取る。

カリブ海沿岸のベリーズ、セントビンセント及びグレナディーン諸島、セントルシア、セントクリストファー・ネービスといった国々はICDFがICT協力を始めるまで、行政の作業は全て紙の段階だった。

情報砂漠のフロンティア

ICDFの「カリブ海地域ICT協力プログラム」は、友好国の国立情報センターの設置から始まった。2007年からプログラムに参画する凌網科技(Hyweb)の馬宜信が当時を振り返る。台湾から呼んだ内装業社と共にネットワーク回線や二重床の設置を行った。国によっては何もないところから情報センターを構築した。

顔銘宏は、国立情報センターは3つの役割を担うという。第一はリソースセンターである。情報システムのホストはすべてセンターに置かれる。ホストにトラブルがあれば政府のオペレーションがストップするから、ハイスペックの情報セキュリティが必要である。台湾の指導で、現在セントルシア、セントビンセント、ベリーズの国立情報センターがISO27001の情報安全認証にパスしている。これらの国で初めてISO認証を取得した政府機関でもある。

第二は教育訓練センターである。国立情報センターにはパソコン教室が設置され、カリキュラムは基礎のOfficeからプログラミング、システム開発といった中上級まである。台湾の長期にわたるサポートによって、こうした情報センターが国際的なメーカーの認証を取得した。ベリーズのパソコン教室はマイクロソフト社の認証を得ているから、国民は情報センターでマイクロソフトの認定試験を受験でき、認証センターが設けられた他国に行かなくて済む。これがICDFの現地情報水準を高める重要な方法になっている。

最後の一つは、コンサルティングセンターである。ICDFの実施手法は、必ずしもシステムを構築してそのまま使用させるのではなく、台湾から専門家を呼び寄せ、システム開発業務を指導し、現地に共同参画してもらう。その過程でノウハウを伝授し、友好国が自力でシステムを保守できるようにし、さらにシステム開発力も備えさせる。センターのメンバーは長期的なICDF協力への参画と、台湾がいつも専門家を派遣して指導に当たっていることから、他の省庁がデジタル化を進めたい時にはコンサルティングができる。「国の発展の先鋒部隊です」顔銘宏がいう。

ニーズを察知し、実感を生む

協力プログラムの中心思想は、人々の役に立つことである。人々を取り巻く問題を見つめ、台湾の技術からソリューションを見つけ出す。ICDFがセントクリストファー・ネービス国立病院に設置した病院情報システムが一例である。

同病院は紙のカルテだった。管理も行き届かず、カルテ紛失や患者情報の混乱が起きていて、患者は受付のたびに長時間待たされた。ICDFが構築したシステムは、受付、診察室、カルテ、支払い、薬局、倉庫などをカバーする。医療スタッフが扱いやすいシステムを開発し、さらにその過程で在庫コスト制御を導入し、先入先出といった管理手法を取り入れた。教育訓練で全面的に医療スタッフの事務管理効率を引き上げた。

台湾の健康保険カードの考え方も取り入れ、患者に医療カードを作成し、スタッフがカードを読み取るだけですぐに患者の情報を調べられるようにした。合わせて医療情報システムを利用することで、全体の効率が大幅に向上し、待ち時間は平均4時間から2時間に短縮された。また、医療カードは国立病院が発行し、所有者の顔写真が入っているため、身分証明書を持たない国民にとって、予期せぬ身分証明文書となった。

テクノロジーで犯罪減少

ベリーズで実施している交通行政システム計画も、現地で高く評価されている例である。ベリーズの運転免許は紙に印刷してラミネートしていたが、質が悪く、近隣諸国でよく偽造と疑われていた。Hywebはこのプログラムを請け負った後、カード型運転免許の作成設備を導入し、気を利かせた馬宜信は、身分証アルゴリズムで免許証番号を設計し、偽造防止を強化した。免許証による身分識別を可能にしたのである。

ベリーズが当初ICDFにニーズを説明した際は、車両反則管理の問題解決を考えていた。ベリーズは全国の運転免許センターが紙で作業をしていて、免許センター間のデータ流通がなかった。ある免許センターで免許を受領し、交通違反があれば他の免許センターで新たに免許を受領してしまい、罰金が未払いでも調べようがなく、ベリーズ運輸省は頭を悩ませていた。

また、近隣国の悪徳グループが、川の水位が低い時に盗難車をベリーズに運び入れて車両登録し、新規に受領した登録証でベリーズ国民に車両を販売する自動車ロンダリングも起きていた。しかし、ベリーズは各免許センターによって手続きや規定が異なり、共通認識の形成が困難だった。そこでHywebは、まずベリーズに台湾の交通行政管理の経験を紹介した。その後、各機関を調整して共通の手続きをまとめ、誰もが使いやすい交通行政システムを作りあげた。

Hywebはその前に輸出入貨物の審査許可システムを請け負っており、担当の税関スタッフRigel Brownと良好な関係にあったため、今回、二つのシステムを連結させることができたという。ベリーズ運輸省は、税関システムの車両輸出入情報を検索し、出自不明の車両があればその場で差し押さえることができるようになり、過去のような困った状況は発生しなくなった。

プロジェクトで国民外交

ICDFプログラムに関わって12年になる蘇啓之と馬宜信が、心境を語ってくれた。最初はプログラムへの参画はまるで苦行で、マクドナルドもコンビニもなく、雷雨でネットワークは途切れ、満席の飛行機で小さな椅子に腰掛けたなど、想像を超える状況ばかりだった。カリブ海への出張は短くて1ヶ月、長ければ半年、時差は台湾と昼夜が逆転し「元の生活から切り離されて、アウトサイダーになったようでした」馬宜信は笑う。

現地での時間が長くなるにつれ、また自ら取り組むことにより、二人は徐々に、心から現地の暮らしを改善したいと思うようになった。人々の困難を目にするたび、どんな技術でサポートできるか考えた。ベリーズのバスは個人経営の小型バスで、料金は自分で決めていて、運転手は稼ぎを増やすために定員を超過して載せていた。車両の維持管理もなく、バスは傾き、ドアがなくても運転していた。バスにGPSをつければ、予定の時刻と路線をいつも確認でき、バス停を設定し、さらに管理制度を確立できる。「技術者として一番嬉しいのは、開発したシステムが現地の暮らしを改善していることです」馬宜信がいう。

情報通信技術協力は、台湾の優れた技術力を示すだけでなく、友好国の暮らしをより良くする使命をも負う。両国の友情がその対話の中で深まることは、言葉にするまでもなく自明である。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!