布局東協前哨站

印尼面面觀
:::

2017 / 11月

文‧劉嫈楓 圖‧林旻萱


2017年,印尼是經濟成長率再次破5%的國家,是人口約2.6億人的龐大市場,更是東協經濟體前進的引擎,脫胎換骨的印尼,正吸引全球投資者的目光。


「各界對於印尼的關注度、詢問度皆非常踴躍。」我駐印尼代表處大使陳忠表示。

今年8、9月,短短2個月時期,前來印尼交流的台灣團體高達二十多個,領域涵括教育、藝文、農業等各式團體;甫於今年5月由外貿協會主辦,於印尼雅加達中心的「新南向形象展」,也吸引一百四十多家廠商前來參展。

從單邊至雙向,新南向交流啟動

台灣與印尼多年來已交流密切,在新南向政策的大方針下,許多雙邊交流正啟動當中。

例如台灣和印尼農業合作計畫與協議就多達四、五項,包括水利灌溉、人力培訓與稻種培育等內容;由教育部與科技部等單位提供的「台灣獎學金」也吸引大批印尼學生前來申請,光是今年,就吸引1,037人前來申請。透過台灣高等教育展與各大專院校的積極招生,已有五千多名印尼學生留學台灣,成為台灣外籍學生的第四大來源國家。

長年為台灣、印尼交流主力的經貿投資,也出現顯著成長。根據印尼投資協調委員會(BKPM)與我國投審會統計,截至2016年底,台灣對印尼投資案達到2,425件,總額達151億美元。除了紡織成衣、汽車五金等勞力密集型產業,近期台商對印尼的投資,也逐漸擴及至餐飲、金融、電子商務等產業。

在雅加達市區,已可見日出茶太、豪大雞排等連鎖餐飲進駐,金融服務業除有中國信託設點,近期凱基證券、國泰世華也紛紛併購、收購當地券商、銀行股權,讓投資印尼的產業類型更為多元。

「印尼向上的動能非常強烈」陳忠表示。尤其近年來,印尼社會所得提升、中產階級崛起之餘,過往為人詬病「牛步化」的公共基礎,建設速度加快、商業投資環境也大幅改善。

扎根泗水,找尋合作新立基

2015年年底成立的泗水辦事處,也為新南向交流找尋合作立基點。

泗水辦事處處長蕭勝中表示:「泗水辦事處所位處的東爪哇省,轄下有30個縣市,幅員廣大,要針對各地不同特色,找尋與台灣合作的立基點。」此前,高雄市即和望加錫市簽訂姊妹市協定。在移工、教育、觀光等面向展開交流外,駐泗水辦事處近期也邀集印尼留台學生,成立印(尼)生留台協會,與泗水理工大學、基督教大學等院校舉辦座談,邀請學生分享留台經驗。同時,也蒐集一百多位返回印尼留台生資料,提供給台商,以媒合工作機會。

在教育領域外,曾在台工作的移工更是促進雙邊交流的重要橋梁。目前在台灣工作約有二十五萬多名的印尼移工當中,高達6成比例來自東爪哇。泗水辦事處設處原因之一,也是為了分攤東爪哇一帶龐大的簽證領務。以曾經在台工作的印尼移工為對象,駐泗水辦事處也籌備印尼勞工協會,期盼促成民間的草根交流。

「新南向不僅是單向前來印尼交流,也鼓勵印尼社團、民眾前往台灣。」蕭勝中說。之前於台灣舉辦的世界資訊大會,泗水台灣電腦商會也應邀前往。此外,今年9月亞太文化日活動,我國外交部亦邀請印尼及其他亞太地區國家之駐華機構一同共襄盛舉,在台北車站一樓大廳會場,印尼除了有活動攤位外,也帶來傳統舞蹈等精彩表演。駐台北印尼經濟貿易代表處副代表習瓦德(Siswadi)說:「此次印尼展覽攤位最大的特色就是帶來我們國家祖先的文化遺產,如蠟染等布料。我們希望透過今年的亞太文化日可以增進台灣與印尼兩國之間的關係,也希望每年都可以參與。」習瓦德還特別強調,來台灣已經兩年了,覺得台灣人非常友善,想法也很開放,十分樂見新南向政策可以成功。

 產學合作,輸出台灣技術

福爾摩沙技術中心董事長高應昌,已到印尼三十多年,去年成立福爾摩沙技術中心,將台灣盛行多年的技職模式引入,更以行動為新南向賦予內涵。

高應昌於印尼經營工具機貿易多年後,發現當地工具機操作人才極為不足,因而動念成立福爾摩沙技術中心,培訓相關人才。目前中心設有的課程,包括「自動控制科」、「機械操作科」二大類,學員經過一期430小時的密集培訓後,即相當於擁有台灣丙級證照的水準。

學員受訓完成後,起薪至少比一般工人多出一千元台幣,不但學員在技術和薪資上雙重受惠,未來進入現場生產線後,也能發揮效益,鼓勵經營者採購台灣機具。「未來除了第一線人員的培訓,若能鎖定種子教師,提供相關培訓,也將發揮更大的效益。」高應昌說。

南向印尼,人生美麗的意外

今年6月甫接任印尼台灣工商聯誼會總會長,暨雅加達台灣工商聯誼會理事長賴維信,在這波新南向熱潮前,已在印尼耕耘了十多年。

比起其他台商,賴維信的腳步晚了許多。1986年賴維信退伍後隨著兄長的貿易生意,第一次踏上印尼,而後經常台灣、印尼兩地往返。

年輕的他憑著敏銳的生意頭腦,加上印尼新興的商機,快速攢下財富。可是卻在1997年亞洲金融風暴爆發時,誤判局勢,因而狠狠跌了一跤。亞洲金融風暴爆發後,印尼盾快速貶值,當時他評估,印尼盾貶值已來到停損點,不久即會止跌回升,因此許多人已選擇退場,他卻大膽豪賭,決定「危機入市」,將資金全部變換為印尼盾,不料最終幣值卻一路下貶,最終欠下大筆債務。

2001年,他重起爐灶,在朋友的協助下,成立一間小型汽車五金工廠。為了快速還債,賴維信的貿易經驗適時派上用場,挑選獲利率高的動力方向盤維修組件,為工廠生產主力。捲土重來的開始,辛苦自然,所幸仍有朋友義氣相挺,不但奧援資金,更協助毫無生產專業的他,打理一切。原本以為得耗費多年才能償清的債務,最後遠比預期的提早許多。

5年前,賴維信正式加入台商工商聯誼會。幾年時間,他便擔任雅加達分會理事長與全印尼台商總會總會長要職,接任後,賴維信也期許注入活水,發揮聯誼會功能。

回憶在印尼的跌跌撞撞和過往歷程,賴維信說,「一切都是美麗的意外,人生的方向多半是誤打誤撞,很少是在理智下的決定。」

那些你未必知道的印尼

新南向議題增溫,旅居十多年的賴珩佳,則動筆將多年來的所見所聞,完成《那些你未必知道的印尼》一書。賴珩佳坦言,動筆書寫的初衷來得單純,近年來隨著東協市場崛起,不少朋友來印尼出差,幾天下來的感想總是:「印尼怎麼和想像中的不一樣。」賴珩佳幾次聽聞後,心中不免疑惑,「外人究竟怎麼看待印尼?台灣民眾對印尼的感受又是如何?」

那時印尼議題正熱,台灣出版市場相關書籍卻一片闕如,長年定居於此的賴珩佳認為,有任務紀錄下印尼的一切,自己的書寫或許將是外界重新認識印尼的一扇窗。

耗時一年多完成的書籍,賴珩佳都是趁著工作之餘書寫,主題包羅萬象,唐人街的小吃飲食、印尼職場文化,抑或台灣並不熟悉的回教文化、異地生活的酸甜苦辣……等,都是筆下題材。她猶記第一篇動筆寫下的文章,即是講述台灣、印尼兩地華人文化的不同。以此主題出發,和賴珩佳自身的經歷不無關係。

賴珩佳跟先生是在美留學認識而後結婚,兩人婚後返回印尼,賴珩佳也跟著進入全然陌生的國度。除了異地文化、工作職場必須克服,夫家的家庭傳統也讓她花了好一段時間才適應。賴珩佳的先生來自印尼華人家庭,在印尼經營第三大鋼鐵公司。前來印尼前,父親早就提醒她,雖然兩地華人都說中文,但可不比台灣,印尼華人觀念更為傳統。她笑言:「女兒聽到爸爸的話,總是不以為意。而真正落地生活之後,才體會了一切。」

在此波新南向熱潮中,賴珩佳認為,印尼是很好的起點,除了2.6多億的人口紅利,當地人有極其獨特的高調文化,加上七、八成為伊斯蘭人口。只要掌握印尼市場的特性,是絕佳的發展契機。

過往多半是台灣人單向前赴印尼,賴珩佳長年觀察下,台灣、印尼之間存在多樣的交流可能。她舉例,台灣大專院校,是印尼學生選擇海外留學的選項之一;在醫療服務仍不足的印尼,台灣高水準的醫療品質,更讓當地金字塔頂端的民眾,充滿吸引力。

如今許多人懷著好奇前來印尼,探訪這個國家的解答。而「關於印尼是什麼樣的國家」這道題目,「印尼是一個擁有豐富多采文化而溫暖的國家。」這是賴珩佳以十多年親身生活給出的解答。

相關文章

近期文章

EN 日本語

The Many Faces of Indonesia

Liu Yingfeng /photos courtesy of Lin Min-hsuan /tr. by Scott Williams

Indonesia has a population of some 260 million people and is enjoying GDP growth of more than 5% in 2017, making it both an enormous market and an engine for growth within the recently created ASEAN Economic Community. The country is undergoing wholesale change and international investors are taking notice.

 


 

Taiwanese‡Indonesian exchanges are on the rise. More than 140 companies took part in the Taiwan External Trade Development Council’s 2017 Taiwan Expo in Indonesia at the Jakarta Convention Center in May, and more than 20 Taiwanese groups from fields as diverse as education, culture, and agriculture visited Indonesia in August and September.

From unilateral to bilateral

Taiwan and Indonesia have enjoyed close ties for many years, and many more bilateral exchanges have been initiated under Taiwan’s New Southbound Policy.

These include four or five new agricultural cooperation projects and agreements established in areas such as irrigation, personnel training, and rice cultivation. Meanwhile, the ROC Ministry of Education and Ministry of Science and Technology’s “Taiwan scholarships” are attracting applications from a large number of Indonesian students—1,037 in this year alone!

Economic investment, long the mainstay of Taiwan‡Indonesia exchange, is also growing. According to the Indonesia Investment Coordinating Board (BKPM) and the ROC Ministry of Economic Affairs Investment Commission (MOEAIC), Taiwan had 2,425 investments in Indonesia totaling NT$15.1 billion as of the end of 2016. Taiwanese companies have been extending their investments beyond the labor-intensive industries such as textiles, garments, and automotive hardware that they once preferred, and moving into food and beverages, finance, and e-commerce as well. 

“The forces driving Indonesia’s rise are very powerful,” says John Chen, Taiwan’s representative at the Taipei Economic and Trade Office (TETO) in Jakarta. Indonesians’ incomes are increasing and the country’s middle class is on the rise. In addition, Indonesia has picked up the once “plodding” pace of its infra­struc­ture construction, and has greatly improved the investment climate.

Putting down roots in Surabaya

Established at the end of 2015, the Taipei Economic and Trade Office in Su­ra­baya has become an important locus for cooperation under the New Southbound Policy.

“TETO Su­ra­baya is located in East Java, a large province with jurisdiction over 30 cities,” says Jeffrey ­Hsiao, director-general of the Su­ra­baya office. “We have to address the characteristics of each region when seeking local cooperation with Taiwan.” As well as opening up exchanges in the areas of immigration, education, and tourism, the office has recently formed a “Taiwan alumni” association for Indonesians who have studied in Taiwan. It plans to ask members to give talks on their experience in ­Taiwan to students at colleges and universities in Su­ra­baya. The office is also helping match workers with jobs by sharing information on more than 100 “Taiwan alumni” with Taiwanese businesses.

Indonesian migrant workers are another important bridge for bilateral exchanges. As many as 60% of the more than 250,000 Indonesian migrant workers in Taiwan come from East Java. In fact, TETO opened its Su­ra­baya office in part to share the burden of processing the large number of visas for such workers. Following the model of its “Taiwan alumni” association, the office has also established an association of Indonesians who have worked in Taiwan, in hopes of fostering grassroots exchanges.

This year, Taiwan’s Ministry of Foreign Affairs invited the Taiwan representative offices of Indonesia and other Southeast-Asian countries to take part in September’s Asia‡Pacific Cultural Day festivities. The event took place in the main concourse of the Taipei Railway Station, and featured an Indonesian booth and exciting performances by Indonesian dancers. Siswadi, deputy representative at the Indonesian Economic and Trade Office to Taipei, said, “The Indonesian booth showcased highlights of our national cultural heritage, such as batik. We hope the event will help foster the relationship between our two nations, and that we can continue to participate in the future.”

Exporting Taiwanese knowhow

Kao Ying-­chang first visited Indonesia more than 30 years ago. Last year, he put the spirit of the New Southbound Policy into practice by establishing Formosa Tek­no­logi Sentral (FTS), a school that aims to bring Taiwan’s models for technical and vocational education to Indonesia.

Having run a machine-tools trading company in Indonesia for many years, Kao had noticed that the country faced a severe shortage of skilled machinists. He founded FTS to train people in the relevant fields. To that end, the school currently offers two programs—auto­mation ­control and machine operation—each of which puts students through 430 hours of intensive training, an amount equivalent to that required for a Class C license in Taiwan.

Students who complete their training earn starting salaries of at least NT$1,000 per month more than those of common laborers. And it isn’t just Indonesian students who benefit from the training. Once graduates begin working on production lines, they can generate efficiencies that encourage plant operators to purchase Taiwanese equipment. “In the future, I’d like to extend our efforts beyond training frontline personnel to also cultivating seed teachers, so we can have a still greater impact.”

Life’s twists and turns

Lai Wei-hsin, who became chairman of the Indonesia Taiwan Chambers of Commerce in June and is also president of the Jakarta Taiwan Entrepreneur Association, spent more than a decade developing his businesses in Indonesia before the recent “go south” fervor.

Even so, Lai came to the country much later than many other Taiwanese businesspeople. He made his first trip to Indonesia after completing his military service, traveling to the country in 1986 on behalf of his brother’s trading business. He subsequently became a regular on the Taiwan‡Indonesia route.

In Indonesia, he applied his keen head for business to the many emerging opportunities and earned a fortune while still a young man. But he stumbled badly in 1997 when he misjudged the Asian financial crisis.

Lai started over in 2001, establishing a small automotive hardware factory with the help of a friend. Seeking to repay his debt quickly, he chose to focus production on replacement parts for power steering systems, which have a high profit margin. The first stages of his comeback were grueling. Fortunately, his friend stuck with him, providing financial support and, even more importantly, help with production, an area in which Lai had no experience. 

Lai joined the Jakarta Taiwan Entrepreneur Association five years ago. In just a few years, he has become the president of the Jakarta association and is now chairman of the Indonesia Taiwan Chambers of Commerce. Having taken the reins at the parent organization, Lai’s goal is to invigorate it and develop its capabilities.

You might not know…

As interest in the topic of “going South” has waxed, Jennifer Lai has written about her more than a decade of experience living in Indonesia in a book entitled Things You May Not Know About Indonesia.

Lai’s impetus for writing the book was straightforward. With the rise of the ASEAN market in recent years, many friends have visited Indonesia on business, and, after a few days there, always remark: “Indonesia is different than I expected.” After hearing that several times, she couldn’t help but wonder: “What are people’s expectations of Indonesia? What impression of it do Taiwanese have?”

Lai wrote the book in her non-working hours, and took more than a year to complete it. Though relatively slim, it covers a huge range of topics, from snacks in the country’s Chinatowns, to Indonesia’s work culture, Islam, and the joys and travails of life in a foreign land. Her first essay addressed the cultural differences between ethnic Chinese in Taiwan and Indonesia—a subject with which she is personally familiar—and she has retained that kind of personal perspective in everything she’s written since.

Lai’s Indonesian experience began when she met her husband while studying in the US. After marrying there, the couple returned to her husband’s Indonesian homeland. Living in a new and unfamiliar country, she had to adapt not only to its different culture and working environment, but also, slowly, to his Chinese-Indonesian family’s customs and traditions.

In the past, Taiwanese‡Indonesian exchanges consisted primarily of investing or traveling, but Lai’s long years of observation have shown her that Taiwan and Indonesia have the potential for more diverse kinds of exchanges flowing in both directions. She notes that Taiwan’s colleges and universities are an option for Indonesians thinking about studying abroad, and that Indonesia’s relative lack of medical services and Taiwan’s high standards of medical care make Taiwan attractive to wealthy Indonesians seeking medical treatment.

In recent years, many Taiwanese have become curious about Indonesia as well, hoping to visit and gain a better understanding of the country. What kind of country is it? Speaking as a long-term resident, Lai says, “Indonesia is culturally diverse and very friendly.”

ASEAN最前線 ――インドネシア

文・劉嫈楓 写真・林旻萱 翻訳・山口 雪菜

2017年、インドネシアの経済成長率は再び5%を超えた。人口約2億6000万人の巨大な市場はASEAN経済共同体(AEC)の牽引役である。急速に伸びるインドネシア経済は、世界中の投資家の注目を浴びている。


「インドネシアへの関心は非常に高く、各界からの問い合わせも増えています」と、我が国の駐インドネシア代表処の陳忠代表は言う。

今年の8~9月のわずか2ヶ月の間に、交流のためにインドネシアを訪れた団体は20を超え、その分野は教育、文化芸術、農業など多岐にわたる。今年5月に、我が国の対外貿易協会がジャカルタで開催した「新南向イメージ展」には140社が出展した。

双方向の新南向交流がスタート

台湾とインドネシアは長年にわたって密接に交流してきたが、新南向政策という大方針が示され、さらに積極的な交流が始まりつつある。

例えば、農業協力に関する計画や協議は4~5項目にわたり、水利、灌漑や人材育成、稲作推進などの内容が含まれる。また、我が国の教育部と科技部は「台湾奨学金」を提供しており、今年だけでインドネシアの学生1037人がこれを申請した。台湾高等教育フェアや各大学による積極的な学生募集もあり、現在すでにインドネシア人の学生5000人が台湾に留学しており、台湾にいる留学生の中で4番目に多い。

経済交流の進展も著しい。インドネシア投資調整庁(BKPM)と我が国の経済部投資審議委員会の統計によると、2016年末現在、台湾からの投資案件は2425件、総額は151億米ドルに達する。繊維アパレル産業、自動車部品など、労働集約型の産業の他、最近は飲食業や金融、電子商取引といった分野も増えている。

ジャカルタの市街地を歩くと、台湾でお馴染みの飲食店の看板が目に入る。さらに金融分野では中国信託が拠点を置き、凱基証券や国泰世華が現地の証券会社や銀行を買収したり出資したりするなど、投資分野が増えている。

「インドネシアには強い成長エネルギーを感じます」と陳忠は言う。特にここ数年は所得が増えて中間層が台頭し、インフラ整備や建設のスピードも加速し、投資環境は大幅に改善された。

スラバヤに新たな拠点

2015年末に設立された我が国の駐スラバヤ経済貿易弁事処も、新南向交流のパートナーを見出すための新たな拠点である。

「スラバヤ弁事処がある東ジャワ州は、30の県や市がある広大な地域で、弁事処はさまざまな特色ある地域と台湾との協力関係を確立するための拠点となります」とスラバヤ弁事処の蕭勝中処長は話す。同弁事処では、台湾留学の経験があるインドネシア人学生を招いてインドネシア人学生台湾留学協会を設立し、スラバヤ工科大学やキリスト教大学などで座談会を開き、台湾留学の経験を語ってもらうことにしている。また、台湾留学から帰国した人々の情報を集め、台湾企業の人材募集に提供する。

留学生だけではない。かつて移住労働者として台湾で働いたことのある人々も、交流の重要な架け橋となる。現在、台湾では約25万人のインドネシア人が働いており、その6割が東ジャワの出身だ。スラバヤ弁事処を開設した目的の一つが、この地域の人々へのビザ発給なのである。さらに弁事処では、台湾での就労経験がある人々を対象にインドネシア人労働者協会を設立し、草の根の交流を推進したいと考えている。

産学協力で台湾の技術を輸出

「新南向政策は、一方通行の交流ではなく、インドネシアの団体や国民が台湾を訪れることも奨励しています」と蕭勝中は言う。今年9月のアジア太平洋地域文化デーのイベントでは、我が国の外交部がインドネシアや他のアジア太平洋地域の国々の台湾駐在機関を招いた。台北駅1階ホールに設けられた会場には、インドネシアのブースも設けられ、伝統舞踊などが披露された。「今回のインドネシア展示ブースの最大の特色は、バティック(ろうけつ染めの布)など、我が国に古くから伝わる文化遺産をお見せすることでした。今年のアジア太平洋文化デーを通して、台湾とインドネシアの関係を一層深めたいと考えており、今後も毎年参加したいと考えています」と駐台北インドネシア経済貿易代表処のシスワディ副代表は話す。台湾に来て2年になるシスワディ氏は、台湾人は非常に友好的で考え方も開放的なので、新南向政策は成功するだろうと語る。

インドネシアに暮らして30余年になる高応昌は、台湾の技術モデルを導入して新南向政策を後押ししたいと考え、昨年、現地にフォルモサ技術センターを設立した。

長年にわたってインドネシアで工作機械の貿易に従事してきた高応昌は、現地で工作機械を操作できる人材が非常に少ないことに気付き、そうした人材を育成するためにフォルモサ技術センターの設立を思い立ったという。現在、同センターのカリキュラムには「自動制御科」と「機械操作科」があり、受講者は一期430時間の集中訓練を受ければ、台湾の丙級免許と同等の技術を身につけられるという。

この課程を修了すれば、基本給は一般労働者より1000台湾ドル高くなり、台湾製の工作機械を購入する経営者も増えると見られる。「第一線の操作員を育成し、教員も育てていけば、より大きな効果が期待できます」と高応昌は言う。

インドネシアでの思いがけない経験

今年6月に、台湾企業工商聯誼会総会長およびジャカルタ台湾工商聯誼会理事長に就任したばかりの頼維信は、今回の新南向ブームの十年以上前からインドネシアで奮闘してきた。

彼は1986年に兵役を終えると、家族が貿易を行なっていたインドネシアを初めて訪れ、以来、台湾と同地を行き来してきた。

若かった彼は機転が利き、インドネシアでビジネスチャンスをつかんで大きな利益を上げた。しかし1997年にアジア金融危機が発生した時、情勢判断を誤って大きな損失を出した。インドネシアルピアの下落は底をついて値上がりするだろうと考えた彼はインドネシアルピアを大量に買ったのだが、その後もさらなる暴落が続き、大きな負債を抱え込んだのである。

2001年、彼はビジネスを再開し、友人の協力の下、小型の自動車金属部品工場を設立した。彼は貿易の経験から、利益率の高いパワーステアリングの修理部品を生産することにした。友人の支援もあり、苦労しつつ予定より早く借金を返済することができたのである。

5年前、頼維信は台湾企業工商聯誼会に加入した。それから数年の間にジャカルタ支部の理事長や全インドネシア台湾企業総会の総会長などを務め、聯誼会の機能をさらに発揮するために力を注いでいる。

あなたの知らないインドネシア

新南向政策が話題になり、現地に十数年暮らしてきた頼珩佳はその経験や見聞を『那些你未必知道的印尼(あなたの知らないインドネシア)』にまとめた。この本を書いたきっかけを頼珩佳はこう話す。ASEAN経済が成長するにつれ、出張でインドネシアを訪れる人が増えたが、その多くが「想像していたのと違う」と話すのを聞き、「外国人や台湾人はインドネシアをどう見ているのだろう」と疑問に思ったのである。

当時、インドネシアは注目されていたが、台湾の出版市場にインドネシア関連の書籍はまったくなかった。そこで、長年現地に暮らしてきた頼珩佳は、多くの人にインドネシアを知ってもらうために書く使命があると感じたという。

一年余りをかけ、仕事の合間に書き上げた本の内容は盛りだくさんである。チャイナタウンの食文化、インドネシアの職場文化、台湾では知られていないイスラム教文化、そして異郷での暮らしなどである。最初に書いたのは、台湾とインドネシアにおける華人文化の違いで、これはインドネシア華僑に嫁いだ彼女自身の経験がもとになっている。

昨今の新南向ブームの中、頼珩佳は東南アジアの中でもインドネシアは良い拠点になると考えている。人口は2.6億人、人口ボーナス期にあり、独特の文化を持ち、全体の7~8割がイスラム教徒である。こうした市場の特性を把握できれば、大きな発展を見込むことができる。

これまでの両国の交流においては、台湾人がインドネシアを訪れる方が多かったが、頼珩佳はより多様な交流が可能だと考えている。例えば、台湾の大学はインドネシア人学生にとって留学先の選択肢のひとつである。また医療サービスが不足している中、台湾のハイレベルの医療の質は、インドネシアの富裕層にとっては大きな魅力になっている。

現在、多くの人が興味を抱いてインドネシアを訪れる。インドネシアはどのような国なのかという問いに対し、頼珩佳は十数年暮らしてきた経験から、「ここは豊かで多彩な文化を持つ、心温かい国です」と答える。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!