國合會 竹藝援外

:::

2017 / 4月

文‧劉嫈楓 圖‧國合會 翻譯‧Phil Newell


二十多年前,擁有一身竹編、竹林栽作技術的台灣專家,隨著國合會的腳步,來到中南美洲的海地、多明尼加、尼加拉瓜、厄瓜多等國深耕援助。如今,猶如早年台灣社會家家戶戶必備的竹椅、竹桌,都有來自台灣的手藝與技術。

 


 

2016年1月,榮獲德國iF、紅點設計大獎等國內外獎項的竹藝設計師周育潤,應邀前往多明尼加舉辦為期二周的工作坊,將最新的設計概念、多年累積的竹工藝加工技術,介紹給當地的學員們。幾天下來,集結多明尼加當地大學設計系師生、竹產業相關業者,在工作坊中熱切分享、交流。

竹產業計畫,打造完整產業鏈

如同周育潤這般,獲國合會邀請前往多明尼加、厄瓜多、尼加拉瓜等國,舉辦工作坊分享竹材設計應用的專家學者,他並非頭一人。「早在二十多年前,國合會早已派出技術團,邀請台灣的農藝專家、竹藝師傅,前往海地,展開竹產業的援助計畫。」財團法人國際合作發展基金會技術合作處副處長柳世紘說。

柳世紘表示,對比鄰國多明尼加,搭乘飛機飛越海地上空,便能見到兩國的差異。「向下望,多明尼加這處是茂密的森林,而望向海地則是光禿禿的一片黃土。」海地資源不足,民眾濫墾濫伐,林相遭受嚴重破壞,為了改善當地環境,並考慮到氣候條件,國合會因而選擇五至七年生長期的竹子,作為復育作物。

選擇竹林作為農耕育種的作物也因為不若樹木一經砍伐,就得重新栽種。「竹林是越砍越茂密」,柳世紘說。因此,1980年代末期時,國合會便提供人力、資金,協助海地推動竹產業計畫。經過多年後,海地竹林面積擴大,達成原先目標,計畫推動區域也從原有的海地向鄰近中南美洲的瓜地馬拉與厄瓜多等國推廣,計畫目標也從最初僅僅為「扶貧」,協助民眾提升所得,滿足日常所需的功能,向上提升,希望從育種竹苗、加工設計、銷售規劃,打造完整的竹產業鏈。

柳世紘表示,早年於海地推動竹產業計畫時,協助的多半是農民、家庭個體戶,幫助他們將竹材製作成簡單的家具、手工藝品後,賺取額外的收入。而1990年代後,國合會開始微調策略,除原有的造林育種計畫,更由台灣引進竹積材層加工機具,進行後端加工。

因為缺少竹材加工技術,當地居民只能簡單切割竹材進行加工,製成樣式簡單的成品,引入竹積材層加工機具後,便能將竹子加工製成竹材板後,硬度品質全不輸木材,不但能用於家具製作、建材裝潢等各式範圍,也讓竹產業進一步走向規模化。

推動二十多年下來,國合會竹產業計畫,除了種植大面積的竹林栽作,也協助多明尼加、厄瓜多、尼加拉瓜等中南美洲國家成立竹材加工中心,期待從育種、加工生產,以至後端的行銷販售,打造完整的竹產業鏈。然而,柳世紘坦言,產業的形成並不簡單,「市場規模是關鍵」。若無誘因,居民並無意願投入栽作、生產。因此,每每推動計畫前,國合會都會邀集相關國家,舉辦國際研討會,並邀請專家學者、業者分享經驗,向當地居民推廣竹材的應用。

柳世紘表示,許多人以為竹產業計畫的推動僅僅是由經濟商業的角度出發,殊不知其中更含有生態保育的概念。對比樹林,除了生長期短,竹林含水度極佳,有利生態保育。「因此,國合會所推動的竹產業計畫,既是協助,也擁有生態環保理念。」柳世紘說。

分享竹藝設計概念,學員令人驚艷

台灣設計師周育潤,去年1月也應國合會之邀,加入「竹產業計畫」,前往多明尼加展開為期二周的工作坊,與當地設計系師生、專家、竹材業者,一同展開腦力激盪,將多年來育種有成的竹材,化為實用創新的產品。

首度受邀前往多明尼加的周育潤自2011年應台灣工藝中心之邀,與南投竹山竹藝師傅合作,推出「泡泡沙發」、「高腳竹椅」、「竹電扇」,連連獲得國內外大獎的肯定,對於竹材的使用、轉化再利用,十分熟悉。

周育潤觀察,多明尼加竹產業仍處於發展階段,當地民眾、業者,雖已懂得將竹材製作為椅子、桌子等家具,但樣式設計都猶如台灣早年傳統社會常見的竹椅、竹桌。因為缺少相關的竹材機具,業者、民眾,多半簡單裁切加工後製成家具,附加價值有限,也吸引不了更多民眾加入,難以帶動當地竹產業的發展。

近年來,國合會在多明尼加引進數台竹積材層加工機,有效地協助居民、業者改善加工技術。經過加工後的竹材,不再是原有的樣子,經過刨切、壓製後的竹積材,應用也更為廣泛。

長期關注歐美設計趨勢的周育潤表示,方便取得的竹材曾是台灣製作家具的原料。然而,隨著設計潮流的改變,在台灣竹材的使用逐漸減少。近年來環保意識的抬頭,生長週期短、可循環回收的竹材早已成為歐美設計界取材的環保原料,但許多人並不知道。

翻開瑞典家具品牌IKEA最新產品型錄,便可一見端倪,裡頭就不乏利用竹積材製成的家具。例如圓鏡的外框、面紙盒,都是採用竹材製作的完美設計。

因此,曾經應邀參加米蘭家具展、杜拜設計節的周育潤,此趟行程便將他過往參加國際設計展會的經驗,並介紹當下歐美家具設計的實用案例,分享給工作坊的學員,打破他們對竹材的想像。

從未到過多明尼加的周育潤坦言,出發前以為當地居民僅僅懂得將竹材裁切後,作成實用簡單的設計用品,但幾天課堂上的觀察和互動,工作坊學員的創意與表現,遠比他想像中精彩許多。

工作坊上不僅小組討論熱烈,學員提出的創意,更令人驚艷。例如,就有學員自當地盛產的鳳梨得到靈感來源,利用竹片編織出鳳梨般的網狀造型,外覆於燈具上。

「這表示工作坊的成員們,已經懂得取材當地文化、元素,將其融入在設計當中。」周育潤說。

相關文章

近期文章

英文 日文

Cultivating Bamboo Industries from Scratch —Taiwan’s Foreign Aid at Work in Latin America

Liu Yingfeng /photos courtesy of ICDF /tr. by Phil Newell

Over two decades ago, Taiwanese experts in bamboo weaving and bamboo cultivation came to Latin America as part of a team from Taiwan’s International Cooperation and Development Fund that visited the Republic of Haiti, the Dominican Republic, the Republic of Nicaragua, and the Republic of Ecuador. Today, much as in the early years in Taiwan after World War II, it seems de rigueur for every home in these countries to have bamboo chairs and end tables. And all of these pieces of furniture are the result of craftsmanship and skills transferred from Taiwan.


 

In January of 2016, Kevin Yu-jui Chou, a bamboo craft designer who has won prestigious awards both domestic and international (including Germany’s iF and Red Dot design awards), headed off to the Caribbean to visit the Dominican Republic. His purpose: To hold a two-week workshop at which he would introduce the latest design concepts, as well as his many years of accumulated “tricks of the trade” for ­processing bamboo, to local design students and people from the bamboo industry.

Bamboo industrial project

But it is nothing new for experts and scholars like Chou to be invited by the International Cooperation and Development Fund to go to places such as the Dominican Republic, Ecuador or Nicaragua to hold workshops on the design and use of bamboo materials. “As long ago as 20 years or more, the ICDF was already sending technical aid teams to other lands, and invited Taiwanese experts in rural crafts, including master bamboo craftsmen, to go to Haiti to launch an aid program for the bamboo industry in that country,” says Liu Shih-hung, deputy director of the Technical Cooperation Department at the ICDF.

Liu relates that in those days you could see the difference between Haiti and the neighboring Dominican Republic just by flying over their shared island. “When you looked down, the part that is the Dominican Republic was dense jungle and forest, but when you looked toward Haiti, what you saw instead was a stretch of bald, sterile soil.” To assist in improving Haiti’s environment, the ICDF took into account the local climate and conditions and chose bamboo with a five-to-seven-year growing cycle as the main reforestation and recovery crop.

Bamboo was chosen because, unlike most trees, you don’t have to start from scratch replanting when the material is harvested. “The more bamboo gets cut, the more densely it grows,” explains Liu. And so it was that in the late 1980s the ICDF provided manpower and funding to assist Haiti with a program to develop the bamboo industry. After many years of effort, the area of Haiti covered by bamboo forest had reached targeted levels, and the program was expanded geographically to other Latin American countries including Guatemala and Ecuador. Moreover, the goals were enlarged as well, from simply helping the poor raise their incomes and satisfy their daily needs to developing a complete integrated bamboo industry—from cultivation of bamboo seedlings, to design and production of products, to marketing and sales.

Liu says that the bamboo industry plan in Haiti in the early days was mainly aimed at helping farmers and individuals working out of their homes to supplement their incomes by transforming bamboo material into simple furniture and handicraft items. But from the 1990s the ICDF somewhat altered its strategy. In ­addition to the breeding and reforestation program, they also had Taiwanese come to introduce bamboo strip laminating machines.

Because they had previously lacked any bamboo processing technology, local residents could only cut raw bamboo and make it into very simple finished products. But after the introduction of the laminating machines, it became possible to process bamboo into boards as tough as wood. This bamboo board can be used in many ways—such as furniture and decorative building material—and it permits the enlargement of the scale of operations of the bamboo industry as a whole.

Over the past two decades and more, besides cultivating large areas of bamboo forest the ICDF program has also assisted in the creation of bamboo processing centers in a number of Latin American states, including the Dominican Republic, Ecuador, and Nicaragua. The ambition is to build a comprehensive bamboo industry chain, from seedlings to cultivation to processing, and all the way to marketing and sales. However, Liu frankly admits that it is no easy thing for an entire industry to take shape. “The key is market size.” If the products don’t meet the needs of any market, there would be no incentive for local residents to get involved in cultivation and production. Therefore, the ICDF holds international conferences with relevant nations, inviting scholars and experts to share their knowledge and experience, and to promote the applications of bamboo to local residents.

Sharing ideas is a two-way street

Taiwan designer Kevin Yu-jui Chou accepted an invitation from the ICDF to take part in the bamboo industry development project in January of 2016. He went to the Dominican Republic, where he offered a two-week workshop. He brainstormed with local design students, experts, and people from the bamboo industry, transforming bamboo material that had been cultivated for many years into innovative but still practical products.

Chou is no stranger to creative uses of bamboo. Since 2006, at the behest of the National Taiwan Craft Research and Development Institute, he has worked with a master bamboo craftsman from Zhu­shan in Nan­tou County to come up with a whole series of innovative designs—such as “bubble couches,” “long-legged bamboo chairs,” and “bamboo electric fans”—that have won major awards home and abroad.

Chou observes that the Dominican Republic’s bamboo industry is still in the development stage. Although local citizens and businesspeople understand how to manufacture household furniture like chairs and tables out of bamboo, the designs and patterns are all very traditional, like the bamboo chairs and tables that Taiwanese used to have in each and every home. Because the Dominican Republic lacked the necessary processing machines, businesses and citizens mainly just cut some bamboo from the bamboo groves and, after some simple processing, made furniture out of it. This approach adds little value, and so attracts few people to join in, making it difficult to get any momentum for the development of the industry as a whole.

In recent years, the ICDF has brought in several Taiwan bamboo strip laminating machines to the Dominican Republic, effectively assisting local people and businesses to improve their processing techniques. Bamboo processed in this way loses its natural appearance, and after planing and compression, ends up as board that can be used much more widely than natural bamboo.

Chou, who stays abreast of the latest design trends in Europe and North America, says that even though bamboo is no longer of great interest to Taiwanese consumers, in recent years it has become widely appreciated in the West as a “green, environmentally friendly” material. If you browse through a current IKEA catalogue, you will see at a glance various beautifully designed household items made using bamboo, such as mirror frames and tissue boxes.

Having been invited to show at globally important furniture shows in Milan and Dubai, Chou was able to share his experiences of participating in international design shows with the workshop students, and also introduced to them practical examples of contemporary European and American furniture design. This information really broke down their preconceptions about bamboo.

Chou had never previously been to the Dominican Republic, and he admits that before going there he assumed that local residents only knew how to do the basics: cut down some bamboo and make functionally designed items for daily use. But after several days of observation and interaction in the classroom, the performance of the workshop attendees was far beyond what he had anticipated.

Not only was discussion spirited in the workshop, the students proposed many innovative ideas. For example one student—inspired by one of the most common crops in the nation, pineapple—used bamboo strips to weave a net-style lampshade in the shape of a pineapple. “This indicates that the workshop participants understand how to draw on local culture and motifs and integrate them into their designs.”

竹産業で対外援助 中南米の環境と産業のために ——国際合作発展基金会

文・劉嫈楓 写真・國合會 翻訳・松本 幸子

20数年前、竹編みと竹栽培の技術を持った台湾の専門家が、国際合作発展基金会(ICDF)の招きで、中南米のハイチ共和国、ドミニカ共和国、ニカラグア共和国、エクアドル共和国などへ支援に赴いた。台湾でかつてはどの家でも見られた竹製の椅子やテーブルなどが、今ではこれらの国々でも使われている。台湾の技術がもたらしたものだ。


ドイツのiFデザイン賞やレッド・ドット・デザイン賞など、国内外で受賞を重ねている竹工デザイナーの周育潤は、20161月、招きを受けてドミニカに赴き、2週間にわたるワークショップで最新のデザイン・コンセプトや、長年蓄積してきた竹工芸技術を紹介した。参加者はドミニカの大学のデザイン学科の教師や学生、そして竹工芸産業関係者などで、熱心に討論を進めた。

竹産業チェーンを

ICDFの招きを受けてドミニカ、エクアドル、ニカラグアなどに赴き、ワークショップで竹工芸デザインの応用を紹介した専門家や学者は、周育潤が初めてではない。

20数年前すでに、ICDFは台湾の農芸専門家、竹細工職人などの技術団をハイチに派遣し、竹産業を支援するプロジェクトを進めてきました」と、財団法人国際合作発展基金会技術合作処の柳世紘・副処長は語る。

柳世紘によれば、飛行機でハイチ上空を飛べば、隣国のドミニカとの差がよくわかるという。「上空から見ると、ドミニカ側はうっそうと森林が広がっていますが、ハイチ側は黄色い大地がむき出しになっています」開墾や乱伐によって森林破壊の進んだハイチは、資源不足に悩んでいた。環境を改善するために、また現地の気候条件も考慮して、ICDF57年で成長する竹を森林再生の作物として選んだ。

竹を選んだのは、ほかの木のように伐採してしまうと再び一から木を育てなければならないという必要が竹にはないからでもあった。「竹林は、伐採すればするほど茂っていくのです」と柳世紘は言う。

こうして1980年代末にICDFは人手や資金を提供することによって、ハイチでの竹産業プロジェクトを援助した。

そして、その何年か後には、ハイチの竹林面積は拡大し、当初の目標に達した。プロジェクトの推進地域も、ハイチから、中南米近隣のグアテマラやエクアドルへと広がり、その目標も最初の「貧困を助ける」といったものから、国民の所得を高め、日常生活の満足度を高めるものへと変わっていった。竹苗栽培から加工デザイン、マーケティングまで、整った竹産業チェーンを作ることを目指したのである。

柳世紘によれば、ハイチでの竹産業プロジェクトが始まった当初は、援助の対象は多くが農家など個々の家庭で、彼らの収入の足しになるようにと、竹で簡単な家具や工芸品を作ることが指導された。

だが1990年代に入って、ICDFは方策にやや調整を加える。本来の造林栽培計画に加え、台湾から竹合板加工機を導入し、加工も行う方向へと進めたのだ。

現地ではそれまで竹の加工技術がなかったため、単に竹を割って、簡単な製品を作るしかなかった。だが、加工機を導入すれば、竹合板を作れるようになる。竹合板の硬度は木材に劣るものではなく、家具製造ばかりか、建築や内装の建材などにも使用範囲が広がり、竹産業の拡大化が実現し始めた。

こうして20数年来、ICDFによる竹産業プロジェクトは、竹林の栽培面積を広げただけでなく、ドミニカ、エクアドル、ニカラグアなどにおける竹加工センター設立につながり、今後は栽培、加工、生産のほか、その後のマーケティングにもつなげ、竹産業チェーンを整えることが期待されている。

だが、産業チェーンの形成はそれほど簡単なことではない、と柳世紘は言う。それには、「市場規模の拡大がカギとなる」と。もし規模が小さいままで竹産業に魅力がなければ、栽培や生産を始めようという人は増えない。そこでICDFは、プロジェクトを開始する前には必ず関係各国を集めて国際シンポジウムを催し、専門家や業者に参加してもらって、彼らの経験を分かち合うようにしている。現地での竹産業推進にそれらを生かしてもらうためだ。

柳世紘はこう話す。竹産業プロジェクトは、経済や商業的角度からだけでとらえられることが多いが、実は、そこには環境保全のコンセプトが含まれている。つまり、一般の樹木に比べて生長の速い竹林は保水機能が極めて高く、環境保全にも有利に働くからである。「したがって、ICDFの進める竹産業プロジェクトは、産業援助でありながら、環境保全の推進にもなるのです」と柳世紘は説明する。

驚きのデザイン

台湾のデザイナー、周育潤も、昨年1月にICDFの招きを受けて竹産業プロジェクトに参加した。ドミニカで催された2週間のワークショップでは、現地の学校のデザイン科の教師や学生、専門家、竹材業者などが集まり、長年育ててきた竹材を、実用的かつ創造的な製品にしようと知恵を寄せ合った。

ドミニカでのワークショップ参加は初めてだったとはいえ、周育潤は2011年に台湾工芸センターの招きを受け、南投竹山の竹細工職人とのコラボによって、「竹編みバブル・ソファ」「高脚バンブーチェア」「竹扇風機」などを生み出し、国内外で受賞した経験がある。竹材の使用や再利用について熟知したデザイナーだ。

周育潤が見たところでは、ドミニカの竹産業はまだ発展段階で、竹材で椅子やテーブルなどの家具は作れるようになっているものの、それらは台湾で昔よく使われていた家具と変わりがない。加工などの関連機器がまだ不足しているため、簡単な切断による加工しかできず、製品の付加価値を高めるまでは至っていない。そのため、この仕事を始めようという人も増えず、竹産業の発展につながっていなかったのだ。

だが近年は、ICDFによってドミニカに数台の竹合板加工機が導入され、地元の加工技術改善につながっている。薄く削り、圧縮加工された竹合板は用途も広い。

長い間、欧米のデザインに注意を向けてきた周育潤はこう語る。台湾ではかつて、豊かにある竹を家具材としてよく使っていた。だが、デザインの潮流の変化によって、竹材使用は次第に減少していった。ところが近年は、環境保護意識が高まったおかげで、生長周期の短く、リサイクルもできる竹材は、欧米のデザイン界では環境保護にかなった材料として使われるようになっているが、それを知らない人は多い。

スウェーデンの家具量販店IKEAの最新のカタログを見ても、その事実がわかる。カタログには、竹合板を用いた家具が少なからず登場している。例えば、丸鏡の外枠、ティッシュ・ボックスなど、竹材を用いた美しいデザインに仕上がっている。

そこで、ミラノ・サローネ国際家具見本市や、デザインアートフェア「デザイン・デイズ・ドバイ」に招かれたことのある周育潤は、今回のワークショップで、彼がかつて参加した国際的デザイン・フェアの経験や、現在の欧米家具のデザインの数々を紹介し、現地の人々の竹材に対する固定概念を打ち破ることにした。

ドミニカに行ったことのなかった周育潤は、出発前は現地の状況について、竹を切って実用的な製品を作るぐらいなのだろうと、たかをくくっていたと認める。ところが、数日間のワークショップを経るうちに、参加者の創意工夫がすばらしいことがわかり、自分の想像をはるかに超えていたと言う。

ワークショップでは、小グループに分かれて熱心な討論が展開されたほか、すばらしいアイデアの数々が出された。例えば、現地でよく採れるパイナップルからインスピレーションを得て、パイナップルのような模様のランプシェードを考え出した人もいた。

「これは、ワークショップの参加者たちが、地元の文化やその要素を、デザインのモチーフにすることを知っているということです」と、周育潤は語る。                                                                          

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!