泰國台商新典範

產官學研共啟產業升級動能
:::

2018 / 8月

文‧蘇俐穎 圖‧林格立


泰國作為東南亞市場的重要據點,在新南向熱潮以前,便有許多台商預見商機,前往投資。經過數十載歲月,至今仍屹立不搖的,多已成為業界的中堅翹楚。不過,隨著時代遞嬗,全球市場競爭加劇,台商除了步步為營,趁早運籌布局,也嘗試突破過去單打獨鬥的局勢,統合產官學研各領域的能量,激發產業蛻變的可能。

 


 

在諸多的泰國台商之中,1998年在泰國成立,2017在台灣上市,以金屬鈑金加工為主的「經寶精密公司」,稱得上是標竿企業之一。

總經理鍾國松回憶28年前赴泰國創業的往事,彼時,大學才剛畢業1年的他,憑著初生之犢不畏虎的勇氣,離鄉背井到泰國打拚,「當時,誰也不認識,也不像一般公司有母公司的支援,就這麼跌跌撞撞,從零開始,慢慢摸索。」

誰能料想得到,如今的經寶,已是一間年營業額高達14億元的公司,因著擁有彈性生產、智慧製造等優異技術,歐美、亞洲等一級大廠紛紛慕名而來,指定下單。

世界級的鈑金工藝

作為鈑金加工廠,包含日常生活中的湯匙、貨架、家具等,都在業務範疇之內,但鍾國松相當清楚,若想要做出競爭力,勢必得瞄準高階市場。因此,早在十多年前,他便劃定航太、電子、食品加工、醫療、通訊、綠能等六大產業,作為公司接單的主要利基市場。

經寶以具備生產航太等級產品的實力備受矚目。由於航太產品具有高精密度、高穩定度、少量多樣等特色,加上在生產前必須先取得各種認證,在製造業中具有高度指標性。

除了通過AS9100在品質管理上的認證,經寶也擁有美國NADCAP的焊接、化學皮膜處理、非破壞性試驗製程等三項特殊製程認證,可用以生產航電設備,可接單生產波音公司的產品。現今也正緊鑼密鼓興建中第四廠區,更鎖定市場廣大的航太結構件產品,打造陽極處理與熱處理生產線,實力將更上一層。

以高階設備提升企業競爭力,是鍾國松一貫的經營政策,他表示,經寶每年挹注約1億元升級設備。當我們來到曼谷附近,位於挽蒲(Bangpoo)工業區的經寶廠房,廠內氬雷射焊接機、3D雷射光纖切割焊接機、自動光學檢測儀、質譜儀等一應俱全。

尤其在擁有航太認證的第二廠區,有別於一般傳統鈑金廠的人聲雜沓,生產線上的員工登時銳減成個位數,偌大的廠房聲音寥落,只見巨大的NCT機台依據電腦指令,從上料、切割、沖壓、折彎、熔接到組裝等工序,自動、精準、快速、無聲地運作著,周遭只有少數幾名員工透過工作站的電腦檢視進度。

這套由日本Amada為經寶量身打造,要價高達1億5,000萬的頂級設備,至今仍是獨步全球,讓經寶成為一般廠商望塵莫及的夢幻工廠,也讓波音、空中巴士等航太大廠紛紛下單。

董事會秘書王盈舒進一步解釋,這套自動化設備,除了具有大幅降低人力成本、可24小時運作的優勢,還能大幅提升產品的品質。他談到:「所有的生產刀具都有一定的使用壽命,過去多靠人工憑感覺、經驗判斷,甚至到產品都沖壓出來了,才發現品質有問題,但這套設備擁有自己的刀具庫,每次沖壓都會自動計算次數。」

他又補充:「而且,我們在每個步驟都裝設上感測器,包括折彎的角度、精密度等,能夠達到100%全部檢驗。」

經寶4.0:打造智能化的數位工廠

當市場變化越快,也越讓鍾國松篤信「機會是給準備好的人」的道理,2004年時,他將企業轉往少量多樣化客製化的高端市場,因為客戶訂單多元、產品規格不一,6年以前,甚至領先於國家政策,鍾國松就開始前瞻布局,將工廠導向自動化、數位化、智能化的方向,用以因應日趨複雜的生產模式。

他找來跨國團隊,以「日本規劃、印度寫軟體、泰國實踐」的合作模式,開發出一套名為「經寶4.0」的管理軟體,整合產線的每日生產排程、企業資源規劃系統(ERP)、產品生命週期管理系統(PLM)、製造執行系統(MES)與即時監控系統等不同系統,並可透過Kiosk工作站來操作、瀏覽,除了運用在生產端,包含業務、行政等都可延伸應用。當多數廠商仍在苦思該如何實踐工業4.0之際,經寶卻已臻至完成。

「這是我們自己學習來的,不是買套裝軟體。就像公司是從零開始的,沒有任何別人的影子。我們自己創造自己的路、自己的時代,」鍾國松不無自豪地說:「這不是花錢可以買到的,是花時間、精神、生命,才能玩到這樣的規模。」

人才南向,輸出高科技實力

除了大企業積極創新,以保產業競爭力,由於正逢泰國政府發展「泰國4.0」(Thailand 4.0)經濟改革計畫,積極推動泰國產業升級,不少中小企業主也搶搭這班順風車,藉此升級。在泰耕耘已超過四十年,以生產塑膠與鋁合金產品為主「BDI集團」,便是一例。

談到升級轉型,董事長張玲琴表示:「我們是製造業,一定得跟得很緊。」從5年前,BDI便開始逐步投資自動化生產設備,又逢泰政府輔導當地中小企業升級轉型,BDI便主動爭取機會,透過泰國國家科技發展署的媒合,邀請到台灣的專家赴泰擔任顧問。

泰國國家科技發展署技術顧問張仁安,就在這樣的契機下來到BDI。他指出,製造業屬於傳統產業,在過往,製程多仰賴技術人員的經驗判斷,憑著trial and error反覆測試,卻相當浪費時間、原料;企業若要升級,除了添購自動化設備,還必須搭配一套標準化流程,數據與結果才能有跡可循。

張仁安說:「自動化設備只是工具,必須經由標準化流程找到合理的參數,再透過參數調整產品的生產條件。」除了協助BDI建置標準化流程,張仁安也導入電腦作工程分析,輔導解決製程上的疑難雜症。

長期旅泰的張玲琴,由於主要都在泰國,才因此認識台灣的高科技實力。她說:「從顧問的身上,我們才得知台灣有這麼多高科技人才,還有工研院、工業4.0實作中心與各大學的產學合作中心等機構,都值得我們去連結。」

不只受惠於泰政府政策協助,另一面,駐泰國台北經濟文化辦事處代表童振源也積極敦促台商提升。這位被鍾國松稱為「嚴父」的駐泰大使,已協助泰國台灣商會聯合總會成立泰國台灣高科技中心,並召集約210位來自不同領域的專家人才,以定期舉辦講座的方式,協助台商升級,讓台灣的高科技軟實力,成為台商強有力的後盾。

人才需求擴大,台商自主辦學

在產業蛻變的時刻,更加仰賴優秀的人才,企業之間紛紛展開人才爭奪戰。

「誰有好的人才,誰才能取得勝利。」鍾國松這樣說。雖然經寶的知名度不比許多日商汽機車大廠,但他已藉由各種方式,多管齊下地增加企業曝光的機會,好比與台灣、泰國多所大學進行產學合作,提供學生實習機會或企業獎學金,今年也拿出100萬的經費,在泰國舉辦全國大專盃自動化比賽,為的就是要吸引優秀人才進入。

除了積極延攬畢業生,不少深耕泰國已久的台商,也涉足教育界,從人才育成的前線作耕耘。

十年以前,BDI集團的創辦人,同時也是張玲琴的父親張聚麟,便已洞見泰國技職教育的不足,由於產學斷鏈,所訓練出來的技術人才不敷企業所需,故成立「泰國─台灣(BDI)科技學院」,希望藉此解決台商企業的人才荒。

直到張聚麟去世,張玲琴繼承父親遺願,持續辦學不輟。泰國─台灣(BDI)科技學院的科系由企業的需求出發,將學制分成高職、二專兩種,高職以汽車零件製造科為主,二專則是製造科技系與會計系,每個年級約20名學生,均採建教合作的形式,並提供全額獎學金,學生畢業以後,必須在企業服務約2~3年。

所謂前人種樹,後人乘涼,在教育界頗多建樹的張聚麟,也是「泰國中華國際學校」的創辦元老之一。

這所創立於1995年的國際學校,不是以教授中文為主的華語學校。最早,是因著台商子女的教育問題,由多位台商前輩集資創辦。從幼稚園、小學到高中12個年級,制度上採美制,師資大多數也來自英語系國家,但由於獨特創辦背景,董事會均由台灣人組成,從授課內容到文化活動設計,兼顧美、台、泰三種文化。由於辦學口碑良好,不只吸引台籍學生就讀,泰籍學生更佔多數,也有不少學生在高中畢業以後,選擇赴台留學。

勁捷營造公司董事長章維斌,因著承包校內活動中心工程,注意到這所學校,待工程竣工,他向校方捐款,成為董事會的成員之一,也陸續將自己的三個子女送到學校就讀。

今(2018)年6月剛赴任董事長的章維斌說:「教育是一切的根本。新南向政策談的就是『以人為本』,以人為本,就是以教育為本。」身為台商第二代子女,面臨下一代的教育問題,他心有戚戚:「從台灣來的企業主,要顧前顧後,家庭、教育都要跟上,穩住腳步以後,才能往前衝。」

高等教育與技職教育,提供企業所需的專業人才;國中、小的基礎教育,則在文化、人情上創造出鏈結,雖然乍看無形,將來卻可能為產業帶來龐大的商機。

同樣是泰國中華國際學校董事的張玲琴說:「像我們,一來是因著情感,二來是父親留下來的人脈、關係,現在公司要購買設備,還是會優先考量台灣產品。」章維斌說:「只要有一個學生過去,全家人就都過去了,心也會了解台灣。」辦學,也是台灣人「搏感情」的方式之一。               

相關文章

近期文章

EN 日本語

Powering Up

Thailand’s Taiwanese Entrepreneurs

Lynn Su /photos courtesy of Jimmy Lin /tr. by Robert Green

Long before Taiwan’s New Southbound Policy was instituted,Taiwanese companies, sensing market opportunities, began to invest in Thailand, which became an important base of operations. After several decades of investment, Taiwanese industry is highly developed in the country. Amid changing times and intensifying global market competition, Taiwanese businesses are steadily improving efficiency and stream­lining operations to succeed in an era of strong headwinds. Through the combined efforts of industry, government, and academia, there is a movement afoot to stimulate new possibilities for industrial transformation.

 


 

Jinpao Precision Industry Company, which set up shop in Thailand in 1998, has become a model of success among Taiwanese enterprises in the kingdom. Its core business is precision sheet metal fabrication. It was listed on the Taiwan Stock Exchange in 2017.   

The company’s president, Victor ­Chung, recounts how he went to Thailand 28 years ago to start his own business there from scratch. It was only a year after he had graduated from college and he relied on his natural fearlessness when he left his home in Taiwan to try his fortunes abroad. Who would have imagined that today Jinpao does some NT$1.4 billion in business a year? The company’s technological excellence in flexible production and smart manufacturing has led to orders from major manufacturers in Europe, North America, and Asia.

High-end sheet metal processing

Jinpao’s product lines include all kinds of everyday items such as cutlery, shelving and domestic furniture. But ­Chung knew that to be competitive he would need to focus on certain high-end markets. Thus, more than a ­decade ago, he targeted six industries to be the com­pany’s chief clients—aerospace, electronics, food processing, healthcare, communications, and green energy.

Jinpao’s ability to manufacture aerospace-grade products has greatly enhanced its reputation. Aerospace manu­factur­ing requires a high degree of precision and consistency and involves small-batch production of diverse items. In addition it is necessary to obtain various certifications before production. Aerospace manufacturing is therefore seen in the industry as the gold standard.

The company has received AS9100 quality management certification, an important credential for the aerospace industry. It also holds Nadcap aerospace industry certification in three specialized areas—welding, chemical processing and nondestructive testing. It is thus authorized to produce avionics equipment and undertake orders for Boeing. Jin­pao is constructing its Phase 4 factory to concentrate on the enormous market for aerospace structural components. It will include anodizing and heat-treatment facilities, further upgrading the company’s manufacturing capabilities.

Under ­Chung’s management, Jin­pao has relied on equipment upgrades to improve its competitiveness. He says that company spends about NT$100 million on upgrades annually. When Jin­pao opened a manufacturing facility in the Bang­poo Industrial Estates, located just outside Bangkok, it installed argon laser welding equipment, 3D laser cutting and welding equipment, automated optical sensors, and mass spectrometers, among other advanced machinery.

The company’s aerospace-accredited Phase 2 facility differs greatly from typical sheet metal factories. In the enormous plant, human voices are few and far between. A series of numerically controlled machines run the production process from loading, cutting, stamping, molding, welding to assembly. The automated processes are accurate, rapid, and silent. It requires only a few technicians at workstations to monitor the process with computer systems.

The plant’s top-grade equipment was custom built by Japanese machine makers ­Amada and cost the company some NT$150 million. Most companies can only dream of having such a facility, and it has helped Jin­pao to outpace competitors in the industry. As a result the company has won contracts with Boeing, Airbus and other major aerospace companies.

Smart factories on the horizon

The more rapidly market conditions change, Chung believes, the more opportunity will favor the prepared. In 2004 he began to focus on customization for the high-end market to accommodate the diversity of orders and product specifications. Six years ago, before the Taiwan government’s New Southbound Policy, he began to adjust for changing trends. He began to rely more on automation, digitization, and intelligent production methods to meet increasingly complex modes of production. 

He created an international development and production team with planning in Japan, software development in India, and production in Thailand. To integrate the process, he created specialized management software, called Jin­pao 4.0, which combines daily production scheduling, enterprise resource planning, product lifecycle management, manufacturing execution and real-time monitoring systems. Production can be controlled and monitored through computer stations known as interactive kiosks. The technology upgrades are also being applied to other aspects of the business, including sales and administration. While many other companies are contemplating how to upgrade for the new generation of production known as Industry 4.0, Jin­pao is already leading the way.

Cultivating high-tech prowess

As large enterprises race to innovate to enhance their competitiveness, the Thai government’s economic reform plan, called Thailand 4.0, is also encouraging industrial upgrading and spurring many small and medium-sized enterprises to jump on the bandwagon. The BDI Group is a prime example. It manufactures products from plastics and aluminum alloys and has been operating in Thailand for 40 years.

“As manufacturers, we’ve got to race to keep ahead,” says Belinda Chang­ka­jon­sakdi, BDI president, speaking of the need for industrial upgrading.

Five years ago, BDI began to invest in automated production facilities, and when the Thai government began to encourage SMEs to upgrade, BDI sought out the opportunity to work with Thailand’s National Science and Technology Development Agency (NSTDA) to bring in a technical advisor from Taiwan.

It was in this way that BDI got access to the expertise of ­Chang Jen-an, a consultant to the NSTDA. Chang notes that traditionally manufacturing has relied on the experience and judgment of technical personnel who arrive at solutions through trial and error, combined with repeated testing and measurement. But this results in much waste of time and resources. For enterprises wishing to upgrade, it is not enough merely to purchase automated equipment; they also need to apply standardized operating procedures that enable data and outcomes to be tracked consistently. 

Aside from assisting BDI with defining standardized procedures, ­Chang also introduced computerized engineering analysis to solve production problems. 

Education at the fore

Under rapidly changing industrial conditions, skilled personnel are ever more vital, and companies are competing ferociously to attract talent.   

As a result, many established Taiwanese entrepreneurs in Thailand are recruiting recent graduates and establishing their own educational programs to cultivate talent.

A decade ago BDI’s founder, Su­­thum Chang­­ka­­jon­­sakdi—Belinda Chang­ka­jon­sakdi’s father—saw the shortcomings of Thailand’s vocational training. Because there was little coordination between formal education and industry needs, schools were failing to produce a sufficient number of graduates with technical skills. He therefore founded the Thai‡Taiwan (BDI) Technological College to train talent for Thailand’s Taiwanese enterprises.

The school’s curriculum is designed to meet the needs of industry, and the school offers two programs—vocational high school and two-year college. The former focuses on automotive parts manufacturing, and the latter on manufacturing technology and bookkeeping. About 20 students a year are provided with full scholarships for vocational education combined with practical internships. After graduation, students must spend two to three years working for a Taiwanese-owned company.

There is a saying that pioneers plant the trees and later generations enjoy the shade. As a founder of the Thai‡Chinese International School (TCIS), Su­thum Chang­ka­jon­sakdi counts as one of those pioneers.

Founded in 1995, this international school was originally established to educate the children of overseas­-based Taiwanese businesspeople. It is set up on the American educational system and includes education at all levels from kindergarten to high school. Teachers are recruited mostly from English-speaking countries. The school’s good reputation has also attracted Thai students, and many graduates go on to study in Taiwan.

Yosapol Chang­cha­ro­en­kij, president of Power Fast Corporation, joined the school’s board of directors in June. “Education is the foundation of everything,” he says. “The New Southbound Policy emphasizes a people-first approach, which really means focusing on education.

As a second-generation overseas Taiwanese entre­preneur, he worries about the education of today’s kids. “As overseas businesspeople we can’t just rush headlong without building a stable foundation by focusing on family and education,” he says. “Progress can only be made if we shore up those foundations.”

The BDI Technical College addresses the immediate needs of industry through its dual vocational high school and college education tracks. But the primary and middle-school education provided by TCIS cultivates cultural and social links between Thailand and Taiwan. The benefits might not be immediately visible, but these links could provide enormous advantages for industry in the future.

“As the second generation, we have deep feelings for Taiwan and also benefit from the business relationships our parents built,” says Belinda Chang­ka­jon­sakdi, who is also a director of the TCIS. “When we need to upgrade our factories today, we naturally think of buying Taiwanese equipment first.”

In schools founded by overseas Taiwanese, students come to know the kindness and compassion of Taiwan. “When students attend a Taiwanese school, their whole families get to know Taiwan better,” says Yo­sa­pol Chang­cha­ro­en­kij.                            

タイで輝く台湾企業

産官学研協同で 産業をパワーアップ

文・蘇俐穎 写真・林格立 翻訳・山口 雪菜

タイは東南アジア市場の重要な拠点であり、台湾政府によって新南向政策が打ち出される前から台湾企業はビジネスチャンスを見込んで投資してきた。数十年を経て、その多くは産業界の中堅となっている。だが、近年はグローバル競争が激化し、かねてから単独で戦うことの多かった台湾企業も、産官学のエネルギーを結集してさらなる発展の可能性を探っている。


タイの台湾企業の中で、1998年にタイで創設し、2007年に台湾で上場した板金加工業の経宝精密(Jinpao)は、最も代表的な存在である。

同社総経理の鍾国松は、28年前にタイで起業した頃を振り返る。大学を出てまだ一年、怖いもの知らずの若さでタイへやってきた。「知っている人もいないし、バックに本社があるわけでもありません。まったくゼロからのスタートで、模索しながらやってきました」と言う。

それが今では、年間売上14億元に達する。フレキシブルな生産体制とスマート製造などの優れた技術を持ち、欧米やアジアの一流メーカーから注文を受けている。

世界レベルの板金加工メーカー

板金加工メーカーとして、日用品であるカトラリーやラック、家具なども生産する。だが鍾国松は、競争力を高めるにはハイエンド市場を開拓する必要があると考え、十数年前から、航空宇宙、電子、食品加工、医療、通信、クリーンエネルギーの六大産業を主要ターゲットとしてきた。

航空宇宙産業に製品を提供する実力は注目に値する。製品の高い精密性と安定性、さらに少量多品種生産といった特色が求められるのに加え、生産前に各種認証も取得しなければならず、製造業において高レベルの指標とされる。

経宝は、航空宇宙産業向けの品質マネジメントシステム規格であるAS9100の他に、航空宇宙産業における特殊工程や製品に対する国際的な認証であるNadcapの、溶接、化学皮膜処理、非破壊試験工程の認証を取得しており、これによってボーイングに部品を供給することができる。現在建設中の第四工場は航空宇宙産業の構造部品の生産を主としており、陽極処理と熱処理の生産ラインを構築し、さらに上を目指す。

鍾国松は、高度な設備による競争力向上を重要な戦略としており、毎年約1億元を設備のアップグレードに投入している。バンコク近郊のバンプー工業団地にある経宝精密の工場を訪ねると、アルゴンレーザー溶接機、3Dレーザー光ファイバー裁断溶接機、自動光学検査装置、質量分析計などが揃っている。

中でも航空宇宙産業の認証を取得している第二工場には、一般の板金工場のような喧騒はない。生産ラインの従業員はわずか、広い工場では巨大なNTCがコンピュータの指令に従って、金属板の切断、プレス、曲げ、溶接、組立などを行なっている。その工程は自動化され、精確で速く、音もなく進んでいく。周囲ではわずか数名の従業員がコンピュータで進度を確認している。

これらの板金加工機械は日本のアマダに特注したもので、価格は1億5000万という世界最高レベルのものである。これによって経宝は業界の羨望の的である夢の工場を実現し、ボーイングやエアバスなどから受注しているのである。

董事会秘書の王盈٥خによると、この自動化設備によって人件費の大幅削減と24時間稼働が可能になっただけでなく、製品の品質も大きく向上したという。例えば刃の部分には寿命があり、従来は経験や感覚に頼って交換していたたが、このマシンは内部に替え刃が入っており、自動で使用回数を計算できる。「さらにすべての工程にセンサーがついており、曲げの角度や精度などを100%検査できるのです」と言う。

経宝4.0:スマートデジタル工場

市場の変化が速ければ速いほど、鍾国松は「チャンスは準備のできた者にめぐってくる」と確信する。2004年、彼は多品種少量のカスタマイズ開発というハイエンド市場にターゲットを切り替えた。顧客からの注文は多様で、規格もさまざまだからである。さらに6年前には将来を見通し、国の政策に先駆けて自動化、デジタル化、スマート化を推進し始め、日増しに複雑になる生産に対応してきた。

そのために彼は各国から人材を集めた。「日本人がプランを立て、インド人がソフトを開発し、タイ人が実践する」という協力モデルで「経宝4.0」の管理ソフトを開発した。企業資源計画(ERP)、プロダクト・ライフサイクル・マネジメント(PLM)、製造実行システム(MES)とリアルタイム・モニター・システムなどを統合。これらは生産現場だけでなく、営業、総務部門などでも応用できる。多くのメーカーが、インダストリー4.0をいかに実現するかに苦慮している時、経宝はすでに完成させていたのである。

「出来合いのソフトを買ってきたのではなく、自分たちで作り上げたものです。会社もゼロからスタートし、自分たちで新しい道と時代を切り開いてきました」と鍾国松は言う。

南へ向かうハイテク人材

昨年タイ政府が長期経済ビジョン「タイランド4.0」を打ち出し、積極的に産業のアップグレードを推し進める中、少なからぬ中小企業もこの勢いに乗ろうとしている。タイで40年の歴史を持ち、プラスチックとアルミ合金を主に生産する「BDIグループ」もその一つだ。

産業のアップグレードと転換について、BDI董事長の張玲琴は「私たちは製造業者ですから、この流れについていかなければなりません」と言う。BDIは5年前から少しずつ自動化設備を導入し始めた。ちょうど政府が地元中小企業の転換を指導していたため、BDIは積極的にこのチャンスを活かし、タイの国立科学技術開発庁を通して台湾の専門家を顧問に招くことができた。

こうしてBDIに来たタイ国立科学技術開発庁の技術顧問である張仁安は、次のように話す。製造業は従来型産業であり、これまでは製造工程の多くは技術者の経験に頼っていた。トライとエラーを繰り返してテストするのだが、それは時間と原材料の浪費になる。したがって企業が向上するには、自動化設備を導入するとともに、標準化を行なう必要があり、それによって根拠となるデータと結果が得られるのである。

張仁安は、BDIの工程標準化に協力するとともにコンピュータによる工程分析を導入し、製造上のさまざまな問題を解決できるようにした。

張玲琴は、長年タイに暮らしているからこそ、台湾のハイテクの実力を知ることができた。「顧問に来ていただいて、台湾には多くの優れたハイテク人材がいることを知りました。工業技術研究院やインダストリー4.0実作センター、さまざまな大学の産学合作センターなどがあり、いずれも提携する価値があります」と言う。

台湾企業のレベルアップには、タイ政府の支援があるだけでなく、駐タイ台北経済文化弁事処代表の童振源も積極的に協力している。鍾国松が「厳父」と呼ぶこの駐タイ大使は、タイの台湾企業会聯合総会によるタイ台湾ハイテクセンターの設立に協力し、またさまざまな分野の専門家210人を招き、定期的に講座を開く形で台湾企業の成長に協力している。

現地での学校設立

産業が変化していく中で、より多くの優秀な人材が必要となり、企業間の人材争奪戦が始まっている。新卒を採用するために、長年にわたってタイで活動してきた台湾企業の中には、事業を教育分野にも広げ、自ら人材を育成しようとしているところもある。

十年前、張玲琴の父親でBDIグループ創業者である張聚麟は、タイで企業の需要に対して技術人材が不足しており、産学のつながりがないことを強く感じ、「タイ-台湾(BDI)科技学院」を設立した。この学校の学部学科は企業のニーズに基づいて設けられ、職業高校と二年制専科学校の二つのコースがある。職業高校は自動車部品製造科をメインとし、二年制専科学校には製造技術科と会計学科がある。一学年の定員は20名で、学校での学科学習の他に提携企業での実習を行なう。全額奨学金が提供され、卒業後は提携企業で2〜3年は働かなければならない。

「先人が植えた木の陰で後人が涼をとる」と言うが、教育界に大きく貢献してきた張聚麟は「タイ中華インターナショナルスクール」の創設者の一人でもある。

1995年に創設されたタイ中華インターナショナルスクールは、中国語で授業を行なう華語学校ではない。当初、台湾人ビジネスマンの子女の教育のために、多くの台湾企業や駐在員が資金を集めて創設した学校であり、幼稚園から中学・高校まで12学年ある。制度はアメリカ式で、教員の大多数は英語圏の出身だ。だが、設立の背景から、理事会は台湾人から成り、授業の内容から文化活動まで、アメリカ、台湾、タイの三つの文化を兼ね備えている。この学校の評判は高く、台湾人生徒だけでなく、タイ人の生徒も大勢通っており、高校卒業後に台湾へ留学する生徒も多い。

今(2018)年6月に理事長に就任したばかりの章維斌はこう話す。「教育はすべての根本です。新南向政策が目指しているのは『人を基本に据える』ということであり、それは教育を基本に据えるということでもあります」。タイの台湾企業の二代目である章維斌は、子を持つ親でもある。「台湾からタイへやってきた企業家は、事業だけでなく家庭も顧みなければなりません。家庭と教育が順調で円満であればこそ足元は安定し、事業に取り組めるのです」と言う。

高等教育と技術職業教育は、企業が求める専門人材を提供する。一方、小中学校の基礎教育は、文化や人とのつながりを持たせるものだ。これは目に見えないものだが、将来的に産業に大きなビジネスチャンスをもたらす可能性がある。

「私も同じです。一つは故郷への思いから、もう一つは父が残した人脈から、会社が設備を購入する時はやはり台湾の製品を優先的に考慮します」と話すのは、同じくタイ中華インターナショナルスクールの理事を務める張玲琴だ。章維斌は「一人の生徒が留学すれば、その家族全員が行くことになるのですから、台湾を深く理解してくれます」と言う。学校運営も、台湾の「仲間を増やす」方法の一つなのである。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!