海岸線

:::

2018 / 5月

文‧簡信昌 圖‧簡信昌



國中之前,我對於暑假的記憶常常是:我趴在床上痛得哇哇叫。因為白天在瑞濱海水浴場玩了一天,雖然有清涼的海風吹拂,但因曬了一整天的太陽,隔天才發現背部早已曬傷。不過國中畢業到了台北,我就再也沒有回到那片沙灘。濱海公路開發之後,那片記憶裡的沙灘就完全消失了。

2012 年底,決定暫停「機車台北」的拍攝之際,偶然去了一趟東北角,那時我感到那條海岸線非常陌生,跟我的童年距離好遠,於是拍下了滿滿的消波塊,這也是《海岸線》這個系列的開始。我開始嘗試理解,我們自稱「島國子民」,但對於這個小島一千一百多公里的海岸線到底了解多少?

我騎著機車從台北出發,一路沿著濱海公路往南,只要看到路,就會嘗試繞進海邊看看海岸線。我一路從台北騎到雲林,第一次到麥寮。麥寮過去對我來說只是一個地名,這次騎機車親自來過,從此再也難忘。

我曾經和幾位前輩討論過這個題目:「拍過海岸線題目的人那麼多,你為什麼想拍這個題目,你有什麼不一樣的角度?」當初我只知道我必須去拍,那裡似乎有點什麼,卻又說不出來。經過四年多,我想我大概知道了,出發的理由就在這些照片裡頭……                              

相關文章

近期文章

EN 日本語

Coastline

Chien Hsin-chan /photos courtesy of Chien Hsin-chan /tr. by Phil Newell


My memories of summer vacations up through middle school are mainly of me lying in bed crying in pain. That’s because I would play at Rui­bin Beach for a whole day, and despite the cool ocean breezes, the next day I would find that my back was sunburned from being in the sun all day long. But after I graduated from middle school and came to Tai­pei, I never again returned to that beach. With the building of the coastal highway, that stretch of beach that lives in my memories completely disappeared.

At the end of 2012, as I was deciding to take a break from shooting my photo series “Scooters in Tai­pei,” I happened to go on a trip to the Northeast Coast. The coastline seemed very strange to me, very distant from that of my childhood, so I photographed the wavebreakers that filled the coastline, and this marked the beginning of my “1139 KM” series. I began trying to find an answer to the question: Though we call ourselves an “island people,” how well do we really understand the 1100-plus-kilometer coastline of this small island?

I set off by motorcycle from Tai­pei, and followed the coastal highway south. Wherever I saw a side road, I would try to find a way down to the beach and have a look at the coastline. I rode all the way from Tai­pei to Yun­lin County, where I visited Mai­liao for the first time. Until then Mailiao had just been a name for me, but after riding my motorbike there and visiting it in person, it became unforgettable.

I have been asked by several senior photographers: “So many people have taken photographs of the coast. Why do you want to shoot this theme? Do you have a different angle?” At the beginning all I knew was that I had to go and take these photographs; there seemed to be something there, though I could not say what. After more than four years, I think I know, and my reason for starting out is to be found in these pictures.      

海岸線

文・簡信昌 写真・簡信昌 翻訳・山口 雪菜


中学までの夏休みの思い出と言えば、ベッドに入るたびに痛くて悲鳴を上げたことだ。昼間は一日中、瑞浜の海水浴場で遊んでいたからである。海風はさわやかだが、一日中強い日差しを浴び、翌日には背中は真っ黒になっていた。中学卒業後は台北に移り、それ以来あの砂浜には行っていない。浜海公路が開通し、あの思い出の砂浜も完全に消失してしまった。

 

 

2012年末に「バイク台北」シリーズの撮影を一時中止した時、たまたま東北角を訪れた。その海岸線は、子供の頃の記憶とはかけ離れた、まったく見慣れない風景になっていた。そこで、積み上げられたテトラポッドを撮影し、これが『海岸線』シリーズの始まりとなった。「島の子供」を自任する私たちは、この小さな島の1100キロに及ぶ海岸線について、どれだけ理解しているのだろう。

 

 

 

バイクに乗って台北を出発し、浜海公路を一路南へ。分かれ道があればできるだけ海岸線に近づこうと入っていく。台北から南へ雲林まで行く途中、こうして初めて麦寮を訪れた。それまで私にとって一つの地名に過ぎないかった麦寮が、このバイクの旅で忘れられない地となった。

 

 

 

これまで何人かの先輩写真家とこのテーマについて話し合ったことがある。「海岸線をテーマに撮影した人は大勢いるのに、なぜまたこれを撮ろうとするのか。他の人と違う視点でもあるのか」と問われたが、当時の私はただ「撮らなければ」と感じただけだ。そこには何かがあると思えたが、それが何かはよくわからなかった。それから4年、今は分かる。私が撮り始めた理由は、これらの写真の中にあるのだ。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!