廢墟的內在召喚:劉芸怡

:::

2017 / 2月

文‧沈柏逸 圖‧劉芸怡 翻譯‧Jonathan Barnard


在今天現代化的生活下,我們如何重新審視那些破敗又被人忽略的廢墟?藝術家劉芸怡在留學德國期間,偶然與東德的廢墟相遇。從觀看古老廢墟的超現實經驗裡,連結到夢境的潛意識,被其中充滿歷史的痕跡吸引,進而展開拍攝廢墟建築的計畫《消逝的肖像》……。


對劉芸怡來說,廢墟承載著歷史、痕跡、時間的流逝、以及鄉愁。此外,廢墟也像人類共同潛意識的原型,是隱匿而不是顯現的。古老的廢墟痕跡埋藏在日常生活中不可見之處,不被特別重視,但又確實存在,並彰顯著事物的新生與衰亡。

近來,劉芸怡在金門創作的《遺落之島》,是拍攝歐洲廢墟建築後的計畫。她回台後開始關注過去台灣歷史所遺留下來的廢墟洋樓,並被其「外表」所吸引。儘管這些建築承載著許多的歷史記憶,但她卻不選擇凸顯廢墟背後的歷史結構,反而更傾向開放詮釋作品的各種可能。

 

歷史幽靈的召喚《遺落之島》

不過,我們可以在金門系列的作品中,感受到許多強烈的政治符號,這些政治符號跟認同、記憶、歷史都有高度的連結。歷史的幽靈,召喚我們重新正視那段在消費社會中被遺忘的歷史。

值得注意的是,這些廢墟事實上也是現代性的產物,現代社會的加劇進步,把被淘汰的事物遠遠拋在後頭。但劉芸怡卻一片片的拾起這些被拋在歷史後頭的碎片。觀看者可以從碎片中感受到這些建築有過的風華歲月,它們也曾經是那個時代的「現代」。而我們所屬的這個「最新的現代都市」,未來也將隨著時間演進不可避免地成為廢墟。

 

跳脫「照相」的「造相」

劉芸怡回到廢墟的「外表」,拍攝廢墟的外觀,並且用數位後製的方式「還原廢墟的樣子」。也就是說,劉芸怡的作品不只有攝影天生的指示性(Indexicality)(透過影像指引到現實);同時又有「繪畫的虛擬性」,透過後製拼貼(數位繪畫),去除一些現代化下的產物(汽機車),節制地還原這些廢墟在劉芸怡心中的原型樣貌。換言之,她不只是單純的拿攝影機「照相」,而是花費心力的「造相」,還原某種純粹的感知。

這種「造相」,以及放大照片清楚展呈細節的方式,導致觀看者的視線不斷在作品上游移,很難從一個固定視角掌握作品(相較於小片幅的攝影作品)。而這個視線的移動本身,也讓人意識到「時間」的流動性。此外,她用「數位拼貼」的方式重組建築物,更讓人意識到空間的斷裂與重疊。

透過數位拼貼將建築物的「細節」清楚地展示出來,再加上「在現實中不可能的視角」(因為我們的肉眼視角會不斷變化,只有透過攝影的刻意經營,才可能呈現出這種機械般的視角),觀者看到作品時有種「比真實還真實」的感受,進而召喚出一種如同鬼魅般的幽靈狀態。這種影像的幽靈性,就介於存在(實際上有那棟廢墟)跟不在(我們所看到的廢墟是劉芸怡打造出來的,現實中不可能有那種視角)之間。

綜合來說,劉芸怡不只是拍攝廢墟建築的物質實體,更像是重建人類內在夢境中潛藏又不可見的意識。而這些看似唯物的古典廢墟,實則直指我們內心的深層結構,同時創造性的勾起觀者思考自己的記憶、想像與認同。

相關文章

近期文章

EN 日本語

Call of the Ruins: The Photographic Collages of Liu Yunyi

Shen Bo-yi /photos courtesy of Liu Yunyi /tr. by Jonathan Barnard

In modern life, how do we reexamine the abandoned, the overlooked, the dilapidated? While studying in Germany, the artist Liu ­Yunyi would occasionally stumble upon derelict buildings from the old East Germany. Full of alluring historical traces, they provided something of a surreal experience by connecting to dreamlike, sub­conscious states. Consequently, Liu began photographing these architectural ruins in a project that she named “The Vanishing Portraits.”


For Liu ­Yunyi, ruins convey the passage of time, traces of history, and a certain melancholy. They resemble the collective unconscious, concealing and suggesting more than straightforwardly revealing. Ruined buildings are like invisible places buried within our daily lives. Although they may not garner the spotlight, their existence bears witness to the rise and fall of eras and of the physical objects associated with them.   

The call of history

From her project of photographing European ruins, Liu next turned to capturing photographs on Kin­men for her “Oblivion Island” exhibition. Upon returning to Taiwan, she was attracted to the ruins of Western-style buildings here left from earlier historical eras. Their outer appearances intrigued her. Although the structures have undoubtedly witnessed much history, she hasn’t chosen to highlight their historical significance. Instead, her images of them aim to open all manner of possible interpretations.

Nevertheless, in this series of photographs on Kin­men, we can detect some strong political symbols that are intimately connected to our identities, memories and histories. Hearing these historical calls, we are once again forced to confront a history that has been all too easily forgotten in this age of consumerism. 

It’s worth noting that these ruins are in fact products of modernization that bear witness to how the things that are rejected by the rapid advance of modern society are promptly cast off behind us. Liu picks up these shattered discards of history sliver by sliver. From what she’s gathered, we gain a sense of the former glory of these works of architecture—how they too were once “modern” for their eras. And we come to realize that the modern cities of the current day will inevitably turn into relics of a bygone age themselves.

Creating images, not taking photos

Liu revisits the “exterior surfaces” of relics, capturing photographs of their outer appearances. Furthermore, she doctors the images of these buildings digitally to “restore” them. Liu thus transcends the mere “indexicality” endemic to photography to acquire some of the “fictitiousness” of painting. Thanks to digital manipulation, these works have become a form of “digital painting.” By eliminating certain modern elements (such as motor vehicles), she returns these ruins to what, in her mind, are their true selves. In other words, she is not merely taking photographs: Rather, she is spending energy creating images that restore purity to her perceptions.

This “image construction,” as well as the exhibitive method of blowing up photographs’ details clearly, causes our perspectives to constantly shift around the works. It becomes very difficult to grasp them in their entirety from a single perspective (as opposed to smaller photographic works). And this shifting of perspectives makes one conscious of the flow of time. What’s more, the “digital collage” method that she has employed to reconstruct these works of architecture gives the viewer a strong sense of temporal breaks and overlaps.

This method also brings details of the architecture into sharp focus and provides “visual angles that would be impossible in reality.” (Since the perspective of our flesh-and-blood eyes is constantly changing, it is only through the deliberate operation of photography that it is possible to reveal these kinds of mechanical perspectives.) Consequently, these photographic collages engender in viewers a sense that the works are “more real than real life,” and they provide suggestions of a ghostlike spirit that takes hold in the realm between what exists (the ruin that can be found out in the real world) and what doesn’t (the ruin we see as constructed by Liu, offer­ing perspectives that we would not have in real life). 

More than merely shooting surface images of derelict buildings, Liu is reconstructing an invisible awareness that humanity has hidden in the realm of dreams. These seemingly materialistic ruins are in fact pointing to deep layers within our interior mental structures. Meanwhile, her creativity spurs us to consider our own memory, imagination and identity.

廃墟の呼び声——劉芸怡のフォト・コラージュ

文・沈柏逸 写真・劉芸怡 翻訳・山口 雪菜

現代に暮らす私たちは、敗れ去り、見捨てられた廃墟とどう向き合うべきなのか。アーティストの劉芸怡はドイツ留学中に東ドイツの廃墟と出会った。目の前の朽ち果てた廃墟のシュールな姿と向き合った時、それは彼女の夢の中の潜在意識と結びつき、そこに満ちた歴史の痕跡に引き寄せられた。こうして「消えた肖像シリーズ」の制作が始まった。


劉芸怡にとって、廃墟は歴史と痕跡、時間の流れ、そして郷愁を備えた存在である。それは人類に共通する潜在意識の原型にも似て、表には現れず、陰に潜んでいる。古い廃墟の痕跡は日常生活の見えないところに埋もれ、特別に重視されることはないが、それは確かに存在し、事物の新生と衰亡を際立たせる。

近年、劉芸怡が金門で制作した作品『遺落之島』は、ヨーロッパの廃墟建築を撮影した後のプロジェクトである。帰国した彼女は、台湾の歴史の中に残る廃墟となった洋風建築に目を向け、その「外観」に惹きつけられた。これらの建築物はたくさんの歴史的記憶を身にまとっているが、劉芸怡は廃墟の背後にある歴史を際立たせるのではなく、むしろ作品にさまざまな解釈の可能性を残していると言えよう。

歴史の亡霊が招く『遺落之島』

だが、金門シリーズの作品に私たちは数々の強烈な政治的記号を見ることができる。それは、アイデンティティや記憶や歴史と強く結びついたものである。歴史の亡霊は、私たちが消費社会の中で忘れてしまった歴史を正視するよう呼びかけてくる。

注目したいのは、これらの廃墟も実際には現代の産物であるという点である。現代社会の進歩の速度は次々と事物を淘汰して後ろへと捨てていく。しかし、劉芸怡は歴史の中へ捨て去られたかけらを一片ずつ拾い集める。作品を観る者は、それらのかけらから、建築物がかつて放っていた輝きを感じとるだろう。これらの建築物もその時代の「現代」だったのである。私たちが属する「最新の現代都市」も、時の流れとともに廃墟と化していくのである。

写真ではなくイメージの構築

劉芸怡は廃墟の「表面」に立ち返り、まず廃墟の外観を撮影し、それからデジタルのポストプロダクションで「廃墟の姿を復元」していく。言い換えれば、劉芸怡の作品はそのものが持つ指標性(Indexicality)を有するだけでなく、「絵画的虚偽性」をも有するのである。ポストプロダクションにおけるコラージュ(デジタル・ペインティング)を通して現代の産物(自動車など)を消し去り、廃墟を己の心の中の原型へと復元していく。言い換えれば、その作品はカメラでとらえた「写真」ではなく、慎重に手を加えて純粋な感覚を再現した「イメージの構築」なのである。

この「イメージの構築」と、大きく引き伸ばして細部まできめ細かく表現する手法により、鑑賞者の視線は絶えず作品の上を移ろい、固定した一つの視点から作品全体をとらえることは困難である。こうした視線の移動自体が、観る者に「時間の流動性」を意識させることとなる。さらに「デジタル・コラージュ」を用いて建築物を再構築することにより、鑑賞者は空間の断裂と重なりを感じる。

デジタル・コラージュの手法で建築物の細部が明瞭に表現され、さらに「現実的には不可能な視角」(肉眼では視角は常に変化するため、写真を通さなければこのような機械的な視角は得られない)で見せるため、鑑賞者は「本物よりリアル」という感覚を覚え、そこに亡霊に似た何かを感じるのである。この亡霊のような感覚は、存在(実際の廃墟)と不在(写真の中の廃墟は劉芸怡が作り出したものであり、現実にはあり得ない視角でとらえられている)の間に存在する。

劉芸怡は、廃墟となった建築物のリアルな物質を撮影するだけでなく、人々の内面に存在する夢の中、そこに潜む目に見えない意識を再構築しているかのようでもある。これら唯物的なクラシカルな廃墟は、実は私たちの心の中の深層の構造を直撃し、それと同時に創造的に鑑賞者に自らの記憶やイメージ、アイデンティティを考えさせるのである。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!