1977 重獲棒球三冠王

:::

2015 / 12月

文‧李湘婷


自1969年9月9日金龍少棒首次獲得世界冠軍開始,台灣進入了三級棒球的狂飆時代。至1980年間,中華少棒共獲得了9次世界冠軍,優異的表現,進而帶動了我國各級棒球的發展。


其中最受矚目的,就是1974年三級棒球隊第一次在美國舉辦的分齡比賽中分別掄元,從此開啟了台灣棒球三冠王的美譽。

而1977的《光華》,就特別報導了中華青棒、華興青少棒和立德少棒隊3支球隊,重新爭回了失落一年的「三冠王」榮銜,與讀者分享這份喜悅。

報導中描述,3支名聞國際的中華棒球隊,在比賽前後的10天當中,受到海外華僑、學人和留學生的鼓勵與慰勉,他們甚至不辭長途辛勞,舉家趕到現場助陣。

當3支隊伍分獲冠軍,搭乘同班飛機歸國時,松山機場擠滿了熱情迎接的民眾,當時的行政院長蔣經國先生也親自到場歡迎,親切地與球員們握手鼓勵並表達祝賀之意,守在電視機前的觀眾,都對為這一幕非常感動,相信許多人到現在都還難以忘懷。

台灣棒球揚名世界,當年中華棒球小將帶回的不僅是勝利的喜悅,也帶回海外同胞「身在海外、心繫祖國」的赤忱。回顧當年台灣棒球的發展與風光戰績,在我國政治外交風雨飄搖的那個年代裡,的確凝聚了海內外愛國心。

相關文章

近期文章

英文 日文

1977 Home of the World’s Best Young Baseball Stars

Lee Hsiang-ting /tr. by Geoff Hegarty and Sophia Chen

From the time when the Golden Dragon baseball team won the Little League World Series for the first time on 9 September 1969 right through to the year 1980, Taiwan’s Little League teams gained a total of nine championships in the Little League World Series. Their outstanding performance stimulated the development of Taiwan baseball at all levels.


The most memorable event was in 1974 when for the first time Taiwan teams won three championships in the Little League, the Senior League and the Big League World Series, all held in the USA, gaining the “triple crown.”

Again in 1977, our magazine shared the joy of achievement with readers when we featured a special report on Taiwan’s young baseball players who won championships in the Big League, Senior League and Little League, regaining the honor of a “triple crown.”

The article described how during their foray onto the international stage for the ten days of the tournament these three teams were supported and encouraged by overseas Chinese and by Taiwanese studying abroad. Many overcame great obstacles in order to attend and watch the games live, contributing home support for their countrymen.

The three teams arrived back home on the same flight at Song­shan Airport, which was packed with huge crowds to welcome their heroes home. Premier ­Chiang ­Ching-kuo even made a personal appearance at the airport to receive them. Those who stayed at home were able to watch events unfold on TV, and many today still recall the glory of the event.

The winning teams brought back not only the joy of victory, but also a sense of nationhood especially for those living overseas, increasing the strength of the ties to their motherland. In that era when Taiwan was facing a great deal of political and diplomatic uncertainty, the brilliant achievements of Taiwan’s baseball champions intensified people’s patriotism both at home and abroad.

1977 リトルリーグ三冠王

文・李湘婷

1969年9月9日に台湾の金龍少年野球チームが米国のウィリアムポートで開催されたリトルリーグ・ワールドシリーズで優勝し、台湾にリトルリーグブームが巻き起こった。それから1980年までの間に、台湾の少年野球は9回にわたって世界チャンピオンに輝き、その素晴らしい活躍から、我が国の幅広い年代層で野球が盛んになった。


中でも注目されたのは、1974年に米国で開催されたワールドシリーズで、台湾がリトルリーグ、シニアリーグ、ビッグリーグのすべてで優勝し、三冠王となった時だ。

1977年、「光華」は中華青年野球、華興青少年野球、そして立徳少年野球の3チームを取材し、彼らが再び世界の三冠王を勝ち取るまでの経緯を報道して、読者と喜びを分かち合った。

その記事の中では、ワールドシリーズ前後の10日間、世界に名だたる台湾の3チームが現地の華僑や留学生による歓迎と熱い声援を受ける様子が伝えられている。中には、遠路はるばる家族そろって会場まで応援に駆け付けた人もいた。

優勝した中華民国代表の3チームが帰国の途につくと、台北の松山空港は彼らの凱旋を出迎えるファンであふれかえった。当時の蒋経国・行政院長も自らチームを出迎えて選手一人ひとりと握手をしてねぎらいの言葉をかけ、その様子はテレビで放送されて多くの感動を呼んだ。今もそのシーンを覚えている人は多いことだろう。

中華民国チームは、勝利の喜びを持ち帰っただけではない。彼らはまた「海外にいても、心は祖国とつながっている」という海外華人の熱い思いをも国内に伝えることとなった。台湾野球の発展と輝かしい業績を振り返ると、政治と外交面で大きく揺れ動いていたこの時代、確かに内外同胞の心を一つにしたのである。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!