點亮十三層

:::

2020 / 1月

文‧林旻萱 圖‧林旻萱



位於新北市瑞芳區的水湳洞選煉廠遺址,在荒廢30多年後,由台電公司與照明設計師周鍊的規畫主導下,將琥珀色的光束打上這座層層疊疊的建築物,照亮了廢棄已久的十三層遺址,在夜空中的金黃山城也見證了此地過往礦業的繁盛。

相關文章

近期文章

EN 日本語

13 Levels of Light

Lin Min-hsuan /photos courtesy of Lin Min-hsuan /tr. by Phil Newell


Thanks to a project by Taiwan Power Company and lighting designer Chou Lien, beams of amber light now illuminate the abandoned Shuinandong Smelter, nicknamed “the 13 Levels,” a historic site located in New Taipei City’s Ruifang District. At night this golden structure testifies to the past prosperity of the mining industry in the area.

「十三層遺跡」ライトアップ

文・林旻萱 写真・林旻萱 翻訳・山口 雪菜


新北市瑞芳区にある鉱山施設跡「水湳洞選錬廠」。30年にわたって放置されていたが、台湾電力と照明デザイナーの周錬が中心となり、十三層遺跡のライトアップが行なわれた。幾層にも重なる建築物が琥珀色の光を受けて浮かび上がり、夜空を背景にかつての鉱山の繁栄を再現する。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!