夢想.全面啟動

進擊的台灣動畫人
:::

2019 / 1月

文‧蘇俐穎 圖‧林格立


《全面啟動》電影裡,飾演盜夢神偷的李奧納多,光憑著想像,就可以建構出以假亂真的虛擬時空;有一群人,為了成為現實世界中的造夢者,他們以熱情作燃料,催動夢想的引擎。


「能轉行的,就趕快轉行吧!」畢業自銘傳大學數位媒體設計學系,進入業界工作才5年的前輩,在返校演講上一席驚人發言,台下的大一新鮮人雖然懵懵懂懂,心裡仍泛起陣陣的不安。

前輩的忠告,真是其來有自。發軔甚早的台灣動畫產業,早在九○年代曾經風光一時,一度成為全世界動畫的加工中心,但這樣的榮景,就像許多製造業的際遇,由於薪資上漲,廉價人力的優勢不再,隨著產業外移,早已今非昔比。

罕有知名的原創作品、缺乏資金投入……台灣動畫產業正面臨諸多困境,因此,就算許多學生,出於對動畫的憧憬進入相關系所就讀,一旦畢業,眼前卻是嚴峻的現實。

海外見聞錄I:日本

勞力密集,步步晉升

導演李安曾說,身為海島國家的子民,台灣人應該主動走出去,積極與世界交流。出於文化、地緣上的親近性,動畫王國的日本,成為海外發展的首選。

「資源豐富、相關展覽多」是許多旅日動畫人對日本的評價。動畫、漫畫與遊戲相互衍生,同時因應開發出各式各樣的周邊產品,日本的動畫產業早已發展出綿密且完整的產業鏈。產業精緻的專業度與完善的晉升制度,更是吸引許多人留下來的主因。

為了進入日本業界,多數人的第一步是整個砍掉重練,以學生身分進入動畫專門學校就讀,在學之餘,一邊積極尋找日後就職的機會。

白羅株式會社社長張紹偉也是如此。從崑山科技大學視覺傳達設計系畢業的他,由於畢業後求職之路並不順遂,索性赴日朝動畫方面深造,一留就是8年。

「台灣人重視經驗值,但日本人重視年輕人的培養。」張紹偉觀察道。由於動畫風格多元,好比武打、體育、女性角色等,每家公司各有所長,他說:「台灣公司大多希望有經驗、即戰力的人才;但日本公司卻希望新人從零開始培育,畢竟每間公司的風格不一,日後,新人才可以長成符合公司需要的形狀。」

但動畫工作相當辛苦,留不留得住,還是一大考驗。同樣從動畫專門學校畢業,在Mukuo Studio擔任背景動畫師的林鴻生分享:「在專門學校就讀時,前輩們都說工作非常非常辛苦,待遇也不是很好,學生們都只是聽聽而已,直到進入業界工作才知道。」

每周上班6天,每日工時平均12小時,是基本常態,加上案子常得跟時間競速,熬夜趕件的情況時有可聞,有些公司甚至另外設置供員工補眠的寢室。

再加上起薪不高,薪資多以基本薪資,加上每個月完成的張數,按張數抽成來計算,研修階段(類似台灣的試用期)甚至沒有薪水,種種原因,造成新人的流動率非常高。

林鴻生補充:「10個案子裡,可能有7個都不是自己喜歡的風格,尤其新人時期,案子通常由前輩分配,但只要是工作,就沒有『不會畫』的理由。」他接著說,「在我的公司,未滿10年都還算是新人!」

只不過,走過初期的陣痛,對於專業的尊重,不問資歷、只論實力的風氣,以及完整的晉升制度,仍讓不少人決定留日發展。

張紹偉一路從動畫師、動畫檢查、原畫師慢慢地往上晉升,兩年前在《甲鐵城的卡巴內里》擔任動畫監督。

「對動畫有興趣的,就趕緊來吧!」他向台灣的年輕人熱情喊話。

海外見聞錄II:美國

培育原創故事導演

一隻羊費盡千辛萬苦進入醫學院就讀,憑藉著孜孜矻矻的努力,想在人類社會中掙出一片天,卻在求職過程中,只是因著身分不同,歷經萬般刁難……。

這是在「台中國際動畫影展」、「南方影展」、「台灣動畫盃」相繼上映的動畫短片《小羊貝禮》(Barry)的劇情。角色造型討喜、節奏簡潔明朗,舉重若輕的敘事手法,不僅讓許多在海外奮鬥的人掀起共感的漣漪,也在無形中洩漏了導演的背景。

放眼望去,台灣動畫相關科系不少,但由於時常涵蓋遊戲、多媒體動畫等範疇,且偏向教導軟體操作的技術,但對於原創動畫中核心的電影敘事技巧,卻少有著墨,但偏偏「故事」,才是動畫吸引人的關鍵。

為了這樣的理由,從台北藝術大學動畫系畢業的沈安琪,畢業以後再以新鮮人身分,進入美國加州藝術學院(CalArts)角色動畫學系就讀。

「故事要讓觀眾看得懂,角色要討喜。」沈安琪一語道盡校內課程的宗旨。身在影視產業重鎮、創意人才大本營的加州,學校便是由迪士尼創辦,可想而知,與業界的互動相當緊密,除了不乏知名藝術家擔任師資,親自指導學生,還提供到動畫公司實習的機會。

由於強調培育動畫導演,這裡的學生每年的重頭戲,便是不假他人之手,一人獨立完成一部短片,一年級90秒、二年級2分半、三年級4分鐘、四年級7分鐘……《小羊貝禮》也由此誕生。

尚未正式踏入業界的沈安琪,跟許多留學生一樣,在圓夢之餘,難免嚮往國外的工作環境,但由於身為國際人士,卻難免有時徬徨,恰如影片中的疑問,「會不會再怎樣努力,也得不到好結果?」

年輕無畏,耀演國際

雖然台灣動畫因著2017年《小貓巴克里》入圍金馬獎,2018年《幸福路上》獲最佳動畫長片而重新受到關注,不過對於長年猶如死水的產業界來說,這樣的喜訊只是一陣漣漪,談不上翻轉。

即便如此,銘傳大學數位媒體設計系楊琪均、張鈞楷、呂欣、郭家澤、葉依玲、吳文杰等6名應屆畢業生,沒被前輩的話嚇著,在一同完成畢製作品以後,進一步決定成立動畫工作室Us Studio(貳拾工作室),持續逐夢。

「小時候爸媽就給我們看迪士尼出品的錄影帶,這是初次接觸動畫的契機,也藉此看見更多元的世界;加上喜歡畫畫,到高中的時候,自然而然就有想試試看的念頭。」楊琪均說。

談起共享的童年回憶,大夥兒精神一振,對於從小就嫻熟經典動畫作品的他們,動畫的迷人之處不可勝數。

「可以做到真人實拍電影沒辦法做到的事情。」、「可以做出一個沒有人想像得到的架空世界。」、「可以使用非人類(好比動物),甚至是物件的視角來講述故事。」、「完全沒有框架,隨心所欲!」大夥兒一陣七嘴八舌。

而這些優勢,也被順理成章地運用在他們的畢業製作《漂》(Gone with the World)之中。

故事選擇以器物(玻璃瓶)作為媒介,串接起不同的動物(烏鴉、北極熊與海龜)的視角,6分鐘的短片(包含2個系列)、5個場景(懸崖、工廠、城市、洞穴、冰山)與8個角色(5隻烏鴉、2隻北極熊、1隻海龜);相較起一般學生的畢製,多以2個場景、3~4個角色為上限,龐大的編制與許多繁複且陌生的設定(好比鳥類與北極熊的骨架架構,海流與冰山崩裂的特效等),讓學校老師一度認為他們無法完成。

但他們不僅完成了,更初生之犢不畏虎地投件參賽,就此奪下多個國際動畫影展的獎項,包括洛杉磯Festigious國際電影節、柏林Sunlight國際電影節給予肯定,聖地牙哥國際兒童影展甚至頒給「最佳評審團獎」的殊榮。

有熱情,自然有出路

由於程序繁複,動畫製作的時間動輒數年,曠日廢時。Us Studio的基地,就藏在圓山花博公園鄰近,一幢不起眼的商辦大樓的地下室裡頭,在這個路上行人難以察覺的隱密空間,好似與世隔絕,讓他們不問現世殘酷,只管專注孵育夢想。

我問他們,在這樣慢工出細活的過程,最大的樂趣是什麼?

擅長角色設定的楊琪均說:「可以賦予角色個性,為他量身打造造型;可以讓他哭,也讓他笑。」

呂欣說:「就像生出自己的小孩,讓他了活起來!」

專攻場景設定的葉依玲說:「從小就常被電影場景裡的色調、氛圍吸引,因此特別喜歡場景空間感,也喜歡觀察微小的東西。」

主要負責特效的郭家澤說:「雖然特效需要不斷地利用電腦調整數值,一開始會覺得很生硬,但一經過算圖,就立刻可以看到效果,特別有成就感!」

年輕有夢最美,但光憑夢想,真的可以有飯吃?Us Studio證實了這點。因為對於動畫的熱情,他們吸引到投資人,願意支持他們投入下一部原創作品。

固然大環境一時半刻無法改變,但趁著年輕,又何妨就此奮力一搏?先求盡力,不問成果。畢竟,每多一部好作品,也就為台灣動畫產業多點燃了希望的生機。                                               

相關文章

近期文章

EN 日本語

Dreams Fueled by Passion

Working in Taiwan's Animation Industry

Lynn Su /photos courtesy of Jimmy Lin /tr. by Jonathan Barnard

In the film Inception, a thief played by Leonardo DiCaprio is able to create false worlds that look remarkably real by using nothing more than his imagination. Similarly, there is a group of people in Taiwan who are using passion as fuel to generate dreams.


“If you can change tracks, then change tracks as quick as you can!” So spoke a graduate of Ming ­Chuan Univer­sity’s digital media design program with five years of work experience in a speech he made back at his alma mater. His warning fostered a sense of anxiety among the newly arrived freshmen in the audience.

But there’s something to the old-timer’s advice.

It is all too common for Taiwan’s animators to conceive of innovative works only to end up with insufficient funding to bring those works to life…. Taiwan’s animation industry is facing hard times. Consequently, even though many students want to work in animation and related fields, they face grim employment prospects when they graduate. 

Overseas Diary I: Japan

Hard work, step-by-step advancement

Director Ang Lee once said: Taiwanese, being people from a small island, need to take the initiative to leave it and engage with the world. Both culturally and geographically close to Taiwan, Japan is a kingdom of anima­tion, and it represents the top choice among Taiwan­ese animators for overseas careers in the field.

“Full of rich resources and with many related exhibi­tions” is the general assessment of the Taiwanese anima­tors who have gone to work in Japan. Manga, animation and gaming are interrelated fields there, and they have given birth to all manner of peripheral products and merchandise. Consequently, the animation indus­try in Japan has tight, well developed and complete chains of production. The high level of professionalism and comprehensive systems of promotion character­istic of the Japanese animation indus­try are even bigger reasons why many Taiwanese animators move there for extended stays.

To enter the Japanese industry, many people start from scratch, enrolling at a professional animators’ school. In addition to the education, they also can make connections for future employment. ­Chang Shao-wei, who is head of the animation studio Poirot, took this route.

“Taiwanese emphasize the value of experience, but the Japanese emphasize the cultivation of youth,” says ­Chang. Because there are so many styles of animation there—ranging from martial arts, to sports, to stories based around female leads—each animation studio has its own specialties. He notes: “Companies in Taiwan hope to get experienced, battle-tested talent; whereas Japanese firms hope to get newcomers that they can mold entirely to suit their purposes. That ultimately res­ults in each studio having its own style. The new talent will turn into the kind of animators the company needs.”

But animating isn’t easy, and many find the working conditions too challenging to stay on. Lin Hung-­sheng, who graduated from a professional animators’ school and who does background animation work for Mu­kuo Studio, recalls: “While studying at animators’ school, those ahead of me all said that the work was very hard and the pay poor. But it would go in one ear and out the other. When we graduated, we learned just how true those reports were.”

In the field it’s quite normal to work 12 hours a day, six days a week. Plus, you often end up working on tight deadlines, so you might have to pull all-nighters. Some studios even have dormitories where workers can catch a few winks.

And starting salaries aren’t high. Typically, there is a basic wage, which is supplemented depending on how many projects one works on. Sometimes, in the case of internships and probationary hires, there is no salary whatsoever. For all kinds of reasons, animation studios there have extremely high rates of personnel turnover.

But once you get past the initial growing pains, the professional respect you get isn’t based on your years on the job but rather on the actual work you can do. And there is a comprehensive system of career advancement, so that quite a few people decide to stay in Japan and pursue their careers there.

Overseas Diary II: America

Cultivating directors with original stories

A goat toils to enter medical school and excel there. After graduating, it wants to work hard and establish a place for itself in human society. But as it looks for employment, it faces innumerable obstacles because it is different.

Such is the plot of Barry, an animated short that was screened at the Tai­chung International Animation Festival, the South Taiwan Film Festival, and Taiwan Ani­cup. The characters are appealing, and the story’s rhythm is simple and clear, with humorous narrative techniques that belie its serious themes. Although rooted in the dir­ector’s own background and history, the film struck a chord with many people overseas.

There are quite a few college and university departments in Taiwan connected to animation. Because they typically focus on gaming and multimedia, they tend to offer instruction in the use of software. But there is little emphasis placed on the narrative techniques that are at the core of creating original animated films, despite the fact that these stories are actually the key to these films’ ability to draw people in.

That is why Shen An­chi, after graduating with a degree in animation from Tai­pei National University of the Arts, entered the bachelor of fine arts program in character animation at the California Institute of the Arts.

“The stories have to be understandable to audiences, and the characters have to be likable.” Shen thus sums up the program’s creative ethos. Located in California, at the center of the film industry, where creative personnel abound, CalArts was founded by Walt Disney. It’s no wonder that the school has tight ties with the industry. Apart from the many famous artists on the faculty who personally instruct students, students also have abundant opportunities for internships with animation studios.   

Because the program emphasizes the cultivation of directors of animated films, every year the students there individually create shorts for their major project. Thus was the birth of Barry.

Not yet embarked on her professional career, Shen, like many overseas students, can’t help but feel a bit overcome by uncertainty. Her doubts aren’t unlike those raised by her film: “Maybe no matter how hard I work, I still won’t be able to attain a good result.”

Young and fearless

Although Taiwan’s animated films attracted renewed attention after Barkley was nominated for a Golden Horse in 2017 and On Happiness Road won the Golden Horse for Best Animated Feature in 2018, as far as Taiwan’s long-­moribund animation industry was concerned, this happy news was merely a brief respite. It did not herald an industry­wide turnaround.

Even so, six graduating students in the Department of Digital Media Design at Ming ­Chuan Univer­sity—Yang Chi-chun, Chang Chun-kai, Lu Hsin, Kuo Chia-tse, Yeh Yi-ling and Wu Wen-jie—were un­deterred by the grim career prospects described by senior workers in the field. After working together on a graduation project, they jointly founded the animation firm Us Studio, where they have continued to pursue their dreams.

“You can create stuff that wouldn’t be possible shooting live action.” “You can create another world beyond people’s wildest imaginings!” “You can use non-humans (such as animals), or even tell stories from the perspect­ive of inanimate objects.” “There are no limits. You can do whatever your heart and mind desire!” The members of Us Studio thus enthuse about their chosen art.

And these advantages were on full display in Gone with the World, the animated short that was their gradu­ation project.

Six minutes long, with five scenes and eight characters, the story uses a glass bottle to link together the perspect­ives of different animals. Compared to most gradu­ation projects, the film was ambitiously complex and required the students to master unfamiliar techniques. The team’s advisor worried they wouldn’t be able to finish it.

But finish it they did, and then they showed even more youthful hubris by submitting the film to various international competitions, where it won several prizes, including the Grand Jury Prize at the 2018 San Diego Inter­national Kids’ Film Festival.

Where there’s a will, there’s a way

Because they are so difficult to make, animated films may take many years to finish. Us Studio is located near Tai­pei Expo Park in the basement of an unremarkable office building. Passersby would never guess what was inside. The work space really seems sealed off from the world—a place where these animators can focus on real­iz­ing their dreams removed from worldly concerns.

When people are young, they have beautiful dreams, but can these dreams put food on the table? Us Studio has answered this question in the affirmative—because the founders’ passion for animation has attracted invest­ors who are willing to support their next original work.

Although one can’t instantly change the broader environ­ment, there’s no harm in trying when you are young. Give it your best shot and don’t be too concerned about the results. Ultimately, each good new work sparks hope for Taiwan’s animation industry.    

夢に向かって 情熱を燃やす

進撃するアニメーター

文・蘇俐穎 写真・林格立 翻訳・山口 雪菜

映画『インセプション』でレオナルド・ディカプリオが演じる主人公は、想像だけで真に迫った仮想空間を作り上げていく。一方、現実の世界では、夢の世界を作るために情熱を燃やし続ける人々がいる。


「できるだけ早く他の職業を目指すべきです」——銘伝大学デジタルメディアデザイン学科を出て、業界で5年のキャリアを積んできた卒業生が母校での講演で驚くべき発言をした。客席の新入生たちは、よくわからないながら、不安をかきたてられた。

この先輩の忠告には根拠がある。台湾は90年代には世界のアニメ加工センターとなって一時繁栄を謳歌したが、他の製造業と同じように、人件費の高騰で生産ラインは海外へ移っていき、当時の面影はもう見られない。

成功するオリジナルアニメは少なく、資金も投入されないなど、台湾のアニメ産業は数々の困難に直面している。アニメの世界を夢見て入学した関連学科の学生たちは、卒業後に厳しい現実に直面することとなるのである。

日本:労働集約型/完備した昇進制度

アン・リー監督は、海に囲まれた台湾の若者は積極的に海外に出ていって交流すべきだと語っている。そうした中で、文化的にも地理的にも近しいアニメ大国の日本は、海外へ出ていく際の最初の選択肢となる。

「リソースが豊富で関連する見本市も多い」と、日本のアニメ業界で働く多くの台湾人は評価する。アニメと漫画とゲームがしばしば一緒に展開され、さまざまな商品が同時に開発される日本では、早くから完全な産業チェーンが整っている。高い専門性と整った昇進制度があることが、多くの人材が日本の業界で働き続ける要因だ。

日本の業界に入ろうと思う台湾人の多くは、まず学生としてアニメ専門学校に入り、勉強しながら卒業後の就職先を探す。

Poirot社の張紹偉もそんな一人だった。台湾の崑山科技大学視覚コミュニケーションデザイン学科を出た彼は、卒業後になかなか理想の就職先が見つからず、日本へアニメ制作を学びに行き、以来8年日本でアニメに関わってきた。

「台湾人は経験を重視しますが、日本人は若者の育成を重視します」と張紹偉は言う。アニメのスタイルは、アクションやスポーツ、女性など多様で、プロダクションごとに得意分野が異なる。「台湾の多くの企業は、経験のある即戦力となる人材を採用しますが、日本の会社はゼロから育成します。会社ごとにスタイルが異なるので、自社にふさわしい人材に育てるのです」

だが、アニメ制作の仕事はハードで、続けられるかどうかも大きな試練となる。同じくアニメ専門学校を出て、Mukuo Studioで背景美術を担当する林鴻生はこう話す。「専門学校時代には、先輩たちから仕事がものすごくハードで、待遇も決して良くないと聞かされていましたが、就職してはじめて実感しました」

週6日勤務、平均一日12時間労働というのは当たり前だ。いつも時間との戦いなので徹夜も多く、中には社員のために仮眠室を用意している会社もあるという。

初任給も高くはない。基本給にその月に完成させた枚数の出来高が加えられるが、研修期間(試用期間)は給与が支給されないケースもあり、新人の離職率は非常に高い。

「10の仕事のうち、7つは自分が好きなスタイルではないかも知れません。でも新人の間は仕事は先輩が分配するので、仕事である限り『描けない』という理由はありえません。会社では、10年未満はみんな新人です」と林鴻生は言う。

ただ、最初の苦痛さえ乗り越えれば、経歴を問うことなく実力が評価され、整った制度によって昇進していくことができ、だからこそ日本で働き続ける人も少なくない。

張紹偉は、動画担当から動画検査、原画担当へと少しずつ昇格し、2年前には『甲鉄城のカバネリ』の動画監督まで務めた。

アメリカ:オリジナルの物語と監督を養成

一頭の羊が努力して医学部に進学し、人間社会で出世しようと懸命に努力する。が、就職活動の中で身分の違いから数々の壁にぶつかる。

これは台中国際アニメフェスティバル、南方影祭、台湾アニカップで相次いで上映された短編アニメ『小羊貝礼(Barry)』のストーリーだ。キャラクターは可愛らしく、軽やかなリズム感がある展開で、海外で奮闘する人々の共感を呼んだが、そこから監督の背景もうかがえる。

台湾の大学にはアニメ関係の学科が少なくないが、その多くにはゲームやマルチメディア動画などのジャンルも含まれており、ソフト操作の技術に重点が置かれている。その一方で、オリジナルの物語を構築し表現する技術は論じられることが少ない。だが、ストーリーこそが人を惹きつけるカギなのである。

こうした理由から、沈安琪は台北芸術大学アニメ学科を卒業した後、カリフォルニア芸術大学(カルアーツ)のキャラクターアニメーション科に入り、一年生から学んだ。

「ストーリーは観客が分かるものであり、キャラクターは愛されるものでなければなりません」と沈安琪はカリキュラムの重点を一言で説明する。映像産業が盛んで、イノベーション人材も豊富なカリフォルニアにあって、ここはウォルト・ディズニーが創設した学校である。そのため業界との関係は緊密で、多くの著名アーティストが教鞭をとり、実習の機会も提供している。

アニメ監督の養成に重点を置いており、学生たちは毎年1作、自分一人で短編を完成させなければならない。一年生は90秒、二年生は2分半、三年生は4分、四年生は7分である。『小羊貝礼』はこうして生まれた。

まだ正式に業界に入っていない沈安٥Xは、他の多くの留学生のように海外での仕事に憧れているが、外国人であるために悩むことも少なくなく、作品中のBarryと同様、「どんなに頑張っても、だめなのか?」という疑問を抱いている。

怖いもの知らずで

世界にチャレンジ

台湾オリジナルのアニメは2017年に『小猫巴克里(Barkley)』が金馬賞にノミネートされ、2018年には『幸福路上(オン ハピネス ロード)』が最優秀長編アニメ賞に輝いて注目された。しかし、長年にわたって低迷している業界は、受賞で一時的に盛り上がっても、情勢が大きく変わることはない。

そうではあっても銘伝大学デジタルメディアデザイン学科で一緒に卒業制作を完成させた6人——楊琪均、張鈞楷、呂欣、郭家澤、葉依玲、呉文杰は、先輩の忠告にひるむことなく、卒業後に一緒にアニメプロダクションUs Studioを設立し、夢を追い続けている。

子供の頃の話になると、6人は目を輝かせる。幼い頃から数々の名作アニメを繰り返し見てきた彼らにとって、アニメの魅力は語り尽くせるものではないようだ。

「実写映画ではできないことができる」「誰も想像もしなかったような仮想の世界が創り出せる」「人間以外の(動物など)、あるいは物品などの視点から物語を語ることができる」「何の決まりもなく、思った通りにできる」と、アニメの魅力を語る彼らの言葉は止まらない。

その卒業制作『漂(Gone with the Word)』では、こうしたアニメのメリットが存分に発揮されている。

物語は、物(ガラス瓶)が媒介となって動物(カラス、北極熊、海亀)の視点で語られる。6分の短編で、5つのシーン(崖、工場、街、洞窟、氷山)、8つのキャラクターが登場する。一般の学生の卒業制作に比べるとスケールが大きく、複雑かつ不慣れな設定も多いため、先生は完成させられないのではないかと心配していた。

しかし、彼らは作品を完成させただけでなく、怖いもの知らずで、この作品で世界的なコンクールにエントリーした。その結果、アメリカのFestigious映画祭、ベルリンのサンライト国際映画祭などで評価されるとともに、サンディエゴ国際子供映画祭では「最優秀審査員賞」を受賞したのである。

熱い想いがあれば道は開ける

工程が複雑なため、アニメの制作には数年かかることもある。Us Studioの基地は圓山花博公園の近く、目立たないオフィスビルの地下にあり、通りがかってもその存在には気付かない。まるでこの世と隔絶されたような場所で、彼らは残酷な現実世界には目もくれず、夢の育成に専念しているのである。

若者が夢を見るのは素晴らしいことだが、本当に夢だけで生活していけるのだろうか。Us Studioはこの問いかけに答えを出した。彼らの熱い想いに惹かれ、次のオリジナル作品の制作に出資する人が現われたのである。

台湾のアニメ産業が置かれた環境をすぐに変えることはできないが、若いうちに何かに懸命に取り組むのは悪いことではない。まずは結果を問わずに力を尽くすことである。良い作品が一つでも多く生まれれば、台湾のアニメ産業にとってそれが希望となるのだから。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!