永遠的「拉丁情人」鼓霸大樂隊

:::

2002 / 11月

文‧張夢瑞 圖‧張夢瑞提供


年齡在四、五十歲以上的人,想必記得當年由謝騰輝老師創辦的鼓霸大樂隊。少有人知道,這個在台灣整整半世紀的大樂隊,培養了無數爵士樂手,直到今天依然活躍,把歡樂音樂帶給大家。猶記得當時紅極一時的綜藝節目《銀河璇宮》,美麗的主持人白嘉莉總會在開場時介紹:「……謝荔生所領導的台視大樂團」;或是更早的年代,星期天晚上《歡樂假期》的名主持人包國良,洪亮的聲音引出「……林家慶所領導的中視大樂團」……,只是大部分觀眾可能不知道,台視大樂團也好、中視大樂團也好,他們都是各代的「鼓霸大樂隊」。


時間是每個月最後一個星期五晚上八點,地點在紅樓劇場;自從紅樓劇場重新開幕後,每逢鼓霸大樂隊的演出,總是座無虛席,一票難求。今天又逢到鼓霸的表演,只要舞台上一揚起音樂,台下熱情的樂迷就忍不住隨著節奏扭動起來。有人在座位上扭不過癮,乾脆推開椅子,站在中間走道跳個痛快。

半世紀共鳴

前來聆賞的觀眾有七十歲頭髮全白的老人家,也有二、三十歲結伴而來的年輕情侶,其中以中壯年人最多,彷彿這場演出是專為他們舉辦的。只見這群人隨著音樂一會兒打節拍,一會兒又跟著唱、跳,忙得不得了。

家住台東、年近五十歲的賴俊財,當天早上搭飛機專程來台北看鼓霸演出,他興奮地說,早在三十年前,他就在台北的中山堂、國際學舍欣賞到鼓霸的現場演出,演奏會結束他都捨不得離開。之後,他搬離台北,從此再也沒有聽到鼓霸的消息,他也以為鼓霸已退出歌壇,想不到多年後還能和老朋友相見,真是人生一大樂事。知道鼓霸這個月還有演出,賴俊財提早訂好票,以免屆時向隅。

家住新竹,從事電腦行業的賴正森,趁著中場休息的當兒,趨近舞台,詢問鼓霸團長謝守彥是否還記得:有一年鼓霸到新竹演出時,他因為尿急,又捨不得錯失演奏,曾上前要求樂團暫時停止演出,當時好多人都以為他在鬧場。謝守彥聽了大笑起來,隨即答道:當然記得。

對鼓霸留下深刻印象的人比比皆是;紅樓劇場重新開幕當天,鼓霸應邀在現場伴奏,台北市文化局長龍應台、導演柯一正,看到久違的鼓霸,立刻親切地上前打招呼,龍應台並豎起大姆指誇獎該樂隊:「讚!」,「今天能夠親眼目睹鼓霸的演出,真是令人喜出望外。」

負責安排紅樓劇場節目演出的紙風車執行長李永豐表示,鼓霸是紅樓劇場演出單位中,最能引起觀眾共鳴的一支隊伍,「只要有鼓霸表演,就不用擔心票房差。」

「樂狂」謝騰輝

鼓霸大樂隊是由已過世的謝騰輝老師一手創立的。謝騰輝自幼就喜歡音樂,但是他的家人一直不贊成他朝這方面發展,好勝的謝騰輝卻執意要向音樂這條路走;他十三歲學會吹口琴、十五歲跟著師大音樂系教授李金土學小提琴。上了中學又開始學吉它,高商畢業後,他被日本三井產物株式會社網羅,沒有多久就被派到泰國工作了十一年,在異鄉,謝騰輝又瘋狂迷上手風琴。種種對音樂的癡迷,促成他日後不計任何代價的朝組織樂團邁進。

一九五三年,菲律賓的一個爵士樂團來台灣巡迴表演,雖然樂團只有十二人,但是團員素質相當高,演奏水準令人叫好。當時謝騰輝就坐在台下欣賞他們的演出,對於菲律賓樂團精湛的表演,留下深刻的印象,也激使他想成立一個業餘的樂團。於是,他找到一些對音樂有興趣的朋友,包括葉傳經、溫錦添、蔡哲雄及當時在台灣交響樂團任職的弟弟謝荔生,組織了一個包括有五支薩克斯風、四支小喇叭、再加上鋼琴、貝士、吉它、鼓、指揮,頗具規模的二十一人樂團,以演奏美國爵士音樂及拉丁音樂為主。這是鼓霸樂隊第一代,也是台灣光復以來,國內第一個大樂團。

中山北路蜜月堂

「鼓霸」的英文名稱叫「 Taipei Cuban Boys 」,由於古巴以拉丁音樂聞名,樂團才取了這個名字。未料後來古巴實施共產主義,一度讓樂團十分尷尬,基於我國是反共國家,最後決定以古巴的諧音 Kupa替代,音譯為「鼓霸」。

今年七十三歲,目前仍在鼓霸擔任琴鍵手的創始團員溫錦添表示,在加入鼓霸前,他已在基隆成立了「新星樂隊」,只有三個人,他負責手風琴,另外,還有小提琴手及吉它手。當時台灣會吹奏樂器的人有限,大家都是靠自我摸索學習。

一九五一年,溫錦添結識了在新光紡織工作的謝騰輝,謝騰輝雖然在紡織廠工作,但對音樂十分狂熱,經常召集一些對演奏有興趣的朋友,彼此切磋技藝。他認為,謝騰輝後來會組鼓霸大樂隊,完全是水到渠成,「因為他有用不完的音樂細胞等待他去發揮。」

成立之初,鼓霸就在謝騰輝太太經營的蜜月堂麵包店二樓練習。這家坐落在台北市中山北路四十餘年的麵包店,十年前結束營業,但是,團員至今仍然在二樓練習,數十年未變。

雖然是業餘樂團,但是在謝騰輝的嚴格要求下,每個團員都很認真練習,成績逐漸進步。從一件小事可以看出團員是多麼熱愛演奏:當時擔任貝斯手的吳建成,在鐵路局開火車,認真的「小吳」從未錯失練習時間,有一次碰上樂團練習,正好他駕駛由基隆開往台北的蒸汽火車,當火車到達復興橋下時(中山北路、忠孝東路口的陸橋,已拆除),他眼看練習來不及了,就委託車內另一位同事代理駕駛,自己先跳下火車,然後直奔蜜月堂二樓。

翌年,鼓霸在新公園的露天音樂台舉辦《曼波大會》,在謝騰輝的魔棒下,鼓霸征服了每位在場聆賞者的心靈,安可之聲不絕於耳,後來到台視成了當家指揮的謝荔生、到中視成了樂隊台柱指揮的林家慶,當時分別吹奏薩克斯風及伸縮喇叭。此後十年間,鼓霸一直以業餘性質在中山堂、新生社等場所表演,當時美軍還在台駐防,每年耶誕節,鼓霸成了各駐地爭相邀請的對象,表演頻率相當頻繁。

入主國賓

一九六四年,台北國賓大飯店開幕,需要大型樂隊在夜總會演奏,當時國賓董事長徐金德有意聘請國外樂團來台助陣,巧的是徐金德的女兒曾跟鼓霸的鋼琴老師學琴,也曾多次觀賞鼓霸的演出,對鼓霸的技藝十分瞭解,她向父親建議,如果國賓要請樂隊,一定要請首屈一指的鼓霸,才能符合現代化的國賓飯店。徐金德為了證實女兒所言不假,特別邀請該飯店的美、日、法幹部,專程到中廣公司的大禮堂,觀賞鼓霸演奏;美籍幹部聽了鼓霸的演奏,相當讚賞,當他知道這只是一個業餘的樂團時,更為驚訝,因為美國業餘樂團的水準與職業樂團相差甚遠。

條件談妥後,團員紛紛辭掉原有工作與國賓簽約,謝騰輝卻在此時將指揮棒交給其他團員,他表示,自己是玩票性質,專業的他承擔不起。當時共有十三人簽約加入國賓飯店。

溫錦添回憶起當時的情景,忍不住開心地笑了起來,他說,十三人的月薪總共是十二萬八千元,除掉指揮的一萬元,團員每人八千元,「當時公務員一個月不到三千元,大飯店的經理也不過只有三千五百元,我們竟有這麼高的待遇,真不知羨煞了多少人。」

進軍三台

雖然退出了轉為職業樂團的鼓霸,謝騰輝並未真正離開,第一代團員進入國賓後,謝騰輝利用空餘時間訓練第二代,音樂賦予他永不歇息的使命。謝騰輝訓練團員純粹是興趣,不收取任何費用。一九五五年,豪華酒店開幕,開幕前豪華曾到國賓飯店挖角,國賓飯店告訴對方,謝老師目前正在訓練第二代團員,可以找他商量。於是鼓霸第二代進入豪華酒店,由謝荔生帶領。一九五六年,台視歌唱節目增多,需要有專屬的大樂團伴奏,於是把鼓霸第二代從豪華酒店整個挖角過去。

一九七○年,位在台北市中華路的麗聲歌廳開幕了,當時麗歌網羅了國內頂尖的紅牌歌星,聲勢十分壯觀,但是,光有歌星陣容還不行,還需要有一流的伴奏人員才能符合歌廳的水準。業者把目光放在謝騰輝正在訓練的第三代鼓霸身上。謝騰輝本人對團員毫無要求,當初他訓練鼓霸,只是憑著自己對音樂的一股狂熱。既然有人欣賞他訓練出來的樂團,團員心裡願意,沒有理由不放手,第一代及第二代如此,第三代當然也不例外,而且他始終相信,樂團不斷需要有新人加入才能保持活力,「因為新人有熱情、有衝勁,」謝騰輝生前不只一次這麼說。

謝騰輝招募新人,沒有任何苛刻條件,他唯一的要求就是對方看譜就能吹奏,至於技巧如何,則不列入考慮範圍,因為技巧日後可以慢慢訓練。一九六六年,慶祝蔣中正總統連任就職典禮,謝騰輝指揮國賓、豪華兩個鼓霸樂團在中山堂舉行聯合演奏會,透過電視報導,不少人都看到這個畫面,鼓霸的名氣也愈加響亮。

推動歌壇的手

謝騰輝不但造就了鼓霸的聲望,同時並在國內歌壇塑造了第一對以和音方式演唱的「雙燕姊妺」,二人珠圓玉潤的歌聲,在六○年代曾造成一股風潮,當時以姊妹檔出來演唱的歌手相當多,但是沒有一對和聲能像「雙燕姊妹」這麼出色。二人演唱的曲子,每一首都經過謝騰輝編曲,和聲韻味十足。

繼「雙燕姊妹」後,陳芬蘭、洪燕萍、李珮菁、邱圓舒、康雅嵐、四加一合唱團,都曾跟謝騰輝學唱歌。由於謝騰輝的名氣太大,訓練出來的歌手個個成氣候,一九七○年,一位來自泰國、芳齡十六歲的華僑劉小佩,專程從泰飛來台北,向謝老師習藝。原來劉小佩是在泰國看到「雙燕姊妹」及陳芬蘭的表演,對他們的歌藝相當崇拜,經過打聽,知道他們都是謝騰輝調教出來的,於是千里迢迢飛來台灣拜師學藝。謝騰輝這分對音樂無悔無怨的奉獻,讓他獲得一九九二年金鼎獎音樂特別獎。

當初鼓霸以爵士樂團的編制組成,但是,除了擅長演奏爵士樂之外,樂團還會演奏拉丁樂、世界名曲、民謠、各式舞曲,甚至古典音樂也可以新奏,真是包羅萬象,無所不能。這要歸功樂團的專任編曲家溫錦添。由於他不辭辛苦將廣受民眾歡迎的曲子編寫成套譜,團員才能合奏出豐富的演奏內容。目前溫錦添已編寫了上千首套譜,其中改編自本土歌曲的佔了很大的比例。

樂聲交會你我的熱情 

溫錦添表示,是那一代樂迷,比較偏愛且認同本國的流行音樂,可以引起共鳴。為了滿足大家的需求,每一場演出,樂團都會演奏樂迷耳熟能詳的音樂。甚至還有現場演唱,把氣氛推到最高點。

曾經和鼓霸合作了不知多少場次的老歌星謝雷也記得,鼓霸最擅長的就是拉丁舞曲,每一次樂聲響起,會場的氣氛登時熱了起來,那種台上台下一片歡樂的感覺,絕不是現在一般midi伴奏的小型樂團能相比的,鼓霸能屹立五十年,正因為他們是國內首屈一指的樂團。

謝騰輝退休後,團長職位交給他的侄子謝守彥。謝守彥加入鼓霸也有三十餘年的光景,當年他在樂團吹奏黑管,還在大伯的調教下,加入四加一合唱團,灌錄多張唱片,如今也兩鬢飛霜,但只要談起鼓霸的輝煌歷史,便眼睛亮了起來,彷彿又回到當年。

謝守彥表示,三十多年前是鼓霸的黃金時光,包括台視、中視、華視的樂隊成員,全部是鼓霸出去的團員,時間一久,大家只記得電視台的樂隊,對鼓霸反而陌生了,「事實上,鼓霸一直沒有停止運作,目前第五代已經出來了。」

永遠的鼓霸

對於不少人以為鼓霸已經解散、不再演出,謝守彥解釋,鼓霸是一個有著二十四個人編制的大樂團,演出費比普通的小型樂團高出不少,所以一般人不太會邀請他們演出,只有青商會、獅子會及美商公司的大型聯誼會,才有鼓霸大顯身手的機會。

謝守彥並透露,台中市長胡志強也是鼓霸的知音,他在新聞局長任內時,每次舉辦友邦人士聯誼,一定會指名鼓霸擔任伴奏,專業演出,場面熱鬧,讓賓主盡歡。

謝騰輝過世前,最放不下心的就是樂團,他再三握著謝守彥的手,要他無論如何,都要把樂團經營下去,千萬不要解散樂團。謝守彥說,他從大伯的身上瞭解什麼叫執著,什麼叫奉獻,他不敢說自己有多偉大,但是大伯交待的事,他是永誌不忘的,無論環境如何變化,鼓霸將永遠帶給人們歡樂,單憑這項心願,他就要好好經營鼓霸,絕不讓大伯失望。   

相關文章

近期文章

EN 日本語

The Kupa Band-- Taiwan's Havana Groove

Chang Meng-jui /photos courtesy of courtesy of Chang Meng-jui /tr. by Scott Williams

Taiwan residents in their 40s or 50s will most likely remember the Kupa Band, the Cuban-style big band founded by professor Hsieh Teng-huei. But few realize that this 50-year-old big band which fostered the talents of innumerable jazz musicians is still jumping today. Similarly, many will remember Pai Chia-li, the beautiful host of the popular Milky Way Palace variety show, introducing "the Taiwan Television Band, led by Hsieh Li-sheng" at the beginning of every show, or, a few years earlier, Pao Kuo Liang introducing "the China Television Band, led by Lin Chia-ching" every Sunday evening on his Joyful Holiday program. But few know that both the Taiwan Television Band and the China Television Band were composed entirely of Kupa Band alumni.


Since the Red Playhouse reopened, the Kupa Band have been playing to packed houses at 8 p.m. on the last Friday of every month. Tonight, they have the enthusiastic audience swaying in time to every song. Some find the call of the music too much to resist; they push their chairs aside and begin to dance.

The audience ranges from young couples in their 20s and 30s to silver-haired septuagenarians, but most are middle-aged. In fact, these middle-aged music fans seem to feel as if the band is playing just for them. They lose themselves in the songs, clapping time, singing along and even dancing in the aisles.

The 50ish Lai Chun-tsai flew up to Taipei from his home in Taitung just to see the band play. He says excitedly that he used to go to Kupa Band shows at Taipei's Chungshan Hall and International House 30 years ago, but lost track of the band after he moved out of Taipei. He had assumed that they were no longer performing and it was certainly an unexpected pleasure to have the chance to see them again after all these years. He ordered tickets the moment he heard about this month's show so he would be sure not to miss it.

Lai Cheng-sen, a Hsinchu resident who works in the IT industry, took advantage of a break between sets to approach the stage, where he asked band leader Hsieh Shou-yan if he remembered him. It seems that during a Hsinchu performance by the Kupa Band, Lai was overcome by an urgent need to use the restroom. When he asked the band if they would take a short break while he did so, many in the audience thought he was trying to break up the performance. In reality, Lai just couldn't bear to miss even a moment of the band's set. When Lai reminded Hsieh of the story, Hsieh burst out laughing and replied that he couldn't forget it.

The Kupa Band has etched memories deep in the minds of any number of people. When the band played at the reopening of the Red Playhouse, Taipei Cultural Affairs Bureau director Lung Ying-tai and film director Ko I-cheng were in attendance. Neither Lung nor Ko had seen the band in years, and immediately hurried over to say hello. Lung also gave them a big thumbs up, saying: "Having the chance to see the Kupa Band play live today is truly an unexpected bit of luck."

According to Lee Yung-feng, who is the executive director of the Paper Windmill Theater in addition to booking performances for the Red Playhouse, the band is the playhouse's most popular act. "We don't have any worries about ticket sales when we book the Kupa Band."

Hsieh Teng-huei, music fanatic

The Kupa Band was founded by Hsieh Teng-huei. Hsieh had loved music since childhood, but his family was opposed to him making a career of it. Nonetheless, the indomitable Hsieh was determined to take a musical path in life. By the age of 13, he could play the harmonica, and at 15 he began studying violin with Li Chin-tu, a professor of music at National Taiwan Normal University. In high school, he also took up guitar. After graduating high school, he was recruited by Mitsui and Company and was soon sent to Thailand. During his 11 years there, he also developed a passion for accordion. In later years, this deep love of music drove Hsieh to put together his own band.

In 1953, Hsieh happened to see a Filipino jazz band that was touring Taiwan. With only 12 members, the band was relatively small, but they were talented players and received good reviews. Hsieh himself was so impressed by their performance that he decided then and there to form an amateur band of his own. He gathered together a number of friends who shared his interest in music, including Yeh Chuan-ching, Wen Ching-tien, Tsai Che-hsiung and his own younger brother, Hsieh Li-sheng (then playing in the Taiwan Symphony Orchestra), and formed the first incarnation of the Kupa Band. The 21-piece band played a mix of American jazz and Latin music and included five saxophones and four trumpets, as well as a piano, bass, guitar, drums and band leader. Kupa was the first big band to form in Taiwan following its return to Chinese rule.

The band was originally known as the Taipei Cuban Boys to reflect Cuba's musical reputation and the band's enthusiasm for Latin music. However, the ROC's anti-communist stance made the original name somewhat awkward when revolution turned Cuba into a communist nation. To get around the problem, Hsieh and company changed their name to the Kupa Band.

Honeymoon Hall

Wen Ching-tien, a 73-year-old founding member of Kupa who still plays keyboards with the band, recalls that prior to joining Kupa he had formed his own band in Keelung, a trio that consisted of himself on accordion with a violinist and a guitar player. According to Wen, there were few people in Taiwan who could play music in those days, so everyone just taught themselves.

In 1951, Wen met Hsieh Teng-huei while working for Shinkong Spinning. Hsieh might have been working in a textiles factory, but he was obsessed with music and frequently gathered musically inclined friends together to learn from one another. Wen believes that Hsieh's forming of the Kupa Band was only natural, "because he had an inexhaustible enthusiasm for music that was looking for a chance to express itself."

When the band first formed, they practiced on the second floor of Hsieh's wife's Honeymoon Hall Bakery. The bakery closed 10 years ago after more than 40 years on Taipei's Chungshan North Road, but the band still practices on the second floor of the building.

Although it was an amateur band, Hsieh asked a lot of his muscians. Bandmembers practiced hard and the band gradually improved. The following anecdote is indicative of how much Kupa's members loved to play: In those days, Wu Chien-cheng, who worked for the railway administration as a conductor, played bass for the band. Wu was the kind of guy who never missed practice, but one day he was scheduled to drive a steam engine from Keelung to Taipei during the band's practice time. When the train reached the Fuhsing Bridge (which used to stand at the intersection of Chungshan North Road and Chunghsiao East Road) Wu realized he was in danger of missing practice entirely. He quickly recruited another railway employee to take over his conducting duties, hopped off the train, and legged it up Chungshan North Road to Honeymoon Hall.

The following year, Kupa staged a mambo concert in the amphitheater at New Park (now 2/28 Peace Park). Under Hsieh's direction, the band captured the hearts of the audience, which called for encore after encore. In those days, Hsieh Li-sheng, who would later lead the Taiwan Television Band, and Lin Chia-ching, who went on to direct the China Television Band, played sax and trombone, respectively, with Kupa. For the next ten years, Kupa performed frequently at venues such as Chungshan Hall and the Air Force's Hsinsheng Club, but remained a sideline for bandmembers. The band was also a favorite with the American troops who were then stationed in Taiwan; the bases competed with one another to book the band for their annual Christmas parties.

Taking center stage

When Taipei's Ambassador Hotel opened for business in 1964, it needed a big band for its nightclub. Hsu Chin-te, then the hotel's president, was thinking about bringing in a band from overseas. Coincidentally, Hsu' daughter was then studying piano with Kupa's piano mentor and had heard the band several times. She recommended Kupa as exactly the sort of top-notch band the very modern Ambassador was looking for. Hsu decided to check out the band, and brought his American, Japanese and French managerial staff with him to a performance at the Broadcasting Corporation of China auditorium. The American manager thought the band was great, and was shocked to learn that they were amateurs.

Once the band completed contract negotiations with the hotel, most members quit their day jobs. A notable exception was Hsieh Teng-huei himself, who passed on the bandleader's baton with the excuse that he was a musical dabbler unable to meet the demands of playing professionally. In all, 13 bandmembers signed the hotel's contract. Thinking back on it, Wen Ching-tien smiles. He recalls that the band was paid NT$128,000 per month. The leader got NT$10,000 and the rest of the band received NT$8,000 each. The remaining portion of the band's salary was used to cover band expenses. "In those days, a civil servant made less than NT$3,000 per month and the manager of a major hotel made only NT$3,500. Our salaries were so high-there's no telling how many people were envious of us."

The next generation

Though Hsieh Teng-huei had left the band, he didn't leave music. Hsieh was on a musical mission. Now that the "first generation" of the Kupa Band was playing at the Ambassador, he began using his spare time to train a second generation. This time, he put together a band that played purely out of interest and never accepted payment for performing. Prior to its opening in 1965, the Fortuna Hotel was also looking for a band. When the Fortuna attempted to recruit the Ambassador's band, the Ambassador suggested it talk to Hsieh Teng-huei and the new band he was working with. In this way, Kupa's "second generation" arrived at the Fortuna under the direction of Hsieh Li-sheng. When Taiwan Television was adding to its line-up of music programs and needed a house band in 1966, it too sought out the Kupa Band, stealing the second generation away from the Fortuna.

In 1970, the Lisheng Music Hall opened on Taipei's Chunghwa South Road, where it staged performances by Taiwan's hottest singers. But great singers need great bands to back them. The hall set its sights on Kupa's "third generation," which Hsieh Teng-huei was then training. Hsieh did not feel his bandmembers were in any way obligated to him; when he first began rehearsing the Kupa Band, he relied entirely on his own enthusiasm for music. So when people wanted to hire the bands he had trained, he had no reason to say no as along as the band itself was willing. This had happened to his first two bands, and it was only natural that it would happen to his third. Moreover, Hsieh had always believed that bands need new people to remain vital. As he was fond of saying: "New people have passion and are excited about playing."

When recruiting new musicians, Hsieh was not at all demanding; he asked only that the new recruits be able to sightread music. Chops were not an issue for him because he believed that they could be acquired over time.

In 1966, Hsieh led the Ambassador and Fortuna Cuban Boys in a joint performance at the Chungshan Hall celebrating the anniversary of President Chiang Kai-shek's inauguration. The performance was televised, bringing the Kupa Band to the attention of an even broader audience.

A major player

Hsieh not only made the Kupa Band's reputation, he also created the Swallow Sisters, the first duo in Taiwan to make extensive use of vocal harmonies. The honey-voiced sisters hit it big in the sixties, overshadowing the many other sister acts around at the time. Hsieh also arranged all of the Swallows songs himself, adding plenty of harmonies. After the success of the Swallow Sisters, Four Plus One, Chen Fen-lan, Hung Yen-ping, Li Pei-ching, Chiu Yuen-shu and Kang Ya-lan all took voice training from Hsieh.

Hsieh became so well known and the vocalists he trained so successful that in 1970, the 16-year-old Liu Hsiao-pei, an ethnic Chinese from Thailand, flew to Taipei to seek him out. Liu had seen the Swallow Sisters and Chen Fen-lan perform in Thailand and had been impressed by their vocal skills. When she made inquiries, she discovered that they had studied with Hsieh. She decided that she too would study with Hsieh and came to Taiwan specifically to do so.

For his selfless contributions to music, Hsieh was awarded a special Golden Tripod in 1992.

While the Kupa Band was originally formed to play jazz, they also play Latin music, international chart toppers, Taiwanese folk music, all kinds of dance music and even classical music. For this they are in debt to their long-time arranger, Wen Ching-tien. Wen has tirelessly scored the hits of the day for Kupa, providing the band with a wealth of material to play. To date, Wen has created band scores for more than 1,000 songs, a large part of which have been local tunes.

Sharing a musical passion

Wen Ching-tien says that the music fans of those days were more fond of and more familiar with local popular music. The band therefore always included a few familiar tunes in their sets. Playing them live always brought audiences to fever pitch.

Hsieh Lei, who sang with Kupa innumerable times, recalls that the band excelled at Latin dance tunes. He says the small bands of today with their synthesized sounds just can't create the same kind of vibe that Kupa did when the mood lights came on and they started playing. He notes that the reason that the Kupa Band has been around for 50 years is simply that they are the best big band in the country.

When Hsieh Teng-huei retired, his nephew Hsieh Shou-yen became the leader of the band. Hsieh Shou-yen, who has been with the band for more than 30 years, got his start playing clarinet. Under his uncle's tutelage and guidance, he joined Four Plus One and recorded a number of albums. These days, Hsieh Shou-yen has also gone gray, but his eyes still shine when conversation turns to the Kupa Band's illustrious history. Hearing him talk about the band, one is transported back in time.

Hsieh Shou-yen says that the Kupa Band had its golden age more than 30 years ago. In those days, every member of the TTV, CTV and China Television Service bands had first been a member of Kupa. As time went on, people remembered the TV bands, but gradually forgot Kupa. "Actually, we never stopped performing. The band's in its fifth generation now."

The Kupa Band forever

Hsieh Shou-yen explains that the reason so many people thought the Kupa Band had broken up or were no longer performing is that the band doesn't perform often. He points out that Kupa is a big band with 24 members, so it costs more to hire it than to book a smaller band. As a result, the band usually only plays at the major functions of large organizations such as the Jaycees, the Lions and some American corporations.

Hsieh reveals that Taichung Mayor Jason Hu is among the band's fans. When Hu was director of the Government Information Office, he always used to hire them to play at receptions for visiting diplomats. Professional performances made for lively receptions at which the diplomats thoroughly enjoyed themselves.

In the months before Hsieh Teng-huei died, it was the future of the Kupa Band about which he was most concerned. He repeatedly took his nephew's hand and asked him to keep the band together no matter what. Hsieh Shou-yen says that his uncle taught him the meaning of determination and making a contribution. He goes on to say that while he himself may not be all that special, he will never forget his uncle's request. No matter how Taiwan may change, the Kupa Band will always be there to entertain people.

ラテンを奏でる 永遠のビッグバンド 鼓霸バンド

現在、40から50代以上の人であれば、その昔、謝騰輝先生が創設した鼓覇バンドを覚えているだろう。台湾に半世紀の長きに渡って存在し、数多くのジャズミュージシャンを育てたこのビッグバンドは今日でも活動を続けて、楽しい音楽を聞かせているのだが、それを知っている人は少なくなってしまった。また当時一世を風靡した人気バラエティ番組「銀河パレス」の中で、美貌の司会者白嘉莉さんがオープニングに「謝茘生の率いる台湾テレビ大バンドです」と紹介していたバンド、さらに時代を遡って日曜の夜に「歓楽ホリディ」の司会者包国良さんがそのよく通る声で紹介した「林家慶率いる中国テレビ大バンド」などを覚えている人は今も数多くいることだろう。しかし、こういったバンドがすべて、それぞれの時代を代表する鼓覇バンドの姿であったことは、ほとんどの人が知らないのではないだろうか。


 

毎月最後の金曜日の夜8時、場所は台北の紅楼劇場である。紅楼劇場がリニューアルしてオープンして以来、鼓覇バンドが出演するとなると、いつも満席になってチケットが取れなくなる。今日も出演の日ということで、舞台から音楽が響いてくると、客席の熱心なファンがリズムにあわせて体をくねらせる。中には我慢ができなくなり、椅子を押しのけて真中の通路で踊りだす人もいる。

世紀の響き

観客の中には白髪の70歳あまりのご老人もいれば、20代や30代の若いカップルも見られるが、中年のお客が一番多いようである。中年向けの公演といってもいいくらいに見える。音楽が始まると、リズムを取ったり、歌を口ずさみ、あるいは踊りだしたりと、なかなか忙しい。

台東に住む50歳も間近い頼俊財さんは、その日朝早くに飛行機に乗り、鼓覇バンドの公演のためにわざわざ台北に駆けつけた。興奮した面持ちの頼さんは、30年前に台北の中山堂や国際学舎でライブを楽しんだが、コンサートが終わっても離れがたい気持ちで客席に残っていたと話す。その後台北から離れて、再びこのバンドのニュースを耳にすることもなくなった。もうとっくに解散していると思っていたのに、思いがけずも長年会わずにいた昔馴染みに会えたようで、人生これほど楽しいことはないと言う。鼓覇バンドが出演すると聞き、買い損ねないように早くから予約していた。

新竹に住み、コンピュータ業界に働く頼正森さんは、休憩時間に舞台に近づき鼓覇バンドの謝守彦団長に私を覚えていますかと話しかけた。以前、バンドの新竹コンサートのとき、頼さんは急にトイレにいきたくなったが、演奏を聞き逃すのが悔しくて、舞台に近づいて演奏を中断してほしいと頼み込んだのである。多くの観客は何を揉めているのかと不審に思ったが、謝団長は大笑いして承知してくれたのである。無論、団長は覚えていた。

鼓覇バンドに愛着を抱いている人は多い。紅楼劇場が再開された当日、鼓覇バンドもライブに招かれた。台北市文化局の龍応台局長、映画監督の柯一正氏などは久しぶりのバンドを見て、早速挨拶にやってきた。龍局長はブラボーと声を上げて「今日、鼓覇バンドの舞台を目にできるなんて、思いがけない喜びです」と話した。

紅楼劇場のプログラム企画を担当する紙風車の事務長李永豊さんは、紅楼劇場に出演するアーティストの中で、観客の反応が一番大きかったのが鼓覇バンドだという。鼓覇バンドが出演すれば、入場料収入の心配は要らないのだそうである。

音楽マニア、謝騰輝

鼓覇バンドは、今は亡き謝騰輝先生が育てたバンドである。謝騰輝さんは幼い頃から音楽好きだったが、家族は将来の職業とするのに賛成しなかったという。しかし意地っ張りの謝さんはなんとしても音楽の道を行くといって聞かなかった。13歳でハーモニカを覚え、15歳で師範大学音楽学科の教授李金土氏についてバイオリンを習った。中学に進学してからはギターを始めたが、商業高校の卒業後は三井物産に入社し、タイに派遣されて11年を過ごした。外国にありながら、謝さんはまたアコーディオンに夢中になったという。音楽に対する熱中振りは、後日いかなる代価もいとわずにバンドを組織する時まで続いた。

1953年、フィリピンのジャズバンドが台湾にコンサートツアーにやってきた。わずか12人編成のバンドだったが、メンバーのレベルは相当に高く、演奏に誰もが夢中になった。その当時、謝さんも観客席にいたのだが、フィリピンのバンドの水準の高い演奏に強い感銘を受けたのである。そこで、アマチュアのバンドを組織したいと思うようになった。まず葉伝経、温錦添、蔡哲雄、それに当時台湾オーケストラにいた弟の謝茘生など音楽好きの友人を集め、サキソフォン5人、トランペット4人、それにピアノ、ベース、ギター、ドラムに指揮を加えた21人編成のバンドを組織した。演奏はジャズやラテンが主であったという。これが鼓覇バンドの第1世代、戦後の台湾では初めての規模を備えたビッグバンドであった。

中山北路、蜜月堂

鼓覇バンドの英語名はタイペイ・キューバン・ボーイズであった。キューバがラテン音楽の本場ということでこの名前を付けたのだが、その後キューバが共産国になってしまい、反共の立場にあったわが国においては、バンドとしての立場が微妙になった。そこでキューバに音の似ているクパに改名し、漢字名を鼓覇にしたのである。

今年73歳、現在も鼓覇バンドでキーボードを担当するその頃からのメンバー温錦添さんは、入団する前に基隆で新星バンドを結成していたが、メンバーはわずか3人、温さんはアコーディオン、ほかにバイオリンとギターがいたという。その頃の台湾で吹奏楽器ができる人はほとんどおらず、誰もが手探りで勉強していた。

1951年、温さんは新光紡織で働いていた謝騰輝さんと知り合う。謝さんは紡織会社で働いていたものの、音楽への情熱は相変わらずで、しばしば同じ趣味の友人を集めては互いに芸を磨きあっていた。その後の謝騰輝さんのビッグバンド結成に向けて、実はその頃から機縁が熟していたのだという。その使っても使い切ることのない音楽への情熱と才能が、活躍できる舞台を待ち望んでいたのである。

成立した当初、鼓覇バンドは謝騰輝さんの奥さんが経営する蜜月堂パン屋の2階で練習していた。台北市中山北路に40年余りも続いていたパン屋は、10年程前に閉店してしまったが、メンバーたちは相変わらずその2階で、数十年来変わらずに練習をつづけている。

アマチュアバンドとはいえ、謝騰輝さんの求めるレベルは高く、メンバーは真剣に練習し次第に進歩していった。ちょっとしたエピソードから、メンバーたちの音楽への愛情がしのばれる。その頃、ベース担当の呉建成さんは鉄道局で汽車の機関手をしていたが、練習熱心な彼は一度も遅刻したことはなかった。ある日、蒸気機関車を操縦して基隆から台北に戻ってきたとき、復興橋(中山北路と忠孝東路の交差点にあった陸橋、今は撤去されてない)の下を差し掛かったとき、練習時間になってしまっていた。そこで呉さんは後の運転を同僚に頼んで、汽車から飛び降りて蜜月堂に走っていってしまったのである。

翌年、鼓覇バンドは新公園の野外音楽堂でマンボ大会を開催した。謝騰輝さんの魔法の杖が振り下ろされ、バンドの音楽は集まった観客の心に響き、アンコールの叫びがいつまでも続いていた。その後、台湾テレビで指揮者となった謝茘生さん、中国テレビでバンドマスターとなった林家慶さんは、それぞれサキソフォンとトロンボーンを担当していたのである。その後10年間、鼓覇バンドはアマチュアとして中山堂など各地で公演を行い、またその頃まだ台湾に駐屯していたアメリカ軍もクリスマスになると、駐屯地毎に先を競って出演を依頼してきて、出演依頼は数多かった。

国賓大飯店ナイトクラブ

1964年、台北の国賓大飯店がオープンし、ナイトクラブに大規模なバンドを必要としていた。国賓大飯店の会長徐金徳氏は外国からバンドを招こうと考えていたのだ。その令嬢は鼓覇バンドのピアニストにピアノを習い、バンドの演奏を耳にしており、レベルの高さも十分承知していた。そこで令嬢は、国賓大飯店がバンドを呼ぶなら、台湾でトップクラスの鼓覇バンドにしなければ近代的ホテルにふさわしくないと父を説得したのである。徐金徳氏は令嬢の言葉を証明するために、ホテルのアメリカ人、日本人、フランス人幹部社員を連れて、中国ラジオ(BCC)のホールまで演奏を聞きにいった。アメリカ人の幹部社員は鼓覇バンドの演奏を聞いて賛嘆したが、それがアマチュアバンドと聞いてさらに驚いた。アメリカではプロとアマチュアのレベルが大きく異なっているからである。

条件が折り合うと、メンバーは仕事をやめて国賓大飯店と契約を交わしたが、謝騰輝さんはタクトをほかのメンバーに渡してしまった。彼が言うには、遊びの積りでやっていたのでプロではやっていけないということだった。この時、13人が国賓大飯店と契約したのである。

温錦添さんは当時を思い起こして、ついにやりとしてしまう。13人の月給の総額は12万8000台湾ドル、バンドマスターが1万で、メンバーは一人8000台湾ドルだった。「公務員の月給が3000台湾ドルに届かず、ホテルのマネージャーだって3500台湾ドルだったのに、こんな高給取りになってみんなうらやましがっていました」と温さんは言う。

テレビ局に進出

プロのバンドとなった鼓覇バンドから退いた謝騰輝さんだが、バンドから離れたわけではない。第1世代のメンバーが国賓に入ってしまった後、暇な時間を利用して第2世代のメンバーを教え始めたのである。音楽への使命感というのだろうか。謝さんがメンバーを訓練するのは音楽が好きだからで、授業料を取ったことはない。1955年に豪華酒店がオープンした時、最初は国賓大飯店からバンドをスカウトしようと考えたのだが、国賓から謝さんが第2世代のメンバーを訓練しているから、そちらに話をもっていくように言われた。そこで鼓覇バンドの第2世代が謝茘生さんに率いられて豪華酒店に行くことになったのである。1956年、台湾テレビでは歌番組が増えていって、大規模な専属バンドが必要になった。そこで今度は台湾テレビが豪華酒店から、バンドを全部引き抜いていった。

1970年、台北市中華路に麗声ホールがオープンした。このホールでは国内のトップシンガーをほとんど集めて、すばらしいラインアップだったのだが、一流のバンドがいなければホールとしてのレベルを保てない。そこで今度は、謝さんが訓練していた第3世代の鼓覇バンドに目をつけたのである。謝騰輝さん本人はメンバーに何も求めず、ただ音楽を愛する情熱にかられてバンドを訓練していただけであったので、そのバンドを必要とする人がいて、メンバーも望むのであれば、移籍に反対する理由はない。第1世代、第2世代がそうであったから、第3世代も同じことである。それにバンドは常に新人が加わっていなければ活力を維持できないと謝さんは信じており、生前に「新人がいるから情熱やがんばりがあるんだ」と何回も言っていたという。

謝騰輝さんの新人募集にも、厳しい条件があったわけではない。楽譜が読めて演奏ができればそれでよく、テクニックのほうはゆっくり訓練していけばいいので、入団の条件に入れていなかった。1966年、蒋介石総統の連任の就任式において、謝騰輝さんは国賓大飯店と豪華酒店の二つの鼓覇バンドを指揮して、中山堂でジョイント・コンサートを開いた。これがテレビで放送されたために、鼓覇バンドの知名度はさらに高まったのである。

歌手を育てる

謝騰輝さんは鼓覇バンドを育てただけではなく、わが国では最初のハーモニーで歌うデュエットのグループ「双燕シスターズ」を生み出した。珠を転がすような美しい声の二人は、1960年代に大ヒットした。その頃、姉妹で売り出す歌手は多かったのだが、この二人のような美しいハーモニーを歌える歌手はいなかったのである。二人の歌う曲はすべて謝さんが編曲し、和音に味があった。

その後を継いで、陳芬蘭、洪燕萍、李珮菁、邱円舒、康雅嵐、4プラス1合唱団なども謝さんが育てた歌手である。謝騰輝さんの名声はさらに上がり、育てた歌手もそれぞれがヒットしていった。1970年、タイから16歳の華僑の少女劉小佩さんが、はるばる台北まで謝先生に歌を習いにきた。彼女はタイで双燕シスターズや陳芬蘭さんの歌を聞いて感動し、あちこち聞いて謝先生の弟子であると知り、わざわざ台北まで勉強にきたのだという。謝騰輝さんの音楽に対する多大な貢献を賞して、1992年には金鼎賞特別賞が贈られた。

当初、鼓覇バンドはジャズバンドとして組織されたが、お得意のジャズだけではなく、ラテンや世界の名曲、フォークソング、ダンスミュージック、さらにはクラシックまで手がけ、まさに何でもやらないものはなかった。これは楽団の専属編曲者温錦添さんの功績である。苦労を厭わず、一般に愛される曲を次々にスコアに編曲していき、バンドはそのおかげで豊富なレパートリーを誇れるようになったのである。現在、温錦添さんはすでに千ページに上るスコアを書いており、そのうち台湾の曲を編曲したものがかなりの比率を占める。

樂の音に心高まる

温錦添さんによると、あの時代のファンは自国のポップスを好み共感したと言う。その必要を満たすため、公演となるとバンドは観客が聞きなれた曲を演奏し、歌手がライブを行い、気分を盛り上げた。

かつて鼓覇バンドと数多く競演したベテラン歌手の謝霊さんによると、バンドのお得意はラテンのダンスで、演奏が始まると会場が熱くなったという。舞台の上と下が一体になった感覚は、シンセサイザーを使う現代の小規模なユニットとは比べられない。鼓覇が50年も続いたのは、それが国内のトップバンドだったからである。

謝騰輝さんの引退後、団長は甥の謝守彦さんが引き継いだ。守彦さんも鼓覇に入って30年が経つ。伯父の指導でクラリネットを始め、4プラス1に参加してレコードを数多く出し、現在は白髪が混じる守彦さんは、バンドの歴史に触れると華やかな時代に戻るのか、目が耀きだす。

30年余り前はバンドの黄金時代で、台湾テレビ、中国テレビ、中華テレビのバンドは全部鼓覇バンド出身だった。それが時が経つにつれて、テレビ局専属バンドとして知られるようになり、鼓覇は印象が薄れてしまったのである。「実際は活動を止めたこともなく、現在は第5世代が生まれてきています」と謝守彦さんは話す。

永遠の鼓覇バンド

すでに解散し演奏しないと思われているようだが、鼓覇バンドは24人編成のビッグバンドなので、公演の機会が普通の小規模なバンドより少ないのだと謝守彦さんは言う。普通の人がバンドを呼ぶことはないので、ライオンズクラブやアメリカ系企業の大規模なイベントなどがない限り、演奏を頼まれることは稀である。

台中市の胡志強市長も鼓覇バンドのファンで、新聞局長であったときに友好国とのレセプションがあれば、いつも鼓覇を伴奏バンドに指名したという。レベルの高い演奏で場は盛り上がり、楽しいレセプションになった。

謝騰輝さんが亡くなる前、一番心配していたのがバンドのことで、何回も謝守彦さんの手を握り、何としても運営を続け解散してはならないと言ったのである。伯父から何が粘り強さ、犠牲というものかを教えられたと守彦さんは言う。自分がどれほどのものかはいえないが、伯父の言いつけは決して忘れない。環境がどのように変化しようと、鼓覇バンドは永遠に人々を喜ばせるであろうし、そのためにだけでも鼓覇は活動を続け、伯父を安心させると謝守彦さんは締めくくった。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!