酒飲精釀

風味飄舞杯觥間
:::

2016 / 12月

文‧劉嫈楓 圖‧林旻萱 翻譯‧Geof Aberhart


以「穀雨」起始,由書法名家吳鳴所寫下的書法,為創立不到2年的「啤酒頭」二十四節氣啤酒系列揭開序幕。

緊接上場的,「立夏」、「夏至」、「大暑」……,伴隨炎熱的夏天到來。由宋培弘、段淵傑與葉奕辰3位釀酒師以傳統的二十四節氣發想,釀製出搭配歲時節令、四季皆可喝的款款啤酒。


2015年5月,在傳統啤酒旺季到來時,籌備近一年的「啤酒頭」,決定一連推出「穀雨」與「立夏」兩款啤酒,結合歐美啤酒風格與在地傳統,精釀台灣本土好啤酒。

 

跟著節氣喝啤酒

源自傳統二十四節氣的命名方式,不僅暗藏宋培弘、段淵傑與葉奕辰3位年輕釀酒師期待打破「啤酒只有夏天能喝」的刻板印象,還希望人們將嘴裡的啤酒一飲而盡時,感受最熟悉的台灣在地味。

於是,啤酒頭首款的創業代表作「穀雨」啤酒,便添入了台灣烏龍茶,以茶入酒。

排序在清明之後的節氣「穀雨」,此時雨水增加,大地滋長,因而出現「穀雨始,萬物生」之諺。四月穀雨後,亦進入西湖龍井採茶期,採收的茶葉被稱之為「雨前茶」。比起其他節氣,「穀雨」如此與茶貼近。因此,宋培弘和二位夥伴以此發想,將春收的台灣烏龍茶搭配比利時淺色愛爾啤酒,釀造出「穀雨」茶啤酒。

而代表夏日節氣「大暑」、「小暑」酒款,在宋培弘的形容裡,則是時隔一年才陸續推出的「雙胞胎」。

在歐美飲酒習慣中,燠熱的天氣,除了慣飲小麥酒,也喜愛帶有一絲苦味的印度淺色愛爾啤酒。印度淺色愛爾啤酒由於啤酒花的成分,風味時常香、苦相伴,若拿捏失準,味道就會變得苦澀難當,「猶如懸崖邊上的平衡」,宋培弘解釋。這款充滿衝突美感的啤酒風格,高度受到喜愛。

傳統釀造印度淺色愛爾啤酒的技法中會利用啤酒花,堆疊出花香、水果香氣,而在大暑將部分啤酒花置換為彰化花壇的茉莉花。一入口,嘴裡就有甜香散溢。

一年後,啤酒頭繼大暑後,再度推出「輕盈版大暑」的「小暑」,風味雖然不脫大暑的基調,酒精濃度卻足足下降了許多。「大暑、小暑」系列作品是源自國外「section」的飲酒概念。原本意指不同時段品飲不同的酒款,而後為酒廠延伸為在不同時節、節令搭配飲酒之意。「小暑」的誕生,即有此意。

 

小得盈滿,溫潤香甜

時節轉入夏天,啤酒頭為夏季的第二個節氣「小滿」配上了比利時淺色啤酒加冬瓜磚的組合。

吳澄所著《月令七十二後集解》對小滿的描述是「四月中,小滿者,物至此小得盈滿。」意味進入夏天,氣候轉趨炎熱,稻作結穗,農作日漸飽滿,卻未成熟。「小滿」的到來,充滿市井小民、農村莊稼對未來收穫的雀躍與企盼。

截其喻意、字形,啤酒頭構想中的「小滿」是一款溫潤、貼近群眾的啤酒。因此,啤酒頭選中比利時淺色啤酒作為基底,還加入台灣才有的冬瓜磚。

比利時的釀酒傳統向來有加入糖分的習慣,早年交通不便,釀酒師只能就地取材,常見的甜菜糖,便成為比利時啤酒甜味的來源。

時空地點換到台灣,哪樣食材既能表現比利時啤酒的甜味,也有大眾熟悉的溫情與回憶?釀製古早飲品冬瓜茶的「冬瓜磚」雀屏中選。

不像「立夏」口味鮮明充滿個性,極度挑戰消費者喜好,「小滿」除了有比利時淺色啤酒慣有的風味,裡頭還有一股台灣人最熟悉的冬瓜香甜。

當冬天到來,啤酒被視為性寒,而邁入市場淡季之時。不安分的「啤酒頭」卻一改逆反,推出「立冬」、「小寒」冬季啤酒。

跟著歲時節令變化品飲不同風味的啤酒,本是歐美國家長年的傳統。而深色系、酒精濃度高,常溫下也能品飲的啤酒風格,成了冬季的熱門酒類。因此,一年中數一數二的「小寒」到來時,啤酒頭選上歐美冬季常喝的英式司陶特啤酒(stout),再搭配屏東的可可豆,釀造出融合東西「啤」性的酒款。

不過,為啤酒加上可可,在釀酒技術上並非新鮮事。為了呈現啤酒的深色,歐洲的釀酒師習慣加入烘烤過的麥子,也有酒廠添入可可。在相同的原理下,屏東可可因而出現在「小寒」當中。

「二十四節氣啤酒系列」款款都有節氣與風味的轉繹,不過第一支為啤酒頭奪下「2015 年日本橫濱國際啤酒大賽銀賞」的「立夏」,卻是一款憑著釀酒四元素:麥芽、啤酒花、酵母和水釀製而成的酒款。

簡單而純粹的釀造風味,是宋培弘、段淵傑與葉奕辰3人構思二十四節氣系列時設下的產品軸線。除了要與消費者貼近,而另一項主軸則希望滿足3人的釀酒慾望,以最純粹的釀酒技術,一決勝負。

「立夏」一推出後,果真不負眾望,馬上就贏得國際大獎的肯定,大大鼓舞了3人。

 

六、七、八年級生的釀酒運動

白天是科技公司工程師的宋培弘、北台灣總釀酒師的段淵傑,退伍後成為啤酒頭專屬業務的葉奕辰分屬台灣自釀啤酒運動的六、七、八年級生。

宋培弘和啤酒的相遇,是留美的他在返台前夕攜家帶眷外出旅行時的一次驚喜。

當時在美攻讀電子電機工程學位的他,來到賓州「New Hope」小鎮旅行時,在一家歷史超過百年酒廠「Triumph」用餐,品飲了6款口味相異、層次分明的啤酒後,大感驚艷,自此栽入精釀啤酒的世界。

今年32歲的段淵傑是在大四那年,趁著課餘來到叔叔段國仁擔任顧問的北台灣啤酒廠打工,而踏入精釀啤酒的世界。退伍後,段淵傑遇上2008年金融風暴,悲觀氣氛籠罩,迷惘的他決定遠赴澳洲,靠著度假打工存下的錢,喝遍澳洲四、五十家的酒廠,返台後,不但一頭栽進了啤酒的世界,現擔任北台灣總釀酒師的他,更屢屢奪下啤酒大獎。

年紀最輕的葉奕辰是認識了有著台灣精釀啤酒祖師爺之稱,亦是段淵傑叔叔的段國仁才跨入自釀啤酒的領域。他在學生時代時,自創「葉氏酵母工作室」。

過去熱愛料理烹調的葉奕辰,曾自學烘焙。每每見到料理從無到有變為成品,葉奕辰總是感到滿心歡喜,不過以往料理餐點,是看著食材由「生到死」,而釀造啤酒的歷程卻恰恰相反,「則是看著加入酵母、啤酒花的啤酒,隨著時間,慢慢活了起來。」

3人對啤酒的熱愛,使得彼此在創業之前早已認識。「台灣精釀啤酒俱樂部」、「自釀啤酒狂熱份子俱樂部」……,時常聚集了自釀狂熱迷的社團都是彼此時常相遇的場合。每每開心分享飲酒心得的3人,各自埋著想創業的念頭。2014年,3人在一場夜間閒談中,決定付諸行動,成立「啤酒頭」,而「二十四節氣系列」,正是起點。

24個節氣、24款啤酒,意味啤酒頭要推出24款啤酒,雖然自一百種啤酒風格中,挑出24種風味並不難。不過,回頭再看「其實是有點臭屁的決定。好比棒球選手一登板打擊,豪氣地將球棒指向外野(意喻打出全壘打)。」宋培弘說。

創業推出的首作「穀雨」與「立夏」即刻受到好評,銷售一空。3人以為度過最難的考驗,孰料,第3支「夏至」酒款的推出,馬上就遇上了難題。

自釀啤酒的設備,至多能夠釀出20公升,走入商業化後,每批釀造量都要乘上100倍。「容量乘上100,並不代表各項原料等比例放大,就能釀出一模一樣的口味。」宋培弘說。

負責為啤酒頭生產「夏至」的代工廠,就在決定啤酒酒體、澀味的糖化溫度設備出了差錯,使得啤酒酒體、味道都不如預期,最後只好將2噸釀好的啤酒,全數倒掉。

目前,啤酒頭的二十四節氣系列,已推出11款啤酒,宋培弘笑言,「雖然推出的酒款都不到一半,尚未跨越折返點。」不過,啤酒頭創立一年半以來,各方迴響超乎預期,除了銷售速度遠超當初設下一年內賣完的目標。啤酒頭也在短時間迅速奪下「日本國際啤酒大賽」、「澳洲國際啤酒大賽」、「日本亞洲啤酒大賽」、「世界啤酒大賽」四大啤酒獎項。

外界的肯定來得意外,不過也有3人對台灣精釀啤酒文化的期待。網站上那句「我們釀的不只是一杯啤酒,更充滿了釀酒人對這片土地的關懷與熱情」,是定義「啤酒頭」品牌精神最精確的字句。

於是,加入了東方美人茶、鐵觀音、屏東可可、彰化花壇茉莉花……等本土農產的二十四節氣啤酒,既展現了3位釀酒師打破框架的釀酒技藝,也希望台灣消費者品嚐節氣地酒時,深刻感受「台灣這片土地中長出的啤酒」的風土物種。

相關文章

近期文章

EN 日本語

Cheers to Craft Beers

—Fresh Flavors to Delight the Taste Buds

Liu Yingfeng /photos courtesy of Lin Min-hsuan /tr. by Geof Aberhart

Starting with “Grain Rain,” the name of the solar term that presages the imminent start of summer, Taiwan Head Brewers have launched their “Solar Term Series” of beers, each sporting labels by renowned calligrapher Wu Ming.

After “Grain Rain” come “Start of Summer,” “Summer Solstice,” “Major Heat” and the rest. The series is the brainchild of the three founders of Taiwan Head Brewers, Ray Sung, Jay Duan, and Leo Yeh, and consists of beers named after the solar terms in the traditional Chinese calendar. Each beer is brewed to suit its respective season, providing beer lovers with a perfect choice year round.


 

In May 2015, as that year’s busy season for the beer industry was about to start, Taiwan Head Brewers unveiled two beers nearly a year in the planning: “Grain Rain” and “Start of Summer.” Each of these beers combines local tradition with Western brewing methods, creating beers that are distinctively Taiwanese.

Drinking through the seasons

By naming these and the beers that followed after solar terms, the young brew­masters and cofounders of Taiwan Head Brewers, Ray Sung, Jay Duan, and Leo Yeh, hoped to not only bust open the stereotype that beer is for summer drinking, but also create beers with a touch of familiarity for drinkers.

For instance, the first beer of their creation, “Grain Rain,” also uses Taiwanese oolong tea as an ingredient.

The “Grain Rain” solar term in the traditional Chinese calendar corresponds with a time when rainfall increases and the earth is left moist and fertile. This term, in late April, also corresponds with the tea picking season at Long­jing near the West Lake in Hang­zhou, mainland China, and the tea collected at that time has a reputation for quality. This solar term has more of a connection with tea than any other, and so Sung and his two partners decided to pair Taiwanese spring oolong with a Belgian-style pale ale for their beer “Grain Rain.”

After summer had begun in earnest, Taiwan Head Brewers launched the second of their summer beers, pairing a Belgian-style specialty ale with winter melon in “Grain Full.”

A Collective Interpretation of the 72 Phenological Terms, by Wu ­Cheng (1249‡1333), describes the “Grain Full” solar term, in the fourth lunar month, as being when “the crop is somewhat full,” which is to say that as we enter summer and the weather turns warm, crops begin to set seed, with the ears of grain growing fuller by the day, but not yet ripening. The arrival of this solar term has traditionally been a time of great excitement for the upcoming harvest among agrarian communities.

In keeping with the name and what it signifies, Taiwan Head Brewers aspired to make “Grain Full” beer a pleasing drop that is full of warmth. To this end, they chose a Belgian-style specialty ale as the foundation, topping it off with Taiwan’s own distinctive winter melon punch cake. (The cake is made by boiling down winter melon with brown sugar. Pieces are dissolved in water to make winter melon punch.)

Belgian brewers have traditionally added sugars to their brews. In earlier times transportation was difficult, so they used the locally available beet sugar. This is the source of the sweetness Belgian beers are known for. Now, half a world and a couple of centuries away, these Taiwanese brewers have similarly utilized a local source of sweetness, making old-fashioned winter melon punch cake their go-to choice.

Where “Start of Summer” is marked by a crisp flavor full of personality that people tend to either love or hate, “Grain Full” is more in the traditional style of Belgian specialty ales, with a touch of the familiar flavor of winter melon on top.

Beer is traditionally considered “cold” in nature, and so when winter rolls around, the beer market tends to start its low season. Taiwan Head Brewers, though, are determined to swim against the current with winter beers like “Start of Winter” and “Minor Cold.”

Putting out more seasonal beers to match the changing weather is an old tradition in the West. For “Minor Cold,” Taiwan Head Brewers chose to pair a British-style stout—a common winter beer—with cocoa beans from Ping­tung to produce a wintery beer that mixes East and West.

As the “Solar Term Series” beers continue to roll out with the changing seasons and flavors, already they have begun winning awards. Their first award-winner was “Start of Summer,” which took a silver medal at the 2015 International Beer Cup in Yoko­hama, Japan. But in contrast to the many flavored beers in the series, this brew relied purely on the basic ingredients of beer: malt, hops, yeast, and water.

Simplicity and purity are at the core of Sung, Duan, and Yeh’s plan for the Solar Term Series. Not only do they want these beers to be accessible, they also hope each beer will satisfy their collective desire as brewers to stick to the more pure brewing methods.

That “Start of Summer” so rapidly won international acclaim was a huge source of encouragement for the trio.

Rise of the craft brewing movement

By day, Sung is an engineer for computer makers MSI, while Duan is head brewmaster for North Taiwan Brewing. Yeh became Taiwan Head Brewers’ sales specialist after finishing his military service. Between them, they represent the growing homebrew movement among children of the 70s, 80s, and 90s.

Sung’s love affair with beer started with a surprise during a family trip just before he returned to Taiwan from studying overseas.

Studying toward a degree in electrical engineering in the US, he took a trip to a small town in Pennsylvania where he dined at the restaurant of Triumph Brewing Company, a brewery over a century old. There he tried six beers, each with their own distinctive, complex tastes, and, bowled over, he decided to begin exploring the world of craft beer.

In his senior year of college, the now-32-year-old Jay Duan started working part-time at North Taiwan Brewing, where his uncle Duan Kow-jen worked as a consultant, beginning his journey into the craft beer world. After finishing school and completing his military service, Duan was confronted by a pessimistic economic outlook as the financial crisis of 2008 unfurled. He decided to travel to far-off Australia and do seasonal work to get by, visiting some 40 or 50 Australian breweries along the way. Since returning to Taiwan, he has not only continued to explore the world of beer, but also become a multiple award winner for his work as North Taiwan Brewing’s head brewmaster.

The youngest of the team, Leo Yeh, first got involved in home brewing after meeting Duan Kow-jen, known as the godfather of Taiwanese craft beer. While still in school, Yeh founded Taiwan’s first liquid yeast company, Yeh’s Yeast Company.

Passionate about cooking, Yeh taught himself how to bake, enamored with the feeling that came with watching each item come together from scratch. However, after dining at a few restaurants he came to see cooking as taking ingredients “from life to death,” whereas brewing beer is precisely the opposite: “After you add the yeast and hops, you can watch as the beer comes alive over time.”

These three beer lovers already knew each other through their shared passion before going into business together, meeting often through get-togethers organized by groups like the Taiwan Craft Beer Club and Taiwan Homebrew Maniacs. Each time they met, they would excitedly share their latest discoveries, all while quietly harboring their own ideas about going into business.

One night in 2014, while idly chatting, the three decided to pool their resources and make a move, forming Taiwan Head Brewers and starting their journey with the Solar Term Series.

With 24 solar terms, that meant coming up with 24 different beers. While picking 24 different beers from the hundreds of varieties wouldn’t be a difficult task, “instead we made the ballsier choice, basically like stepping up to the plate and pointing way into the outfield like we’re going to hit a home run,” says Sung.

Their first beers, “Grain Rain” and “Start of Summer,” immediately got rave reviews and flew off the shelves. The three figured they had passed their big test, never expecting that it would be with their third beer, “Summer Solstice,” that they would start running into trouble.

The company responsible for producing the beer for Taiwan Head Brewers made a mistake when setting the saccharification temperature, which decides the quality of the body and the sharpness of the beer. That meant that the body and taste weren’t what they’d expected, and all that was left to do was dump two tons of fully brewed beer.

So far, Taiwan Head Brewers have launched 11 of their 24 “Solar Terms” beers. “We’re not halfway done yet,” laughs Sung, “so there’s still time to turn back.” However, in the year and change that they have been in operation, the reception they’ve gotten has been beyond all expectations—initially they’d expected to sell out of all their beers by the end of the year, but sales have been far, far faster than that. They also began racking up international plaudits, including at Japan’s International Beer Cup, the Australian International Beer Awards, the Asia Beer Cup in Japan, and the World Beer Awards.

While the international recognition has been nice, the trio behind Taiwan Head Brewers are more interested in the future of craft beer in Taiwan. As they state on their website, their goal is to “create great and unique beer with local ingredients, creativity, love, and passion.”

With local ingredients like white-tip oolong tea, tieguanyin tea, Ping­tung cocoa and jasmine flowers from Chan­g­hua, the “Solar Term Series” beers are a reflection of the out-of-the-box thinking of these three beer geeks, and their hope that beer lovers will be able to enjoy a taste of Taiwan in every sip.

台湾の季節を感じる

──丹念に醸造された二十四節気ビール

文・劉嫈楓 写真・林旻萱 翻訳・久保 恵子

著名な書家・呉鳴の筆になる書をラベルに、二十四節気の名を冠したビールが、設立2年足らずの台湾ヘッド・ブリュワーズ(啤酒頭)から、穀雨のビールを皮切りに次々と発売されている。

穀雨に続いて、灼熱の夏の訪れとともに立夏、夏至、大暑と、夏を代表するビールが発売された。宋培弘、段淵傑、葉奕辰の3人のブリュワーは、中国伝統の二十四節気からインスピレーションを得て、季節に合わせたビールを次々と開発してきた。夏に限らず、四季折々にふさわしいビールを楽しめるようになることだろう。


 

 20155月、ビールのシーズンが訪れようという時に、準備に一年近くをかけてきた台湾ヘッド・ブリュワーズ(啤酒頭)は、欧米のビールのスタイルと台湾の伝統を融合した「穀雨」と「立夏」の二種のビールを発売した。

二十四節気のビール

二十四節気の名を付けたビールは、宋培弘と段淵傑、葉奕辰の三人の若いブリュワーがビールは夏のものというイメージを打ち破ろうと期待を込めて作ったものだが、それだけではなく、ビールを飲み干す時に台湾の味を感じ取ってほしいと醸造したものである。

台湾ヘッド・ブリュワーズ起業の最初のブランド「穀雨」ビールには、台湾烏龍茶が使われている。

清明節の後に続く穀雨の時期は、雨が多く大地が潤い、万物が生成する。穀雨の後、西湖の龍井で茶摘みが始まり、収穫された茶葉は雨前茶と呼ばれる。穀雨は茶摘みと関りが深いため、宋培弘たちはここから、春摘の台湾烏龍茶にベルギー風のエールを組み合せて、穀雨茶ビールを醸造した。

夏の代表的な節気である大暑、小暑のビールは、1年越しで生み出した双子のようなビールである。

欧米では夏の暑い日に、苦味を帯びた明るい色のエールを飲む習慣がある。エールはホップの成分のおかげでフルーティながら苦味を帯びていて、そのバランスを崩すと苦いだけになってしまう。これは断崖の上を歩くようなバランスだと宋培弘は言うが、その絶妙なバランスが高い評価を受けた。

ベルギーの伝統的なエール醸造技法では、ホップを使って花の香り、フルーティな香りを出すのだが、大暑ではホップの一部を彰化県花壇のジャスミンに置き換えた。それを喉へ流し込めば、甘い香りが広がる。

一年後に、台湾ヘッド・ブリュワーズは大暑の後を受けて、大暑をライトにした小暑を出した。味は大暑を基調にしながら、アルコール度数はぐっと低く抑えてある。もともと欧米では異なる季節に異なる酒を飲む習慣がある。そこで台湾ヘッド・ブリュワーズも、季節に合わせた酒という意味を込めて、小暑のビールを生み出したのである。

節気に合わせたビールを

季節が夏に入ると、台湾ヘッド・ブリュワーズでは、夏の二番目の節気である「小満」向けに、エールと冬瓜を組み合わせたビールを開発した。

呉澄の著書『月令七十二後集解』によると、小満について「四月の小満とは、万物がこの時期にやや満ちることである」とある。夏に入り暑くなると、稲が実を付け、農作物が実り始めるが、その前のまだ十分成熟していない時期をいう。小満の季節には、農家も市井の人々も、収穫の期待に胸を躍らせる。

その意味から、台湾ヘッド・ブリュワーズでは温もりを感じさせるビールを構想した。そこで選んだのが、色の薄いエールを基に、台湾で作られる冬瓜の砂糖煮を加えることにした。

ベルギーのビール醸造では砂糖を加える伝統があり、かつては交通が発達していなかったので、甘味として蔗糖ではなく、現地で入手できるてんさい糖を使っていた。

これを現代の台湾に応用して、どのような素材であればベルギーのビールの甘さと、台湾の人々の温かい記憶を表現できるかと、台湾ヘッド・ブリュワーズは考えた。そこで、昔から台湾で冬瓜茶に使われていた冬瓜の砂糖煮を使うことにしたのである。

はっきりした個性的な味の立夏は、消費者の好みが分れるが、小満はエールの風味に冬瓜の甘味と香りが台湾人には馴染み深い。

冬になると、漢方で「寒」の性質とされるビールは売れ行きが落ちる時期である。しかし、反骨精神に満ちた台湾ヘッド・ブリュワーズは、立冬と小寒の二種を売り出すことにした。

季節に合わせてビールの味を変えるというのが、欧米諸国の伝統である。一年でも寒さが厳しくなる小寒向けに、台湾ヘッド・ブリュワーズでは欧米で冬に好まれるスタウトを選び、これに屏東産のカカオ豆を合せて、東西融合のビールとした。

ビールにカカオ豆を加えるのは、醸造技術の新機軸ではない。ビールの色付けに焼いた麦を入れたり、カカオを加えるのはよくあることで、この技術を屏東のカカオ豆で応用したのである。

二十四節気シリーズのビールは、節気に合わせた味と素材を選択するが、台湾ヘッド・ブリュワーズが2015年に横浜で開催された国際ビール大賞で銀賞を受賞した立夏は、ビールの四大素材である麦芽、ホップ、酵母と水だけで作られている。水だけは台湾産であるが、後は台湾とは関係ないと、宋培弘は言う。

シンプルに醸造したビールを理念として、宋培弘、段淵傑と葉奕辰は二十四節気の商品ラインを構想した。消費者に親しまれることを主眼にしながらも、三人の醸造への思いをもう一つの主軸に、純粋に醸造技術で勝負をかけた。

幸いなことに、立夏が高い評価を受け、国際賞を受賞したことで三人には大きな励みとなった。

40代、30代、20代のビール醸造

昼間はエンジニアとして働く宋培弘、北台湾のブリュワーである段淵傑、除隊後に台湾ヘッド・ブリュワーズの営業を始めた葉奕辰は、それぞれ40代、30代、20代のビール醸造の代表である。

宋培弘とビールとの出会いは、アメリカ留学からの帰国前に、家族でアメリカを旅行した時の経験から来ていた。

その時、アメリカで電子電機エンジニアリングを学んでいた彼は、ペンシルベニア州の小さな町にある歴史ある酒造所Triumphで食事をすることにした。そこで6種の異なるビールを味わい、ビールの世界の魅力に取りつかれた。

今年32歳になる段淵傑は、大学4年の時に、叔父の段国仁が顧問をしていた北台湾ビール工場でアルバイトを始め、ビールの世界に入っていった。大学を卒業し、兵役を終えると、世界は2008年の金融危機で悲観的な気分に覆われていた。将来に迷った彼は、遠くオーストラリアでワーキング・ホリディを利用しながら各地のビール工場を回った。台湾に戻ってからもビールの世界に入り、北台湾総ブリュワーに就任し、その醸造するビールは幾つもの賞を取っている。

一番年下の葉奕辰は、台湾ブリュワーの祖で段淵傑の叔父である段国仁と知り合い、ビールの世界に入った。学生時代には葉氏酵母工房を設立した。

元来が料理好きの葉奕辰は、パンやケーキ作りも独学で学んだ。一つ一つの料理が完成していくのを見るのは楽しかったが、料理は食材が生から死に向かうのに対して、ビール醸造の過程は反対で、「酵母やホップを加え、時間をかけてビールが生きてくるのです」と言う。

3人は、起業前から知合いで「台湾ビール醸造クラブ」など、ビール醸造愛好家のクラブで顔を合わせていた。楽しくビールを酌み交わしつつ、それぞれが起業の理想を夢見ていた。

2014年のある夜、3人は談笑の中から台湾ヘッド・ブリュワーズの設立を決めた。二十四節気シリーズは、その出発点である。

二十四節気となると、24種のビールを作らなければならない。百種を超えるビールのスタイルから24種を選ぶのは難しくないが、「いま思うと偉そうな決定で、バッターが打席で外野を指すみたいなものです」と宋培弘は言う。

起業後、最初に発売した穀雨と立夏は好評で、すぐに完売した。好調な滑り出しで、最初の難関を超えたと三人は思ったのだが、三番目の夏至で、すぐに壁にぶつかった。

夏至を生産する台湾ヘッド・ブリュワーズのOEM工場で、ビールのボディや渋みを決める糖化温度設備にミスがあり、醸造した2トンのビールすべてが廃棄処分せざるを得なかったである。

現在、台湾ヘッド・ブリュワーズの二十四節気シリーズは11種まで販売され、「まだ半分までいかず、折り返していません」と宋培弘は笑う。設立1年半だが、それでも反響は予想を超え、1年以内完売の目標を前倒しで達成した。しかも、短期間で日本の国際ビール大賞、オーストラリアン・インターナショナル・ビア・アワード、日本のアジア・ビアカップ、ワールド・ビア・アワードの四大ビール賞を受賞した。

思いがけずも、高い評価を受けることができたが、三人とも台湾のビール醸造文化にはなお期待するところが大きい。彼らのサイトでは「私たちが醸造するのは単なるビールではなく、この土地に対する思いが込められているのです」と、台湾ヘッド・ブリュワーズのブランド精神を余すところなく述べている。

だからこそ、台湾の東方美人茶や鉄観音、彰化県花郷のジャスミン茶に屏東県のカカオ豆など、台湾産の農産物を二十四節気ビールと組み合せている。これらのビールには、ブリュワー3人の醸造技術の枠を超えた意気込みが感じられ、さらには地ビールを通して、この土地から生まれたビールを消費者に深く味わってほしいと願っているのである。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!