馬總統:台灣將成為維繫區域和平「負責任的利害關係者」

:::

2013 / 5月

文‧林欣靜


應美國史丹佛大學的「民主、發展暨法治中心」之邀,4月16日馬英九總統與美西學界進行視訊會議,分享台灣在世界及東亞變局中,力促兩岸和平並提升台美關係的具體作法。

由於視訊會議當日,美國波士頓馬拉松賽發生3死、百餘人受傷的恐怖爆炸慘劇,馬總統除代表我國向美國致哀,也重申維繫和平的重要性。他強調,台灣未來會努力扮演區域內「負責任的利害關係者」角色,也會將過去幾年如何循序漸進、達成兩岸和解的經驗,運用在解決其他國際爭端上。


這是馬總統自2008年上任以來,第4度與美國學界舉行視訊會議。參與者均大有來頭──主持人為美國前國務卿萊斯,與談人則是曾多次應邀訪華的「民主、發展暨法治中心」主任戴蒙教授、美國前海軍軍令部長羅福賀,以及著有《歷史之終結與最後一人》等知名暢銷書的史丹佛大學國際研究所研究員法蘭西斯.福山。

馬總統表示,5年前,朝鮮半島及台灣海峽皆為具有軍事衝突危機的東亞「火藥庫」。而今,朝鮮半島仍陷於一觸即發的緊繃局勢,持續武力恫嚇的北韓,甚至揚言已廢除1953年簽署的停戰協定;相形之下,台海的緊張對峙已大幅降低,兩岸更有持續追求和平與繁榮的共識。

「堆積木」建立共識

如何完成確保台海和平的艱鉅任務?馬總統指出,我國是採取「先急後緩、先易後難、先經後政」的原則,確立兩岸協商議題的先後順序,以避免兩岸對話因若干棘手的爭議而遭拖延。

在這種層層積累互信的「堆積木」作法下,兩岸在過去5年陸續簽署了18項協議,內容涵蓋直航、觀光、經貿交流、智財權保障、核能安全及司法互助等方面。

如今兩岸的定期航班已擴增至616班,每年亦有250萬名大陸觀光客來台旅行,雙方的合作層面更日益密切。像2003年SARS大流行時,大陸完全忽視台灣需求,不願公布完整資訊;但最近爆發H7N9禽流感,兩岸的公衛學家已可在第一時間建立合作管道,協力防止疫情擴散。

馬總統強調,我國未來會成為區域間「負責任的利害關係者」,不但會努力維繫台海和平,也會將過去兩岸協商的經驗,推廣至解決其他的國際爭端。

例如去年8月,他提出「東海和平倡議」,建議在釣魚台列嶼的主權爭議上,以協商取代衝突;台日雙方旋即在11月展開漁業協議會談。過去台日曾歷經16次的會談都無結果,但此次雙方已有先行擱置領土及海域主張等爭議的共識,因此可以由保護及管理漁業資源的方向著手,終於在日前完成《台日漁業協議》的簽署,未來兩國漁船在約為台灣兩倍大的海域作業時,皆可獲得安全保障,此協議也為台日關係建立歷史性的里程碑。

鞏固台美邦誼

接著美國前國務卿萊斯提問關切:「當兩岸越走越近時,是否會影響台美關係的發展?」

馬總統堅定地回應,美國是台灣至為重要的經濟與安全盟友,亦為台灣第三大貿易夥伴,不管中國大陸在貿易上對台有多重要,台灣仍會努力加強與美國的經貿關係。而台灣與中國大陸的和解,也會為包括美國在內的國際社會帶來利益。

另外,台美在解決美牛的進口爭議後,已恢復貿易協商。而美國也在去年11月,正式將我國納入免簽證計畫,使得中華民國成為全球第37個獲此待遇、也是其中唯一與美國沒有正式外交關係的國家,足見我國對深化台美關係的努力,已獲美方肯定。

馬總統指出,從熱愛民主、尊重人權與法治、支持自由貿易體制,甚至對於籃球與棒球的狂熱等價值觀看待,台灣與美國有眾多共通之處,未來也將蓬勃發展各項交流。

展望未來,為追求經濟繁榮與國家安全,台灣會力求參與「跨太平洋夥伴協定」及「區域性全面經濟夥伴協定」等國際組織,並在美方的協助下,強化國防力量。

在這場深具意義的視訊會議上,馬總統闡述追求台海和平的經驗,重申我國強化台美關係的決心與作法。身為華人社會唯一的民主國家,台灣將努力成為世界的模範公民。

相關文章

近期文章

日本語 EN

馬英九総統が米国学界とテレビ会議

責任あるステークホルダーとして台湾は地域の平和維持に貢献していく

文・林欣静

4月16日、馬英九総統は、米スタンフォード大学民主主義・開発・法の支配研究センター(CDDRL)の要請を受け、米国西海岸の学者とテレビ会議を行ない、変化する世界および東アジア情勢の中で、我が国が台湾海峡両岸の平和促進に力を注ぎ、台米関係を向上させてきた具体的方法について語った。

テレビ会議の当日は、ボストンマラソンで3名が死亡し多くの人が負傷するという悲惨な爆発事件が起き、馬総統は我が国を代表して米国に哀悼の意を表し、平和の重要性を重ねて強調した。馬総統は、台湾は今後も地域における「責任あるステークホルダー」の役割を果たしていくと語り、ここ数年、いかに漸進的に台湾海峡両岸の和解を達成し、その経験を他の国際争議の解決に運用してきたかを語った。


馬英九総統が2008年に総統に就任して以来、米国の学界とのテレビ会議は今回で四度目である。米国側の出席者は著名な学者ばかりだった。――進行役はコンドリーザ・ライス元米国国務長官、パネリストは、幾度も中華民国を訪問しているCDDRL主任のラリー・ダイアモンド教授、ゲイリー・ラフヘッド元米国海軍作戦部長、そしてベストセラー『歴史の終わり』などの著書で知られるスタンフォード大学上級研究員のフランシス・フクヤマ氏である。

テレビ会議で馬英九総統は次のように述べた。5年前まで、朝鮮半島と台湾海峡は軍事衝突の可能性がある東アジアの火薬庫と言われた。朝鮮半島は今も一触即発の緊張した情勢にあり、武力による威嚇を続ける北朝鮮は、1953年の休戦協定は白紙化されたとしている。これに比べると、台湾海峡の緊張は大幅に緩和し、台湾海峡両岸では平和と繁栄の追求というコンセンサスが得られている。

積み木を積むようにコンセンサスを得る

では、台湾海峡の平和という困難な任務をどう成し遂げたのか。まず「切迫したものを先に、急がないものは後に、容易なものを先に、困難なものは後に、経済を先に、政治は後に」という原則で両岸協議の議題の優先順位を決め、敏感な議題のために全体が先送りされないようにした。

こうして一層ずつ信頼関係を築いていく「積み木」方式で、台湾海峡は過去5年の間に18項目の協定に署名を交わすことができた。その内容は、直行便開通、観光、経済交流、知的財産権保護、原子力エネルギーの安全、司法協力など多岐にわたる。

現在、台湾海峡両岸間の定期航空便は616便まで増え、大陸からは年間250万人の観光客が台湾を訪れ、双方の協力関係は日増しに緊密になっている。例えば、2003年にSARSが流行した時、中国大陸は台湾の需要を完全に無視し、情報を全面的に公表しようとしなかった。しかし、現在発生している鳥インフルエンザH7N9の場合、両岸の公衆衛生専門家はすぐに流行拡大阻止のために協力を開始した。

馬総統は、我が国は将来的に「責任あるステークホルダー(利害関係者)」として、台湾海峡の平和維持に力を注ぐとともに、過去の両岸協議における経験を他の国際論争解決に活かしていくと述べた。

例えば昨年8月、馬総統は「東シナ海平和イニシアチブ」を提起し、釣魚台列島(日本名:尖閣諸島)の主権争議において、衝突ではなく対話をと呼びかけた。同年11月、台日双方は漁業協定に関する協議を行なった。台日間ではこれまで16回にわたって漁業協議を行なってきたが合意は得られていなかった。今回は双方が、領土および海域に関する主張の違いを棚上げすることで合意に達し、それによって漁業資源の保護・管理という面からの協議が可能になり、先頃、ついに「台日漁業協定」に署名が交わされたのである。今後、両国の漁船は台湾本島の2倍の広さの海域で操業する際に、その安全が保障されることとなった。この協定は台日関係の歴史におけるマイルストーンとなるものである。

強固な台米友好関係

馬英九総統に対し、ライス元国務長官からは、「両岸がしだいに接近する中、台米関係の発展には影響をおよぼさないか」との質問が提出された。

これに対して馬総統は「米国は台湾にとって極めて重要な経済・安全保障の盟友であり、台湾にとっては世界第三の貿易パートナーでもある。貿易面で中国大陸が台湾にとっていかに重要であっても、台湾は米国との経済貿易関係強化のための努力を続けていく。また、台湾と中国大陸の和解は、米国を含む国際社会にも利益をもたらす」と答えた。

また、米国産牛肉輸入問題が解決した後、貿易交渉も再開された。昨年11月には米国のビザ免除プログラム(VWP)が正式に我が国に適用されることとなった。中華民国は世界で37番目にこの待遇を受ける国となり、また唯一米国と正式な外交関係のない国でもある。ここからも、台米関係強化に対する我が国の努力を米国が評価していることがわかる。

台湾と米国はともに民主主義を愛し、人権と法の支配を尊重し、自由貿易体制を支持し、さらにバスケットボールや野球に熱狂するなど、価値観の面で多くの共通点があり、今後も各種交流を発展させていきたいと馬総統は述べた。

将来的には、経済発展と安全保障のために、台湾は環太平洋パートナーシップ(TPP)および東アジア地域包括的経済連携(RCEP)などへの参加を求め、また米国の協力の下、防衛力を高めていく。

今回の意義深いテレビ会議において、馬総統は台湾海峡の平和追求の経験と、台米関係強化への決意と方法を語った。華人社会唯一の民主国家として、台湾は世界の模範市民たるべく努力していく。

President Ma to US Academics: Taiwan a “Responsible Stakeholder” for Regional Stability

Lin Hsin-ching /tr. by Phil Newell

In response to an invitation from Stanford University’s Center on Democracy, Development, and the Rule of Law (CDDRL), on April 16 President Ma Ying-jeou took part in a videoconference with leading West Coast scholars. He shared with them his pragmatic approach to promoting cross-strait peace and improving Taiwan–US relations in the context of ongoing changes in East Asia and the world as a whole.

He emphasized that Taiwan “strives to conduct itself as a responsible stakeholder” in the international community and aims to apply what has been learned in cross-strait relations, in which much progress has been made toward greater peace and understanding, to the resolution of other international disputes. Because on the day of the conference, three people were killed and more than 100 injured by terrorist bombs in Boston, Ma also expressed condolences on behalf of all the people of Taiwan and re-emphasized Taiwan’s commitment to fostering peace and stability.


On April 16, 2013, President Ma Ying-jeou held his fourth videoconference with US scholars since he took office in 2008. The participants on this occasion were all people of considerable influence. The moderator was former secretary of state Con­do­leezza Rice, and the discussion group was composed of Larry Diamond, director of the CDDRL (who has been invited to Taiwan on several occasions in the past); Gary Roughead, former US chief of naval operations, and Francis Fu­ku­yama, author of The End of History and the Last Man and currently the Olivier Nomellini senior fellow at the Freeman Spogli Institute for International Studies at Stanford.

President Ma began his prepared remarks by pointing to the fact that five years ago the two main flashpoints in East Asia were the Korean Peninsula and the Taiwan Strait, but whereas today the Korean Peninsula is in the midst of crisis, and North Korea continues its saber rattling and has even claimed that it has abrogated the 1953 Armistice Agreement that ended the Korean War, tensions in the Taiwan Strait have been sharply reduced, and there is a cross-strait consensus on continuing to advance toward peace and prosperity.

Building blocks

Ma explained Taiwan’s guiding principles for dealing with the difficult issue of ensuring cross-strait peace: “easy matters before difficult ones, pressing matters before less pressing ones, and economic matters before political ones,” as well as “setting a clear agenda from the start to prevent cross-strait dialogue from being bogged down by intractable issues.”

Under this “building blocks” approach, as Ma described it, the two sides have signed 18 agreements over the past five years, including ones covering direct flights and shipping, tourism, economic and trade relations, protection of intellectual property rights, nuclear safety, and mutual assistance on judicial matters.

Today, there are 616 scheduled flights per week across the Taiwan Strait. In 2012, 2.5 million mainland Chinese tourists visited Taiwan. And in sharp contrast to the outbreak of SARS in 2003, when mainland China ignored Taiwan’s needs and refused to make essential information public, after the recent outbreak of H7N9 avian flu in the mainland, public health experts on the two sides immediately set up channels for cooperation to prevent the spread of the disease.

President Ma emphasized that in the future Taiwan will play the role of a regional “responsible stakeholder” and will promote the application of the cross-strait model of accommodation to the resolution of other international conflicts.

As one case in point, he noted, “Last August my administration proposed an East China Sea Peace Initiative, urging that negotiation take precedence over confrontation” with respect to the Diao­yu­tai Islets dispute. Then in November of 2012, Tai­pei and Tokyo reopened long-stalled negotiations over fisheries rights in the East China Sea and, after 16 previous rounds since 1996 had failed, reached an important agreement. (For details, see the next article.) This was possible only because both sides decided to shelve irreconcilable territorial claims and instead work together on technical, practical means to jointly conserve and manage fisheries resources in the disputed area.

Consolidating US ties

Former secretary of state Rice at one point expressed concern about whether the increasingly close links between Taiwan and mainland China might not affect the Taiwan–US relationship.

Ma reiterated that the US is an important economic and security partner for Taiwan. Noting that the US is still Taiwan’s third largest trading partner, he said: “However large a trading partner mainland China is to Taiwan, we definitely want to deepen our economic ties with the United States.” He also remarked that harmonious relations between Taiwan and mainland China are in the best interests of the entire international community, including the US.

Ma also pointed to several specific examples of improved Taiwan–US ties. For instance, following the resolution of the dispute over US beef imports into Taiwan, the two sides resumed the regular pattern of negotiations that have taken place since 1994 under the Taiwan–US Trade and Investment Framework Agreement (TIFA). Also, last November the US added Taiwan to its Visa Waiver Program, making Taiwan the 37th nation in the world to secure that status, and the only one without formal diplomatic ties. This shows that the US recognizes and appreciates Taiwan’s efforts to deepen bilateral relations.

Looking to the future, in the interests of both economic prosperity and national security, Taiwan will endeavor to be included in international organizations such as the Trans Pacific Partnership (TPP) and the Regional Comprehensive Economic Partnership (RCEP). Taiwan will also, with the help of the US, continue to strengthen its national defense capabilities.

The videoconference proved to be a very meaningful opportunity for President Ma to explicate Taiwan’s experience in pursuing cross-strait peace and its determination to strengthen ties with the US. And he assured his listeners that Taiwan, proud to be the first democracy in a Chinese society, will continue to work hard to be a model citizen of the world.

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!