工藝與設計駱毓芬的跨界結合

:::

2015 / 8月

文‧劉嫈楓 圖‧品研文創


南投竹山盛產的竹子,如何化為作工精緻、充滿設計美學的作品?品研文創總監駱毓芬以設計人的熱情,攜手多位南投在地工藝師,為傳統的竹藝產業帶來新風貌,完美寫下工藝與設計結合的佳話。


2014年年初,品研設落計文創總監駱毓芬的電子信箱躺了一份署名「MAISON&OBJET ASIA」的郵件。不以為意的她,以為又是哪來的詐騙信件,匆匆撇了一眼後,就扔在一旁。

幾天後,署名主旨同樣的信件再次寄來,她定睛一看才發現,原來自己在新加坡雜誌《Surface Asia》的推薦下,獲選為2014年巴黎家具家飾展亞洲新銳設計師(Rising Asian Talents),成為第一位入選的台灣設計師。

獲獎後,大量的媒體紛紛上門採訪,讓駱毓芬大呼,「第一次體會到什麼是爆紅的感覺!」這份國際榮耀的背後,其實是駱毓芬放棄科技公司安穩的工作、歷經創業失敗、台北南投兩地跑,才換來的成果。

獲獎的代表作「蓬蓬裙椅」今年也出現在2015年文化博覽會上,精湛展現竹藝工法與創意設計的完美結合。從作品取材、每道曲線的呈現……,都見證了駱毓芬投入竹藝設計的用心。

在竹藝設計裡喚起熱情

今年41歲的駱毓芬,實踐大學工業設計系畢業後,就在飛利浦、明基等科技公司負責產品設計。大學時繳出不少佳作的駱毓芬很快就發揮設計才華,奪下了德國iF、紅點等國際設計大獎。雖然風光亮眼,但駱毓芬卻開始流露出一絲疲態。

在手機、相機3C科技用品輕薄化後,設計師發揮的空間越來越少,「到最後,只剩下手機按鈕可以發揮設計功力,」駱毓芬說:「那時候一接到工作,好像只剩下機械反應。」

為了重新喚起熱情,駱毓芬在工作之外,開始積極參與工藝、人文相關設計活動。2007年,台灣工藝中心為振興南投竹山竹藝產業,推動「工藝時尚計畫」鼓勵工藝師與設計師合作。駱毓芬加入後,接觸了過去較少採用的自然材質。「能夠與人互動、接觸自然素材的工藝創作,好像成了我工作之外的救贖。」駱毓芬說。一有時間,她就會往南投竹山跑

2010年,有意創業的駱毓芬獲得投資者支持,決定自立門戶成立「CUCKOO」品牌。不料,雙方經營理念不同,多有磨擦。雖然產品在台灣設計師周首度亮相後,受到各界好評,最終還是無法弭平雙方的理念落差,合作告吹。

眼見雙方多年的情誼就此決裂,手中只剩下品牌的駱毓芬,一度失去信心。所幸在朋友的鼓勵下,駱毓芬申請到文化部創業計畫補助資金50萬元,加上自籌的50萬,決定讓CUCKOO起死回生。

當初駱毓芬為品牌命名為「CUCKOO」,是認為辦公室生活就像時間到了才跳出柵門「咕咕報時的布穀鳥鐘」因此,希望以幽默、想像來設計生活用品,為使用者帶來簡單的生活樂趣,並「對自己的生活微笑」。

品牌產品裡,也充滿駱毓芬以女性角色出發,發揮女性細心特質設計的多款作品。例如代表作之一的「遮腿包」,就是駱毓芬搭乘捷運時,看到鄰座的OL忙了一天累倒在座上的模樣。她心想,不少OL因為太過疲累難免無法顧及睡姿,一不小心還可能裙下走光,於是她替隨身包加上仿裙擺的布樣,擺在腿上既美觀還能避免走光。

駱毓芬加入「工藝時尚計畫」後開始接觸的竹材,也放進設計裡。其中熱銷一萬多雙的「保青•竹箸」,就是駱毓芬靈機一動,改造竹筷的神來之作。

她表示,午餐時間邀上三五好友一起用餐、彼此分享食物,常是上班族女性一天工作中最快樂的美好時光。駱毓芬動念,如果將筷子設計成兩用功能,讓小資族女性快樂享用美食,也適合不擅長使用筷子的外國朋友。

因此,CUCKOO設計了2款造型。一款前端是筷子、後端是叉子,中間腹面圓滑、前後兩端翹起的設計,也免去了置放桌面時的衛生問題;而另一款則是將4隻叉子組成一雙筷子,只要從中間拆解,就成為方便的叉子。兼顧美觀實用的設計,讓平日餐桌上不起眼的竹筷,變成了送禮大方、自用方便的生活好物,「讓大家「一『筷』走遍台灣。」她說。

主打大眾市場、強調輕鬆樂活概念的CUCKOO雖然受到不少年輕消費族群喜愛,但駱毓芬深知光是強調生活創意的設計,並無法贏得國際矚目。「唯有做出台灣獨有、深具差異化特色的作品,才能在眾多競爭者中脫穎而出。」於是,駱毓芬想到南投竹山盛產、充滿亞洲風味的竹子。

攜手在地工藝師,扭轉竹藝風貌

繼CUCKOO後,2011年駱毓芬推出的品研選(pin-collection),目標鎖定高單價客群,作品大量採用竹子,並與多位南投竹藝師合作,融入大量手工竹藝技法。

2012年登上倫敦設計周的汝玉板凳,椅面有如古人玉璧形狀、4隻圍綑椅面的彎曲椅腳有如仙女飛天的設計,就是駱毓芬與工藝家陳高明合作,運用少數工藝家才會的曲竹工法製成;而「溫釋手提竹桌燈」,駱毓芬則採用了「亂編織法」。

駱毓芬表示,「亂編織法」是將竹子剖成細條後,再編織成一體成型作品的技法。亂編雖然是竹藝編織的基本技法,但「在雜亂無章的編織中,保持均衡的美感」卻不是每位工藝師都能做到。

她特地與從事竹編近20年工藝師蘇素任合作,將亂編法用於燈具裝飾。當溫暖的燈光穿透過竹編外罩,果真表現出駱毓芬構想中陽光穿透樹葉,樹蔭斑駁灑落在地上、光影交錯的樣子。

講究設計美學之餘,作品更蘊含駱毓芬以設計扭轉刻板印象、為傳統賦予新意的企圖。駱毓芬表示,傳統的竹椅、竹凳在阿公阿嬤談天嗑牙的鄉間場景才見得到,但只要添入一點設計巧思,就能為竹藝賦予時尚現代感。

先後獲得大獎的「蓬蓬裙椅」,就是駱毓芬改造傳統竹藝「竹夫人」的佳作。駱毓芬表示,鄉下婆婆媽媽都會編織的「竹夫人」臥枕,因為中間縷空的設計,通風散熱效果極好,常被老一輩的人用來躺臥消暑,有「夏天冷氣機」之稱。然而,隨著現代人生活型態的改變,竹夫人出現的機會越來越少。

因此,駱毓芬集合3個竹夫人臥枕,並加上以松木作成椅墊,並和蘇素任討論作法,改以六角編織技法加強承載強度,作為支撐人體重量的椅腳。作品完成後,重量僅有3.2公斤,卻能負載100公斤,拆下椅座還能變成茶几的創意,見過的人都大感驚奇。

駱毓芬坦言2007年以竹子創作設計時,都仍擺脫不了3C設計的思維,竹材都只是用作點綴,無法展現材質的特性。「因為不懂竹材,產品常是硬作來的結果。」為此讓她吃了不少苦頭,有回貼上竹皮的3C喇叭,就因纖維太多,最後翹皮掀起成了失敗之作。

為了摸清竹子的特性,她跟著陳明高、蘇素任2位工藝師跑遍南投竹山從頭認識竹藝產業。現在的駱毓芬說起竹子的品種、生長特性,不僅頭頭是道,一看到器材設備,還能馬上分辨用途。

駱毓芬表示,不同產地、品種的竹子,都將影響後續的工藝技法。例如南投竹山的孟宗竹、桂竹,因為在高山環境下長大,韌性佳、彈性好,適合拿來烘烤編織;印尼、泰國雖然也產竹,卻因品種主要為巨竹,材質乾燥,難以用作需要烘烤、彎曲製程的工藝設計。

務實浪漫兼具的設計人

台北、南投兩地跑,駱毓芬也看見了竹藝設計的侷限。她表示,與在地工藝師合作的設計師並不少,始終未發展成長期的合作,原因就在於設計師本身都難以生存,遑論拉動在地產業。

「只有養活自己,才能幫助他人。」因此,當個叫好又叫座的創作者,是駱毓芬最初投入設計品牌就設下的目標。不論CUCKOO與品研選的雙品牌策略,或是作品的設計出發點,都見得到駱毓芬身上浪漫與務實兼具的影子。她坦言,過去為企業品牌工作學到最寶貴的一課,就是知道品牌夢並不是說著虛無縹緲的話語、大談價值理想就能實現,「唯有走得長遠,才能發揮價值。」她說。

一路上幫助駱毓芬的貴人有不少,於駐點南投期間所結識的天空院子創辦人何培均就是其中之一。2006年投入老屋改造、一手創造出南投竹山小鎮文創的何培均,在駱毓芬眼中是充滿驚奇與毅力的行動派。

駱毓芬坦言,創業起步時,自己都還是擺脫不掉設計師的決策習慣,不少可以增加曝光度的創意市集,都在她高標準評估後,拒絕參加。何培均聽聞後提醒她,這番舉動就像個「資深設計師、菜鳥經營者」的思維,並不是創業者該有的高度。

「創業者的思維,是時時掌握每個可能的機會。」何培均以這番話點醒她。一度因為與股東合作破局決裂,失去大半人脈而苦惱不已的駱毓芬,積極在傳統通路外,拓展品牌。國際旅客下榻的飯店,成了駱毓芬行銷商品的最佳平台。結合設計與在地工藝的汝玉板凳、蓬蓬裙椅放進晶華酒店、老爺行旅,不少遊客親自體驗後,乾脆採購回家,符合了駱毓芬心中「文創X觀光」的構想。

懷抱設計初心,帶動南投在地產業

享受個人光環之餘,駱毓芬掛念的是那群當初帶著他跑遍竹山認識竹子、不時捎來溫暖問候的婆婆媽媽。「設計走到最後,只做自己開心的事情,其實很孤獨。」駱毓芬希望能以設計的能量幫助更多人。於是,作品中不少都會用到的竹藝部分,駱毓芬交由南投竹山婆婆媽媽以及台南關廟更生人製作。產量初期雖然不多,已帶動起竹山在地產業。

戲稱自己就像「台灣土狗」般靠著努力拚搏才換來一切的駱毓芬表示,在五年多來的創業路中,深切體會了喜歡、愛與為愛犧牲的區別。

有過歌手夢的駱毓芬表示,有回她為了公司尾牙康樂活動負責獻唱,本以為熱愛唱歌的她卻在天天練唱下,心生厭煩。當時她才頓悟,原來喜歡只是偶一為之可以,而愛則是天天做也不覺厭煩。如今的駱毓芬不但能夠為愛犧牲,甚至已經昇華成「為愛創造」的層次,希望手中的創意設計,能為他人生活增添美好。

「設計,就是將心比心的思考。」駱毓芬用最敏銳的心道出設計的原點,找到竹藝產業的獨特,將台灣工藝設計推向國際。

相關文章

近期文章

英文 日文

A Multidisciplinary Approach to Combining Handicrafts and Design

Liu Yingfeng /photos courtesy of Jimmy Lin /tr. by Scott Williams

How do you turn the abundant bamboo of Nan­tou’s Zhu­shan (literally, “bamboo mountain”) Township into highly designed, meticulously made products? Judy Lo, creative director of the design firm Pin­yen Creative, has an answer: work hand in hand with Nan­tou artisans to apply a contemporary design sensibility to traditional bamboo crafts.


When Pin­yen Creative’s creative director Judy Lo found an email from MAISON&OBJET ASIA in her inbox early 2014, she assumed it was just another scam. She gave it a cursory glance, then set it aside.

But when she received another very similar email from the same source a few days later, she took a closer look. It informed her that the Singaporean magazine Surface Asia had recommended a piece she’d designed—the “Tutu Stool”—and that she’d been designated a Rising Asian Talent at the 2014 MAISON&OBJET Paris, a lifestyle and fashion trade show.

Lo is the first Taiwanese designer to have earned that accolade. Commenting on the barrage of interview requests that followed the announcement, she recalls, “It was the first time I’d felt famous.” But her road to international recognition had begun long before. It started when she walked away from a secure job in the tech industry, and included both a failed business and years of shuttling back and forth between Tai­pei and Nan­tou.

Lo’s Tutu Stool went on to make an appearance at the 2015 Creative Expo Taiwan, its every material and curve demonstrating her commitment to creating highly designed bamboo handicrafts.

Awakening a passion

A graduate of the industrial design department at Shih ­Chien University, the 41-year-old Lo was already producing high-quality work during her student years. After completing her degree, she worked as product designer for tech companies such as Philips and MiTAC, where she developed her design talents and won several iF and Red Dot design awards. But then, though seemingly at the pinnacle of her career, she began to feel burned out.

Seeking to reawaken her passion for design, Lo began taking part in culture- and handicraft-oriented design events. Then the National Taiwan Craft Research and Development Institute (NTCRI) introduced a handicrafts and fashion project aimed at stimulating the bamboo craft industry around Nan­tou County’s Zhu­shan Township. Launched in 2007, the project sought to foster cooperation between artisans and designers. Lo’s involvement introduced her to a variety of less frequently utilized natural materials.

Lo then decided to develop her own brand. She found an investor and set up Cuckoo in 2010. Unfortunately, she and her investor turned out to have very different ideas about how to run the company. Though Cuckoo shone during its Taiwan Designers’ Week introduction, Lo and her investor were unable to reconcile their differences and ended up shuttering the company.

The shattering of a years-long friendship left her with nothing but her brand and a dearth of confidence. Fortunately, other friends encouraged her to apply to a Ministry of Culture program supporting entrepreneurship. With their support, she resolved to bring Cuckoo back, obtaining NT$500,000 from the program and raising another NT$500,000 herself to make it happen.

Lo originally chose to name her brand “Cuckoo” because working in an office reminded her of a cuckoo popping in and out of a clock at the striking of the hour. Her intention was to apply that kind of lighthearted imagination to the design of everyday products as a way to make them more fun for users while also entertaining herself. 

Lo’s participation in NTCRI’s handicrafts and fashion project led her to explore new materials and begin incorporating them into her designs, one of which was an inspired take on bamboo chopsticks that went on to sell very well.

Lo explains that female office workers take great pleasure in sharing lunch with a few good friends, and that such gatherings are often the high point of their workdays. Lo’s idea was to design a set of “dual purpose” chopsticks that would allow working women of limited means to share their meals, and could also be “broken down” into fork-like utensils easy for their non-Chinese friends to use.

Her design gives equal weight to practicality and aesthetics, turning everyday chopsticks into a nice, highly functional gift. “The design lets anyone ‘stick’ it to Taiwan,” jokes Lo.

The Cuckoo brand targets the mass market with casual lifestyle products and has garnered a large following among younger consumers. But Lo is well aware that focusing exclusively on “innovative living design” won’t win her company the kind of international attention she seeks.  “You have to offer something uniquely Taiwanese, something deeply distinctive, to stand out from the masses of competitors,” she says. That idea turned her thoughts to Zhu­shan and its abundance of a distinctively Asian material: bamboo.

Working with local artisans

Lo launched a new venture in 2011: Pinyen Creative.  The new company and brand targeted high-end consumers with handmade bamboo products developed in conjunction with Nan­tou artisans.

She introduced the Ru-Ju Stool, a Pin­yen product, at the 2012 London Design Festival. Lo designed the stool in cooperation with craftsman Chen Gao-ming, utilizing a little-known bamboo bending technique. The process allowed them to give the stool a seat shaped like an ancient jade disk, and legs that evoke immortals soaring into the sky.

Other items in Pin­yen’s Pin Collection include the He­mera Bamboo Desk Lamp and He­mera Bamboo Lamp, both featuring “random weave” wickerwork.

Lo explains that while many artisans know the technique, few are able to “create a balanced aesthetic from the chaotic weave.”

She therefore turned to Sue Su, an experienced and skilled “random weaver,” for help creating the lamps. Their collaboration resulted in a bamboo lampshade that creates just the sunlight-through-leaves effect that Lo was aiming for, dappling the floor with light and shadow.

Beyond their aesthetic appeal, the products embody Lo’s efforts as a designer to refresh traditions with new ideas and turn clichéd expectations on their head.

Her award winning Tutu Stool was a reimagining of the traditional “bamboo wife,” a sort of bamboo chair-cum-bolster. Lo explains that elderly women in rural areas used to weave “bamboo wives.” Seniors liked sleeping with the bolsters because the open weave of the bamboo allowed air to circulate and kept them cool, with the result that the “wives” were sometimes referred to as “summer air-conditioners.” But with changes to rural lifestyles, the bolsters are now rarely seen in Taiwan.

Lo’s take on the concept involved joining three small “bamboo wives” together vertically to form the legs of a stool, and placing a beech seat on top. After talking it over with Su, she settled on a strong triaxial weave for the legs to provide better weight-bearing capacity. Though the stool weighs only 3.2 kilograms, it is capable of supporting up to 100 kilos. As an added convenience, it also has a removable seat that doubles as a tea caddy. 

Idealistic and practical

Having spent two years shuttling back and forth between Tai­pei and Nan­tou, Lo has become aware of the limits of bamboo craft design. She says there are a number of designers working with local craftspeople, but the difficulty of making a living in design has made their efforts intermittent and of little use as a stimulus to local industry. “You have to be able to support yourself before you can help out other people,” she explains.

Lo therefore aims to create critically acclaimed products that sell well. You can see her blend of idealism and practicality in everything from the Cuckoo and Pin­yen brand strategies to the design of her pieces.

Lo says she owes much to He Pei­jun, the owner of a bed-and-breakfast called El Patio del Cielo whom she came to know while staying in Nan­tou. Lo sees He, who renovated an old house and singlehandedly kickstarted Zhu­shan Township’s creative and cultural industry in 2006, as an indomitable doer.

She admits that when she first went into business for herself, she was still thinking like a designer. She would do things like turn down an invitation to participate in a creative marketplace that could have raised her profile, because it didn’t meet her high standards. He Pei­jun pointed out that she was acting like “a senior designer with no experience running a business,” and holding onto an attitude that was inappropriate for an entrepreneur.

When the split with her then business partner cost her much of her personal network, the distressed Lo began actively developing her brand outside of traditional distribution channels, and hotels patronized by foreign guests became her best sales platform. Her Ru-Ju and Tutu stools found their way into the Regent and LDC Hotels, enabling visitors to experience their blend of design and local crafts. Many went on to buy them, fulfilling Lo’s vision of marrying the creative and cultural industries with tourism.

Spurring local industry

While Lo is enjoying her current renown, she remains concerned about the friendly and helpful elderly women who took her all over Zhu­shan introducing her to the ins and outs of the township’s bamboo. “Pushing design to its limits can be very isolating, because you end up doing only those things that make you happy.” Lo therefore makes sure to hire the elderly women of Zhu­nan and ex-convicts from Tai­nan’s Guan­miao Township to do her bamboo craftwork. Though the initial volumes haven’t been large, they’ve helped stimulate the local industry.

Lo says she’s worked hard to get to her current position, adding that her five-plus years as an entrepreneur have revealed the differences between liking, loving, and making sacrifices for what you love.

She explains that she used to dream of becoming a singer, and once took on singing duties for her company’s year-end party. But the grind of preparing for the event made her realize that she didn’t have as much passion for singing as she’d thought. Nowadays, Lo is not only capable of making sacrifices for love, but also of creating for love, and hopes that her designs will make other people’s lives better.

“Design is a process of putting yourself in other people’s shoes.” Having identified the heart of design and discovered something special in bamboo-working, Lo is now successfully bringing her unique blend of Taiwanese handicrafts and design to the international marketplace.

竹工芸とデザインの出会い―― 駱毓芬

文・劉嫈楓 写真・品研文創

南投県竹山に産する竹から、どのようにして精緻で美しい作品が生まれるのだろうか。品研文創のクリエイティブディレクター駱毓芬は、デザイナーとしての情熱をもって、南投県の工芸家を集め、伝統的な竹工芸産業に新しい風を吹き込み、工芸とデザインを理想的に結びつけてきた。


2014年初め、品研文創のクリエイティブディレクター駱毓芬はメールボックスに「Maison & objet Asia」のメールを見つけたが、ジャンクメールかと、よく見もしなかった。数日後、同じサインと内容のメールが再送された。そこでシンガポール誌「Surface Asia」の推薦により、2014年のメゾン・エ・オブジェ・パリにおいて、台湾人デザイナーとして初めて、アジアの新鋭デザイナーに選出されたことを知ったのである。

受賞後、マスメディアからのインタビューが相次ぎ、「ブレイクと言うのがどんな感覚なのかわかりました」と駱毓芬は言う。この国際的な名誉は、IT関係の安定した仕事を捨て、起業に失敗し、台北と南投を走り回って得られた貴重な成果なのである。

受賞作のチュチュ・スツールは、2015年の文化博覧会にも出展され、精巧な竹工芸技術と個性的なデザインの組合せが見られた。作品のアイディアから、美しい曲線の細部にまで、デザインにかけた駱毓芬の意気込みが見て取れる。

竹工芸デザインにかけた情熱

今年41歳の駱毓芬は、実践大学工業デザイン学科卒業後に、フィリップスやマイタックなどIT企業において製品設計を担当してきた。大学時代からデザインの才能を見せた彼女は、優秀な作品でiFやレッド・ドットなどの賞を受賞してきたが、次第に疲れを見せるようになった。

携帯電話やカメラなどの電子製品が薄く軽くなるにつれて、デザインを揮える余地が少なくなっていった。「最後には、携帯のプッシュボタンくらいしかデザインできず、仕事を受けても機械的反応しか残っていませんでした」と語る。

デザインへの情熱を取り戻そうと、仕事以外の工芸や文化関係の活動を始めた。2007年に台湾工芸センターが南投県竹山の竹工芸産業振興のために、工芸家とデザイナーの協力奨励の工芸ファッション計画を開始した。駱毓芬はこれに参加し、それまで扱っていなかった自然素材に触れたのである。「人との交流や自然素材の工芸作品が仕事以外の慰めとなりました」と、彼女はしばしば南投竹山に通うようになった。

起業を考えていた駱毓芬は、2010年に投資家の支持を受けて自社のCUCKOOブランドを立ち上げた。しかし、投資家と経営理念が異なり、製品は好評だったものの、理念の違いを埋められず、両者の関係は決裂した。長年の関係が破局に終り、ブランドだけが残された駱毓芬は自信を失いかけたが、友人に励まされ、文化部の起業計画による補助金50万元を受けることができ、これに自己資金50万元を加えてCUCKOOの復活を決めた。

当初、ブランド名にCUCKOOを選択したのは、時間通りに飛び出すカッコー時計のカッコーに、オフィスでの生活が似ていたからである。ユーモアをこめて生活用品をデザインし、シンプルな生活をユーザーに提供し、生活を楽しみ微笑んでもらおうと考えた。

工芸ファッション計画に参加してから、駱毓芬は竹材を扱うデザインを開始した。中でも、1万セット余りを販売した竹箸「保青」は、彼女らしいアイディアで生まれたものである。

昼食時、仲の良い同僚と食事し、食べ物を分け合うのがオフィスでの楽しみの一つである。そんな時、多機能の箸をデザインすれば、OLたちが食事を楽しめるし、箸が苦手な外国人にも便利であろうと考えた。

CUCKOOは2種類の箸をデザインした。一つは一端が箸、一端がフォークとなっている箸で、中央部分が太く、両端が浮くので、テーブルにおいても衛生上の問題がない。もう一種は4本のフォークを箸の形に組み合わせたもので、真ん中で外すと便利なフォークとなる。美しく実用的なデザインで、普段の食卓で目立たない竹箸が、贈り物にも自家用でも便利な生活用品となった。

一般向けに、ロハスのライフスタイルを主張するCUCKOOブランドは若い消費者に好まれたが、国際的知名度を得ることはできなかった。そこで彼女は、南投県竹山特産で、アジアンティストの竹を使うことにした。

地元の工芸家と共に竹工芸に新風を

2011年、CUCKOOとは異なるブランド「品研選」を打ち出した。高単価の客層をターゲットに竹を多用し、南投県の竹工芸家と協力して、伝統技法を駆使した作品をデザインした。

2012年にロンドンのデザインウィークに出展した汝玉スツールは、座面が古代の玉、湾曲した椅子の脚は飛天仙女のデザインで、駱毓芬と工芸家陳高明が協力し、曲げの技法で完成させた。

「手提げ竹ランプ」では、乱れ編みの技法を採用している。乱れ編みの技法は、竹を割いて竹ひごに引き、これを編んで一体成型する技法である。乱れ編みは竹工芸の基本技法だが、雑然としているようでバランスのある美観を出すのは誰にでもできる技法ではない。竹工芸に20年の経験ある工芸家の蘇素任と協力して、乱れ編みのランプを製作した。暖かい光が竹編みのシェードを通すと、駱毓芬の構想した木の葉を漏れる陽光がまだらに影を落とす様子を表現できた。

デザイン美を追求するとともに、駱毓芬はありきたりな伝統の意匠を抜け出し、新しい意図を付加するデザインを手掛ける。お年寄りが集まり竹の椅子で談笑する伝統的な光景は、今では田舎でないと見られないが、椅子にもデザインを加えて現代的デザインを演出できる。

デザイン賞の受賞が続いたチュチュスツールは台湾の伝統工芸の「竹夫人」から発想を得た佳品である。田舎のお祖母ちゃんが編む竹夫人の枕は、中空になっているので風が通り熱がこもらず、お年寄りが暑さしのぎに使っていた。しかし、ライフスタイルの変化から、竹夫人は次第に使われなくなってきた。

駱毓芬は竹夫人3個を組合せ、これに松で座面をつけた。蘇素任と討論し、六角形に編むことで十分な強度を得て、人体の重さに耐えられる椅子の脚とした。このスツールは3.2キロしかないが100キロの重さに耐えられる。クッションを外せばコーヒーテーブルにもなる。

2007年に竹を素材にデザインを始めた時は、デジタル製品のデザイン思考を抜け出せず、竹は単なるアクセントで素材の特色を生かせなかった。竹の特性を理解できず、無理にはめ込んだ結果、失敗作が続いた。そこで竹の特性を理解しようと、陳高明と蘇素任について南投県竹山で、最初から竹工芸を学んだ。今では竹の品種、生長の特性を理解し、工芸に使う器材までその用途を説明できる。竹の産地や品種によって、採用する技法が異なるのである。高山に育つ竹山の孟宗竹は、弾力がありしなやかで、焼き加工に向く。インドネシアやタイの竹は乾燥しているので、焼いたり焙ったりの曲げ加工には向かない。

ロマンと現実を兼ね備えたデザイナー

駱毓芬は台北と南投を行き来し、竹工芸の限界を実感した。地元の工芸家と共同で多くの作品を開発したが、なかなか長期的関係を構築できないのである。その原因は、デザイナー自身がデザインだけでは生活できないところにある。自立できなければ、地場産業活性化など夢である。そこでブランドを立ち上げた当初から、売れることが目標だった。CUCKOOと品研選のダブルブランド戦略、デザイン理念など、どちらにもロマンと現実を見据えた態度が見て取れる。企業のブランド戦略で貴重な勉強をしたという。ブランドは理想の価値の実現を夢見ることではなく、長く続けることで価値を築くことなのである。

起業してから、駱毓芬は多くの人に助けられたが、南投に拠点を設けてから知り合った天空院子の創設者何培均もその一人である。2006年に南投県竹山に古民家を改造してクリエィティブな場を作り出した何培均の行動力に彼女は感服した。

起業当初、デザイナーの思考習慣を抜け切れず、知名度を上げられるクリエイターズ・マーケットにも、自身の高い基準で判断して参加しなかった。これに対して何培均は、経営者としては初心者であると「企業家としてどんな時でもチャンスを逃さないこと」と注意してくれた。出資者との関係が破綻し、人脈を失って苦しんでいた駱毓芬だが、積極的にチャネルを広げ、ブランドの知名度を上げることにした。その一つが国際的ホテルというチャネル開拓である。リージェントやホテルロイヤルに汝玉スツールやチュチュスツールを置くことができ、観光客は座り心地を確かめて購入するようになったのである。観光とクリエィティブを組合せた構想と言えよう。

初心をもって南投の地場産業振興を

受賞によりマスメディアに注目されたが、駱毓芬は竹を理解するために竹山を連れまわしてくれた現地の人々を忘れることはない。デザインの力で多くの人と協力していきたいと、作品に竹工芸を多く取り入れ、竹山の年輩の工芸職人に製作を依頼し、生産量は多くはないものの竹山の地場産業振興に一役買っている。

自分を、台湾犬のように努力だけを頼りにやってきたと語る駱毓芬は、起業にかけてきたこの五年の間に、単なる好みと愛、そして愛のための犠牲の違いを体得したという。

歌手を夢見たこともある駱毓芬は、会社の忘年会の余興に歌を歌うことになった。歌好きではあるが、毎日歌の練習が続くと嫌気がさしてきた。単なる好みは、たまに楽しめればいいのだが、愛となると毎日でも飽きることはない。現在の駱毓芬は愛のための犠牲も厭わず、愛のための創造にまで昇華させ、その創造的デザインで、人々の生活に役立てようとしている。

「デザインは思いやる心です」と、駱毓芬はデザインの初心を語る。竹工芸の特色を理解し、台湾の竹工芸を世界に紹介していこうとしている。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!