躍出紙本外

穿越虛實的奇幻之旅
:::

2017 / 6月

文‧陳群芳 圖‧林格立 翻譯‧Jonathan Barnard


插畫家們以豐富的創意畫出繽紛的圖樣,如今躍出紙本,走入現實場景,透過生動的故事朗讀,特製道具搭配親子活動或是結合交響樂團的音樂,站上舞台。繪本不再專屬兒童,透過精采的跨界結合,繪本被重新演繹,溫暖大大小小的心。


台北熱鬧的東區商圈,有間店靜靜出現在街角,它不賣時尚潮流商品,推門入內,像走進另一個世界,架上一本本色彩繽紛、活潑有趣的繪本,讓人忘卻一切煩憂,走入這充滿童趣的空間。

珍藏無形的寶藏

這是2010年林忠正所創辦的「花栗鼠繪本館」,選擇落腳地段昂貴的東區,他想的不是商業利益,「東京銀座、紐約曼哈頓等精華地區,都有繪本的專門書店。」熱鬧的台北,也該擁有一間別具風格的兒童書店。

花栗鼠繪本館開幕不久,林忠正就舉辦第一場的讀書會,活動在毫無宣傳下,當天竟吸引了六組親子參加,讓他信心大增,多年來陸續開設了0~1歲奶瓶班、English Funtime、幼兒繪本Workshop、故事秘密基地等課程,現在報名參加活動的家長,都必須一個月前排隊預約。

日本出生的林忠正,除了5歲前短暫回台與祖父母同住,長年定居日本求學、工作、生活,最後為了讓孩子學習台灣文化而回台。選擇開設繪本館,與林忠正的童年時光有關。記憶裡,祖母說的民間傳說、媽媽再忙都要抽空為他講床邊故事。6歲時收到父母友人從美國帶來的兩冊繪本,精緻的插圖豐富了林忠正的想像力,好一段時間他就是反覆閱讀這兩本,著迷其中。

因為深刻感受繪本的魅力,以及與家人間無可取代的親密感,增加親子互動與培養兒童閱讀習慣,便成為花栗鼠繪本館的努力方向。讓家長和孩子拿著繪本坐在一旁講故事,成為館內的日常風景。曾經有個三兄妹,每到暑假就出現在花栗鼠繪本館,入內後常在館內玩耍。林忠正觀察後,發現他們的媽媽在附近擺攤做生意,小孩放假無處去,花栗鼠就成了他們的遊樂場,熱心的林忠正請館員為2個年紀較小的妹妹說故事,隔年夏天再見到他們時,入內已不會蹦蹦跳跳,而是靜靜地拿著繪本閱讀。

除了館內營運,多年前八八水災探視部落的義工行程,開啟了林忠正全省幼兒園說故事的計畫。他看見當時全台資源與愛心湧入災區,但偏鄉閱讀風氣低落,捐贈來的書籍,都被堆在倉庫裡,讓林忠正好生心疼。於是他與各地的非營利幼兒園聯繫,帶著同仁為小朋友說故事、推廣繪本,中文不好的林忠正會用台語朗讀繪本,有時還會扮成聖誕老人,看著台下孩子期待而專注的神情,他明白閱讀的種子,將在他們身上萌芽。

花栗鼠繪本館的口碑,隨著媒體報導而名揚海外,常有日本、香港、馬來西亞等地的旅客特地前來,請林忠正開設繪本講座,他也把握機會介紹台灣的自製繪本,搭建一座國際交流的橋梁。

聽!繪本在唱歌

當國家交響樂團奏起韓德爾〈席巴女王的進場〉,舞台上的投影布幕出現繪本《亞斯的國王新衣》,繪本的文字作者劉清彥在台上為大小觀眾朗讀。氣勢磅礡的交響樂曲隨著繪本裡鮮豔而繽紛的插圖響起,帶領大家進入書中患有亞斯伯格症的主角「亞斯」所醉心的甲蟲世界。

這是今年4月國家交響樂團在國家音樂廳舉辦永遠的童話系列「小童心大世界」音樂會。國家交響樂團自2003年起推出「永遠的童話」系列節目,結合音樂、動畫、戲劇、繪本等素材,希望啟發兒童美感。

「永遠的童話」成立之初,團隊從西方古典音樂裡尋找與兒童相關的表演曲目,知名的兒童交響樂《彼得與狼》用長笛演奏鳥鳴、雙簧管仿擬鴨子聲、法國號詮釋狼嚎,還有以定音鼓與大鼓表現不時響起的槍聲,營造歡樂又緊張的氣氛,成為兒童表演的經典。

除了從西方文化尋找題材,國家交響樂團也曾改編幾米繪本《森林裡的秘密》,用音符帶領觀眾進入幾米的幻想世界。國家交響樂團執行長邱瑗表示,往常策劃表演節目時,會先決定音樂再來構思表演形式。喜歡閱讀繪本的她,發現近年台灣本土繪本越來越精彩,便開始嘗試先尋找合適的童書,再尋覓配樂,甚至是請作曲家為書籍量身打造曲目。

例如邀請作曲家陳廷銓為插畫家林小杯的繪本《喀噠喀噠喀噠》譜寫同名曲子,並邀請林小杯在「小童心大世界」音樂會登台朗讀自己的作品。今年4月義大利波隆那插畫展,陳廷銓特別將《喀噠喀噠喀噠》改編為單簧管與低音管的二重奏版本,搭配繪本朗讀,以聽覺與視覺為台灣館揭開序幕。

國家交響樂團也曾請來插畫家何耘之在舞台上即興投影作畫。當年的4場表演,何耘之每場都用不同的媒材作畫,利用海綿、玩具車輪等即席創作,透過繪畫來表現韋瓦第《四季》協奏曲的〈春〉,並於每場表演後將作品置放於大廳,提供小朋友自由想像。

邱瑗喜歡閱讀繪本的習慣感染了樂團成員,大家會留意坊間兒童文學的評論,蒐集適合表演的童書,每年選出三到四本繪本,搭配各種表演形式,持續開啟繪本與音樂的無限想像。

VR體驗,讓繪本想像成真

繪本除了閱讀空間的營造、聆賞繪本與音樂戲劇的結合之外,有沒有可能讓讀者直接進入作品裡?

長期耕耘幾米品牌的墨策國際,不斷嘗試將幾米作品跨界轉化,如電影、動畫、舞台劇,或是台北捷運南港站月台裡的大型壁畫、宜蘭車站旁的「幸福轉運站」,都將幾米繪本裡的場景或角色變身為大型的裝置藝術,讓幾米創造的想像空間走入人們的真實世界。

去年墨策國際與HTC及壹動畫合作,將幾米繪本作品《我的世界都是你》與VR(virtual reality,虛擬實境)結合,讓原本平面的繪本,變成360度的虛擬實境。

《我的世界都是你》講述一位失去心愛小狗的小女孩,因為思念小狗而在自家歇業旅館的各個房間裡穿梭,試圖尋找她與小黑狗的回憶,從中偶遇許多角色,逐漸接受小黑狗的離去,重新面對失落,最終開心地擁有回憶。

戴上VR裝置,繪本裡精緻的插圖、充滿想像的空間立刻出現在眼前。此次推出4集內容,分別有講述釋懷的〈園丁與胖胖樹〉、表達珍惜的〈怪獸與電視機〉,以及詮釋重新開始的〈搬運工與鋼琴〉,最後用〈流浪女人的回憶〉來選擇遺忘。讓觀眾跟著繪本裡的小女孩,優游在不同的場景裡,例如進入綠意盎然的房間,由玩家協助園丁為胖胖樹澆水,畫面裡小女孩坐在長大的胖胖樹上,觀眾則藉由VR手桿和胖胖樹玩傳接球遊戲。

或是隨著小女孩坐在船上,與流浪的女人一同飄蕩在黑暗大海,VR的手桿化身手電筒,隨著手電筒照射,虛擬影像中的場景便隨之亮起,引領著玩家一起進入流浪女人的回憶裡,最後航行到海中央,置身四周都是氣球的繽紛世界,一輪彎月從海裡竄出,小女孩與小黑狗開心地揮手告別。

繪本是平面的圖像,而在VR的體驗裡,「必須將繪本裡的故事作延伸,並提供360度場景,畫面必須細膩,否則很容易就看出破綻。」墨策國際總經理李雨珊說,這對製作團隊是極大的挑戰,角色的身高、怪獸毛的紋路、玩家與畫面人物互動時的樣子等,必須從幾米的平面插圖中,找出各種角度來揣摩。將繪本與VR結合,不僅須兼顧娛樂性、互動性,更重要的是保有幾米想傳達的創作精神。製作團隊的用心,就連幾米本人都忍不住想伸手觸摸VR畫面裡的小女孩,與她說說話。

目前「幾米繪本VR新視界」已在2016年德國法蘭克福書展亮相;台北的三創園區與宜蘭的幸福轉運站,也都設有體驗專區,獲得許多正面評價,拉近了幾米作品與民眾的距離。未來還將在中國大陸武漢設置大型展覽空間,不僅展示幾米畫作,還規劃打造繪本裡旅館房間的場景,營造更有氛圍的VR體驗。

帶著繪本創造的想像走入生活,虛與實的界線已然模糊,而那想像的威力早已穿透一切。

相關文章

近期文章

EN 日本語

Jumping off the Page: Picture Book Transformations

Chen Chun-fang /photos courtesy of Jimmy Lin /tr. by Jonathan Barnard

Illustrators draw on their rich stores of creativity to design exuberantly colorful picture books. Today these illustrations are jumping off the page to enter the real world through emotively vocal readings, props that parents and children can play with together, or stage readings accompanied by orchestral performances. These transdisciplinary mashups are putting a new spin on experiencing the childlike world of picture books, in ways that can warm the hearts of old and young alike.


A tranquil shop occupies a corner location in East Tai­pei’s bustling commercial district. But rather than selling the latest fashionable items, its racks are full of colorful picture books. When people enter this youthful and fun space, they leave their worries behind them.

Conveying an intangible treasure

This is Shi­ma­risu Picture Books, which was opened in 2010 by Ted Ha­ya­shi. His rationale for selecting the neighborhood was not to maximize profit, but rather because “Tokyo’s ­Ginza, New York’s Manhattan and other ritzy areas of international cities all have stores specializing in illustrated books.” Bustling Tai­pei ought to have its own stylish children’s bookstore, he thought.   

Not long after Shi­ma­risu opened, Ha­ya­shi organized its first book reading. Although the activity was held with little fanfare, it surprisingly attracted six families. That greatly boosted his confidence, and over the years he has added a 0‡1 infant class, “English Funtime,” a children’s illustration workshop, and a “secret base for stories” class. Nowadays, participants need to register a month ahead of time.

Hayashi’s decision to open an illustrated books shop is connected to his childhood. He recalls how his grandmother would recount folktales and his mother would take the time to read bedside stories to him. When he was six, he received two picture books that a friend of his parents brought back from the United States. The rich illustrations spurred Ha­ya­shi’s imagination. For a long period, he would read those two books over and over, utterly captivated.

From his deeply felt experience with the charms of picture books, as well as an irreplaceable sense of intimacy with the members of his family that grew out of books and storytelling, he has steered Shi­ma­risu toward increasing parent‡child activities and cultivating children’s reading habits.

Apart from the operations of the store, some years ago, in the wake of the floods caused by Typhoon Mo­ra­kot in August 2009, he volunteered for a service mission to affected Aboriginal villages. Out of that experience came Ha­ya­shi’s plan to read stories in kindergartens nationwide. Although resources and compassion were pouring into the devastated areas from across Taiwan, there wasn’t a strong reading ethos in the tribal villages, so donated books were just stacked idly in warehouses. That pained him. Consequently, he worked with nonprofit kindergartens from various places and brought his employees to tell stories to the children and promote picture books. Ha­ya­shi grew up mostly in Japan and his Mandarin is weak, so he used Taiwanese to read the books. Sometimes, they would dress up as Santas. Seeing the children’s rapt attention and sense of expectation, he understood that he was planting seeds of reading, which would germinate in them.

Listen! Illustrations are singing

When the National Symphony Orchestra played Handel’s “The Arrival of the Queen of Sheba,” they projected onto the stage’s backdrop The New Clothes of the King of Yasi. The author of the book’s text, Liu Qing­yan, read aloud up on stage. The majestic symphony sounded to accompany the bright illustrations, leading everyone to enter the world of beetles as explored by Yasi, who has Asperger’s.

The “My Little Big World” concert was held in April of this year as part of the NSO’s longstanding Kids’ Concert Series, which has since 2003 integrated music and art, hoping to spark children’s aesthetic sensibilities. 

When the concert series was first established, the orchestra looked for a performance repertoire from within the Western classical tradition. Peter and the Wolf is a famous symphonic fairytale that uses a flute to represent a bird and a French horn to represent the wolf. Percussion is used to signify gunfire. The music and narration create an alternately tense and joyous atmosphere. It is a classic among musical performances oriented toward children.

Joyce ­Chiou, executive director of the NSO, explains that back when they originally started planning this program, they would first decide on the music and then plan and structure the narrative elements. A fan of picture books, she has discovered that Taiwan is producing illustrated books of ever higher quality, so the NSO has started looking for suitable art first and then looking for music to match. They have even asked composers to write music for the illustrations. 

For instance, they invited composer Chen Ting-­chuan to create music for Bei Lynn’s picture book Granny’s Favorite Toy, and they asked Lynn herself to get up on stage at the concert and read from her book.

The NSO also once invited the illustrator He Yun­zhi to paint during performances, with a feed of her works-in-progress projected on stage. At the four concerts she joined that year, she used different media and materials, such as sea sponges, toy car wheels and other improvised materials, to convey the spirit behind “Spring” in Vivaldi’s The Four Seasons.

Chiou’s enthusiasm for picture books has infected other members of the NSO. Everybody pays attention to the latest children’s books to hit the market, so that they can collect the ones that are suitable for performances. From these, three of four are selected to match performances of various kinds, as the NSO continues to imagine boundless new possibilities for blending picture books with music.

Picture books to virtual reality

Jimmy SPA Plus Co., Ltd. has long been working on transforming Jimmy Liao’s books by crossing disciplines—such as by turning them into movies and plays. In a similar vein, take the huge mural at the Nan­gang MRT station in Tai­pei or the “Happy Station” at Yi­lan’s train station. Both have turned scenes and characters from Jimmy’s books into large-scale installations, bringing a picture book’s imaginative flights of fancy into the reality of everyday life.

Last year smartphone maker HTC and Next Animation Studio collaborated to bring virtual reality to Jimmy’s book All My World Is You, moving what had existed on the two-dimensional surface of the page to the three dimensions of VR.

All My World Is You tells the story of a little girl who loses a puppy she loves dearly. Missing the puppy, she traipses through the rooms of an abandoned hotel formerly run by her family, trying to find memories of herself and the dog. Many different characters wander into the drama as she gradually accepts the little black dog’s death, eventually happily embracing her memories.

With a VR headset strapped on, the vivid illustrations from the book are turned before one’s eyes into imaginative three-dimensional spaces. This time one could choose among four separate segments spun off from the book: “The Gardener and the Big Fat Tree,” which discusses the idea of letting go; “The Monster and the Television, which expresses the value of cherishment; “The Mover and the Piano,” which interprets the importance of making new starts; and finally “The Wandering Woman’s Reminiscences,” which delves into forgetting.

As the little girl sits with a wandering woman on a boat being buffeted about by the dark sea, the VR controller becomes a flashlight that illuminates wherever the hand moves, lighting up the virtual scene and leading the players into the wandering woman’s memories. Eventually she ends up out in the middle of the sea, surrounded by colorful balloons as the crescent moon emerges from the water and the girl and the little dog happily wave goodbye.

Illustrated books are two-dimensional media, and to be experienced in VR, “You’ve got to extend the book’s story and provide 360-degree scenes,” says Lee Yu­san, general manager of Jimmy SPA. “The graphics must be very detailed. Otherwise it’s easy to spot the flaws.” When you combine one of Jimmy’s picture books with VR, you not only have to create something entertaining and interactive, but it’s even more important that you produce something that conveys the original creative spirit of Jimmy’s illustrations.

HTC Vive’s VR experience “Jimmy Liao’s All of My World Is You” was a hit at the Frankfurt Book Fair 2016, and areas have been establised at both Tai­pei’s Syntrend Creative Park and Yi­lan’s Happy Station for people to try it out, breaking down the distance between Jimmy’s work and the public.

As the creative imagination found in these illustrations is brought to life, the lines between the real and the imaginary start to blur, and the power of imagination pierces everything.

絵本から跳び出し 虚と実を越えた広い世界へ

文・陳群芳 写真・林格立 翻訳・山口 雪菜

イラストレーターは豊かな発想で色とりどりの美しい絵を描き出すが、それが今は紙の世界を抜け出し、リアルな世界へと進出してきた。生き生きとした物語の朗読や、特製の道具を利用した親子活動、さらにはオーケストラとの合作などを通して、舞台に立つようになった。絵本はもはや子供だけのためのものではなくなり、異業種との協力関係を持つことで、新たな世界へと展開し、大人と子供を楽しませている。


台北市のにぎやかなショッピングエリアである東区の静かな路地の一角に、周囲とは異なる雰囲気の空間がある。棚には色とりどりの絵本が並び、人々の心を落ち着かせてくれる。

無形の宝を収蔵

ここは2010年に林忠正が設立した「花栗鼠絵本館」である。地価の高い東区を選んだのはビジネスを考慮してではない。「銀座やマンハッタンにも絵本専門店があるのです」と言う。にぎやかな台北にも、独特のスタイルの児童書店があるべきだと考えた。

花栗鼠絵本館をオープンして間もなく、林忠正は読書会を開いた。何の宣伝もしなかったが6組の親子が集まってくれ、自信を持つことができた。以来「0~1歳」「英語で遊ぶ」「幼児絵本ワークショップ」「物語の秘密基地」といったカリキュラムを開き、今では参加希望者も1か月待ちの盛況だ。

日本で生まれた林忠正は、幼い頃に一時台湾に戻って祖父母と暮らしたが、その後は日本で学校に通い、仕事もしていた。後に自分の子供に台湾文化を学ばせようと台湾に戻ってきた。絵本館を開こうと思ったのは、幼い頃の経験からだ。祖母が民間の言い伝えを話してくれ、母も就寝時にお話をしてくれた。6歳の時に親の友人がアメリカから持ってきた2冊の絵本を手にした。その美しい絵が彼の想像力を豊かにし、夢中になって幾度も読み返した。

絵本の魅力と家族の温もりが重なり、親子の触れ合いを増やして子供に読書習慣を持たせたいというのが花栗鼠絵本館の目標となった。絵本館では親が子供に絵本を読み聞かせる姿がよく見られる。

夏休みになるといつも3人の兄弟姉妹が花栗鼠絵本館にやってきて館内で遊んでいた。これに気付いた林忠正が観察したところ、子供たちの母親は付近で屋台をやっていて、子供たちは夏休みで行くところがないので花栗鼠絵本館に遊びに来ることがわかった。そこで林忠正は、館員にその子供たちに絵本の読み聞かせをするように指示したところ、翌年からは館内でおとなしく絵本を読む3人の姿が見られるようになったという。

2009年の八八水害で被災した集落にボランティアに行ったとき、林忠正は全台湾の幼稚園における読み聞かせの計画を考え始めた。当時、全国から支援と応援が被災地に届いていたが、僻遠の集落では読書の習慣が育っておらず、送られてきた本も倉庫に積まれていた。そこで彼は各地の非営利幼稚園と連携し、仲間とともに絵本の読み聞かせ活動を開始した。中国語が上手ではない林忠正は台湾語で朗読しており、子供たちの中に読書の魅力が浸透しつつあると手ごたえを感じている。

花栗鼠絵本館の評判が広がってメディアに紹介されると、日本や香港、マレーシアなどから旅行者も訪ねてくるようになった。林忠正もこうした機会をとらえて絵本講座を開き、台湾の絵本を外国人に紹介して国際交流に一役買っている。

絵本が歌う

国立交響楽団によるヘンデル「シバの女王の到着」の演奏が始まると、ステージのスクリーンには絵本『亜斯的国王新衣(アス王の新しい衣)』の絵が映し出される。原作者の劉清彦が舞台に立ち、物語を朗読する。迫力のあるオーケストラの演奏と、美しい絵が共鳴し、アスペルガー症候群の主人公「アス」が昆虫に夢中になる物語に引き込まれていく。

これは今年4月に、国立音楽ホールで開催された「永遠の童話」シリーズのコンサートである。国立交響楽団は2003年から音楽と演劇、絵本などの素材を組み合わせた「永遠の童話」シリーズを開催している。

このシリーズのコンサートを始めた頃、楽団は西洋のクラシック音楽の中からふさわしい曲目を選んでいた。「ピーターと狼」ではフルートで鳥の声、ホルンで狼の声を表現し、緊張感のある物語を演出して好評を博した。

西洋の題材だけでなく、台湾の著名絵本作家であるジミー・リャオ(幾米)の絵本『森のなかの秘密』をテーマにしたこともある。国立交響楽団の邱瑗・執行長によると、子供向けのプログラムを企画する際には、まず音楽を決めてから演出形式を決めていた。自らも絵本が好きな彼女は、台湾でも非常に優れた絵本が作られるようになったと感じ、まずふさわしい絵本を探し、それに音楽を合わせていくという形に変えた。時には作曲家に依頼して、絵本にあった曲を作ることもある。

例えば、作曲家の陳廷銓には、林小杯の絵本『喀噠喀噠喀噠(おばあさんのミシン)』に合わせて同名の曲の作曲を依頼し、林小杯がコンサートで作品を朗読した。今年4月に開かれたボローニャ児童図書展では、陳廷銓はこの作品をクラリネットとファゴットの二重奏にアレンジしなおし、絵本の朗読と合わせて台湾館のオープニングイベントとした。

国立交響楽団はさらに、イラストレーターの何耘之を招いて、即興でイラストを投影してもらったこともある。同年の4回のコンサートで、何耘之はスポンジや玩具の車輪など毎回異なる素材を用いて即興で絵を描き、絵画を通してヴィバルディの「春」を表現した。

邱瑗の絵本を読む習慣は他の楽団員にも広がり、皆が書評などに注意してコンサートにふさわしい児童書を探すようになった。こうして年に3~4冊の絵本を選び、さまざまな表現方式を用いて絵本と音楽の無限の可能性を探っている。

バーチャルリアリティ

絵本を楽しむ空間づくりや、音楽や舞台とのコラボレーションの他に、読者を絵本の世界に導くにはどのような方法があるのだろう。

長年に渡ってジミー・リャオのブランド運営に携わっている墨策国際(Jimmy SPA)はジミーの作品の異業種展開を試みている。映画や舞台、台北MRT南港駅の壁画の他、宜蘭駅横の「幸福転運站」にはジミーの描いたシーンやキャラクターが展示され、リアルな形でその世界に触れられる。

昨年、Jimmy SPAはHTCおよび壹動画(ネクスト・アニメーション)とともにジミーの絵本『我的世界都是你(私の世界はあなたでいっぱい)』をバーチャルリアリティ(VR)に転換し、絵本を立体にした。

この作品は、愛する犬を亡くした少女が、かつて家族が経営していたホテルの部屋を一つ一つ訪ねながら犬との思い出を探す物語だ。その間にさまざまなキャラクターと出会い、少しずつ犬との別れと向き合い、最後にはそれを思い出として受け入れるという物語である。

VR用のゴーグルをつけると、繊細な絵本の世界が目の前に広がる。現在は4つの物語が作られている。心を開放する「庭師と太っちょの木」、何かを大切に思う気持ちを表す「怪獣とテレビ」、新たな始まりを示唆する「運搬員とピアノ」、そして忘却を選ぶ「さすらう女と記憶」である。ユーザーは絵本の中の少女になり、さまざまなシーンを進んでいく。

例えば少女はさすらう女とともに船に乗り、真っ暗な海に漂う。手に持ったVRコントローラーは懐中電灯になり、その光とともにさすらう女の記憶の中に入っていく。最後に海の真ん中まで行くと、辺りは色とりどりのバルーンに包まれ、水平線から三日月が上り、少女は手を振って犬に別れを告げる。

平面の絵本の世界をVR化するのは容易なことではない。「まず物語は絵本とつながっていなければなりません。また360度のシーンを展開するために絵は非常に繊細に描かなければ、欠点が見えてしまいます」とJimmy SPAの李雨珊・総経理は言う。各キャラクターの身長や怪獣の毛の流れ、インタラクティブな動きなど、さまざまな細部を考慮する必要があった。絵本のVR化に当たっては、娯楽性がありインタラクティブであり、なおかつジミーの創作精神が伝わらなければならないのである。製作スタッフの努力の末、ジミー本人もVRの中に出てくる少女に手を伸ばし、話しかけたいと思ったほどだという。

こうして完成した「ジミー絵本VR新視界」は2016年、フランクフルトのブックフェアで発表され、台北のSyntrend三創生活園区と宜蘭の幸福転運站でも体験できる。これが高く評価され、ジミーの作品と人々との距離も縮まった。今後は中国大陸・武漢にジミーの作品が展示され、またホテルの客室にもジミーの世界を取り入れる計画が進んでいる。

絵本に描かれた想像の世界を暮らしに取り入れれば、虚構と現実の境があいまいになり、イマジネーションが無限に広がっていく。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!