捷運穿梭

編織都市傳說
:::

2017 / 4月

文‧龍珮寧 圖‧林旻萱 翻譯‧Jonathan Barnard


有別於高鐵、火車縱貫南北景致,便捷而快速的捷運在都會叢林裡快速穿梭。轉眼間,乘客就能從古蹟淡水紅毛城到熱鬧現代的東區商圈和台北101,從貓空茶鄉直至遼闊無盡的淡水出海口,無礙地在山海、新舊間穿梭。


「每個城市的都市傳說,故事背景總是在地鐵發生。」文化部政務次長楊子葆表示。熙熙攘攘,聚集人潮的地鐵往往也是故事的起點,讓光怪陸離的鄉野奇譚得以發生。

曾任職巴黎公共運輸局工程師的楊子葆憶起每年都舉辦的傳統活動。他說,每每在3月31日夜半,一等收班,就和一群年輕工程師,將地鐵變成一座大型遊樂場,恣意地將所有的站名調換。待天明,幾位工程師就好整以暇地潛伏在月台上,看著乘客一臉迷茫,以為錯過站點而後恍然大悟的神情,開心地欣賞獻給乘客們的「愚人節」大禮。

然而,年輕工程師的興高采烈,看在幾位資深前輩眼裡,如此的把戲根本不值一提。原來自1996年後,法國地鐵站台開始設有公共藝術,站名標誌不再是乘客判斷目的地的唯一標的。

有形的公共藝術 浸潤於無形的心靈

風格迥異的公共藝術、窗外的風光,都成為乘客分辨站別的文化座標。台北捷運開通至今逾20年,以褐、紅、綠、黃、藍等色,組成路線網連接台北市與新北市,各線更擁有獨自的特色。

台北捷運公共藝術作品中吸引最多人次駐足的是「台北101世貿站」的「相遇時刻」。

由新銳藝術家黃心健所設計的作品,以10x10矩陣組合成100塊立方體,採用早期車站內出現的「翻牌式時刻表」的機械裝置翻轉。每每翻動,就會看到由不同身分、年齡、性別、種族的臉部組成的臉孔,而後再一片片共同組合成一張人臉肖像,傳遞人們相遇那一刻情感的渲染。猶如作品說明中所寫:「旅客的行走,翻動了書頁,在人心中產生無限的、屬於台灣的相遇故事。」

作品一翻動,就有旅客好奇的站在作品前,期待欣賞每塊翻轉出來的新面孔,喚起自己與他人的相遇時刻。

位於同一條捷運線上,不到10分鐘便抵達有著「都市之肺」之稱的大安森林公園。大安森林公園站的公共藝術作品「大安—漫‧森‧活」,包括大安之花、秋葉旅人、春光乍現、四季等展現自然生活原味,去年曾入圍文化部第五屆公共藝術卓越獎。

曾獲建築師雜誌特別獎的捷運劍潭站以現代手法呈現龍舟造型,猶如吊橋的造型,讓人憶起早期士林吊橋的舊記憶,因造型獨特,去年也獲美國網站Thrillist公布為全球10大最酷車站之一。

站點距離短 蛻變歷史悠長

探索捷運公共藝術就好像發現新事物般的快樂,站與站之間可以暢遊大台北地區。曾獲「不老文青獎」的自由作家水瓶子喜歡搭捷運,原因無它,就是「便捷」。

長期投入文化導覽的水瓶子。善於運用捷運規畫主題式行程,透過今昔地圖對比,鑑古知今。

對舊記憶的著迷,是水瓶子有感於小時候自由玩耍的信義區,下雨過後,拿著木板划水的景象、誘惑貓咪跳到水裡抓魚的那一幕,都已被一幢幢現代化建築取代。因此,今日更著眼於「老」事物,將有歷史記憶的老屋子、老店、傳統小吃等介紹給大眾,不希望生活記憶消失殆盡。

在城市間旅行,捷運從這裡到那兒,串連的不僅是二個點的距離,而是歷史與文化。足跡踏過許多城市的水瓶子,常漫無目的地在城市中散步,尋找那個熟悉卻陌生的味道,即使在台北也是如此,藉由捷運抵達一個地方,開始探尋這巷弄的身分,用感官揭開蛻變的面紗。

以「民權西路站」為例,舊稱「敕使街道」是今日的中山北路,從日據時代穿越美援時代,二戰後來訪的外賓,都曾在中山北路上昂揚,因此也稱為「外交大道」。隨著台美斷交,今日則是東南亞居民假日聚集慰藉鄉愁的地方,因而也帶來另一番景象。又名「婚紗街」的中山北路上婚紗店林立,楓香、樟樹高聳在人行道上,為充滿異國風味的中山北路妝點綠意,為幸福添色。

新工具舊時光 盡攬山海丰姿

搭乘捷運對水瓶子而言,就像是進入一台時光機,藉由嶄新的交通工具,返回舊的歷史時光。淡水信義線是水瓶子最愛的捷運路線,乘坐時,腦海裡浮現的是過去淡水線鐵道的印象。

沿著捷運徒步到大同大學後方的撫順街41巷,看著捷運從地底下衝出來的那一剎那,就好像「飛啊、飛啊、小飛俠」。

水瓶子著有《台北捷運散步手帖(紅線)》,分享他的獨家散步路線圖。除紅線外,水瓶子也喜歡搭乘文湖線。

不同於多數捷運隱身地底,文湖線幾乎是高架設施,只有大直站和松山機場站是地下化,整條路線不僅可以到動物園,也能連接到貓空纜車。捷運準備進入「松山機場站」前,還能從窗內看到飛機起降,經過大湖公園時則能欣賞到聞名海外的錦帶橋。

5條主幹線、2條支線所共同組成的台北捷運,沿線景致,也成為楊子葆時常向國外訪賓推薦快速了解台北的行程。尤其貫穿大台北南北、全長23.2公里的淡水信義線,是他最愛搭乘的路線之一。

從台北車站出發,原本還在地底下的捷運一穿過民權西路站,便從黑暗的地底彷彿騰躍而出,來到平面高架,沿途有基隆河、淡水河的風光,來到關渡站後便是淡水河潮汐出海口,遠方也有觀音山,山海風光盡收眼底,心情舒坦。若有餘暇,楊子葆也推薦文湖線,穿梭在高樓大廈間的軌道,讓乘客的感受與觀賞景色皆不同,如大直摩天輪、台北松山機場、101大樓等。

翻開捷運史,捷運的問世,實是來自一幅漫畫插圖。當時英國城市塞車嚴重。為了嘲諷令人苦不堪言的塞車,英國漫畫家畫下一幅插畫,為了擺脫車潮,一個人被塞在噴射管中,按下按鈕,就宛如噴射彈般噴出,即刻飛越街道,抵達目的地。

有人看了哈哈大笑,嘲笑漫畫裡的異想天開,而工程師則把夢想化為現實,讓車軌飛上天、鑽進地,成就了如今的捷運系統。那幅「跳躍」的插圖景象,至今烙印在楊子葆的腦海,也成為他為捷運所下的關鍵詞。

「若說高鐵讓人充滿夢想,捷運空間則讓人們回到現實。」捷運站與站間不過近三分鐘的車程,讓忙碌的人們無暇作夢,緊湊的節奏,讓人才剛準備發夢,就得隨時下車,走入現實。

捷運編織「移動的盛宴」

著有《世界經典捷運建築》、《捷運公共藝術拼圖》、《藝術進站:捷運公共藝術》等著作的楊子葆,談到捷運時,猶如勾起他埋在心底工程師的靈魂,而言談間卻充滿文人氣息的慢,反差極大。

他說,捷運是目的性最強的公共運輸工具,都是為了讓人們順利前往目的地。乘客們為了迅速前往,根本無暇停下腳步,感受周遭的一切。「從『使用』交通工具,我們應該開始進化到『享受』交通工具,在加速與減速間,感受不同節奏。」楊子葆說。

有感於法國詩人波德萊爾(Charles Baudelaire)曾說「城市面貌變得比人心還快」,他建議應打開我們身體感官的每一細胞,盡可能欣賞。

川流不止的捷運車站,時刻都發生相遇的故事,使用這項新的交通工具,盡情穿梭在城市裡,浸潤在公共藝術殿堂內,遨遊於山海變化間,讓人們在短短數分鐘間創造屬於自己的「都市傳說」。                                                         

相關文章

近期文章

EN 日本語

Weaving urban legends —the Taipei MeTro

Lung Pei-ning /photos courtesy of Lin Min-hsuan /tr. by Jonathan Barnard

Unlike the high-speed rail or regular trains, which enable travel throughout Taiwan, mass rapid transit (MRT) systems are most useful for journeys within dense metropolitan areas. It doesn’t take long to get from historic Fort San Domingo in Tam­sui to Tai­pei 101 on the bustling east side of Tai­pei City, or from the hillside tea gardens of Mao­kong to the open expanses of water at the mouth of the Dan­shui River. On the Tai­pei Metro, you move rapidly from the mountains to the sea, from the historic to the modern.


“The urban legends of cities so often feature subway systems as a background,” says ROC deputy minister of culture Pierre Yang, who was once an engineer for the Parisian public transportation system operator RATP. After the last trains ran on the night of March 31, young engineers would often switch the station signs. The next day they would enjoy the sight of panicked passengers, who believed that they had missed their stop. It was a twisted gift to riders on April Fools’ Day.

Yet, in the view of their senior colleagues, the prank wasn’t worth the effort. Ever since 1996 French subway stations have featured public art, so the stations are no longer recognized simply by their geographical names.

Art fosters spirit

Distinctive public art and outside scenery both provide a means for passengers to recognize stations. The Moment We Meet, a work of public art at the Tai­pei 101 metro station, is the most arresting public artwork in the MRT system.

Created by the cutting-edge artist ­Huang Hsin-­chien, the work features a 10 x 10 grid of split-flap displays of the type that were long used in airports and train stations to announce expected arrival and departure times. The difference is that in ­Huang’s work the split flaps, rather than supplying different numbers, hold facial features of people of different ages, genders, and ethnicities, and they regularly flip to show a new face. The caption to the work reads: “Travelers’ journeys, like the flipped pages of a book, produce in people’s hearts and minds countless stories of encounters that belong to Taiwan.

On the same metro line, less than ten minutes away in Da’an Park—“the lungs of the city”—the public artwork Da’an: Slow Forest Life (which in Chinese sounds similar to “slow living”) expresses the original natural character of the area. It was nominated by the Ministry of Culture for a Public Arts Award.

The Jian­tan MRT station, which once won a special prize from Taiwan Architect magazine for its modern design inspired by a dragon boat, resembles a suspension bridge. Its unique appearance prompted Thrillist to call it one of the world’s ten coolest rail stations.

Exploring the public art of mass-transit systems is full of the joy of discovery. The convenience of getting on and off trains wherever one pleases makes it easy to explore the city one MRT stop at a time. The freelance writer Archer, who in Chinese goes by the name Shui Pingzi (“Water Bottle”), enjoys riding the MRT for no other purpose than… riding the MRT.

Corridors of history

Archer is good at using the MRT for thematic trips, such as explorations of the city’s past and present via juxtapositions of old and new maps.

Captivated by old things and history, he used to play freely as a child in the then semi-rural ­Xinyi District of Tai­pei, an area that has now been entirely transformed by gleaming modern buildings. Consequently, Archer now keeps his eye out for old things, hoping to keep the memories that they hold from disappearing forever.

Having boarded mass transit systems to connect to history and culture in many cities, he uses them as launching pads to aimless wandering, as he searches for a taste of things at once familiar and novel. And it’s no different when he’s home in Tai­pei, where he often takes the metro to a neighborhood, before exploring its lanes and alleys and using his senses to unveil its secrets.

Take, for instance, the area around the Min­quan West Road station: Today’s Zhong­shan North Road is the former Cho­ku­shi ­Kaidō (“Imperial Envoy Avenue”). From the Japanese colonial period through the era of American aid after World War II, important foreign visitors would inevitably visit or drive down it. Consequently, it was often called “Foreign Relations Boulevard.” But the United States and Taiwan have long since severed diplomatic relations, and in recent years the stretch of Zhong­shan North Road near Min­quan West Road has become a gathering spot for immigrants and guest workers from Southeast Asia, who come to relieve homesickness. They have given the area a new atmosphere. Known as well for its many bridal shops, the road is lined with maples and camphor trees, which lend it a delightfully exotic air. 

A new tool to explore the city’s past

For Archer, riding the metro is like entering a time machine. He rides this newfangled means of transportation to explore the city’s history. When he takes his favorite Red Line (the Tam­sui‡­Xinyi Line) memories of the old Tam­sui train line float into his mind.

Archer’s favorite walking destination on this MRT-­enabled trip is to Alley 41 of Fu­shun Street. Seen from this vantage point, the moment when a metro train bursts out from the underground tunnel is like a scene from the Japanese cartoon Science Ninja Team Gatchaman.

Aside from the Red Line, Archer also enjoys riding the Brown Line (the Wenhu Line). From one end to the other, the line holds many attractions. At its southern terminus, travelers can visit the zoo or ride the Maokong cable car. Around the middle of the line’s route, they can see ­airplanes ­landing or taking off at Song­shan Airport. And when the train passes Dahu Park, they can catch views of Moon Bridge, which is famous both in Taiwan and abroad.

Pierre Yang, too, often advises foreign visitors to take in the scenery along the Red Line toward Tamsui.

Once the Red Line passes the Min­quan West Road station, it emerges from underground to a viaduct over the floodplain, offering beautiful views of the Kee­lung and Dan­shui rivers. Distant views of Mt. Guan­yin and the ocean also come into sight. It’s very pleasant. If visitors have more time, Yang suggests they also ride the Brown Line, which evokes an altogether different feeling as it moves along a track among high-rise buildings.

Subway systems’ origins date back to an old British peri­od­ical. Humorously commenting on the congestion that plagued British cities, one cartoonist envisioned a tube into which people would be stuffed before a button would be pressed and they would “jump” through the street grid to their destination.

That bit of whimsy inspired people’s imaginations, and engineers turned fancy into reality, putting tracks into the air or underground. Today that image of a tube-enabled “jump” is fixed in Yang’s mind. The word is a key to his approach to the subway.

“If you say that the high-speed rail fills people with dreams, MRT spaces bring people back to reality.” There are mere minutes or tens of seconds between stations, leaving busy urban people with no time to dream. Just when you are about to go off into a daydream, the tight schedule brings you back to the present. 

A moveable feast

Yang says that subway systems are the mass-­transit tool with the greatest sense of purpose. Passengers simply lack the time to stop and take in what is around them. But, he pleads, “From a ‘useful’ transportation tool, we ought to push it toward becoming an ‘enjoyable’ one, where we sense the changing rhythms as trains speed up and slow down.” The French poet Charles Baudelaire once wrote, “The form of a city changes faster, alas! than a mortal’s heart.” Yang urges people to open their senses to enjoy the MRT as much as possible.

At any moment, as people come and go, a metro station can engender stories of human encounters. The design of a station and the placement of public art within it can create a special character, allowing people to produce their own “urban legends” in just a short few minutes there.                                                         

MRTで都市を移動 ——自分だけの 「都市伝説」をつくる

文・龍珮寧 写真・林旻萱 翻訳・山口 雪菜

台湾の南と北をつなぐ高速鉄道(台湾新幹線)や在来線の縦貫線とは違い、都市部を走る便利で速いMRT(マス・ラピッド・トランジット)は都会のビル群の間を走り抜ける。淡水の紅毛城から最先端の台北東区ショッピングエリアや台北101まで、茶畑が広がる猫空から広大な景色が広がる淡水河の河口まで、台北MRTは海と山、古いものと新しいものの間を、瞬く間に移動していく。


「すべての都市に、地下鉄を舞台とした都市伝説があります」と話すのは文化部政務次官の楊子葆である。多くの人が絶え間なく乗り降りする地下鉄は、不思議な物語の起点となる。

パリの公共運輸局に技術者として勤めたことのある楊子٨٦は、パリの伝統的なイベントを思い出す。毎年3月31日の夜、公共運輸局の若い技術者たちは地下鉄駅の駅名プレートを他の駅のものと入れ替える。そして始発の時間になるとホームに潜み、乗客たちが驚く顔を見て楽しむ。これはエイプリルフールのいたずらなのである。

だが、こんないたずらは大したことはないと言う人もいる。1996年以降、フランスの地下鉄にはパブリックアートが設置され、それが各駅のシンボルになっているからだ。

地下鉄のパブリックアート

乗客は各駅それぞれのパブリックアートや車窓の景色で駅を識別する。台北MRTは開通20年を迎え、オレンジ、赤、緑、黄色、青などの各路線が台北市と新北市を縦横に走っている。

台北MRTのパブリックアートの中で、最も多くの人が足を止めるのは「台北101世貿駅」の「相遇時刻(出会いの時)」であろう。

これは新鋭アーティスト黄心健の作品で、縦横10枚ずつ、合計100枚の写真がパタパタとめくれていき、年齢や性別、エスニックの異なるさまざまな人の顔のパーツが組み合わさって一枚の顔写真が現れるというものだ。作品説明には「行き交う旅客がページをめくり、心の中に、無限の、台湾に属する出会いの物語が生まれる」とある。

同じMRT信義線で10分もかからないところに「台北の肺」と呼ばれる大安森林公園がある。その大安森林公園駅のパブリックアート「大安-慢・森・活」は、大安の花、秋葉の旅人、春の光、四季などの自然の中の暮らしを表現したもので、昨年、文化部主催の第5回公共芸術卓越賞を受賞した。

「建築師雑誌」の特別賞を受賞したMRT剣潭駅は、駅舎そのものがドラゴンボートや吊り橋をイメージした形で、そのユニークな造形から、昨年アメリカのサイトThrillistによる「世界のクールな駅舎」トップ10に選ばれた。

街の歴史に触れながら散策

台北MRTのパブリックアートを巡っていくと、次々と新たな発見があり、台北一帯を楽しく旅することができる。「不老文青賞」を受賞したフリーライターの水瓶子もMRTに乗るのが好きで、それは速くて便利だからだと言う。

文化ガイドの文章を多数書いている水瓶子は、地図の上で古今の変化を比較し、さまざまなテーマを定めたMRTの旅を提案している。

水瓶子は自分が幼い頃に遊んだ信義区の思い出が忘れられないと言う。当時、雨の後は木の板に乗って水の上を漕ぎ、猫が魚を捕ろうとして水に跳びこむ姿を見たりしたが、今そこには近代的なビルが並んでいる。だからこそ、今も残る古い家屋や古い商店、昔ながらの味などを紹介し、それらが消え去らないことを願っている。

MRTに乗れば目的地まで速く行けるが、それは二ヶ所の距離だけではなく、歴史や文化をもつなぐ。たくさんの都市を歩いてきた水瓶子は、何の目的も持たずに街を散策し、懐かしいような、それでいて見知らぬ匂いを探す。台北でも同じで、MRTのどこかの駅で降り、裏通りを散策し、自分の感覚でその街を解釈する。

例えば「民権西路駅」の場合、かつて「勅使街道」と呼ばれた今日の中山北路は、日本時代から米国の援助を受けていた時代を経て、国賓を迎える通りであったことから「外交大道」とも呼ばれてきた。米国との国交断絶後は、東南アジアからの移住者が集まる場となって景観が変わった。また「婚紗街」とも呼ばれ、結婚写真館が林立し、高い街路樹が美しく、エキゾチックな雰囲気に緑が映えて幸福を感じさせる。

新たな交通手段で古い時を訪ねる

水瓶子にとってMRTはタイムトンネルのようでもある。新しい交通手段を利用して歴史を訪ねることができるからである。水瓶子はMRT淡水信義線が好きで、これに乗ると昔の鉄道淡水線を思い出すと言う。

水瓶子は著書『台北捷運(MRT)散歩手帳(紅線)』の中でも、オリジナルの散歩ルートを読者に提供している。

他のMRTが地下を通るのと違い、文湖線は主に高架線を走り、大直駅から松山機場(空港)駅の間だけ地下にもぐる。この路線には動物園があり、猫空ゴンドラにも乗り換えられる。松山機場駅へと入る手前では飛行機の離着陸が見え、大湖公園駅を通過する際には海外でも知られている錦帯橋が見える。

台北MRTは5本の主幹線と2本の支線から成り、それぞれの沿線で異なる景観が楽しめるため、楊子葆は外国からの賓客に台北を理解してもらうための有効な手段としてMRTの旅を推薦している。特に台北市と新北市を南北につなぐ全長23.2キロの淡水信義線が気に入っていると言う。

台北駅を出発し、民権西路駅まで地下を通った後、車両は明るい地上へ出て高架線を走る。沿線には基隆河や淡水河が見え、関渡駅を過ぎると淡水河の河口の先に海が見えてくる。対岸には観音山を望み、山と海を同時に見渡せて気持ちも晴れ晴れする。余裕があれば文湖線も推薦する。ビルの間を通りぬけるルートからは、また全く異なる景観が楽しめ、大直の摩天楼や松山空港、台北101なども眺めることができる。

世界に地下鉄が生まれる発端となった漫画がある。かつて渋滞の深刻な英国で、ラッシュから逃れるために、人をチューブに押し込めてボタンを押すと、人が発射されて街を飛び越え、目的地に到着するという風刺漫画が描かれた。

その突拍子もないアイディアに多くの人が笑ったが、技術者たちは夢を現実のものとし、列車の軌道を地下に潜らせたり空中に持ち上げたりして今日の都市交通システムができたのである。楊子٨٦は、人が「飛び越える」イラストが今も頭の中に刻まれていると言う。

「高速鉄道が夢に満ちているとすれば、MRTの空間は人を現実に引き戻すものです」と言う。MRTの駅と駅の間は3分ほどの距離に過ぎず、乗客は夢を見る暇さえない。

MRTが織りなす「移動の宴」

『世界経典捷運建築(世界クラシックMRT建築)』『捷運公共芸術拼図(MRTパブリックアートパズル)』など、世界のMRTに関する多くの著書を出している楊子葆は、MRTは目的性の最も高い公共交通機関で、乗客を順調に目的地に送り届けることを目的としている。先を急ぐ乗客は、歩みを止めて周囲を見渡すことなどない。そこで「交通機関を『利用する』ところから一歩進んで、交通機関を『楽しむ』ことを始めるべきです。加速と減速の間の異なるリズムを感じてみてください」と楊子葆は言う。

楊子٨٦は、フランスの詩人シャルル・ボードレールの「都市の相貌は人の心より速くなった」という言葉を引き、私たちは感覚のすべての細胞を開き、感じるべきだと言う。

慌ただしく人々が行き交うMRTの駅、そこでは常に出会いの物語が生まれている。この新しい交通機関を利用して思いのままに都市を移動し、パブリックアートの世界に浸り、また山や海の景色を楽しめば、わずか数分の間に自分だけの「都市伝説」が生まれるのではないだろうか。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!