士林老街文藝復興 老屋X市集

:::

2015 / 11月

文‧李湘婷 圖‧林格立


喧囂的士林夜市旁,相對僻靜的大東路上有間郭家老厝,靜靜塵封超過60個年頭。

兩位年輕人嗅到了老味道,爬梳老宅故事,將歷史延伸至士林舊街,帶你走進老巷深處,俯拾皆是在地文史。

而後,舒喜巷文創市集進駐老厝,藝文展演也在老空間有了新詮釋,文創的氣息,賦予老屋新生命。


周末傍晚,觀光客人潮湧入士林夜市,華燈初上熱鬧喧囂。

有別於熙來攘往的夜市,東側大東路上一間由老屋翻修的泰式餐廳內院草坪上,二、三十位年輕職人進進出出,著手佈置起文創市集,這裡匯聚許多「小巷店家」,店家主人們年紀雖輕,卻都有著令人眷戀的老靈魂,他們堅持手作創作,親自為訪客們講述每件作品的溫暖故事。

要進到這個後院市集,必須先跨過三道門的距離。而這些年輕人為什麼要選擇如此隱僻的地方辦市集,得從所在的這間老厝說起。

老屋新生風華再現

百年老厝樓高三層,曾是日本殖民時代彰化銀行板橋支局長郭坤木的住家,其子為士林知名外科醫師及社會運動參與者郭琇琮。

隱身於曾經繁華的士林大正巴洛克老街,郭家老厝以日式仿德式工法興建,同時融入閩南式建築技法,至今外觀仍保存日據時代的黃磚外牆,以及泥塑洗石幾何圖形的外觀設計;房子各角落可發現台灣少見的景德鎮紅磚、進口馬賽克磚;墨綠色的裝飾磚及阿拉伯磚,對外窗框設計以日式木框為主,屋內卻有多樘哥德式窗門。百年前的一場華麗的變身,盡顯主人對於裝潢的講究,也為老屋注入了華麗風格。

二戰後台灣時局動盪,郭家老宅自此塵封60年。近年在餐廳業者的重新改造下,保存原有老建築的精隨,設計成為結合異國料理的文創展演空間,並入圍台北市都市更新處舉辦的「2015老屋新生大獎」票選活動。

混雜異趣且相得益彰的老空間,被喜歡老街慢城生活的黃飛霖看見。他回憶起第一次踏進這個三進式建築,「一進門先是餐廳,之後經過中庭天井,再進到內部庭院,讓我想起了2006年隨韓良露老師到泉州拍紀錄片時,也走過類似的空間,三進式的建築,閩南風格,特別的是,郭宅還混搭有德式、日式的建築細節。」

黃飛霖曾經是媒體人,沉迷於挖掘城市的老文化,走過日本許多古都巷弄,他總認為台北大稻埕、艋舺的舊城生活,有著不輸給日本的老城能量。因此看到這樣的郭家老厝,他當天回家就著手查閱史集資料,幾乎整晚沒睡,有種挖到寶的感覺,「當我看到郭琇琮與母親站在三樓露臺的歷史舊照,照片中他們看著自家前面的大片農田,那露臺的樣子到現在幾乎沒有改變,只是當年的農地如今已變成開發密集的夜市店家,感觸真的很深刻。」黃飛霖當晚就決定,要在這個地方做一些事,讓更多人也看見。

當初如何得知有這間老厝的存在?他表示,其實是從同樣有著老靈魂的朋友陳文偉口中得知,「去年底我帶他與一群朋友去看艋舺青山王祭的廟會,我說你讀文創系的,一定要看看有500人扛神轎出場的台灣祭典……,那次之後才知道他也喜歡老東西、老文化。」黃飛霖言談間充滿對於台北老城的熱情。

陳文偉說,「我們可能是個性古怪吧,才會去查古人的底細。」就讀國立臺北教育大學四年級,研究歷史老屋原本是他的課堂作業,認識這個老厝後,覺得可以和黃飛霖一起玩這個老空間,於是兩人從零元開始創業,成立文化品牌「舒喜巷」,開始構思老地方的文藝復興運動。

職人精神老街重現

三、四十年前紡織業興盛時期,士林區製作服飾的職人不少,如今已逐漸凋零。「我們覺得士林老街以及這個屋子的故事,就很像士林夜市的知名小吃大餅包小餅,外表是一個完整的餅,裡面充滿碎裂的歷史元素。」了解過去老士林的變遷之後,兩人去年底便開始思考,何不讓同樣喜歡用雙手編織故事的年輕職人,進到這塊老地方,或許可以讓老街重新找到活力。

陳文偉自大一開始擺創意市集,創立了自己的品牌「哞人愛Moo Than Love」,也因此認識許多市集同好,由於他的號召,再加上網站設計,一切行動就從網路開始發聲。

今年3月14日白色情人節當天,市集第一次進駐老宅深處,現場就好像穿越劇一般,一群年輕人齊聚百年老宅,「市集是有學問的,不只是擺攤,手作者通常不太多話,會挑選顧客,每個人專心做自己想做的事,是很純真的創作。」陳文偉說擺攤是想證明自己的信念,有獨特的堅持,總希望作品能給人一個陪伴的感覺。

除了陳文偉,市集職人可說是臥虎藏龍。16歲的高一學生阿德,以原子筆手繪明信片,筆觸細膩,畫的都是台灣老風景;「幸福時光」女主人用木頭製作的老相機為來客拍照,理念是用傳統底片述說有記憶的情感;復古衣著愛好者M.S.Rose玫瑰小姐以蘿莉塔的精神製作童話風格配件,經常吸引蘿莉塔同好者盛裝出席市集現場;此外,國立臺北教育大學臥龍二九社團的學生獨立發行《磚刊》雜誌,學生親自為讀者傳達刊物理念。

舒喜巷小市集只挑選理念清楚的攤友與商品,每一個作品都是溫潤有故事的,彷彿經過家屋的篩選,要走進這三進的房子才能看得到,有一種大隱於市、小隱於城的感覺。

文創混搭老城故事

「市集是一開始的發想,我們後來也帶入藝文的展演活動。」黃飛霖說,例如,邀請國樂團在2樓閣樓的演出,他說這是呼應老屋,營造一種富足家宴的感覺;另外,最近走紅的機器人行為藝術表演,傳達了社會底層人們的心聲;而唱腔很像費玉清的小調詩人現場彈唱,歌詞內容講述的都是北投情……。各類的演出中,學生團體通常最受到歡迎。

舒喜巷小市集也不定期舉辦互動性的手作課程,用串聯跨界的方式,讓不同藝術組織之間彼此互動,達到更深度的文化交流。

憑著過去接觸過的活動經驗,黃飛霖認為城市的廣域觀光是「走」出來的,於是10月底開始與「台北城市散步」合作,規畫出士林老街區的歷史導覽,要將老厝的故事延伸到士林老城。黃飛霖說,「士林新街、舊街,到芝山岩、天母、陽明山前山下到社子,未來會是文創走廊,這一帶老街區的故事再不挖掘,就快要沒有了。」

黃飛霖與陳文偉笑說自己是呆呆的偽文青,只希望默默拉動理念相同的好朋友,一起把老城區的故事說給更多人聽,推廣有「老靈魂精神」的市集;他們相信雋永的情感總發生在老巷弄,在這裡可以遇見久別重逢的美好事物。

 

相關文章

近期文章

英文 日文

A Cultural Renaissance in Shilin

Lee Hsiang-ting /photos courtesy of Jimmy Lin /tr. by Scott Williams

The old Guo house stands on Shi­lin’s Da­dong Road, a quiet street not far from the district’s raucous night market.

Largely ignored for more than 60 years, the home is now undergoing a kind of renaissance, in part thanks to its discovery by ­Huang Fei-lin and Chen Wen-wei. Having stumbled across the reopened home, the two young men decided to reintroduce Shi­lin to its history. They have gone on to use the old space to host a creative and cultural market, and to give a new twist to the exhibitions and performances they arrange here.


Tourists pour into the Shi­lin Night Market, enjoying the bustle and excitement of a weekend evening.

The relative calm of a Thai restaurant’s courtyard stands in marked contrast to the frenetic buzz of the night market. Twenty-some young artisans are busy setting up a small creative and cultural market of their own. Craftspeople specializing in handmade items man “stalls” in this island of quiet, located off Dadong Road near the eastern edge of the night market, and are more than happy to tell passersby all about their wares.

The market is surprisingly far off the beaten path, hidden deep inside the house. It seems an odd spot for a commercial venture, but the organizers chose it specifically to raise the profile of the old home in which it sits.

One hundred years old and three stories tall, the building was once the home of Guo ­Kunmu, head of the Ban­qiao branch of ­Chang Hwa Bank during the Japanese colonial era. Guo ­Kunmu’s son, Guo Xiu­cong, was an even more prominent figure, a well known Shi­lin surgeon and social activist.

The Guo family home was built using a combination of Japanese versions of German construction methods, and Southern Min building techniques. The building still retains its Japanese-era yellow brick exterior wall, and its rooms feature brickwork of a sort rarely seen in Taiwan. In an indication of the owner’s attention to decorative detail, most of the home’s windows have Japanese-style wooden frames, while many of its interior doorways are framed in Gothic-style pillars.

The Guo family abandoned the house during the political unrest that followed World War II. The house remained largely neglected until a restaurateur renovated it a few years ago. He turned it into a combination restaurant and creative/cultural exhibition space, while also preserving much of its original spirit. In fact, the renovated building qualified for the Tai­pei City Urban Regeneration Office’s 2015 Old Building, New Life Awards competition.

Huang Fei-lin, a fan of the “slow city” movement, noticed how well the home’s unusual mix of features complemented each other. Recalling his first encounter with the old residence’s layout, he says, “When you walk in, the first thing you see is the restaurant. You then pass through the front courtyard to the interior courtyard. I visited similar spaces on a trip I took to Quan­zhou in mainland China with Han Liang­luo to shoot a documentary.”

Huang, who used to work in the media, loves unearthing the old cultures of cities and believes Tai­pei’s historic Da­dao­cheng and Bang-kah (­Monga) neighborhoods are on par with the many older Japanese cities he has explored. He began looking into the Guo house’s history immediately after visiting it. “I found an old photo of Guo Xiu­cong and his mother standing on the third-floor balcony, looking out at the large piece of farmland in front of their home. The balcony remains virtually unchanged today, but the farmland has long since been developed into the densely packed shops of the night market. The transformation is incredibly thought-provoking.” ­Huang decided that very evening that he wanted to do something to make more people aware of the place.

Huang had first learned of the home from Chen Wen-wei, a friend with a similar interest in history. Chen says, “Our interest in digging into the lives of people from the past probably makes us a little weird.” A senior at National Tai­pei University of Education (NTUE), Chen first got into researching old buildings through a class assignment. Once he discovered the Guo house, he thought he and ­Huang might be able to do something with it. They founded Suki Lane, a cultural brand, with no capital at all, and began planning a local cultural renaissance.

Shilin was home to many garment makers 30 or 40 years ago during the heyday of Taiwan’s textiles industry. Now­adays, there are none. “We think these old streets and this old house are a lot like the famous Shi­lin night-market snack ‘little bun in big bun.’ For all that their stories appear to form a whole ‘bun’ on the outside, they’re filled with fragments of history.” The two gained an understanding of Shi­lin’s transformation, then in late 2014 began thinking about revitalizing the area by bringing in young people with a similar interest in “hand-woven” stories.

Chen Wen-wei has been managing his own brand, “Moo Than Love,” and organizing creative markets since his first year of university. His experience had brought him into contact with many other creative individuals, so he sent out an appeal to his peers and designed a website to spread the word online.

They held their first market on March 14, 2015, filling the century-old house with young people. “The market was informative, not just commercial. The craftspeople present didn’t say much, and were able to choose their customers. Everyone just focused on doing what they wanted, which made for very pure creations.” Chen explains that the market’s participants operate stalls more as an expression of their own values than to make money. They are dedicated to their crafts, aiming to create products imbued with their presence both inside and out.

They are hidden dragons of a sort. A-de, a 16-year-old high-school student, sketches beautiful postcards depicting scenes of old Taiwan with a ballpoint pen. The woman who operates Happy Time photographs patrons with an old wooden camera, her idea being to use traditional film to capture memorable emotions. M.S. Rose creates Lolita-style accessories that draw other fans of the style to the market. Meanwhile, students from NTUE’s Urban Lab distribute a journal called Brick and personally explain its underlying philosophy to readers.

The Suki Lane market only selects vendors and products with a clear philosophy, meaning that each product has a story behind it.

“The market was just an initial idea. We have since moved on to arranging cultural and art-oriented performances and exhibitions.” ­Huang says that they invited a Chinese orchestra to play on the second floor, which created a family-banquet atmosphere and suited the old building well; they organized an arts exhibition involving robots, which voiced the thoughts and feelings of society’s disadvantaged; and they arranged for Yo­KaTa, a singer-songwriter whose lyrics focus on Bei­tou, to perform. So far, shows by student groups have proved the most popular.

Suki Lane also arranges occasional hands-on classes that enable different arts organizations to interact across disciplines to achieve deeper cultural exchanges.

Since ­Huang believes that urban tourism is best done on foot, they also began working with Tai­pei Walking Tour in late October 2015. They plan to build on the Guo home’s allure with a history-oriented guided tour that extends into the surrounding area. ­Huang says, “In the future, there will be creative and cultural corridors running across new and old Shi­lin, from Zhi­shan­yan, ­Tianmu, and the Tai­pei side of Yang­ming­shan all the way down to ­Shezi. If the area’s history isn’t recorded soon, it will be lost.”

Huang and Chen argue that old streets and alleys inspire profound feelings, and that visiting them enables people to re-encounter wonderful things long lost. But they also joke that they’re just a couple of silly intellectual poseurs trying to encourage like-minded friends to spread the word about the area’s history, and to promote a market with an “old soul.”

 

士林、古い町並みのルネッサンス

文・李湘婷 写真・林格立

にぎやかな士林夜市の傍らにありながら、ひっそりと静かな大東路。ここの郭家の古い邸宅は住む人もいないまま60年も放置されてきた。

その存在に二人の若者が気付き、この古い邸宅の物語を掘り起こし、その歴史を士林の古い町並みへと広げていこうとしている。古い裏通りのそこここに文化と歴史が潜んでいるのだ。

そして、ここに舒喜巷クリエイターズマーケットが設けられ、古い空間が公演や展示にも新たな解釈をもたらし、クリエイティブな空気が古い家屋に新たな命を与えた。


10月初旬の週末の夕方、士林夜市に明りが灯り、観光客でにぎわい始める。

人出でごった返す夜市の東側、大東路の古い家屋を改装したタイ料理レストランの中庭に、20人余りの若者が集まり、クリエイターズマーケットの準備が進んでいる。彼らは手作りの創作にこだわり、訪れた人々に作品一つひとつの暖かい物語を語るのである。

古い家屋の裏庭にあるマーケットを訪れるには、三つの門を通らなければならない。彼らはなぜこの人目につかない場所にマーケットを開いたのだろう。

百年の歴史を持つこの邸宅は3階建てで、日本植民地時代には彰化銀行板橋支局長の郭坤木の住居だった。その息子は士林では有名な外科医で社会運動家の郭琇琮である。

郭家の古い邸宅は、日本家屋を基礎にドイツと閩南の建築工法を取り入れたもので、日本時代からの黄色いレンガの外壁が残っている他、各所に台湾では珍しい建材や工法が見られる。外壁の窓枠は日本風の木枠を主としつつ、屋内にはゴシック様式の窓や門も多く、家主が建築やインテリアにこだわったことがうかがえる。

第二次世界大戦後、台湾社会は不安定になり、以来60年にわたってこの家は空き屋として放置されてきた。それを最近、飲食業者が改装し、古い建築物の精髄を残しつつ、エスニック・レストランらしい雰囲気を生み出すとともにクリエイティブ空間も造り、台北市都市更新処が開催した「2015古い建物リノベーション大賞」にもノミネートされた。

さまざまな要素を取り入れながら、それぞれが魅力をもって映える古い空間に魅了されたのは、古い町並みを愛し、スローシティの理念に賛同する黄飛霖だ。三層の門を持つこの家屋に初めて入った時、「最初の門をくぐるとレストラン、二つ目の門で中庭に入り、さらに門をくぐると奥の庭があります。2006年に韓良露先生と一緒に中国の泉州でドキュメンタリーフィルムを撮影した時に、これに似た空間を訪れたことを思い出しました」と言う。

黄飛霖はかつてマスメディアで働いていたが、都市の古い文化を発掘するのが好きで、日本の古都の裏通りを訪ね歩いてきたが、台北の大稲埕や艋舺(万華)などの古い町並みにも日本に負けない魅力があることに気付いた。彼は、この郭家の古い邸宅を見つけると、すぐに資料にあたった。「郭琇琮と母親が3階のバルコニーに立っている古い写真が見つかりました。写真の中の二人は家の前に広がる田畑を見下ろしていて、そのバルコニーの姿は今も変わっていません。ただ、かつて田畑のあった場所は、夜市に変わり、感慨深いものがあります」と言う。黄飛霖はその日のうちに、この空間を多くの人に知ってもらうために行動を起こすことにした。

黄飛霖がこの古い家屋の存在を知ったのは、同じく古い町並みや古い文化を愛する陳文偉からの情報だった。陳文偉は国立台北教育大学の4年生で、歴史ある建築物の研究は当初は授業の課題だったが、この古い家屋の存在を知ってから、黄飛霖と一緒にこの空間で何かしたいと考えた。そして二人は資金ゼロで起業し、カルチャーブランド「舒喜巷」を打ち立てて歴史ある空間のルネッサンスに取り組み始めたのである。

30~40年前、繊維産業が盛んだったころ、士林には服飾関係の職人が大勢集まっていたが、今は衰退してしまった。「私たちは、士林の古い町並みと、この古い家屋の物語が、士林夜市名物の大餅包小餅(砕いた揚げ餅をクレープ状のお焼きで包んだ軽食)に似ていると感じました。外側は一枚の皮なのに、中身は粉々に砕けた歴史のモチーフなのです」

士林の歴史を研究した後、二人は昨年末、物語を手作りするのが好きな若者たちをここに集めれば、古い街に活力を取り戻せるかも知れないと考え始めた。

実は、陳文偉は大学1年の時からクリエイターズマーケットに露店を出し、自分のブランド「琮哞人愛moo than love」を立ち上げていたため、マーケットで多くのクリエイターと知り合っていた。こうして彼が同好の人々に声をかけ、またインターネットでも告知し、すべてはネット上で広がっていった。

今年3月14日のホワイトデー、大東路の古い家屋の裏庭で、初めてのクリエイターズマーケットが開かれ、築百年の建物に大勢の若者が集まった。「クリエイターズマーケットは単に物を売る場ではありません。作り手は普段はあまり話をせず、客を選びます。自分が創りたいものに一心に取り組む、純粋な創作なのです」と話す陳文偉は、彼らがマーケットを開くのは、自分たちの信念を証明するためだという。

マーケットに店を出しているのは強者ばかりだと陳文偉は言う。16歳、高校一年の阿徳はボールペン画の絵葉書を売っている。繊細なタッチの絵はすべて台湾の昔の風景だ。「幸福時光」の女性は、木製の古いカメラでお客の写真を撮る。デジタルでなく、昔ながらのフィルムに記憶を語らせたいと考えている。古着を愛するM.S.Roseはロリータ風のアクセサリーを作っており、ロリータファッションで決めたグループがマーケットを訪れる。国立台北教育大学の臥竜二九クラブの学生が自分たちの理念を伝えるために発行する雑誌『磚刊』も扱っている。

舒喜巷マーケットでは、明確な理念を持つクリエイターだけを選んでおり、どの作品にも暖かい物語が込められている。選ばれたクリエイターだけが店を出しており、さらに三つの門を通らなければ入れないというので、まるで隠れた秘密のマーケットのようでもある。

「マーケットは最初の構想で、その後は芸術文化の公演活動も行っています」と黄飛霖は言う。国楽(中国音楽)団を招いて吹き抜けに面した2階で演奏をしてもらったのは、この古い家屋に裕福な家族の宴の雰囲気をもたらしたかったからだ。また、ロボット・パフォーマンスや、北投への思いを歌う詩人のコンサートなども行なっている。学生団体による公演はいつも人気がある。

舒喜巷マーケットでも、不定期に手作り教室を開いており、ジャンルを越えた形で、異なる芸術団体同士の交流を深めている。

黄飛霖は、都市の広域観光は「歩く」ことから始まると考え、10月末から「台北城市散歩」と協力し、士林の古い町並みの歴史ガイドを開始した。古い家屋の物語を士林の旧市街地全体へ広げていきたいと考えている。「士林の新市街地と旧市街地から芝山岩、天母、陽明山山麓から社子までが将来的にクリエイティブ・コリドーとなります。この一帯の古い街の物語を掘り起こしていかなければ、消えてしまうでしょう」

黄飛霖と陳文偉は、自分たちは間抜けな似非文学青年だと言って笑う。彼らはただ、同じ理念を持つ友人を集め、一緒に古い街の物語を多くの人に伝え、「昔ながらの精神」を持つマーケットを推進していきたいだけなのである。二人は、人と人との交流は古くからある裏通りで生まれるもので、ここで久しく触れていなかった素晴らしい物事に出会えると信じているのである。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!