シラヤ語の授業を受ける ――台湾初のシラヤ小学校

:::

2017 / 10月

文・鄧慧純 写真・林旻萱  翻訳・松本幸子


文献によれば、1963年、オランダ人はシラヤ族の住む新港社に台湾初の学校を設け、ローマ字でシラヤ語を教えた。2016年8月1日、台南市新化区の口埤小学校は「口埤実験小学校」に転身した(実験小学校では最新の教育方法が試験的に導入される)。エコロジーとシラヤ語授業を特色とした、全国初のシラヤ小学校となり、週に1回、全校でシラヤ語の授業が行われる。王朝賜校長は、「300年途絶えていたものを、再び繋げただけです」と言う。


請登入 瀏覽全文

《現在申請加入會員完全免費,並可免費查看光華雜誌歷年文章》

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!