文学の足跡を追い 先人の生きざまに学ぶ

:::

2017 / 2月

文・郭漢辰 写真・許清河 翻訳・山口 雪菜


人の一生は短いが、そのわずかな時間に多くのことを為し、世の中に貢献することができる。南台湾、高雄美濃の鍾理和記念館と台南の葉石濤記念館を訪れ、作家が活動した空間に身を置いて、その弛まぬ努力と生命力に触れると、自分も人生を堂々と生きていきたいと思うものである。


請登入 瀏覽全文

《現在会員加入は完全無料で、なおかつ光華雑誌の過去の記事も無料でお読みいただけます》

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!