国民とのコミュニケーション

活躍する政府のSNS公式アカウント運営者
:::

2020 / 10月

文・鄧慧純 写真・林旻萱 翻訳・山口 雪菜


現代の公的部門は一般市民とコミュニケーションをとる際に、堅苦しい文書は用いない。その代わりにアイディア豊富で有能なSNS公式アカウント運営担当者を採用する。彼らは突拍子もない創意をもってあらゆる課題に対応し、誤情報やフェイクニュースを打破し、暮らしの中から得たインスピレーションと時事を結び付けて政策を分かりやすく説明する。


台湾の公的部門は近年の社会の変化を読み取り、一般市民が実感できる政策を打ち出しているが、従来のように堅苦しい言葉では人々に伝わりにくい。そこで、SNS公式アカウントを通して一般市民とコミュニケーションをとるようになった。創意を発揮してネット上で政策や政令を宣伝することで、政府部門のイメージが大きく変わってきた。

中でもよく知られている財政部のSNS担当者は、人気のインフルエンサーと激しい言葉でやり合う。教育部の担当者は、SNS上で上司への不満を語るなどして、人気を博している。故宮博物院の担当者は『清明上河図』の魅力を、思いがけない方法で伝え広めている。

大いに盛り上がっているように見えるが、彼らの仕事は簡単ではない。まるで天下を取ったかのように情報発信しているが、それは上司に信頼され、権限を授けられているからである。相手を厳しくやり込められるのも、数千にのぼる法令の条文を知り尽くしているからだ。

SNS担当者に求められる能力について問うと、故宮博物院の林白苧はこう答える。「二つの心だと思います。一つはどんな嫌味にも耐えられる思い切り大きな心。もう一つは随時各界からの挑戦を受けて立つ強い心です。もちろん熱意も重要で、それがなければ続けられません」

今月は、財政部と教育部、そして故宮博物院のSNS担当者にお話をうかがった。結論は、どの担当者も尊敬に値するということだ。

 ネット民を征服するマカロンガール

「輸出を開放せん! 甦れ、体温計! 我が命に従い、管制を解除せよ!」今年初め、新型コロナウイルス感染症の世界的流行に伴い、台湾では体温計の輸出が禁止され、4月初旬にようやく解禁となった。財政部でSNSを運営する呂佳紋はこの政策の話題性に注目し、30~40代のユーザーに馴染みのある日本の漫画‧アニメ『鬼神童子ZENKI』の呪文をもじってSNSにアップすると、62万人が閲覧、5万人以上がシェアし、懐かしいアニメが話題になった。

財政部は2018年末にFacebookページを開設し、ユーモラスなイラストで注目されてきた。死神のような税金取り(death and taxes)と言われてきた財政部が親しみやすい存在になったのである。

財政部のSNS公式アカウントは、呂佳紋と黄凱鈴による「マカロンガール」と、オタク文化に詳しい呉俊佑が運営している。呂佳紋が複雑な税制に精通し、3人で漫画‧アニメや時事問題、ダジャレ、ミーム、替え歌などを活用して投稿していく。例えば、ソニーのプレイステーション5(PS5)の発売予告と結び付け、ゲーム機を除湿器に見立て、省エネ家電の減税措置を広報したこともある。これが投稿されると、コメント欄では、どんな名目で新機種を買うべきかが楽しい話題となり、減税措置の投稿に29万人がアクセスした。

「私たちの目的は投稿を拡散させることなので、多くの人に接触してもらう必要があります。ユーザー間の対話が生まれなければ拡散できず、アルゴリズムが機能しません」と呂佳紋は言う。ユーモラスなイラストを中心に据え、それをめぐるネット民のコメント応酬を促すのが情報拡散には最も有効な方法である。呉俊佑も毎日ページをチェックしてファンとユーモラスな対話をする。投稿だけでなく、コメント欄もおもしろい。こうした創意は香港のユーザーにも注目されていて、広東語が少しできる呉俊佑は香港のSNSにもコメントする。「香港にも一定数のファンがいて、こんなに庶民に寄り添った政府があるなんて、と称賛してくれるのですよ」と言う。

こんな「教育部」も悪くない

「雅婷」として知られる教育部のSNS公式アカウント運営担当者。この名前は、日本の少女漫画『ガラスの仮面』(台湾版のタイトルは「千面女郎」)のパロディで、教育部の準公共化幼稚園政策を告知した投稿から来ている。この投稿によって、教育部のSNS担当者の名が広く知られるようになった。

国際的な、いじめ反対運動である「ピンクシャツデー」に合わせて教育部が行なった「#あなたのレッテルは私の誇り」という活動は、雅婷らが教育相に提案した。8人のインフルエンサーを招き、子供の頃につけられた嫌なあだ名を制服に刺繍で入れて、その頃の経験を話してもらい、さらに第一線でいじめと戦う教員の話を紹介するという内容だ。これは大きな反響を呼び、後に80人余りのインフルエンサーがチャリティで参加し、シリーズの投稿はのべ800万回閲覧された。

雅婷らのアイディアは暮らしの中での観察と熱意から来ている。例えば、十年の準備期間を経てようやく実施された2019年度の教育課程について、広く一般の人々に知ってもらうために、雅婷たちは潘文忠‧教育相を「コナン」にすることを考えた。こうして教育相は美少年に変わり、探偵として学校内で新しい教育課程に関する誤情報を流す者を探しつつ、学生生活を体験しなおすことで現在の生徒たちの負担を理解する。こうしたユニークな方法で政策内容を伝えようとする姿勢に、政府部門の変化が見て取れる。

教育者である潘文忠‧教育相は、オープンな態度で雅婷たちの創意を受け入れているが、忠告も忘れない。どんな創意も構わないが、教育の価値に反することがあってはならず、決していじめに参加してはならない、と。また「私たち(官僚)に同化されないように。教育政策を熟知した私たちに同化されると、国民に分かる言葉が使えなくなるから」と注意喚起する。教育部は常に国民とのコミュニケーションを考えている。

故宮の至宝をユーモラスに

『清明上河図』には4000もの人物が描かれているのをご存じだろうか。故宮博物院のSNS運用担当者は、この『清明上河図』から創意を発揮して数々のユニークな画像を発表してきた。「#キャプテン‧アメリカ編」や、新型コロナウイルス感染予防を呼びかける「#時中前、時中後」など、絵の中の人物を拡大してみると、笑いを誘うものばかりで、故宮の文物がこんなにも親しみやすいものだったことに気づかせてくれる。

自分は台湾で最も経歴の長いSNS運営担当者だと笑う故宮博物院北院の林白苧は、無理やりこの仕事を任されたと言う。最初はネットスラングなどもまったく分からなったが、今では8+9や484といった流行語も理解できるようになった。これまでにヒットしたのは「あなたのカウントダウンはどのタイプ?」という画像だ。故宮収蔵の古い絵画を用いて「人混みに出ていく型」「熱狂型」「睡眠補充型」などのタイプを表現した。また、清代の皇帝8人の筆になる「知道了(了解した)」という文字をランク付けしてもらうというアイディアも大きな話題になった。

「故宮精品(故宮博物院ショップ)」に属するSNSは最も広く知られていて、「汝窯青磁蓮花碗でインスタントラーメン」といったアイディアがサラリーマン層に受けている。ショップのSNS運営担当者で、マーケティング部マネージャーの張庭甄は、故宮精品の目的は台湾市場における知名度を高めることだと言う。若い世代の入館者を増やすため、25~35歳のサラリーマンや文化‧文学好きをターゲットとしている。若者の言葉でコミュニケーションをとり、ミュージアム商品の文化性を創意をもって違う形で見せることで、大きな注目を集めている。

5年前に設立された故宮博物院南院は文化的資源の乏しい僻遠地域にある。そのため南院のSNSを運営する周奕妏は、近隣住民とのコミュニケーションを重視し、文化の格差解消に努めてきた。そうして5年、今では現地の子供たちは博物館を自分たちの遊び場ととらえるようになり、芸術の種が芽吹き始めている。

これら三つのFacebookページを見ると、ターゲットはそれぞれ異なる。林白苧が言う通り、「役割分担、相互補完」の8文字の協力関係にあり、ともに故宮というブランドの運営に取り組んでいるのである。

SNSは一般市民との接触のツールであり、そこから生まれる物語もある。2017年の「同安‧潮」展では、18世紀末の中国東南沿海の海賊が話題となり、ユーザーから「当時の海賊船の見分け方を知りたい」というコメントがあった。林白苧がキュレーターに尋ねると「皆さん『パイレーツ‧オブ‧カリビアン』の見過ぎです」と言われた。当時は、海賊船もそれとは分からないように、一般の商船と同じように黄色い媽祖旗と風向旗、それにオランダ国旗を揚げていたのである。このやりとりを通して、キュレーターは一般市民の疑問を知り、展示内容に手を加えたそうだ。

これらSNS運営担当者の物語を聞き、政府部門が一般市民に分かりやすい言葉でのコミュニケーションに努めていることを知れば、ますます台湾を誇らしく思うことだろう。

関連文章

近期文章

EN 繁體

Government Goes Viral

The Rising Star of Social Media Editors

Cathy Teng /photos courtesy of Lin Min-hsuan /tr. by Brandon Yen

In their communications with the public, government agencies are turning away from old habits of issuing haughty pronouncements couched in stuffy officialese. Instead they are employing social media editors who are full of whacky ideas and are a match for every conceivable challenge. These editors expose fake news and interpret policies for the general public by making connections with everyday life and topical events.


Social media editors have been brought into Taiwan’s public sector in recent years. They use their creativity to draw attention to important policies. Popular perceptions of public services have consequently undergone a sea change.

The Ministry of Finance boasts social media editors whose satirical brilliance has dazzled Internet celebrities. The editors at the Ministry of Education have taken the mickey out of their minister in jaw-­dropping ways. The National Palace Museum has editors who have riffed off the famous painting Along the River During the Qingming Festival with huge ingenuity.

However, despite the fun, these roles are by no means sinecures. Underlying the editors’ apparent ir­rever­ence is the full trust of their employers, and their eloquence is buttressed by a thorough know­ledge of legislation and policies. The editors seem to keep regu­lar office hours, but they are expected to provide immedi­ate responses both online and offline at all times. Jewel Lin of the National Palace Museum explains that a social media editor has to be tolerant enough to take in poisonous comments, and robust enough to face up to challenges from all quarters.

We have interviewed the social media editors of the Ministry of Finance, the Ministry of Education, and the National Palace Museum. Each and every one of them deserves our respect!

“Macaron Girl” wins over netizens

“I allow you to be exported! Come back to life, thermometers! I command you, cast off your restrictions! Your bonds are broken!” Exports of digital thermometers were temporarily banned earlier this year because of Covid-19. To publicize the lifting of this ban in April, social media editor Lu Chia-wen of the Ministry of ­Finance adapted a magic spell from Zenki, a Japan­ese manga series familiar to people in their 30s and 40s. Her post was viewed by more than 620,000 people.

Since late 2018, netizens have been relishing the zany humor of the MOF’s Facebook editors, who have successfully reversed the ministry’s unpopular associa­tions with “death and taxes.”

Working under the name of “Macaron Girl,” Lu Chia-wen and Huang Kailing have joined forces with Junu Wu, an otaku subculture expert, to form the MOF’s social media team. Using information that Lu distills from complex fiscal regulations, the three collaborate to create new posts, drawing inspira­tion from manga, anime, topical events, puns, songs, and memes in popular culture. For example, when announ­cing tax reliefs for energy-efficient household appliances, they created a sensation by turning the upcoming Sony PlayStation 5 into a dehumidi­fier. Those who commented on their post had no end of fun inventing excuses for getting this new video game console.

Lu says: “Our aim is for our posts to be widely disseminated, so we have to reach more and more people. If no one interacts with us online, our posts will not get the exposure we want. Without likes, comments and shares, we can’t get the algorithms to work in our favor.” The best way to reach a wide audience is to utilize popular memes and encourage netizens to respond. Wu checks the ministry’s Facebook page all the time, ensuring that not only their posts but also the comments below are full of pep. Even Hong-Kong-based netizens have noticed their sizzling creativity. Wu, who understands some Canton­ese, undertakes to interact with the ministry’s Hong Kong followers on their home turf. “They all marvel at our government being so down to earth.”

An approachable Ministry of Education

Under the name of “Yating,” the social media editors of the Ministry of Education shot to fame overnight with a Facebook post on the new “quasi-public nursery schools.” Modeled on the Japanese manga series Glass Mask, it attracted 23,000 likes.

The editorial role at the MOE was introduced in 2019. The primary aim of their social media campaign is to communicate policies, but they are also responsible for debunking misinformation and sharing stories from the frontline of education, a task emphasized by Pan Wen-chung, minister of education.

In solidarity with international initiatives against bullying, Yating proposed the project “#Your label, my pride” to the minister. Eight Internet celebrities were invited to embroider on school uniforms the abusive labels forced upon them in the past. They then shared their experiences. This was accompanied by interviews with teachers on their efforts to combat bullying at school. More than 80 other Internet celebrities responded to this project, and the series of posts earned 8 million hits.

Yating taps into the popular mind. To help the public understand the 2019 curriculum guidelines, which had been ten years in the making, Yating turned Minis­ter Pan into a manga character. Portrayed as a handsome boy-detective, Pan infiltrates a school in order to investigate who is spreading misinformation about the curriculum guidelines. By using innovative ideas like this to get policies across, government agencies are showing a true willingness to change.

As an educator, Pan cautions Yating against unwittingly violating educational principles or taking part in any form of bullying. He also warns them not to be co-opted by policymaking officials, lest they should lose the ability to speak the language of the people. The MOE has placed a high premium on communicating with the public.

Making antiques speak to us

Did you know that there are more than 4000 people depicted in Along the River During the Qingming Festival? Masters of the art of nonsense, the social media editors of the National Palace Museum (NPM) have exploited this Song-­Dynasty scroll painting to create comic Captain America memes and to convey anti-coronavirus precautions. For the latter purpose, the editors made the painted figures adhere to social distancing by pulling them away from each other. Netizens admire the serious museum’s chummy new persona.

Jewel Lin, who often jokes about being the most “senior” social media editor in Taiwan, didn’t volunteer to do this job. An expert now, at first she didn’t even understand Internet slang such as “8+9” (thugs) and “484” (asking for confirma­tion). Her most popular posts include “Which is your type of New Year’s Eve?” and a collection of slips of paper bearing the comment “under­stood” in the handwriting of eight Qing-Dynasty emperors. Lin has given the museum’s ancient treasures a modern relevance.

The National Palace Museum Shop’s Facebook page also has a large following. The editors there turned a repro­duction of the museum’s Northern-Song lotus-­shaped wine warming bowl into a classy container for instant noodles, to capture the feelings of office workers before and after payday. Sindia Chang, marketing manager and one of the editors for the museum shop, explains that their aim is to raise awareness, their target audience being professionals and culturally engaged people aged 25 to 35. The editors use young people’s language, investing the shop’s cultural merchandise with new creative meanings. They have received a stunningly positive response.

The NPM Southern Branch opened to the public in 2015, in an area that had been something of a cultural desert. Editor Chou I-wen says that the Southern Branch has been making every effort to interact with local residents in order to boost art education and promote equal access to culture. Five years on, local children have become regular visitors to the museum. The seeds of art are germinating.

The NPM’s three fan pages attract different audiences, but as Jewel Lin observes, they actually complement each other.

These social media pages serve as new points of contact between the public and the museum. Feedback from social media users can lead to interesting outcomes. Lin remembers a post promoting the exhibition Rebuilding the Tong-an Ships in 2017. In response to the information about rampant piracy along China’s southeast coast in the late 18th century, netizens wanted to know how people at the time would have identified pirate ships. Lin posed the question to the curator, who replied: “They have been watching Pirates of the Caribbean too much.” Most pirate ships in fact masqueraded as ordinary commercial vessels. Nevertheless the question prompted the curator to furnish new information and replace some objects on display, thus making the exhibition even more approachable.

Bearing witness to government agencies’ efforts to transform the way they communicate with the public, the stories of these social media editors make us feel proud of Taiwan.

小編大亂鬥

公部門放大絕

文‧鄧慧純 圖‧林旻萱

不傳聖旨,不寫咬文嚼字的公文,當代公部門想要跟民眾溝通,請出了十八般武藝精通的社群小編。小編們要創意有哏,還幾乎有求必應,他們闢謠打假,從生活擷取靈感,結合時事,轉譯政策,說給您聽。


 

「丞相,起風了!」

台灣公部門近年探得風向,勤與社會大眾溝通,力行有感施政。過往保守的政府機關,發言總是斟酌再三,與民眾日常脫節;但近年引入社群小編,在網上用創意撩民,另類的政令宣導,公部門氣象丕變,讓人耳目一新。

其中被暱稱「撿到槍」的財政部小編,力戰宅神網紅,言語嗆辣,酸度滿點。教育部小編在社群裡,吐槽長官,敷衍趕下班,引得看官拍案叫絕。故宮小編把《清明上河圖》玩得淋漓盡致,讓古畫可以興,可以觀,可以群,可以怨,……還可多識於鳥獸草木之名。

大夥兒鬧得開心,政策也藉機「控制腦波」,政令到位,兩全其美。

但看似笑鬧瘋癲,其實小編的工作一點都不簡單。小編看似無法無天,卻有賴長官全然的信任授權。小編看似辯才無礙,卻是啃讀了數千法條,才能轉譯政策。小編看似隨手用哏,卻是日夜吸取大眾文化精華的成果。小編看似每天正常上下班,卻是線上線下即時回應,不捨晝夜當客服。創意先行,但背後是與業務單位唇舌溝通,大戰三天。

問到小編需要什麼技能,故宮小編林白苧給了答案:「我覺得就兩個心,一個就是你要夠大的心,要容忍住所有的酸,然後還有個夠強的心,隨時迎戰各界的挑戰。熱情很重要,不然撐不住。」

這回《光華》採訪公部門小編,走探了財政部、教育部和故宮,結論只有一事,每個小編都要供起來拜啦!

宅哏圖出動,馬卡龍女孩收編鄉民

「我開放你出口!重生吧,體溫計!遵從我命、袪除管制!解除!解開束縛!」今年年初因為COVID-19疫情,國內體溫計管制出口,到四月初方解禁。財政部小編呂佳紋早早嗅到新聞點,轉換六七年級生熟悉的《鬼神童子》咒語做成貼文,讓民眾知道財稅新政策。這則貼文上線後觸及超過62萬人,並有5萬以上人次在網上互動分享,大家在留言區互探年紀,回憶追卡通的童年。

2018年底開站,財政部臉書粉專經營約一年半,已累積了近8萬人按讚、追蹤,靠著哏圖製作吸引鄉民,財政部給人的印象從與死神並列的討稅者(death and taxes),變得親民又酷炫。

由呂佳紋、黃凱鈴組成「馬卡龍女孩」,加上精通宅文化的吳俊佑,精實的財政部小編就位。呂佳紋負責理解吸收繁複的稅制,三人再一起找出民眾有感的切點,並靈活運用大眾文化中動漫、時事、諧音、迷因、歌詞哏,撰寫貼文。舉例說,小編結合SONY PS5上市預告,將遊戲機偽裝成除濕機,包裝節能家電減徵貨物稅的政策。貼文一出,留言板上你一言我一語,網友共謀如何藉名目換新機,雖說只是抬槓,卻歡樂異常,原本只是單純的退稅政策,已超過29萬的觸及,16萬次的互動及分享。

呂佳紋說:「我們的目的是希望貼文廣傳,就必須觸及更多人,如果網友不來互動,貼文會推不出去,沒有互動,就無法透過演算法來拉推。」善用哏圖當作策略,讓懂哏的網友來互動留言,分享傳散效果最好,是社群經營的鐵則。吳俊佑每天也不忘去「巡田水」,在FB上與粉絲互動對話,無厘頭或天外一筆的創意,不只貼文有趣,留言板也超有看頭,精采程度好比番外又一章。這樣的創新創意,也被香港網友注意且分享,略懂廣東話的吳俊佑則會循線跨海去留言,「我們在香港有一定程度的粉絲,他們都誇怎麼有如此接地氣的政府。」他也會主動到網友版上留言,臉友看到財政部來自家FB互動,都會笑稱:「要被查水錶了嗎?」

這樣的「教育部」很可以

被暱稱是「雅婷」的教育部小編,這名號得來卻是無心插柳。因為一張仿日本少女漫畫《千面女郎》的分格漫畫,敘述小夫妻的吃醋情節,卻是包裝教育部準公共化幼兒園政策的「千面幼兒園」系列。貼文一出,2.3萬的讚數,超過1,500則的互動及4,000多次的分享,讓教育部小編一夕爆紅。

雅婷們是2019年中入駐的,而社群化經營的目標首重是政策溝通,其次是澄清假訊息,還有就是部長潘文忠所希望的多多分享教育現場愛的故事。

雅婷的戰役不止於此,去年蔡依林出遊被偷拍的新聞,記者以G奶下標,蔡依林因此發文想跟大眾討論「身體意識」,雅婷也去留言:「需要重補修性別教育,而且要超過2小時,」讓網友大讚神回應,教育部因此攻佔各大媒體娛樂版。

呼應國際反霸凌日推出的「#你的標籤我的驕傲」,是雅婷們自主向部長提案的反霸凌企劃。邀請八位網紅將昔日不堪的綽號繡在制服上,先讓網友猜猜制服的主人,再分享網紅們的經歷,並搭配訪談第一線教師對反霸凌的努力,這件專案激起社會廣大的迴響,後續更有80多位網紅公益響應,系列貼文也創下800萬的觸及率。

貼文要有哏,回應要神準,雅婷們的鬼點子來自對生活的觀察和熱情。如籌備十年終於上路的108課綱,如何讓社會大眾更了解政策內涵,雅婷想出把潘文忠「柯南化」;但潘文忠認為舞台應該讓給前線的教育者,而躊躇再三,雅婷們鬧著陷入沈思不發一語的部長,不講話就是同意了,那我們就畫囉!潘文忠成了美少男,深入校園探案,要找出造謠108課綱的肇事者;同時也重新體驗學生生活,了解當前學生的重擔。「#這樣的課綱我可以」以新穎的方式,努力把政策清楚溝通的心意,足見公部門確實有心改變。

身為教育人,潘文忠開放心胸,接受雅婷們的創意,但是也不忘給小編忠告,創意怎麼玩都不能違反教育價值,不能成為霸凌的參與者。還有他要雅婷們「不要被我們(官員)同化了!因為我們太熟教育政策了,如果你們(小編)被我們同化,就再也講不出民眾懂的語言了。」始終惦念著如何與民眾溝通的教育部,最暖心。

古人超愛演,通通拿來做哏圖

您知道《清明上河圖》裡有4,000多人,而且每個都不一樣嗎?故宮小編用《清明上河圖》,創造出無數笑到翻桌的哏圖,不管是無厘頭創意「#美國隊長哏圖」,或是用來宣導防疫的「#時中前,時中後」,把每個小人都拉遠一公分,都讓網友驚覺古人好有戲,古畫可以這樣看,而且原本總讓人肅穆立正的故宮可以那麼親民。

喜歡戲稱自己是全台最資深的故宮北院小編林白苧,當初是被趕鴨子上架的。她從完全不懂網路語言,到了解8+9、484這些網路流行語,人氣作品有「跨年你是哪一型」,集結古畫推出「人擠人型」、「邊緣型」、「狂歡型」、「補眠型」等,原來古畫也超有戲。她還找出清代八帝手帖「知道了」,讓網友來品評,有網友笑稱像在翻牌皇上,創造出古老故宮的新話題。

大家最熟知的故宮粉專當屬「故宮精品」。以「汝窯青瓷蓮花碗裝泡麵」,對比發薪前後,精品小編最了解上班族的心聲。精品小編同時也是博物館商品行銷部經理張庭甄解釋,故宮精品的目的是要打出台灣市場的知名度,但博物館吸引不了年輕人進館,是當前的困境。鎖定25~35歲的上班族與文青族群,用年輕人的語言溝通,把博物館商品透過文化內涵和創意的轉換,大家超愛文物背後的故事和創意,果然一鳴驚人。

故宮南院成立的時間最晚,耕耘的地點也屬文化偏鄉,南院小編周奕妏聊到,當地對博物館的認識幾乎是零,因此博物館很努力與在地居民當鄰居,相互往來溝通,推動藝術扎根、文化平權。五年來的經營,當地的孩子把博物館當自家後院,而且有8%的觀眾是因追蹤粉專而來,顯示當時試著種下的藝術種子已漸漸發芽了。

綜看三粉專的客群各異,卻如林白苧所言「分進合擊,相輔相成」八字訣的合作模式,共同經營博物館品牌,更是小編圈競相仿效觀摩的翹楚。

粉專提供多一個管道與民眾接觸,林白苧分享因民眾回饋而衍生的故事更是有趣。 2017年「同安‧潮」展覽,提及十八世紀末中國東南沿海海盜猖獗,民眾留言詢問如何識別海盜船,林白苧帶著好奇詢問策展人,卻得到:「大家《神鬼奇航》看太多了。」原來當時船隻多只掛三面旗,一面黃色(媽祖旗),一面定風旗,第三面荷蘭國旗,海盜船也是偽裝成一般船隻,而不會大張旗鼓的宣示自己的身分;但是透過FB互動,策展人知道民眾的疑問,決定添補資訊並更換展品,是貼近民心的體貼。

聽著小編們生動地說著諸多的幕後故事,看到政府部門努力轉化語言與民眾溝通,也為生活增添了些許樂趣,真讓生在台灣的我們心想著「我台灣,我驕傲」。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!