グリーン・イノベーション

:::

2018 / 10月

文・李珊瑋 写真・林格立 翻訳・久保 恵子


昔は汚染源として嫌われた化学工場が、今では環境保護の尖兵となった。環境にやさしいサプライチェーンを確立し、川上から川下まで地球を守る理念を実践してきたオーライト(欧莱徳/Hair O'right)は、台湾が環境保全において先進国と肩を並べていることを世界に知らしめている。

この実践により、オーライトの製品は数々の栄誉を受けている。2011年、2013年と、経済部より台湾のグリーン模範賞を受け、中小企業として台湾で初めてカーボン・フットプリント・ラベルを受け、世界初のPAS2060カーボン・ニュートラルの基準を満たした。さらに2011年のAPEC閣僚会議において台湾を代表して発言したオーライトは台湾中小企業の誇りであり、台湾の環境保護意識の高まりを世界に示したのである。


請登入 瀏覽全文

《現在会員加入は完全無料で、なおかつ光華雑誌の過去の記事も無料でお読みいただけます》

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!