台湾人華語教師

:::

2018 / 3月

文・鄧慧純 写真・莊坤儒 翻訳・山口 雪菜


かつて外交官としてインドに駐在し、現在は清華大学助教授の方天賜は、「インドでは従来、華語学習は盛んではありませんでしたが、中国の台頭に連れて経済と安全保障の面で需要が高まり、近年では華語学習ブームが起きています」と話す。22歳でインドに渡ったジャーナリストの尤芷薇は、「台湾が海外で『最良の問題解決者』となれる機会は非常に少ないのですが、インドにおける中文教育において、私たちは唯一無二の優位な位置にあります」と語る。インドで華語学習が盛んになる中、台湾の公的部門も民間部門もそのニーズをとらえて進出している。これは台湾のソフトパワーを発揮する機会であるだけでなく、ウィンウィンの関係を築く絶好の契機と言えるだろう。


請登入 瀏覽全文

《現在申請加入會員完全免費,並可免費查看光華雜誌歷年文章》

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!