gentle birth――優しいお産

産婦と家族に豊かな地を
:::

2018 / 2月

文‧蘇俐穎 圖‧林旻萱


自分がどのように生まれてきたのか、母親や家族と話したことはあるだろうか。小さい頃から「誕生日」は「母受難の日」だと教えられてきた。出産は、間違いなく母親が命を懸けた一大事だが、肉体の苦痛だけでなく、出産にもっと多様なイメージを持てないものだろうか。


請登入 瀏覽全文

《現在申請加入會員完全免費,並可免費查看光華雜誌歷年文章》

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!