夕陽を浴びる西螺大橋

:::

2020 / 1月

文・林格立 写真・林格立 翻訳・山口 雪菜



濁水渓にかかる西螺大橋は、北の彰化県渓州と南の雲林県西螺を結び、かつては「極東一の大橋」と呼ばれていた。

1953年に開通した当初の交通上の役割は、今では多くの橋に取って代わられたが、その美しさは私たちの胸に刻まれている。夕暮れ時に橋のたもとまで散歩し、コーヒーを飲みながら夕日を眺めていると、夜の帳が下りてきて西螺大橋が静かに輝く。

関連文章

近期文章

EN 繁體

The Xiluo Bridge at Dusk

Jimmy Lin /photos courtesy of Jimmy Lin /tr. by Phil Newell


The Xiluo Bridge, opened in 1953, spans the Zhuoshui River, connecting Xizhou in Chang­hua with Xiluo in Yunlin. It was once known as “the biggest bridge in the Far East.”

Today, other bridges carry most of the local traffic, but the Xiluo Bridge’s beauty has long been imprinted in our minds. As night falls, it shines brightly amid the gathering darkness.

夜之西螺大橋

文‧林格立 圖‧林格立


橫跨濁水溪的西螺大橋,北接彰化溪州,南接雲林西螺,曾經有「遠東第一大橋」的美稱。

1953年通車的西螺大橋,如今原本的交通功能已可被許多橋梁取代,但它的美早已烙印在你我心中。傍晚散步來到橋邊,啜飲一杯咖啡,欣賞夕陽美景,隨著夜幕低垂,西螺大橋也靜靜地散發著光芒。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!