「十三層遺跡」ライトアップ

:::

2020 / 2月

文・林旻萱 写真・林旻萱 翻訳・山口 雪菜



新北市瑞芳区にある鉱山施設跡「水湳洞選錬廠」。30年にわたって放置されていたが、台湾電力と照明デザイナーの周錬が中心となり、十三層遺跡のライトアップが行なわれた。幾層にも重なる建築物が琥珀色の光を受けて浮かび上がり、夜空を背景にかつての鉱山の繁栄を再現する。

関連文章

近期文章

EN 繁體

13 Levels of Light

Lin Min-hsuan /photos courtesy of Lin Min-hsuan /tr. by Phil Newell


Thanks to a project by Taiwan Power Company and lighting designer Chou Lien, beams of amber light now illuminate the abandoned Shuinandong Smelter, nicknamed “the 13 Levels,” a historic site located in New Taipei City’s Ruifang District. At night this golden structure testifies to the past prosperity of the mining industry in the area.

點亮十三層

文‧林旻萱 圖‧林旻萱


位於新北市瑞芳區的水湳洞選煉廠遺址,在荒廢30多年後,由台電公司與照明設計師周鍊的規畫主導下,將琥珀色的光束打上這座層層疊疊的建築物,照亮了廢棄已久的十三層遺址,在夜空中的金黃山城也見證了此地過往礦業的繁盛。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!