廢棄物的點石成金術

「樂土」與「官田烏金」
:::

2020 / 2月

文‧蘇俐穎 圖‧林格立


物質過剩的時代,習慣了喜新厭舊、用過即丟,直到過量無法消化的大量垃圾,才讓人逐漸警醒。一直以來,我們總是太習慣於從「生產」然後「消費」,最終邁向汰舊換新,以「丟棄」作結的線性思維,但換個方式思考,垃圾不垃圾?可是由人定義。


踏入台南安平工業區,躋身在眾多廠家之中的成大昶閎科技公司,門口停泊著一輛顏色灰樸的大車,車殼板金刷上一層水泥塗料,帶有木紋的紋路,低調中卻有些不一樣。

公司負責人郭文毅領著我們一行人進入,拾級上到公司的二樓,一幅尺寸有著成人高度、同樣以水泥繪製成的切‧格瓦拉肖像頓時躍入眼簾。郭文毅對自己親手的創作滿意地看了又看,說道:「這幅畫,對我來說很重要,因為這是一場革命。」

爛泥變身,國產新建材

視線拉到遠方,位於高雄燕巢的阿公店水庫,是郭文毅創業的起點。台灣地質年輕且破碎,大雨一來,上游寸草不生的月世界,造成大量砂土隨著水流滾滾而下,流進水庫,影響正常蓄水功能。

這不是特例,台灣每年總計高達400萬噸淤泥,一直是水利單位的心頭大患。十多年前,在成功大學攻讀土木博士的郭文毅,其指導教授黃忠信受到經建會(今國發會)委託,進行水庫淤泥的應用研究,以消化這些無路可去的廢棄物。

團隊成功研發出「水庫淤泥改質技術」,可以讓淤泥轉為可透氣、防水的添加劑,具防水、防壁癌的效果,可以廣泛應用在建築、裝潢上。畢業後的郭文毅便以此基礎,成為成大的第一家衍生公司,推出品牌「樂土」。

從研發到創業,郭文毅直言走得不容易,打市場,比研發技術還要困難。創業至今13年,苦熬七年以後,公司才由虧轉盈,但反問他為何當時不把技術轉移給其他廠商,坐享其成不是更好?他卻毫不遲疑:「自己做,才可以保持品牌的精神理念,一般企業將本求利,要是幾年沒有利潤,早早就退場。」拍拍牆面上的肖像,他咧嘴笑道:「所以我才說,這幅畫對我來說很重要。」

絕大多數的台灣人,都有過家中牆壁長壁癌的遭遇,郭文毅解釋,壁癌不是「癌」,更像是牆壁的「皮膚病」,由於現代建築運用大量的水泥建材,但水泥易吸濕,卻不易排水,加上台灣氣候潮溼,造成壁癌屢見不鮮,被認定無法可解。不過,只要在塗抹牆面上的水泥砂漿中加入樂土,就能釜底抽薪解決問題。

尤其市面常見的裝飾材料,大多都仰賴進口,好比可以代表日本的珪藻土,「但這些材料都沒有台灣的靈魂,我們可以用台灣的材料,做自己的東西。」郭文毅這樣想,樂土確實不負期許,除了運用本土素材,也順勢解決台灣住屋的長年沉痾。

創業初期,郭文毅嘗試從金字塔頂端的營造公司著手,但傳產生態保守,越大規模的公司,越不願意貿然嘗試新材料,他只好繞道而行,架設購物網站,瞄準一般民眾,親上火線拍攝教學影片,並撰寫文章,解答消費者的疑難雜症。

泥作文創,跨界玩藝

若問郭文毅創業成功的秘訣,講白了實在沒有奇特之處,一切開誠布公的他,唯一堅持的就是品質。郭文毅並不喜歡強調樂土是「循環材料」,由於坊間常見打著循環的口號卻不耐用的產品,他不以為然,「一定是先把品質顧好,消費者用了才會有信心。」

秉持這樣的理念,也因為品質優異,逐漸吸引到一票死忠客戶,透過網路社群的口碑行銷,一傳十、十傳百,漸漸打開廣大的市場。

「泥泥木木」就是以水泥製作生活器物的品牌,創辦人吳立偉因為投入栽種多肉植物,逐漸延伸探索到與多肉相當匹配的水泥盆器,喜愛手作的他,開始親自動手實驗,試過各家,後來情定樂土。

「雖然市面上類似的品牌很多,但在使用樂土的過程,會感覺到材料給我們的回饋,穩定度高、表面密度高、不會掉粉,讓我們操作起來更有信心。」從一般消費者到協力的夥伴關係,自詡是樂土「鐵粉」的吳立偉給出高度評價。

設在台南市區的共創基地,就是以樂土為核心,集結了許多支持樂土的藝術創作者,這個複合藝術家工作室、手作教室、商品零售的空間,讓人對硬派的水泥有了不一樣的認識。

其中一面抹上「樂土灰泥」的牆面,有著類似清水模、工業風的質感。陳列在商品區的泥泥木木,則是運用「樂土模泥」製作花器、茶盤、皂盤,灰、白、黑等基礎顏色,再搭配吳立偉獨門開發的技法變化,產生不同的質地紋路,好比拓印上木紋的茶盤,或者表面斑駁的花器,從水泥素材變化出來的侘寂美感,令人驚艷。

農業廢材翻身,「菱殼」變「菱炭」

恰如樂土一例,推動循環經濟的起點,往往是因為量大到令人束手無策的廢棄物。

場景移到菱角的原鄉──台南官田,正是菱角產季的尾聲,寂寥小鎮上,騎樓下,幾名長者團團圍坐剝著菱角,手腳俐落的他們,沒多久身旁就堆出了一座菱殼小山。

這幅遊客看來新奇的農家風景,卻不曉得接踵而來的,是當地人揮之不去的惡夢。由於廢棄的菱角殼,形狀不規則,質地堅硬,帶有尖角,丟到垃圾車裡,容易損毀車輛零件,就連清潔隊員也不樂見。

然而根據統計,官田每年生產6,500噸的菱角,其中就有500噸留在當地,這些菱角剝除後的外殼,成了當地人棘手不已的大型垃圾。農民要嘛丟進鄰近的埤塘,要嘛堆在田埂路旁,但時間久了難免發臭、孳生蚊蟲,最常見的就是產季過後,田間紛紛燃起白煙,燒掉了事,但焚燒垃圾難免造成空污,一旦被究責,農民兩手一攤地說:「不知道哪個猴死囝仔在這邊偷呷菸!」根本無法可管。

取經創生,為社區找活路

五年前,來到地方任職的官田區公所區長顏能通,察覺到了社區長年累月的問題,由他率先發起,想將菱殼加工作為生物炭使用。

踏入顏能通的區長辦公室,有些不一樣的發現,成大機械系畢業的他,有著理工人實事求是態度,平素就喜歡運用菱殼炭作各種實驗。

辦公桌後方的瓶瓶罐罐,是顏能通取各品牌生物炭實驗的結果,點綴在各處空間的水耕植物亦是。他滿心喜悅地拿起其中一株蒲葵,盤根錯節的根鬚,在透明的玻璃瓶裡一覽無遺,盆栽底層鋪著淺淺一層的菱殼炭,由於菱炭具有吸附雜質效果,水瓶裡已多年不換水,水質卻依舊透澈如新。

「我希望社區就像這株植物,能從『這裡』,長到『這裡』。」顏能通先指了指底層的菱殼炭,再指了指上方茂密的綠葉。

他說明,過往政府推動社區發展,好比社區總體營造,偏向舉辦一次性的活動或計畫,但效益終究無法長久,如今則嘗試由地方創生的路徑出發,希望高附加價值的菱殼炭,能為社區經濟開創出永續的一條路。

產、官、學、社區總動員

在顏能通的動員之下,一向沉寂的社區動員了起來。菱角季一到,社區長者負責剝殼、曬殼,再統一收集,送到窯場,這些年實行下來,菱殼的回收率已達到六成。

至於製作菱炭的核心技術,負責研發的成功大學化學系特聘教授林弘萍為我們進一步解釋,首先,菱殼必須日曬到含水率僅剩10%,再放入鐵桶中,以1,000℃的高溫燒製,30分鐘後灑水快速降溫,原本還帶有淡淡紅色的菱殼,經過淬鍊,成為散發著黝黑光芒的烏金。

林弘萍說明,菱殼炭燒製的過程處處都有講究,包含菱殼的含水率、鐵桶上兩種進氣口的數量、煙囪的寬度、燃燒的時間等,都需要精準的設計,光是實驗各種變數,直到找到最佳結果,就歷經一年半的時間。

他強調,菱殼木質素含量相當高,是製作生物炭相當好的原料,燒製後的菱殼炭「比表面積」(specific surface area,物質的單位體積的表面積)相當高,才一公克的菱殼炭就有半個籃球場大,因此吸附效果相當好,除了吸濕、除臭,還可以用來改善土壤與水質,他也相當重視產品的安全性,包含戴奧辛、多環芳香烴含量,送驗以後均符合國際檢驗標準。

而作為地方創生的典範,由於菱殼炭,讓官田成為非典型的教學現場,鏈結多所台南地區的重點大專院校,成大以外,還有崑山科技大學、嘉南藥理大學等,師生紛紛進駐,將各自的資源挹注,學生藉此學習參與社會服務與實踐,也一併帶動社區發展。

應用上,不僅只有居家生活,產業現場也有相當多應用方式,除了一如顏能通最早的構想,可作為農業耕種的基肥,加在土壤中,增加地力,亦有青年雞農採用,磨碎添加在飼料中,為雞隻增強抵抗力,甚至是紡織業者聞聲拜訪,有意將菱殼炭加在織品之中,藉此推出具有吸汗、消臭的產品。

因著發展的前瞻性,吸引青年創業,將產品作進一步的商業推廣,垃圾果能變黃金,由此印證。

相關文章

近期文章

EN 日本語

Turning Trash into Treasure

Lotos and Guantian’s “Black Gold”

Lynn Su /photos courtesy of Jimmy Lin /tr. by Scott Williams

In this age of excessive materialism, we tend to prefer new to old and quickly dispose of anything used. We’ve traveled this path for so long that we’ve stuffed Nature’s gullet with trash. With the natural world now rebelling at last, humanity is slowly awakening to the problem. We have been far too comfortable with the production‡consumption cycle, with simply throwing away anything “old.” But can we change our attitudes? What if waste weren’t simply waste? After all, it is we humans who define the term.


 

TecHome Technology is wedged between factories in Tainan’s An Ping Industrial Park. A gray truck stands outside the company’s offices, its sheet-metal exterior covered in a layer of cement paint. Lightly patterned, the paint is subtly different from the usual.

Kuo Wen-yi, TecHome’s owner, leads us up the stairs to the second floor of the company’s offices, where he shows us a large portrait of Che Guevara created using the same paint. Kuo gives the portrait, which he painted himself, a satisfied look and tells us, “This painting is very important to me because it represents a revolution.”

Transforming silt

Kuo’s business has its roots in the Agong­dian Reservoir in Kao­hsiung’s Yan­chao District. Geologically speaking, Taiwan is a young and fractured land. Heavy rainfall frequently washes large amounts of earth and gravel out of our fragile highlands and down into reservoirs like Agong­dian, where it accumulates and reduces their storage capacity.

The 4 million tons of silt that build up in Taiwan’s reservoirs every year are an ongoing headache for our water management agencies. When Kuo was pursuing his PhD in civil engineering at National Cheng Kung University more than a decade ago, the Council for Economic Planning and Develop­ment (now the National Development Council) asked his advisor, Huang Jong-shin, to research applications for the difficult-to-­dispose-of reservoir silt.

Huang’s team developed a method for reforming reservoir silt, turning it into a gas-permeable, water-resistant cement additive that also prevents efflorescence. These properties make it very useful in construction and renovation. Once Kuo finished his degree, he formed TecHome, NCKU’s first spin-off company, to sell the additive under the “Lotos” brand name.

Kuo admits that transitioning from R&D to running a company has not been easy, noting that building a market is tougher than developing a technology. In fact, it took the 13-year-old company seven years to turn its first profit. Asked why he didn’t just transfer the technology to another company and enjoy the fruits of his labor, he says: “I had to do it myself to maintain the brand’s spirit and ideals. Most companies are profit seeking. If they don’t make money on something within a few years, they pull out of the market.” Patting the portrait on the wall, he laughs, “That’s why I say this image is so important.”

Most Taiwanese have seen efflorescence in a home at some point. The surface breakdown that it can cause in cement walls is known as “wall cancer” in Taiwan. Modern construction uses a great deal of cement, which absorbs moisture more easily than it releases it. Taiwan’s warm, humid climate makes efflorescence common and has given rise to the belief that it cannot be treated. However, adding Lotos to the cement plaster used to surface a wall can completely resolve the problem.

In the company’s early days, Kuo planned to begin by selling to construction com­panies, not realizing that firms in traditional industries were very conservative, and that the larger the company, the less willing it would be to try something new. Forced to change course, he built an online sales platform and set his sights on the general public. He even ventured onto the front lines himself by filming educational videos and writing articles to answer consumers’ questions.

Branching into the arts

If you ask Kuo his secret to business success, he’ll tell you it’s really nothing special—he just insists on quality. He doesn’t like to stress that Lotos is a “circular ma­terial” because there is a perception that materials labeled as “circular” lack durability, and he doesn’t believe that applies to his product. “If you want consumers to have confidence in your products, you have to ensure their quality.”

TecHome has stuck to this philosophy, and ­developed a loyal customer base through the exceptional quality of its products. These customers have in turn expanded TecHome’s market via positive word-of-mouth on social media.

Nini-Mumu is a brand of household items made from cement. Founder Ray Wu had gotten involved with growing succulents, which led to exploration of the cement containers often used to pot them. Wu, who enjoys making things by hand, began experi­ment­ing with cement products from a number of companies before settling on Lotos.

Downtown Tainan’s Lotos Inside is a gathering place for a number of artists that support Lotos. By serving as both an arts and crafts studio and a retail space, Lotos Inside is introducing people to a different side of cement.

One of the walls inside the space is finished with Lotos plaster, giving it an industrial aesthetic. Nini-Mumu products made from Lotos Mordel 3D cement are on display in the product area, and include gray, black and white flower vases, tea trays, and soap dishes. Decorated with interesting patterns and textures using Wu’s own techniques, they imbue cement products with a surprising wabi-sabi aesthetic.

Transforming agricultural waste

As with TecHome, the impetus for a move into the circular economy is almost always a volume of waste so large it instills a sense of helplessness.

Tainan’s rural Guantian District grows water caltrops. When we visit at the tail end of the production season, several senior citizens are sitting in a circle, peeling the aquatic vegetable. Adept at their task, each quickly accumulates a hillock of water-caltrop skins at their side.

Visitors are drawn to such pastoral scenes, but their charm belies a longstanding ­problem for locals. 

Guantian produces about 6,500 tons of water caltrops per year, some 500 tons of which remain in the community. These are the peeled skins, and they are a major trash headache. In the past, farmers dumped them into nearby ponds and piled them beside roads and paddy-field embankments. But over time, these dumping areas began to stink and breed mosquitoes. Farmers also resorted to burning the peels in their fields after the harvest season was over, but this created air pollution. When confronted about the burning, farmers often shrugged their shoulders and claimed ignorance about who was doing it.

Finding a way forward

Yen Neng-teng arrived in Guantian five years ago to take over as head of the district administration. When he observed the long-term problem, his first thought was to process the water-caltrop skins into biochar.

When we enter Yen’s office, we notice that it isn’t quite what we expected. The bottles and cans on the back of a desk contain the results of Yen’s experiments with various brands of biochar. The hydroponic plants around the room are also part of his experiments. 

A graduate of the Mechanical Engineering Department at NCKU, he has the factfinding orientation of someone trained in the sciences and regularly conducts experiments on water-­caltrop charcoal. He picks up a Chinese fan palm (Livistona chinensis), its twisted roots plainly visible in the clear glass container, and explains that the small layer of water-­caltrop-skin char at the bottom of the pot is highly adsorbent. That attribute of the char has enabled the water in the container to remain unchanged for years while remaining perfectly clear.

“I hope our communities can grow like this plant, from here to here,” says Yen, pointing first at the layer of char and then at the lush green fronds.

He explains that the government’s past attempts at community development tended towards one-off events or programs, the effects of which didn’t last. Nowadays, efforts have shifted to “placemaking.” Yen sees high-value-added water-caltrop biochar as an example of the latter and hopes it will set the community’s economy on a sustainable footing.

Broad cooperation

With Yen pushing, the quiet community began to get busy. Now, when the water-­caltrop season arrives, the local seniors peel and sun-dry the skins, which are then collected and sent to a kiln. Over the last few years, the “recycling” rate of the skins has risen to 60%.

Lin Hong-ping, a distinguished professor in the Department of Chemistry at NCKU, developed the core technology for making char from water-­caltrop peels. He explains that the skins are dried in the sun until their moisture content declines to 10%, and they are then loaded into barrel-­shaped steel furnaces and burned at 1000°C for 30 minutes, then quickly cooled by spraying water into the furnaces. This process turns the originally reddish skins to shiny black charcoal.

Lin notes that producers of water-caltrop char have to pay attention to several factors, including the water content of the peels, the dimensions of the furnace’s primary and secondary air inlet holes, the width of the chimney, and the duration of the burn, all of which must be precisely controlled. He notes further that it took a year and a half of experimentation to determine the values that yielded the best results. 

Lin points out that the high lignin content of water-caltrop skins makes them a good source material for biochar. They also have a high “specific surface area” (SSA) after burning, with just one gram of water-caltrop char having the same surface area as half a basket­ball court. This makes the char very adsorb­ent, enabling it to soak up moisture and odors and improve the quality of soils and water. He says that testing has shown that the levels of dioxins and polycyclic aromatic hydrocarbons in the char fall within inter­national standards, meaning that it is very safe.

As a model for placemaking and a producer of water-caltrop biochar, Guantian has become a campus of sorts. Faculty and students from NCKU and other important Southern Taiwan colleges and universities, including Kun Shan University and Chia Nan University of Pharmacy and Science, have visited and used their particular resources to assist with the community’s development and to learn to participate in community services.

Such forward-looking development has attracted young entrepreneurs who are further­ing the commercialization of “waste” materials, and proving that you can indeed turn trash into treasure.

科学技術で廃棄物を宝に変える

ダム底泥の「楽土」と台南官田の「菱殻炭」

文・蘇俐穎 写真・林格立 翻訳・山口 雪菜

物質的に豊かになり、ものがあふれる時代、私たちは次々と新しいものを買っては捨てていく。そして大量のゴミを消化しきれなくなった時、ようやく目が覚める。私たちは長年にわたり、生産、消費、廃棄という直線型の思考をしてきたが、角度を変えて考えてみてはどうだろう。それは本当にゴミなのだろうか、と。


台南市の安平工業区。たくさんの工場が並ぶ中に成大昶閎科技公司(TecHome)はある。入口に灰色の車が泊まっているが、その車体の板金にはセメントが木目模様に塗ってあり、人目を引く。

責任者の郭文毅が中へ案内してくれる。2階に行くと、セメントで描かれた人の背の高さほどある絵が飾ってある。チェ・ゲバラの肖像だ。郭文毅は自ら描いたこの作品を眺めながら「この絵は私にとって大切なものです。これは革命なのですから」と言う。

彼の起業のきっかけとなったのは高雄燕巣にある阿公店ダムの底に溜まった泥だ。台湾は地質的に若く、大雨が降ると、草も生えない川上の月世界から大量の土砂や泥がダムに流れ込み、ダムの貯水機能に深刻な影響を及ぼす。

泥から新たな建材を

これは阿公店ダムだけの問題ではない。台湾では年間合計400万トンの土砂や泥がダムに流れ込み、行政の水利部門はこれに頭を悩ませてきた。十数年前、郭文毅が成功大学土木科の博士課程にいた時、その指導教授である黄忠信が、経済建設委員会(今の国家発展委員会)の依頼を受けて、ダムの底泥の応用を研究し始めたのである。

そして研究チームは「ダム底泥改質技術」の開発に成功した。通気性と白華現象防止に優れた添加剤として建築や内装に利用できるというものだ。卒業後、この技術を基礎に、郭文毅は成功大学で初めての大学派生スタートアップを立ち上げ、「楽土」(Lotos)というブランドを打ち出した。

だが、研究から起業への道は厳しかった。市場開拓は研究開発より困難だったのである。起業して13年になるが、最初の7年はずっと赤字が続いた。技術移転することは考えなかったのかと問うと、「自分でやってこそブランドの理念を維持できます。一般企業は利益を追求しますから、数年やって利益が出なければ、とっくにあきらめてしまっていたでしょう」と答える。「だから、この絵は私にとって重要なんです」と壁の肖像画を手でたたく。

台湾の多くの人が経験しているのは、家のコンクリートの壁に白い粉のようなものが現れる「白華現象」だ。郭文毅によると、これは湿気を吸いやすい一方で排水しにくいというコンクリートの特性から、湿度の高い台湾で生じやすい現象で、これまで解決のしようがないとされてきた。それがコンクリートに「楽土」を加えることで、この問題が解決できるようになったのである。

一般に売られている装飾素材の大部分は輸入に頼っている。例えば日本で人気の珪藻土などだ。「しかし、これらの原材料は台湾のものではありません。私たちは台湾の原材料を用い、自分たちのものを作るべきです」と郭文毅は言う。そうした中で「楽土」は期待にたがわず、台湾の素材として、台湾の多くの住宅に見られる長年の問題を解決することができたのである。

起業当初、郭文毅は業界のトップに立つゼネコンをターゲットとして市場開拓に取り組んだが、従来型産業の大手企業は保守的で、なかなか新素材を試してくれなかったという。そこでやり方を変え、一般消費者向けにオンラインで販売することにした。自ら使い方を動画に撮り、文章も書いて消費者の疑問に答えていった。

泥がクリエイティブに

郭文毅に成功の秘訣はと訊ねても、特別なことはないと言う。何事もオープンにする彼が唯一こだわってきたのは品質だ。だが、彼はあまり「循環型素材」であることを強調しない。市場では「循環」を打ち出した耐久性の低い商品が多数出回っており、それを良しとしないからである。「まずは品質を確かなものにしてこそ、消費者の信頼が得られます」と言う。

このような理念で優れた品質を追求してきたため、忠実なユーザーを獲得することができた。SNSで口コミが次々と広がり、しだいに大きな市場が開かれていったのである。

「泥泥木木」というのは、セメントで作った生活用品のブランドだ。創設者の呉立偉は多肉植物栽培の愛好家で、それにふさわしい器を探していた。そこで手作りの好きな彼は、いろいろな素材を実験していくうちに「楽土」の素晴らしさに気づくこととなった。

「類似する商品はいろいろ売られていますが、楽土は安定していて表面の密度が高く、粉も落ちないので、とても使いやすいのです」と語る呉立偉は、一般の消費者から「楽土」のパートナーとなったのである。

台南市にある「共創基地」は楽土を中心とするスペースで、楽土を愛するアーティストや創作者が集まっている。芸術家のアトリエとDIY教室、商品販売を兼ねたここは、コンクリートやセメントに対するイメージを一新してくれる。

その内部には楽土を用いたモルタルの壁があり、打放しのコンクリートのようなインダストリアルな質感がある。展示されている「泥泥木木」の商品には、楽土を用いた花器や盆、石鹸置きなどがあり、グレーと白と黒を基調としている。呉立偉が開発した独自の技法が施されていて、型で押した木目の盆やまだら模様の花器など、セメント素材の素朴な美に目を奪われる。

「菱殻」から「菱炭」へ

楽土と同様、循環経済推進のきっかけとなるのは、多すぎて手に負えない廃棄物の存在だ。

菱(ヒシ)の実の産地——台南官田を訪ねると、ちょうど旬の終わりの時期で、家々の前に年配者たちが輪になって座り、菱の実を剥いていた。慣れた手つきで次々と剥いていき、あっという間に殻の山ができる。

観光客には珍しい農村の風景だが、この先が問題だ。菱の殻は堅く、不規則な形をしていて尖っているため、ゴミ収集車の部品まで傷つけてしまうこともあるという。

統計によると、官田では年に6500トンの菱の実が生産されるが、そのうち500トンは現地で消費され、その殻が大量のゴミとなって人々を困らせている。農家の人々は近くの池に捨てたり、田んぼのあぜ道に積み上げたりするが、時間が経つと悪臭を放ち、害虫の温床にもなる。農地で焼却処分する人もいるが、大気汚染の原因にもなる。とにかく、処理のしようがないのである。

地域の活路に

5年前、この台南官田に区長として赴任してきた顔能通は、地域の積年の問題を知り、これを焼いてバイオチャコール(炭)にすることを考えついた。

区役所の中の顔能通のオフィスは一般の区長室とはずいぶん違う。成功大学機械学科に学んだ彼は、理科系らしい事実を追求する合理的な態度で、普段から菱殻炭を使ってさまざまな実験を行なっている。

オフィスの後ろには各種の瓶が並んでいるが、これは顔能通がさまざまな炭を実験した結果であり、そこここに水耕植物も置かれている。彼はその中からヤシ科のビロウという植物を手に取る。透明なガラスの中にびっしりと根を伸ばしているのがはっきりと見え、底には菱殻炭が薄く敷かれている。炭には不純物を吸着する作用があり、何年も水を換えていないが、水を換えたばかりかのように透き通っている。

「地域全体が、この植物の『ここからここまで』のようになってほしいと願っています」と顔能通は言いながら、ガラス瓶の底の菱殻炭から上に生い茂った緑の葉までを指差す。

その話によると、政府がかつて推進してきたコミュニティ発展や町づくりは、一度きりのイベントやプロジェクトが多く、効果は長続きしなかった。しかし現在は地方創生という考えが導入されている。官田では付加価値の高い菱殻炭を通して地域経済に持続可能な道を開きたいと考えている。

産官学と地域が協力

顔能通の積極的な動員で、地域全体が動き始めた。菱の実の季節になると、地域の年配者が殻をむいて天日に干し、それらを集めて窯へと送る。これを何年か続けてきた結果、回収率は6割に達しているという。

菱の殻を炭にする技術を開発した成功大学化学科の特任教授・林弘萍はこう説明する。まず、菱の殻は天日に干して水分含有率を10%まで下げ、それを鉄の桶に入れて1000℃の高温で焼き、30分後に水をかけて急速に温度を下げる。すると淡い赤だった菱の殻が、黒光りする炭になるのである。

林弘萍によると、そのプロセスにはさまざまなポイントがある。焼く時点での菱の殻の水分含有率、鉄の桶に開けた2種類の穴の数、煙突の直径、焼成の時間など、どれも精確に設定されているのである。さまざまな実験を行なって最良の方法を確立するのに一年半の時間を費やしたという。

林弘萍はさらに説明する。菱の殻はリグニン(木質素)を多量に含んでおり、それがバイオチャコールの優れた原料となる。菱殻炭の「比表面積」は1グラムでバスケットボールのコート半分に匹敵し、吸着力が極めて高い。そのため吸湿や消臭の効果が得られるだけでなく、土壌や水質の改善にも利用できる。林弘萍は製品の安全性も重視しており、ダイオキシンや多環芳香族炭化水素の量も検査に送り、いずれも国際基準にかなっているという。

台南官田は菱殻炭で地方創生のモデルケースとなり、もう一つの教育の場ともなっている。成功大学や崑山科技大学、嘉南約理大学など、台南一帯の大学の学生や教員が次々と官田に入り、それぞれのリソースを投入している。学生たちはここで社会サービスを学び、ともに地域発展を推進している。

菱殻炭は暮らしに役立つだけではなく、産業の現場でも多くの応用が可能だ。例えば、顔能通が最初に考えたのは農地の肥料として地力を高められることだ。また養鶏場では菱殻炭を砕いて飼料に加え、鶏の抵抗力を高めている。繊維メーカーも官田を訪れ、汗の吸収や消臭に優れた繊維製品の開発を検討している。

ゴミを価値の高い製品へ変えていく。将来性のあるこの分野は若者を起業へと導き、ビジネスとして成立することが証明された。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!