Protecting the Environment Through Green Innovation

Hair O’right International
:::

2018 / September

Lee Shan Wei /photos courtesy of Jimmy Lin /tr. by Scott Williams


Long criticized as a major source of pollution, the

 chemicals industry is today moving into the vanguard of environmental protection. Hair O’right Inter­national Corporation’s fully integrated green supply chain exemplifies the company’s core commitment to environmental protection, and Taiwan’s prowess in terms of green innovation.

O’right is committed not just to making its products a success, but also to being an environmental leader. The company stood at the top of the Ministry of Economic Affairs’ Taiwan Green Classics Award rankings in 2011 and 2013; was the first Taiwanese SME to earn Taiwan’s Carbon Footprint Label; and was also the first company in the world to obtain PAS 2060 carbon neutrality certification for a shampoo.

 

 


Saving energy, cutting carbon

It is two o’clock in the afternoon on a scorching midsummer day in Taoyuan’s Longtan District, and the street feels as hot as a New Year’s cake fresh from the oven. Leaving the sidewalk, we slog up 20-some exterior steps to the entrance to Hair O’right International Corporation’s lobby, where we find a cool breeze dissipating some of the ferocious heat.

On entering the building, a green wall of live plants provides cooling relief to our eyes as well. Watered with rainwater and recycled water from the factory, the living wall greatly reduces interior temperatures, which helps the company save energy and reduce its carbon emissions.

A breeze passing through the work area on the right side of the lobby cools us down even though the building’s air conditioning is currently off. The structure’s open floor plan, 3.8-meter-high ceilings, and 1000 square meters of space allow air to flow freely around the roof supports. The building is also outfitted with floor-to-ceiling windows along three exterior walls that can be opened to draw in refreshing natural breezes, and with silently turning industrial ceiling fans to help circulate that air. This energy efficient design earned O’right’s headquarters an Outstanding Green Building Award from the Ministry of the Interior in 2013.

Green energy

The building, which cost more than NT$200 million and took two years to build, opened on World Environment Day (June 5) in 2012 and was Asia’s first GMP-compliant cosmetics factory to meet the standards for green buildings. O’right has invested heavily in the idea of creating a sustainable symbiosis between people, buildings, and the environment. For the company, “environmental protection” isn’t just a slogan; it is a way of life.

Company chairman Stephen Ko’s commitment began with choosing to site the headquarters on a hillside to take advantage of difference in the elevation, which makes the facility’s grounds average two degrees cooler than flatter land nearby. To further moderate the building’s temperature, the company designed it with 40-centimeter-thick walls, and surrounded it with large trees, including sweetgum, camphor and bald cypress. These measures help keep interior temperatures constant, warm in the winter and cool in the summer.

The numerous barriers to the muggy heat make the air conditioning system little more than a decoration. In fact, it only turns on if the temperature inside the building exceeds 26ºC. “We average about 300 days a year without air conditioning.” The company is particularly proud of its energy savings in 2016, a year in which it used its air conditioning system for only 216 hours.

Solar panels cover the entire roof of the building like parasols, making efficient use of the abundant sunlight. When the autumnal monsoon rolls in, the local terrain guides the wind to a wind turbine that generates electricity. Between the two systems, the building produces more than enough power in a year to meet its own needs, and the company sells the surplus. 

On the right path

Born in Kao­hsiung’s Feng­shan District, Ko remembers the many challenges he has faced since early childhood. His father was a veteran, and his family was in debt. Their living room was always filled with a variety of products awaiting finishing. The whole family used to pitch in to complete them for extra income. Ko was the second-eldest child, and began working with his mother to stitch sequins onto qipaos while still in elementary school. Those difficult times forged tight bonds within the family.

“My father gave me the money he’d set aside for funeral expenses to start my company.” Ko says that clutching his parents’ life savings in his hands was an emotional experience. “We started out as agents for foreign haircare products.” Young and inexperienced when they set up their firm, Ko and his partners frequently stumbled and were nearly trampled in the very competitive market.

Ko lost his parents within six months of one another while in the midst of these business difficulties. He was devastated. And then his business partners departed the company over matters related to the company’s direction, leaving it on the brink of bankruptcy. “If not for my wife’s encouragement and support, I’d still be stuck in that mess.” In 2006, he resolved to take the company out of the market’s mainstream and develop it in a greener, more organic direction by helping people eliminate heavy metals and other toxic chemicals from their lives.

When O’right broke ground on its new headquarters, Jerry Wang, a former director of the Taiwan Excellent Brand Association, was the only VIP to attend the ceremony. Wang offered Ko suggestions on how to establish a brand, realize his vision, and hold fast to core company values. “I am very grateful to him for his thoughtful advice,” says Ko.

All-around green innovations

“We are a product of our time, our location, and our relationships.” With environmentalism becoming a global trend, O’right’s commitment to “natural, pure, and environmentally friendly” products has put it at the forefront of the green movement. “We know what kind of shampoo our customers demand, but what kind of shampoo do our rivers expect?” asks Ko, explaining that when ingredients containing toxins are used to make shampoos, the wastewater from those production processes pollutes our rivers. O’right seeks to make environmentally friendly shampoos with broad appeal by using only natural, biodegradable ingredients with no detectable toxins.

After winning several Taiwan Excellence awards for its products, O’right moved on to making sure its ­packaging also met green labeling standards. The company’s bottles, bamboo caps, and even dispenser caps are all made from non-toxic, environmentally friendly materials that break down over time. Its cardboard boxes are made from 100% recycled material, and it uses environmentally friendly paper-based packing tape and super-thin re­cycl­able bubble wrap. It pays attention to even the pallets on which it stacks its products, using ones made from recycled plastics to further reduce its carbon emissions. These fully integrated green processes earned the company a carbon footprint certification in 2016.

Treasuring water resources

To avoid depleting underground aquifers, the company meets its water needs with municipal water, which it turns into ultrapure water via an eight-step filtration and disinfection process. Rather than discard the mineral­-rich wastewater produced as a byproduct of this process, the company collects it and uses it for cleaning, flushing toilets, and watering plants.

O’right also reuses the wastewater from the com­pany’s manufacturing processes, purifying it and then collecting it in an eco-pond that helps regulate temperatures.

Believing that being conscientious about little things can lead to big results, the company has even installed pedal-controlled faucets that save water and electricity.

Testing the waters

Ko’s personal motto is: “The will and motivation to succeed, the passion to persevere.” Over the last six years, more than 26,000 visitors have come to see his company’s headquarters, which holds gold-level EEWH green building certification. “Our most important mission right now is spreading the idea of caring for the planet.” With that in mind, O’right has organized an Earth Hour event in Taiwan in each of the last eight years. More than 500 companies participated in this year’s festivities, which promoted energy savings and carbon reductions.

Ko notes that O’right has also planted 2,660 trees over the last eight years. The company’s much-lauded “Tree in the Bottle” product line is yet another example of its commitment to taking action to protect natural resources. “We hope each person using one of these bottles will be a seed, and that together we will make a forest.”         

Relevant articles

Recent Articles

繁體 日本語

綠色創新‧環保永續

歐萊德用熱情守護地球

文‧李珊瑋 圖‧林格立

昔日讓人詬病為污染源頭的化工產業,今日翻轉為環保尖兵。打造一條龍式的綠色供應鏈,實踐從源頭守護地球的信念,歐萊德誓言堅持走下去,讓世界知道台灣在綠色創新上,與先進國家並駕齊驅。

歐萊德的執著,不僅成就產品的榮耀,也擁簇企業成為綠色先趨。2011、2013年,兩度獲得經濟部「台灣綠色典範獎」全國評比第一名,成為全台灣第一家榮獲國家「碳足跡標籤」的中小企業,也是全球第一家達成「碳中和」PAS2060的品牌。歐萊德代表台灣在2011年APEC部長級會議、2014聯合國第二屆碳足跡會議發聲,是中小企業的驕傲,更展現台灣環保意識向下扎根的力量。


用綠色巧思,節能減碳

三伏天的午後兩點,曬得滾燙的柏油路面,像剛出爐的年糕,蒸騰出悠悠的熱氣。拾級而上二十多個階梯,站在歐萊德的希望大廳前,陣陣涼風,四面八方地吹來,把熱浪悄悄帶走。

走進綠色走廊,整個牆面活生生的綠意,先讓眼睛清涼下來。利用雨水和廠區回收水養護出的茂盛植栽,張牙舞爪的把暑氣一吋一吋地吃下。這片綠意盎然的植生牆,是最天然的空氣清淨機,讓員工和訪客浸沐在森林浴中,大幅改善熱島效應對環境的衝擊,達到節能減碳的目標。

踏進希望大廳右側的低碳辦公區,冷氣依然沒有開啟,但是涼風習習,體感溫度驟然下降。映入眼簾的壁面,全是細緻的清水模,灰白沉穩的色澤,撫平心情的燥熱。挑高三米八,沒有隔間的300坪方正空間裡,空氣在樑柱間自由流動。均勻懸掛在天花板上的工業吊扇,無聲地緩緩旋轉。環繞三面空間的落地窗,適時引進涼爽的自然風。披掛在窗內的黑色遮光簾,配合屋外濃密高大的綠樹,正在施展阻絕熱浪的魔法。這裡是2013年獲得內政部「優良綠建築榮譽獎」,位於桃園市龍潭半山坡上的歐萊德綠建築總部。

綠能發電,減少碳排放量

這座歷時兩年,造價超過2億元,於 2012 年 6 月 5 日世界環境日落成啟用,是亞洲第一棟符合綠建築標準的GMP 化妝品工廠,歐萊德以「人、建築與環境永續共生」的理念大膽投資。在這裡,環保不是口號,而是身體力行。

從選地開始,歐萊德董事長葛望平就有堅持,「這塊地,我們找了一年半」。利用地勢的高低差,廠區週遭平均氣溫,已經比平地下降2度。「我希望建築像是從土地裡長出來的,完全融入自然」,廠房建成後,不但把原來生長在該地的樹木移植回來,提供鳥類棲息。更種植了楓木、樟木、落羽松等大型喬木,圍繞著厚達近40公分的牆面,讓熱氣不易穿透。經過角度計算的大片飛簷,更減縮外牆受到日照曝曬的時間。而七里香、台灣杜鵑等長年生機盎然的灌木,以及大量蔓藤植栽,更稱職的蔽護著大樓底層。這些防護措施,讓室內溫度保持恆定,冬暖夏涼。

在溽暑中,有了重重的阻隔,冷氣在這裡幾乎只是裝飾品。只有在室溫超過攝氏26度時,才會啟動。辦公區域中的智慧型偵測器,一旦感應到室內二氧化碳濃度超過800ppm時,裝置在天花板上的全熱交換機(Total Heat Exchanging System)便會自動運作。這時戶外的新鮮空氣會被引進室內,不但維護健康,也大幅減少冷氣的使用量。2016 年全年使用冷氣的時數僅有 216 小時,相當於27個工作天。「我們一年平均有300天不必開冷氣。」這是2016年歐萊德值得驕傲的節能成果。

像是大型陽傘的太陽能光電板,覆蓋整座大樓樓頂,豐沛的日照,讓它發揮最大的效能。東北季風來臨時,風櫃口的地形,讓風力發電機繼續接力。全年綠能發電產量,不僅足夠供應廠區的用電,還有餘裕可以售出。

走對的路,上天也來幫忙

一撮不經意垂落額前的捲髮,戴著粗黑造型鏡框的葛望平,傳遞出經典的時尚。出生在鳳山的葛望平,回憶起創業歷程中的諸多考驗,不禁哽咽。「我的父親是一名老兵。」從葛望平出生開始,家裡就在負債。客廳裡永遠堆放著做不完的各式加工品,全家大小一起動手,貼補家用。排行老二的葛望平,是家中唯一的男孩,卻沒有驕縱的習性。從小學開始,就會幫著母親一針一線地縫著旗袍上的亮片。這個艱苦的成長歷程,凝聚了家人間親密的情感,也培植出比常人早熟的個性。

「父親拿出棺材本給我創業。」2002年葛望平捧著雙親一生的積蓄,內心無比的激動。學機械的他,因為愛美,而希望創造美好事物。「我們是從代理國外美髮用品起步」,幾個經驗不足的年輕人,一路跌跌撞撞,在市場激烈競爭下,近乎滅頂。

此時屋漏偏逢連夜雨,雙親在半年間相繼因病過世,心中的支柱瞬間傾倒。創業的夥伴也因理念不合,陸續出走。原本就是重度過敏體質的葛望平,在內憂外患下,瀕臨崩潰。「要是沒有太太的打氣和支持,我可能到現在還走不出來。」痛定思痛,2006年葛望平決心走出不同於市場潮流的道路,發願要幫助人們遠離有毒重金屬與化學物質的危害,朝向「綠色有機」發展。

企業總部裡通往天空農場的樓梯間,催生台灣品牌的種子教官王文璨的肖像,在陽光灑落的天井間,展露笑容。曾任台灣精品品牌協會(TEBA)理事長的王文璨,是歐萊德企業總部動土時,唯一到場致賀的貴賓。「我很感念他對我的叮嚀。」教導葛望平如何樹立品牌,實踐理想,並且堅守企業的核心價值。

全方位的綠色創新

「是天時、地利、人和,造就了我們。」當環保意識成為國際潮流,歐萊德堅持「自然、純淨、環保」的初衷,成為綠色尖兵。「我自己是過敏體質,對化學品有強烈反應。」葛望平的聲音,有著濃厚的鼻音,因為如果使用有毒性原料,排出的廢水即會汙染河流,「我們知道客戶需要什麼樣的洗髮精,但河流又期待一個什麼樣的洗髮精?」一種讓所有人都可以安心使用,並且不傷害地球的信念,激發歐萊德全面使用無毒可分解的天然原料。「我們沒有做廣告,而是使用過我們產品的美髮師們,在社群間口耳相傳。」當鎮日接觸洗髮精的雙手不再過敏龜裂,就自動成為歐萊德的代言人了。

「從無到有的過程,我們也是一路摸索。」當產品陸續獲得台灣精品獎後,歐萊德走向第二步,「讓包裝材料都符合綠色標章。」從瓶身到竹製瓶蓋,甚至是壓頭,都落實使用環保無毒,可分解的素材。不只紙箱,還訂製特殊的環保封箱貼紙,「超薄」AIR 緩衝氣泡袋全都是回收再製品。堆放商品的棧板,也是用回收塑膠瓶蓋製成,有效降低碳排放量。一條龍的綠色製程,讓歐萊德在2016年得到產品碳足跡認證。

珍惜水資源,錙珠必較

為了不破壞地下水位的平衡,歐萊德將自來水再經過八道過濾消毒手續後,淨化為超純水。除了供應生產線外,也是全公司員工和來賓的飲用水。「我每天也是喝這個水。」葛望平拿起桌上的環保杯說。

超純水製造過程中,必然會排放富含高礦物質的過濾水,歐萊德可沒有讓水資源白白流掉。利用管線收集,作為洗滌、衛浴用水,也拿來澆灌植物。

即使是產品製造過程中排出的廢水,經過調節、隔離、水解氧化、水凝沉澱等循環系統淨化後,匯集到具有調節氣溫功能的生態池。池中的水生植物,吸引大量生物棲息,夜晚蟲聲蛙鳴不斷。

在小地方用心,才能顯現大成效。「我們的水龍頭是用腳踩控制的。」機械式的裝置,不但省電,也大幅節水。

投石問路,期盼引起共鳴

「意志啟發成功,熱情持續永恆。」這是葛望平的座右銘。「我每天都抱著產品入眠」。取得「台灣EEWH綠建築」黃金級認證的光環下,六年多來,已有高達二萬六千多人次造訪。「其實我們現在最重要的任務,是把這份愛地球的理念宣揚出去。」為宣導節能減碳,歐萊德連續8年舉辦Earth Hour關燈1小時活動,今年已有500多家企業響應。就像一顆投入湖心的石子,已經激起不斷擴展的漣漪。

歐萊德更以種樹、淨灘等活動,號召團隊同仁和家屬,供應商和客戶一起參與永續環保。「8年來,我們認養種植的樹木,已達到2,660棵。」歐萊德用實際行動守護天然資源。就像獲得國內外無數獎項的「瓶中樹」產品系列的發想,「我們希望每一位使用者都像一粒種子,當大家集結在一起時,就會成就一片森林。」                   

グリーン・イノベーション

エコロジーを実践するオーライト

文・李珊瑋 写真・林格立 翻訳・久保 恵子

昔は汚染源として嫌われた化学工場が、今では環境保護の尖兵となった。環境にやさしいサプライチェーンを確立し、川上から川下まで地球を守る理念を実践してきたオーライト(欧莱徳/Hair O'right)は、台湾が環境保全において先進国と肩を並べていることを世界に知らしめている。

この実践により、オーライトの製品は数々の栄誉を受けている。2011年、2013年と、経済部より台湾のグリーン模範賞を受け、中小企業として台湾で初めてカーボン・フットプリント・ラベルを受け、世界初のPAS2060カーボン・ニュートラルの基準を満たした。さらに2011年のAPEC閣僚会議において台湾を代表して発言したオーライトは台湾中小企業の誇りであり、台湾の環境保護意識の高まりを世界に示したのである。


グリーンの工夫で省エネ低炭素

真夏の午後二時、じりじりと熱いアスファルト路面は、焼き上げた餅のような熱気を蒸散する。二十段余りの階段を上ると、そこはオーライト社のエントランスで、涼風が四方からそよぎ、熱波を吹き消してくれる。

緑の回廊の壁面は、生き生きした植物に溢れ、見るからに涼しげである。雨水と工場排水のリサイクルで育てた生け垣は、暑気をすっぽり飲み込んでくれる。豊かな緑の生け垣は天然の空気清浄機で、社員も訪問者も森林浴に浸り、ヒートアイランドの環境への影響を大きく和らげ、省エネ低炭素の役割を果たしている。

エントランス右側の低炭素オフィス・エリアでは、エアコンをつけていないのに、涼風を感じて体感温度がすっと下がる。高さ3.8メートル、仕切りのない300坪の正方形のエリアに、天井の工業用ファンが静かに回り、空気が自由に流れる。三面は床までの窓に囲まれ、適時に外の快適な風が取り込まれる。ここは桃園市龍潭の山の中腹に位置し、2013年に内政部から「優良グリーン建築栄誉賞」を受けたオーライト社のグリーン建築本部である。

クリーンエネルギーで低炭素を実現

2億元余りの建設費と2年の時間をかけ、2012年6月5日の世界環境デーに落成したこの建物は、アジアで初めてグリーン建築のGMP基準を満たしたオーライトの化粧品工場である。人、建築と環境の持続可能な共生を理念として建設したこの工場では、環境保護は口で言うだけでなく、自ら実践するものである。

建設用地の選択から、オーライトの葛望平董事長は環境保全に心を砕いてきた。地勢の高低差を利用しているため、工場エリア周辺の平均気温は平地より2度も低い。「建物がその土地に生えてきたかのように、自然の中に溶け込ませたいのです」と言う通り、敷地に本来あった樹木を移植し、工場建設後に植え戻して、鳥たちの棲み処を確保した。工場の厚さ40センチの壁面の周囲にはカエデ、クス、ラクウショウなどの大きな喬木を植え、暑気を防ぐ。またゲッキツ、タイワンヤマツツジなど、常緑の灌木やツタなどの植栽がビルの一階を覆う。こういった措置により、室内の温度は安定し、冬は暖かく夏は涼しい状態が保たれる。

溽暑の中でも、熱気を遮断できるため、エアコンはほとんどお飾りで、26度を超えないと起動しない。2016年通年のエアコン使用時間はわずか216時間、27勤務日に過ぎない。年平均300日前後はエアコンが必要がなかったと、オーライトは省エネの成果を誇る。

大型の日傘のようなソーラーパネルが建物の屋上に並び、豊かな日照が最大の効果を発揮する。冬、東北の季節風が吹きだすと、風の通り道の地形を利用し、風力発電が動き出す。通年のグリーン・エネルギーの発電量は工場の必要性をまかない、さらに売電の余裕もある。

正しい道を行けば天も助ける

鳳山に生れた葛望平は、起業の過程での苦労を思い起し涙ぐむ。退役兵だった父は、彼が生まれた時から借金を抱えていた。居間には作業中の加工品が山積みで、一家揃って内職をしていた。姉や妹に挟まれた唯一の男の子だったが、甘やかされることもなく、小学校から母を手伝い、チャイナドレスのスパンコールを縫い付けていた。貧しい家庭に育ったため、家族の間柄は親密だったが、早熟な子供になっていった。

「父は老後の蓄えを出して起業を助けてくれました」と2002年に起業した葛望平は感謝する。当初は外国のヘアケア用品の代理から始めたが、経験のない若者のこと、市場の激しい競争に危機に直面した。

悪いことは重なるもので、半年の間に両親が相次いで病死し、起業の仲間も次々と抜けていった。もともと重度のアレルギー体質だった葛望平は、八方ふさがりの困難の中で、倒れる寸前だった。「妻の支えがなければ、今はありませんでした」と語る葛望平は市場の流れから外れ、重金属と化学物質の害を受けないグリーンでオーガニックな商品に方向性を定めた。

会社本部の屋上にある天空農場への階段、光が燦燦と落ちる吹き抜けに台湾ブランドの推進者・王文璨の肖像画が笑顔を見せる。台湾名品ブランド協会理事長だった王文璨は、オーライト本社の着工式に唯一駆け付けた賓客だった。「その教えには感謝しています」と言う通り、葛望平にブランドの確立、理想の実践と、起業の核心的価値を守ることを教えてくれた。

全面的なグリーン・イノベーション

天の時、地の利、人の和と言うが、環境保護意識が世界の流れになる天の時を得て、オーライトは自然でピュアという理念で先頭に立った。アレルギー体質で、化学品に強く反応するという葛望平は、かなりの鼻声である。「私たちは消費者が必要とするシャンプーを知っていましたが、河川はどのようなシャンプーを必要としているでしょう」と問いかけ、誰もが安心して使えて、環境に配慮することを理念に、オーライトは無害で分解可能な天然原料を採用した。「広告を打ったわけではありませんが、当社の製品を使った美容師の方から口コミで地域に広がりました」と言う通り、毎日シャンプーを使うためひび割れていた手が、オーライトの製品に換えると治ったという美容師が同社製品を宣伝してくれた。

そのような製品が次々に台湾優秀製品賞を受賞してから、オーライトは次のステップを模索した。包装材もすべてグリーン調達基準を満たすようにし、瓶からキャップまで分解可能な素材を用いた。箱には紙を使い、ラベルも特殊な環境保護素材を使い、薄い気泡緩衝材はすべてリサイクル製品である。商品を積むパレットも、リサイクルのペットボトルの蓋でできていて、低炭素の目的にかなうのである。ひとつながりのグリーン製造工程により、オーライトは2016年にカーボン・フットプリントの認証を受けることができた。

水資源の保護

地下水位のバランスを維持するため、オーライトでは水道水を濾過消毒して浄化した超純水を使う。この超純水の製造過程で、ミネラルを豊富に含んだ水が排出されるが、オーライトではこの水資源も無駄にしない。排水管から収集し、洗浄用水、バストイレ用水や、植物の水やりに使う。

製造過程で排出される廃水でも、調整、隔離、酸化、沈殿などの循環システムで浄化してから、気温調節の機能のある生態池の水となる。池の水生植物が多くの生き物を引き寄せ、夜になると虫の声、蛙の鳴き声が絶えない。

小さな場所にも工夫を凝らすと、大きな効果をあげられる。例えば水道の蛇口は全て足で押すタイプで、機械式装置のため電気は消費せず、節水にもなる。

先駆けとなり、共鳴を期待

「意志が成功を導き、情熱が永遠に持続する」が葛望平の座右の銘である。台湾のEEWH標準によりグリーン建築のゴールドレベル認証を取得してから6年余り、すでに延べ2万6000人余りが見学に訪れた。「現在の一番重要な任務とは、この地球を愛する理念を広めていくことです」と、省エネ低炭素の普及のため、オーライトはEarth Hourとして1時間電気を消すイベントを8年続けており、今年は500社余りの企業がこれに賛同して参加した。湖に投げた石が、次々と漣を広げていくように、その理念は広まっていく。

オーライト社ではしばしば植樹やビーチ清掃イベントなどを実施し、社員とその家族、サプライヤーや顧客とともに持続可能な環境を目指している。「この8年の間に私たちが植えた樹木は2660本に上ります」と、オーライトは実際の行動で天然資源を守っている。まさに国の内外で無数の賞を受けた製品「ツリー・イン・ザ・ボトル」シリーズのコンセプトのように、ユーザーの一人一人が一粒の種となり、それが集まることで森林となっていくのである。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!