Civics in the Post-truth Era

A Statistical Look at Taiwan
:::

2020 / June

Tina Xie /photos courtesy of Lin Min-hsuan /tr. by Robert Fox


We are living in a “post-truth” era. In 2016, the Oxford English Dictionary named “post-truth” its word of the year, defining it as “relating to or denoting circumstances in which objective facts are less influential in shaping public opinion than appeals to emotion and personal belief.” In recent years, the words and ideas of leading figures in political or social movements have drawn more public attention than the social issues themselves. To get to the truth, modern citizens should cultivate the ability to find factual evidence in complex data and information.


In Taiwan, a firm named Re-lab is presenting information visually to make data and content more access­ible to the public, providing citizens with the means to understand and discuss all sides of the issues, and so bringing them closer to the truth.

Spotting the cognitive gaps

Re-lab, Taiwan’s first “visualized information” company, was founded in 2011 by six college students. The team handles a wide variety of projects with a need for visualized information, from publicizing startup teams, training corporate personnel, and boosting corporate images to promoting social issues.

Looking back on what spurred her to join Re-lab, cofounder Liu Yu Hsuan says, “I’m interested in communication!” All communication needs to be built on a cornerstone of facts, and the team’s task is to “let the facts speak.”

In Taipei’s 2014 mayoral election, Re-lab collaborated with News Lens International to launch an interactive online game, “Mayoral Candidates, Give Us a Peek at Your Policies.” The game presented candidates’ views as multiple-choice options without revealing which policies belonged to which candidates, enabling citizens to choose the stances closest to their own. The system then analyzed which candidate’s policies were closest to those of the public on various issues.

The game shocked many netizens when they found that the candidates they supported did not necessarily hold the same political views as their own. This cognitive gap not only reflected the fact that voters overlook candidate’s positions on issues but also broke through citizens’ blind spots in discussions of municipal policies. After the game ended, more than 70% of the players continued to read in-depth reports on News Lens International and joined discussion forums to familiarize themselves with various aspects of interrelated issues.

100 Graphs About Taiwan

In addition to taking on paid work, Re-lab also enjoys transforming different types of “user-­unfriendly” information—inaccessible or hard-­to-­decipher data—allowing citizens to rethink the relationship between people and information. Hence, the company set up Redesign Info Laboratory on Facebook in 2018, sharing various kinds of visualized information.

The lab discovered that the Dir­ect­or­ate-General of Budget, Accounting and Statistics’ National Statistical Bulletin contained data on many social issues but these data were not attractively presented and were little known to the public. The late Swedish public health scholar Hans Rosling in his book Factfulness and his many TED Talks, such as “How not to be ignorant about the world,” used data to present the world as it actually is. This inspired Re-lab team member Wu Tsung Mao to reference how Taiwanese data has changed over time with regard to the issues listed in Rosling’s book, to identify areas in which Taiwan is progressing and ­areas where more attention is needed.

The Re-lab team subsequently collected 100 sets of Taiwan data, showing trends on various issues over the past 20 years, and published the information in a book entitled 100 Graphs About Taiwan.

The book’s graphic design uses a stark black and white contrast. The white first half of the volume represents 50 instances in which Taiwan is progressing, and the black second half represents 50 worrisome areas. However, Wu Tsung Mao cautions, “It’s not a simple case of things going well or badly.” The data presented in the book show only trends, and each issue has many aspects that merit discussion. Hence, the team has also written guides to each issue, calling readers’ attention to what lies behind the data.

For example, AIDS diagnoses have risen overall in the past 20 years but have trended downward in the last two years. However, the rising numbers don’t mean that more and more Taiwanese are contracting AIDS, but that the number of formerly uncounted sufferers has come to light as awareness of screening increases. When considering this issue, rather than merely worrying, readers can consider ways in which Taiwan can raise awareness of HIV screening, allowing those infected to receive treatment as soon as possible, thereby reducing the risk of infection and promoting a positive cycle.

The limitations of statistics

Collecting comprehensive data on 100 topics from the past 20 years was a daunting task. When asked what was required, Re-lab’s Liu Yu Hsuan smiles and says, “MS Excel and perseverance!”

Government data is spread out among different agencies. Items have to be downloaded one at a time, and sometimes Re-lab has to sleuth out data to fill in the puzzle. Liu Yu Hsuan recalls the team found that cases of child abuse fell significantly in 2017, but the data didn’t divulge a clear reason for the reduction. Only after contacting a doctor did the team learn that since 2017, the Ministry of Health and Welfare has disclosed only the number of “at home” cases of child and adolescent abuse. As the scope of statistics changes, so do the numbers.

Another headache for Re-lab is apparent contradictions within the data. For example, Ministry of Education statistics show that the number of cram schools in Taiwan has increased year by year. However, researchers pointed out that cram schools have shrunk in size recently, so the numbers of students attending them may not necessarily have increased. After consulting with experts, Re-lab first identifies limitations in the data and then searches for missing information to complete the picture.

Re-lab understands that data is contextual; it’s impossible to make objective inferences without seeing the big picture. Therefore, 100 Graphs About Taiwan reminds readers to pay attention to factors that influence the data—such as redefinitions, and margins of error within statistical methods and calculations—when inter­pret­ing information.

Change begins with caring

When asked whether compiling 100 Graphs About Taiwan had increased their sensitivity to data in the news, Wu and Liu laughingly replied, “We don’t watch the news much nowadays.”

Once a media industry intern, Wu has a keen interest in data presented in news reports, and often checks online data to confirm the reports’ accuracy. He found that most media cherry-pick data to confirm their ­biases, manufacturing topics such as working hours in Taiwan.

Reports often state that among OECD countries, Taiwan ranks fourth in average annual working hours per employee, higher than Japan and South Korea. However, these findings neglect the proportion of the workforce occupied by part-time employees—the higher the numbers of part-time workers, the lower the average of annual working hours. In 2017, for example, the proportion of part-time employees in Taiwan accounted for only 3.3% of the total, compared with 22.4% in Japan and 11.4% in South Korea. This difference vastly increased Taiwan’s average annual working hours.

Even though the book debunks many Taiwanese people’s stereo­typical views of society, Liu Yu Hsuan says that Re-lab’s immediate goal is not to correct biases but to initiate long-term social dialogue. When they see how the data has changed over the past 20 years and understand how issues develop, citizens can begin to reflect, care, and communicate; that’s what’s needed most in this era. “People today engage with issues for only a short time, and the level of understanding is very shallow,” Liu says. If Taiwan is to progress, she believes, different sectors need to join in and together gradually grow.

Relevant articles

Recent Articles

日本語 繁體

ポスト真実の時代の公民科

——数字で見る台湾社会

文・謝宜婷 写真・林旻萱 翻訳・山口 雪菜

2016年、オックスフォード英語辞典はpost-truth(ポスト真実)を同年の言葉に選んだ。「世論を形成する際、客観的事実より、感情や個人的な信条へアピールする方がより影響力がある状況のこと」を意味する。近年、政治や社会運動に関わる人物の発言や理念の方が、社会的議題そのものより多くの注目を集めやすい。こうした中で真実を知るには、現代市民はどのような素養を培えばよいのだろう。どうすれば複雑なデータや情報の中から、真実につながる証拠を見出す能力を持つことができるのだろうか。


台湾のRe-labという会社は、情報のビジュアル化によってデータとコンテンツをわかりやすく示して市民の討論に提供し、人々が真実に近付けるようにしている。

認識のギャップを見出す

Re-labは2011年に6人の大学生によって設立された、情報をビジュアル化する台湾で初めての会社である。彼らが受注する案件は多様だ。社内教育、企業イメージの宣伝、社会的議題などさまざまである。

創設者の一人、劉又瑄は、あらゆるコミュニケーションは真実をもとにしなければならないと考えており、このチームの任務は「真実に語らせること」だと言う。

2014年の台北市長選挙の際に、Re-labは「関鍵評論網」サイトと協力し「市長候補者の政見を知る」というインタラクティブゲームを打ち出した。誰の政見かわからない状況で、自分が気に入った政見を選んでいくと、最終的にシステムが、どの候補者の理念に近いかを教えてくれるというものだ。

このゲームは多くの人に衝撃をあたえた。支持していた候補者と自分の理念が合うとは限らないからだ。こうした認識のギャップは人々が政見を重視していないことを示し、市政を討論する際の盲点を突いた。ゲームを終えた人の76%が、サイト内で政見に関する記事を読み、討論に加わったのである。

真実への100の手掛かり

Re-labは案件を受ける傍ら、暮らしに関わるさまざまな情報をビジュアル化し、人と情報との関係を思考する。2018年にはフェイスブックに「情報改造実験室」を設け、可視化した情報を提供している。

行政院主計処が発表する「国情統計」に社会的議題に関わる豊富なデータがあるが、それが広く知られていないことに彼らは気づいた。加えて、スウェーデンの公衆衛生学者ハンス・ロスリングが講演「世界について無知にならないために」と著書『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』で、データで世界を正しく見ることの重要性を解いていることに啓発された。そこでメンバーの呉宗懋は、ハンス・ロスリングが著書で紹介した各種テーマの数字の変化を参考に、台湾のさまざまな課題のデータの変化を整理した。

チームは台湾の100の課題を整理し、過去20年の変化の趨勢をビジュアル化。それを『台湾数拠百閲』という一冊にまとめた。

同書のデザインは白と黒の二つの部分に分かれ、前半の白い部分は「台湾が進歩しつつある50のこと」、後半の黒い部分は「憂慮される50のこと」になっている。だが呉宗懋は、問題はこれほど簡単に二分されるものではないと言う。同書で示したのは趨勢に過ぎず、どのテーマにもさまざまな問題が絡み合っている。そこで彼らは一つ一つのテーマに解説をつけ、数字の背後にあるさらに深い思考へと導いている。

例えばHIV感染者数というテーマを見ると、過去20年は上昇傾向にあるが、この2年は下降している。だが、全体的な上昇傾向は実際の感染者の増加を意味するものではない。検査を受けようという意識が高まり、以前は明らかになっていなかった感染者が見えるようになったのである。読者は、現状を心配するだけでなく、いかに検査の意識を高めて早期治療を可能にし、感染リスクを低減させるかを考えることができる。

データの枠

100のテーマに関するデータを完璧に収集するのは大変な作業だった。そのテクニックを問うと、劉又瑄は「Excelと気力です」と答える。

政府の各種統計はさまざまな省庁に分散していて、それを一つずつダウンロードしなければならず、時には失われたデータや不足部分を補うために探偵の精神を発揮することもあったという。劉又瑄によると、彼らは2017年から被虐待児の数が明らかに減少しているのを見てさまざまな資料に当ったが、これに関する説明が見つからなかった。その後、ある医師から衛生福利部(衛生省)が2017年から方針を変え、「家庭内」児童少年保護案件の数だけを公開することとなったためだと聞いたのである。統計の範囲が変わったための数字の変化だった。

もう一つ、Re-labを悩ませるのは数字の矛盾だ。「学習塾・予備校の数」といったテーマの場合、教育部による全国の統計を見るとその数は年々増加しているが、一方で近年は学習塾・予備校の規模が縮小しているという研究報告もある。専門家と議論した結果、それぞれの統計の条件を明らかにし、不足している資料を探す必要があった。

これらの問題から分かる通り、それぞれのデータの背後には研究の脈絡があり、その条件を知らなければ客観的な推論は困難になる。そのため『台湾数拠百閲』でも、データを見る時には、定義の変更や統計方法、計算方法の誤差などに留意するよう注意喚起している。

関心が変革のきっかけに

『台湾数拠百閲』を完成させた後、報道される数字に敏感になったかと劉又瑄と呉宗懋に問うと、二人は笑って「ニュースは見なくなった」と答える。

呉宗懋はメディアで実習したことがある。当時からデータに興味があった彼は、報道されるテーマに関する数字をサイトで確認していた。すると、多くのメディアが、議題を盛り上げるために都合の良い数字を引用していることに気づいたという。例えば労働時間の問題だ。

労働時間に関する報道でよく引用されるのは、台湾の年間平均労働時間はOECD諸国の中で日本や韓国より長い第4位というものだ。しかし、この結果はパートタイマーが全体に占める割合を見落としている。パートタイマーが多いほど、年間平均労働時間は短くなる。2017年の場合、台湾のパートタイマーは全体の3.3%で、日本の22.4%、韓国の11.4%より低いため、平均労働時間が大幅に長くなっているのである。

『台湾数拠百閲』は社会に対する台湾人の思い込みを打破することとなったが、劉又瑄によると、彼らの目標は偏った見方を正すことだけではなく、長期的な社会的コミュニケーションを盛んにすることだ。20年来のデータの変化を見て、ものごとの発展や趨勢を理解した後、思考し、関心を持ち、議論することこそ、この時代には必要だと考えるからだ。「現代人は、一つのものごとに関心を持つ期間が短すぎ、理解も浅すぎます」と語る。台湾がより一層進歩するためには、さまざまな分野が関わり合って一緒に成長していくことが必要だと劉又瑄は考えている。

関心を寄せることが変化のきっかけになる。普段は見過ごしがちなテーマが、実は非常に重要なこともある。例えば、劉又瑄は心身障害者に関するデータを集めていた時、心身障害者が台湾の全人口の5%を占めることを知った。先天的なものだけでなく、老化もその一つなのである。身近な問題ではないと思っていたが、将来は自分も向き合うことになるかも知れないのである。ただ社会的に注目されていないため、障害者に関する研究は少なく、記録されているデータも多くはない。

多くの人に真実を探ってもらうために、Re-labでは『台湾数拠百閲』に続いて質問形式の『百問』を出そうと考えている。読者が自分で答えを探す過程で、認識や考え方の違いに気づき、社会の真実に近付くことを願っているのだ。

後真相時代的公民課

Re-lab用數據看台灣社會

文‧謝宜婷 圖‧林旻萱

「後真相時代」已經來臨。2016年,「後真相」被《牛津英語詞典》選為年度詞彙,其定義為「訴諸情感及個人信念,較陳述客觀事實更能影響輿論的情況。」近年來,政治或社運人物的言論與理念,比起社會議題本身,更能吸引大眾關注。如果想要得到真相,現代公民該培養的素養是,在複雜的數據及資訊裡,找到事實證據的能力。


在台灣,有一家公司Re-lab利用「資訊視覺化」的方法,讓數據與內容變得親民,幫助大眾在知識充足的基礎下,進行公民討論,了解議題的多元面向,更加貼近真相。

在遊戲中看見認知落差

Re-lab在2011年,由六位大學生創立,是台灣首家資訊視覺化的公司。團隊接手的案子多元,從公司內部訓練、企業形象宣傳到社會議題推廣,每個領域都有資訊視覺化的需求。

回想當初加入Re-lab的初衷,創辦人之一劉又瑄說:「對溝通有興趣啊!」任何的溝通都需要建立在事實的基石上,而團隊的任務就是「讓事實說話」。

2014年台北市長選舉,Re-lab與關鍵評論網合作,推出了「市長,安安,政見給窺嗎?」的互動遊戲。將候選人的政見轉為題目選項,讓民眾在不知道政策提出者的情況下,選出心目中偏好的市政規畫,最後,系統會分析民眾在各種議題上,較接近哪位候選人的理念。

遊戲推出後,造成許多網友震撼,他們發現原本支持的候選人,其政見不一定與自己的理念相同。而這樣的認知落差,不僅反映出選民忽略政見的情況,也突破了公民在討論市政時的盲點。遊戲結束後,超過七成六的玩家繼續到關鍵評論網閱讀深入報導並加入討論區,了解相關議題的不同面向。

「市長,安安,政見給窺嗎?」讓Re-lab的知名度大幅提升,不過對他們而言,最大的成就感是「看見許多人願意跨出同溫層。」劉又瑄還記得,當時有大學生告訴團隊,雖然他們想要研究政見,卻不知從何開始,幸好該款遊戲出現,指引了他們方向。

這次的嘗試讓Re-lab與關鍵評論網相信,資訊視覺化能夠提升公民討論的興趣,於是雙方在2015年再次合作推出「一百種法案的死法」。透過遊戲的形式,引起大眾好奇心,讓玩家在挑戰障礙賽的過程中,了解法案審核程序及可能遇到的阻礙。

《臺灣數據百閱》:
探索真相的100條線索

接商業案之餘,Re-lab喜歡改造生活中各種不友善的資訊,讓大家重新思考人與資訊之間的關係,因此他們於2018年在臉書成立「資訊改造實驗室」,分享各種資訊視覺化的作品。

這個實驗過程中,團隊發現行政院主計處發佈的「國情統計通報」有許多社會議題的數據,只是缺乏美化與曝光。加上之前受到瑞典公衛學家漢思.羅斯林的啟發,他在演講《如何更了解我們的世界》與書籍《真確》中,透過數據呈現世界真實的樣子,激勵了團隊成員吳宗懋。於是他參考羅斯林在書中列出各項議題的歷年數據變化,去找出台灣正在進步、與令人擔憂的議題。

團隊後來蒐集了台灣100個數據,呈現近20年來各項議題的變化趨勢,並收錄成書,取名《臺灣數據百閱》。挑選數據種類時,Re-lab參考了主計處發佈的「社會指標統計」、「國民幸福指數」,以及聯合國永續發展目標,最後決定了八個主題。

書的外觀設計,採黑白兩色的強烈對比,白色的上半冊,代表50件台灣「正在進步的事」,而黑色的下半冊,代表50件台灣「令人擔憂的事」。不過吳宗懋強調,「事情並非變好變壞,這麼簡單的二分法。」書中案例呈現的只是趨勢,每個議題有不同方面的問題需要討論,因此團隊也為每個案例編寫導讀,帶領讀者看見數據背後的第二層思考。

以愛滋病確診人數為例,從20年的趨勢來看,整體是上升的,但這兩年其實有下降的趨勢。然而數字上升的現況,不代表社會有越來越多人患病,而是隨著篩檢意識提高,過去隱藏的人數浮現。當讀者面對這個議題時,除了擔憂,可以進而思考台灣如何能提升愛滋篩檢意識,讓感染者儘早接受治療,降低傳染風險,促進正向循環。

同樣地,空氣汙染的數據也令人意外。近幾年民間對空氣品質的訴求提升,但事實上,細懸浮微粒(PM2.5)的濃度正逐年降低。不過,相對於WHO針對PM2.5的建議:10μg/m3,台灣前(2018)年的表現17.5μg/m3,仍有一段進步的空間。此外,空氣汙染也呈現南北差距的問題,2018年空氣品質指標(AQI)顯示,不良日數比率前三名,分別為高雄市、雲林縣與嘉義市,反映了當地重工業對空氣的影響。

看見數據的框架

20年裡的100則數據,要蒐集齊全,彷彿大海撈針。問起Re-lab這份任務的箇中技巧,劉又瑄苦笑著說:「Excel和毅力吧!」

政府數據散佈在不同機關,不僅需要逐筆下載,有時候Re-lab還要發揮偵探的精神,去找尋某年消失的數據,補齊缺失的一角。劉又瑄猶記團隊發現2017年兒少受虐的人數明顯下降,翻遍資料卻找不到一個明確的解釋,直到連繫上一位醫師,才從而得知,衛福部從2017年開始只公開「家內」兒童少年保護案件的數量。統計範圍改變後,數據也跟著變化。

另一個讓Re-lab頭痛的點是「數據衝突」。針對補習班數這個主題,教育部公佈的全國補習班數量統計顯示,補習班數量逐年增加,但是,有研究者表示近來補習班規模縮小,因此全台補習班人數未必增加。經過與專家討論,Re-lab先釐清每份數據的限制,再找缺乏的資料來佐證。

從這些問題中,Re-lab了解數據背後都有其研究脈絡,若沒有看見這個框架,就無法客觀的推論。因此《臺灣數據百閱》書中也提醒讀者,閱讀數據時要留意各種影響因素,如定義更動、統計方法與計算方式的誤差。

長期的關心是改變的開始

問起劉又瑄與吳宗懋,完成《臺灣數據百閱》後,現在對新聞中的數據會更敏感嗎?兩人同時笑著回答:「現在比較不看新聞。」

過去曾經在媒體業實習的吳宗懋,對新聞中的數據極富興趣,常到相關議題的網站查看數據,確認報導正確性。這個習慣讓他發現,多數媒體會設定觀點,引用「適合的」數據佐證,製造話題,例如台灣的工時問題。

常有新聞指出,台灣的平均年總工時在經濟合作暨發展組織(OECD)的國家中,排名第四,高於日本與韓國。然而,這個結果忽略了部分工時就業者佔全體的比例。當部分工時就業者佔比越高,年總工時的平均就越低。以2017年為例,台灣的部分工時就業者比率僅佔全體3.3%,相較於日本(22.4%)與韓國(11.4%),大幅拉高了平均年總工時。

《臺灣數據百閱》書中的導讀不斷提醒讀者,不要只停留在對與錯的是非判斷,而是對議題有更多面向的了解,如此一來,才能開啟更多對話,更加貼近真相。

即使這本書打破了許多台灣人對社會的刻板印象,但是劉又瑄強調,他們的目標不是立即導正偏頗的立場,而是開啟長期的社會溝通。當大家看見20年來的數據變化,了解事情的發展後,能開始去思考、關心、討論,這些就是這個時代最需要的,「現在的人對事情的關心太短暫了,而且了解的層面很淺。」她認為,如果台灣要進步,需要不同領域的投入,一起慢慢成長。

因此,《臺灣數據百閱》去(2019)年出版後,Re-lab寄了100本書給立委選舉候選人和企業家,希望各領域有影響力的人,能看見問題的真相,關心書裡的議題。

有時候,關心就是改變的開始。有些被忽略的議題,其實比想像中重要。劉又瑄蒐集身心障礙者相關數據時,發現「他們佔了全台5%的比例!而且有些人的生理障礙並非天生,老化也算是一類。」原本看似與自己無關的議題,其實她未來也可能遇到。但是由於社會的忽視,身心障礙者的相關研究不多,數據因此也屈指可數。

為了更積極地帶領大家探索真相,Re-lab計劃未來將《臺灣數據百閱》提升為數據百問,透過提問的方式,讓大家親自找答案,在搜尋的過程中,察覺認知落差,思考議題的不同面向,進而貼近社會真實的樣貌。 l

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!