Taiwan Panorama Forum From Our Villages to the World

Rediscovering Aboriginal Images and Music
:::

2020 / November

Sharleen Su /photos courtesy of Jimmy Lin /tr. by Scott Williams


Taiwan Panorama, the Taiwan-Asia Exchange Foundation, and National Chengchi University’s Center for Southeast Asian Studies recently co-­sponsored the second New Southbound Cultural Salon. Hosted by the Taitung Art Museum, the conference invited Aboriginal musicians, scholars and experts with strong connections to Southeast Asia to discuss and explore developments in culture and the arts under Taiwan’s New Southbound Policy, as well as the state of related international exchanges and the feasibility of establishing multilateral partnerships.


In August 2020, the Taitung Art Museum hosted the second New Southbound Cultural Salon, the theme of which was Aboriginal images and music. In addition to discussions of Austronesian culture by artists and scholars in the field, the conference featured Aboriginal cultural workers sharing stories of their exchanges with Southeast Asia and Oceania. Their experiences show that Taiwan’s citizens have already begun using the soft power of music and the arts to forge ties and start conversa­tions with Austronesian-speaking nations.

A diamond world

During the conference’s first session, Taiwan‡Asia Exchange Foundation chairman Michael Hsiao noted that Austronesia is a “diamond world,” referring to the diamond-s­haped distribution of the Austronesian languages, which range from Taiwan in the north to New Zealand in the south, and from Easter Island in the east to Madagascar in the west. He also stated that the success of Taiwan’s New Southbound Policy hinges upon discovering the inmost details of our shared Austro­nesian culture. Hsiao went on to recommend that Taiwan connect to the whole of Southeast Asia through this culture by initiating even more extensive citizen-to-citizen contact.

Looking back over Taiwan Panorama’s 40-plus-year history, editor-in-chief Ivan Chen observed that the maga­zine’s in-depth reporting on topics related to Taiwan’s indigenous peoples has fallen into four major cat­egories: events, origins, education and cultural appreciation. One of the themes our articles have discussed is the develop­ment of Aboriginal music in Taiwan and its future possibilities.

How does Taiwan fit into the Austronesian world? Chung Ching-bo, director of the Taitung County Cultural Affairs Department and the Taitung Art Museum, said that while there are differing schools of thought and competing theories concerning the overall development of the Austronesian peoples, anthropological research over the last decade has shown increasing support for Taiwan as their point of origin. “It’s likely that 1400 years ago Taitung’s Dulan Village was both the capital of Taiwan and a bustling center for items made of jade.”

Lee Chi-chung, director of the Taitung Living Art Center, agreed with Chung’s remarks about the origins of the Austronesian peoples, and added that all of Taiwan’s jade used to be transported to Taitung for processing.  “Taiwanese jade can be found all over Southeast Asia.” There are also surprising linguistic similarities between Taiwan and portions of Southeast Asia. Lee explained that the pronunciations of some words and expressions are nearly identical in Amis and Malay, offering mata (“eye”) and lima (“five”) as examples, and stated, “We are brothers and sisters.”

Paper mulberry hints at migration

Archaeologists theorize that a group of brave indigen­ous Taiwanese ventured out into the Pacific Ocean some 4000 years ago, relying on wind, currents and the stars to steer their course to the Philippines.

Their descendants continued to explore unknown waters, and within 1000 or so years had reached Malay­sia, Indonesia, Polynesia, New Zealand, and even Mada­gascar. But for all the density and complexity of the routes within this network, each points to Taiwan as the place of origin.

Lin Ching-tsai, chair of the Department of Music at National Taitung University, has long studied ethno­musicology, Taiwan’s musical history, and Aboriginal music. Recalling a performance in Taiwan by an arts group from Palau, he said, “In Taiwan, that style of song and dance, the call and response between the lead singer and the group, is seen only among the Puyuma people.” To him, the parallel represents a tangible example of the connection between Taiwanese and Austronesian culture.

Another example of the connections between islands emerged in October 2011. At the time, Lin was showing the director of New Zealand’s Maori cultural tourism department around, and traveled with him to Taitung to visit Amis and Puyuma villages. On the night of October 31, tribal ancestral spirits entered the director’s dreams, greeting him and laughingly informing him: “Your ancestors set out from here.” In his dream, the director then took part in a traditional ceremony and contacted his ancestral spirits. Since then, whenever officials from Taiwan’s Council of Indigenous Peoples have visited New Zealand, local people have welcomed them with great ceremony and spread word of their arrival: “Our brothers have returned!”

Lin added that these encounters not only brought Taiwan’s indigenous peoples and the Maori closer ­together, but also indirectly spurred the inclusion of an article on indigenous cooperation in the Agreement Between New Zealand and the Separate Customs Territory of Taiwan, Penghu, Kinmen, and Matsu on Economic Cooperation (ANZTEC), which opened a new frontier for Taiwan’s free trade agreements.

Margaret Chang-hwa Wang, director of Taiwan’s National Museum of Prehistory, offered two pieces of archae­ological evidence in support of the “out of Taiwan” theory. The first involves paper mulberry trees: a genetic comparison of paper mulberry trees in Taiwan with those in Indonesia, the Philippines, and Hawaii found that all of Oceania’s paper mulberries originated in Taiwan. Moreover, all the peoples of this region make clothing from the tree’s bark.

The other involves Taiwanese jade carvings from a Puyuma archaeological site. As Wang explained: “There is now very clear evidence that during a period from roughly 2200 years ago to 1000 years ago, Taiwanese artisans carried Taiwanese jade to Vietnam, Thailand, Laos and the Philippines using ocean currents to travel southward, and the Kuroshio Current to return northward.”

Similar pronunciations

Taiwan’s Aboriginal musicians have also sojourned across national borders in more recent times, traveling around the world to promote indigenous music and to search for elements of culture shared throughout the Austronesian world. In one example, Amis singer-­songwriter Chalaw Basiwali, a Golden Melody Award winner, visited musical partner Kilema’s home of Mada­gascar looking for the common origins of the Austro­nesian peoples. There, he observed local Malagasy using the same fishing techniques as his own Amis people, and noted that their languages also shared many similarities.

In another instance, Amis singer Suana Emuy Ci­langa­say used music to break down barriers during a performance at a Malaysian middle school by having the students form a circle, hold hands, and sing and dance along with a Taiwanese Aboriginal song. “After­wards, a lot of the kids began following me on Facebook, where they shared their feelings with me.”

Promoting Aboriginal music abroad

Wu Shu-lun, founder of the Taitung Dawn Artist Village, once took part in an artist-in-residence program in India at which the artists attempted to use music and the performing arts to resolve local social problems related to caste and women’s rights.

During the final session of the conference, Eric Scheihagen, a renowned American scholar of indigen­ous music, talked about musical exchanges between Taiwan’s Aborigines and the people of Southeast Asia from the vinyl era through the CD era, using album tracks to highlight cultural connections.

Taitung’s turnaround

The two days of stimulating discussion and dialogue provided attendees with a deeper understanding of Austro­nesian culture, and a greater awareness of the import­ance of Taiwan’s connections, both past and present, with this diamond-shaped world.

Conference attendees also proposed recommendations and potential directions for New Southbound cultural exchanges. Jiang Bin, a professor in National Taitung University’s Department of Public and Cultural Affairs, pointed out the need to be aware of the ethnicities and socio­cultural networks that exist within each of the “Southbound” partner nations when Taiwan uses the concept of Austronesian languages to promote the New Southbound Policy. His valuable advice is that we not cling to Taiwan-­centric thinking when promoting the policy.

Yang Hao, a professor in the Graduate Institute of East Asia Studies at National Chengchi University, noted that Taitung has already called for the formation of a kind of “Southern community.” While Taitung has previously been regarded as far removed from Taiwan’s economic and political center, he argued: “Taitung can proudly proclaim itself a center of the human landscape.”

In addition to encouraging an awakening among local young indigenous people and giving them pride in their Aboriginal identity, this conceptual turnaround is also creating a more solid basis for New Southbound cultural exchanges, one that will better enable us to forge ties that span seas and transcend national borders.

Relevant articles

Recent Articles

繁體 日本語

《光華》名人座談:從部落走向世界

原民影像、音樂再發現

文‧蘇晨瑜 圖‧林格立

由《台灣光華雜誌》、台灣亞洲交流基金會,以及國立政治大學東南亞研究中心聯合主辦的第二場「新南向文化沙龍」,首度移師至台東美術館舉辦。研討會中,邀請了與東南亞有深刻連結的原住民音樂人以及相關專家學者,共同探討台灣的新南向藝文發展及國際交流現況,並尋求未來建立多邊夥伴關係的可能性。


今(2020)年8月在台東美術館舉辦的座談活動「從部落走向世界──原民影像、音樂再發現」,邀請到研究南島文化的專家學者及藝文人士與會,兩天一夜的文化沙龍,除了有精彩的南島文化論述,原住民音樂的藝文工作者也公開分享他們與東南亞國家及大洋洲的交流經驗,見證了台灣民間跨越國界,以音樂及藝術等軟實力,與南島語系的國家展開交流與對話。

南島是鑽石型世界

首場座談中,主持人台亞基金會董事長蕭新煌首先點出,南島世界是一個鑽石型世界,意指南島語族的分佈呈現鑽石的形狀,北至台灣,南到紐西蘭,東抵復活島,西迄馬達加斯加,而台灣新南向政策的成功,則是取決於是否能找到文化的底蘊。蕭新煌建議台灣應透過南島文化去連結整個東南亞區域,展開更多的民間交流。

《台灣光華雜誌》總編輯陳亮君則回顧雜誌40多年來,圍繞原住民相關議題的深入報導,以「紀實」、「溯源」、「教育」、「賞析」等四個面向,呈現出原住民音樂在台灣的發展歷程,以及未來可能的報導面向。

而台灣在南島語族的論述中,究竟佔有何種重要的地位?台東縣政府文化處處長兼台東美術館館長鍾青柏表示,南島語族的整體發展,學者間有很多爭論,也有不同的學派,不過近十年來,人類學者的研究越來越支持台灣有可能是南島語族的發源地。「1,400年前台東的都蘭,很可能是當時台灣的首都,也是最熱鬧的玉器中心。」

有關南島語族的起源,台東生活美學館館長李吉崇也呼應鍾青柏的看法。他指出,過去台灣玉都被運到台東來加工,「整個東南亞都有台灣玉的痕跡。」在語言上,台灣與部分東南亞地區也有驚人的相似之處。「我們本來就是兄弟姊妹。」李吉崇舉例說明,「眼睛」是mata,數字「五」是lima,阿美族語跟馬來語某些詞語發音幾乎完全一樣。

「構樹出台灣」隱含南島語民族遷徙密碼

考古學家推論,4,000多年前,一群勇敢的台灣原住民航向太平洋,他們靠著風力、洋流與天上的星星作導航,抵達了現今的菲律賓。

據說他們的後代繼續前往更多未知的海域,終於在1,000多年間,陸續抵達了馬來西亞、印尼、玻里尼西亞、紐西蘭,甚至遠到了馬達加斯加。他們遷徙的路線在地圖上密密麻麻,八方輻輳形成龐大的網絡,每條路徑的起點都指向台灣。

這群人被歸類為南島語系民族,而南島語則成為現今世界上使用人口最龐大的語言。幾千年後的今天,這群人有的遺失了航海的技術,有的則融入到當地的族群之中,但是與原鄉間某些深刻的連結,至今仍印刻在語彙、習俗與祭儀之中。

長年研究民族音樂學、台灣音樂史及原住民音樂的台東大學音樂系主任林清財舉例,某次帛琉藝文團體來台表演,「其歌舞形式,從領唱到眾人的應和,在台灣只有卑南族有。」這是台灣與南島文化有所淵源最實際的案例。

另一個島嶼連結的見證發生在2011年10月。當時林清財受託接待紐西蘭的毛利人文化觀光部長,並前往台東的阿美族與卑南族部落參訪。在31號那晚的半夜,祖靈竟來到毛利人文化觀光部長的夢裡,笑著對他說:「你們的祖靈就是從這裡出去。」部長甚至能以傳統儀式與祖靈交流。往後每逢我國原民會長官前往紐西蘭,當地都會以盛大古禮接待,還會熱情奔相走告:「我們的兄弟回來了!」

林清財更進一步指出,這次交流不但讓台灣原住民與毛利人的關係更緊密,更間接促成台灣與紐西蘭簽署「經濟合作協定」(ANZTEC),將原住民合作列為協定專章,是我國簽訂FTA的一大突破。

台灣史前文化博物館館長王長華則從考古學角度提出兩項嚴謹的證據。其一是「構樹出台灣」理論,研究台灣構樹與印尼、菲律賓、美國夏威夷等地的構樹基因排序,發現散布大洋洲的構樹都源自台灣,這些地區民族也都同樣具有利用構樹皮打樹成衣的習慣。

另一項是卑南考古遺址中,工藝最精緻的台灣玉雕刻,「目前有非常清楚的考古證據,可以看到距離現在2,200年前到1,000年前左右,這1,000多年間趁著洋流南去,趁著黑潮北來,有一批台灣的工匠帶著台灣玉到今天的越南、泰國、寮國,還有菲律賓。」王長華說。

語言發音高度相似透露民族起源

除了古代的工藝顯示台灣與南島間的連結,台灣的原住民音樂人也跨越國界,到世界各地推廣原民音樂,或找尋南島世界彼此共同的軌跡。金曲獎最佳原住民歌手阿美族的查勞.巴西瓦里為了找尋南島語族的共同淵源,展開五年計畫,遠赴音樂夥伴Kilema的家鄉馬達加斯加,親眼見到當地人使用跟阿美族一樣的打漁方式,彼此的語言也有更多連結,如同樣使用類似的問候語SALAMA,數字一到十的發音也非常相近。

聲線優美的阿美族音樂人蘇瓦那.恩木伊.奇拉雅善在馬來西亞中學用音樂打破隔閡。他帶領著孩子吟唱原民歌謠,手牽著手圍成圈圈,隨著旋律簡單地踩著四步,「在那次分享之後,很多孩子加入我的FB,跟我分享他們的感受。」

藝術音樂人將原民音樂推向國際

愛好南島文化研究的台東曙光藝術村創辦人吳淑倫,在台東協助部落婦女自立更生,感動了來自印度的藝術家,該名藝術家返鄉後,開啟了藝術家駐村計畫,邀集多名藝術家以音樂跟表演藝術形式,試圖解決當地種姓階級制度及婦女平權的社會議題。曾住在都市的排灣族金曲歌手巴賴為了找回自己的文化,搭火車到台東都蘭,遇見了撒古流大師,進而接觸台東的許多藝術家,啟蒙了他們的音樂之路。

在末場的座談會中,知名原住民音樂研究者徐睿凱(美國籍)分享從黑膠時代到CD時代,原住民與東南亞的音樂交流情形,從分析早年陸森寶、陳實的曲風,到蔡福來、檳榔兄弟演唱洋溢著南洋曲風的阿美族歌謠,並分享多張珍藏的早年唱片封面,以及1980年在台東流傳,後來紅到東南亞的〈可憐落魄人〉,從音樂傳唱的軌跡亦可一窺兩地的文化鏈結。

台東的翻轉與南向交流

交流是雙向的,不只是單方的輸出,台灣的島嶼活力與奔放的創造力,吸引了許多藝文工作者紛至沓來,雲集在台東,從原住民文化中找尋創作的靈感與亮點。

2018年舉辦的「南方以南大地藝術節」,菲律賓藝術家戴克斯特.菲南德(Dexter Fernandez)前來台東駐村,因語言相近又長相酷似原住民,頻頻被邀至原住民家裡,族中耆老也都放心將牆壁交給他創作。

作品動輒千萬的豪華朗機工團隊在台東創作時,每天曬成小黑炭,夜晚卻被跳出海面的月亮深深感動,因而願意將在台東創作的作品價格比台北還少一個零。

雖然台東有豐沛的潛力能夠成為新南向藝文發展的文化基地,但是在回歸到實質的政策面時,如何妥善規劃與經營,都是值得繼續深耕的議題。鐵花村音樂總監鄭捷任認為,台東擁有很棒的氛圍,是很好的南島交流基地,但是在藝術展演方面不應一味追求大型音樂節的舉辦,而是更要細水長流,以永續的態度來發展台東的藝文領域。

歷經兩天一夜的精彩研討與對話,與會者都加深了對南島文化的認識,也體認到台灣在鏈結南島鑽石世界的重要性。

而對於接下來的新南向文化交流前景,與會者除凝聚共識,也提出可能執行的方向與建議。國立臺東大學公共與文化事務學系教授蔣斌特別指出,當台灣以「南島語」概念推動新南向時,不能忽略南向國家本有的族群分類及社會文化脈絡,建議不要以台灣的本位思考來推動新南向,對未來台灣推動南向政策提供了寶貴的建言。

政治大學東亞研究所教授楊昊則表示,「台東已經型塑出一種南方以南共同體的召喚。」過去被認為是邊陲的台東,相較於政經中心的台北,「可以很驕傲地說是整個人文地景(human landscape)的中心。」

這種概念的翻轉,除了有助於在地原住民青年的覺醒,進而回溯找尋身分的認同,也賦予了新南向文化交流更多的基礎,讓我們可以勇敢地向南追尋,建立起跨越洋流與國界更緊密的聯繫。

集落から世界へ

原住民族の映像と音楽を再発見

文・蘇晨瑜 写真・林格立 翻訳・山口 雪菜

『台湾光華雑誌』と台湾アジア交流基金会、そして国立政治大学東南アジア研究センターが共同で第2回「新南向文化サロン」が、初めて台東美術館で開催された。座談会には、東南アジアと深いつながりを持つ原住民族アーティストや関連分野の学者・専門家をお招きし、新南向政策の対象である東南アジア、南アジア、オーストラリアおよびニュージーランドなどと台湾の芸術文化発展および国際交流の現状を話し合い、将来的な多角的パートナーシップ確立の可能性を探った。


今年(2020年)8月、台東美術館で座談会「集落から世界へ——原住民族の映像・音楽再発見」が開催された。オーストロネシア系諸族の文化を研究する学者・専門家や、アーティストや文化人が参加して1泊2日にわたって開かれた。オーストロネシア文化に関する議論があり、また原住民族音楽関係者は、東南アジアや太平洋地域との交流の経験をシェアした。台湾の民間による国境を越えた活動や、音楽・アートといったソフトパワーがオーストロネシア系諸族と活発に交流していることがわかる。

ダイヤモンド型の世界

最初の座談会の司会を務めた台湾アジア交流基金会の蕭新煌・董事長は、オーストロネシア系諸族はダイヤモンド型の世界を形成していると指摘した。北は台湾から南はニュージーランドまで、東はイースター島から西はマダガスカルまで広がっており、台湾の新南向政策の成功は、ここに文化の底流を見出せるか否かにかかっているという。台湾はこの文化圏を通して東南アジア全体とつながっていき、民間交流を増やしていくべきだと蕭新煌董事長は述べた。

『台湾光華雑誌』編集長の陳亮君は、40余年にわたる同誌の歴史を振り返り、原住民族に関する報道を、記録、ルーツ、教育、文化の四つの面から分析した。同誌では常に台湾における原住民族音楽の発展を注目してきていること、また、将来の報道の方向性について語った。

では、台湾はオーストロネシア系諸族において、いかに重要な地位を占めているのか。台東県政府文化処長兼台東美術館館長の鍾青柏氏は次のように説明した。オーストロネシア人の発展をめぐって学界にはさまざまな見方があるが、この十年ほど、台湾がオーストロネシア人の起源であるという見方を支持する研究者が増えている。「1400年前の台湾では、今の台東県都蘭が首都だった可能性があり、そこが玉器の中心地でした」と言う。

オーストロネシア人の起源について、台東生活美学館の李吉崇・館長は鍾青吉氏の見方に賛同する。その話によると、かつて台湾の玉は台東に運ばれて加工されており、「東南アジア各地で台湾玉の痕跡が見られます」と言う。言語面でも、東南アジアの一部の地域と台湾では驚くほど似ている部分があり、「もともと兄弟なのです」と言う。例えばアミ語の「目」はmata、「五」はlimaと言うが、これはマレー語の一部の言葉の発音とほぼ同じなのである。

台湾から来たカジノキ

考古学者の推論では、4000年前に台湾原住民族の勇者たちが太平洋に漕ぎ出し、風と海流と星を頼りに、現在のフィリピンに到着した。

その子孫たちがさらに未知の海に挑み、1000年余りをかけてマレーシアやインドネシア、ポリネシア、ニュージーランド、さらにはマダガスカルに到達したとされる。その移動ルートは地図をびっしりと埋め尽くし、八方へ放射状に広がっているが、その起点は台湾を指している。

これらの人々が話すオーストロネシア語族の言葉は、現在世界で使用人口が最も多い言語である。今では航海の技術を失った人々もいるし、現地の他のエスニックと融合した人々もいるが、先住民族の間には深い結びつきがあり、それは語彙や風習や儀式の中に残っている。

長年にわたり、民族音楽や台湾音楽史、原住民音楽を研究している台東大学音楽学科の林清財主任はこんな例を挙げる。パラオから訪れた芸術団の公演で披露された歌舞の形式や、歌の掛け合いなどは、台湾のプユマ族のみに見られるものだった。これは台湾とオーストロネシア文化との深いつながりを示す事例である。

もう一つ島と島のつながりを示す事例が2011年10月に発生した。林清財主任がニュージーランドのマオリ文化観光大臣をもてなして、台東のアミ族とプユマ族の集落を訪れた時のことだ。31日の夜、その大臣の夢の中に祖霊が現われて「おまえの祖霊はここから行ったのだよ」とほほ笑み、大臣は伝統の儀式を通して祖霊と交流したというのである。それ以来、台湾の原住民族委員会の官僚がニュージーランドを訪れると、必ず「兄弟が来た」と歓待してくれるそうだ。

林清財主任によると、この時の交流は台湾原住民族とマオリの関係を深めてくれただけでなく、間接的に台湾とニュージーランドとのANZTEC(経済協力協定)の締結を促し、同協定には先住民族間の協力に関する章も設けられた。

台湾史前文化博物館の王長華・館長は考古学の角度から二つの厳格な証拠を示した。一つは「台湾から来たカジノキ」だ。台湾、インドネシア、フィリピン、ハワイなどのカジノキの遺伝子配列を調べた結果、太平洋のカジノキの起源はすべて台湾にあることが発見され、またこれら地域の住民は同じようにカジノキの樹皮を使って衣服を作ってきたのである。

もう一つは台東の卑南遺跡から出土した精緻な台湾玉の彫刻だ。「すでに明確な考古学的証拠があり、今から2200~1000年前に、台湾の職人が台湾玉を持って海流に乗って南へと移動し、現在のベトナムやタイ、ラオス、フィリピンへ行ったとされます」と王長華館長は言う。

非常に似ている発音

台湾の原住民音楽家は世界各地で原住民音楽を広め、またオーストロネシア系諸族との共通性を見出している。金曲賞最優秀原住民歌手賞を受賞したアミ族の歌手Chalaw Basiwali氏は、オーストロネシア系諸族に共通するルーツを探そうと、5ヶ年計画を立てた。彼は音楽パートナーであるKilema氏の故郷マダガスカルを訪ねたところ、現地の人々がアミ族と同じ方法で漁を行ない、同じくSalamaという言葉で挨拶を交わすこと、それに数字の1から10までの発音が非常によく似ていることを発見した。

また、アミの歌手Suana Emuy Cilangasay氏はマレーシアの中学校で子供たちに原住民族の歌謡を教え、手をつないで簡単なステップを踏みながら一緒に歌ったところ、多くの生徒がフェイスブックにコメントを送ってくれたという。

原住民音楽を世界へ

オーストロネシアの文化を研究する台東曙光芸術村創設者の呉淑倫氏は、台東で集落の女性たちの自立を支援しているが、このことがインドから来たアーティストを感動させた。このアーティストはインドへ帰国した後、アーティスト・イン・レジデンス計画を開始し、多くの芸術家を招いて音楽やパフォーマンスなどを通して現地のカースト制度や男女平等といった社会問題の解決に取り組むようになった。

2日にわたる座談会の最終回では、原住民音楽の著名な研究者であるアメリカ人のEric Scheihagen氏が、レコード時代からCD時代までにわたる、台湾原住民族と東南アジア音楽の交流を振り返った。先住民音楽の軌跡からも台湾とこれらの地域のつながりが分かると言う。

南との交流における台東の重要性

台湾の活力と創造力に惹かれて多くのアーティストが来訪し、台東の原住民文化からインスピレーションを得ようとしている。

2018年の「南方以南大地芸術祭」で台東を訪れたフィリピン人アーティストのデクスター・フェルナンデス氏は、言語も似ているということでしばしば原住民族の家に招かれ、家々の壁面に作品を描くことができた。

1泊2日にわたる素晴らしい討論と対話を通して、参加者はオーストロネシア系諸族の文化に対する認識を一層深め、また台湾と南の島々からなるダイヤモンド世界の重要性を再認識した。

今後の新南向政策における文化交流という点でコンセンサスが得られるとともに、将来の方向性に関する提案もなされた。国立台東大学公共および文化事務学科の蒋斌教授は、台湾が「オーストロネシア語族」という概念をもって新南向政策を推進する際は、これらの国々がそれぞれ持つエスニックの分類や社会・文化面を軽視してはならず、台湾中心の思考で政策を推進してはならないと指摘した。

政治大学東アジア研究所の楊昊教授は、「台東はすでに南方以南の共同体の形成を呼びかけている」と述べた。これまで、台湾の政治経済の中心である台北に対して、僻遠の地とされてきた台東が「誇りをもってヒューマン・ランドスケープの中心であると宣言できるのです」と言う。

このような概念の転換は、現地に暮らす原住民族の若者たちの覚醒を促すだけでなく、自分たちのルーツへのアイデンティティを取り戻すことにもつながる。さらに新南向文化交流に一層多くの基礎をもたらし、海と国境を越えた南方との緊密な連携へと歩み出させるものである。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!