Reimagining the Automobile

Royce Hong’s Made-in-Taiwan Electric Supercar
:::

2018 / March

Lynn Su /photos courtesy of Chuang Kung-ju /tr. by Scott Williams


Many people love cars, but few are able to indulge that love to its fullest. Royce Hong, chairman of Panasonic Taiwan and CEO of ­IPEVO, is one of those few. His passion for automobiles has manifested in a number of ways, including a car collection that includes antiques as well as the first Tesla Roadster in Taiwan. It also includes his involvement with Xing Mobility, an automotive technology company he cofounded in early 2015 with former Tesla engineer ­Azizi Tucker, whom he came to know through his Roadster.

 

 


 

Royce Hong looks elegant in his casual suit and thick-rimmed glasses. The CEO of three companies, he speaks about his favorite cars not just as a fan, but as an entrepreneur sensitive to changing trends, and as a former industrial designer in touch with the human side of products. His enthusiasm is contagious even to someone who doesn’t get cars.

Hong says that he’s an ardent fan of technology. As one of the earliest of early adopters, he is what market analysts who study technology adoption lifecycles call an “innovator,” one of the 2.5% of consumers who track the smallest changes to products and always rush out to buy the newest versions. Hong came to this kind of “innovation” through his love of cars.

“Cars offer a complete product experience.” Hong elaborates, explaining that every detail of the auto­motive experience, from the vehicle’s appearance to its steering and acceleration, delivers pleasure each time you drive. It’s as if each driving experience opens a hidden window to a realm of opportunity and magic. “Those experiences are priceless!”

Hong’s purchase of his Tesla Roadster seven years ago upended his thinking about cars. A first-generation product from a production run of just 2,400 vehicles, the car suffers from a myriad of ills, yet Hong saw it as the gateway to a new dimension. “It’s like a smartphone: once you’ve used one, there’s no going back.”

He has since parked this Tesla in the lobby of Xing Mobility as an example of the forward thinking and the boundless imagination that electric cars represent.

The future is now

A farsighted tech lover who is usually ahead of the pack, Hong has a feel for the culture of young people. “It’s like the technology adoption lifecycle. The early adopters of a product tend to be people who focus on the technology rather than the functionality. Once users gain experience with a product and work out the kinks, it jumps the divide into the mainstream.” He says that the same thing is happening with electric cars.

Hong chose to call his new car company “Xing” as an embodiment of his expectations for the electric vehicle industry and of his observations of cultural phenomena. He explains: “‘X’ represents the unknown, the experimental. It suggests a future that is happening right now. The ‘ing’ was inspired by the language of Taiwanese subculture, such as the Mayday song ‘Lian’ai ing’ [‘love-ing’], and represents youthfulness and things occurring in this moment. Together, the name suggests ‘the future happening now’ and ‘creating possibilities through experimentation,’ which are the kinds of things you associate with an innovative company.”

Exploiting Taiwan’s strengths

Hong drew up his strategy soon after founding the company, focusing Xing on electric vehicle techno­logy R&D and consulting. But it still needed to build a platform capable of highlighting its technological prowess. While 2016’s “Miss E” electric car was only an experimental platform for innovative tech, this year’s ”Miss R” supercar is a more fully developed demonstration model.

A former product designer, Hong continues to be very concerned with finding ways to make his products unique. Happily, Xing has succeeded. “Everything about our car, from R&D to production, was done in Taiwan,” says Hong. But, since Xing itself focuses on R&D, the manufacturing was outsourced to dozens of factories.

Taiwan’s manufacturing sector is known for being highly flexible, producing large numbers of different high-quality products in small volumes, and ­bringing production online quickly. Distances between factories are also short, and communication is nearly ­instant­aneous.

All of this enabled the Miss R to go from the concept stage to the street in just 18 months, a process that might easily take three to five years overseas. Hong says, “We couldn’t have done it so fast without Taiwan’s production chain.”

Fastest in the world

Hong’s unusual background adds a humanistic element to the hard-nosed engineering that typically characterizes a company specializing in automotive R&D.

He reveals that when they were about to release 3D renders of the Miss R, they incorporated examples of Tong Yang-tze’s calligraphy into the vehicle’s exterior paintwork. Such creative flourishes grow out of Hong’s insight into cultural value.

Hong has known Tong for years, yet, as a mark of his respect, always refers to her as “Master Tong.” He admires the explosive power of her calligraphy, and the way in which her use of line has aligned her calli­graphy with contemporary art in a way unique in the Greater China region. “I think that Master Tong’s calli­graphy embodies the special character of Taiwan’s culture.”

That connection led to the idea of cooperating with Tong, and to Hong’s attempt to incorporate calli­graphy into automotive design.

For this endeavor, he chose to use a non-standard calligraphic style filled with tension and a con­tempor­ary aesthetic. Hong views calligraphy as an art that condenses time, and sees it echoing the motion of a vehicle speeding through time and space. Tong’s calli­graphy is dynamic, like a car, and its incorporation into Taiwan’s first electric sports car generates a high level of cultural tension. Hong says, “Calli­graphy moves. A car moves, too. This is without doubt Master Tong’s ‘fastest’ work.” 

Patented tech

Though just two years old, Xing has already enjoyed R&D successes. Electric cars rely on battery power, but discharging power to run a motor generates large amounts of heat. If the battery temperature exceeds a certain threshold, the heat can shorten the battery’s life and even become a safety issue. This makes heat dissipation a key issue for electric car companies. Xing’s Tucker came up with the idea of immersing batteries in 3M’s “Novec Engineered Fluid,” an electric­ally non-conductive, corrosion-resistant liquid. Xing’s immersive cooling stands in contrast to the approach of companies like Tesla, which cool their batteries by wrapping them in coolant-filled metal pipes, and is much more efficient.

Working from this idea, the team developed a modular, stackable, sealable, pressure-resistant battery pack that has attracted attention from customers in Europe, the Middle East and Japan interested in applying it to commercial vehicles, such as trucks and excavators.

Hong’s favorite quote is a remark often attributed to Albert Einstein, that play is the highest form of research. In his journey from car lover to electric car entrepreneur, Hong has transformed from an “innovative” consumer to a trendsetter, and come to exemplify this insight.

Relevant articles

Recent Articles

繁體 日本語

汽車工藝的在地想像

洪裕鈞打造台灣電超跑

文‧蘇俐穎 圖‧莊坤儒

許多人都愛車如命,但能把這份愛發揮到極致的,實在不多。台灣松下董事長、愛比科技執行長洪裕鈞,就是個異數。因為愛車,他蒐集古董車;也因為愛車,他成為特斯拉第一代跑車「Roadster」的第一位台灣車主,甚至因為這份機緣,讓他與前特斯拉汽車主管齊塔克(Azizi Tucker),共同攜手在2015年初,成立以電動車技術開發為主的「行競科技公司」(Xing Mobility)。

 


 

戴著粗框眼鏡、身著休閒西裝的洪裕鈞,外表相當斯文氣,身為三間公司領導人的他,談起自己最愛的車,除了玩家的狂熱,還有企業家對趨勢變化的敏銳觀察,以及源於工業設計背景的人文關懷,讓即便不懂車的人,也能被這股熱度所感染。

洪裕鈞說,自己是一名十足的技術狂熱者,就市場分析經常應用的「技術採用生命週期」,將一種新技術的擴散劃出一條吊鐘型的擴散曲線,並區分成創新者、早期使用者、早期大眾、晚期大眾、落後者,而他就是僅佔全體消費者2.5%的創新型使用者。這類型的消費者往往感知到些許的風吹草動,便會迫不急待購買嚐鮮,特斯拉是一例,蘋果手機也是,而這,正是因為車子帶來的影響。

「因為,車子是一種完全體驗的產品。」洪裕鈞解釋。從外觀、內裝,到油門與方向盤的反應……種種細微的體驗,打造出每一次的駕駛樂趣,而每一次獨特的體驗,就像揭開了隱藏的窗,讓人遇見機會與神奇。「體驗是無價的!」洪裕鈞這樣說。

7年前,他買下全球限量2,400台的特斯拉跑車,讓他認識到電動車在動力輸出上的充沛與即時性、空間配置的高度靈活……等種種傳統燃油車所沒有的優勢,革新了他對汽車的想像;因此,即便這輛早期出品的車子,毛病百出,卻像一把打開新維度的鑰匙,「就像你使用過智慧型手機,就再也回不去了。」

他將這輛車停泊在內湖行競科技公司的入口大廳,意味著他與齊塔克共同創業的夥伴情誼,也揭示出電動車代表的前瞻性與無限可能的想像空間。

行進,在汽車產業的未來式

作為一名走在大眾潮流之前、具有遠見的技術狂熱者,洪裕鈞對於以年輕人為代表的次文化頗有共感,「就像在技術採用生命週期的曲線,一開始只有一群只管科技、不管性能的人在使用,而透過使用經驗的逐漸累積與修正,才跨越鴻溝,普及成大眾化的產品。」他繼而談道,這在文化上也是一樣,今天的主流音樂,可能是5年前的地下音樂,在文學、電影、表演藝術等領域同樣在發生。而這樣的發展歷程,也與電動車的發展趨勢若合符節。

因此,融合了對電動車產業的期許,以及在文化現象上的觀察,他把公司取名為「Xing」。洪裕鈞說,「X」是未知、是實驗,也意指正在發生中的未來,「ing」則是台灣的次文化常用的語彙,如五月天的歌〈戀愛ing〉,飽含青春氣息,也象徵著正在發生的事。因此,一個代表「正在發生的未來」、「以實驗創造出可能性」等多重意涵的新創公司,於焉誕生。

擅用台灣製造業優勢   

從公司成立的初期,洪裕鈞便擬定策略,雖然公司以電動車技術的研發與顧問為主,但仍得推出一項代表性產品,用以展現技術實力。2016年發表的電動賽車Miss E,還只是許多新創技術的實驗平台。將在今年正式發表的電超跑Miss R,將有更完熟的表現。就像設計師最在意的,是如何做出具有辨識度的作品,作為公司的舵手,洪裕鈞同樣在為自家的產品尋找獨特性。

目前粗估,世界上約有10~20輛電動超跑已發表、或正在開發中,主要在歐美、日本與中國大陸等地,「會選擇在這個島上做這件事,就已經很獨特了。」洪裕鈞說。而如何進一步鏈結起本地資源,打造出台灣特色,更是一大挑戰。

可喜的是,他們做到了。「我們的車,在製造面上,從研發到生產,Only in Taiwan!」洪裕鈞自信地說。由於行競以研發為主,在製造上,包含立偉模具工業、先進複材科技等數十家傳產廠商,都是他們重要的協力夥伴。洪裕鈞特別說明:「台灣的供應商,因為要接國外客戶的單,被磨出了高品質,在生產技術、品質、效率與成本控管上也都很好。」

再加上台灣製造業,以少量、多樣化、高品質、高彈性及開發速度快等優勢著稱,交通距離又近,溝通上可以很即時。深諳產業現況的齊塔克,便曾跟洪裕鈞提及,同樣的零件,公司若在加州,供應商可能在波士頓,光來回就得花上一週,而台灣最遠也僅需一天車程,「加上台灣又以中小企業為主,可以直接與老闆討論,彈性特別大。」洪裕鈞補充。

Miss R從概念發想到正式上路,不過短短18個月,國外動輒3、5年時間,這樣的成績,讓洪裕鈞相當滿意:「如果不是台灣的產業鏈,我們也不可能做到這樣的成績!」

世界上跑最快的一幅書法!

不容否認,洪裕鈞獨具的人文思維,為整間相當硬派的汽車技術研發公司,挹注了另一股不一樣的軟性力道。

洪裕鈞向我們透露,即將發表的Miss R 3D模擬圖,書法藝術家董陽孜的墨寶將在Miss R的車身外殼塗裝上現身!這樣叫人振奮的創舉,不得不歸功於洪裕鈞在人文價值上的眼光。

與董陽孜結識已久的洪裕鈞,總謙虛地尊稱她為「董老師」。他折服於她書法藝術中驚人的爆發力,並以書法線條之美,走出了合乎當代美學的新路,放眼兩岸三地,絕無僅有,「我以為,董老師的書法足以代表台灣文化的特色。」

這樣的慧眼獨具,引來了合作的靈感。尤其近年,董陽孜頻頻嘗試跨界合作,包含與音樂、舞蹈、時裝等領域作對話,洪裕鈞居然動念,想把書法置入汽車工藝之中。

並且,不是選用一個個規矩的書法字體,而是張力十足,又合乎現代審美的墨跡線條,就在電超跑上飛躍了起來!洪裕鈞說:「Xing,就是『行』的羅馬拼音,是不斷在運轉的意思。書法基本上也是一種ing的紀錄,就是Xing的表現。」

書法,是凝結時空的藝術,呼應著汽車在時空中飛馳的概念,董陽孜的書法在動,汽車也是。當書法線條躍上台灣第一台電超跑,這樣的概念輻射出高度的文化張力,讓洪裕鈞自己也感到振奮:「書法在動,車子也在動,這一定是董老師作品中跑得最快的一幅!」

專利技術搶攻電動車市場

如今,這間才剛成立兩年左右的公司,也在核心的技術研發上交出不錯的成績。由於電動車仰賴電池發電驅動,但放電過程往往會產生大量熱能,若溫度過高將造成電池壽命耗損,甚至有安全上的問題。因此,如何有效散熱,始終讓各家車廠備感棘手。而在齊塔克靈機一動下,提議將電池浸泡在不導電、抗酸抗腐蝕的3M電子工程液之中,相較其他車廠如特斯拉,僅將注入冷卻液的金屬管線纏繞在電池周圍,這樣浸沒式的冷卻技術,效果顯然更勝一籌。

因應這樣的需求,團隊進而開發出耐壓、可密封、模組化猶如樂高一般,可輕鬆堆疊的電池模組,包括歐洲、中東、日本等國際客戶紛紛聞聲而至,與之合作,應用在卡車、水泥車、挖土機等商業用車上。

許多人說,台灣沒有真正的汽車產業,也沒有汽車文化與賽車傳統,那麼,到底為什麼要做電超跑?洪裕鈞逆向而行,在這個仍待開發的處女地,不僅繳交出漂亮的成績,也做出在地特色。他向我們分享他喜愛的愛因斯坦的一句話:「Play is the highest form of research.」(遊戲是研究的最高境界)從一個車迷到投資創業,涉足電動車領域,他不僅是搶得先機的消費者,如今,也要成為趨勢的領航者,而他自己就是這句話的實踐者。

台湾だからこそできる

洪裕鈞のEVスーパーカー

文・蘇俐穎 写真・莊坤儒 翻訳・久保 恵子

車が大好きという人は多いが、その車への愛を究極まで追い求める人は多くはない。パナソニック台湾の董事長で愛比科技公司CEOでもある洪裕鈞は、その数少ない一人である。車を愛したためクラシックカーを集め、また同じく車を愛したために、テスラのスポーツカー、ロードスターを台湾で最初に購入した。それが縁となって、テスラのアジジ・タッカーと知り合い、さらには、2015年初頭に共同で電気自動車の研究開発を主とするXing Mobility(行競科技公司)を設立した。


太い黒縁眼鏡にカジュアルなジャケットの洪裕鈞は、三つの会社の社長らしく、品のいい感じに見える。しかし、最愛の車を語り出すと、車好きの熱に加えて、実業家らしくトレンドの変化を鋭敏に観察し、インダストリアル・デザイナーとしての素養も兼ね備えている。その熱さは、車を知らない人にも伝わるだろう。

洪裕鈞によると、自分は正真正銘の技術マニアだという。マーケティング分析によく使われる新技術のライフサイクルを用いて、新技術の拡散について、釣り鐘型の拡散曲線を描き、段階ごとにイノベーター、初期ユーザー、一般化、大衆化と最終追随者に分ける。彼自身はユーザー全体の2.5%しかいないイノベーターである。このタイプのユーザーは、トレンドの変化を感じ取ると、ただちに試してみたくなる。テスラもそうだし、アップルもそうなのだが、これは車に影響されたものだという。

「車は完全体験の製品なのです」と洪裕鈞は説明する。外観、内装からアクセルにハンドルの反応など、すべてがドライブの楽しみにつながり、毎回のドライブの喜びを生み出す。その毎回の独自の体験は、隠されたドアを開けて不思議な世界に出会う機会に似ている。「体験は無上の価値」と洪裕鈞は話す。

7年前に世界で2400台に限定販売されたテスラを購入し、電気自動車の動力の効率の高さと加速性能、車内空間の自由度など、ガソリン車にないメリットで車に対するイメージを一新した。初期バージョンとして欠点だらけなのは知っていたが、これが新しい次元を開き、スマホのように、一度使うともう後に戻れないと感じた。

この初代テスラは内湖にある行競科技公司のエントランスに置かれていて、電気自動車の革新性と無限の可能性を示している。

行進、自動車産業の未来図

トレンドの先を行く先見の明を持ち合わせる技術マニアとして、洪裕鈞は若者のサブカルチャーに深い共感を寄せている。「新技術のライフサイクルと同じく、最初はハイテク好きで性能を気にしない人が使い始め、経験を重ねて修正を加え、ようやく一般化する製品として普及します」と、電気自動車の発展を説明する。これは文化でも同じことで、今日のメジャーな音楽は、5年前まではアンダーグラウンドだったかもしれず、同じことは文学、映画、パフォーマンスなどのアートの分野でも起きている。その発展過程は、電気自動車の発展と期せずして一致する。

電気自動車産業への期待と文化現象の観察からの知見を合せ、英語の社名「Xing」を定めた。洪裕鈞によると、「X」は未知で実験的で、生まれつつある未来を示す。「ing」はバンドの五月天のヒットソング「恋愛ing」に触発され、青春の雰囲気と現在進行形を示す。生まれつつある未来と、実験が生み出す可能性など、多重の意義を持つイノベーティブな会社が生まれた。

台湾製造業のメリットを生かす

会社設立当初の洪裕鈞は、経営方針を電気自動車技術の研究開発とコンサルティングを中心事業としながら、代表的な製品を発表して技術力を示すことと定めた。2016年に発表した電気レースカーMiss Eは、新しい技術の実験プラットフォームに過ぎなかったが、今年発表したMiss Rはより成熟した技術を見せる。デザイナーは他との差別化に心を砕き、会社のリーダーとして洪裕鈞は、自社製品の独自性を追い求めた。

その結果、「当社の車は研究開発から生産まで台湾のみで行ないました」と洪裕鈞は自信を見せる。研究開発は行競が主となり、製造には台湾の数十のメーカーの協力を求めた。

台湾の製造業は少量多品種、高品質と柔軟な対応に加え、開発速度が速いなどの強みがあり、交通の便もあって即事の対応が可能である。

Miss Rはコンセプトから正式発表まで18カ月しかかかっておらず、洪裕鈞は「台湾のサプライチェーンだからこそ可能になった」と語る。

世界で最も速い一幅の書

洪裕鈞に文化的素養があるのは疑いなく、それが理系の自動車技術研究開発の会社に、異なるソフトパワーを注ぎ込んでいる。

洪裕鈞によると、Miss Rの3Dレンダリングにおいて、書家董陽孜の書がMiss Rの車体に塗装されているという。この快挙は、洪裕鈞の文化芸術への理解が基となっている。

董陽孜と長年の交流があるが、洪裕鈞は常に董先生と敬ってきた。その書にみられる驚くべき迫力と、線の美しさ。現代美術に新しい道を開き、「董先生の書は、台湾文化を代表するものと思います」と話す。

その見識が両者の協力を実現し、書をカーデザインに持ち込んだ。

しかも、きっちりした書体ではなく、緊張感のある現代的な線の書を選んだ。書は時を凝結する芸術であり、自動車が空を切って走る躍動感に呼応している。董陽孜の書は動いており、自動車も動いている。書の線の美が台湾最初のEVスーパーカーに載せられ、高い文化の力を放射する。洪裕鈞は「書は動き、車も動く。董先生の作品の中でも一番速い書です」と笑う。

特許技術でEVマーケットを席巻

設立して2年の会社だが、革新的技術開発に成果を挙げている。電気自動車は電池で駆動するのだが、放電過程で大量の熱エネルギーが発生し、温度が高すぎると電池の寿命に影響するし、さらに安全性の問題ともなる。そこでいかに有効に放熱するかが、自動車メーカーを悩ませてきた問題だった。それがアジジ・タッカーの提案により、電池を電気絶縁性が高く、酸や腐食に強い3Mの高機能性液体(3M™Novec™ Engineered Fluid)に直接浸漬することにした。テスラなどのほかのメーカーが冷却液を注入した金属管を電池の周囲に廻らせているのに比べると、浸漬するタイプの冷却技術の効果は勝っているという。

この技術の必要性に対応するため、開発チームは高圧に耐え、密封でき、レゴのようにモジュール化でき、積み重ね可能なバッテリーケースを開発した。開発のニュースが伝わると、ヨーロッパ、中東、日本などのクライアントが協力を要請するようになり、トラック、セメントローリー、パワーショベルなどに使われ始めた。

洪裕鈞は、その座右の銘としてアインシュタインの「Play is the highest form of research」(遊びこそ研究の最高の境地)を紹介してくれた。一人のカーマニアが起業し、電気自動車の領域に足を踏み入れた。トレンドを先取りするだけでなく、今の彼はトレンドの創始者として、この座右の銘の実践者になったのである。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!