穆斯林安定的力量

印尼NU女青年委員會在台灣
:::

2018 / 2月

文‧楊齡媛 圖‧林格立


在台灣,印尼伊斯蘭教教團──伊聯(NU)成立於2007年,已吸收了85%的印尼移工為教友,實力不容小覷。NU教團分別在宜蘭、台北、台中、彰化、斗六、屏東東港、澎湖馬公等地設置據點,2013年還特別成立女青年委員會(Fatayat NU),專門為穆斯林女性規劃學習課程,並且追隨台灣NU的腳步,要在各地遍地開花。

 


全球約有18億的穆斯林人口,儘管伊斯蘭教的信徒,有激進、有溫和,多元觀點的並存共榮,一般人可能難以想像。屬於保守溫和的宗教學者復興會(Nahdlatul Ulama,簡稱NU伊聯)是印尼最大,也是全球最大的伊斯蘭教獨立組織,約有5,000萬名會員。他們主要的任務,除了保存與發揚伊斯蘭教儀式與教義,因為擁有綿密的社群網絡,也已發展出自己的學校、醫院與社福系統,成為穩定印尼社會不可或缺的力量。

NU教團提供定期聚會場所

2017年的最後一天,當台北人還在盤算如何度過這一夜,順著中山捷運地下街,走至長安西路上的安謐巷弄間,一早就湧現身著穆斯林傳統服裝的男男女女,匯聚於一座空間開敞的民房前。他們脫下鞋子,小心翼翼跪坐在綠色地毯上開始今天的禮拜活動。

不同於以往的是,今天同時是PCI NU(Pengurus Cabang Istimewa Nahdlatul Ulama)台灣分會會長兒子的結婚典禮,所以湧進更多來自其他縣市的教友前來觀禮祝賀,順便與久違的教友弟兄姊妹寒暄。陸續從廚房端出一道道誘人的美食,讓遠道而來尚未進食的人,大家席地而坐邊享用邊話家常。伴隨著夜幕逐漸低垂,市街上開始出現為迎接新年而漸沸騰的人車,這裡歡慶的溫度也到達了沸點。

平常時,這間坪數不大的聚會處鐵捲門深鎖,只有在周六的夜晚及周日時間開放,NU女青年委員會則借用此處作為女教友的聚會場所。Tarnia Tari是台北分部的會長,來台灣工作已經11年,目前擔任看護工,只能利用周日休息時間處理教團事務。她說,來台灣的印尼移工,女性佔大多數,NU總會希望藉由純女性聚會的方式讓姊妹們彼此互助關懷,並提供更深入的協助。而目前除了台北之外,在台中、彰化也設有女青的分部。

提到NU教團對印尼穆斯林的重要,Tari說道,伊斯蘭教重視教義,鼓勵教徒每天得抽空聆聽教長的講道。「透過教團,可以固定聽見印尼伊斯蘭教長的傳道。在每個月一至兩次的大型宣教活動,也代邀大教長來台灣為信徒講道,讓我們很期待。」而拜現在網路社交軟體發達之賜,他們可以組織群組,相約在同一時間一起透過手機聆聽講道,對於台灣的穆斯林來說,是每日重要的功課。

據勞動部統計,截至 2017 年11 月底,來台灣工作的外籍移工計有67萬人,其中近 26 萬人來自印尼,而且九成都是穆斯林,是當前台灣穆斯林主要的來源。雖然台北、中壢、桃園大園、台中、台南、高雄、屏東東港等地都設有清真寺,但對於工時長的印尼移工而言,平常很難前往,而且地點不是在火車站附近,非常不方便。台灣的NU教團分支,幾乎都設在車站附近,而且聚會的時間固定於每個月第二、第四個周日,方便信徒記憶,幾乎取代了台灣清真寺的功能。

「以前的印尼穆斯林很難找地方做禮拜,後來一些虔誠的信徒主動發起成立台灣NU教團,並且獲得印尼NU總會(PBNU)的全力協助。」教團成立後,台北車站逐漸成為做禮拜的聚會場所,但是也只能3個月辦一次,直到2014年,找到了長安西路的落腳處,教徒可以每週日來會場自行禮拜,或參加每個月大型的禮拜活動,讓教徒終於有了歸屬感。

與政府互助,為雇傭搭橋

NU教團以傳統教義(Traditionalism)及蘇非修行(Sufism)思想為中心,強調謹守宗教上的規範,更重視個人日常生活中「善」的實行,並淨化內心、屏除惡念。除此之外,他們致力於抑制激進主義、極端主義和恐怖主義,是全球伊斯蘭教反激進主義的主要力量,在印尼頗具影響力。在台灣,NU教團也與KDEI 駐台北印尼經濟貿易代表處 (INDONESIAN ECONOMIC AND TRADE OFFICE TO TAIPEI)密切合作,經常代為協助處理移工的問題。

印尼移工的問題有大有小,最常遇到剛來台灣不久的人,因為中文能力不好,無法與雇主溝通,有時剛好仲介太忙無暇照顧,或是根本不理會,NU教團就成為很好的協助管道。而有些人因為護照過期,不想多花錢請仲介代辦,或是途中不想做了想返鄉,都會先找上教團。透過教團的協助,了解護照申辦程序及至移民署辦理手續或訂機票。而一旦發生移工在此地過世,教團則有專門協助清洗大體的志工,以及發動移工為過世者舉行殯禮,並協助KDEI運送遺體回國等事宜。

「曾經發生在颱風天,有位雇主的物品不小心從5樓掉落至1樓,就要家裡的看護工去撿拾。但外面風雨大作,看護工不敢出門而被雇主罵到哭,第二天就跑來NU求助。」Tari與委員會幹部忙著安撫她,先讓她在會所投宿一晚,另一方面聯絡仲介處理。「仲介原本態度不佳,後來知道NU與印尼代表處的關係而轉為積極處理,在雇主致歉後,也答應不會讓她做危險的事情,最後讓事件圓滿落幕。」另有一位住在海邊附近的移工突然失蹤,當天風浪很大,他的朋友懷疑他被海浪捲走,於是請NU教團協助找人。教團連忙與印尼代表處通報,並與台灣消防單位合作,終於找到失蹤者,原來並未落海,而是去了別處。

不僅是生活上的問題讓教團與印尼辦事處互助合作,由於移工在台灣工作有年限規定,14年期滿以後就不能再來。印尼辦事處為了協助移工們找到一技之長並能返鄉創業、就業,積極與台灣學校、企業舉辦技職訓練合作,也成為彼此互助的重要活動。「NU教團熱烈響應,鼓勵教友參加。許多教友都認為能在工作之餘學習一技之長,讓他們對未來更充滿希望。」

教友支持,異鄉人的心靈支柱

身處異鄉,最怕的就是發生困難時卻語言不通,又不知道可以找誰來幫忙?Tari回想自己11年前剛來台灣工作時,中文說得不好,很多生活習慣不適應,連天氣的寒冷、頻繁的地震都會讓人心驚。「當時雇主的心態多半認為我們並非平等;不允許我們擁有手機,也不願意周日讓我們外出休息。」尤其對於穆斯林而言,他們不吃豬肉、每天要做禮拜、每年有一個月要實行齋戒,看在雇主眼裡非但不能理解,甚至還會干預,讓他們心中滿是愁苦,鄉愁就更厲害了。相較於今日,Tari認為台灣風氣開放,雇主越來越重視外勞的權益,許多雇主還把他們當成家人對待,尤其手機已升格為生活必需品,再加上免費通訊軟體的普遍,隨時能與家鄉親人視訊通話,文化隔閡與思鄉之情已經不再是印尼外勞的痛處。

「由於心靈的寄託,使我們的生活有努力的目標,所以在台工作仍是大家嚮往的。」Tari看過有些移工辛苦忙碌大半天,但心靈是枯竭的,對未來也無法懷抱期待與想像,一旦工作約滿,回到家鄉仍一籌莫展,不知還能做什麼?也許又去另一個國度,重新再適應、再回鄉,周而復始。「加入NU教團,大家都是一家人,彼此給予建議與鼓勵。再加上宗教的心靈滋養,教友的心裡充實快樂,也會反映在工作上。」

台灣NU女青年會各分部的幹部目前有兩三人,她們日常的工作主要以關懷女教友生活,以及加強法律與相關知識教育為主。雖然起步不久,卻很有企圖心。以台北為例,平常NU聚會的場地是教徒禮拜之用,但會場下方有間兩坪的地下室,她們就拿來當作姊妹學習成長的教室。「每個周日都安排了課程,例如學習使用縫紉機做衣服、學化妝,也請了在大學唸書的印尼學生來教大家英文、電腦。」Tari很高興能擁有這塊專屬的空間,大家可以交換很多包括婚姻、感情等私密的問題,也能在此添購穆斯林服裝與頭巾,姊妹的情誼就在這方寸之間滋長凝聚。

日後,她們計畫設立志工團,讓更多教友姊妹投入社會關懷,服務更多非穆斯林的女性移工,甚至能實際參與台灣社會的公益服務。「伊斯蘭教教導我們向善、行善,也許我們因為工作時數太長限制了行善的時間,但是只要能力所及,我們就要用行動展現。」許多穆斯林姊妹與Tari一樣,熱愛台灣的環境與溫暖的人情,她們曾在這裡獲得喜樂,也希望以伊斯蘭教的美善回饋給更多人。                                                                

相關文章

近期文章

EN 日本語

Fatayat NU

The Growing Influence of an Indonesian Women’s Association

Yang Ling-yuan /photos courtesy of Jimmy Lin /tr. by Robert Green

In 2007 an offshoot of Nahdlatul Ulama (NU), an Indonesian Islamic organization, was set up in Taiwan. About 85% of Taiwan’s Indonesian migrant workers are members, and the organization’s importance to the community can’t be overstated. It has branches in Tai­pei, Tai­chung, Chang­hua, Dou­liu (Yun­lin), Dong­gang (Ping­tung), and Ma­gong (­Penghu). In 2013 Fa­ta­yat NU, the NU’s women’s youth league, also opened an office in Taiwan to offer educational programs to young Muslim women. Following in the footsteps of the NU’s success, Fatayat NU activities are springing up all over Taiwan.

 


There are about 1.8 billion Muslims in the world. It can be difficult to imagine the diversity of beliefs in the Muslim community, in which radical, moderate, and tolerant views can be found. The NU, a moderate, tradi­tion­al­ist organization, is Indonesia’s largest Islamic group, with about 50 million members. 

A place of one’s own

On the last day of 2017, while many in Tai­pei were still making New Year’s Eve plans, Muslim men and women in traditional dress passed through the underground shopping mall at the Zhong­shan Metro station and gathered before a private home in a quiet lane off ­Chang’an West Road, where they removed their shoes and kneeled reverently on a green carpet for the day’s prayers.

The crowd had gathered for a special occasion, the wedding of the son of a senior member of NU’s Taiwan organization. NU members had come from all over Taiwan to offer their congratulations and take the rare opportunity to socialize with acquaintances. A succession of dishes was carried from the house’s kitchen to share with visitors who had not yet eaten. Seated on the ground, the celebrants enjoyed the food and chatted about everyday life.

Tarnia Tari is the director of the Tai­pei office of Fa­ta­yat NU, the NU’s women’s youth league. She has been working in Taiwan for 11 years already and currently works as a caregiver. She has only her Sunday holiday to spend on association affairs. She points out that women account for most of the Indonesian workers in Taiwan and that the NU hopes to use the meetings of the women’s association to encourage women to support each other and to provide them with greater assistance if they need it. Aside from Tai­pei, Fa­ta­yat NU has set up branches in Tai­chung and Chang­hua.

In explanation of the NU’s importance to the Indonesian Muslim community, Tari points out that Islam places great value on doctrine and encourages Muslims to set aside some time each day to listen to sermons by imams. “The association gives them an opportunity to listen to sermons by Indonesian imams on a regular basis,” she says. “Once or twice a month, the NU also invites a prominent imam to Taiwan to preach to adherents—something we really look forward to.”

Ministry of Labor statistics show that at the end of November 2017 there were 670,000 foreign workers in Taiwan, including 260,000 from Indonesia. Of the Indonesian workers 90% are Muslim, making Indonesia a major source for Taiwan’s Muslim community. Although there are mosques in Tai­pei, ­Zhongli (Tao­yuan), Da­yuan (Tao­yuan), Tai­chung, Tai­nan, Kao­hsiung, and Dong­gang (Ping­tung), long working hours make it ­difficult for migrant workers to attend, and the mosques are often some distance from train or subway stations. Nearly all the NU branch offices, on the other hand, are located close to stations and hold regular gatherings every second and fourth Sunday of the month, which makes it easy to remember. The NU branches have nearly supplanted the role of Taiwan’s mosques. 

“In the past, Indonesian Muslims had trouble finding a place to worship,” Tari says. “Later, a group of devout Muslims took the initiative to establish a Taiwan branch of the NU, with full support of the Indonesian parent organization.”

After the founding of the Taiwan branch, the Tai­pei Railway Station became the main place where Muslim migrant workers gathered for prayers, but prayers were scheduled only once every three months until the NU found a permanent location in a backstreet off of Chang’an West Road, which allowed Muslims to pray weekly at a time that suited them or attend larger monthly prayer services. The establishment of the NU branch finally helped foster a sense of belonging for Indo­nesian Muslims working in Taiwan.

A bridge for migrant workers

The NU combines elements of conventional Islamic theology and Sufism. It promotes mainstream religious practices and the cultivation of “goodness” in daily life through introspection and positive thinking. The organization is committed to combating radicalism, extremism, and terrorism. It is a major force for anti-radicalization efforts and highly influential in Indonesia. In Taiwan, the NU also works closely with the Indonesian Economic and Trade Office to Tai­pei, Indonesia’s representative office in Taiwan, to assist Indonesian migrant workers.

These workers encounter a host of difficulties. A common problem for recent arrivals is their inability to communicate with employers because of their lack of Chinese language skills. When employment agencies are too busy, or unwilling, to deal with the situation, the NU can provide needed assistance. In some cases, the passports of migrant workers have expired and they don’t want to spend extra money on renewing them through their employment agent; or they plan to give up their job in Taiwan and return home early. They often turn to the NU to understand Indonesian passport renewal procedures and the relevant procedures of Taiwan’s National Immigration Agency, or to book a ticket to Indonesia. In the event of the death of a migrant worker, the NU helps with Islamic funerary preparations and funeral rites, and works with the Indonesian representative office to arrange for repatriation of the body.   

Cooperation extends beyond routine migrant worker issues. For example, because migrant workers are limited to working in Taiwan for 14 years, the Indonesian representative office works closely with schools and businesses to offer professional and vocational training programs to help Indonesian workers cultivate skills that can be used to find jobs or start their own businesses when they return home. This has become an ­important aspect of the cooperation between the NU and the Indonesian representative office.

Providing spiritual sustenance

The worst thing when living abroad if you don’t speak the language is when problems arise and you don’t know where to turn for help. Tari recalls how things were when she first arrived in Taiwan 11 years ago. Her Chinese was poor, life here was alien, and the cold winter temperatures and frequent earthquakes were alarming. She feels that the atmosphere in Taiwan has become more welcoming and that employers increasingly look out for the interests of migrant workers. Many employers treat them like family.

Mobile phones are also an essential part of their daily lives. With the proliferation of free voice call and messaging apps, migrant workers find it easy to keep in touch with friends and relatives in Indonesia. Cultural alienation and homesickness are no longer such painful parts of their lives.

Tari has seen many migrant workers who are emotionally drained from long working hours and lose hope in the future. When they return home they are at a loss and don’t know what else to do. They may get into a cycle of going to different countries, where they have to re­adjust once more, before returning home again. “Everyone yearns for the sense of spiritual belonging that gives us a goal in life,” she says. “The NU acts as an extended family for us, and we can give each other advice and encouragement. It also gives us spiritual nourishment and fills us with joy, which sustains us through our working hours.”

In each of Fatayat NU’s Taiwan branch offices, two or three women are working day in and day out to improve Muslim women’s lives and offering information on legal issues. In Taipei, for example, the NU facility is used for worship, but also includes a small basement classroom used for educational programs. “There are classes offered every Sunday, on such practical subjects as sewing and makeup,” says Tari. “We also invite Indonesian college students to teach English and computing.”

Tari is extremely grateful to have a space where women can swap information on marriage, romantic relationships, and other highly personal topics.

The women are also planning to establish a volunteer group to involve more Muslim women in serving the community, including non-Muslim female migrant workers, and even actively contributing to the welfare of Taiwanese society. “Islam teaches us to seek the out the good and to do good deeds,” Tari says. “Maybe we have little time to go out and do good because we work such long hours, but whenever we are able to we must act.”

There are many Muslim women like Tari who love Taiwan for both its way of life and the warmth of the people. They have found happiness here, and they hope in return to share the beauty and goodness of Islam. 

台湾で多くの人を支える インドネシアのイスラム教団体

ナフダトゥル・ウラマー(NU)青年女性部

文・楊齡媛 写真・林格立 翻訳・松本 幸子

インドネシアのイスラム教団体「ナフダトゥル・ウラマー(NU)」は台湾でも2007年に設立され、在台インドネシア人の85%が加入する。宜蘭、台北、台中、彰化、斗六、屏東東港、澎湖馬公に支部を持つほか、2013年には青年女性部(Fatayat NU)を設立、ムスリム女性のための学習コース開設など、NUの発展とともに各地で活動を広げている。


世界に18億人に上るイスラム教徒は、急進派から穏健派まで多様だ。そのうち比較的保守的で温和なNUは、インドネシア最大かつ世界最大のイスラム教団体であり、約5000万人の会員を抱える。団体の主な任務はイスラム教の儀式や教義の保存と発揚にあり、すでに緻密なネットワークを持ち、学校や病院、社会福祉システムも発展させ、インドネシア社会に不可欠な安定したパワーとなっている。

NUが集会場所を提供

2017年の大晦日、MRT中山地下街を長安西路に出た辺りの路地では、ムスリムの服装をした人々が1軒の民家に集まっていた。靴を脱いで緑の絨毯の上にきちんと座る。礼拝が始まるのだ。

例年と異なり、今日はNU台湾分会会長の息子の結婚式もあるので、他県・市からも会員が参列し、久しぶりだねと挨拶が交わされていた。台所から美味しそうな料理が運び込まれ、彼らは車座になって世間話をしながら食べ始めた。夜が更けるにつれ、町ではニューイヤーズイブの賑わいが増す中、ここでも祝賀ムードが高まっていた。

決して広くはないこの集会場所は土曜夜と日曜にだけ開けられる。NU青年女性部もここに女性会員集会場所を設けている。同台北支部会長のTarnia Tariさんは来台11年、現在介護の仕事をしながら日曜の休憩時にNUの事務をこなす。彼女によれば、台湾で働くインドネシア人には女性が多いため、女性だけの集まりを持って助け合い、ケアをするのが、NU総会の願いだという。現在は台中と彰化にも青年女性部支部がある。

NUがムスリムにとっていかに大切か、Tariさんはこう語る。教義を重視するイスラム教は、聖職者イマームによる説教を毎日聞くことを勧める。「NUに参加すれば、定期的にイマームの話を聞けます。毎月1~2回は規模の大きい布教活動があって、大イマームを台湾に招くこともでき、私たちはそれをとても楽しみにしています」しかも今やソーシャルネットワークでグループを作り、各自が同じ時間にスマートフォンを通してイマームの話を聞くこともできる。それは台湾のムスリムにとって大切な日課だ。

労働部の統計によれば、2017年11月末までに台湾で働く外国人労働者は67万人、そのうち26万人近くがインドネシア出身で、またその9割がムスリムであり、台湾のムスリムの多数を彼らが占める。台北、中壢、桃園大園、台中、台南、高雄、屏東東港などにはモスクがあるものの、労働時間の長い彼らにとって、たびたび足を運ぶのは難しいし、モスクは駅の近くにあるわけでもない。だが台湾のNU支部はほとんどが駅の近くにあり、集会も毎月第2、第4日曜と決まっていて覚えやすいので、台湾ではほぼモスク代わりの機能を果たしている。

「かつてインドネシアのムスリムは礼拝の場所を探すのに苦労しましたが、熱心なムスリムたちによって台湾NUが作られ、NU総会の全面的協力を得られました」台湾NU設立後、自ずと台北駅が礼拝の場となっていたが、3カ月に1度しか開けなかった。2014年にやっと長安西路に場所を見つけ、毎週日曜の礼拝と毎月の大型礼拝も行えるようになり、信徒の帰属の場ができた。

政府機関との協力で問題解決

NUは伝統教義とスーフィズム(神秘主義哲学)を中心に、宗教的規範の順守や、日常生活における善の実践、心の浄化などを重視する。また、急進主義や過激派、テロリズムの抑制に努め、世界におけるイスラム教反急進派の主要勢力となっており、インドネシアで大きい影響力を持つ。台湾NUは、駐台北インドネシア経済貿易代表処との緊密な協力により、移住労働者が遭遇する問題の処理にも当たっている。

インドネシア人労働者の抱える問題はさまざまだが、最も多いのは、台湾に来たばかりで中国語が話せず、雇用者とコミュニケーションがうまく取れないことだ。仲介業者が忙しくてケアの手が回らなかったり、或いはまったく世話してくれない業者だったりすると、NUが手を差し伸べる。また、パスポートの期限が切れた際、余計に費用を払って仲介業者に頼みたくない人や、仕事を辞めて帰国したい人も、まずNUに助けを求め、パスポート申請や移民署での手続き、航空チケットの予約方法を教えてもらう。もし台湾で労働者が亡くなれば、NUには納棺作業をする専門ボランティアがいるし、労働者たちに呼びかけて葬儀を行い、駐台北インドネシア経済貿易代表処の協力で、遺体を帰国させることができる。

「台風の日に起こったことですが、ある雇い主がうっかり5階から物を落としてしまい、介護に雇っていたインドネシア人に下まで拾いに行けと命じました。風雨の激しさを恐れて彼女は外に行けず、雇い主に罵倒されて泣いていたところ、翌日NUが駆けつけたこともありました」Tariさんと青年女性部幹部が懸命に彼女をなだめて会所に泊め、仲介業者に連絡を取った。「最初、業者の態度はかんばしくなかったのですが、NUが駐台北インドネシア代表処と関係があることを知って積極的に処理してくれ、最後には雇い主も謝り、彼女に危険なことはさせないと約束してくれて円満解決しました」また別の労働者が海辺で行方不明になったことがあった。当日は風が強く波も高かったので波にさらわれたのではと心配した友人がNUに助けを求めた。NUはすぐにインドネシア代表処に通報、消防機関との協力で、ついに本人を見つけ出した。波にさらわれたのではなく、別の所へ行っていただけであったが。

協力は生活上の問題だけではない。14年の労働期間終了後は再び台湾で働くことはできないので、彼らが技術を身につけて帰国後の起業や就職に生かせるよう、インドネシア代表処は台湾の学校や企業と協力して技術訓練を行っている。これも大切な協力活動の一つだ。「訓練参加をNUも勧めています。仕事の合間に専門技術も身につけられれば、未来が開けます」

異郷での心の支え

異郷での最大の心配は、問題が起こった際に言葉が通じないうえ、誰に助けを求めればいいのかもわからないことだ。Tariさんは自分が台湾に来た11年前を思い出す。中国語がうまく話せず、生活習慣にも適応できず、寒い気候と地震の多さも恐怖の種だった。「当時は雇用者から不平等な扱いを受けることが多く、携帯電話の所有や、日曜に仕事を休んでの外出も許されませんでした」特にムスリムにとって、豚肉を食べないこと、毎日の礼拝、年に1カ月のラマダンは大切だが、雇用者はそれを理解してくれないばかりか干渉してくることもあり、つらさで郷愁はより募った。だが今日では、台湾も多文化を受け入れるムードが一般的になり、雇用者も外国人労働者の権利を重んじてくれると、Tariさんは感じている。自分たちを家族同様に見なしてくれる雇用者も多いし、携帯電話の所有も当然になった。また無料通信のツールが一般的になり、故郷の家族と顔を見ながら話せる。文化の差と望郷の念は、インドネシア人労働者をさほど悩ませなくなったという。

「心の拠り所があるので、生活に目標も生まれます。だから皆、やはり台湾に来て働きたいと思うのです」Tariさんは、多くの外国人労働者が仕事に追われ、将来に希望も持てないまま空虚な心を抱えるのを見てきた。そのまま帰国しても発展の道は見えず、また別の国へ行っても同じことの繰り返しになるだけだ。「NUに加われば、家族のようにアドバイスや励ましをもらえます。それに宗教が心を満たしてくれるので、充実して幸せで、それが仕事にも生かせます」

台湾NU青年女性部の各支部にいる2~3名の幹部は主に女性会員の生活のケアと、法律と関連知識の教育を行う。青年女性部はできてまだ間もないが活動は多い。台北のNU集会場の下には2坪の地下室があり、そこを女性会員の教室にしている。「毎週日曜に、ミシンでの服作りや化粧方法の授業、インドネシア人大学生による英語やパソコンの授業も行います」女性専用のこの空間ができて、Tariさんはとても喜んでいる。ここで恋愛や結婚などプライベートな話もできるし、ムスリムの衣装やヒジャブも買える。女性同士のふれあいがこの小さな空間で育まれているのだ。

今後はボランティアチームを作り、ムスリムでない女性労働者のケアや台湾社会の公益活動にも関わりたいと考える。「イスラム教の教えは『向善、行善』です。仕事が忙しくて行善の時間は取りにくいかもしれませんが、まずはできることから行動すればいいのです」多くのムスリム女性がTariさんと同様に、台湾の環境や温かな人情を愛する。彼女らはここで得た喜びを、イスラム教の教えに従い、より多くの人に還元したいと願う。

 

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!