40載援助計畫

國合會技術南向輸出
:::

2017 / 11月

文‧劉嫈楓 圖‧林旻萱


1976年,在「國合會」前身的「海外會」時期,我國的農業技術團已走出台灣,前往印尼東爪哇省泗水,提供援助。

數個世代過去,包括蘇門答臘、蘇拉維西、爪哇,以至峇里島,皆有來自國合會技術團駐足的身影。最高峰時期,曾有10位團員、5位技師派駐印尼,協助內容包羅萬象,包括水產養殖、園藝栽種、觀光行銷等。

 


 

現於印尼中爪哇萬隆地區推動的「萬隆強化農企業發展培育計畫」,是2015年印尼農業部針對當地所面臨的農業問題,與國合會印尼技術團合作,開始為期4年進行的援助項目。「重點是協助當地農民改善農企業經營模式,提升收益。」國合會印尼技術團團長莫國中說。

田間培訓,提升農民專業

目前印尼農業在病蟲害、土壤營養等領域都面臨不少問題等待改善,其中農田專業化管理不佳,更是產量遲遲無法提升的原因之一。

前往距離倫邦農業訓練中心不遠處的村落,一處面積不到一分的耕地,上頭除了主要作物高麗菜,間隙還雜種零星幾株辣椒,種滿蔬菜的田間,一旁還出現茄子。「這就是常見於印尼,典型缺乏管理的栽作型態。」莫國中說。缺乏管理的栽作,由於蔬菜作期不同,不僅作物所需水量不同,也常因混雜栽種,使得作物病蟲害交互感染,導致收成不佳。

除了提供健康種苗外,2016年國合會萬隆工作站於倫邦農業訓練中心,針對推廣員、產銷班班長,開設六十多場研習課程,培訓農民專業知識,迄今已有90名推廣員和60位核心農民加入。今年開始的田間培訓,則實地走訪產銷班所在地,針對田地、耕作給予協助。

萬隆位於印尼中爪哇,地勢較高,終年氣候舒爽,水質土壤肥沃,是印尼供應高經濟蔬菜作物的重要產地,主以供應萬隆鄰近,甚或更遠的大雅加達地區。

和國合會技術團合作的倫邦農業訓練中心,屬於印尼農業部,是推動農業推廣、培訓的主要機構,不少鄰近農民接受新知識的意願也相對較高。

週六下午,二十多位AL.amira farm產銷班的成員已聚集在班長屋外,看著牆上投放的投影片,一面聆聽解說。負責提供空間的班長Ramdlani Husni,今年32歲,務農經驗不過5年。成為農夫之前,他是成衣銷售商,幾年前看好農業前景,決定棄商從農,轉而走入田地。身為家族第一代農夫,Ramdlani Husni務農知識全憑自行摸索。一年前,他加入培訓計畫,比起以往靠著傳統方法耕作,現在則學會了許多專業知識。

改善產銷制度,推動品牌

台灣農業產銷制度,也是技術團期待透過計畫來分享的經驗。台灣自1952年,農會傳授新的耕種技術,成立綜合性農事研究班,為產銷班組織奠定雛形,歷史達六十多年,已成為台灣農業運作的基礎。而在印尼,透過政府輔導,以地方、地域為單位所成立的產銷組織並不少,但分工、組織不夠專業。

莫國中解釋,印尼產銷班並非如台灣一般採共同經營,當地產銷班各自為政,彼此競爭,缺乏向心力。由於缺少多元的銷售管道,產銷班班長時常身兼中盤商角色,負責向農民收購收成作物。「此種模式下,農作常常無法獲得理想價格。」他說。

計畫推行二年餘,印尼現有的產銷體系雖無法立即扭轉,「提升農產價格、改善耕作專業度,是可行的方向。」因此,在國合會輔導下,結合萬隆地名「Bandung」、蔬菜「Vegetable」英文二字縮寫,將合作社命名為「BAVAS」,增加消費市場對農產品牌的認識。「走向品牌化後,農產價值也會提高。」莫國中說。

隨著印尼動輒56%的經濟成長率,興起中的中產消費者對蔬果品質、安全需求,也隨之提升。然而目前印尼食安檢驗機制尚不健全,掛上台灣國合會技術團「ICDF」標誌,即成為市場上安心蔬果的品質保證。

試營運中的集貨場,也為提升農產價值推助一臂之力。2016年,在技術團協助下,同樣設於倫邦農業訓練中心的集貨場落成,擁有寬敞明亮,足以提供預冷儲藏、分級分類、清洗包裝,儲運等完善功能的集貨設施,在多數仍透過簡單的家庭式分工處理農穫的印尼極為少見。「未來農民收成後,透過集貨場的分級分類現代化管理,為農場提升附加價值」莫國中說。

另一旁4座大型智慧型溫室,則展現了台灣農業自動化的高科技管理方式。國合會萬隆工作站技師潘泊原表示,大型智慧溫室,從灑水、日照遮蔽等皆能全自動調控,諸如溫度、濕度、氣流等資料,也能透過電腦主機回傳,即時掌控溫室情況。

儘管多數印尼農民仍負擔不起造價不斐的自動化溫室設施,卻能扮演示範功能。尤其印尼農業的發展如同台灣,正面臨缺少年輕世代投入的困境。「透過現代自動化的溫室管理,能向當地農民展示,原來農業栽作也能如此科技化。」莫國中說。

自動化的溫室,也為台商農業資材南向輸出提供商機。潘泊原表示,利用竹材等成本造價較為低廉的資材搭設溫室,在印尼極為普遍。

然而,台灣、印尼氣候條件有別,對比台灣須面對夏天颱風來襲等氣候變化,印尼農民反而更關心日照過度、高溫等問題,將台灣溫室設備整廠輸出,並不見得符合當地所需。

「搭配氣候條件,模組化的資材,或許是可行方向。」潘泊原說。當地農民能因時因地,根據耕作所需,彈性自行調整設施。「熟悉了來自台灣自動化設備,未來一旦農民財力足以負擔,有意選購設備資材,台灣設備也將是他們的優先選項。」莫國中說。

從種苗培育、耕地管理,以至後端的產銷營運,類似的援助合作,早有前例。2011年,國合會技術團即與下轄於印尼國立茂物農業大學的「茂物農企業經營推廣中心」合作,透過專業的栽作與產銷觀念,提升農民收入。

合作推廣期間,除了提升農民專業知識、解決後端產銷問題,也協助當地農民栽作番茄、彩椒、馬鈴薯、東方蔬菜等高產值的明星蔬果,其中「水晶芭樂」經過試種後,已可見於超市,更有印尼台商大面積栽作10公頃果園,每月約能生產100噸。

稻種計畫,增加稻米供應量

推動農企業經營計畫之餘,國合會今年9月中旬,更與南蘇拉維西哈山努定大學簽訂的「優良稻種發展計畫」。

計畫執行所在地南蘇拉維西省,位處印尼狹長國土東南邊上方,緊鄰海岸,熱鬧繁榮,是印尼生產稻米的重要產地。然而,印尼雖為世界排名前三大的稻米產國,迄今產量、品質,始終不如預期,多年來必須仰賴進口稻米,才足以供應印尼國內民眾所需。

究其原因,「水利灌溉設施不足,是關鍵之一。」莫國中說。印尼自荷蘭時代迄今,國內水利設施翻修率僅有45%,水源布建不足,連帶影響產量。而耕地機械化程度不高,也導致農田收成無法提升。莫國中解釋,印尼每位農民平均擁有耕地面積不足一分(約近300坪左右),印尼耕作仍為小農生態。因此,多數農民並無能力採購農耕機具,未來透過產銷合作社的模式,在產銷班及合作社的組織下,也發展出代耕、代收的專業分工。

而攸關產量提升最關鍵的仍在於健康的種苗。「如果種子、種苗不健康,收成不盡理想,自然可想而知。」莫國中說。因此這次的計畫之一,便是和當地產銷班合作,於300公頃耕地,栽種種苗。未來收成後,便能增加15%種苗供應量。

「透過計劃的推行,是展現台灣技術與經驗的最佳方式。」莫國中說。                               

相關文章

近期文章

EN 日本語

Four Decades of Aid Work

ICDF Technical Missions in Indonesia

Liu Yingfeng /photos courtesy of Lin Min-hsuan /tr. by Robert Green

In 1976 Taiwan first dispatched an agricultural mission to provide aid in Surabaya, Indonesia. The aid work was directed by the Committee of International Technical Cooperation, the forerunner of today’s International Cooperation and Development Fund (ICDF).

In subsequent decades, ICDF technical missions also conducted aid work in Sumatra, Sulawesi, Java, and Bali. At one point, the ICDF had as many as 15 staff members stationed in Indonesia, including five technical experts, who worked on a host of initiatives ranging from aquaculture and horticulture to tourism promotion.

 


 

In 2015 Indonesia’s Ministry of Agriculture and an ICDF technical mission launched a four-year program in Ban­dung, called Strengthening Incubator Agribusiness with Human Resources Development, to address a range of agricultural challenges. “We focused on helping local farmers improve their business models and increase profits,” says Douglas Moh, leader of the Taiwan Technical Mission in the Republic of Indonesia.

Agricultural expertise delivered on-site

At present Indonesian farming faces numerous challenges, including combating pests and diseases and improving soil fertility. One factor limiting crop output is the lack of professional management of the farmland.

In a village located only a short distance from the National Agricultural Training Center at Lem­bang (LNATC), cabbages are sprouting from a small plot of land. This is the chief crop, but the plot is also scattered with chili pepper plants, while eggplant is grown in one corner of the field. In fact, the plot overflows with all types of vegetables. “This is a common sight in Indonesia, a typical lack of crop rotation management,” Moh says.

Because different crops have different planting seasons and need different amounts of water, the mixing of different crops causes pests and diseases to spread among the various vegetables and results in poor harvests.

To help address this, the ICDF work station at LNATC has offered more than 60 training programs focusing on production and marketing and the adoption of advanced agricultural techniques, in addition to providing healthy seeds and seedlings. To date 90 extension officers, who in turn counsel local farmers, and 60 farmers, have taken part in the program. This year, moreover, the agricultural training teams began to travel directly to local farms to give on-site advice and assistance.

Improving techniques, building brands

The technical missions are also eager to share Taiwan’s agricultural production and marketing methods through the assistance program. In Taiwan since 1952 farmers’ associations have been teaching new cultivation techniques and have established comprehensive training programs, which became a model for agricultural production and marketing organizations. Over the 60 years since then these have come to provide a foundation for Taiwan’s agricultural industry. Under government guidance, Indonesia has also established many local and regional production and marketing teams, but they suffer from a lack of expertise in both the division of labor and organizational structure.

Moh explains that the Indonesian production and marketing organizations lack the institutional support of those in Taiwan. In Indonesia they make little attempt to coordinate their actions, compete with one another, and suffer from a lack of solidarity. The lack of diversified sales networks also results in the leaders of production teams acting as middlemen, directly purchasing crops from farmers. “In this model, crops often fail to fetch proper prices,” Moh says.

Under the guidance of the ICDF, one agricultural cooperative increased market visibility by establishing a brand name for its produce, marketing it under the name BAVAS, a combination of “Ban­dung” and “vegetables.” “The branding process results in higher prices for agricultural products,” Moh says.

With Indonesia’s economy growing at annual rates of at least 5‡6%, demand for safe, quality produce is increasing among the country’s growing middle class. And since Indonesia’s food safety inspection mechanisms are not yet fully established, an ICDF label is used to reassure consumers about the quality of local fruits and vegetables.

The trial establishment of a produce distribution facility has also given local agricultural enterprises a leg up. In 2016, with the aid of the Taiwan Technical Mission in Indonesia, the distribution center was established at the LNATC. The spacious, well-lit facility is equipped for the refrigeration, sorting, grading, washing, packaging, storage and shipment of produce. Such a facility is rare in Indonesia, where most produce is still prepared for market by family enterprises using basic techniques. “In the future farmers will be able to increase the value of their crops by using the center’s advanced techniques for preparing the goods for market,” Moh says. 

The facility also includes four large “smart greenhouses,” examples of Taiwan’s advanced automated agricultural techniques. Pan Po Yuan, a specialist at the ICDF’s Ban­dung work station, explains that the sprinklers and sunlight levels in the greenhouses are self-­regulating. Data on temperature, humidity and airflow are also processed by computers that can quickly adjust conditions in the greenhouses.   

Although most Indonesian farmers can’t as yet afford smart greenhouses, the facilities nonetheless demonstrate the potential of automation. Just as in Taiwan, the Indonesian agricultural sector is facing a shortage of younger workers willing to take up the arduous work. “Automated greenhouse techniques demonstrate to local farmers the benefits of applying advanced technology to traditional farms,” Moh says. 

Automated greenhouses also provide market opportunities for Taiwanese sellers of agriculture-related equipment and materials. Pan points out that bamboo and other low-cost materials are commonly used in Indonesia for the construction of greenhouses.

“If adapted to local climatic conditions, modular building materials offer real possibilities,” Pan says.

Local farmers can modify their facilities as they see fit to meet farming requirements. “Having become familiar with Taiwan’s automated technologies, farmers will be eager to purchase such technologies once they have sufficient capital, and Taiwanese equipment will likely be their first choice,” Moh says.

There is a precedent for this type of agricultural technical assistance in Indonesia, in an earlier initiative also focusing on seed and seedling production, arable land management and post-harvest marketing operations. In 2011 an ICDF technical mission in conjunction with Indonesia’s Bo­gor Agriculture University established the Bo­gor Agribusiness Development Center to enhance farmers’ incomes through specialized cultivation techniques and marketing concepts.

Aside from enhancing the expertise of farmers and addressing post-harvest distribution problems, the Bo­gor project also helped local farmers cultivate tomatoes, sweet peppers, potatoes, and other high-value fruits and vegetables popular in Asia. After test plantings of crystal guavas, for example, the fruit quickly appeared in super­markets. Taiwanese entrepreneurs in Indonesia subsequently planted orchards covering ten hectares, which can produce about 100 tons of the fruit per month.

Boosting the rice supply

In mid-September of this year, the ICDF also agreed to cooperate with Ha­sa­nud­din University, located in South Su­la­wesi, to implement the High Quality Rice Seed Development Project.

The project will be implemented in the province of South Su­la­wesi, located on a long, narrow peninsula in the southeast of the island of Su­la­wesi. It is a prosperous coastal region and an important rice-growing center. Although Indonesia ranks among the world’s three largest rice-producing nations, both the quantity and the quality of the rice crop have fallen short of expectations. For many years now, Indonesia has been forced to rely on imported rice to meet local demand.

“One of the key reasons is inadequate irrigation facilities,” says Moh. From the end of the Dutch colonial era during World War II until the present, only 45% of irrigation facilities have been modernized and water supplies are limited, thus affecting agricultural output. The lack of mechanized farming is also limiting crop production. In the future the adoption of collective production and marketing will help with the adoption of a specialized division of labor in rice farming, with different tasks such as field preparation and harvesting being put out to contractors.

Yet the planting of healthy seedlings remains the most important factor in raising crop output. Therefore one aspect of the current plan will help local production teams to turn over 300 hectares of arable land to growing rice seedlings. In future, this should increase the seedling supply by 15%.

“Carrying out technical assistance plans is the best way for Taiwan to showcase our technology and expertise,” Moh says.                                       

40年にわたる対外援助

ICDFのインドネシア農業支援

文・劉嫈楓 写真・林旻萱 翻訳・笹岡 敦子

1976年、財団法人国際合作発展基金会(ICDF)がその前身の海外技術合作委員会だった頃から、わ が国の農業技術団は台湾を出て、インドネシア東ジャワ州スラバヤへ援助に赴いた。

数世代の間に、スマトラ、スラウェシ、ジャワ、バリ島にもICDF技術団が駐留し、ピーク時には団員10名と技師5名がインドネシアに派遣されていた。水産養殖、園芸栽培、観光プロモーションなど、あらゆる支援が行われた。


今インドネシア・ジャワ島バンドン地区で進められている「強化型バンドン・アグリビジネス発 展育成計画」は、2015年にインドネシア農業省が 現地の課題を受け、ICDFインドネシア技術団と共同で、4年計画で始めた援助事業である。「重点は生産者に対し、経営モデルの改善をサポート して収益を上げることです」ICDFインドネシア技術団団長の莫国中がいう。

生産者のフィールドトレーニング

インドネシアの農業は、病虫害や土壌の栄養といった分野で、改善すべき問題が数多くある。とりわけ、農地の専門的な管理がなされていないことが、生産量の伸びない原因になっている。

レンバン農業訓練センターからほど近い村へ向かう。1000平方メートルに満たない農地に、主要作物のキャベツの隙間に唐辛子も見え、傍にはナスもある。「これがインドネシアの典型的な管理されていない耕作形態です」莫国中はいう。野菜ごとに生育期が異なれば必要な水の量も違うし、雑多な作物の間で病虫害の交差感染が起き、収穫量は伸びない。

健康な種苗提供のほか、2016年、ICDFバンド ン・ワークステーションはレンバン農業訓練セン ターで、プロモーターや生産流通班の班長を対象に、60回以上の研修コースを開設した。専門知識の普及に取り組み、これまでにプロモーター90人と中心的な生産者60人が参加している。今年始めたフィールドトレーニングは、生産流通班の所在地を実地に訪れ、農地と耕作について支援を行なっている。

バンドンは高地にあり、年間を通じて過ごしやすく、水質と土壌に恵まれ、インドネシアにおけ る経済作物の重要な産地である。バンドン近隣地域以外に遠いジャカルタにも供給する。

ICDFと協力するレンバン農業訓練センターは、インドネシア農業省に属し、農業プロモーションとトレーニングの主要推進機関である。近隣の農家の新知識を受け入れる意欲も高い。

土曜午後、アルアミラ・ファーム生産流通班のメンバー二十数人が班長の下に集まり、壁に映し出されたスライドを見ながら解説を聞いていた。場所を提供するラムドラニ・フスニ班長は32 歳、農業経験わずか5年である。農業の前は既製服の販売業を営んでいた。数年前に農業の将来性を見込み、商売をやめて土を相手にするようになった。農家一代目だから知識は全て自分で模索した。一年前にトレーニングプログラムに参加した。それまでの伝統的な方法での農業に比べ、今では多くの専門知識を身につけている。

生産流通制度の改善とブランド化

台湾の農業流通制度も、技術団がプログラムで普及させたいものの一つである。台湾では1952 年から組合が新しい農作技術を広め、総合的な農事研究班を設けたのが、生産流通班組織の雛形になった。六十数年が経過し、台湾の農業運営の基礎となっている。一方、インドネシアでは、政府の指導を通じて地方や地域を単位に生産流通組織がすでに数多く成立しているが、分業・組織は専門性が足りない。

莫国中の説明によると、インドネシアの生産流通班は台湾のような共同経営を採用しておらず、 現地の生産流通班がそれぞれ取り仕切って互いに競争しており、求心力に欠ける。多様な流通ルートを欠き、生産流通班の班長が卸売業者も兼ねて生産者から収穫を買い取る。「それでは理想的な価格にならないことが多いのです」

推進二年余りでは、インドネシアの流通体系は変えられない。しかし「農産品の価格を引き上 げ、耕作の専門性を高めることは可能です」。そこで、ICDFの指導の下、バンドンとベジタブルから組合を「BAVAS」と名付け、市場における農産品ブランドの知名度拡大を図った。「ブランド化することで農産品の価値が向上します」と莫国中はいう。

インドネシアの5~6%もの経済成長率ととも に、台頭する中間層の間では青果の品質・安全へ の要求も高まっている。しかし食品安全検査制度が完備されていない現状では、台湾国際合作発展 基金会技術団「ICDF」のマークが、市場において安心野菜の品質保証になっている。

試験運転中の集荷場も、農産品の価値向上に一 役買っている。2016年には技術団の支援で同様にレンバン農業訓練センターに設置された集荷場が落成した。広々と明るく、冷蔵・等級分類・洗浄・ 包装・配送などができる機能完備の集荷施設である。多くが簡単な家内分業で処理しているインド ネシアでは、まだ珍しい。「将来は収穫したら集荷場の等級分類の現代的な管理で、農場の付加価値を高めていきます」莫国中が語る。

別のエリアには大型のスマート温室が4つあり、台湾の農業自動化のテクノロジー管理方式が見られる。ICDFバンドン・ワークステーションの 技師・潘泊原によると、大型スマート温室は、散水や日照調整を全自動制御する。温度・湿度・空気の流れなどのデータも、コンピュータで収集し、温室の状態をリアルタイムに把握できる。

インドネシアの農家のほとんどが高額な自動化温室設備は負担できないが、デモンストレーショ ンの機能は果たしている。特にインドネシアも台湾と同じく、若い世代の農業離れに直面してい る。「自動化温室管理によって、農業もテクノロ ジーでこれほど変わるということを、生産者に示すことができるでしょう」莫国中はいう。

自動化温室は、台湾企業が農業資材を東南アジ ア諸国に輸出するビジネスチャンスでもある。イ ンドネシアでは竹など安い資材で温室を作るのが普通だと潘泊原はいう。

しかし、台湾とインドネシアは気候条件が異なる。台湾では台風など気象の変化に対応しなけれ ばならないが、インドネシアでは日照過多や高温 により注意が集まる。台湾の温室設備を輸出しても、現地のニーズに合うとは限らない。

「気候条件に合わせてユニット化した資材な ら、可能性があるかもしれません」と潘泊原はい う。現地の農家は季節や場所に応じて、耕作に適した弾力的な設備調整を行う。「台湾の自動化設備が浸透すれば、生産者が経済的に負担できるようになって、設備資材を購入しようと思った とき、台湾の設備が優先的な選択肢になるでしょう」莫国中はこう考える。

種苗育成・耕地管理からバックエンドの流通経営に到るまで、類似の援助協力には前例がある。 2011年、ICDFはインドネシア国立ボゴール農業大学が管轄する「ボゴール・アグリビジネス経営振興センター」と協力し、専門性の高い農作と流通を通じて、生産者の収入を向上させた。

協力期間中、生産者の専門知識向上や流通問題解決のほか、トマト、パプリカ、ジャガイモ、 アジアの野菜など高価格の人気野菜や果物の耕作を支援した。中でも「クリスタル・グアバ」は試作を経て、今ではスーパーにも並ぶ。在インドネ シアの台湾事業者が10ヘクタールの果樹園で栽培し、毎月100トンを生産している例もある。

コメの生産を増やせ

アグリビジネス計画を推進する傍ら、ICDFは今年9月、南スラウェシ州のハサヌディン大学と の間に「優良稲種発展計画」を締結した。

計画が実施される南スラウェシ州は、細長いイ ンドネシアの国土の東南部に位置し、海に面した コメの重要な産地である。だが、世界3位のコメの生産国でありながら、量・質ともに思うように いかず、長年にわたり輸入米に頼ってインドネシアの国内需要に対応してきた。

原因をつきつめると「水利灌漑施設の不足がカ ギ」だと莫国中は言う。インドネシアはオランダ 領時代から今に至るまで、国内の水利施設の現代化率はわずか45%である。灌漑施設の不足が生産量にも影響する。また耕作地の機械化も進まず、 収量は伸びない。インドネシアは生産者一人当りの耕地面積が1000平方メートルに満たず、小規模農業が主体だと莫国中は指摘する。従って、多くの生産者は耕作機械を購入する能力がなく、生産流通組合のモデルによって、農業組合や協同組合の組織の下で、耕作代行・収穫代行といった専業分業を進めていく。

生産量の増大で最も重要なのが健康な種苗である。「種や苗が不健康では収量は上がりません」 そこで今回の計画の一つとして、現地の生産流通班と協力し、300ヘクタールの耕地で種苗を栽培する。これにより種苗供給量が15%増える。

「計画の推進が、台湾の技術と経験を示す最良の方法になるでしょう」と莫国中は語る。

 

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!