:::
城鄉在地
理想の未来を思い描く善の心が、平地に生れた二人を動かし、台湾の先住民族文化の継承に力を注ぐようになった。繊細に描かれた台湾の先住民16民族の伝統衣装の図案には、巧みな構図と立体化に関する工夫が凝らされ...
最新脈動
2018年の台湾におけるペットボトル回収量は約52億本である。その量は、台北101ビル三杯分を超える。回収場に積み上げられたペットボトルを前に、回収してもプラスチックが環境に与える負荷を否定できない。...
最新脈動
テクノロジーの躍進で、当たり前だった多くの観念が変わりつつある。創意、技術、知識、娯楽といった分野の境界が曖昧になり、テクノロジーの中で文化が新たな世界を生み出している。想像力を自由に働かせて戦う新た...
藝術人文
「道はね、とにかく進んでいけば必ず見つかるものだよ」インタビュー当日、悩んでいるスタッフに、儲榢逸が小声で語っていた。はからずもその言葉は彼の人生そのものを語っている。 若さが彼の利点だ。普通ならまだ...
休閒旅遊
アメリカの文豪、ヘミングウェイはこう言っている。自転車に乗って山や谷を越え、汗を流しながらじっくりと巡るのは、その国の風土や民を知る最も良い方法だと。 『光華』のシリーズ「自転車で行く台湾」は今回、台...
藝術人文
2014年に、蔡舜任は自身の修復チームによって修復を終えた著名絵師・潘麗水の門神(寺廟の門に描かれた守護神)4点を携え、「門神との旅」と銘打った国際展への参加を開始した。国際建築ペイント・リサーチ(A...
專欄
南竿は馬祖列島で最も重要な政治経済の中心である。基隆から船に乗り、台湾海峡を横断していくと、船はゆっくりと福澳港に入り、「枕戈待旦(戈を枕にして旦を待つ/常に戦えるよう準備を怠らないこと)」の四文字が...
藝術人文
「台湾の工芸の父」と称えられる顔水龍は、1952年の著書『台湾工芸』の中で、こう述べている。台湾の既存の素材の美を活かして現代人の生活に合う工芸品を設計し、デザインと工芸の美を結び付ければ、それを輸出...
藝術人文
まるで新しいエネルギーを結集したかのようである。若い世代のキュレーターたちが、多くの人とコミュニケーションを取りたいと考えるコンセプトにデザイン思考を取り入れ、キュレーションの質を変化させ、一般の人々...
藝術人文
さまざまな授賞式の中継をテレビで見れば、スターの姿やステージも楽しむことができる。毎年6月の金曲賞から9月の金鐘賞、11月の金馬賞まで、一年の後半は芸能・放送・映画関係の華やかな授賞式が続く。今年は誰...
X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!