:::
試閱文章
藝術人文
「文学は地上の塩だと常に信じてきた。塩は、取るに足らないものでありながら、我々の体に欠かせない。文学は地面にまかれる塩のようなものだから、(中略)それは人の精神構造を変えることができ、高める力を無限に...
試閱文章
全球華人
1988年の12月28日、「母語を還せ!」という大規模なデモ行進が行なわれた。客家語教育の推進と客家語を用いた放送の自由化、そして放送における方言使用の制限を定めた広電法(放送法)の改正を求め、客家運...
最新脈動
昔は汚染源として嫌われた化学工場が、今では環境保護の尖兵となった。環境にやさしいサプライチェーンを確立し、川上から川下まで地球を守る理念を実践してきたオーライト(欧莱徳/Hair O'right)は、...
試閱文章
最新脈動
天気の変化で喜んだり悲しんだり、お天道様次第なのは昔は農家や漁師だけだったが、気象の変化が激しくなり、異常気象が常態化する現在、誰にも手の打ちようのない無力感を覚える。 科学の進歩と共に気象に関する産...
試閱文章
休閒旅遊
「知者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ」という言葉があるが、花蓮にはちょうど海側と山側を南北に貫いて走る2本の幹線道路「海線」「山線」がある。『光華』の「自転車で行く台湾の旅」は今回、中央山脈と海岸山脈...
全球華人
華奢な身体に程よい化粧。邱月香は男性主導のソフトウェア業界で異色の存在である。中華民国情報サービス産業協会CISA (Information Service Industry Association ...
專欄
夜に「台馬之星」に乗船する。波音を聞き、波に揺られつつ客室で静かな一夜を過ごせば、翌朝には期待に胸を膨らませ、この神秘の島に上陸することができる。 台湾の最北端に位置する東引島は、戦略的に重要な位置に...
城鄉在地
台中市沙鹿六路地域の二階建ての講堂では流行のダンス音楽「デスパシート」の前奏が繰り返し流れている。音楽に合わせて踊っている高齢者たちは六路コミュニティ発展協会の6カラット舞踊団のメンバーだ。平均年齢は...
試閱文章
最新脈動
「イケてる」は若者だけに向けられる言葉ではない。最近は多くの高齢者がファッションショーのステージに立つようになった。おじいちゃん、おばあちゃんが自らの発言権を取り戻し、「年齢は問題ではない。高齢者も、...
最新脈動
年をとっても安心して快適に暮らせる家が欲しい。高齢者のニーズを満たすとともに自然環境の恩恵も取り入れた、高齢者にふさわしい住宅とはどのようなものか、建築家にうかがった。...
最新脈動
30年以上前に公開された日本の映画「楢山節考」は、日本の民間に伝わる「棄老」伝説を描いた衝撃的な作品だった。貧しく過酷な生活を強いられる寒村において、かつては少しでも食い扶持を減らすために、70歳にな...
專欄
金針花は萱草、ワスレグサとも呼ばれる。毎年8〜9月は花蓮県六十石山の金針花の季節で、農家は観光客のために一部の花畑を収穫せずに残している。山の上から一面の花畑を見下ろせば、花東縦谷の美しい景色を眼下に...
全球華人
「私はタイ人で、また中華民国の国籍も持っていますから、両方の社会に役立つことに力を注ぐのは当然だと考えています」——タイ語放送と政府のイベントで司会を務める陶雲升は、普段は寡黙...
試閱文章
城鄉在地
三代続く徳豊木業は、この百年の林業の変遷を見続けてきた。最盛期から没落に瀕した時期まで、徳豊木業は木材の潤いで、冷たいスチールとコンクリートを迎え撃つ。環境にやさしい無害な建築を旨に、自然に呼吸する住...
全球華人
タイは東南アジア市場の重要な拠点であり、台湾政府によって新南向政策が打ち出される前から台湾企業はビジネスチャンスを見込んで投資してきた。数十年を経て、その多くは産業界の中堅となっている。だが、近年はグ...
試閱文章
休閒旅遊
「科学イラスト」(サイエンティフィック・イラストレーション)は、カメラがなかった時代、科学者が生物の特徴を記録するために、動植物を生き生きと描いたものだ。独自の芸術形式を持ち、我々に多様な世界を見せて...
藝術人文
中央研究院内にある胡適の旧宅は、この60年、変わらぬ姿を残し、緑の草地に囲まれて池にその影を落とす。激動の時代は過ぎ、平和な時代にあって、永遠の静けさの中に佇んでいる。一代の碩学はここに生前暮らし、研...
試閱文章
專欄
蘭嶼の海は、まるで鏡のように清らかに澄んでいて、海底に沈む岩石のように深く神秘に満ちている。荒々しい潮の香が漂い、俗世を離れて大海に孤立するその姿は、海と大自然を愛する人々を惹きつける。 ここは台湾で...
最新脈動
台湾政府は、2035年にはガソリン二輪車の販売を禁止すると発表した。スケジュールが決まると、代替案が現れた。中でも中華emovingは早くも数年前に参入し、先行者利益を得ている。バイク製造55年の光陽...
最新脈動
唐の李紳は「憫農詩」に「禾を鋤いて、日は午に当たる。汗は滴る禾下の土に」と詠んだ。昔の農耕の姿である。 だが今日の農業では、ドローンが農薬や肥料を散布し、人手による作業より精確なため農薬や肥料の使用量...
X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!