:::
試閱文章
最新脈動
外国人労働者や留学生の増加に伴い、異国から来た人々による文筆家組織が台湾で花咲き、実を結んでいる。1999年のフィリピン人による詩作クラブに始まり、異郷での母語による執筆活動はすでに多くの優れた作品を...
最新脈動
あなたは教育に関心をお持ちだろうか。台湾の教育の現状から、どのような未来をイメージするだろう。2011年4月から、教育部が主宰し、世界的な一流大学となることを目指す「邁向頂尖大学計画」が実施されてきた...
試閱文章
藝術人文
絵画の道を歩む王南雄は、絵筆を止めたことはない。伝統から始まり、抽象やシュール・レアリスムを行き来し、また水墨画に戻ってきたが、その時、画家の目に映る景色はすでに異なっていた。王南雄は色彩を用いて、自...
城鄉在地
桃園市の延平路と大林路の交差点から建国路にかけて、商店の看板は、台湾人には見慣れないタイ語やインドネシア語、ベトナム語のものばかりが並ぶ。レストランも本場の東南アジア料理ばかり、スマホショップや服飾店...
藝術人文
桃園市にある「望見書間」は、東南アジア出身の新住民(結婚や仕事で移住してきた人々)が文化と気持ちを切り替える場となっている。暖かいエスニックな雰囲気の中、心の拠り所となる種が育つ。時がたつに連れて故郷...
藝術人文
台北MRT(台北捷運)の改札を通る時の音が、機械的な「ピッ」という音からピアノ音に変わったことにお気づきだろうか。他路線への乗換駅に近づいた際にも、車内にピアノ音のメロディが流れるようになった。ほかに...
試閱文章
最新脈動
自分がどのように生まれてきたのか、母親や家族と話したことはあるだろうか。小さい頃から「誕生日」は「母受難の日」だと教えられてきた。出産は、間違いなく母親が命を懸けた一大事だが、肉体の苦痛だけでなく、出...
專欄
台東県の富岡漁港からフェリーに乗り、荒波にもまれること50分、ようやく太平洋に浮かぶ緑島に到着する。 かつて、この島には政治犯が流され、崖には当時の愛国のスローガンが刻まれている。が、その歴史を乗り越...
試閱文章
最新脈動
宜蘭県岳明小学校は2009年に教育部学園空間活性化発展特色学校の特優として表彰され、2010年には行政院国家教育永続発展賞、2013年にはさらに経済部エネルギー推進学校傑出賞に輝いた。この学校の黄建栄...
最新脈動
新北市の文林小学校では学校の通貨を作り、銀行も開いている。生徒たちは委員を務めたり、生活ルールを順守したりすることで収入を得る。その収入はバーチャル銀行に預けることもできれば、専属の売店で買い物をする...
專欄
1958年の八二三砲戦で、小さな金門島には100万発近い砲弾が撃ち込まれた。金合利鋼刀の職人・呉増棟はその無数の砲弾を原料に、切れ味のよい包丁を作り続けてきた。鋼を打つたびに飛び散る火花は、かつての砲...
試閱文章
最新脈動
教室にソファーがあって、寝転がって本を読むことができたら、あるいは教室の外に洞窟や小屋やトーチカがあったら、それはどんな光景なのだろう。これは新北市崇徳小学校の黄国平先生が子供たちのために作った教室で...
城鄉在地
行政院移民署の統計によれば、台湾には現在54万人の新住民(結婚で海外から来た人)がいる。うち2万人が住む屏東では2003年に県が他に先駆けて屏東市、潮州、東港、恒春の4カ所に新住民サービスセンターを設...
試閱文章
最新脈動
かつて台湾は、「シクリッド(カワスズメ)王国」として世界に知られ、1986年には交配種のブラッド・パロット・シクリッドが観賞魚市場で一世を風靡した。2008年の金融危機以降、世界的な不況で観賞魚産業も...
試閱文章
藝術人文
文化から生まれる文学は、その本質を社会から切り離すことはできない。小説を書く理由は小説家それぞれで異なっても、文学作品そのものは直接或いは間接的に時代を反映してきた。文学や出版にとって厳しい時代ではあ...
城鄉在地
自由な学風で知られる新竹高校(旧制新竹中学)は、ノーベル化学賞受賞者の李遠哲、清華大学学長の陳力俊、台北医学大学創設者の胡水旺、政治家の許信良、蒋孝厳など、政財界、学界の著名人を輩出してきた。 この自...
試閱文章
藝術人文
台湾の伝統的な家屋「三合院」の屋根や壁に、美しい紋様のタイルが並べられているのを見たことがあるだろう。幾何学模様や花や動物の柄が赤レンガと相まって、ひそやかに話をしているかのようである。陽の光を浴びて...
專欄
台湾の建築文化は多様である。 閩南(福建南部)、客家、日本、西洋などの様式に加え、 まったく新しいスタイルの建築物が同じ土地に建ち並んで花を咲かせ、 台湾各地の特色ある景観を織りなしている。 今月の「...
試閱文章
藝術人文
ジャン=クロード・フルニエ(傅若望)神父は、どこへ行っても、信者ではない人々からも大歓迎される。その素朴で飾り気のない親しみやすさで、現地の人々の苦しい日々に何年にもわたって寄り添ってきたからだ。...
藝術人文
40年余り前、ユーゴ・ペーター(呉道遠)神父はスイスから台湾へ渡ってきた。そして澎湖で心身に障害を持つ人々に絵画や工作を教えていた時に、彼らの天使のような無邪気な笑顔に魅了され、離れられなくなった。そ...
X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!