:::
全球華人
東山彰良は2002年、「タード‧オン‧ザ‧ラン」で宝島社の第1回『このミステリーがすごい!』大賞の銀賞と読者賞を受賞、この作品は『逃亡作法- TURD ON THE RUN』として出版され、文壇にデビ...
休閒旅遊
宜蘭から梨山へ至る省道「台七甲線」を自転車で行き、「思源埡口」という峠を超えれば、もうそこは台中だ。 台七甲線 46キロ地点で大雨に遭い、濡れた体に寒さがこたえたが、49キロ地点まで来ると突如からりと...
全球華人
期待されていなかったチームが台湾中を沸かせた。世界の12強が東京五輪への切符を争うプレミア12で、台湾代表チームは高い紀律と英知、不屈の精神を見せた。世界5強に返り咲き、2020東京五輪へと邁進する。...
專欄
現代アート作家は物故した芸術家とどのように出会い、その交わりはどのような関係性や対話を生み出すのだろう。写真を主な表現手段とするアーティストの葉偉立は、キュレーターの張頌仁から依頼を受け、2015年、...
最新脈動
28歳の徐嘉凱は常に忙しい。 紳士のように髪をオールバックに撫でつけ、徐志摩のような眼鏡をかけた彼は、まだ人生に迷っている同年齢の若者とは違う。早熟で頭の回転が非常に速く、映画、哲学、社会など、何事に...
ArchiveEntrepreneurship
台湾では手作りワークショップが増えている。デパートでも休日のマーケットでも、工芸職人が人々に教える姿が見られるようになった。手作り体験がブームになったことは、伝統工芸に対する台湾人の考え方が変化してき...
ArchiveEntrepreneurship
ゲームが教育に取り入れられたのは、2015年に台湾で反転教育が導入された頃で、さまざまな知識を得る新たな方法としてゲームが重視され始めた。この動きが社会にも広がり、以来さまざまなテーマのテーブルゲーム...
專欄
ブランドの価値を存続させ、消費者とのつながりを生み出すにはどうすればいいのだろう。B.J.パインIIとJ. H.ギルモアの著書『経験経済—エクスペリエンス・エコノミー』によれば、「経験」は...
專欄
新北市瑞芳区にある鉱山施設跡「水湳洞選錬廠」。30年にわたって放置されていたが、台湾電力と照明デザイナーの周錬が中心となり、十三層遺跡のライトアップが行なわれた。幾層にも重なる建築物が琥珀色の光を受け...
藝術人文
DEBEはカリフォルニア州ロングビーチ市でスプレーを手に壁に向っていた。台湾から来たこのグラフィティライターは、POW! WOW! Long Beachというアートミューラルに招かれ、世界各地のアーテ...
X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!