:::
最新脈動
すべての仕事は神聖なものだが、特にこの仕事は人の利害得失に直接影響を及ぼすため、一層慎重でなければならない。 25年にわたって外国人が関わる司法案件に携わってきた陳允萍に、「司法通訳」という仕事につい...
試閱文章
最新脈動
スイスのローザンヌ国際経営開発研究所(IMD)では、廃棄ガラスの回収再利用率を国家競争力の指標の一つに定めているという。ガラスは回収の難易度が極めて高いのに、回収価格は安い。そのため、ガラスの回収再利...
試閱文章
藝術人文
芸術の生命力は、矛盾の張力にある。芸術家の仕事は、対立を明らかにし統合することである。世界的に活躍する彫刻家の李光裕は、円熟した技量をもって虚実の間を遊ぶのである。 高雄に生れた李光裕は、台湾の豊かな...
試閱文章
城鄉在地
かつて、雑貨店は庶民の暮らしで大切な役割を果たしていたが、今では現代社会から消えつつあるものの象徴的存在となってしまった。ご近所を客としてきた雑貨店は、まさに風土によって育まれた産物だと言えよう。米や...
試閱文章
最新脈動
開発に6年を費やした総工費56.59億台湾元のフォルモサット5号は、台湾初の自主開発・製造による高解像度光学観測衛星である。 2017年8月25日、フォルモサット5号はカリフォルニア・バンデンバーグ空...
全球華人
台湾に本部を置く世界華人工商婦女企管協会は、ビジネス界で活躍する華人女性を集めてともに発展を追求するとともに、女性の経済力を向上させ、また慈善活動や華僑活動を行なうなど、国民外交にとって欠かすことので...
專欄
ひとつの地域の歴史を考える時、建築物の特色が大きな参考になる。 金門は、早くも晋の時代から歴史に登場する。対岸のアモイと向き合い、大小の島々とともに九龍江河口の湾を屏風のように囲んでいる。昔から学問が...
藝術人文
羅芳芸と陳成婷はかつて、台湾から8000キロも離れたドイツに惹かれ、芸術を学びに行った。留学を経験して社会人としての経験を積み、台湾人としてドイツで暮らし活動してきた彼女たちは、最も直感的な舞踊形態で...
藝術人文
蔡博丞の作品は、2014年に『浮花』がハノーファー国際振付コンペティションでゴーティエ・ダンス・シュトゥットガルト・シアター・プロダクション賞と観客賞を同時受賞、続く2015年には『Hugin/Mun...
藝術人文
「驫」は「飆」と同じ発音で、多数の馬が疾走することを意味する。2004年に陳武康と蘇威嘉とその友人たちがダンスシアターを設立し、「驫舞劇場」と名付けた。若いダンサーたちのみなぎる創作力が火花を散らし、...
試閱文章
藝術人文
イギリスの作家ジョージ・オーウェルが全体主義を風刺した近未来小説『1984年』と、ロシアの作家チェーホフの『三人姉妹』が出会った時、どのような化学反応が起きるのだろう。 2017年末、台湾の「Shak...
專欄
日本、タイ、ドイツとコラボする台湾の舞踊家が見せてくれるのは、自身の創作エネルギーだけでなく、文化と国境を越えた暗黙の了解と包容力、融合の成果である。今月号では、海外との共同制作に取り組むアーティスト...
專欄
新北市石門の山奥にある谷地。山の斜面に沿って開かれた棚田は、百年前の先人の知恵の結晶である。曲がりくねった水田と石を重ねて築かれた畔が、美しい模様を描き出す。初春の田植えが終わり、来たる日の刈り入れを...
最新脈動
ベトナムの歴史は、中国史と深く関わっている。とりわけ儒教の精神はベトナムでも代々受け継がれ、考え方や礼儀などに深い影響を残した。 曽女香さんは、儒教の伝統を重んじる華僑の家庭に育った。やがて台湾に嫁い...
城鄉在地
軽工業都市である桃園には、長年にわたって多くの外国人が暮らしている。中でも工場で働くタイ出身の移住労働者が多数を占めているため、桃園ではタイ料理の店が軒を連ねている。その一つ「泰式永順小吃店」は桃園駅...
試閱文章
最新脈動
製造業は時代とともに発展してきた。18世紀の産業革命は蒸気機関の発明から始まって、機械が人手に取って代わっていった。19世紀末の第二次産業革命では電力の応用が普及、第三次産業革命ではコンピュータとデジ...
試閱文章
最新脈動
冷蔵庫の奥から見つかるイモのかけらや大昔に買ったバター。こうした食材や残り物を、あなたはどうしているだろうか。多くはゴミ箱行きとなり、そしてまた買い足しては廃棄という悪循環をたどってはいまいか。 近年...
最新脈動
車が大好きという人は多いが、その車への愛を究極まで追い求める人は多くはない。パナソニック台湾の董事長で愛比科技公司CEOでもある洪裕鈞は、その数少ない一人である。車を愛したためクラシックカーを集め、ま...
試閱文章
最新脈動
朝7時前、長庚病院形成外科の会議室は、マイクロサージャリー(顕微手術)の検討に加わる医師で溢れかえっていた。様々な国から来た研究員が、マイクロサージャリーの経験や成果を紹介する。いったい何が、世界各地...
專欄
サンゴの島——小琉球で、島を周回する環島公路を走ると独特の岩礁地形を見ることができる。特に伝説の物語に従って美人洞や山猪溝などの景勝地を訪ね、岩礁と大自然が織りなす風景を観賞す...
X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!