:::
試閱文章
城鄉在地
「ムエタイ」と聞いてどんなスポーツをイメージするだろう。激しい格闘技として知られるが、高雄にある仁李泰拳館(ムエタイ・ジム)では、映画のように激しく殴り合う姿は見られず、高血圧を患う人も、一つの武術と...
試閱文章
城鄉在地
『イノシシ、ムササビ、サキヌ』『歩風的人(風を歩く人)』『外公的海(おじいちゃんの海)』の作者であるアーロンロン・サキヌは、多くの文学賞に輝いた先住民作家であり、学校の教科書にもよく登場する。ハーバー...
最新脈動
ASEAN経済共同体(AEC)の中でも影響力の大きいタイでは、2017年2月にプラユット・チャンオチャ首相が長期経済ビジョン「タイランド4.0」を打ち出した。5+5のターゲット産業発展目標と、陸海空の...
試閱文章
藝術人文
世界を結ぶケーブルは、かつて台北101ビルを訪れる世界各地からの観光客を支え、またそれを洗浄することで受刑者は更生への希望を抱いた。さらに康木祥の手にかかると、剛柔相兼ねる台湾精神を形作るのである。「...
試閱文章
城鄉在地
「黒孩子(黒い子供)」という言葉があるが、人によってとらえ方は異なるようだ。「太陽の下で懸命に努力し、黒く日に焼けた子供のこと」と言う人もいるが、「孩子的書屋(子供の勉強小屋)」の創設者である陳俊朗は...
最新脈動
台湾がラテンアメリカやアフリカ、南太平洋の友好国で行なっている公衆衛生・医療援助は国際的に高く評価されている。例えば、中米のベリーズの腎臓病予防計画や、エスワティニ(前スワジランド)の妊産婦および新生...
專欄
2018年5月16日の夜11時、苗栗県通>]の拱天宮は人でごった返していた。年に一度の白沙屯媽祖の神輿が巡行に出発するのである。今年、媽祖様は36時間以内に徒歩で雲林の北港朝天宮へ到着するよう指...
最新脈動
あなたは最近、ペンを手に取って字を書いたことがあるだろうか。 デジタル化が進み、SNSなどを通したコミュニケーションがますます便利になる中、今もペンをとって一文字ずつ思いを伝える人がいる。古いと思われ...
藝術人文
ハンドメイドの工芸品は、その一点一点が唯一無二の生命を有する。手の温かみが思いを伝えるが、その深い思いは作品の完成とともに終わるものではなく、そこから時間の流れとともに連綿と伝わっていくものである。 ...
最新脈動
多くの男性は、昔ながらの理髪店を今も鮮明に覚えていることだろう。父親に連れられて男性専属の空間に足を踏み入れる。子供は背丈が足りないので、理容椅子に渡した洗濯板に座らされたものだ。その横で父親は、おか...
試閱文章
最新脈動
もし、20世紀初めの台北市大稲رLに戻ったら、李春生や辜顕栄、張東栄、陳天頼といった実業家が三つ揃いのスーツを着て街を闊歩している姿が見られるかもしれない。台湾で西洋化が始まり、人々の服装も大きく変化...
最新脈動
...
專欄
古い皮製品、チェックのスーツ、男性のための理髪店…これら文化の薫りがただよう品物や空間は独特の気品を感じさせるとともに、スタイルやセンスを象徴し、テクノロジーには感じられない温もりを持つ...
專欄
台中にある国立公共情報図書館は、従来の四角い建築物とは異なり、エレガントな流線形が「知識の流れ」の美を表現している。見る角度によって異なる景観が楽しめるここでは、図書館として利用すると同時に現代建築の...
城鄉在地
言葉は民族の歴史と文化的背景を担い、文化的な思考と生活慣習をも反映する。だが外国語に精通するには長い間の学習を必要とする。 ベトナムに生まれたNguyen Thi My Huong さん(グエン・ティ...
試閱文章
藝術人文
彼は中国伝統の画風で「写意」をも表現し、漫画界に新たな時代をもたらした。 日本の「朝日新聞」で「今後20年は誰も超えられない天才、鬼才、異才」と称賛された。 外国人として初めて「日本漫画家協会賞」を受...
試閱文章
藝術人文
第20回国家文芸賞の受賞者、作曲家の金希文は、18歳の時に居住地日本からアメリカに向った。一度は異なる道を選ぶが、魂の呼びかけから、天から与えられた才を活かす道に戻り、永遠の楽章を創作することを己の使...
試閱文章
藝術人文
一人が良いというのであれば、それは思い込みかもしれない。何人かが言うのであれば、それは同好の士に過ぎないのだろう。しかし、国際的に著名な建築家で、高い評価を受けているというのであれば、その何が評価され...
試閱文章
休閒旅遊
新竹県のほぼ中央に位置する竹東鎮は、「樹杞林(モクタチバナ林)」という旧称を持つ。県道122号線が通っているので、ここを今回の自転車の旅の起点としよう。 竹東鎮には、地元の人の記憶と結びついたスポット...
藝術人文
優れた外交手腕で知られたイギリスのウィンストン・チャーチル首相は、顔を突き合わせた非公式の交流の場でこそ真に相手を理解することができ、外交を展開しやすいと語った。我が国の外交部と文化部は、ニューヨーク...
X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!