:::
城鄉在地
台湾では毎年、タイから働きに来ている人々のために水かけ祭りが行われる。水かけ祭りはタイ語でソンクラーンと言うが、梵語に由来するこの言葉には通過の意味があり、新しい一年を始めるという意味が込められている...
最新脈動
SNSで大きく扱われている海洋プラスチックごみ問題は極端な事例だと思っていたが、実際に海岸に行き、打ち上げられたペットボトルやポリ袋を目にすると恐ろしくなる。 プラスチック汚染はすでに非常に身近な問題...
藝術人文
月日は流れる。2019年、総統府は百歳の誕生日を迎えた。かつては台湾本島で最も高い建築物、そして今も政治権力の中枢であり続ける。厳粛さを感じさせる風貌は相変わらずだが、実は総統府は近ごろ親しみを増して...
藝術人文
窯の火で予測できない奇跡を焼き上げる、それが孫超である。1987年には国家文芸賞を受賞し、2018年にさらに国家工芸成就賞を受賞した孫超は、人生をかけて結晶釉を追求し、世界に知られるまでになった。形を...
城鄉在地
海岸山脈を間に挟み、中央山脈と太平洋に囲まれた花東地区(花蓮県と台東県)は、昔から台湾の「後山」と呼ばれ、その地理的環境から大自然に抱かれてきた。またここは、外から来る人々を受け入れている。彼らはさま...
專欄
国際合作発展基金会(ICDF)は2006年から、台湾の成熟した情報通信技術を国際協力に盛り込み、カリブ海地域で情報通信技術(ICT)協力プログラムを実施している。魚の釣り方を教える精神で、台湾の技術を...
PhotoEssay
雲林県の西螺は台湾の主要な野菜生産地の一つで、主に葉物野菜を中心に生産している。農地を訪れると、いたるところに緑のネットハウスがあり、除草、施肥、収穫と、休むことなく農作業が行なわれている。小規模農家...
全球華人
旅がしたい、経験を積みたい、視野を広げたい。どんな理由にせよ、初めの一歩を踏み出したことに違いはない。 ただ、外国で暮らす夢を実現した後に目にするのは、天災や人災による貧困、そして私たちとはまったく異...
全球華人
「教師がどれだけ大きな世界を持っているかで、学生の夢の大きさも変わってくる」と語るのは、台湾師範大学公民教育・活動指導学科の謝智謀・准教授だ。彼は学生たちをアウトドアへと連れ出してリーダーシップを培わ...
城鄉在地
昨今は経済的格差や都市部と地方の格差などが大きく取り上げられるようになり、社会全体が重苦しい雰囲気に包まれている。だがそうした中で、少なからぬ若者が、不満を言うのではなく、自ら問題の核心に入って根本か...
X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!