アンドリュー・ヤン

アメリカ大統領選 民主党予備選挙に出馬
:::

2020 / 4月

文・John Spiri 写真・光華編輯部 翻訳・山口 雪菜


史上初めて台湾系アメリカ人として大統領選挙の民主党予備選挙に出馬したアンドリュー‧ヤン(楊安澤)。両親は台湾からの移民で、法律とテクノロジーを学んだ。彼はアメリカの政界にどのような社会変革の理念をもたらしたのだろう。


アメリカ大統領選挙民主党予備選挙に出馬したアンドリュー‧ヤンは、世論調査で一度は4位に入って世間を驚かせたが、2月11日のニューハンプシャー州の予備選挙後に選挙戦を退いた。

ヤンは1975年、ニューヨーク州生まれ。両親は台湾出身の移民で、カリフォルニア大学バークレー校の大学院で出会った。父の楊界雄はかつてIBMに勤務し、69の特許権を有するビジネスマン、母の陳玲銖は芸術家である。

著名な寄宿制中等学校のフィリップス‧エクセター‧アカデミーを卒業後、スタンフォード大学とブラウン大学に合格したが、自宅から近いブラウン大学を選んだのは、両親のもとで暮らしたかったからだという。親から受けた影響について「金銭の概念」を身につけられたことと語っている。また、子供の頃に親や兄とともにしばしば帰省した台湾の思い出を大切にしている。

民主党の大統領予備選挙に出馬したヤンだが、台湾については多くを語っていない。政治評論家のデヴィッド‧スペンサーは、ヤンが台湾問題に触れないのは、有権者の中の人種差別派を考慮してではないかと見ている。アイデンティティや立候補の動機が疑問視されるのを避けるために慎重でなければならず、アメリカ人らしさを前面に出す必要があるからだ。

ニューヨークの台湾系アメリカ人

ジョン‧スピリ:ステレオタイプの質問から始めることをお許しください。数年前に読んだエイミー‧チュアの著書『タイガー‧マザー』の中で、中国系アメリカ人がいかに厳しく子供に勉強をさせるかを読みました。勉強面で、どれぐらいご両親からのプレッシャーを感じましたか。

アンドリュー‧ヤン:両親ともに働いていたので、私も兄もそれほど厳しくされたことはありません。子供の頃はピアノを習わされ、その後は中国語学校へ行かされました。それ以外は、両親は非常に忙しかったので、私も兄もそれほど厳しくされたことはありません。

スピリ:幼い頃から非常に成績が良かったようで、もともと勉強ができたのでしょう。

ヤン:価値には内在化するものがあります。私は子供の頃から、成績が悪いのは努力が足りないからで、人には能力があるのだから努力さえすれば成果は得られると考えていました。

スピリ:台湾文化の影響は。

ヤン:友人を訪ねる時、チャイナタウンで買い物をしていくことがあります。食べ物でクラスメートを驚かせることもありました。おもしろいと思ったんです。電気釜いっぱいにチャーハンを持って行ったこともあります。

スピリ:それは、よくやることですよね。

ヤン:煮卵はピータンと同じぐらい珍しがられました。子供の頃は、テレビにアジア人が出ていると飛び跳ねて興奮し、兄を引っ張ってきて一緒に見ました。あの頃はテレビにアジア人が出てくることはほとんどなかったんです。その時代も懐かしいですね。あの頃のアメリカ文化はシンプルだったんでしょう。

人とは違う道を行く

スピリ:ブラウン大学を優秀な成績で卒業され、法律事務所に職を得ましたが、一年で辞めてしまったのはどうしてですか。

ヤン:ある人から、職場に尊敬できる人が見つからなかったら、そこに居続けるべきではないとアドバイスされたのです。そして、スタートアップのCEOを訪ねた時「ああ、私はこういう生き方がしたいのだ」と思いました。法律事務所の同僚は楽しくなさそうで、あまり尊敬も出来ませんでした。それが辞めた理由です。

スピリ:それで、最初の会社、Stargivingを立ち上げたんですね。

ヤン:そうです。それがきっかけです。「よし、思い切りやってやる」と興奮していました。Stargivingは、有名人が好きな慈善団体のために募金をするというウェブサイトです。募金というのはチャレンジでしたが、すぐに成功事例が出て、CNNのインタビューも受けました。しかし間もなくメディアも投資家も興味を失い、すぐに資金が尽きてしまいました。その頃、私は社会貢献をしたいと心から思っていて、これを一つの、今までとは違う訓練ととらえていました。起業によって技能を身につけ、これまでとは違う技術や人脈を培う。これらは法律事務所では経験できなかったことです。

スピリ:大卒の若者の起業を支援するNPO法人Venture for America(VFA)を立ち上げた時、なぜ学業で優秀な成績を収めた若者はビジネスでも成功する可能性が高いと考えたのですか。

ヤン:現在、VFAは100余りの大学の人材を募集していて、決して成績がトップクラスの人ばかりを集めているわけではありません。私は、いたるところに優秀な人材がいると考えていますし、どんなバックグラウンドでも事業に成功できます。統計を見ても、起業する可能性が最も高いのは公立、州立大学出身のエンジニアです。そして学校の成績が優秀な人を、例えば金融業界など特定の業界に送り込むのは配置ミスで、業界のプラスにならないと考えています。

経済と貧困問題の解決

スピリ:あなたは主要な政見であるユニバーサル‧ベーシック‧インカムを、フリーダム‧ディビデントと呼んでいますが。

ヤン:「フリーダム‧ディビデンド」というのは、すべてのアメリカ国民に一定の収入を保障するという一種の社会保障で、私は毎月1000ドルという額を提案しました。他の社会救済プランと異なるのは、受給者はいかなる条件や審査もクリアする必要はなく、仕事の内容も制限されないという点です。なぜなら、今後12年以内に、アメリカ人の3分の1はテクノロジーの発展によって失業し、しかも新しい雇用は十分には生まれないからです。こうした中で、フリーダム‧ディビデントは社会に安定と繁栄と公平をもたらすことができるでしょう。

スピリ:どのような理念からユニバーサル‧ベーシック‧インカムを打ち出したのですか。

ヤン:私は『The Second Machine Age(第二の機械時代)』『The Rise of the Robots(ロボットの台頭)』『Raising the Floor(最低所得の引き上げ)』などの一連の書籍を読みました。当時、新たな雇用創出のための団体を運営していたので、将来の仕事に関する本ばかり読んでいたのです。「ユニバーサル‧ベーシック‧インカム」というのは実現性の高いソリューションで、この社会に必要だと考えるようになりました。Venture for Americaでの経験を通して、こうした変化は私たちが予想するよりずっと早く発生していて、すでに私たちの周りで起きていると感じるようになりました。

スピリ:働かない人や、働けない人に対して、なぜ多くの人が悪意を抱くのだとお考えですか。

ヤン:これは、早くから私たちの文化に根付いているピューリタン式の仕事観で、やや病態的になっていると思います。私の妻は、今は二人の息子の育児に専念していますが、社会はこれを「仕事」とは認めず、GDPの計算においてもゼロとされます。現在は、さまざまな仕事が統計に組み込まれていません。世の中に必要な仕事であってもです。ですから、より広い視野を持ち、想像力を働かせて仕事というものの意義を考え直す必要があります。

アメリカでは、失業はアルコールや薬物の乱用へとつながりやすいのですが、さまざまな面で、これも直視すべき課題です。例えばトラックの運転手が失業した場合、その人はその後の20年をどう生きればいいのでしょう。想像力のない、乱暴な対応は「他の仕事を与えればいい」というものです。しかし、例えば52歳で背中の痛みや他の病気を持つ元トラック運転手を市場が必要としていない場合、どうすればいいのでしょう。私たちは今までとは違う考えや感覚を持たなければなりません。

スピリ:近い将来、運送業がなくなることはないとしたらどうでしょう。

ヤン:トラックの自動運転化を進めるだけで、年間1680億ドルの利益が得られます。業界では今年からすでに「自動運転タクシー」の配置を開始しており、運輸業の仕事は今まさに消失しつつあるのです。

スピリ:ユニバーサル‧ベーシック‧インカムに反対する人がいるのはなぜでしょうか。

ヤン:現実の生活において私たちは、お金は大切なリソースだと考え、大部分の時間をお金を稼ぐために使っています。そうした中で「私が大統領になったら、すべての人に毎月1000ドルを配布します」と言うと、人々は「そんなことできるわけがない」「経済がめちゃくちゃになってしまう」と退いてしまいます。しかし、それは絶対に違います。アメリカのすべての成人に毎月1000ドルを分配するのは決して困難なことではないのです。さまざまな面で大きなチャレンジですが、人々は精神的、物理的な健康のためにも、もっと自由になり、子供たちの将来のための計画を立て、自分と家族のために投資をするべきなのです。

関連文章

近期文章

EN 繁體

Yang 2020

A Son of Taiwanese Immigrants Runs for US President

John Spiri

Dr. Andrew Yang, the first person of Taiwanese heritage to seek the Democratic Party nomina­tion for US president, is the son of immigrants from Taiwan. Yang has a background in law and the tech industry. What ideals for social transforma­tion is he bringing to American politics?


 

To the surprise of many who follow American politics, with the support of the “Yang Gang,” the nickname for his passionate supporters, Andrew Yang rose steadily in the polls of Democratic candidates hoping to defeat Donald Trump in the 2020 election. On January 24 the media reported that 8% of people polled said they would vote for Yang, good enough for fourth place, ahead of more famous candidates such as Pete Buttigieg, former mayor of South Bend, Indiana. But Yang decided to suspend his campaign after the New Hampshire state primary on February 11.

Andrew Yang was born in 1975 in Schenectady, New York. Yang’s parents were born in Taiwan and immigrated to the US before meeting at graduate school at the University of California, Berkeley. Yang’s father was a successful businessman at IBM with over 69 patents, while his mother was a statistician and artist. Yang’s parents were “thrilled” to send young Andrew to Exeter, a New England prep school. Andrew made staying near to his parents a priority by choosing Brown University, close to where they lived. Yang credits his parents for making him “conscious of money.” He reportedly fondly remembers frequent trips back to Taiwan with his parents and brother.

As a presidential candidate, Yang had little to say about Taiwan. Writers such as David Spencer have speculated as to whether Yang is “weak and unsure in his pol­icies,” but the more likely explanation for Yang’s silence on Taiwan regards how racist elements of the American electorate might feel suspicions about his loyalty and motives. With Donald Trump’s tactic of stoking fear of immigrants, Yang was forced to tread a fine line between celebrating his heritage while at the same time appearing as American as apple pie.

An American-born Taiwanese in New York

John Spiri: If you’ll excuse me for starting with a question about stereotypes, years ago I read Battle Hymn of the Tiger Mother by Amy Chua, about the great pressure Chinese-­American mothers put on their kids to study hard. To what extent were you pressured to excel academically?

Andrew Yang: You know, both my parents were working, so they didn’t really drive me that hard, or my brother. If you were to take a few isolated data points you could construct a tigerish picture, but I really don’t think it was. Mainly I had piano lessons when I was quite young, and we went to Chinese school on Saturdays—which I was ­really bad at. But other than that, I honestly think my parents were too busy to be pushing my brother and me that much.

Q: So studying came naturally for you? Obviously you excelled from a young age.

A: Yeah. You do internalize certain values. I think one of the things we internalized was that if we didn’t do well it was because of our own lack of trying, because our abilities should be enough to put us someplace in a good spot if we exerted ourselves. So there was that sense. You know, my parents did not push my brother and I that hard.

Q: Was Taiwanese culture a big influence?

A: Visiting extended relatives, going to Chinatown to pick up groceries. I mean we did do things like that, and I had foods that my classmates were shocked at in various ways, when I was just like, “That’s interesting.” I remember I brought in a rice cooker full of fried rice and it blew everyone’s minds….

Q: That’s pretty standard!

A: Yeah, that’s pretty standard. It’s not like a 1000-year egg. I also brought in lu dan [soy eggs], which we ate with dumplings, and people thought that was absurd. It wasn’t the 1000-year variety but it was similar. I remember as a kid, any time I saw an Asian person on TV I would like, jump up and down excitedly and try and find my brother. It didn’t even matter what the person was—like a newscaster. Didn’t matter. Because it was so uncommon. Strangely, I still look back fondly on those times, because I feel like America was a more straightforward culture at that point.

The path less traveled

Q: You graduated with honors from Brown, then got your first job in a law firm but didn’t last a year. Was there some event, or something, that caused disillusionment?

A: Someone had advised me to try to find someone in my organization who you truly admire. “If you don’t find anyone,” he said, “you’re probably in the wrong place.” So I visited a startup CEO and said “Oh, this is the life I want.” Back at the law firm colleagues didn’t seem very happy. Or admirable. So that was the impetus.

Q: So you quit to start your first company, Stargiving?

A: Yeah, that was a big part of it. I said, “Okay, I want to quit my job and try and do this.” It was exciting. Star­giving was a site that helped celebrities raise money for their favor­ite charities. Although raising money was challenging, we had some early success and actually got on CNN. But soon the media and investors lost interest and we ran out of money fast. I really wanted to have a good effect on society, but also I saw that process as a different form of training, where I was going to end up developing skills as a result of trying to build a company. And that it would give me different tools and relationships that I wouldn’t get in the law firm.

Q: When you started Venture for America, what convinced you that students who excelled academically would be the best and most qualified ones for entrepreneurship?

A: VFA recruits at now over 100 schools so it’s certainly not all like the top-flight ones in terms of test scores and whatnot. I certainly believe that talent is everywhere, and that more people can be starting companies from any background. The stats show that people most likely to start a company are engineers out of a public university, big state schools. But it did strike me as a giant misallocation that we were taking people who did happen to be good at taking tests and then funneling them disproportionately towards certain fields and industries, in the financial sector for example, that were to me not adding that much value.

A plan to end poverty

Q: So your signature idea is universal basic income. You call it the “freedom dividend.” Could you explain it?

A: The freedom dividend is a kind of social security guaranteeing money—my proposal is US$1000—to every citizen in the US. Unlike many social programs, recipients won’t have to pass a test or fulfill a work requirement. Such a move is necessary because in the next 12 years, one out of every three Americans are at risk of losing their jobs to tech advances. And replacement jobs will not keep up with the jobs lost. The freedom dividend can be the foundation on which a stable, prosperous, and just society can be built.

Q: Was there something you heard or read that really convinced you to get more deeply involved in universal basic income?

A: Yeah. I read a whole series of books. The first was Second Machine Age [Erik Brynjolfsson and Andrew McAfee, 2014], followed by Rise of the Robots [Martin Ford, 2015] and then Raising the Floor [Andy Stern and Lee Kravitz, 2016]. I was running an organization that was trying to create jobs so I was always reading about the future of work, and universal basic income kept coming up again and again as a very real solution. When I looked at it in depth I thought this is really what we need as a society. My experience with Venture for America convinced me that these changes are happening much faster than people believe. We’re actually right in the middle of them. So it was very natural that I would start digging into universal basic income proposals and what I thought would be most effective and sensible.

Q: Why do you think there’s so much animosity towards people who don’t or can’t work?

A: This is the Protestant work ethic baked into the culture that I believe has actually become pathological. My wife is raising our two boys—but that doesn’t count as work in our society. That counts as zero in GDP. There are all kinds of work that we know we need that don’t get measured right now. So we need to get much more broad and imaginative with the way we think about work. But Amer­icans without work tend to degenerate into substance abuse. That’s in many ways the fundamental challenge we have to address. What would a displaced truck driver do with the remaining 20 years of his life? Now the un­imaginat­ive, brute-force approach is, “Well, let’s find some other work for that person to do.” But what if the market doesn’t have a genuine need for, like, a 52-year-old former truck driver who has a bad back and possibly other health problems? We need to start thinking and feeling differently.

Q: What if transportation jobs don’t disappear in the near future?

A: The financial incentives to automate truck driving alone are US$168 billion per year. Knowledgeable people say this is very real and it’s coming. Companies are going to deploy self-driving fleets of taxis this year.

Q: What are some reasons why Americans oppose UBI to the extent they do?

A: We go through most of our waking lives preoccupied with money and treating it like this scarce resource. So when someone says, “If you make me president I’ll provide every­one with US$1000 a month,” people immediately recoil, thinking, “It’s too good to be true.” Or worse, “That would destroy the economy”—which it categorically would not. We can easily afford a dividend of US$1000 per month per American adult. In many ways, the most fundamental battle we’re fighting is to make people look up and realize that it’s possible. People would be put more at ease, they’d be able to plan for their children’s futures, they would be able to invest more for themselves and their families. It would improve mental and physical health. And on and on. We just have to unlock people’s love for themselves.   

楊安澤2020

台裔移民之子競逐美國總統

文‧John Spiri 圖‧編輯部 翻譯‧顏兆岐

歷史上第一位競逐美國總統民主黨初選的台裔候選人楊安澤,父母親來自台灣,擁有法律、科技背景的楊安澤,為美國政壇帶來什麼社會變革的理念?


美國總統民主黨初選候選人楊安澤(Andrew Yang),民調曾一度位居第四,震驚政壇,最後在2月11日新罕布夏州的初選後,楊安澤決定退出參選。

楊安澤1975年出生於美國紐約州,他的父母親是來自台灣的美國移民,於就讀加州大學柏克萊分校研究所時相識。楊安澤的父親楊界雄曾於IBM工作,擁有69個專利,是位成功的商人;母親陳玲銖則是位藝術家。

楊安澤就讀知名的寄宿中學菲利普斯‧埃克塞特學院(Phillips Exeter Academy);中學畢業後,他同時獲史丹佛大學及布朗大朗錄取,但他選擇了離家近的布朗大學,主要考量是為了想留在父母親身邊。楊安澤認為父母親的影響,是讓他開始「對金錢有概念」。據說他相當珍惜小時候常與父母和哥哥回台灣的回憶。

作為第一位競逐美國民主黨台裔總統候選人,他對於台灣並未有許多的評論。政治評論家大衛‧斯賓賽(David Spencer)從中揣測,楊安澤對於台灣問題的沉默,很可能是考慮到美國選民中的種族歧視份子,會因此質疑他的國家認同和競選動機,因此楊安澤必須更謹言慎行,在提及他的族裔背景時,同時也要表現得像個原汁原味的美國人。

台裔美國人在紐約

約翰‧斯比里:請容我以一個含有刻板印象的問題開始訪談。幾年前我讀了蔡美兒的《虎媽的戰歌》,講述華裔美國母親嚴厲地要求孩子把書讀好。在課業上你曾經受到多少來自父母親的壓力?

楊安澤:我的父母那時都有工作,所以對我或是我哥哥並沒有要求這麼嚴格。我很小的時候有上鋼琴課,然後我們每週六會去中文學校(順道一提我那時中文很差)。除此之外,我真的覺得我的父母因為太忙,所以沒有把我和我哥哥盯得那麼緊。

約翰‧斯比里:你從很早開始成績就很出色,看來你有學習的天份?

楊安澤:有些價值觀是會內化的。我們小時候吸收的觀念是:如果我們表現不佳,那是因為我們不夠努力;因為我們的資質是足夠的,只要盡心盡力,就會有好的成果。

約翰‧斯比里:台灣文化對你影響大嗎?

楊安澤:有時會去拜訪親友,或是去中國城採買。我也會帶讓同班同學感到驚訝的食物,那時我只是覺得「有趣」。我記得我帶過一個裝滿炒飯的電鍋,所有人都感到驚奇……。

約翰‧斯比里:那挺常見的!

楊安澤:我也有帶過滷蛋,大家都覺得很奇特,就像對皮蛋的印象一樣。我記得小時候只要在電視上看到亞洲人,就會興奮地跳上跳下,找我哥哥一起看,因為那時亞洲人上電視十分罕見。我現在對那個年代仍念念不忘,可能是那時的美國文化比較單純。

與眾不同的歷程

約翰‧斯比里:你以優異成績畢業於布朗大學,接著在一間律師事務所取得第一份工作,但不到一年你就離開了,發生了什麼事嗎?

楊安澤:有人建議我,若在一家公司裡找不到值得敬重的人,就代表這不是我該待的地方。我曾去拜訪了一位剛創業的CEO,我想:「啊,這就是我想要的生活。」回到律師事務所,卻發現我的同事們並沒有很快樂,也不太值得敬重,這就是我離開的原因。

約翰‧斯比里:所以你就辭職,去創辦你的第一間公司Stargiving?

楊安澤:對,那就是最主要的緣由。我說:「好,我要辭職去放手一搏。」我感到很興奮。Stargiving是一個網站,幫助名人為他們喜歡的慈善團體募款。雖然募款很具挑戰性,剛開始就有成功的案例,並且接受CNN專訪。但是沒有多久,媒體和投資者就失去了興趣,我們也很快耗盡資金。而那時我真心希望對社會有貢獻,我也將那個歷程視為一種不同的訓練,讓我藉由創業來發展一些技能,培養不同的技術和人脈,這些都是我在律師事務所無法得到的。

約翰‧斯比里:當你創辦「為美國創業」(VFA)時,是什麼讓你覺得學業表現優異的學生最能在業界出頭?

楊安澤:現在VFA從一百多所學校徵才,所以這絕對不是只針對成績最頂尖的人。我深信到處都有許多有天份的人,而且不管來自什麼背景,可以透過創業成功。統計數據也指出,那些最有可能創業的人,是從公立或州立大學畢業的工程師。而將這些很會考試的人,送往特定的領域和產業,例如金融業,是很嚴重的資源錯置。對我來說,那並不會對業界加分。

楊計畫改造經濟和終結貧困

約翰‧斯比里:你的代表性政見「全民基本收入」(Universal Basic Income),你稱作「自由紅利」(Freedom Dividend),可否請你解釋一下?

楊安澤:「自由紅利」是一種社會保障,保證每個美國公民最少都有一定的收入。我的提案是每月一千美元。這與其它社會救助方案不同的是,受惠者不需通過測驗,也不需符合關於工作的特定要求,因為未來12年內,有三分之一的美國人會因為科技發展而失業,同時沒有那麼多新工作能替代他們失去的工作。「自由紅利」能幫我們創建一個穩定、繁榮又公平的社會。

約翰‧斯比里:你是基於何種理念,推廣「全民基本收入」?

楊安澤:我讀了一整個系列的書:例如《第二次機器時代》、《被科技威脅的未來》與《提高收入下線》。當時我正在經營一個為了創造新工作而成立的機構,所以一直在讀與未來工作有關的議題。「全民基本收入」是一個非常可行的解決方案,而且我認為這是我們社會需要的。「為美國創業」的經驗讓我深信,這些轉變發生的速度,遠比人們預期的還快,事實上我們已經身在其中。

約翰‧斯比里:你覺得,為什麼會有這麼多人對不工作或是不能工作的人抱持惡意?

楊安澤:這是早已融入我們文化的清教徒式工作觀所造成的,我覺得這樣已經變成病態。我太太現在負責養育我們的兩個兒子,這在我們社會中並不算是「工作」,當計算國內生產總值時,會被視為零。目前有各式各樣的工作沒有被統計到,縱使我們知道那些工作是必要的。所以我們必須以更宏觀、更有想像力的方式,去思考工作的意涵。

在美國,失業往往會導致酗酒與藥物濫用的問題,從很多層面來說,那是我們必須面對的挑戰。例如卡車司機失業了,他接下來二十年的人生該怎麼辦?一個沒想像力、粗糙的應對方式是,「那就找另外的工作給他做。」但是,如果市場並不真的需要一位(比如說)52歲的、有背疾或其它病痛的卡車駕駛,那該如何是好?我們必須開始以不同的方式去思考和感受。

約翰‧斯比里:如果交通運輸業的工作在近期內不會消失呢?

楊安澤:光是卡車自動化駕運的金錢誘因,一年就有1,680億美元。就在今年,運輸公司會開始配置「自動駕駛計程車」,交通運輸業的工作也正在消失當中。

約翰‧斯比里:有什麼原因造成有些美國人反對「全民基本收入」?

楊安澤:在現實生活中,我們大部分的時間都被金錢綁住,我們將錢視為稀有資源。所以如果有人說「你選我當總統,我每個月會提供每個人一千美元」,人們會馬上退避三舍説:「哪有這麼好的事!」更有甚者,有人會說:「那會破壞經濟」──但我認為這絕對不會。每月分發一千美元的紅利給每一位美國成年人,不是很困難的事。就很多層面來說,我們最大的挑戰,是要人們知道,人們可以活得更自在,能夠為兒女的未來妥善規劃,也能為自己和家庭做更多的投資。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!