帰郷への道

:::

2019 / 2月

文・鄧慧純 写真・莊坤儒 翻訳・久保 恵子


19歳で家を出てから、阮義忠は台湾各地から世界の辺境まで足を伸ばしてきたが、これまで故郷に帰ることは殆どなかった。それが2017年に宜蘭美術館において「帰郷、阮義忠の画像回顧展」を開催したことが、自身の帰郷を促すことになった。2018年元旦、「阮義忠の台湾故事館」がオープンし、長年に渡って他郷を漂泊してきた旅人がついに故郷に帰り、この場所にあって台湾の物語を語り続ける。


請登入 瀏覽全文

《現在申請加入會員完全免費,並可免費查看光華雜誌歷年文章》

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!