聖心女子高校

こころ休まる 豪放な空間
:::

2020 / 1月

文・林旻萱 写真・林旻萱 翻訳・山口 雪菜



新北市八里の丘の上、巨大な船のように見える荒々しい建築物は日本の建築家‧丹下健三の手になる台湾聖心女子大学(現在は聖心女子高校)である。

1967年に竣工したこの建物は、事務棟と宿舎とカフェテリアの三つの部分から成り、水平に伸びていく建築物の、棟と棟を結ぶ箇所や曲がり角には円筒の塔が立ち、外壁は洗い出し仕上げとなっている。

一見すると素朴な建物だが、各所のテラスやカフェテリアの間仕切り、塔の中の階段にはスレートや玉石が用いられ、それらが変化を豊かなものにしている。

特に、太陽の角度によって屋内も屋外もさまざまに表情を変えるところに注目したい。斜めに突き出した窓の影が刻々と姿を変え、聖堂の天井にあるステンドグラスから射す光には思わず息をのむ。

築50年になるが、学校は丁寧に手入れをしており、今も当初と変わらず、巨匠の生み出した繊細かつ精緻な空間を味わうことができる。

関連文章

近期文章

繁體 EN

聖心女中

粗獷裡的心靈憩所

文‧林旻萱 圖‧林旻萱


屹立在新北市八里山上、形如大船的粗獷主義建築,是由日本建築師丹下健三所規劃設計的台灣聖心女子大學(今聖心女中)校舍。

1967年興建完成的建築物,共分成行政、宿舍與餐廳三個部分,水平延展的建築,在棟與棟之間或者轉折處由垂直塔樓聯繫,最後經由粗礪的灰白洗石子統一了外觀。

乍看之下雖然樸實,但由大片石板與鵝卵碎石錯落的露臺、餐廳板牆隔間與塔柱中的折梯,細節中無不蘊含著豐富的變化。

尤其隨著日照的改變,光影在室內、室外展現出無窮盡的面貌。斜突的立體三角窗下的陰影,時時刻刻都不同;抑或從聖堂天井的彩繪玻璃所灑下的彩光,令人目眩神迷。

歷經50多年的建物,幸有校方用心維護,後人仍可在此體驗到由建築大師經手的空間所展現出的細膩與精準。

A Spiritual Space:

The Brutalist Campus of Sacred Heart High

Lin Min-hsuan /photos courtesy of Lin Min-hsuan /tr. by JR Lee


Standing tall on a hillside in New Taipei City’s Bali District are the brutalist buildings of Sacred Heart High School for Girls. The buildings, in the shape of a giant vessel, were designed by Japanese architect Kenzō Tange.

Completed in 1967, the buildings comprise three sections: administration, dormitories, and cafeteria. The long, flat buildings are connected by towers and finished with a rough ash-white terrazzo.

Rather unadorned at first glance, the slate and river rocks on the terrace, the cafeteria’s partitioning walls, and the winding stairs built into the towers reveal rich details.

The shifting sun alters the light and shadows inside and outside the buildings, endlessly reshaping them. The shadows cast by the triangular window bays constantly change, and a mesmerizing kaleidoscope of colors cascades into the chapel through a stained-glass skylight.

More than 50 years old, these buildings have received the school’s best care so future generations can experience the subtleties and precision of a space crafted by a master architect.

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!