生命の言葉を聴く

音を通して世界を見つめる サウンド・アート
:::

2020 / 10月

文・李珊瑋 写真・回看工作室 翻訳・山口 雪菜


地球上では、数えきれないほどの音波が飛び交っている。空中でも水中でも、地方でも都会でも、静謐の空間でも、生命はさまざまな音で互いに交流しているのである。

人類の耳に聞こえるのは、そのうちの限られた一部に過ぎない。だが、聞こえない音が存在しないわけではない。第53回金馬映画祭の最優秀音響効果賞や2019年台北映画祭最優秀サウンドトラック賞にノミネートされたフランス出身の彭葉生(ヤニック‧ドビ)は、生命の楽章を発掘するために、絶え間ない探索と実験を続けている。


音波で生命力をとらえる

赤ん坊は目も開かないうちに、大きな泣き声で人生をスタートを告げる。だが同じ泣き声にも、喜びを表すものもあれば、悲しみを示すものもある。時と場合によって、音にはさまざまな表情がある。「昔からずっと音に夢中でした」と、民族学と自然科学を学んだ彭葉生は言い、聴覚体験の実験と探索に取り組んでいる。

フランスから来た彼は、台湾の豊かな自然環境に魅せられた。特にカエルの声が好きな彼は、台湾のさまざまな品種のカエルを追って海へ山へと出かけていく。「雑音を入れたくないので、衣服の材質にも注意します。静電気の音も出ないようにし、呼吸もゆっくりします」と言う。夫である彭葉生に付き添って野外へ録音に行ったことのある妻の蔡宛璇は、大きな蚊に刺されていることに気づいても叩くことができなかったという。

専門のヘッドフォンをつけると、わずかな音も大きく聞こえるため、振動で耳が痛くなることもあると言う。「小さな声しか出さないカエルもいて、しかも求愛の時間は短いのです」そうした音の録音には長い時間がかかる。「時には、ただ静かにじっと待つだけのこともあります。身動きさえせず、ただ環境にとけ込み、相手が完全に警戒心をなくした時にようやく声を出すのです」こうした小さな積み重ねは、台湾のカエルの鳴き声百科を作成するためで、2009年6月にCD『蛙蛙蛙!台湾蛙声音景』として発行された。

音で生態を知る

彭葉有は、長年にわたり定点観測の形で生態の変化を研究したことがある。「音が聞こえれば、そこに生命がいるということです」と言う。澎湖の浅海ではサンゴの生態を録音し、生き生きとしていたサンゴ礁が死滅するまでを目の当たりにした。「正常な状態では、海面下はにぎやかなのです」と言い、以前の録音を聞かせてくれた。じっと聞いていると、さまざまな音があちこちから聞こえてくる。

澎湖で生まれ育った蔡宛璇は、家族を連れて故郷へ戻り、素朴な島暮らしを始めると、彭葉生は水を得た魚のように生き生きし始めたという。澎湖は、青い海が無限に広がる音の実験室となっただけでなく、島の建築物や人々の生活を探求したいという思いも生まれ、離島の子供たちにも関心を寄せて「離島的離島」という録音‧撮影実験計画もスタートさせた。

2015年秋、「回看工作室」は、澎湖諸島の中で小学校が設置されている二級離島を対象に、映像‧音響芸術巡回活動を行ない、児童へのインタビューを進めた。「同じ問題でも環境が違うと、出てくる答えも違います」と言う。

玄武岩の崖に囲まれた虎井嶼では、海との高低差が大きいため、子供たちが海に触れる機会は少なく、海への印象は文化面に偏っていた。平坦な島では砂浜があるため、子供たちは海の生物や生態に大きな関心を寄せているのである。

「海と澎湖人は切り離せません」と言う通り、人々は海から糧を得ており、家屋の建材も海から得ている。サンゴ石を用いた伝統建築を見て、彭葉生は「動物の身体を用いて家を建てるというのは珍しいことです」と言う。

「当時2歳だった娘がある日突然、海の中で目覚めたいと言ったのです」もともとインスタレーションや画像、映像などを創作の素材としていた蔡宛璇は、この娘の直感的な言葉にインスピレーションを得て、作品に詩を加えることにした。そして2017年に母語の詩集『我想欲踮海内面醒過来』を出した。

音で物語をつづる

人の五感の中で、聴覚は心のバランスに重要な役割を果たす。美しい音を聴くことで、心は癒され、喜びがあふれてくる。音の周波数と振動が心を揺さぶり、膨らませていき、ここから音の物語が始まる。

2008年、彭葉生と蔡宛璇は一緒に「回看工作室(Atelier Hui-Kan)」を設立した。教育や展示‧講演、出版などを通してサウンド‧アートを推進し、音の実験と研究を実践する場である。

2010年の「聴見桃山」プロジェクトでは、タイヤル族の霞喀羅(Skaru')集落でLaysaの吟唱を記録した。3年後、この長老は亡くなり、記録した吟唱が最後の録音となった。長老が世を去ることは、エスニック文化が途絶えてしまう危機を意味している。

「楽返姜屋大院」(Beiguan Music at the House of Jiang)」は新竹県北埔にある客家集落の物語だ。南坑村の北管楽団が40年を隔てて姜家の古い家屋に戻った。台湾で最初の北管楽演奏者を育んだこの典型的な客家集落で、音楽が再び丘陵地帯に鳴り響いたのである。都会へ出ていった若者が故郷に帰り、家を盛り立てる。長年にわたって放置されてきた古い家屋も、地域住民の関心を集めて往年の記憶を取り戻した。

2016年、オーストラリアで開かれた第20回シドニー‧ビエンナーレのサブテーマ「Embassy of Disappearance」に応えて、彭葉生は「Skaru'の吟唱」「楽返姜屋大院」「離島的離島」という台湾の貴重な音を記録したフィルム3部作を出展し、同ビエンナーレの芸術監督講座にも招かれた。彼が力を注いだ音声による記録は、長い年月を経ても伝えられていくことだろう。

「私はこれらの音を、今すぐに多くの人にシェアしてほしいと思っています。それは、ただ保存するよりずっと意義のあることです」と彭葉生は言う。自然環境や人の世の大きな変化を見つめてきた彭葉生は、最も美しい今この瞬間を多くの人に観賞してもらい、それを大切にしてほしいと願っているのである。「多くのものはすぐに消え去ってしまいます。まるで時間に追われているかのようです」と言う。

無限の音源を開発する

「場所によって、異なる録音機材が必要になります」と言う。山と海とでは録音作業もまったく異なるのだ。

「いちばん好きなのは太平山で、自分の故郷のように思っています」太平山の中腹から頂までの一帯では三日三晩、録音し続けることができると言う。録音は中断できないこともあるが、多くの場合はまず録音して仕事場に戻って整理する。「それはデータバンクを構築するような作業で、必要となった時に、その音を活かすことができるのです」と言う。

「機材は以前よりずっと進歩しました」と言う通り、今は小さなパソコン一台で大量のデータを処理し保存することができる。「サウンド‧アートというのは小衆市場ですが、多くの人がシェアしてくれています」SNSやデジタル設備を通して、多くの人がサウンドの未来を探っている。

彭葉生の仕事場の空間は狭いが、必要なものはすべてそろい、不思議な音を出す手作りの楽器も陳列されている。手製のミキサーは小さいが性能は良く、思いのままにSFを感じさせる音を出すことができる。作業はいつも夜間に行なう。深夜の漆黒と静謐によって聴覚は研ぎ澄まされ、まるで無数の音波が脳と空間を行きかい、手を伸ばせばつかめそうに感じる。

音響効果は人の心を揺り動かす。ドラマのサウンドトラック制作はまさに実力を発揮する場だ。イノベーティブなドラマや舞踊、展覧会やビジュアルアートなどのクリエイターは、その情景に合う音を求めており、そうした人が彭葉生に依頼してくる。

「音は主体になり得るもので、文章や画面による説明は必要ありません」と言う。例えば、パントマイムは音がなくても人を笑わせる。「鳥の声を聞いた時、何を思うでしょう?」と言う通り、音だけで画面がなくても、人々は頭の中に物語を生み出せるのである。

「風の音だけをとっても、野外、都会、厳冬、盛夏など、環境によって姿を変えます」と言う。回看工作室では、教育やシェアを通して、人々にこうしたサウンド‧アートの深さを感じてほしいと願っている。風や雨の音、虫や鳥の声は耳を通って人の心の中に入り込み、共鳴する。人と宇宙の間には断ち切ることのできないアンテナがあり、私たちが環境に耳を傾ければ、心は本来の場所に戻り、落ち着くのである。

関連文章

近期文章

EN 繁體

Listening for the Sounds of Life

Experiencing Nature and Culture Via Sound Art

Lee Shan Wei /photos courtesy of Atelier Hui-Kan /tr. by Phil Newell

In this world of ours, countless sound waves are moving rapidly and intangibly, endlessly coming, going, and reson­ating. In the air, in the water, in the countryside and cities, in seemingly quiet spaces, life-forms use a variety of vocabularies to continually interact with each other.

Human ears can pick up only a limited range of sounds, but just because we can’t hear something it doesn’t mean it doesn’t exist. Through continuous exploration and experimentation, Frenchman Yannick Dauby, who was nominated for a 2016 Golden Horse Award for Best Sound Effects, is uncovering the subtle symphonic movements of life.


Using sounds waves to express life force

Even before it opens its eyes, a newborn baby announces its presence in the world with a sonor­ous cry. That startling and forceful wail announces the beginning of another life’s journey. The same sound of crying can produce different emotions in people, as it can express the joy of life or lament the dead. Sounds can mean different things depending on context. “I’ve always been fascinated by sound.” Yannick Dauby, who has a background in ethnology and the natural sciences, has been absorbed in experi­menting with and exploring aural experiences.

Dauby fell in love with Taiwan’s abundant and diverse natural ecologies after coming here from his native France. Crazy about frogs, Dauby has gone everywhere in Taiwan to record the songs of different frog species on the island, even to the remotest places, no matter what the difficulties.

“Sometimes when I wasn’t paying attention there’d be a vibration in my ears so strong that it was painful.” Dauby shows us his standard gear for field surveys, including specialized earphones that can boost the volume of very soft sounds. “Some frog calls are very weak, and the courtship periods are very brief.” He spent long periods in the field recording the encyclopedic Songs of the Frogs of Taiwan, which was released on CD in June of 2009.

Learning through listening

Dauby has also done longitudinal field surveys, collecting data in fixed places over many years to study ecological change. “Where there is sound, there is life.” He made recordings of the coral reef ecology in the shallow seas off the Penghu Archipelago, personally document­ing how the reef has gone from being vibrantly alive to deathly still. “Under normal conditions, it’s really bustling beneath the surface of the ocean.” Dauby plays a video he previously recorded, in which he carefully listens to and explores the wide variety of sounds in the busy marine ecosystem.

Dauby’s wife Tsai Wan-shuen, who was born and raised in Penghu County, took her family back to her old hometown, and Dauby immediately took to the simple island lifestyle. He had the azure sea as a limitless sound laboratory, and the couple developed an interest in ex­plor­ing the architecture and way of life on the islands, launching an experimental video project focused on young children living on Penghu’s smallest islands.

In 2015, Tsai and Dauby’s “Atelier Hui-Kan” embarked on a video arts tour, traveling to primary schools on some of the smaller islands in the Penghu Archipelago and conducting themed interviews with students. “The same questions got different answers from children living in different natural environments.” The project demonstrated the link between students’ level of interest in the environment and their perceptions of it. Through video recordings of interviews and through sharing and exchange, they produced a culturally immersive educational effect.

“The people of Penghu are inseparable from the sea.” Not only do they depend on the sea for their livelihoods, even their dwellings are connected to the ocean. “­Using animals’ bodies to build houses is really something rare and fascinating.” Dauby was amazed by Penghu’s unique traditional coral-stone structures. “At that time our youngest daughter was just two years old, and one day she suddenly said to me that she ‘wanted to wake up in the sea.’” This innocent reflection prompted Tsai Wan-shuen, whose previous creative work had centered on installations, ­images, and video, to make a book out of remarks the girl made, adding ­poetry to give the work an additional cultural vibe. In 2017 she published her daughter’s observa­tions along with Taiwanese-­language poetry in a book entitled Je voudrais me réveiller dans la mer (“I want to wake up in the sea”). It was printed using traditional movable type, in a style full of gentle childish playfulness.

Writing stories with sound

Among the five senses, hearing provides an important emotional counterbalance. Through hearing, we can receive the sounds of nature that relieve anxiety, and enjoy the joyous gurgling of a stream. Frequencies and vibrations resound like sonar, stirring the mind and swelling the heart. This is how stories are born of sound.

In 2008 Dauby and Tsai jointly founded Atelier Hui-Kan to conduct experimental research into sound.

In 2010, while recording the CD Listen to the Atayal in Taoshan, they recorded songs of a man named Laysa’ of the Skaru’ tribe of the Atayal indigenous people. The elder passed away three years later, the recordings his swan song. The disappearance of the older generation highlights the fact that the Atayal culture is in danger of dying out.

The documentary Beiguan Music at the House of Jiang, meanwhile, records a story of the Hakka community in Beipu Township, Hsinchu County. Students who had studied Beiguan music in Nankeng Village gathered again after a gap of 40 years at the old house of the Jiang family. From this typical Hakka courtyard compound, which nurtured the first group of Beiguan musicians, the sound of music again resonated through the hills and valleys. The music symbolized how wanderers who have drifted away for so many years have returned to their hometowns to revitalize family businesses. Thanks to the efforts of community residents, memories were re­discov­ered, and old skills blossomed once again at the long-­abandoned house.

In 2016, Dauby and Tsai took part in the 20th Biennale of Sydney in Australia, presenting their documentaries The Body of the Mountain, Beiguan Music at the House of ­Jiang, and Childhood of an Archipelago at the event’s “Embassy of Disappearance” venue. By carefully preserving these sounds, Dauby has ensured that even with time’s passing, the authentic original voices that have disappeared can be heard again and passed down to future generations.

“I think it is much more meaningful to let everyone share in these sounds now rather than to archive them away.” Having experienced nature’s vicissitudes and the sudden changes that can happen in life, Yannick Dauby’s ideal is to make it possible for all to appreciate the beauty of the present moment and to learn how to treasure it.

Creating a soundscape without limit

“For different locations, I have to use different tools.” The operational techniques used in the mountains are completely different from those used at sea.

“My favorite place is Mt. Taiping—it’s like a homeland to me.” Dauby can spend three days and nights at middle to high altitudes, engaging in an ongoing dialogue with nature. “Sometimes when recording sounds you can’t stop in the middle.” Often he first records everything, then returns to his studio to edit the material. “It’s like building up a database, so I can use the sounds when I need them.”

“Current tools are much more advanced than in the past.” One small computer can store a huge database.

Although Dauby’s studio is small, it has everything he needs, including hand-made instruments that emit all kinds of strange and unique sounds. One of the mixers, which he made himself, is small and sensitive, and he can use it to produce extreme sci-fi sounds whenever he desires.

Sound effects that are striking to people have always had a significant impact, and designing a soundtrack to accompany a plot has always been a display of artistry. Those who want to create innovative theater, dance, exhibi­tions, or visual arts all seek out soundtracks that fit their needs.

“Sound can make up the core of a work, without need for text or images to interpret it.” It can be like the art of mime, which silently entertains people. “When you hear birdcall, what do you think of?” With sound alone, even without a visual context, people can construct a story in their minds.

Sound is ever-changing and intriguing. Atelier Hui-Kan hopes that, through education and sharing, everyone can come to appreciate the subtlety of sound art. There’s an unbreakable natural link between human beings and the universe. When we use our sense of hearing to engage in a dialogue with the environment, our spirits rediscover the feeling of safety and belonging we associate with “home.” Sounds enter the ear, and from the ear enter the heart and mind, endlessly resonating.   

「聽」見生命的詞彙

用聲藝關愛自然人文

文‧李珊瑋 圖‧回看工作室

宇宙間,有數不盡的聲波,如光速般,無形地頻繁穿梭振動。在空中、在水裡、在鄉間、在都會,看似寧靜的空間裡,生命用不同的語彙,不斷地彼此交流。

人類的耳朵,只能接收到有限的聲音,但是聽不到,不表示不存在。入圍第53屆金馬影展最佳音效獎暨2016年台北電影節最佳聲音設計、2019年入圍台北電影節最佳配樂的法國籍澎葉生,透過不斷地探索實驗,在細微處,發掘生命的樂章。


用聲波展示生命力

眼睛都還沒有睜開,新生兒就用宏亮的哭聲,向人世間報到。那一聲啼哭,石破天驚,宣示開啟了生命的旅程。但同樣是哭聲,卻讓人感受到不同的心情,生之喜悅,逝之悲鳴。聲音,因著場域情境,而有不同的表情。「我一直都對聲音很著迷。」具有民族學與自然科學背景的澎葉生,專注聽覺經驗的實驗和探索。

時序接近農曆芒種節氣,窗外水塘裡的腹斑蛙,不停歇地發出嘓嘓的求偶聲。「對不起,這裡的青蛙很吵。」蔡宛璇連忙起身去關上窗戶。台灣豐富多樣的自然生態,讓澎葉生由法國來台後,就愛上寶島。追蛙成痴的澎葉生,為了收錄台灣不同品種的蛙鳴,上山下海,再辛苦也甘願。「因為收音過程中,不能有雜音,所以衣服材質都要注意,不能有靜電磨擦聲,連呼吸也要放輕放慢。」曾經陪著夫婿澎葉生去野外錄音的蔡宛璇,看著碩大的蚊子叮咬著手臂,卻不敢拍擊。

「有時候沒有注意,耳朵都被震的好痛。」澎葉生展示田野調查的標準裝備,專業的耳機,可以把細微的聲量放大。「有些蛙鳴聲音很小,而且求偶時間很短。」一定要有長期的研究和觀察,才能掌握確切的時間收錄。「有時候要靜靜地等候好久好久,動都不敢動,完全融入環境中,讓牠們沒有防衛戒心,才能錄到。」點點滴滴的長期累積,只為了成就台灣的蛙鳴百科,2009年6月集結出版的《蛙蛙哇!台灣蛙聲音景》CD專輯。

用聆聽了解生態

澎葉生曾經在同一個定點,連續多年追蹤,以一種線性的田野調查,研究生態變遷。「有聲音,表示有生命,」他在澎湖淺海錄製珊瑚礁生態,親眼見證珊瑚礁由生氣蓬勃到一片死寂。「正常情況下,海平面下是很熱鬧的。」澎葉生播放一段先前錄製的影片,仔細聆聽與探索忙碌的海中生態,多樣的聲音,此起彼落。「好像菜市場一樣,魚也會吵架喔!」

出生成長於澎湖的蔡宛璇,帶著家人重返故鄉,純樸的海島生活,讓澎葉生如魚得水。不僅把湛藍的海洋,做為無邊際的聲音實驗室,兩人更對島上的建築及居民的生活,興起了人文探索的念頭,於是便投入關懷離島幼童的〈離島的離島〉影音實驗計畫。

2015年秋季「回看工作室」在澎湖群島中,設有國小的二級離島間,進行影音藝術分享巡迴活動,對學童進行主題訪問。「同樣的問題,因為環境不同,而有不同的答案。」

由90個大小島嶼組成的澎湖群島,有些島嶼人口稀少,孩童也不易與外界接觸。「虎井嶼」因為玄武岩海岸的高低落差,附近國小學童與海有了距離,他們對海的關注偏向於人文的層面。而「鳥嶼」因為是平緩的沙灘,學童自小就在海邊嬉戲,對海中的生物及自然生態,明顯地更加關懷。在這項計畫中,利用影音訪談記錄與分享交流,可以看出學童對環境的關注以及感知的連結,發揮出文化浸潤的教育功能。

「海和澎湖人,分不開。」不僅靠海吃海,連住所也和海有關連。「用動物的身體蓋房子,是一件很稀有且有趣的事情。」澎湖特有的咕咾石傳統建築,讓澎葉生十分驚艷。「那時候小女兒才2歲,有一天突然對我說,我希望在海裡醒過來。」原本以裝置、圖像、錄像為藝術創作媒材的蔡宛璇,因為這句沒有修飾的童稚直覺,嘗試加入詩文,讓作品增添人文氣息,也就是2017年出版的《我想欲踮海內面醒過來》母語詩集。以活版印刷,讓圖書增添溫潤的童趣。

用聲音寫故事

五官中,聽力是心情重要的平衡器。透過聲音,接收能釋放焦慮的天籟,品味滿溢喜悅的甘泉。頻率和振動像聲納探索,在心田間翻攪、升騰、鼓脹。聲音的故事,就在此油然而生。

自2004年「拾景人」系列創作計畫的合作開始,透過駐村、展覽、出版、錄像或小型演出等形式,發表駐地影音創作,2009年《村落,遺跡》、2011年《寶藏》、2012年《六堆影音風景》,展現對社區的關懷。因為接觸而了解,因為了解而有使命感。

2008年澎葉生和蔡宛璇共同成立「回看工作室」(Atelier Hui-Kan),以教學、展演、出版等型式,致力推廣聲音藝術,實踐對聲音的實驗研究。在2009到2010年間,「回看工作室」參與新竹縣的「藝術進入社區」計畫,開啟和社群的互動。計畫結束後,仍然保持延續性的合作關係。

2010年在「聽見桃山」計畫中,記錄部落裡隸屬於泰雅族的霞喀羅群 (Skaru’),Laysa’的吟唱。三年後,這位長老就辭世了,讓這段吟唱成為絕響。耆老的凋零,突顯族群文化瀕臨斷層的危機。

〈樂返姜屋大院〉(Beiguan Music at the House of Jiang)則是記錄新竹北埔客家聚落的故事。南坑村北管樂班,相隔40年後,再次回到姜家老屋。在這座孕育第一批北管樂人的典型客家院落裡,讓樂音再次在丘陵山谷間迴盪。象徵漂泊多年的遊子,重返家園,振興家業。荒廢多時的老屋,也在社區居民的關注下,找回昔日的地方記憶,老枝重現新芽。

2016年以〈來自Skaru’的吟唱〉、〈樂返姜屋大院〉、〈離島的離島〉創作參展,呼應第20屆澳洲雪梨雙年展的子題《消失大使》(Embassy of Disappearance)。澎葉生以三部記錄台灣珍貴原音的影片,受邀參與第20屆雪梨雙年展暨藝術家導覽講座,他用心保存聲音紀錄,讓時間流逝後,再次原音重現,代代傳承。

「我認為讓大家立即去分享關注,遠比封存的意義要大很多。」經歷過生態的滄海桑田、人世的瞬息萬變,在澎葉生的理想中,就是要讓大家欣賞最美的當下,學習愛護,懂得珍惜。「很多東西稍縱即逝,我覺得像被時間追著跑。」

開發無盡的音域

「不同的場地,要用不同的器材。」上山下海,作業模式完全不同。澎葉生記得有一次把器材放在珊瑚礁裡,他由放置點到岸邊,來回游了兩三趟,就怕忘記路徑。「但是第二天去收取器材時,還是找不到了。」天候的變化,海象的不同,即使做了標記,仍然像是大海撈針。「器材很貴的,心裡真的很著急啊!」

「我最喜歡太平山,很像我的故鄉。」由中海拔到高海拔,澎葉生可以三天三夜,不停地錄音。「有時候收音是不能中斷的。」很多時候,是先錄下來,回來工作室再做整理。「就像建立資料庫,等到我需要什麼聲音時,就可以運用它。」

「現在的工具比以前進步多了。」一台小小的電腦,已足夠留存龐大的資料庫。「聲音藝術還算是小眾市場,但是大家都很樂意分享。」透過社群和電子設備,共同探索開發聲音無盡的未來。

澎葉生的工作室,麻雀雖小,卻五臟俱全,陳列著各式發出奇特聲音的手製樂器。自製的混音器,小巧而靈敏,能夠隨心所欲地模擬出極度科幻的聲音。「我通常是晚上作業。」夜深人靜,更能在一片漆黑裡,讓聽覺更加專注靈犀。彷彿有無數的聲波,在腦海和空間裡迴旋碰撞,等待澎葉生伺機而動,伸手抓取。

震懾人心的音效,一直具有重要的影響力,設計契合劇情的配樂,正是功力的展現。一些想要創新的戲劇、舞蹈、展覽或視覺藝術,都想追求最符合情境的配樂。「會和我合作的,通常想法都比較新穎前衛。」

「其實聲音可以是主體,不需要其他的文字或畫面來詮釋。」就像默劇,沒有聲音,也能讓人會心莞爾。「當你聽到鳥叫,會想到什麼?」只有聲音而沒有畫面,聽眾也能在腦海中,建構出故事的情節。

「同樣是風聲,在野外,在都會,嚴冬,盛夏,都有不同的風貌。」聲音是多變有趣的,回看工作室希望透過教學分享,讓大家都能領悟到聲音藝術的奧妙。風起、雨落、蟲鳴、鳥啼,聲聲入耳,由耳入心,不斷地交響共鳴,總能牽引思緒的起伏。人類與宇宙有一條切割不斷的天線,當我們用聽覺與環境對話,心靈會有回歸原鄉的安定。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!