写真出版の興隆

台湾のディスコースを確立する
:::

2018 / 12月

文・鄧慧純 写真・李威儀提供 翻訳・山口 雪菜


「書」は写真にとって重要な表現の媒介であり、写真作品の主体性確立のカギでもある。ネット上で断片的な情報と画像が氾濫する時代、書籍の明確な体系や観点、それがもたらす議論は、台湾の写真論の基礎を確立するものである。


1990年代初期、兵役に服していた田裕華、杭大鵬、張良一は、職務と偶然をきっかけに、戒厳令解除から間もない軍隊生活を写真におさめることとなった。

3人は退役後にたまたま同じ職場の同僚となり、それぞれが軍で貴重な写真を撮っていたことを知る。写真展を開きたいと考えたが、その願いはかなわなかった。

2016年、3人は写真界の巨匠である張照堂に教えを請うた。「君たちは間違っている。まず本を出して貴重な写真を残すべきで、写真展はそれからだ」と言われた。

文化資料としての写真集

彼らの作品を見た時、張照堂は「ユニークで希少だ」と評した。

田裕華と杭大鵬は新聞学科の出身で、報道写真の訓練を受けていた。田の作品はともに寝起きしていた兵士の生活を記録し、杭大鵬は写真兵として、批判性を持たずに勇壮な軍容を写真に収めるとともに、別のカメラで新兵の戸惑いも捉えていた。張良一は同じ部隊の仲間たちの肖像写真を撮っていた。「20年余りたった今、これらを見直すと、それはまさに自分自身です。彼らの表情から、兵士として自由を奪われた自分自身の姿が見て取れます」と張良一は言う。

これら軍隊生活の写真は、戒厳令が解除されて間もない90年代のものである。後の2017年12月20日、中華民国史上最後の義務役兵が入隊したのを最後に本格的な兵役は過去のものとなった。今の40代以上の男性たちの共通の記憶は、ここで終わったのである。

3人の作品は張照堂の編集によって『阿兵哥3x1:(The Soldiers):田裕華杭大鵬張良一的軍旅映像』として一冊にまとめられた。写真集は遠くに樹林をとらえた田裕華の神秘的な作品から始まり、少しずつ軍隊の日常生活に入っていく。兵士の顔がしだいにクリアになり、新兵の入隊手続や訓練、そして喫煙や遊び、賭け事などの様子がとらえられ、最後に張良一による兵士のポートレートで終わる。

多様化する写真出版

写真展と写真集は異なる媒介で、表現手法も異なる。現代においても写真展の重要性は変わらないが、写真集はもう一つの選択として重視されている。

「Lightbox撮影図書室」の創設者で自らも映像作家である曹良賓は、写真集を好む。書籍は実体のある存在で、繰り返し見ることができ、またそれは歴史の一部として残ることとなり、文化的意義を持つ。

最近は「フォトブック」の概念が厳密に定義されるようになってきた。曹良賓の定義では、フォトブックは写真集より観念的で系統だった出版物であり、「ブック」と言うとおり、見るより読むものだと考える。作者は編集の過程で、それぞれの写真の関係を深く考えることとなり、このことにより、読者は写真の中により多くの意義を見出せるのである。

『撮影之声』編集長の李威儀によると、フォトブックは写真だけでなく、一冊の本全体が一つの作品を成すもので、編集から装丁、紙、インクに至るまでディテールにもメッセージが込められている。フォトブックは写真と媒介が一体となった叙事体なのだと言う。

概念が明確化すれば、写真の思考も深まる。曹良賓は、ひまわり学生運動の後に出版された『天光:ひまわり学生運動写真集』を例に挙げる。これは出版資金だけでなく、掲載する写真も一般大衆から募ったもので、従来の写真集が一人の写真家の作品であるのとは大きく異なる。この本の出版は写真出版に関する議論を広げた。「写真という角度から見ると、専門性は決して高くないかも知れませんが、社会的、文化的には今までにないフォトブックのイメージをもたらしました」

李威儀は、中堅の沈昭良や周慶輝、若手の侯怡亭、李岳凌などを例に挙げ、最近の写真家は写真を撮るだけでなく、photo-based artの創作に向っていると見る。沈昭良と周慶輝はかつて記録写真を撮っていたが、最近の『Stage』や『人的荘園』は現代アートの手法を用いている。侯怡亭の『歴史刺繍人』は、収集した日本統治時代の女学校の写真に刺繍を施すことで、植民地主義やフェミニズム、肉体労働などを考えさせる作品である。李岳凌の『Raw Soul』はビジュアルを通してある種の雰囲気や想像の空間を提供するもので、特定の答えを求めるものではない。さらに曹良賓は李岳凌を例に挙げる。李岳凌はもともとサウンドアーティストだったので、その作品に彼の選んだ音楽を合わせれば、より素晴らしい効果が得られるに違いないという。

フォトブックはこれほど多様で、さまざまな可能性を秘めているのである。

台湾のディスコースを確立

台湾の写真出版を論じる時、必ず挙げられるのは『撮影之声(Voices of Photography、略称VOP)』である。

文化部の金鼎賞「人文芸術類雑誌賞」など多数の賞を連年受賞しているインディペンデント系の『撮影之声』は、我が国では数少ない文化、芸術、歴史、社会など多面的に写真の本質を追求する刊行物である。これまでに張照堂、冷戦、韓国などの特集を組み、毎号のさまざまなテーマは創刊者で編集長の李威儀が決めている。

李威儀は2012年から、台湾の写真出版に関して次々と疑問を提出してきた。「台湾フォトブック特集」では、台湾の5人の写真家/評論家が台湾のフォトブックを分析し、2014年の「写真刊誌考」では、台湾と香港と中国の写真雑誌出版の分析を通して写真文化の流れと結びつきを考察、2016年の「視線尋路——フォトブックの方法論」では張世倫や聶永真、龔卓軍らを招き、このテーマにつき台湾のフォトブックをめぐる対談を行なった。

歴史を紐解くというのは膨大な作業であり、特に台湾では写真に関する資料が乏しく、この50年の間に写真界で起こったことについてもゼロから資料を集めなければならない。李威儀によると、彼らはしばしば図書館に通い、史料の中から手掛かりを探しているという。

台湾では地元の写真に対する認識が不充分であるため、『撮影之声』の香港の読者に香港の写真史の執筆を依頼し、ここから対話を生み出したいと考えている。また韓国の写真界に関する知識がないことから特集を組み、韓国の国立現代美術館のキュレーターである宋修庭に編集顧問を依頼した。そして一挙に韓国の写真家10人を紹介し、3つの記事で90年代から今日までの韓国の写真の発展を論じるとともに対談も掲載した。李威儀は、毎号の特集や企画は自分を忙殺するものばかりだと笑うが、やるからにはチャレンジするべきで、それが彼の興味なのだという。

創刊から7年、李威儀が関心を寄せるテーマには常に大きな反響が寄せられてきた。将来的には『撮影之声』が一つのプラットフォームとなり、そこでの多様な議論が台湾の写真ディスコースの養分となることを願っている。英語の雑誌名を『Voices of Photography』と言う通りである。Voicesと複数形にしたのは郭力)}のアドバイスで、百家争鳴を意味する。これこそ台湾の写真界が求めているもので、さまざまな角度から写真をとらえ、解釈していくことなのである。

さらに李威儀は、将来的に雑誌の内容を立体化したいとも考えている。毎号、雑誌で紹介するアーティストの展覧会を催していくという考えだ。今年の初めには郭力昕の写真評論集『製造意義:現実主義撮影的話語、権力与文化政治』を出版し、張照堂の文集も出版する予定である。さらに東南アジアに隣接する台湾は、近隣諸国の写真の現状も知る必要がある。来年度の東南アジア写真史出版に向けて翻訳作業が続いている。

論述の形成は蓄積の過程であり、急ぐことはできない。台湾において写真資料が分散し整理されていない状況を見て、曹良賓は写真図書館を設立した。すでに3000点に上る資料をコレクションしているが、それらは多くの有志から一冊一冊寄付されたものである。一方、インディペンデント出版の『撮影之声』は、第4号から読者の定期購読を受け付け始めたが、これは発行者にとって大きなプレッシャーだと言う。「定期購読は、私と読者が約束したのと同じで、このプレッシャーがあるからこそ読者が期待しているものを完成させなければならず、それが雑誌発行を継続する動力になっているのです」

関連文章

近期文章

EN 繁體

Creating a Taiwanese Discourse

The Rise of Photography Publishing

Cathy Teng /photos courtesy of Lee Wei-i /tr. by Scott Williams

Books have become an important medium for displaying photographs, and crucial to establishing their subjectivity. In this era of dime-a-dozen online images and fragmented online information, the organization, perspective and impetus to debate that books provide continue to serve as the foundation for discourse about Taiwanese photography. 

 


 

Tien Yu-hua, Hang Dah-­parng, and ­Chang ­Liang-i completed their compulsory military service in the early 1990s. While in uniform, all three had duties that enabled them to photograph military life in the period shortly after the end of martial law.

Strangers to one another while serving, the three became colleagues after their discharge, and subsequently discovered that each had documented their time in the military in pictures. But, unable to find an appropriate venue in which to display their photographs, they eventually shelved their dream of a joint exhibition.

In 2016, the three men approached ­Chang Chao-tang, an important figure in Taiwan’s photography circles, for advice. Tien recalls that ­Chang looked at their photos, then told them: “You young men are going about this the wrong way. You should first publish a book to preserve these valuable pictures, and then arrange an exhibition.”

Photo books as cultural archives

Chang described their collection of photos as “rare and unique.”

Tien and Hang both hold degrees in journalism and trained in photography. Tien’s military photographs focused on the daily lives of his fellow soldiers. Assigned to photographic duties, Hang took landscape shots that are both clinical and critical. ­Chang ­Liang-i shot portraits for his fellow soldiers. Looking back over them, he remarks: “All my photos are of friends in my company, but revisiting them now, more than 20 years later, I see that I was really taking pictures of myself. Their expressions all reflect my own sense of being mentally shackled while serving.”

Chang Chao-tang edited the collected volume of the three men’s photographs. Entitled The Soldiers, the book opens with a photo Tien took of a forest in the distance, immediately announcing to the reader that the book depicts a mysterious place, not easily glimpsed. The collection’s focus slowly zeros in on daily life in the military, as soldiers’ faces become clearer. Hang’s photos of recruits reporting for duty, and of units drilling, come next, along with depictions of their extracurricular cigarette smoking, arguing, and gambling. The book concludes with ­Chang ­Liang-i’s portraits, which, with the end of conscription in Taiwan, record a time now gone forever.

Publishing diversity

Exhibitions and books display photo­graphic works in different ways, and act as different vectors for the art. While exhibitions remain important to ­contemporary ­photography, books ­provide an ­alternative that has been gaining in ­prominence.

Photographer Tsao ­Liang-pin,  founder of the Lightbox Photo Library, says he loves the experience of reading books. He explains that books are tangible and can be revisited again and again. With the passage of time, they become a part of history and gain a cultural significance that transforms them from mere texts into works of art.

As photographic publishing has developed, the concept of the “photography book” has become more refined. Tsao says that he sees photography books as having a stronger organizing principle than photography collections. Moreover, calling it a book suggests that it should be “read” to be understood, not just casually thumbed through.

Lee Wei-i, editor-in-chief of the magazine Voices of Photography, also sees photography books as more than simply collections of photographic works. Instead, he argues that the medium is itself a work in which every­thing from the editorial design to the binding, paper and inks provides the reader with information. “Photography books are narrative works that integrate photographs into the medium.”

This idea implies the need for a more detailed consideration of photographic discourse. Tsao cites the book Before the Dawn: The Sunflower Movement, which documents the Sunflower Student Movement in crowdsourced photographs and was published using crowdfunding, to illustrate his observations on photography publishing: “From a technical standpoint, many of the photos might not be to professional standards. But they possess a social and cultural significance that opens our eyes to a new way of thinking about photography books.”

Lee mentions the middle-aged Shen Chao-­liang and Chou Ching-­hui, and the younger Hou I-ting and Lee Yeh­ling, as examples of photographers who have ceased to be simply streetside scene-hunters with cameras, and have instead become “photo-­based artists.” Shen and Chou’s transition from their early realistic photographs to their more recent “Stage” and “Animal Farm” series has moved them towards a more artistic level of expression that draws on a vocabulary increasingly like that of contemporary art. Hou, in her book Lík-sú Tsiam-tsílâng, has added embroidery to Japanese-era photographs of girls’ schools to create images that combine post-­colonialism, feminism and physical labor, and open our minds to the photographic imagination. Lee, meanwhile, has created in Raw Soul a kind of atmosphere and visual or imaginative space that engenders a sense of openness that should be experienced precisely because it offers no answers.

Creating a local discourse

Voices of Photography (VOP) is a must-read independent photography magazine that discusses contemporary Taiwanese photo publishing.

A repeat winner of the Ministry of Culture’s Golden Tripod Award for Best Arts and Humanities Magazine, as well as other prizes, VOP is one of very few domestic publications to examine the nature and significance of photographs from the standpoints of culture, art, history and society. Founder and editor-in-chief Lee Wei-i chooses each issue’s subject-matter by drawing on photography-related questions he personally finds intriguing, which has resulted in issues dedi­cated to ­Chang Chao-tang, Cold War imagery, and Korea.   

Lee has asked many questions about photography publishing since the magazine’s 2011 launch. In a 2012 special edition on “The Taiwan Photo­book,” five photographers and critics closely examined the era of Taiwanese photography books. In 2014’s “A Study of Photo Publications,” the magazine combed through pho­to­gra­phy magazines from Taiwan, Hong Kong and mainland China seeking the pulse of their respective photographic cultures and the connections between them. In 2016’s “Photo­book as Method,” the magazine invited the likes of ­Chang Shih-lun, Nieh Yung-chen and Gong Jow-jiun to discuss the history and cultural role of Taiwanese photography books.

Digging up such history is a major undertaking, especially in Taiwan, where information about old photographs is relatively lacking. Lee says that his team often visits libraries, painstakingly combing through historical documents to extract every relevant fact.

Lee’s greatest joy in the seven years since the magazine’s founding has been his readers’ appreciation of and response to the topics he has chosen to address. His hope is that VOP’s diverse discussions will serve as a platform for fostering discourse on Taiwanese photography. Looking back to the magazine’s founding, Lee recalls that Kuo Li-hsin suggested the use of the plural “voices” in its title to represent the clamor of public discussion and conversation—something Lee believes that Taiwanese photography sorely needs—and the goal of using the publication to dissect and interpret photographs from a variety of perspectives.

Moving forward, Lee hopes to bring the magazine’s content into the physical world, perhaps curating exhibitions for each issue’s featured artist. In the meantime, he published a collection of Kuo’s photography criticism, Manufacturing Meaning: Discourse, Power and Cultural Politics in Realist Photography, early this year, and has a collection of ­Chang Chao-tang’s articles coming out soon. Believing that Taiwan needs to be aware of the state of photography in nearby Southeast-­Asian nations, he has a history of Southeast-Asian photography being translated, and plans to publish it next year.

Discourse is an accretive process that can’t be forced or hurried. Tsao established the Lightbox Photo Library to address the fact that information on Taiwanese photography remains scattered and disorganized. The library, which has collected more than 3,000 pieces of information to date, relies on book donations from like-minded members of the public. The independently published VOP is also fostering this discourse, and has put tremendous pressure on itself by making subscriptions available since its fourth issue. Speaking about those subscriptions, Lee says, “I see them as a ‘pinky promise’ between myself and readers. The pressure they create provides me with an incentive to keep publishing.”

攝影出版漸興

建立在地攝影論述

文‧鄧慧純 圖‧李威儀

「書本」是攝影重要的表現媒介,也是攝影主體性建立的關鍵,在這個網路訊息零碎且片段、圖像充斥至氾濫的年代,書籍的條理、觀點及能激發的論戰,仍是建立在地攝影論述的基底。

 


 

1990年代初期,在軍中服役的田裕華、杭大鵬、張良一,因為職務及偶然的機緣,得以有機會在部隊中拍下解嚴後不久的軍旅生活。

退伍後,三人因緣巧合地成了同事,也發現彼此都在軍中留下罕見的紀錄,卻因覓不著合適的場地,讓合辦攝影展的心願被擱置。

2016年,三人向國內攝影界大師張照堂請益,「你們三個年輕人方向完全走錯了,應該要先出書,把這些珍貴的影像留下來,再來辦攝影展。」田裕華轉述當時張照堂看到照片後的建議。

攝影書是文化檔案

這批照片,張照堂以「獨特、罕見」來形容。

田裕華與杭大鵬都是新聞科系出身,受過報導攝影的訓練。田裕華跟班兵一起作息,他的鏡頭最貼近阿兵哥的生活;杭大鵬身為攝影官,他景框內的風景是抽離而批判,鏡頭下有壯盛軍容,也有新兵入伍時的徬徨無措,兩台相機,記錄兩種心情;而張良一回顧他幫同袍拍的肖像照,「我拍的雖然都是我隊上的朋友,可是二十多年後回頭看,那根本是在拍我自已,他們的神情都反映自己當兵時被禁錮的心境。」張良一說。

一張張的軍旅生活照,記錄著1990年代剛解嚴不久的軍隊日常。隨著20171220日,中華民國史上最後一批2225梯次的義務役入伍,也一起走入歷史,這段屬於台灣社會四、五、六年級男性的共同記憶,也自此停格。

三人的攝影作品被集結成書,由張照堂擔任《阿兵哥3x1:田裕華杭大鵬張良一的軍旅映象》的編輯,從田裕華一張遠景的樹林影像開始,昭告這是一個充滿神祕、不易被窺探的地點,接著鏡頭慢慢拉近到部隊裡面的日常生活,阿兵哥的臉孔也漸漸清晰可見,再來是杭大鵬拍攝的新兵報到、部隊操練的景況,亦寫實地呈現軍旅生活中抽菸、打鬧,小賭怡情的樣貌,最後攝影書定格在張良一快門下的肖像照,也記錄下一段不再復返的歲月。

攝影出版走向眾聲多元

攝影展和攝影書屬不同的載體,以不同的表現手法呈現,在當代攝影中,攝影展的重要性仍在,但攝影書作為多一個選項,其被重視的程度在近年相形提高。

Lightbox攝影圖書室」創辦人、同時也是影像創作者的曹良賓,他自言還是鍾情於書籍的閱讀經驗。書籍是實體的存在,閱讀的經驗可以一再重返,另方面,隨著時間演進,書將成為歷史的一部分,具有文化意義,它將不只是一本書,而是一件藝術品。

隨著出版與攝影的發展,「攝影書」的概念被更細緻的定義。曹良賓解釋在他的定義中,相較於「攝影集」,「攝影書」指的是觀念性更強一點,組織性更強一點的攝影出版,用書來命名,這意謂該文本要以「閱讀」的形式去理解,而非一般的瀏覽。作者在編輯過程中,影像與影像間的關係經過深思熟慮,因此可在閱讀中讀到影像中更多層次的意義。

而對《攝影之聲》主編李威儀而言,攝影書的內容不再僅指涉攝影家拍攝的照片而已,而是整個載體都被視為成品的一環,從編輯設計到裝幀、選紙、用墨等,每個細節都是訊息,「攝影書是一個攝影跟載體結合起來的敘事體。」李威儀結論。

概念的推進,意味對攝影的論述有更細緻的思考。曹良賓分享他對攝影出版的觀察,他舉318學運後出版的《天光:太陽花學運攝影集》,這件出版品不止出版資金向群眾募資,連內容照片都是向大眾募集。多重作者攝影書的出現,打破我們對攝影書多是單一作者的認定,這本書的出現也使攝影的出版論述更多元,「從攝影專業的角度來說,它或許不夠專業,但在社會、文化的意義上,它開啟了我們對攝影書不同的想像。」曹良賓說。

李威儀則以中生代的沈昭良、周慶輝,和新生代的侯怡亭、李岳凌為例,當今攝影家不再只是那個拿著相機在街頭上的獵景者,而是出現photo-based artist的創作者,一種趨向藝術創作的型態。沈昭良、周慶輝從早期的紀實攝影,到近期創作《Stage》、《人的莊園》,使用更趨近當代藝術的語彙,進入更藝術性表達的層次;而侯怡亭的《歷史刺繡人》,收集日治時期女子學校的老照片,並在其上刺繡,整體影像結合了殖民主義、女性主義、身體勞動,也開發了我們對攝影的想像;李岳凌的作品《Raw Soul》,它提供的某種氛圍、氣場、視覺感或想像空間,是開放性的感受,也因為其沒有答案而值得玩味。曹良賓更補充,李岳凌原是聲音藝術家,他的作品若能搭配他挑選的音樂,兩種感覺結合在一起,超棒的!

攝影出版原是如此多元,而眾聲喧嘩。

建立在地的攝影論述

當今討論台灣的攝影出版,「不可不讀」的當屬台灣獨立出版的攝影雜誌《攝影之聲》(Voices of Photography,簡稱VOP)。

連年獲得文化部金鼎獎「人文藝術類雜誌獎」等多項獎項的獨立出版雜誌《攝影之聲》,是國內少見從文化、藝術、歷史、社會等多重面向,探討攝影本質與意義的出版品。迄今團隊完成了:張照堂專號、高重黎專號、抗議、行動與影像專題、冷戰影像、韓國專題等企劃,每一期的主題都是創辦人兼主編的李威儀對攝影的好奇。

2012年起,李威儀對攝影出版提出一連串的提問,「台灣攝影書專輯」企劃以台灣5位攝影家/評論家一探台灣攝影書的時代樣貌切片,2014年企劃的「影像刊誌考」,從台灣、香港、中國的攝影雜誌出版爬梳攝影文化的脈動與連結,2016年「視線尋路──攝影書作為方法」,邀請張世倫、聶永真、龔卓軍等,以攝影書作為方法,對談台灣的影像書寫路徑與文化樣貌。

爬梳歷史是個大工程,尤其在台灣關於攝影的資料都付之闕如,這五十多年來攝影界發生了什麼事情都必須靠自己建立。李威儀說他們的工作很常跑圖書館,從史料中抽絲剝繭地提取每個相關的線索。

發現VOP有香港的讀者,而台灣對當地的攝影認識不足,李威儀就邀稿撰寫香港攝影史,希望能藉由認識產生對話。對韓國攝影圈的陌生,他就企劃了韓國專題,邀韓國國立現代美術館的策展人宋修庭擔任客座主編,一口氣介紹10位韓國攝影家,用3個篇幅論述韓國從九○年代至今的攝影發展,再補上一篇對談,聊韓國的攝影環境。他笑稱每一期的主題都是搞死自己的企劃,但是要做就要做有挑戰性的東西,這是他的興趣。

從創刊至今已經7年了,他關注的議題能有讀者喜歡、有共鳴,是他最開心的事。他也希望VOP作為一個平台,藉著多元討論,能成為台灣攝影論述的養分。一如刊名《Voices of Photography》,Voicess是郭力昕建議的,聲響的複數,象徵著眾聲喧嘩,而這正是台灣攝影需要的,從各種角度切入去閱讀影像,解讀攝影。

說著說著,李威儀還希望未來把雜誌內容立體化一點,或許可以幫每一期介紹的藝術家策畫成一個展覽,今年初已經出版了郭力昕《製造意義:現實主義攝影的話語、權力與文化政治》的攝影評論集,張照堂的文集也即將出版,而台灣身處東南亞,不能不知鄰近國度的現況,明年度即將出版的東南亞攝影史也正翻譯中。

論述的形成是一段積累的過程,急不得也快不了。鑒於台灣的攝影資料分散且疏於整理,曹良賓成立攝影圖書館,現已收藏了三千多筆資料,仰賴的是群眾一本一本捐助的眾志成城。而獨立出版的VOP自第4期開始開放讀者訂閱,這對發行者是很大的壓力,但李威儀說:「我把這比喻成是自己和讀者打勾勾,因為有這樣的壓力,我必須要完成他們對我的期待,也是我持續出版發行的一個動力與推進。」

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!