現代的な水墨画

王南雄の色彩山水
:::

2018 / 2月

文‧鄧慧純 圖‧林格立


絵画の道を歩む王南雄は、絵筆を止めたことはない。伝統から始まり、抽象やシュール・レアリスムを行き来し、また水墨画に戻ってきたが、その時、画家の目に映る景色はすでに異なっていた。王南雄は色彩を用いて、自身の現代水墨画を描き出し、その画布には画家の心の風景が映し出されていた。こうして王南雄は台湾では唯一、中興文芸賞、中国文芸協会国画文芸賞、中山文芸国画創作賞、および国家文芸賞の四大賞を受賞した画家となった。


請登入 瀏覽全文

《現在申請加入會員完全免費,並可免費查看光華雜誌歷年文章》

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!