台湾が世界の客家研究の中心に

:::

2019 / 4月

文・李珊瑋 写真・林旻萱 翻訳・久保 恵子


苦難の歴史を耐えてきた客家だが、その呼称は土地に繋がりを持たぬ客家の悲哀を語る。数十世代に渡る流浪の結果、その足跡は全世界に及び、足を止めたところを寓居として生涯を過ごした。漂泊の中で歯を食いしばり、刻苦して生き抜いてきた。

決まった土地を持たない客家だが、台湾では30年前に「母語を取り戻す運動」が始まり、客家人としての自覚を呼び覚ました。民主的社会の中で、客家の人々は民族としての誇りを取り戻そうとしてきた。2003年に客家は学術機関の研究対象となり、それから15年余り、研究対象は多岐にわたり、現地化の視点から民族研究の領域が構築されたが、さらには目を世界に向けて、相互に交流しながら客家の軌跡を追い求め、

客家の学問研究の境界を広げている。


請登入 瀏覽全文

《現在会員加入は完全無料で、なおかつ光華雑誌の過去の記事も無料でお読みいただけます》

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!