Takeaway Scenery

Travel Souvenirs
:::

2020 / March

Cathy Teng /photos courtesy of Lin Min-hsuan /tr. by Scott Williams


A trip to Taiwan can mean many things: personally visit­ing some of its 368 districts and townships, tasting local specialties, uploading photos to Instagram and Facebook…. Regardless of how you plan your visit, you will certainly want physical reminders of the scenes and scenery you experience, souvenirs that embody something of Taiwan’s character and can be shared with friends.


 

In recent years, Taiwanese souvenirs have undergone a sea change. Highly designed, infused with local character, and connected to everyday life, they reflect Taiwan’s particular tastes, sense of humor, and growing environmental advocacy. Here’s the lowdown on Taiwanese souvenirs according to the National Palace Museum, The Gala Asia, and the Taiwan Design Research Institute.

The National Palace Museum

“The cultural artifacts in the National Palace Mu­seum’s collection are often one of a kind,” says Wang Yao-feng, deputy director of the museum’s Department of Cultural Creativity and Marketing. “They are brilliant and important, and can only be experienced in Taiwan.”

“At the National Palace Museum, we treat you as a guest in our home, and show you our family treasures. Culture is the most important of our treasures. We see the transformation of cultural artifacts into creative and cultural products as a way to provide visitors with souvenirs that they can take home with them. We are very sincere about this,” says Wu I-ching, who works in the museum’s publishing section.

Over the last few years, the NPM has put more cre­ativ­ity into its souvenirs and has also incorporated more local character into them. Lee Weidy, a section chief in the Depart­ment of Cultural Creativity and Marketing, shows us the Jadeite Cabbage Sun & Rain Umbrella, a new addition to the museum’s product line based on the famous Jadeite Cabbage sculpture, ­bundled with a custom-sized red, blue and green tote just the right size for holding a cup of boba tea. The designs practically shout “Taiwan!”

Nearly all of the artifacts on display in the museum are from the Chinese imperial collection, but the museum makes sure to connect its gifts to ordinary folk. The pattern on the outside of the Passport Cover with Ice Plum Pattern is based on the cover of Emperor Qianlong’s First Collection of Imperial Poetry, and still looks fashionable today. Produced by Tainan-based canvas bag maker Guang­fu­hao, the made-in-Taiwan passport cover opens to the right, like an antique book. The museum’s attention to this kind of small detail is indicative of its determination to promote education.

The NPM also offers more contemporary “cool” products such as its collaboration with Taiwanese creative‡­cultural designer Justin Chou, which incorpor­ates “Sunlight After Snowfall,” a famous letter from the hand of Jin-Dynasty calligrapher Wang Xizhi (303‡361), into the lenses of a pair of sunglasses, and Emperor Qianlong’s calligraphic praise of the letter into the frame.

The museum offers some even quirkier souvenirs. A design competition for products using elements drawn from national treasures in the museum’s open database led to “I’m Weary—Put Me On & Be the Emperor or Empress,” a hilarious eye mask printed with pairs of eyes from Ming-Dynasty imperial portraits in the museum’s collection. Other products include “Im­perial Court Chopstick Rests,” which were inspired by a seated image of Emperor Taizu of the Song Dynasty and feature the black cap with wing-like flaps of an imperial official. The base of these cartoony chopstick rests doubles as a soy-sauce dish. On seeing the rests, some of Lee’s colleagues joked that having “the emperor” hold the chopsticks for guests would show just how committed the museum was to being a good host.

The Gala Asia

Grace Wang, president of The Gala Asia, loves to give gifts, and has made a mission of promoting the aesthetics of living. She founded The Gala Asia in 2018 as a platform for products by Asian designers. Open for less than two years, the shop bustles with a seemingly endless stream of visitors.

Located in Taipei’s Huashan 1914 Creative Park, The Gala Asia is a white space punctuated with tented displays like the stalls of a bazaar, each showcasing the creativity of a different brand. Exploring the store, you can hear frequent exclamations of delight as customers gush over a new find.

Roughly 70% of the visitors to the creative park are tourists. Wang promotes a number of local brands in her shop in an effort to familiarize international travelers with Taiwanese design houses and help them better under­stand our culture. 

One of the brands Wang hosts is Green in Hand. With a display that includes rice in seasonal packaging and a large variety of agricultural products, the brand offers visit­ors the opportunity to bring home the flavors of Taiwan. These souvenirs couldn’t be any more local, and enable purchasers to maintain a connection to Taiwan’s land.

Traditional handicrafts often lack modern aesthetics. Mixing the two can give rise to something entirely new. For example, Wang recommends the brands greenroom and Züny, both of which offer leather products that add a comforting sense of refinement to living spaces. 

Wang turns the conversation to gift giving: “I love giving gifts, and one reason for that is that I want to share. I think sharing is very important because some of the connection between people relies on us sharing things we like so others can better understand us. Sometimes giving a gift reveals our taste.” This idea leads her to recommend the TZULAï brand, which designs every­day household items imbued with a sense of life. For example, its chopstick cages are traditionally shaped, but incorporate modern design touches in a way that feels familiar to Taiwanese yet is also attractive to non-­Taiwanese. It turns out that travelers find locally designed gifts some of Taiwan’s most alluring attractions.

Taiwan Design Research Institute

“A tiny souvenir can reflect our dreams or values. It can embody an individual in miniature, encapsulating the person’s memories and values,” says Oliver Lin, vice president of the Taiwan Design Research Institute (TDRI). He offers a traveler bringing home a handicraft item as an example, arguing that the choice represents the ­buyer’s recognition and admiration of the artisan’s skill. A visitor’s delight in a souvenir reflects an appreci­ation of the creativity that went into it. 

“In fact, souvenirs also reflect the culture, worldview and values of the place they come from,” says Lin. Over the last few years, Taiwan has begun applying the principles of design to souvenirs, giving them a greater sense of refinement. For example, Sun Moon Lake Black Tea’s products seem almost to have been imbued with Sun Moon Lake’s beautiful vistas, helping visitors who purchase the tea retain the memories of those scenes. Fu Wan Chocolate’s products, which have received numerous international accolades, are another case in point. Made entirely in Taiwan from Taiwanese-grown cocoa beans and often incorporating Taiwanese dried fruits and teas, these tree-to-bar Taiwanese chocolates deliver a cornucopia of Taiwanese flavors. Beautifully packaged, evocatively described, and cleverly branded with names like “Slanting Sun by Sun Moon Lake,” “Tai­mali Sunrise,” “Twilight Encounter in Jiufen,” and “Ali­shan Sea of Clouds,” the chocolates not only taste delicious, but also evoke Taiwan’s lovely scenery.

In addition to being highly designed, many sou­venirs also demonstrate a love for the Earth. As Taiwanese society has become more environmentally conscious, many designers have begun incorporating environmental friendliness and sustainability into their work. HMM and Spring Pool Glass have jointly produced drinking glasses made from recycled glass. These souvenirs remind purchasers that Taiwan recycles glass at the second-­highest rate in the world, and the skill with which they are made adds still other dimensions to their story. Meanwhile, DOTdesign and REnato’s cobranded environmentally friendly rice-husk beach toys are manufactured using only biodegradable materials that will break down completely within three years.

“Taiwanese-style hospitality and kindness emerge from an inner drive to treat others well,” says Lin, adding that these environmentally friendly designs make great reminders of a visit to Taiwan.

Relevant articles

Recent Articles

繁體 日本語

帶走一片旅行風景

旅人伴手禮

文‧鄧慧純 圖‧林旻萱

到訪台灣,除了用雙腳踏訪368個鄉鎮,用味覺品嚐在地的食材料理,用照片洗版IG、FB,當然還要帶走一片旅行中的風景,買下藏有當地DNA的伴手禮,也和朋友一同分享這趟旅程中的眷戀不捨。


伴手禮送自己也送知己。台灣近年來的伴手禮不一樣了。除了多元的在地元素,也與日常生活更貼近,再添加設計的巧思,帶點台灣特有的詼諧和近年來大力倡導的環保概念。這回,就讓國立故宮博物院、未來市、台灣設計研究院報予你知,伴手禮的台式待客之道。

故宮博物院:把國寶帶回家

收藏了世界頂級的華夏文物,國立故宮博物院(以下簡稱故宮)幾乎是國際旅人來到台灣必定參訪的景點。「故宮典藏的文物常常是世界唯一一件,它的精彩性跟重要性是在別的地方看不到,只在台灣才有的。」文創行銷處副處長王耀鋒說。

近70萬件的藏品,經由專業的企劃策展,旅人只要一張門票,進到展間,就能與文物近距離接觸,與這世界僅此唯一的展品相遇,在時間的維度中遨遊;然後轉進博物館商店,看見經由轉譯變身的文創商品,可以觸摸、把玩,連結起方才乍見文物的感動,是遊故宮才有的享受。

「故宮的待客之道,就是你到我家來,我們把我家的寶貝給你看。而文化就是我們最重要的寶貝,把文物透過設計轉化成文創商品,讓旅人能當作伴手禮帶回去,這是我們最有誠意的部份。」出版科吳怡青說。

近年來,故宮將伴手禮越玩越有勁,也越玩越在地。翠玉白菜的衍生商品一直是故宮博物館商店排行榜上的第一名,也不斷推陳出新,文創行銷處科長李威蒂展示最新上架的翠玉白菜晴雨傘,搭配尺寸特別訂製的紅藍綠茄芷袋(尼龍網布編製,具台味風的手提袋),大小可裝下一杯手搖杯,貼合台灣手搖飲的熱潮,台味十足。

雖說館藏近乎是皇家的收藏品,但故宮也不忘貼近民間接地氣,「冰梅紋多功能護照套」採用院藏清高宗撰袖珍本「御製詩初集」封面的布紋,從今日眼光觀之仍不失時尚感,再與台南廣富號合作,帆布、車工都是台灣製造;護照套採右開是契合古書的形式,這些小細節都可見故宮在教育推廣上的堅持。

不只古典,故宮也有很酷炫的商品,如與台灣文創設計師周裕穎合作,將乾隆皇帝當年看到「快雪時晴帖」的讚語:「神」設計在鏡架上,將書法鍍膜印在鏡片上,打造出中西合璧的眼鏡。

還有更ㄎㄧㄤ的。利用故宮開放供大眾使用的國寶文物圖像為設計元素,舉行衍生商品設計競賽,如獲獎作品「朕倦了/本宮乏了—狂歡後睡好覺眼罩」,運用院藏的明代帝后半身像,將畫像眼部直接印在眼罩上,讓人噗哧一笑。還有靈感源自「宋太祖坐像」的產品「朝廷筷架」,以宋朝烏紗帽的帽翅與長筷連結,將帝王形象卡通化,皇帝座墊改成醬油碟,讓皇上來幫你拿筷子,故宮這樣的待客之道十足誠意。

故宮玩國寶,把自家寶貝轉換變身,可以時尚,可以詼諧,是故宮最狂的待客之道了。

未來市:品牌當伴手

超級愛送禮的未來市主席汪麗琴,推動生活美學是她的志業,先前她的「好樣聚落 VVG Lifestyle Village」在生活美學領域引領風潮。2018年,她創設「未來市」,以亞洲設計師為主的生活美學設計平台,才開幕一年多,人潮川流不息,可用門庭若市形容。

走進華山文創園區內的「未來市」,以白色為基調的空間,每一頂白色帳棚都是一個小舞台,展示各家品牌的巧心創意,不時可聽到來自各地的遊客,對攤位上的產品、小物驚呼連連與愛不釋手。

華山文創園區的客群有70%是觀光客,汪麗琴為讓國際觀光客更認識台灣的設計品牌與在地的文化,推薦了許多台灣在地的品牌。像是以台灣傳統圖騰為設計基底的印花樂,將饒富台灣味的窗花、台灣生態設計轉化,成為特色的印花風格,是旅人藉此貼近台灣生活的「好伴手」。

自詡為一間農業作品出版社的「掌生穀粒」,也被汪麗琴邀請入駐未來市。「掌生穀粒」相信農作物不只是飽足口腹的糧食,更是天地人交流的大地創作,農夫就像爬格子的作者,那農作物的行銷包裝就交給掌生穀粒來掌舵;在其專屬的櫃位上展示以節氣設計出的米包裝,以及各式的農產好食好物,讓旅人帶著台灣的風土滋味,用味覺記憶台灣,繼續延續與台灣土地的緣分,是最在地的伴手禮了。

「太傳統的東西很難跟現代的生活結合,所以要動點腦筋,做一點設計,設計與工藝的結合一直是我在力推的一件事情。」汪麗琴說。完全的工藝可能缺乏現代生活的美感,但是結合這兩者,就會有不一樣的模式。如她推薦的品牌「greenroom」和「Züny」,以皮革進行創作,讓設計成為生活中的風景,療癒又有質感。

汪麗琴話鋒一轉,聊到送禮。「我超愛送禮的,其中有一個原因是我想要『分享』,『分享』是一件很重要的事情,因為人跟人之間有部分的連結是靠著分享你自己的喜好,讓對方了解你,有時候送禮也代表你自己的品味。」她推薦品牌「厝內TZULAï」,是台語「家裡面」的意思,循著台灣人對家的情感脈絡,設計與日常生活相伴的家用品,生活感十足,如「筷籠」的設計保留傳統的原型,再添入更多現代設計的元素,是台灣人看了一秒就覺得親切,外國人看一眼馬上會愛上的產品。果然,台灣設計品牌當伴手禮,是旅人旅途中最美麗的風景。

台灣設計研究院:伴手不忘環保

走遊多國的台灣設計研究院(原台灣創意設計中心)副院長林鑫保收藏了許多伴手禮。對他而言,伴手禮不只是保留旅途中的情感、回憶,另一種動機則是分享,想把當下的美好分享給好友的心情。

「小小的伴手禮甚至可以反映我們生命中的一些夢想或價值觀,是個人的縮影,是個體對於生活記憶、生命價值的總體現。」林鑫保說著。舉例來說,買下一件工藝品,代表旅人對工藝品的製作者、職人技藝的認同與欽佩,某種程度反映他生命中的價值觀與意義;如果伴手禮帶有讓人驚呼的點子,則反映旅人對創意的認同。

「其實伴手禮很多時候都反映了當地的文化、世界觀與價值觀。」林鑫保說。台灣傳統的伴手禮多有祈福的意味,把與人為善的天性,融入伴手禮中。近年來,為了讓伴手禮與現代生活接軌,與日常生活扣合,將設計導入伴手禮,讓這些伴手禮不管送禮自用,更添質感,像是把日月潭的山川美景融入日月潭紅茶的產品設計中,讓日月潭的美景留在旅人的回憶裡。還有最近在國際上屢獲大獎的「福灣巧克力」,從原豆種植到巧克力生產,都是台灣原汁原味,融合台灣的果乾、茶品,口感滋味多元。再透過美學設計、文案企劃,命名為「日月潭斜暉」、「太麻里晨曦」、「九份黃昏邂逅」、「阿里山雲彩」,讓品賞巧克力同時,台灣的美麗景致也浮現眼前。

設計之外,還有對地球的一份疼愛。台灣社會近年來環保意識抬頭,許多設計師將環境永續的概念融入設計中,像是HMM與春池玻璃合作,用回收玻璃設計的杯子,可以帶出台灣玻璃回收率居全球第二的故事,再搭配上職人的技藝,讓玻璃杯不只是一只玻璃杯,而有更多可以述說的故事。DOTdesign x Renato的聯名品牌RePlay設計的稻殼沙灘玩具組,採用100%分解之生質材料,用稻殼磨成粉,再開模定型的沙攤玩具,可在三年內完全分解,降低對環境的傷害,並透過簡化包材,達成零廢棄設計之目標。

「台式待客之道的精神是與人為善,一種發自於內心的善待。」林鑫保說,這些注入了關愛環境的設計,想必是旅人體驗台灣的最佳伴手禮。

旅の景色を持ち帰る

台湾のお土産

文・鄧慧純 写真・林旻萱 翻訳・山口 雪菜

台湾に旅行に来れば、自分の足で各地を訪ね歩き、地元食材を使った料理を楽しみ、たくさんの風景写真を撮ってインスタグラムやフェイスブックにアップする。そして台湾らしいお土産を買って帰り、旅の思い出を家族や友人と分かち合う。


故宮博物院の国宝を持ち帰る

お土産には自分のためのものと、家族や友人知人のためのものがあるが、最近の台湾の土産品は以前のものとはずいぶん違ってきた。台湾の多様な要素が加わり、日常生活に密着したものが増え、デザインにも工夫が凝らされている。台湾特有のユーモアが込められたものや、環境意識の高まりから地球にやさしいサスティナブルなお土産まである。今回は国立故宮博物院、未来市、台湾デザイン研究院の商品から、お土産のおもてなしを見てゆく。

海外から台湾を訪れる人の大部分が、世界トップの中華文物コレクションを有する国立故宮博物院を見学する。「故宮博物院の貴重な所蔵品は世界唯一のもので、その精選性と重要性は他にはないものです」と話すのは故宮博物院文化創意マーケティング処の王耀鋒・副処長だ。

故宮博物院では70万点近い所蔵品が専門的な計画に従って展示されており、入場者は世界で唯一の貴重な文物と出会うことができる。見学を終えて館内のショップに行くと、今度は数々のコレクションから生まれたクリエイティブな商品が並んでいる。さっき見た貴重な文物がお土産に変身し、手で触れることができる。

「故宮のおもてなしは、最も貴重なものをお見せすることです。そしてそれらのコレクションをクリエイティブな商品へと変身させ、お土産として持ち帰っていただくのも私たちの誠意の一部です」と出版科の呉怡青は言う。

故宮のお土産は大きな進歩を遂げている。「翠玉白菜」の関連グッズは、以前からショップで最もよく売れており、さまざまな商品が開発されている。文化創意マーケティング処の李威蒂科長は、翠玉白菜をイメージさせるデザインの傘を見せてくれた。これと組み合わせるのは赤・青・緑の台湾チックなナイロンの手提げで、ドリンクのカップがちょうど収まるサイズだ。

故宮博物院の収蔵品のほとんどは歴代皇帝のコレクションだが、お土産には親しみやすいものも少なくない。「氷梅紋多機能パスポートカバー」は清高宗の「御製詩初集」の表紙の布模様を採用し、しかも現代的なデザインになっている。台南の廣富號とのコラボでキャンバス地をミシン縫いした台湾製だ。古書の形式を採用して右から開く形になっていて、故宮博物院の教育面での役割も果たしている。

クラシカルなものばかりではない。周裕穎がデザインしたサングラスは、乾隆帝が王義之の「快雪時晴帖」を称えた「神」の一文字を眼鏡の柄の部分に入れ、レンズの表面にはその書を刻んだユニークなものだ。

もっと面白いものもある。故宮博物院は一般の人々がコレクションの画像をデザインに取り入れることを認めており、それに伴って作られた派生グッズのデザインコンクールを開催している。その受賞作品の「朕倦了/本宮乏了—熱狂後の良い眠りアイマスク」は、故宮所蔵の明代の皇帝・皇后の肖像画を用い、その目の部分をアイマスクにプリントした笑いを誘う商品である。また、「宋太祖坐像」からアイディアを取った「朝廷箸置き」は、皇帝像をキャラクター化し、宋代の官吏の帽子の両側の羽の部分を箸にしたものだ。皇帝の座面は醤油皿になっていて、食事をする使用者に皇帝が仕えてくれる。

故宮博物院は所蔵する国宝を、ファッショナブルな、あるいはユーモラスなお土産へと変身させて提供している。

未来市のデザインブランド

プレゼントをするのが大好きという「未来市」主席の汪麗琴は「生活の美」の推進を志している。以前「好様聚落VVG Lifestyle Village」を開いて注目され、2018年にはアジアのデザイナーを集めたデザイン・プラットフォームとして「未来市」を開設した。それから一年余り、多くの人が行き交うにぎやかなマーケットとなっている。

台北の華山文創園区にある「未来市」は真っ白な空間で、各ブースがそれぞれの創意の舞台となっている。世界各地から訪れた観光客が、展示された商品に驚きの声をあげている。

華山文創園区を訪れる人の7割は観光客なので、汪麗琴は外国人が台湾の文化に触れられるよう、台湾のデザインブランドを推薦している。

例えば、農業作品を出版する「掌生穀粒」は、農作物は食べるだけではなく、天地人が交流する大地の創作であり、農家は作家だと考えて農作物を扱っている。そのブースには節気をデザインした可愛らしい袋入りの米や、様々な農産品があり、台湾の風土や滋味を持ち帰りたくなる。

「伝統的過ぎるものは現代の生活には合わないので、デザインが必要です。デザインと工芸の融合も推進しています」と王麗琴は言う。そうした伝統工芸に現代的なデザインを融合させたものとして、汪麗琴は「greenroom」と「Züny」を推薦する。皮革を用いた商品は、暮らしにとけ込み、さらに癒しを与えてくれる。

汪麗琴はギフトについてこう語る。「私はプレゼントをするのが大好きなんですが、その理由の一つは『シェア』したいからです。シェアはとても大事なことで、人と人とのつながりの一部は自分が好きなものをシェアすることで相手に自分を知ってもらう点にあります。プレゼントは自分の趣味を伝えることでもあります」と言う。彼女が推薦するブランド「厝内TZULAï」は台湾語で「家の中」という意味で、家に対する台湾人の感情から日常的な家庭用品をデザインしている。例えば「筷籠(箸立て)」は伝統的な原形を残しつつ、現代的なデザイン要素も加わり、台湾人は親しみやすさを感じ、外国人も気に入る商品だ。このように台湾のデザインブランドのお土産選びも、旅の美しい風景となる。

未来市のデザインブランド

台湾デザイン研究院(前身は台湾創意デザインセンター)副院長の林鑫保は、これまで多くの国を旅し、多数の土産品をコレクションしてきた。彼にとって、お土産は旅の思い出であると同時に、人とシェアするもので、良いものを友と分かち合いたいという気持ちがこもると言う。

「小さなお土産も、私たちの人生の夢や価値観を反映することができます。それは、その人の生活の記憶であり、人生の価値の表現なのです」と林鑫保は言う。例えば、工芸品を一つ購入すれば、それは工芸品の製作者や職人の技術に対する評価や敬意を意味する。人を驚かせるようなアイディアの込められた品物であれば、そのアイディアに対する共感を反映している。

「お土産の多くは、その土地の文化や世界観、価値観を反映するものです」と林鑫保は言う。台湾の昔からのお土産の多くには祝福の意味が込められていた。それに対して最近は、デザイン思考を導入した暮らしに密着したお土産も多く、質感が高いため贈り物にも自分用にもふさわしい。例えば日月潭の美しい自然をデザインに取り入れた日月潭紅茶は思い出をよみがえらせる。また、最近海外で数々の賞を取っている「福湾チョコレート」はカカオ豆の栽培からチョコレート製造まですべて台湾で行なっており、さらに台湾のドライフルーツや茶などを加えたものだ。デザインやネーミングも工夫が凝らされ、「日月潭斜暉」「太麻里晨曦」「九份黄昏邂逅」「阿里山雲彩」など、チョコレートを味わいつつ台湾の美しい景色を思い起こさせる名前が付けられている。

デザインのほかに、地球にやさしいという点も見逃せない。台湾では環境意識が高まり、多くのデザイナーがサステナビリティの概念をデザインに取り入れている。例えばHMMと春池ガラスが協力して生産するリサイクルガラスを用いたグラスは、世界二位という台湾のガラスリサイクル率の高さを伝えるだけでなく、職人の技が込められていてさまざまなストーリーを表現している。DOTdesign x RenatoのコラボによるブランドRePlayがデザインする稲殻ビーチ玩具は、100%分解できる生物由来の素材を用いている。籾殻を粉状にし、型を使って成形したビーチ玩具は3年以内に完全に分解される。包装もシンプルで、ゼロ・ウェイストを目指すものだ。

「台湾式おもてなしの精神は人への優しさで、心から湧きあがるものです」と林鑫保は言う。人と環境への優しさがこもったデザインは、台湾旅行の最良の土産品と言えるだろう。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!