繁體 日本語

磺火蹦魚

文‧莊坤儒 圖‧莊坤儒


金山的「蹦火仔」是台灣北海岸特殊的傳統漁法,每年5月至9月漁民利用磺石(電土)加水,產生乙炔氣體,點火後,瞬間產生強光,誘集青鱗魚群躍起,再以叉手網撈捕,是台灣非常珍貴的文化資產。

伝統の「蹦火仔」漁

文・莊坤儒 写真・莊坤儒 翻訳・山口 雪菜


台湾北海岸の金山には「蹦火仔」と呼ばれる伝統の漁法が伝わっている。毎年5月から9月にかけて、漁師たちは海上でカーバイトに水を加えてアセチレンガスを発生させ、これに火をつける。すると瞬間的に強い光を発し、青魚の群れが海面に跳ねあがり、これを網ですくい取るのだ。台湾でも非常に珍しい文化遺産である。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!