Showcasing Brand Taiwan —The Power of Design

:::

2017 / August

Liu Yingfeng /photos courtesy of Chuang Kung-ju /tr. by Geof Aberhart


Taipei is about to host the Summer Universiade 2017! As the time of the games draws near, visitors and residents alike may notice the main roads of the city lined with flags and banners promoting the event, while a variety of activities are also being held in the lead-up.

The Taipei 2017 Summer Universiade Organizing Committee (TUOC) has spent more than a year on preparations, from advertising, logistics, and uniforms to preparing venues. The whole event is a showcase for Taiwan’s capabilities in terms of design, goods and services. As TUOC chief executive Su Li-­chiung has remarked, the games will “show Taiwan to the world.”


Following the 2013 Kazan games in Russia and the 2015 Gwangju games in South Korea, the biennial Summer Universiade is now about to bring the spotlight onto its 2017 host, Taipei.

From August 19 through 30, the city will host almost 10,000 competitors and crew members from over 150 countries. Focused, as the name would imply, on student athletes, the Universiade will be the highest-level international sporting event Taiwan has held, with the largest number of participating countries and people.

Through this rare opportunity, says Su Li-­chiung, chief executive of the Taipei 2017 Summer Universiade Organizing Committee (TUOC), “Taipei’s hosting of the Universiade will help the world see Taiwan at her best.”

Innovative ideas

To ensure the preparations are perfect, the Taipei City Government and the TUOC have worked together on them for over a year, putting forward a number of refreshingly innovative ideas along the way.

For example, in order to avoid athletes losing equipment and so being unable to compete, the Universiade has for the first time joined forces with local logistics firms to create a “Logistics League” that works with the various teams and athletes to ensure the massive amount of gear arrives in Taiwan without a hitch.

To ensure a unified branding for the games, the TUOC established a Branding Advisory Committee, bringing on board branding, design, and marketing experts to keep a tight rein on things.

Compared with past international sporting events that Taiwan has hosted, the Universiade has stricter rules regarding identity design and usage, as well as being on a larger scale. The hope is that through a coherent visual aesthetic, the event will be able to create a stronger sense of atmosphere for the public.

A young, vibrant Taipei

The uniforms for the Universiade torchbearers, which Su Li-­chiung has called “a showcase for Taiwanese design,” are the work of designer Jasper ­Huang.

Huang, who spent several years in the United States and specializes in incorporating elements of printwork and Eastern design into his works, cleverly transformed the Chinese character (bei), meaning “north”—the second character in the name “Taipei”—into a logo that has a strong visual sense of inkwork. Through a red, white, and blue color scheme, ­Huang has created a visual design that captures the Universiade’s youthfulness, energy, and vibrancy.

Eschewing traditional sportswear, ­Huang’s use of piping and color not only highlights his printwork, but also creates a more delicate cut—a masterful effort. For example, through the use of diagonal cuts, Huang has been able to create a sense of litheness and completely change the look of the female torchbearers’ leggings. The windbreakers, meanwhile, employ a collage effect, while also using Taiwanese firm Sing­tex’s “S.Café” functional fabric for comfort and breathability.

Previous Taiwanese team uniforms, ­Huang says, never quite lived up to expectations. After taking on the task of designing the torchbearers’ uniforms, he was ­determined to use a style unlike those of ­previous ­Universiades. Despite all of this being ­Huang’s first foray into designing sportswear, the final product ended up only about 10% different from the original design and received similarly rave reviews, leaving ­Huang feeling satisfied with his work.

Sparks of tradition and innovation

Next we turn our attention to the 70-centimeter-long, 1.2-kilogram aluminum alloy torch, which, with its flowing lines, also became a showcase for Taiwanese design and manufacturing capabilities.

Creative director of UID Create Jimmy Chang, the designer of the torch, says that “even though Taiwan has hosted international sporting events like the World Games and the Deaflympics, this is the first time we’ve designed our own torch for one.”

For the base of the torch, ­Chang looked to one of Taiwan’s former leading traditional industries, bamboo, and enlisted the help of Nan­tou craftsman Su Su-jen, who applied a traditional hexagonal woven design. As ­Chang explains, in Chinese art bamboo is one of the “Four Gentlemen” of the plant world (along with plum blossom, orchid and chrysanthemum). It represents the season of summer, and the virtues of modesty, honesty and decency. Through its use, Chang hopes to encourage the athletes to compete with decency regardless how heated the competition gets.

The copper-colored metal body of the torch is sourced from a metal­works in Wuri District, Tai­chung. According to ­­Chang, the aluminum alloy used was much harder to work with than steel—steel is harder and holds its shape better. In the end, he had to rely on the metal­works to deal with the soft, difficult to work alloy.

The burner cone that shrouds the upper part of the torch has an open hexagonal lattice that echoes the bamboo pattern of the base. For this, the design team sought the help of JKE, a precision medical equipment manufacturer based in Tai­chung’s Tai­ping District who used advanced five-axis laser cutters to realize the design.

The torch relay for these games included a trip up Yu­shan, nearly 4000 meters above sea level, where the flame was lit. To solve the problems that come with trying to light a torch at such a high elevation, ­Chang went to Pro-Iroda, a company that produces butane-powered tools, to get a special high-pressure valve designed to address the reduced air pressure that would otherwise make it difficult to ignite the gas.

Chang’s torch design incorporates both tradition and innovation not only in the materials used for the torch body, but also in the use of LED lighting inside the bottom part that echoes the flame atop the torch.

With such a bold, innovative design, says ­Chang, “Taiwan might for the first time be able to set the standard for an international competition and establish an ideal for others to work toward.”

Taiwan’s first “Lego swimming pool”

Taiwan’s display of industrial and design talent isn’t the only thing that has caught international attention, though—there’s also the decision to use the floating “Skypool” system.

“This is the first time that a floating-type prefabricated pool has been used in Taiwan,” says Bobby ­Chung, Taiwan regional manager of Fluidra, the Spanish company that is responsible for making the pool.

However, he continues, while it may be Taiwan’s first time, it’s certainly far from unprecedented internationally.

Prefab pools not only save on the cost of building dedicated venues, but can also help address a lack of construction time, seating, or other issues. However, while the rapid construction and the portability of such pools are strengths, they also come with a particular challenge, ­Chung says, which is whether the ground beneath can carry the load.

Once the outer structure of the pool is assembled, he explains, the pool then needs to be filled with some 2,500 tons of water, with each square meter of ground beneath having to support a load of 500 kg. However, with the chosen venue for the swimming and diving—National Taiwan Sport University’s gymnasium—being many years old, it was difficult to judge whether the ground would hold up. Given this, after taking on the job last year, Fluidra immediately launched a geological survey of the venue, fortunately finding out that there should be no safety concerns.

A further headache is the fact that once the pool is full, the steel plates making up the outer structure will be susceptible to bending outward from the pressure, but the International University Sports Federation, the governing body for the Universiade, has strict regulations regarding the dimensions of the pool, with a tolerance for only 1 cm error in the length of swimmers’ lanes. To address this, Fluidra specially used the floating Skypool system which can be adjusted at any point, helping prevent any divergence in length.

The entire process of constructing the pool was recorded and edited into a short video which, once uploaded to the Internet, attracted the attention of no small number of people. As of writing, the video had racked up 1.5 million hits, 85% from Taiwan and 15% from abroad. “The use of the Skypool system for these games has not only been a milestone for Taiwan, but also, through the resulting video, has successfully promoted the games to the world,” says ­Chung.

The countdown to the start of the 2017 Tai­pei Summer Universiade is underway. What has caught your attention so far? The lovable mascot Bravo the Bear? The fascinating, photorealistic floor decor of the Tai­pei Metro, which gives a sense of really being in a pool? Or is it the fighting spirit of Taiwan’s youthful competitors? Whether you’re a sports fan or not, be sure to join us at the event venues and help cheer on Taiwan’s best!

Relevant articles

Recent Articles

繁體 日本語

台灣品牌耀國際

傳統與創新的設計能量

文‧劉嫈楓 圖‧莊坤儒 翻譯‧Geof Aberhart

2017世大運在台北!隨著倒數時間逼近,國內外民眾漫步在台北街頭,主幹道沿路可見宣傳旗幟懸掛,一系列活動緊鑼密鼓展開。

為迎來台灣首度舉辦最高層級的國際體壇賽事,世大運執委會經過一年多的籌備,從廣告行銷、物流運送、服飾設計,以至場館搭建,展現台灣軟硬產業的創新實力。正如世大運執行長蘇麗瓊所言:「要讓世界看見台灣」。

 


 

繼2013年俄羅斯喀山、2015年韓國光州,每2年一度的世界大學運動會在2017年,移師台北主辦。

8月19至30日,12天的賽事期間,預計將有一百五十多個國家、近萬名選手及隨團人員到訪。比起2009年高雄舉辦的「世界運動會」、台北「聽障選手奧運會」,主以大學運動員為對象的世界大學運動會,將是台灣過往國際賽事經驗中,層級最高、參與國家、人數規模最為龐大的一次。

面對難得機會,「透過台北舉辦世大運,要向國際展現最精彩的台灣。」世大運執行長蘇麗瓊說。

耳目一新創新嘗試

為了完美舉行賽事,台北市政府與世大運執委會經過一年多的籌備,在此次世大運中,推出許多令人耳目一新的創新嘗試。

例如,為了避免選手遺失器材無法出賽的憾事重演。世大運首度與台灣民間物流業者合作,推出「物流大聯盟」的機制,協助各國選手、代表團,將龐大的器材順利運抵台灣。物流大聯盟由華航、長榮等兩大航空業者,長榮、陽明、萬海等三大船運公司,及10家台灣物流公司組成,服務範圍遍及全世界。

蘇麗瓊解釋,本次推出物流大聯盟,是歷屆世大運的首創服務。透過此次合作,不但協助體育器材順利運抵台灣,選手代表團通關更為順暢,也能協助台灣物流業者拓展知名度。

為了統一品牌意象的一致,世大運執行團隊還特地成立「品牌諮詢小組」,邀集品牌經營、視覺應用、行銷管理等設計師、學者專家一同把關。

世大運執委會表示,本次賽會是首度使用華文,將台北的「北」字搭配國際大學運動總會(FISU)藍黃黑綠紅五色,轉化為賽會標誌,此外也以台北城市意象構成賽會主視覺,並應用在賽會宣傳、佈置、門票等。

比起往年台灣國際賽事,此次世大運對於標誌識別設計的使用更為嚴格,規模也更廣,希望透過一系列的視覺印象,讓民眾感受世大運的賽事氛圍。

年輕、活力,台北起跑

被蘇麗瓊形容為「展現台灣設計實力」的世大運火炬手服飾,則是出自於設計師黃嘉祥之手。

旅美多年,擅以印花,將東方元素納入服飾設計的黃嘉祥,巧妙地取「北」字,轉化為logo,呈現有如潑墨般的視覺設計。仔細一看,服飾上的標誌,不若傳統設計平面、呆板地印於服飾之上,透過3D印刷,呈現立體感,宛若運動員起跑,微微45度角的姿態。

以紅藍白三色為主視覺,是黃嘉祥汲取世大運年輕、朝氣,充滿活力的意象設計而成。概念發想期間,原住民圖騰、客家文化等傳統設計符號,都曾是他的考慮選項。「但這僅是單一的切面,並不足以代表台灣。」他說。

擺脫體育服飾,僅以滾邊線條,或顏色色調下手展現設計感,黃嘉祥除展現擅長的印花設計,也在服飾剪裁的細微之處,下足功夫。例如為女性火炬手所設計的韻律褲,黃嘉祥透過斜邊剪裁,呈現纖瘦感,一改寬垮的打版外型;而防風外套透過拼貼的剪裁縫合,加上台灣紡織業者興采生產的機能布料「咖啡砂」,舒適透風。

黃嘉祥表示,過往台灣代表團服飾公布後,結果總是不如預期,那樣的印象深植於眾人心中。接下世大運火炬手服飾設計任務後,決定展現不同以往的風格面貌。最終成品,距離原始設計完成度接近九成,首次嘗試體育設計服飾的黃嘉祥自覺滿意,同樣也引起各界好評。

點燃傳統創新之火

目光轉至全長70公分、1.2公斤、外型流線,以鋁合金打造而成的世大運火炬,同樣也展現台灣設計能量與產業實力。

一手操刀火炬設計的秸禾設計公司創意總監張漢寧希望透過世大運火炬的設計,展現台灣產業從傳統到創新的實力。

仔細數數,從火炬主體、頂端火焰,以至內部的瓦斯填充……。世大運火炬從設計到成品完成,共動員5家以上企業一同完成。「過往台灣雖舉辦過世界運動會、聽障奧運等國際賽事,卻是首次為賽事設計專屬火炬。」張漢寧說。

在火炬底部,是張漢寧特地邀請南投工藝師蘇素任,以六角編織法設計,選擇在火炬握把放入竹材,除了竹子曾是台灣昔日重要的傳統產業,張漢寧解釋,竹子被喻為「君子」,也希望藉此寓意各國選手在激烈賽事中,依然保有《論語》所言:「……揖讓而升,下而飲,其爭也君子。」的風度。

出現在火炬中段零星散布、呈現黃銅色的五金零件,出自台中烏日一家鐵工廠。張漢寧解釋,由於鋁合金材質不如鋼材,加工不易。最後是靠著廠方的技術才克服鋁合金材質硬度過軟,難以成形的問題。

火炬上方與下方竹編設計呼應,由大到小的六角形縷空設計,更是設計團隊找來位於台中太平專事生產精密醫材的「昆兆益」,以難度極高的五輪切軸技術,立體切割而成。「用以切割的火炬主體,都是一體成形製成,稍有閃失,就必須全數報廢。」

火炬上端的火焰,同樣也令團隊煞費苦心。不比一般聖火,僅在平地傳遞,此次世大運還規劃前往海拔超過3,000公尺的玉山,點燃聖火。為了解決高海拔火焰燃燒的問題,張漢寧只好找上生產壁爐的業者「愛烙達」設計獨特加壓氣閥,解決壓力變化下,瓦斯難以汽化燃燒的問題。而引人目光,猶如一朵花的立體烈焰,同樣也出自愛烙達。

由傳統至創新的理念,不僅在材質的運用可見,隱藏在火炬內部的LED照明,也是張漢寧以最新的照明科技呼應上方火焰的巧思。「從最傳統的照明來源火焰,以至最新的LED照明,又再次呼應從傳統到創新的理念。」

如此大膽創新嘗試,「有了第一次,或許就能為台灣國際賽事立下標準,朝理想的目標邁進。」張漢寧說。

首度採用「樂高版泳池組」

除了展現台灣傳統產業、設計能量,這次世大運採用的「活動式泳池」,也被外界視為一大亮點。

「這是台灣使用活動式泳池的第一次。」負責為世大運打造泳池的西班牙廠商Fluidra台灣區經理鍾智生表示。

今年年初,150片高品質鍍鋅鋼板送進林口國立體育大學體育場館。原本是用於舉辦籃球競賽等賽事的綜合體育場館,經過2個月的施工,場中央瞬間出現一座標準泳池,透過鋼板組建而成的泳池,更被外界戲稱是「樂高版泳池組」。

鍾智生表示,活動式泳池雖在台灣首次出現,國際上卻早有前例。2003年巴塞隆納游泳世界錦標賽,即已使用活動式泳池,而後英國、澳洲、中國大陸等國家也都有相關經驗。

活動式游泳池的使用,不僅大幅節省場館興建費用,也能夠因應施工時間不足,座位不夠等問題。然而,具備機動、施工期短等優點的活動式泳池,「最大的挑戰是地面承重問題。」鍾智生說。

他解釋,泳池外層結構組裝完畢後,必須注入2,500噸的水,每平方公尺的地面荷重500公斤。然而,規劃為游泳、跳水競賽場地的國立體育大學場館興建多年,難以評斷地面耐重度。因此,去年Fluidra接下任務後,隨即展開地質調查,所幸最後結果出爐,地面承重安全無虞。

克服了地面承重的問題,如何注水的難題也等在前方。鍾智生表示,泳池需要大量用水,光憑國立體育大學並不足以供應。因此,團隊只好找上消防局協助水源供應。最後,水源一半取自消防栓,另一半向國立體育大學購水,才解決了供水問題。

此外,當池內大量注水後,鋼板因承受水壓而向外膨脹。但賽事總會對泳池設施的規定極為嚴格,泳池水道長度僅容許1公分的誤差。因此,Fluidra特地裝設泳池漂浮系統,得以隨時調整,解決了長度問題。

為避免2016年里約奧運泳池氯投放超標,導致池水呈現綠色的事件重演。施工團隊嚴格把關泳池水質、消毒標準外,也採用新式消毒方式,提升施工安全。鍾智生解釋,傳統泳池多半透過投放氯錠的方式消毒水質。而此回Fluidra則投入大量的鹽份,再透過電解方式,分離出氯離子,藉此成功消毒,也降低施工風險。

記錄施工過程的短片,放上網路後,隨即吸引廣大網友關注。150萬人次的點閱率中,除了85%來自本地網友,15%來自海外,「此次世大運採用活動式泳池,不但在台灣寫下紀錄,影片播出後也成功地向世界宣傳世大運。」鍾智生說。

5、4、3、2、1……。台北世界大學運動會,時間進入倒數。最吸引你的是可愛的世大運吉祥物「熊讚」,還是台北捷運上宛若讓你置身泳池的沁涼地面設計?或是台灣年輕體育好手,揮汗奮戰的拚搏神情?不論你是不是運動迷,一起走進場館,為台灣選手齊聲喝采吧!

伝統と革新―― 台湾のデザイン力を世界に

文・劉嫈楓 写真・莊坤儒 翻訳・山口 雪菜

2017年、ユニバーシアードが台北で開催される。開会の日が近づくにつれ、台北の街を歩く内外の人々は、大通りの各所でユニバーシアードの旗や横断幕を目にするようになった。

台湾で開催される過去最高レベルの国際総合スポーツ競技大会を迎えるに当り、ユニバーシアード組織委員会は一年余りをかけ、広告マーケティングや物流、服飾デザインから会場設営までを行ない、台湾産業のクリエイティブな実力を発揮してきた。「台湾を世界に見せるため」とユニバーシアード台北大会の蘇麗瓊・組織委員会委員長が語る通りである。


2013年はロシアのカザン、2015年は韓国の光州と、2年に一度開かれるユニバーシアード(国際学生競技大会)が、2017年夏、台北で開催されることとなった。

8月19日から30日までの12日間の日程で、150余りの国や地域から1万人近い選手と随行団が来訪する。2009年に高雄で開催されたワールドゲームズや、台北でのデフリンピックに比べ、世界の学生選手が出場するユニバーシアードは、台湾の国際総合スポーツ大会開催経験において、最もレベルが高く、参加国も人数も最大規模のものだ。

これは非常に得難い機会であり、「台北大会を通して、世界に素晴らしい台湾を見せたいと考えています」と組織委員長の蘇麗瓊は言う。

革新的なアイディア

大会を順調に開催するために、台北市とユニバーシアード組織委員会は一年余りをかけて、さまざまな新しい試みを打ち出してきた。

例えば、選手がスポーツ用具を紛失して試合に出られないという事態を防ぐために、今回は初めて民間の物流企業と手を組み「物流大連盟」システムを構築した。各国の選手や代表団の大量の器具を順調に台湾へ輸送できるようにしたのである。物流大連盟は、中華航空とエバー航空が空輸を、長栄(エバーグリーン)と陽明(ヤンミン)、万海(ワンハイ)の台湾三大海運会社が海運を担当、これに台湾の物流企業10社を加え、サービスは全世界に及ぶ。

蘇麗瓊によると、この物流大連盟はこれまでのユニバーシアードでは行われていなかったサービスである。各国選手のスポーツ器材が順調に台湾に運ばれ、選手や代表団がスムーズに通関できれば、台湾の物流企業の知名度も上がる。

また、ユニバーシアードのイメージを統一して打ち出すため、組織委員会はブランド運営やマーケティング管理などの専門家から成るブランド・アドバイザー・チームを設置した。

大会のエンブレムは、台北の「北」の字と、国際学生競技大会(FISU)のシンボルカラーである青、黄、黒、緑、赤の五色を合わせたものだ。これまで台湾が開催してきた国際総合競技大会に比べると、今回はエンブレム使用が厳しく管理され、統一したビジュアルイメージを通して大会を盛り上げていく。

若さと活力の台北

蘇麗瓊が「台湾のデザイン力を見せつける」と形容する聖火ランナーのユニフォームは、デザイナー黄嘉祥の手になるものだ。

長年アメリカに暮らし、オリエンタルなモチーフの運用に長けた黄嘉祥は、「北」の字を巧妙にロゴ化し、書の滲みを思わせるデザインにした。そのロゴは3Dプリントで立体感がある。

メインの赤、青、白の三色は、若さと生気、活力をイメージしている。従来のスポーツウエアは主にストライプや色調のデザインが主流だったが、彼は裁断にも工夫を凝らした。例えば、女性ランナーのレギンスはバイアスの裁断でスリムに見える。ウインドブレーカーには台湾の繊維メーカーSingtexが開発した機能性エコファブリックS.Caf聖火トーチ――伝統と革新

長さ70㎝、重さ1.2キロの流線形で、アルミ合金製のユニバーシアードの聖火トーチも、台湾のデザイン力と産業の実力を感じさせる。

トーチのデザインは秸禾設計公司(UIDクリエイト)のディレクター張漢寧が担当し、台湾産業の伝統から革新までの実力を示している。

全体のデザインから、トーチのボディや炎の出る部分の制作、内部のガス充填まで、台湾企業5社以上が関わった。「台湾はこれまでワールドゲームズやデフリンピックを開催しましたが、専用トーチのデザインは初めてのことです」と張漢寧は言う。

トーチの下部は南投の工芸家・蘇素任に依頼して六角形の竹細工とし、グリップ部分にも竹材を用いた。竹細工は台湾の重要な伝統産業であり、また竹は「君子」にも喩えられることから、各国選手には厳しい競技の中でも『論語』に言う「揖讓して升り下り、而して飲ましむ。其の争いは君子なり」の精神を貫いてほしいと願う。

トーチ中央部の金属部品は台中烏日の鉄鋼メーカーが製造した。張漢寧によると、アルミ合金は硬度が不充分なため成形が難しかったが、工場の技術でようやく克服できたという。

トーチの上部は下部と呼応した六角形のくり抜きで、この部分は台中太平の精密医療器材を生産する「昆兆益」に依頼して難度の高い立体裁断技術を用いた。

今回の聖火は標高3000メートルの玉山も通るため、高山でもトーチの火が消えないようにする必要があった。そこで暖炉メーカーである「愛烙達」に加圧バルブを生産してもらい、圧力を調節できるようにした。花びらのように広がる炎も、愛烙達の技術によるものである。

伝統から革新へという理念は材質に見られるだけでなく、内部に取りつけたLEDにも見られる。「最も伝統的な照明である炎から、最新の照明であるLEDへ、伝統から革新へという理念を表現しています」と言う。「初めてのトーチ制作が、台湾での国際総合競技大会の今後の標準になる可能性もあり、理想に向かって邁進しています」と張漢寧は言う。

初の組立式プール

台湾の伝統産業やデザインの他に、今回採用された「組立式プール」も注目に値する。

「台湾では初めての組立式プールです」と話すのは、今回のユニバーシアードでプールを設営したスペインのメーカーFluidraの台湾エリア総経理・鍾智生だ。

今年初め、高品質の亜鉛メッキ鋼板150枚が林口の国立体育大学体育館に運ばれてきた。この体育館に2ヶ月で競技用プールを組立てるためである。鍾智生によると、組立式プールは台湾では初めてだが、海外では数々の前例があり、2003年バルセロナの世界水泳選手権でも用いられた。

これによって競技場建設の費用と時間が大幅に削減できる。ただ、機動的に短期間で設営できる優位性はあるが、最大の課題は地面にかかる負荷だと鍾智生は説明する。

その話によると、プールの構造が完成したら、水を2500トン入れるため、1平米当りの地面の荷重は500キロに達する。国立体育大学の体育館は古く、地面の耐重性を評価することは難しい。そこで昨年、Fluidraは受注確定後すぐに地質調査を行ない、その結果安全が確認された。

水の確保も課題だった。プールには大量の水が必要で、大学の水だけでは足りず、消防局に協力を仰いだ。最終的に半分は消火栓から、半分は大学から購入することとなった。

プールに水が入ると構造部の鋼板は水圧を受けて外側に膨張するが、競泳施設に関する規定は非常に厳格で、レーンの長さの誤差は1センチまでしか認められない。そこで特殊なシステムを用いて随時長さを調節できるようにしてある。

2016年のリオデジャネイロ五輪では、プールの水質が変化して水が緑色になるという事態が生じた。こうした問題を避けるため、施工チームは水質と消毒基準を厳重に管理し、新しい消毒方式を採用した。従来の塩素消毒に代えて、塩を投入して電気分解し、中性電解水にする方法である。

この施工の模様を映像に記録してネット上で公開すると、のべ150万人が閲覧した。台湾のユーザーが85%を占めるが、15%は海外の人々である。「組立式プールの採用は台湾では初めてのことであり、映像を公開したことで世界的な宣伝の効果も得られました」と鍾智生は言う。

ユニバーシアード台北大会は間もなく開幕する。あなたを魅了するのは何だろう。可愛らしいクマのマスコット「熊讃ブラボー」だろうか、それともプールの中にいるような気分にさせる台北MRTの車両のデザインだろうか。それとも懸命に戦う台湾の若いアスリートたちの表情だろうか。スポーツ好きであろうとなかろうと、この機会に競技場へ行き、一緒に台湾の選手に喝采を送ろうではないか。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!