Going with the Grain

Migrant-Worker Sand Artist Mario Subeldia
:::

2019 / March

Lee Shan Wei /photos courtesy of Jimmy Lin /tr. by Phil Newell


Filipino sand artist Mario Subeldia is the first migrant worker to be licensed as a street artist in Taiwan. Since crossing the sea from his homeland, he has used his intelligence to transform his destiny, and by living out his dreams, has embarked upon a beautiful life.

Nourished by Taiwan’s free creative en­viron­ment, Mario has not only demonstrated his talent at sand art, but also applied his boundless creativity to painting and clothing design. As well as becoming a focal point for friendship among Filipino com­pat­riots in Taiwan, he has given back to poor children in his hometown. With a wife who is his partner in both business and life, Mario is grateful that his home is in Taiwan.

 


 

From pampered child to migrant worker

“This has been a completely unexpected life.” As the youngest child of a loving family, Mario was pampered by his parents and elder siblings, who put a lot of energy into raising and educating him. But when his father, who was in politics, suffered a sudden illness, the family abruptly lost its means of support. “This was the time for me to repay my parents.” In 2011 Mario came alone to Taiwan and entered a high-tech company in Hsin­chu as a low-level shift worker. “I lived in the migrant workers’ dormitory, and each day I went out early and returned late.” Strictly managed and passing monoton­ous days with machine-like regularity, all he could do was numb himself with his profound exhaustion.

Memories were the only antidote to raise his spirits. “When I was small my sister taught me to paint.” Looking back on the happy times of childhood lifted Mario’s depression somewhat. Unconsciously he began to use odds and ends around him to do some casual painting.

Self-taught from the beginning

“I was really amazed when I saw other people doing sand art performances.” In the hands of an artist, a tray of sand can go through endless seemingly magical transformations in an instant. It was this inspiration that launched Mario’s dazzling new life. “I learned by watching videos on YouTube.” He groped his own way forward and taught himself without a teacher.

Countless times he would work through the night trying to master this art form. His most frequent subject-­matter was the faces of his parents and family members. Although his hands became coarse and cracked from the grains of sand, and his eyes grew sore and sensitive from the fluorescent light beneath the glass panel of the lightbox on which he worked, Mario’s determination to follow his dream gave him inexhaustible resolve.

To enable more people to see sand painting perform­ances, Mario plucked up his courage and entered the street artist selection process. In 2015, he became the first foreign migrant laborer in Taiwan to be licensed as a street artist, in his case in Tai­pei City as well as Hsin­chu city and county.

After his first appearance on television, Mario could not contain his excitement and immediately called home. “My father, who had suffered a stroke many years previ­ously and was unable to talk, kept happily shouting out ‘Ah! Ah!’” People were amazed by the live sand art performances, with their animation-like effect and backlit colors.

Mario’s greatest strength lies in the realism of his images. Be it portraits, buildings, text or logos, clients are invariably impressed by the lifelike images. Besides doing charity and commercial performances, Mario has even been invited by the Manila Economic and Cultural Office in Taipei to do a sand art perform­ance at a Philip­pines state banquet.

Building a platform for interactions

As well as doing sand art, Mario has also taken up mixed-media painting and begun to design clothes and arrange fashion shows. As a migrant-worker artist, Mario’s prime concern is to do something for his compatriots, to enable Taiwanese to see their talents. “For my first performance I was invited to take part in a flash mob in Xi­men­ding.” Besides using colored sand to do paintings on the spot, Mario also designed an eco-fashion show for Filipino migrant-worker models, with creative clothing made from recycled materials.

Having garnered attention with his first shot, Mario got the notion to form an arts troupe, named Aface, for Filipino migrant workers, to put on charity performances. The combination of different art forms would create a synergistic effect. The first project, “Art and Fashion: A Charity Event,” was held in the Big City shopping center in Hsin­chu, with Mario as the organizer and director. “I was hoping to build a platform for interactions.” The carnival-like commercial exhibition proved very popular. The second event, held half a year later, even attracted designers from a variety of industries in the Philippines to make a special trip to Taiwan to set up stalls and sell their wares. “We are currently preparing for the next event, which we anticipate will be held in April.” Mario is planning to use workshops or NGO events to bring together resources and expand in scale.

Enjoying life with love

Since acquiring his street-artist license, Mario has always performed with only the most basic of props. “This lightbox was made by my father for Mario,” says his wife and main behind-the-scenes supporter Chen Xinyu (a.k.a. Samentha). “For the last three-plus years, it has gone with us everywhere.” Chen, who comes from a Hakka family in Hsin­chu, was willing to convert her full-time job into a part-time one in order to play the role of “good wife and helpmate.” Besides running the household, she is also responsible for a variety of other tasks including com­munica­tion and coordination with the outside world, Chinese translation, scriptwriting, and performance content.

“These days I’m very busy, but in a happy way,” says Chen. How beautiful life is when one is turning one’s dreams into reality! Mario not only performs in Taiwan, he was invited to participate in the TaiwanFest held in Canada in August of 2018.

“Sand art is not very widely known in Taiwan.” Mario’s desire at the present moment is to stay in Taiwan and promote this art form. He hopes that through demonstrations, events, and stage performances he can help migrant workers increase their incomes, and also enable Taiwanese to become more familiar with the culture and unique aspects of the Philippines. “All we expect is equal treatment.” Respect for cultural diversity also allows various ethnic groups to see the friendliness and beauty of Taiwan. In the world of sand art, where there can be countless transformations in an instant, Mario has brushed away the shadows of destiny and taken the high road to happiness in life.

Relevant articles

Recent Articles

繁體 日本語

幸福由沙畫出發

移工藝術家馬力歐

文‧李珊瑋 圖‧林格立

台灣第一位獲得街頭藝人證照的菲律賓籍移工──沙畫藝術家馬力歐飄洋過海,用智慧徹底翻轉命運,活出精彩自我,開啟瑰麗人生。

台灣自由的創作環境,給予他無盡滋養,除了展現沙畫藝術天分,更用無限創意,從事繪畫與服裝設計;不僅凝聚在台菲籍同鄉情誼,並回饋家鄉貧童。擁有事業和生命中的賢內助,馬力歐感恩家在台灣。

 


 

由寵兒到台灣移工

「這是我完全沒有預期的人生。」排行么兒的馬力歐,在充滿愛的家庭裡成長,一直是父母兄姐的寵兒,極力栽培。在菲律賓就讀大學的馬力歐,過的是無憂無慮的生活,媽媽常鼓勵他參加各式各樣的競賽,展現才藝。從政的父親,經歷一場突如其來的大病,讓家中的支柱瞬間崩塌,龐大的醫療費用,以及漫漫無期的復健之路,讓家中經濟萬分沉重。「是我回饋父母的時候了。」2011年馬力歐隻身來台,進入新竹高科技公司,擔任低階輪班作業員。「我住在移工宿舍,每天早出晚歸。」嚴謹的集中管理,機械式的作息,單調無趣的日子,深沉的疲憊,常不知如何抒發。

儘管宿舍中不乏同鄉,每天可以聽到鄉音,吃到家鄉的食物,但是依然無法消弭馬力歐心中的孤寂。當他一人獨處時,濃郁的思鄉愁緒,就會溢滿心頭,在孤單中不停發酵。回憶是提振情緒的唯一解藥,「小時候姐姐教我畫畫。」馬力歐回想起兒時的快樂時光,稍稍沖淡了鬱悶的情懷。不知不覺中,他開始用身邊的雜物信手塗鴉。

從頭苦學,無師自通

放假時,獨自坐在新竹南寮海邊,海風呼嘯下,馬力歐環抱雙膝,望著茫茫大海出神。想到家人在海的那一邊,相隔遙遠,何時再聚?兩行熱淚,不知不覺地輕輕滑落。「爸爸媽媽的臉,清晰地浮現在眼前。」馬力歐不自覺地用手指,在沙地上隨手勾勒,慰藉思念。

「我看過別人表演沙畫,覺得很神奇。」一盤散沙在藝術家手中,瞬息萬變,像是魔術般出神入化。就是這道靈光,開啟了馬力歐璀璨的人生。「我是看YouTube的影片學的。」從未接觸過沙畫,經濟條件也不允許他花錢學習,只能暗自摸索,無師自通。

無數個黑夜裡,不斷地揣摩到天明,最常畫的就是父母和家人的臉。雖然雙手被沙粒摩擦到粗糙龜裂,眼睛被畫板下的日光燈,反射到刺痛畏光,但是一股追求夢想的動力,讓馬力歐燃起無盡的鬥志。每一張臉龐,由糢糊扭曲到清晰亮麗,進而達到唯妙唯肖。剛開始要花一整天的時間,不斷修飾,後來進步到8到10分鐘,就能完美呈現。

「宿舍裡有什麼比賽,大家都推我出去參加。」拿到榮譽的獎章,讓馬力歐重拾自信,回復昔日的開朗活潑。為了讓更多人看到沙畫表演,馬力歐鼓足勇氣,參加街頭藝人甄選。2015年成為台灣第一位以外籍移工身分,取得台北、新竹縣市街頭藝人證照。

第一次出現在電視裡,馬力歐難掩興奮,立即打電話回家。「中風多年,無法說話的爸爸,一直高興的啊啊大叫。」以動畫效果,配合燈光投影的現場沙畫表演,讓人驚豔。「第一次正式表演是在元宵節燈會。」自此邀約不斷,也成為媒體爭相報導的寵兒。

馬力歐最擅長的是擬真,不管是人像、建築物、文字、LOGO,逼真的圖像,都能讓客戶讚嘆。除了公益和商業演出,還曾受馬尼拉經濟文化辦事處邀請,在菲律賓國宴上表演沙畫。

AFACE:搭建交流平台

除了沙畫,馬力歐更把觸角延伸到用複合媒材作畫,也開始設計服裝,安排走秀。「我們本來就有一些很小的表演團體,但都是在同鄉的圈子裡,關起門來自己玩。」成為移工藝術家,馬力歐心中只想為同鄉們多做些事,讓台灣人看見他們的才華。「第一次表演是受邀在西門町街頭快閃。」除了用彩沙現場作畫,並由菲籍移工模特兒,穿著運用環保回收材質做出的創意服飾走秀。

初試啼聲,就引起關注,馬力歐興起籌組菲律賓移工藝術團隊的念頭,取名AFACE,進行公益藝術表演。透過藝術集結眾人之力,創造多贏。第一屆彩繪公益願景計畫,在新竹市遠東巨城購物中心舉行,馬力歐是主辦人。「我希望搭建一個交流平台。」嘉年華式的商展活動,成功匯集人氣。半年後第二次舉行,更吸引了菲律賓的設計師,專程來台擺攤行銷。「我們正在規劃下一個活動,預訂在今(2019)年四月間。」馬力歐計畫以工作室或是NGO型態,整合資源,擴大規模。

用愛享受生活

馬力歐取得街頭藝人證照後,一直用陽春的道具進行表演。「這個燈箱沙畫架,是我爸爸幫他做的,三年多來跟著我們四處奔波。」馬力歐背後的支柱、太太陳心瑀笑著說。原本是語言學校班主任的她,被馬力歐的才華吸引,更被他善良的天性感動。「我們募集到第一筆捐款,馬力歐立即返鄉為貧童買書包、衣服、食物。」由相知相惜,到彼此依靠。「我是他的助理。」來自新竹客家的陳心瑀,甘願由正職轉兼差,專心扮演賢內助的角色。除了照料生活起居,還負責對外的溝通協調、中文翻譯、編寫腳本和表演內容等。「他其實是務實的浪漫者。」兩人最喜歡的休閒活動,是手牽手,一起去看場電影。「他喜歡橘子和香蕉,更迷戀台灣的各種水果飲料。」用愛享受生活中平凡的小確幸。

「現在的日子很忙碌,但是忙的很開心。」逐夢踏實,人生多美好。不僅在台灣表演不斷,2018年8月更受邀到加拿大台灣文化節參展。「當時接到父親病重的消息,但是這項表演對馬力歐的團隊太重要了。」回到台灣後,就接到了病危通知,「我們緊急飛回菲律賓,卻沒趕上見父親最後一面,這是最深的遺憾。」

「沙畫在台灣還不普遍。」在台灣推廣這門藝術,是馬力歐現階段的心願。期望透過藝術展演、活動及舞台表演,協助移工朋友增加收入,也讓更多台灣人認識菲律賓的文化、特色。「我們只期待平等的對待。」尊重多元文化,也讓多元族群看到台灣的善良和美好。就像馬力歐在瞬息萬化的沙畫世界,抹除命運陰影,走上人生的康莊大道一樣。

幸福のサンド・アート

フィリピン人労働者マリオ・サベルディア

文・李珊瑋 写真・林格立 翻訳・松本 幸子

台湾で働くフィリピン人労働者で初めてストリート・アーティストの免許を取得したのが、サンド・アーティストのマリオ・サベルディアだ。海を越えて台湾に働きに来て、見事に自分の人生を切り開いた。

台湾の自由な創作環境を生かし、彼はサンド・アート創作の才能だけでなく、絵画やファッション・デザインでも創意を発揮する。それらの活動によって台湾在住フィリピン人の交流を深めるだけでなく、祖国の子供たちへの支援も行う。仕事でもパートナーである妻も得て、マリオは台湾で家庭を持てたことに感謝している。

 


 家族の愛に恵まれた末っ子

「こんな人生になるとは思っていませんでした」と、両親や兄弟の愛をたっぷり受けて育った末っ子のマリオは言う。何の心配もない毎日で、フィリピンの大学で学んでいた。ところが、政治家だった父が大病に臥し、莫大な医療費が家計を圧迫するようになった。「今度は私が両親に恩返しをする番でした」2011年、マリオは一人で台湾に来て、新竹のハイテク企業で低賃金のシフト勤務の職を得た。「外国人労働者用の宿舎に住み、朝早く出勤、夜遅く帰宅の毎日でした」労働は厳しく管理されて単調で、疲労がたまった。

宿舎にはフィリピン人も多くいたが、一人になると孤独が募った。そうした思いを晴らしてくれたのが、幼い頃に姉が教えてくれた絵だった。思いをぶつけるように、その辺の物に手当たり次第に絵を描いていくようになった。

自分で一から学んだ技

休みの日、一人で新竹南寮の海辺に膝を抱えて座り、風に吹かれるまま海を見つめ、海の向こうにいる家族を思って泣いていた。父と母の顔が目に浮かび、知らず知らずのうちに砂の上を指でなぞっていた。

「ある日、サンド・アートのパフォーマンスを見て、すごいなと思いました」ボード上の砂がアーティストの手で魔法のように変化する。そんな感動がマリオの人生を動かすこととなる。「私はYouTubeの動画を見て学びました」砂絵に接したことも、お金を払って習いに行く余裕もなく、独学するしかなかった。

最もよく描いたのは家族の顔で、夜中に練習し、気がつくと夜が明けていることもあった。砂で手が荒れてひび割れ、ボードの下から照らす蛍光灯で目も痛んだ。だが絵への情熱と闘志がマリオを支えた。だんだん人の顔も巧みに描けるようになり、最初は1日かけてやっと完成していたのが、8〜10分で出来上がるようになった。

「宿舎で何かのコンテストがあって、皆に薦められて出たのです」そこで賞をもらったことで自信を取り戻し、マリオは以前のような快活さを取り戻した。そして、サンド・アートの様子をより多くの人に見てほしいと、ストリート・アーティスト資格試験を受け、2015年に台湾で外国人労働者として初めて台北および新竹のストリート・アーティストの免許を取得した。

初めてテレビに出た時は、マリオは興奮を抑えられず家に電話した。「脳卒中で話のできない父も興奮して、わあわあ叫んでいました」ライトに照らされ、サンド・アートが繰り広げられる様子は人々を驚かせた。やがて招待が相次ぎ、メディアでもたびたび取り上げられるようになった。

マリオの最も得意とするのは、実物そのものに似せることで、人物、建築物、文字、ロゴなど何でも本物のように再現し、観客を感心させる。台北のマニラ経済文化弁事処の催す公式パーティでパフォーマンスを行ったこともある。

AFACEの立ち上げ

サンド・アートのほかに、マリオはさまざまな素材で絵を描いたり、ファッション・ショーも行う。「以前からグループを作ってショーをやっていましたが、仲間内の小さなものでした」だが、移住労働者アーティストとしてマリオは、台湾人にもっと自分たちの能力や良さを見てほしいと考えるようになった。1回目は、招かれて行なった西門町でのパフォーマンスだった。街角でサンド・アートを見せたほか、フィリピン人労働者がモデルとなり、リサイクルグッズで作ったファッションを着て、ファッションショーを行った。

その1回目から注目を浴びたので、マリオはフィリピン人を集めてアート・グループを作った。名前はAFACEとし、チャリティでアート・パフォーマンスを行うことで人々の交流を促し、さまざまな効果をもたらすのがねらいである。初のチャリティ活動は、マリオが企画・組織したカーニバル風イベントを新竹市のショッピングセンター「ビッグシティ」で行ない、多くの観客を集めた。半年後の2回目には、フィリピンからもデザイナーたちが参加してブースを設置した。「現在、次のイベントを企画中で、今年4月の予定です」と言うマリオは、ワークショップ、或いは民間団体を作ってリソースを統合し、さらに規模を拡大する予定だ。

二人三脚で

ストリート・アーティストの免許取得後も、マリオは常にわずかな道具でパフォーマンスを行なってきた。「サンド・アート用のこのボックスは私の父が彼のために作ったものです。この3年余り、どこへ行くにもこれといっしょです」と、マリオを支えてきた妻の陳心‮^٧‬は笑う。マリオの才能に、そして何より彼の善良さに惹かれた。「最初にチャリティで集まったお金をマリオはすぐフィリピンに持って帰り、貧しい児童のために衣類やカバン、食べ物を買いました」似た者同士が惹かれ合い、寄り添うようになった。「私は彼のアシスタントです」という彼女は新竹出身の客家で、夫のサポートのために語学学校の常勤職も辞めた。マリオの仕事の対外交渉や中国語翻訳、脚本及びプログラム作成と忙しい。

「毎日忙しいですが、それも嬉しいことです」と、夢を実現していく幸せを感じている。2018年8月にはカナダの台湾文化フェスティバルにも招かれた。「ちょうど義父の病が重いという知らせが入ったのですが、マリオたちにとっては重要なイベントでした」台湾に帰ると、危篤の知らせがあり、「すぐに二人でフィリピンに飛びましたが、最期には間に合いませんでした」

「サンド・アートは台湾でまだあまり知られていません」と言うマリオは、この芸術を広めたいと願う。そして公演を催すことで外国人労働者の収入を増やし、同時に台湾人にもっとフィリピンを知ってほしいと考える。「平等に扱われることを望むだけです」多様な文化を尊重することは、台湾の良さを知ってもらうことにもなる。砂をさっと払って新たな世界を描き出すように、マリオはまさに人生を切り開きつつある。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!