Training Talent for the Future

The Pacific Islands Leadership Program
:::

2019 / January

Chen Chun-fang /photos courtesy of Chuang Kung-ju /tr. by Geof Aberhart


Located in the Pacific Ocean, Taiwan shares that ocean’s precious marine resources with other island nations, as well as facing the shared threat of climate change and rising sea levels. Through the Pacific Islands Leadership Program, Taiwan is working to train a new cohort of leaders for this future, giving a precious gift to the next generation.


In the autumn of 2018, Taiwan’s Ministry of Foreign Affairs welcomed a group of 22 leadership fellows from 12 Pacific nations, including the Solomon Islands, Kiribati, Palau and Tuvalu. They were in Taiwan to take part in the six-week Pacific Islands Leader­ship Program with Taiwan (PILP).

Connecting with the world

At the suggestion of the US Congress, the Hawaii-based East‡West Center signed a memor­andum of understanding with Taiwan in 2012 to jointly run the PILP between 2013 and 2017. Over the course of those five years, the program trained some 122 fellows from various Pacific nations. At the closing ceremony for the 2017 program, the two sides renewed the agreement for a second round, with “Generation 6” scheduled for 2018.

The training program is divided into two phases, the first of which is undertaken at the East‡West Center in Hawaii and focuses on leadership skills and team building. The second phase sees the participants move over to Taiwan.

Hosted by the Institute of Diplomacy and Inter­national Affairs (IDIA) under the Ministry of Foreign Affairs, the program deals with issues around the United Nations Sustainable Development Goals (SDGs) and other issues relevant to island nations. Their work covers climate change, environmental protection, green energy, cultural preservation, and more.

While Taiwan may not be a member of the United Nations, the country has nonetheless taken a great inter­est in the SDGs, which cover areas from the elimination of poverty and hunger to achieving food security, improv­ing nutrition, and promoting sustainable agri­culture. On some goals Taiwan has even outpaced many actual UN members, such as in the areas of women’s rights and gender equality.

In 2015, Taiwan would have ranked first in Asia and ninth in the world in terms of equality by the standards of the UN Development Programme’s Gender Inequality Index (GII). As part of the PILP program, the IDIA arranged for the fellows to visit the Taiwan Women’s Center, run by the Foundation for Women’s Rights Promo­tion and Development.

The center gave the fellows a rundown on legislation such as the Act of Gender Equality in Employment and the Sexual Assault Crime Prevention Act, explaining how after Taiwan signed the Convention on the Elimination of All Forms of Discrimination against Women (­CEDAW) in 2007, the country then worked to internalize it as law by 2011. Vice-director Sunny ­Huang also shared that despite Taiwan’s sensitive position in the inter­national space, all manner of women’s groups nonetheless take active part in international conferences, sharing Taiwan’s achievements and experiences in gender equality and convincing many to speak up for Taiwan.

Sarah Kaut-Nasengom, a research project officer from Papua New Guinea’s National Research Institute, is a specialist in gender issues. The challenges Taiwan has faced in promoting gender equality, she says, have been similar to those faced by PNG, so she has shared contact information with foundation personnel in the hope of staying in touch after she heads home and getting more information on women’s issues in Taiwan.

All Taiwan their classroom

Starting in 2018, the second, Taiwan-based phase of the PILP has grown from four weeks to six, with the IDIA adding a number of field trips. Among these was a visit to the Council of Agriculture, where the fellows were intro­duced to Taiwan’s agricultural and fisheries policy. From there, they headed to the Fisheries Research Institute and an agri­cultural improvement station to see the results of these organizations’ research. Finally, they visited private organic farms and aqua­culture operations to meet face to face with people on the front lines. “We could really see how absorbed in it all they were by their enthusiasm and the in-depth nature of their questions,” says the group leader, Ambas­sador Victor J. Chin.

Over the course of their six weeks, the fellows traveled practically the length and breadth of Taiwan, from checking out art at Kao­hsiung’s Pier-2 Art Center to learning about Taiwan’s conservation of marine resources at the National Museum of Marine Science & Technology in Kee­lung. Energy problems are another issue of concern to many island countries, and the PILP not only included seminars on the green energy industry in Taiwan, but also visits to related companies in Tao­yuan.

With fast fashion so popular in contemporary society, we are seeing a consequent exacerbation of problems of overconsumption and resource wastage. Charles Y. ­Huang, chairman of the Taiwan Sugar Corporation, was invited to give a talk, sharing with the fellows his experi­ence with the concept of the circular economy. As an example, ­Huang discussed jeans rental stores that can be found in Europe, where consumers can have jeans to wear without having to buy them. When the jeans are worn out and unwearable, textile technology can process them into yarn from which new denim can be made, creating new jeans that can then be rented by new customers—a concrete realization of the idea of the circular economy. “I will go back, I will try and implement laws and implement policies… that will encourage education at a young age, encourage them to have that mindset that they do not need to own things, they just need to possess things,” says Tuvaluan fellow Melissa Ako.

Expanding horizons and training talent

Taiwan is home to over 90,000 non-governmental organizations, covering areas as diverse as education, the environment, medicine, and agriculture. This year’s NGO Forum, a first for the program, saw the PILP fellows exposed to the experience and enthusiasm of six of these, namely the Noord­hoff Craniofacial Foundation, the Tzu Chi Foundation, Vision Youth­Action, the Chinese Wild Bird Federation, the Tse-Xin Organic Agri­culture Foundation, and the Taipei Zoological Foundation.

Jade Cruz, of Palau, shares that prior to coming to Taiwan, she had never thought about getting involved with agriculture. Through the PILP, though, she has gained an understanding of the development of organic agriculture in Taiwan and seen how the country is working to protect the environment. Now she hopes to take that know­ledge back to Palau and begin focusing on agricultural and food safety issues there.

Philippe Lemonnier, a leadership education teaching assistant from the East‡West Center, accompanied the group to Taiwan. Coming here has opened the eyes of many of the fellows, he says, showing them that they can do more and do things differently. Their experience in Taiwan will inform their postgraduate studies in their home countries, and many of them will go on to start companies or NGOs of their own, all because they came to Taiwan.

Lori Concepcion, also of the East‡West Center, shares that “one of the Generation 4 PILP fellows actually started a project to help women in their home community after they went back to their country.” In such ways, the fellows are able to take what they learn in Taiwan and make a real difference.

Lemonnier, himself a Generation 2 fellow, says his life changed through his participation in the PILP. Originally a lawyer, his four weeks in Taiwan opened his eyes to new possibilities. After returning to French Polynesia he launched TEDxPapeete, bringing exciting speeches to his home city. He has also set up an enterprise named Pacific Ventury, using classes and workshops to help companies and individuals find their true passions, boost their leader­ship skills, tap into their potential, and prepare for the challenges of the future.

Vice President Chen ­Chien-jen also personally met with this year’s fellows, saying, “Through cooperation, we can come together to address the pressing challenges of the times, like climate change, sustainable development, environmental protection, and clean energy. To truly meet these challenges, we need to train outstanding leaders…. Only with leaders ready for the future will we be able to strike a balance between local values and the needs of modern society.” We hope that with vision and wisdom, these leaders of the future will lead the peoples of the Pacific, and of the world, toward a brighter future.

Relevant articles

Recent Articles

日本語 繁體

世界のために未来の人材を

「太平洋島嶼国青年リーダー育成プログラム」

文・陳群芳 写真・莊坤儒 翻訳・山口 雪菜

太平洋上に浮かぶ台湾は、他の島嶼国と海の資源を共有しており、気候変動や海面上昇など、島国に共通する課題を抱えている。「太平洋島嶼国青年リーダー育成プログラム」は将来の人材を育成する、次の世代への贈り物である。


2018年の秋、我が国の外交部(外務省に相当)はソロモン諸島、キリバス、パラオ、ツバル、マーシャル諸島、ナウルなど太平洋の12の島嶼国・地域から22人の青年リーダーを招き、6週間にわたる「太平洋島嶼国青年リーダー育成プログラム」を実施した。

台湾と世界をつなぐ

アメリカ国務省の提案により、2012年にハワイのイースト・ウエスト・センターと台湾の外交部の外交及び国際事務学院が覚書を交わし、2013年から2017年の5年にわたって「太平洋島嶼国青年リーダー育成プログラム」を共同で実施することとなった。この5年間に122人の人材育成に成功し、2017年のプログラム修了式において双方は第二期の覚書を交わし、2018年で第6回を迎えた。

このプログラムに参加するのは、太平洋島嶼国の各分野から選ばれた優秀な青年である。一定の学歴を有し、勤務先の推薦を受けた人々で、高いモチベーションと決意があることを示すために学習プランを提出する。それからハワイのイースト・ウエスト・センターが第一段階の選考を行ない、続いて我が国の外交部とともに面接を行なった末に選ばれた人々であり、まさに各国各分野で最も優秀な青年たちである。

カリキュラムは二段階に分けられる。第一段階はハワイのイースト・ウエスト・センターでリーダーシップスキルとチームワークを学び、第二段階は場所を台湾に移す。

外交部外交及び国際事務学院が主催するプログラムは国連の持続可能な開発目標(SDGs)と島嶼国が関心を注ぐテーマを主とする。気候変動、環境問題、グリーンエネルギー、文化継承、経済発展、先住民などである。

台湾は国連加盟国ではないが、国連が打ち出した17項目の持続可能な開発目標は、台湾の政府及び民間が長年にわたって努力してきた課題でもある。あらゆる貧困をなくし、飢餓をなくして食糧の安全を確保し、栄養を改善し、持続可能な農業を促進すること、ジェンダー平等を実現することなどである。中でも女性の権益やジェンダー平等は台湾が多くの国をリードしている項目である。

国連開発計画によるジェンダー不平等指数GIIの標準で見ると、2015年、台湾のジェンダー平等はアジアでトップ、世界で第9位である。9割以上の女性が高等教育を受け、女性の労働参加率は50.8%に達する。

外交及び国際事務学院は、プログラムで来訪した若者たちを婦女権益促進発展基金会が運営する台湾国家婦女館に案内した。館の説明によると、台湾では「性別就労平等法」と「性侵害犯罪防治法」の制定を契機に、2007年に「女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約」に調印し、2011年にこれを国内法として施行した。黄鈴翔副執行長によると、台湾は国際的に敏感な立場に置かれているが、民間の多数の女性団体は積極的に国際会議に参画し、台湾におけるジェンダー平等の成果と経験をシェアしている。

パプアニューギニアから来訪したSarah Kaut-Nasengonさんは同国国立研究院の研究員で、ジェンダー問題を専門としているが、台湾がジェンダー政策を推進する上で直面した課題は同国のそれと似ており、非常に興味深いと語った。彼女は帰国後も基金会と連絡を取り合い、台湾からより多くの情報を得たいと考えている。

台湾全体が研修の場

2018年より、太平洋島嶼国青年リーダー育成プログラムの第二段階で台湾に滞在する期間は4週間から6週間に延び、外交及び国際事務学院は多くの訪問日程を加えた。例えば、農業委員会による台湾の農漁業政策の説明を受けた後には水産試験所や農業改良場を訪問し、最後に民間の養殖場や有機農場を訪れる。メンバーは第一線の人々と直接話をすることができ、「積極的な発言や質問の内容から、彼らが多くを吸収していることがわかります」と今回の主任を務める外交及び国際事務学院の秦日新大使は言う。

島嶼国は台湾と同じく常に天災の脅威にさらされていることに鑑み、カリキュラムでは中央災害対応センターや国家災害防救科技センター、921地震教育パーク、消防署訓練センターなども訪問し、台湾がどのように災害に対応しているかを理解した。

6週間の日程で彼らは全台湾を歩いた。高雄の駁二特区でアートを鑑賞し、基隆の望海巷では潮境海湾資源保護区で海洋資源保全を学んだ。エネルギーも多くの島嶼国が関心を寄せる問題である。島嶼国の僻遠地域には公共の電力システムがないところもある。そこでプログラムでは台湾のグリーンエネルギー産業に関する講義を行ない、桃園の関連企業を訪問した。

また、過度の消費と資源浪費の問題について、台湾糖業の黄育徴董事長が循環経済に関する講義を行なった。生産、消費、廃棄という一般の経済モデルをいかに転換し、テクノロジーを用いて資源を循環再利用し、資源の持続可能性を確保するか。黄董事長はヨーロッパに出現したジーンズのレンタルショップを例に挙げた。自分が着る服を必ずしも所有する必要はないのである。またジーンズが傷んだら、技術でそれを繊維化すれば再び布地にでき、それをレンタルすることで循環経済が実現できる。ツバルから来たMelissa Akoさんは「この概念を持ち帰り、若者たちに『本当に全てを所有する必要があるのか』と問いかけたいと思います」と話した。

視野を広げ、将来の人材を

台湾では、教育や医療、環境、農業などさまざまな分野のNGOが9万団体以上活躍しており、世界各地での活動や交流を通して台湾の経験と技術を伝え広めている。そこで今回のプログラムではNGOフォーラムを開催した。外交部NGO国際事務会が連絡を取り、羅慧夫顱顔基金会、慈済基金会、願景青年行動網協会、中華民国野鳥協会、慈心有機農業発展基金会、そして動物園保育基金会の6つのNGOを招き、メンバーと熱心に経験を分かち合った。パラオから来たJade Cruzさんは、台湾に来る前は自分が農業に参加するとは考えてもいなかったが、このカリキュラムで台湾の有機農業の発展や環境保護への努力に触れ、これらの情報を母国に持ち帰り、農業や食の安全に関心を寄せていきたいと考えを語った。

このプログラムで重視されるのは、個人の能力よりも、自分の暮らす町や国家、民族、さらには世界を成長させる能力の向上である。ハワイから随行してきたイースト・ウエスト・センターのアシスタント教員Philippe Lemonnier氏によると、多くのメンバーは台湾で視野を広げ、自分にはもっと多くのことができることに気付かされると言う。彼らは台湾の経験をもって帰国後に修士や博士の学位を取り、それから企業やNGOを立ち上げる人もいる。いずれも台湾に来たことがきっかけで行動を始めているのである。

イースト・ウエスト・センター教育部門の計画員であるLori Concepcion氏もこう話す。「第4回のプログラムに参加した人の中には、帰国後に自分の住む地域で女性をサポートするプランを実施し始めた人もいます」。台湾で学んだことが実質的な影響力をもたらしているのである。

第2回のプログラムに参加したPhilippeさんは、この太平洋島嶼国青年リーダー育成プログラムに参加したことで人生が大きく変わった。彼はもともと弁護士だったが、台湾での4週間のカリキュラムがその視野を大きく広げた。帰国後に彼はTED×Papeeteというプラットフォームを立ち上げて母国の人々を鼓舞する多くの講演会を開き、今はPacific Venturyという会社を経営している。企業や個人を対象に、生活への情熱を見出し、リーダーシップや潜在能力を向上させるさまざまなカリキュラムやワークショップを提供し、将来の課題に挑む準備をしている。

陳建仁副総統は今回の参加者に次のように語った。「協力してともに気候変動や持続可能な発展、環境保護、クリーンエネルギーといった切迫した課題に取り組むために、私たちは優れたリーダーを育成しなければなりません。…将来のリーダーこそ、地域の価値と現代社会のニーズとの間でバランスを見出すことができるのです」この言葉の通り、私たちはより広い視野と優れた知恵を持って、太平洋上の住民、そして世界の人々とともにより良い生活を求めていきたいのである。

為世界培育未來人才

太平洋島國青年領袖培訓計畫

文‧陳群芳 圖‧莊坤儒 翻譯‧

海洋孕育生命,滋養了位於太平洋上的台灣與其他島國。我們共享海洋的資源,也一同面對島國共通的困境,如氣候變遷、海平面上升等都威脅著島國的未來。透過「太平洋島國青年領袖培訓計畫」為未來培育人才,是給下一代最好的禮物。

 


 

去(2018)年秋天,我國外交部迎接了來自包括索羅門群島、吉里巴斯、帛琉、吐瓦魯、馬紹爾群島、諾魯等12個位於太平洋上的國家及地區共22位學員,進行為期6週的「太平洋島國青年領袖培訓計畫」課程。

在台灣與國際串聯

面對島國共通的問題,美國一直在尋找能一起提出解方的夥伴。於是由美國國務院倡議,2012年美國夏威夷東西中心與台灣外交部外交學院簽署備忘錄,共同合作舉辦2013年到2017年為期5年的「太平洋島國青年領袖培訓計畫」。5年良好的合作經驗,培訓出122位島國人才,雙方在2017年培訓計畫的結訓典禮上續簽第二期計畫,2018年已是第6屆。

此培訓計畫從太平洋島國中徵選各領域的青年菁英,學員需具備一定的學經歷,甚至需要服務單位推薦,繳交學習計畫,以確定具有強烈的參訓動機與決心。由夏威夷東西中心進行第一階段篩選,再與我國外交部討論及面試後,能夠脫穎而出的學員,都是各國各領域的一時之選。

培訓課程分為兩階段,第一階段在夏威夷東西中心,強調領袖職能與團隊默契的培養。第二階段則將訓練場所移至台灣。

台灣由外交部外交學院主辦,培訓課程以聯合國永續發展目標(Sustainable Development Goals, SDGs)及島國所關注的議題為主,涵蓋氣候變遷、環保、綠能、文化傳承、經濟發展、原住民等各式內容。

雖然台灣並非聯合國會員國,但聯合國所提出的17項永續發展目標,例如消除各地一切形式的貧窮;消除飢餓,達成糧食安全,改善營養及促進永續農業;實現性別平等,並賦予婦女權力等,一直是台灣官方及民間努力的方向。有些項目甚至領先許多國家,台灣在婦女權益與性別平等推動上的成果便是一例。

如果以聯合國開發計畫署所創編的性別不平等指數GII (Gender Inequality Index)為衡量標準,2015年台灣的性別平等排名為亞洲第1、全球第9。有超過九成的女性受過高等教育,女性的勞動參與率在2016年達到50.8%。

外交學院安排學員前往由婦女權益促進發展基金會委辦的台灣國家婦女館參訪。館方介紹了台灣在性別平權上的耕耘,說明制定「性別工作平等法」、「性侵害犯罪防治法」等法條的契機,2007年台灣簽署《消除對婦女一切形式歧視公約》(簡稱CEDAW),並在2011年內化為國內的施行法。副執行長黃鈴翔也和學員們分享,雖然台灣官方在國際上的處境敏感,但是透過民間百花齊放的婦女團體積極參與國際會議,分享台灣在性別平權的成果與經驗,結交許多盟友為台灣發聲,而婦女權益促進發展基金會則從中扮演這些婦女團體與國際的橋梁。

來自巴布亞紐幾內亞的Sarah Kaut-Nasengom是巴紐國家研究院研究員,專研性別議題。她表示台灣在性別政策推動上遇到的挑戰和巴紐相似,讓她對台灣的性別議題非常感興趣,所以她和基金會人員交換名片,希望回國後能保持聯繫,獲得更多台灣在婦權議題上的資訊。

整個台灣都是培訓場域

自2018年起,太平洋島國青年領袖培訓計畫第二階段在台時間從4週增為6週,外交學院於是增加許多實地參訪的課程,加深學員的印象。例如先安排農委會說明台灣的農漁業政策,再前往參觀水產試驗所、農業改良場了解研究成果,最後再到民間的養殖場和有機農場,讓學員與第一線的人員面對面接觸對談,「從發問的踴躍、問題的深度,看得出他們真的有吸收。」本屆班主任外交學院秦日新大使表示。

考量島國與台灣都常受天災的威脅,培訓課程安排參觀中央災害應變中心、國家災害防救科技中心、921地震教育園區及消防署訓練中心,了解台灣如何應變災後的處理,讓學員們觀察消防員如何訓練水災或捷運、隧道等大型災害的處理。

6週的課程學員們幾乎跑遍全台,有在高雄駁二特區觀看藝術創作,也前往基隆望海巷潮境海灣資源保育區認識台灣的海洋資源保育。能源問題也是許多島國所關切,部分島國偏僻地區甚至沒有公共的電力系統,只能仰賴私人的發電機,甚至是白天有日光可照明,夜晚沒電就是漆黑一片的情況。培訓課程除了請來講師談台灣綠能科技產業,也前往桃園參訪能源公司,台灣在太陽能產品上的開發也深受學員青睞,有款兼具手電筒及USB充電功能的太陽能收音機,就吸引許多學員買回母國使用。

面對當今社會流行的快時尚,延伸出過度消費與資源浪費的問題。台糖董事長黃育徵受邀講課,和學員們分享循環經濟的理念。一般人常見的資源生產、消費、丟棄的線性經濟模式,如何透過科技將資源循環再用,讓自然資源永續,黃育徵舉例,歐洲已有牛仔褲租借店,消費者只要租借就能達到穿著牛仔褲的目的,不需要真的擁有。而且當牛仔褲破舊損壞無法穿著時,透過紡織技術將舊牛仔褲處理成紗線,再將重獲新生的紗線製成牛仔褲或丹寧布,再回到服飾店內供客人租借,成為循環經濟的具體實踐。「這個概念讓我思考,也想帶回家和年輕世代分享,『我們是否真的需要擁有全部的東西?』」來自吐瓦魯的學員Melissa Ako表示。

開拓視野,培養未來人才

台灣有超過九萬個以上的非政府組織(NGO),領域多元,涵蓋教育、醫療、環境、農業等。他們的腳步遍及全球,將台灣的經驗與技術散播到每個需要的角落。過去幾屆外交學院都是安排參訪各個NGO或邀請單一機構前來演講。本屆嘗試改以NGO論壇的方式進行,在外交部NGO國際事務會居間聯繫下,邀請羅慧夫顱顏基金會、慈濟基金會、願景青年行動網協會、中華民國野鳥協會、慈心有機農業發展基金會及動物園保育基金會6個NGO組織,與學員分享他們的經驗與熱情。

大部分的學員都對台灣在國際上的醫療援助、人道關懷不陌生,但他們並不知道台灣在有機農業、環境保護、動物保育這些方面,也有蓬勃發展的NGO組織。來自帛琉的Jade Cruz就分享道,她來台灣之前從沒想過要參與農業,但在培訓課程裡了解台灣有機農業的發展,還有對環境保護所做的努力,讓她想將有機農業的訊息帶回家鄉,並開始關注農業、食品安全的議題。

不同於一般培訓計畫,多強調個人能力的提升,太平洋島國青年領袖培訓計畫強調的是能為自己的城市、國家、民族甚至是世界帶來成長與幫助。夏威夷東西中心派赴來台的隨團助教Philippe Lemonnier就提到,許多學員來台灣打開了眼界,他們知道自己可以做的更多、更不一樣 ,在台灣的經驗協助他們回國後取得碩士、博士學位,有些人因而創業或是成立NGO,他們都是因為來過台灣而開始有所行動。

東西中心教育處助理計畫員Lori Con­cep­cion也分享:「有位參與第四屆太平洋島國青年培訓計畫的學員,回國後實際在自己的社區進行一個協助女性的計畫。」將他在台灣所學化為實質影響力。

曾是第二屆學員的Philippe,就是因為參加太平洋島國青年領袖培訓計畫而有了不一樣的人生。原本是律師的他,在台灣4週的課程更開拓了他的視野。回國後他建立了TED×Papeete平台,為家鄉帶來許多振奮人心的演講。現在他還創業成立「Pacific Ventury」,透過各種課程規劃及工作坊,幫助企業或個人找到生活的熱情,提升領導力與潛能發展,做好迎接未來挑戰的準備。

誠如副總統陳建仁在接見本屆學員時所提,「透過合作,共同面對氣候變遷、永續發展、環境保護及潔淨能源等當今最為迫切的挑戰,我們就是要培養傑出的領袖,以因應這些挑戰。……唯有未來的領袖,才能在本土價值和現代社會的需求之間取得平衡。」期望他們有更高的視野與智慧,帶領太平洋的居民甚至是地球上的人們,走向更美好的生活。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!