Ready to Shine on the World Stage

:::

2017 / August

Ivan Chen /tr. by Scott Williams



With the height of summer upon us, Taiwan’s athletes are preparing to shine like the sun at the Tai­pei Universiade. Taiwan Panorama has invited an array of experts to provide readers with a broader view of this year’s games, an event that will introduce many visitors from abroad to Taiwan’s boundless capabilities.

We have done so in pursuit of Taiwanese perspectives that engage with the larger world, and of an athletic spirit which transforms mutual respect into friendship and the further pursuit of excellence. Our cover feature also includes a story on the innovative approaches to holding this year’s Universiade, information on some of the competing athletes, and veteran sports administrator Wu Ching-kuo’s assessment of Taiwan’s prospects in international competition.

Everyone has had their own personal experience of suffering, and still carries those wounds in their heart. In our Television and Film section, we introduce A Boy Named Flora A, a darkly comedic TV show that explores those wounds and has enjoyed a whirlwind of popularity in Taiwan. The brilliant performances of the show’s cast, which includes singer Crowd Lu and veteran actor Tsai Chen-nan, as well as Long Shao-hua, Ko Shu-yuan and Kang Kang, have whetted appetites for more Taiwanese-style programming.

The vegan trend sweeping the globe ties together a number of environmental issues. Taiwan has been an active participant in the trend, the long-term promotion of which by NGOs such as Meat Free Monday Taiwan and the Wilderness Foundation Formosa has drawn international attention to our vegan and green revolutions.

This month’s Artists and Artisans section features a story on Kuo Chin-chih, a sculptor who has spent his career pioneering the field of modern Taiwanese sculpture by combining concrete and abstract elements in innovative ways. Meanwhile, Urban Spaces takes readers through the Lightbox Photo Library, an adventurous experiment in library design that turns the staid stereotype of the library on its head. In addition to enabling visitors to read or study on their own, the library provides photo­graphy enthusiasts with a space to meet and talk, encouraging Taiwan’s photo­graphy community to be both more self-aware and more self-determining.

Taiwan’s many points of pride are familiar to all who live here, and influence how foreign visitors understand this place. This issue of Taiwan Panorama illuminates our island through a variety of lenses, from sports and television to veganism, sculpture, and design. Taiwan’s inclusiveness and willingness to embrace others, no matter the language they speak, is part of what makes it special.

The summer heat may be sweltering, but the passion of Taiwan’s people is hotter still.

Relevant articles

Recent Articles

繁體 日本語

台灣之光,世界發聲

文‧陳亮君 翻譯‧Scott Williams


迎來盛夏,台灣好手已準備就緒,於2017年世界大學運動會中綻放光芒。也讓外國人士,藉由此次盛會,感受台灣這座島嶼所蘊含的無限能量。為了更深刻體驗世大運,《光華》本期邀請體育、策展、旅遊、音樂、設計、吉祥物等達人,提供您觀看世大運的另類觀點。

也嘗試尋找一種在地,卻同時能與世界對話的語言,更是由「尊重」衍生「友誼」,進一步追求「卓越」的體育精神。除了各界達人,《光華》也報導了本屆世大運舉辦的創新模式與選手資訊,以及體壇大老吳經國對台灣國際賽事的展望,讓本期封面故事精彩可期。

*       *       *

每個人的心裡,都存有自己專屬的那份苦楚與悸動,那是心裡最柔軟的一塊。「影耀國際」介紹《花甲男孩轉大人》所引起的旋風,包括音樂人盧廣仲與老戲骨蔡振南的深刻對戲,以及龍劭華、蔡振南、柯叔元、康康等硬底子演員的精采演出,從類型劇拍攝、文創跨界應用著手,創造台灣類型劇風潮。

Vegan風潮,結合環保議題,現正席捲世界上的各個角落,而台灣於這股風潮中,非但沒缺席,經由「台灣週一無肉日」、「荒野基金會」等NGO組織的長年推動下,台灣的綠色蔬食與環保革命,正讓世界刮目相看中。

「技臻藝境」郭清治用其一生,結合具象與抽象元素,不斷思索與突破,拓展出台灣現代石雕的新領域。「城市空間」則帶領讀者扭轉傳統圖書館的刻板印象,「不只是圖書館Not Just Library」,而是一場場充滿冒險精神的實驗。此外,可以閱讀、自主學習,供攝影同好會晤討論的「Lightbox攝影圖書室」,讓攝影能量匯集,使台灣攝影文化自覺也自決。

*       *       *

台灣之光,是居住於這塊土地上的共同記憶,也是外國人士了解台灣的重要印象。八月的《光華》,從世大運、台劇、蔬食、雕塑、設計等面向,向世界發聲。在這塊土地上,無論是誰,用什麼語言,正是因為有這種包容性,才能讓這座小島與眾不同。

暑氣逼人,但台灣民眾的熱情,更甚暑氣。

台湾の輝きを世界へ

文・陳亮君 翻訳・山口 雪菜


盛夏を迎え、台湾のアスリートたちの準備も整った。2017年夏季ユニバーシアードが台湾で開催される。この大会を機に、多くの外国人も台湾のエネルギーを感じることだろう。今月号の『光華』では、スポーツ、キュレーション、旅行、音楽、デザイン、マスコットなど各分野の達人を招き、さまざまな角度からユニバーシアードの楽しみ方を語っていただいた。

これを機に、世界共通の言語を見出し、「尊重」から「友好」へと広げ、互いに高め合っていくスポーツマンシップを見つめなおしたい。今月号では、各界の達人にアドバイスをいただくと同時に、今大会での新たな試みや注目選手の情報をお伝えし、また、台湾スポーツ界の重鎮である呉経国氏に、台湾における国際大型競技大会開催の展望を語っていただいた。

*             *             *

誰の心にも、苦くて敏感なものがある。今月号の「台湾の映像産業」では、ブームを巻き起こしたテレビドラマ『花甲男孩転大人』をご紹介する。ミュージシャンの盧広仲とベテラン俳優の蔡振南の絡み、そして脇を固める龍劭華、柯叔元、康康といった演技派俳優が素晴らしいドラマを見せる。ジャンルを超えた連携が、台湾ドラマに新たな世界を開いた。

世界では、地球環境にやさしい菜食主義、Veganがブームになっているが、その流れの中で台湾が注目を浴びている。「ミートフリー・マンデー」や「荒野基金会」などのNGOによる努力の下、台湾の菜食主義と環境革命が世界から注目されている。

「美術と工芸」では、彫刻家・郭清治の作品とその人生に触れていただきたい。抽象と具象の融合など、郭清治は常に現状を打破して台湾現代彫刻に新たな世界を開いてきた。

「アーバン・スペース」では、従来の図書館の概念を打破する二つの図書館をご紹介する。「不只是図書館(図書館というだけでなく)」は実験精神に満ちた空間。「Lightbox写真図書館」は、学びの空間であり、写真愛好家が対話する、台湾の写真文化の自覚と自決の空間である。

*             *             *

台湾の輝きは、この土地に暮らす人々の共通の記憶であり、台湾を訪れる人々にとっては記憶に残るイメージとなる。今月の『光華』はユニバーシアード、テレビドラマ、ビーガン、彫刻、デザインなどを通して台湾を世界にご紹介する。どの民族も、どんな言語も、この土地では互いを受け入れ、包容する。これこそが、台湾の特色と言えるだろう。

この夏の猛暑を、人々の情熱が弾き飛ばしていく。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!