Happen Coworking Space: A Social Innovation

:::

2015 / July

Chang Chiung-fang /photos courtesy of Chuang Kung-ju /tr. by Scott Williams


In December 2013, two women converted an old building in Taichung’s old downtown area into a coworking space that they hoped would function as a nexus for social innovation and neighborhood transformation. Having prepared the soil, the women, Chiu Chia-yuan and ­Chang Pei-chi, sowed, watered, and waited to see what they might reap from their Happen Coworking Space.


Once every week, Happen Coworking Space hosts an open house and group lunch. The Monday event enables people seeking to work or network to use the space’s first floor free of charge. Those willing to contribute to the cost of ingredients can also share in and socialize over a group lunch.

This week, management intern Liu Nai-hua is taking her turn as “chef.” Liu, a Chinese major at Feng Chia University with an interest in social innovation and social entrepreneurship, says she became aware of and began participating in events at Happen during her sophomore year at Feng Chia. Two years later, she decided that she wanted to better understand the space’s business model and applied to become a management intern.

Neal ­Cheng, a 27-year-old designer attending today’s open house, says that this is his second lunch at Happen and his fourth visit. ­Cheng works in brand design, managing everything from product development, marketing and packaging to graphic and web design at his Ripple Design Studio. “Running your own one-person studio really limits your social circle. Coming here lets me meet people, socialize, and trade information,” he says.

The mother and daughters behind Wang’s Culinary Delight are regulars. Mother Wang Guo­fang says: “We’ve been coming since November of last year. It’s full of ‘hidden dragons’—all kinds of very talented people from a variety of fields.”

Social enterprise

Located on Tai­chung’s ­Minzu Road, Happen occupies a 70-year-old building that has been compared to the Ruins of St. Paul’s in Macao.

Chiu and Chang were drawn to the former law office by its beautiful façade, and were thrilled when they succeeded in leasing it. They were also pleased with the renovations that followed, which preserved the charm of both the façade and the courtyard.

Happen’s first floor houses eight unusually shaped tables, each modeled on one of Tai­chung’s downtown districts, that can be assembled jigsaw fashion into a larger table shaped like the old Tai­chung City (before it was merged with the old Tai­chung County to form today’s Tai­chung City). These “district” tables can be used independently, or grouped together for larger gatherings.

The first floor also has a kitchen, making it a great venue for chatting, sharing information, and holding meetings. The second floor is home to Happen’s long-term “tenants” and provides them with a quieter workspace. As community manager Sandra Jan says: “We’ve created an environment very different from that of the typical office.”

Given that Chiu studied sociology and ­Chang studied finance, it’s hardly surprising that they would develop social enterprise ideas together. Chiu says that she and ­Chang met in a social innovation class taken during the second semester of their senior year. While working together on the class’s final project, they realized they wanted to do more than simply write a report, and spent another year and a half bringing their project to life in the real world.

Jan, a high-school classmate of Chiu’s, originally started at Happen as a volunteer, but ended up giving up her teaching job and taking a paid position on the team at the beginning of this year. “I like the free-flowing interactions. The people at Happen are all either my friends or in the process of becoming my friends, and I appreciate the way their stories have broadened my perspective.”

Who are the clientele?

Happen charges a monthly “rent” of NT$3,500 for unlimited, around-the-clock access to its space, and offers discounts to “tenants” who pay for six or more months in advance. It also offers “roving” ten-day passes for NT$1,800.

Jan says that they currently operate at only 30–40% of their capacity, that their typical “lease” runs three to six months, and that most customers prefer the “roving” option. In fact, they have roughly 30 such “roving” tenants.

She adds that most of their early adopters were young people who wanted to pursue social innovation. However, they came to realize that Taichung was still new to the idea of using social innovation to resolve social issues, and that they needed to start by raising awareness of the concept.

The space’s client base is so small that they rarely turn anyone away, and their tenants have included everyone from photographers and event planners to designers and magazine writers. Currently, their principal clients include a team from ­iCHEF (a vendor of tablet-based ordering systems) and the mother-and-daughters team behind Wang’s Culinary Delight.

Ivy ­Hsueh, the local borough chief, also happens to work out of Happen.

A musician and painter by trade, ­Hsueh moved into Tai­chung’s old downtown area, found it fascinating, and decided to remain. She also decided to run for borough chief, and planned to use art to transform the community.

She started working from Happen after winning the November 2014 election, and went on to lease a space next door for a neighborhood music venue. “The locals coming in every day looking for the borough chief have helped spread understanding of what Happen does. It’s helped build more connections between the coworking space and the community,” says Jan.

Wang’s Culinary Delight

For its part, Wang’s Culinary Delight happens to share Happen’s core values.

Wang Guo­fang and her two homeschooled teenage daughters, ­Xingyi and Pin­jie, founded the business in 2011 following a family misfortune.

“Happen is a very warm place with a family atmosphere, and even has a kitchen. It’s perfect for us.” Wang says they spend an hour and a half getting to Happen every day, then work there until seven in the evening, primarily picking people’s brains. “We know food but don’t understand sales and marketing. Happen provides lots of opportunities to learn.”

They created the Wang’s Culinary Delight brand in April 2015, and built its product line around healthy versions of prepared foods such as lu­wei (items simmered in soy sauce), braised tofu, oat cakes, and sweet red beans.

“The kids’ cooking skills improved once they started helping. Now they cook better than I do!” Wang says that her younger daughter Pin­jie’s specialty is braised stinky tofu.

Xingyi, their “sales director,” often cooks in Happen’s downstairs kitchen, using her food as an icebreaker. “One time, [author] Liu Ka-­shiang happened to be having a meeting here while I was cooking,” recalls ­Xingyi, “so I offered him some of the soy-simmered dried tofu I’d just made. He liked it and kept going back for more, so I decided to tell him the story of Wang’s Culinary Delight. I didn’t expect him to write a piece about us, publish it in the newspaper, and even include it his most recent book. I was surprised and very moved.”

Old town reborn

Beyond operating their coworking space, Chiu and ­Chang are deeply committed to promoting the concept of social innovation and the revitalization of Tai­chung’s old downtown.

Jan explains that Tai­chung originated on the site of the old downtown, but the area went into decline when the business community followed City Hall to the Xi­tun District. Residents moved away and shops closed. Though the renovation of the old Mi­ya­hara building succeeded in creating buzz, it has so far proved to be a one-off that has yet to spark a broader revitalization. The 20-story residential and commercial tower across the street, for example, currently houses only four families.

What needs to be done to rejuvenate the area? And what exactly is Happen’s social innovation?

In the year and a bit since its establishment, Happen has hosted a variety of events aimed at reintroducing people to the area.

“We’ve learned that the neighborhood is still home to many artisans and many old buildings. We’ve also learned that Tai­chung was Taiwan’s first planned city.” Jan says that under Japanese colonial rule the city’s urban planning was modeled on that of Kyoto, with bridges ­every few paces to enable traffic to cross its many rivers and streams. Unfortunately, few people in modern Tai­chung know its history and stories.

They therefore created their “Life in the Old Town for 30 Days” event, stitching together a variety of venues and activities, including tree planting, dance, movie theaters, citizen forums, photography exhibits, reading clubs, and the Mi­dori-kawa Market, into an experience highlighting the area’s unique culture and value. The Mi­dori-kawa Market, an open-air market consisting of stands run by invited downtown businesses, has proved especially popular. A feature of three consecutive “30 Days” events, the market has grown rapidly, from just eight vendors at the first in the summer of 2014, to 50 at the most recent in the spring of 2015.

Happen also organizes occasional walking tours that it calls “Little Tours of the Old Town.” Although the stalls, shops, and restaurants catering to the community of Southeast-Asian laborers that live in the First Plaza neighborhood make it a fascinating stop on the tour, Happen recognizes that some people aren’t comfortable visiting immigrant neighborhoods.

“But the place is just brimming with life.” Jan says that Happen surveyed the area’s shops, planned a new route focused exclusively on the neighborhood, and launched it in April 2015.

The entrepreneurial path

Every coworking space has its own unique character. In Happen’s case, this character stems from its connections to the community and its social-innovation approach to community work.

Jan says that although Happen isn’t currently drawing many social innovators to its workspace, working here provides people with a better understanding of the Old Town and greater capability to do things on its behalf. For example, a photographer who used to work here photographed the neighborhood’s elderly craftspeople, then raised awareness by exhibiting their photos at Happen.

Since May, Happen has been hosting “Speak Your Dreams Aloud” gatherings every Saturday. The subject matter is wide open, and to date has covered topics as varied as Malaysian ethnic diversity, volunteering in the Indonesian rainforest coffee industry, and good posture and etiquette. In addition to giving ordinary people the chance to voice their dreams, it also provides them with opportunities to engage with professionals in a wide variety of fields.

Jan reveals that Happen will also be participating in a Tai­chung City Government effort to build an entrepreneurship platform for young people. She says that Happen is now working intensively on preparing resources and developing partnerships with industry to support the project.

In the future, they also plan to move beyond simply providing a warm and open working environment. Chiu and ­Chang’s vision for Happen is to have it connect people to the kinds of resources and professional communities that will enable them to “happen” onto the entrepreneurial path.

 

Relevant articles

Recent Articles

繁體 日本語

好伴駐創,社會創新

文‧張瓊方 圖‧莊坤儒

2013年12月,邱嘉緣與張珮綺兩位台中女孩,將舊城區一棟老宅活化為共享空間,創辦「好伴駐創」,以此做為社會創新與實踐的基地,辛勤播種、灌溉,靜候社區轉變發生(Happen,好伴的英文名字)。


週一是好伴駐創的伴工與共食日,這一天,一樓的空間開放免費使用,可在此工作或交流,中午只需分攤材料費用,就可以在這裡共食,交朋友。

伴工與共食

這星期輪到第6屆實習店長劉乃華掌廚,她費心為大家準備了關廟乾拌麵、洋蔥炒蛋、炒四季豆、蒸臭豆腐、芭樂切盤,清爽可口。

就讀逢甲大學中文系的劉乃華說,自己對於社會創新和社會企業很感興趣,大2起就開始關注好伴,成為粉絲、參加活動,到了大4下學期,她想更進一步瞭解好伴的運作模式,所以就來應徵當實習店長。

共食的目的不在吃,溝通交流才是重點。

77年次的鄭之皓是第4次來好伴、第2次參加共食。他自營水波設計工作室,從事產品開發、包裝、平面、網頁、行銷等品牌設計工作。「自己做工作室交友圈比較狹隘,來這裡可以多認識朋友、交流新資訊,否則太封閉了。」鄭之皓說。

從事保險業務的芝萍,固定每星期一來好伴工作與共食;長期進駐的妞妞小鋪,母女3人也是固定班底。

媽媽王國芳說:「從去(2014)年11月進駐到現在,發現這裡有各路英雄好漢,臥虎藏龍。我們很幸運遇到許多願意幫助我們的人,進步很多。」

妹妹王品潔說:「我們原本就是自學家庭,所以跟媽媽一起創業,到處學習,現在又可學到與經營相關的東西,是在學校不可能接觸、很棒的體驗。」

另一位實習店長洪佳宜,是逢甲大學公共政策系的在學生,因逢甲社會企業講座邀請好伴的創辦人張珮綺演講,因而認識了好伴,參加好伴舉辦的綠川市集後,決定來擔任實習店長。

好伴的「設計企畫專案」陳冠蓉說,自己因家庭因素去年11月由台北回到故鄉台中,意外經過好伴,查詢後發現好伴的募資背景與自己的理念很相似,在台北從事都市再生計畫設計工作的她受邀加入好伴,目前正著手執行與舊城再生相關計畫。

社會加財經=社會企業

好伴駐創座落在號稱媲美澳門大三巴的「台中大三巴」──中區民族路一棟有七十多年歷史的老房子裡。

這棟老屋原是一家律師事務所,921地震後僅存門面完好,好伴在尋找落腳點時被它漂亮的門面所吸引,透過地籍圖循線找到搬遷至高雄的屋主,幸運獲得屋主首肯出租,翻修改建後,門面與天井的格局都被保留了下來。

好伴裡奇形怪狀的桌子也有故事。它們名為「台中桌」,是將台中各區以拼圖的形式拆解成8張桌子,可以拆開獨立使用,也可以併成一個大會議桌,變化多端。

兩層樓的空間,樓上規劃為安靜工作的處所,提供給長期進駐者;樓下的廚房或工作桌則是聊天、交流、開會的場所。「我們營造的是與一般辦公室不同的情境。」店長詹怡嘉說。

每個共同工作空間有其不同特色,從好伴選擇老宅、設計台中桌,都可以清楚看到「社區」的意涵。而好伴的兩位創辦人:邱嘉緣學的是社會學;張珮綺學財經,結合在一起,社會企業的概念自然成形。

邱嘉緣表示,大4下學期與張珮綺在一門社會創新的課堂上認識,兩人一起合作完成期末報告後,決定讓報告不只是一個紙上作業,於是又花了一年半的時間讓它實踐。「我們在台北、台中各地試點,最後決定留在家鄉台中,以好伴駐創的形式實踐我們對社會或工作的理想。」邱嘉緣說,台北的點──家家酒,就留給另一個團隊繼續經營。

店長詹怡嘉是邱嘉緣的高中同學,一開始是好伴的志工,今年初乾脆辭掉教師工作,正式成為好伴的一員。「我很喜歡這裡自由交流的感覺,這裡的人要嘛是我的朋友,要嘛就是即將成為我的朋友,大家的生命故事打開我對生命的看法。」

誰來好伴?

好伴的月租費為台幣3,500元,一次租6個月以上可享優惠;游牧價是1,800元,可使用10天,什麼時候來都可以。

店長詹怡嘉表示,月租的出租率目前大約只有3~4成,租期大約3~6個月;選擇游牧方式者較多,約三十幾位。「現在還在推廣階段,因為台中地價較便宜,共同工作空間的需求相對較低。」

詹怡嘉指出,一開始好伴所設定的工作空間客群是想要做社會創新的年輕人。後來發現,利用創新方式解決社會問題的意識在台中還不普遍,得從推廣做起。

由於客群不多,這裡幾乎是來者不拒,先後曾有攝影師、活動企畫師、設計師、雜誌作家進駐工作。目前好伴駐創主要進駐者有專營平板點餐系統的I CHEF 團隊,以及單親媽媽王國芳帶著一雙女兒馨儀、品潔共同創業的妞妞小鋪。

更特別的是,所在地綠川里里長薛雅文也在好伴辦公薛雅文是受到好伴吸引而來的音樂及彩繪藝術家,她進駐中區創作後,發現中區有很多有意思的東西,決定留下來參選里長,計畫用藝術來改變社區。

去年11月薛雅文當選後,進駐好伴,並在隔壁租屋打造社區音樂空間。詹怡嘉說:「現在每天都有里民進來這裡找里長,慢慢越來越多人瞭解好伴在做什麼,讓這個共同工作空間與社區有了更多的連結。」

妞妞小鋪

妞妞小鋪則是另一個與好伴核心價值契合的創業團隊。

王國芳帶著兩個十幾歲的女兒進駐好伴創業,馨儀、品潔姊妹分別在小3、小4申請在家自學至今,2011年,因家庭變故,母女3人決定攜手創業。

「這裡很溫馨,有家的感覺,更難得的是有廚房可以使用,非常適合我們。」王國芳指出,每天早上七點半出門,搭公車轉火車,花一個半小時來到好伴,一直忙到晚上7點好伴關門才離開,為的是與人交流。「我們只會做食物,不懂行銷,在這裡有很多學習機會。」王國芳說。

無論食材選用或烹調細節,她們都很講究,非有機認證或天然食材不用,也沒有添加物。幾經研發,今年4月她們自創品牌「六一膳房」,「意思是將煮、滷、悶、蒸、醃、熬6種烹調手法集於一心。」主推產品是滷味、紅燒豆腐、燕麥糕、蜜紅豆等健康熟食,以店交或冷凍宅配方式販售。

「我想做出讓人眼睛一亮、印象深刻的產品,因此選擇杏鮑菇、陶立克(神似希臘神柱造型,取其英文名字)、非基改豆干,做成滷味、紅燒臭豆腐。」

「孩子一開始是幫忙做,漸漸的越做越好,現在甚至做得比我還好。」王國芳說,紅燒臭豆腐就是妹妹品潔的拿手好菜。

掛名業務總監的姊姊馨儀,常常在樓下廚房烹調食物。她說,不管誰進來,都可以用食物跟他們交流。「有一次在做食物時,剛好劉克襄老師來這邊開會,我請他吃剛做好的滷豆乾,他一吃就很喜歡,一直吃,我心想,既然老師這麼喜歡,就簡單跟他說一下我們的故事,沒想到他幫妞妞小鋪寫了一篇文章,刊登在報上,還收進最近出版的一本新書裡,我很驚喜、很感動。」馨儀說。

舊城再生

除了經營共同工作空間外,以在地社區為念的好伴,花更多心力推廣舊城(台中中區)再生與社會創新理念。

「我們首先看到的是台中中區的沒落,」詹怡嘉指出,中區其實是台中的發源地,但近年隨著市政中心轉移到西屯區,整個商業圈也跟著轉移,舊城區開始沒落,人口外移,店家紛紛關門歇業,即便老建築「宮原眼科」成功創造了話題,但也僅止於單點,並未出現區域繁榮的效果,例如,對面二十層樓高的住商混合大樓──千越大樓,裡面只有4戶人家。

如何讓舊城再生?好伴的社會創新又是什麼?

所謂的社會創新,指的是跳脫以往募款、捐款的方式,而以社會學的知識與行動解決社會問題。

詹怡嘉以柬埔寨的「幸運小鐵魚」為例,因當地貧窮,婦女與小孩嚴重貧血,加拿大醫學生查爾斯建議當地人煮飯時放入一小塊鐵,改善貧血問題。但大家不願意煮飯時放入一塊黑黑的鐵,查爾斯發現魚是當地人的幸運物,於是做成小鐵魚的形狀,接受度大增,貧血問題也獲得改善。

好伴創立一年多來,舉辦了各式各樣的活動,要把人帶進舊城區、重新認識舊城區。

「我們發現這一區存在很多手工藝職人、老建築,是全台灣第一個有都市計畫的城市。」詹怡嘉說,台中當年的都市計畫仿造日本的京都,有很多河川流經都市,每走幾步路就要過橋。這些故事和歷史,很多台中人都不知道。

綠川市集

「生活在舊城的30天」活動,結合植栽、舞蹈、都市電影院、公民論壇、攝影展、讀書會、綠川市集……等活動,串連起舊城獨特的文化與價值。

其中邀請舊城的筆店、蜜豆冰本鋪……等老店來設攤的「綠川市集」,更是連續辦了3場,從去年夏天第一場只有8個攤位,到最近春季場已增加到50個攤位,非常受歡迎。

此外,好伴不定期舉辦「舊城小旅行」,帶大家走進舊城區,重新看這個台中的發源地。

台中是全台移工人口第3多的城市,在舊城區的「第一廣場」,有個外籍移工聚落,裡面聚集了很多東南亞攤販、商店與美食。有人可能會認為那裡外籍移工聚集,很髒亂,不太敢去。

「其實那裡是一個充滿生命力的地方。」詹怡嘉說,好伴進去做田野調查,訪問店家,並規劃出一條路線,在 4月中舉辦一場「舊城小旅行──一廣漫遊記」,帶領大家走進一廣,當天晚上還邀請在一廣開餐廳的菲律賓籍老闆娘,來好伴教大家做菲律賓菜。

那次田野調查時訪問店家,發現豐富的故事內容沒有機會在小旅行活動中呈現,於是在5月舉辦特展,在夢幻、異國色彩,又帶點辛酸糾葛的彩繪牆面上,訴說16個一廣店家的故事。

每一個共同工作空間都有自己的味道,好伴的特色在於跟社區在地的連結,及其以社會創新模式推展的社區工作。

創業路上的「好伴」

詹怡嘉指出,好伴的工作空間目前雖然沒有吸引到那麼多跟社會創新有關的人,但在這裡工作的人,會更瞭解中區,進而為中區做點什麼事情。例如之前進駐的攝影師,去訪問了中區的老職人,為他們一一拍照留影。

一位紐西蘭籍的雜誌作家,進駐期間曾教大家做起司球,催生了好伴「素人舞台」的構想。5月起,每週六好伴提供一個「讓夢想被說出口」的分享舞台,主題不設限,從談馬來西亞的多元族群、青年設計團隊為高雄年貨大街做包裝與品牌設計、印尼雨林咖啡擔任志工的經驗,到美姿美儀……等等,讓素人大聲說出自己的夢想,與各路英雄有更多交流的機會。

此外,詹怡嘉透露,台中市政府要建構一個青年創業平台,好伴標到了該案,接下來要緊鑼密鼓進行籌備工作,提供實體與軟體的資源,並與業界結合。未來的好伴駐創除了溫馨、自由的工作氛圍外,會有越來越多不同專業的社群與資源聚集,成為越來越多人創業路上的「好伴」。

ソーシャル・イノベーションを試みる好伴駐創

文・張瓊方 写真・荘坤儒

2013年12月、台中の2人の若い女性――邱嘉縁と張珮綺は台中市旧市街地の古い建物を改装してシェアスペースを設け、「好伴駐創(Happen)」と名付けた。ここをソーシャル・イノベーション実践の基地とし、種をまいて地域社会に変化を起したいと考えている。


月曜日は好伴駐創の食事会の日である。この日、1階は無料で開放されて仕事や交流の場となり、昼は材料費さえ出せば、ここで一緒に食事をしながら友達を作ることができる。

仕事も食事も一緒に

この日は、第6期実習店長の劉乃華が調理を担当した。関廟麺、タマネギの卵炒め、インゲン豆の炒め物、蒸した臭豆腐、デザートにグアバと、あっさり味のメニューだ。

逢甲大学中文学科に在学中の劉乃華は、ソーシャル・イノベーションや社会的企業に興味があり、大学2年の時から好伴駐創に注目し、イベントに参加してきた。そして大学4年の下半期に好伴駐創の経営モデルをもっと知りたいと思い、実習店長に応募したのだと言う。

食事を共にするのは交流のためだ。

1988年生まれの鄭之皓が好伴駐創へ来たのは4回目、食事会に参加するのは2回目だ。彼は水波デザイン工作室を経営しており、商品開発、パッケージ、グラフィックデザインやサイトデザイン、マーケティングなどを行なっている。「自分の事務所だけにいると交友が限られるので、ここで多くの人と出会って情報交換しないと外部から閉ざされてしまいます」と言う。

妞妞小鋪の母娘3人は長期にわたって好伴駐創を利用している。母親の王国芳は、2014年11月に入居して以来、ここで多くの人に出会い、サポートしてもらってきたという。

もう一人の実習店長、洪佳宜は逢甲大学公共政策学科の学生だ。大学の企業講座で、好伴駐創を創設した張珮綺の講演を聞いたのがきっかけで、店長を務めることになった。

社会+経済=社会的企業

好伴駐創は台中市中区民族路、マカオの聖ポール天主堂跡(大三巴)に対して「台中の大三巴」と呼ばれる70年の歴史を持つ古い建物にある。

かつては弁護士事務所だったが、1999年の台湾大地震で通りに面した壁面以外は倒壊していた。その美しい壁面が気に入って家主と交渉し、壁面と吹き抜けを残して改築したのである。

好伴駐創にある奇妙な形の机にも物語がある。これは「台中テーブル」と呼ばれ、台中市の各区の形をした8つの机をそれぞれ分けて使うこともできれば、つなげると会議用の大きなテーブルになるというものだ。

2フロアにわたる空間の、2階は静かなワーキングスペースとして入居者に提供し、1階には厨房とテーブルがあって交流や会議に使われる。普通のオフィスとは違う空間を創り出していると店長の詹怡嘉は言う。

古い建物を再利用し、台中テーブルを配していることなどから、好伴駐創が「コミュニティ」を意識していることがうかがえる。二人の創設者、邱嘉縁と張珮綺はそれぞれ社会学と財政経済を専攻しており、その二人が組み合わさると、自ずと社会的企業に結びつく。

邱嘉縁と張珮綺は大学4年の時にソーシャル・イノベーションの授業で出会い、二人は一緒に期末レポートを完成させた。そのレポートを机上のままで終わらせたくないと考え、一年半をかけてそれを実践してきたのである。「台北と台中の各地で試みましたが、最終的に故郷の台中を選びました。好伴駐創を通して社会と仕事の理想を実践していきたいのです」と邱嘉縁は言う。

店長の詹怡嘉は邱嘉縁の高校の同級生で、最初は好伴駐創のボランティアだったが、今年初に教員の仕事を辞めて正式にメンバーに加わった。「自由に交流できる雰囲気が気に入っています。友人や、これから友人になる人ばかりで、皆の人生が私の人生観も変えてくれます」と言う。

好伴駐創の料金は月額3500元、6カ月以上の利用を申し込めば割引がある。10日間いつでも利用できる「ノマド」料金は1800元だ。

店長の詹怡嘉によると、月極めでの入居率はまだ3~4割で、入居申し込み期間は3~6カ月。ノマド方式の利用者は30数人である。台中は家賃が比較的安いので、コワーキングスペースの需要は台北ほど高くはない。

入居メンバー

詹怡嘉によると、当初はターゲットをソーシャル・イノベーションに取り組む若い世代に設定したが、台中では革新的な方法で社会問題を解決するという意識がまだ普及しておらず、概念の普及から取り組まなければならない。

利用者が多くはないので来る者は拒まない。カメラマン、イベントプランナー、デザイナー、ライターといった職業の人も利用している。現在の主な入居者は、レストラン用タブレットメニュー注文システムを開発するI CHEFのチームだ。

もう一人、特別なのは地元・緑川里の里長である薛雅文もここを利用していることだ。彼女はもともと音楽と絵画を専門とするアーティストで、ここで創作をするようになって中区の魅力を知り、地元の里長に立候補したのである。芸術を通して地域を変えたいと考えている。

昨年11月、薛雅文は里長に当選して好伴駐創に事務所を置くこととなり、隣の家を借りて音楽空間にした。「地域住民がここへ里長を訪ねてくるので好伴駐創が何をしているのか知られるようになり、コワーキングスペースと地域社会の結びつきが深まりました」と詹怡嘉は言う。

妞妞小鋪

「妞妞小鋪」も好伴駐創と価値をともにする起業チームである。

妞妞小鋪は王国芳が十代の二人の娘とともに好伴駐創に入居して創設した。二人の娘、馨儀と品潔はそれぞれ小学3年と4年の時にホームスクーリング(自宅学習)を申請して今日に至る。2011年に、家庭の事情があって母娘3人で事業を起こすことにした。

「ここは家のような温もりがあり、厨房も使えるので私たちに合っています」と王国芳は言う。毎朝7時半に家を出てバスと鉄道で1時間半かけて出勤し、夜7時まで好伴駐創で過ごす。「調理はできますが、宣伝や販売のことは分からないので、ここでいろいろと勉強できます」と言う。

今年4月、彼女たちは「六一膳房」というブランドを打ち立てて煮込みや煮豆など、ヘルシーな料理を販売し始めた。

「娘たちは最初は手伝いだけでしたが、今では私より上手に作れます」と王国芳は言う。豆腐の醤油煮は娘たちの得意料理だ。

営業を担当する姉の馨儀は、1階の厨房で調理しながら人々と交流している。「調理中に、作家の劉克襄先生が会議のためにいらしたので豆腐の煮物を食べていただいたら、おいしいと言ってくださり、私たちの物語をお話ししたら、妞妞小鋪のことを新聞や本の中でも紹介してくださったんです」と嬉しそうに話す。

旧市街地の再生

好伴駐創はコワーキングスペースであるだけでなく、地域、特に台中中区の旧市街地の再生とソーシャル・イノベーションに力を注いでいる。

詹怡嘉によると、中区は台中市で最も早くから発展した地域だが、近年は市政の中心が西屯区に移るとともにビジネスエリアも移り、旧市街地は衰退し始めた。人口は流出し、商店もシャッターを下ろしている。古い建築物「宮原眼科」の再利用は話題になったが、注目されているのはその一カ所だけで、地域全体の繁栄にはつながっていない。例えば、向かいにある20階建ての雑居ビル、千越ビルには4世帯しか入居していない。

では、どのように古い市街地を再生させるのか。好伴駐創では、社会学の知識と行動を活かして社会問題を解決するソーシャル・イノベーションを通して街を活性化させようとしている。

詹怡嘉はカンボジアの「鉄の魚」を例に説明する。貧しいカンボジアでは女性や子供の鉄欠乏性貧血が深刻なので、カナダの医師が調理の時に鍋に鉄の塊を入れるよう指導した。ところが、それを嫌がる人が多かったので、鉄の塊を地元で縁起が良いとされる魚の形にしてみたところ、多くの人がこれを使うようになり、住民の貧血が改善されたのである。

設立から一年、好伴駐創ではさまざまなイベントを企画して人々に旧市街地を紹介してきた。

「この地域には工芸職人が大勢いて、古い建築物も多く、台湾で初めて都市計画が実施されたエリアなのです」と詹怡嘉は言う。台中の当初の都市計画は日本の京都に倣ったもので、多くの川が流れていて、たくさんの橋があった。だが、こうした歴史や物語を台中市民の多くは知らない。

緑川マーケット

「旧市街地で30日暮らす」というイベントは、植栽や舞踊、映画館、フォーラム、写真展、読書会、緑川マーケットなど、旧市街地の独特の文化と価値を総合したものだ。中でも、旧市街地の老舗が出店する緑川マーケットはこれまでに3回行なっている。昨年の夏に初めて行った時は、出店数は8軒だけだったが、この春のマーケットには50店も出て大好評だった。

このほかに好伴駐創では不定期に「旧市街地小旅行」も行っている。旧市街地の「第一広場」には外国人移住労働者が多く暮らすエリアがあり、東南アジア出身の人々が経営する商店や食堂が集まっているが、一般の住民はなかなかそこへ行こうとしなかった。

「実はこの一帯は生命力に満ちたエリアなんです」と詹怡嘉は言う。そこで好伴駐創はフィールドワークを行なって商店を訪ね歩き、一本の散策コースを決めた。そして4月に「旧市街地小旅行――第一広場」というイベントを行ない、多くの人をここへ案内した。

起業への道のパートナー

コワーキングスペースには、それぞれに異なる雰囲気があり、好伴駐創の特色は地域社会とのつながりと、ソーシャル・イノベーションによるコミュニティワークである。

好伴駐創の入居者の中には、ソーシャル・イノベーションと関わる仕事をしている人は多くはないが、ここで働くことによって中区を深く知ることになり、中区のために何かしようという気持ちになる。以前に入居していたカメラマンは、中区の老職人を訪ね歩いて写真を撮影した。

以前入居していたニュージーランド出身のライターが提案した「素人舞台」という構想も実現した。5月から、毎週土曜日に「夢を語る」という舞台を設定している。テーマは自由で、マレーシアの民族の多様性を語ったり、若者のデザインチームが高雄の年越市のためにデザインしたブランドやパッケージを紹介したり、インドネシアの熱帯雨林保護のボランティアの経験を語ったりと、素人が自ら自分の夢を語り、多くの人が交流するというイベントだ。

台中市が青年のための起業プラットフォームを設けることになり、好伴駐創がこれを担当することになった。これからは急ピッチで準備を進め、ソフトとハードの資源を提供するとともに産業界とも連携していかなければならない。将来の好伴駐創は、暖かく自由なコワーキングスペースであるだけでなく、さまざまな分野のプロフェッショナルと資源が集まる場となり、多くの人の起業への道のパートナーとなることだろう。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!