Charm Villa—A Fishy Feel for the World’s Teacups

:::

2015 / July

Kobe Chen /photos courtesy of Jimmy Lin /tr. by Geoff Hegarty and Sophia Chen


“Don’t raise a goldfish in a cup,” enjoin the lyrics of an old Taiwanese song. It’s a phrase often heard when friends get together for a few drinks, meaning that you need to drink up and leave your glass empty—really nothing at all to do with goldfish. However, since around 2013 there have in fact been increasing numbers of people in Taiwan and elsewhere with goldfish in their cups. So what’s going on?


Goldfish-shaped teabags were designed and introduced to the market by the creative crowd at Taiwanese firm Charm Villa. When these unusually fashioned teabags are steeped in hot water, they actually wiggle like a fish. And to add to their appeal, some contain exotic ingredients like red rose petals, making them a great choice as gifts. Integrating traditional and modern aspects of design, the goldfish teabags are attracting international attention, creating something of a craze and heading the bill for Taiwan’s cultural creations.

On the last day of 2014 with the order book filled to the brim, Charm Villa posted a message on their Facebook page notifying potential buyers that they could accept no new orders until January, 2016.

Sweeping the world

Design of the teabag began around April 2013. Once a patent was granted in late 2013, enquiries started rolling in, and Charm Villa began selling on the day of the 2013 Moon Festival even before the product had been formally launched. They sold out immediately and orders had them fully committed up to the end of 2013. Owner and creative director Su Jingmei was amazed at the success her venture had achieved.

“Goldfish and tea both gesture towards an Oriental flavor, so as long as the design works, it’s really pretty simple to attract international buyers,” says Su.

The goldfish teabags have lived up to all the company’s expectations. In 2014 the product first won a Red Dot Award from Design-Zentrum Nordrhein-Westfalen in Essen, Germany, before receiving a gold award from the renowned iF Design in March 2015, generally regarded as equivalent to an Oscar for design.

After winning such prestigious awards, the goldfish teabags attracted remarkable attention from Western media, creating somewhat of a global craze. Some overseas customers even set up webpages to order tea products from Taiwan and resell them in their own countries. But supply has been an issue: the company’s order book has been full since the launch in 2013, so many customers have had to wait six to 12 months to receive their charming little goldfish. The long waiting times are due simply to the fact that manufacture is a complicated process. It’s impossible to produce large volumes, so the number of orders Charm Villa can accept must remain limited.

Tiny, but complex

Although the teabags are quite small, the production process is quite complex, involving 16 separate procedures. Precision instruments are required for cutting the material to shape in the first seven steps, and then the final nine require sophisticated handicraft skills to fashion the end product. To make things even more difficult, any form of adhesive is spurned in order to maintain the natural aesthetic.

The design involves a great deal of knowledge and skill. As well as aesthetic considerations, the mechanics of the design includes attention to areas such as buoyancy and the pressure caused by the expansion of the tealeaves. After many experiments, the company found that asymmetrical fins are necessary to create a sense of natural movement in the tea. And the goldfish’s belly cannot be allowed to become too bulky, or the teabag will be unable to move around the cup. The quantity of tealeaves is also crucial. A fish containing between two and 2.5 grams of tea brewed in a 150-cc cup will achieve the best result.

So all this complexity and the high levels of handicraft skills are why it has been difficult for the company to move into mass production. To overcome this barrier, Charm Villa began working with St. John’s University in Tamsui around the end of 2014, selecting suitable students to gain working experience and internship opportunities on Charm Villa’s production line. The outcome has been excellent, with a six-fold increase in production achieved in the past six months.

Oriental style

Although the simple but exquisite charm of the teabag is its greatest attraction, the ingredients are also key factors in Charm Villa’s success.

Currently the company produces four varieties of teabags, including Taiwan Ruby Black Tea, Ali­shan Jin Xuan Oo­long, Nan­tou Rose Black Tea, and their latest product, Hsin­chu Emei Oriental Beauty.

Oriental Beauty is also known as honey black tea, which has an interesting origin. Farmers discovered that some of their tea had been infested by insects, but instead of discarding the leaves, they fermented them to make black tea. To their surprise, during the drying process the tealeaves exuded a most charming aroma, and the tea after brewing was found to have an unusually sweet flavor. This good result was created by green leafhoppers (Jacobiasca formosana) which had always been regarded as pests. After the insects ingest the fluid from the tender tea buds, the leaves turn yellow, a process known as zhuo yan. The greater the degree of zhuo yan, the stronger the aroma of the tea will become. Farmers in Hsin­chu County’s Emei Township avoid the use of chemical fertilizers and pesticides and simply allow the tea plants to coexist with weeds and the green leafhoppers, thus creating a unique Taiwanese tea aroma.

Charm Villa’s owner happened to know some farmers who grew Oriental Beauty, so around 2014 an agreement was reached and the variety became one of the company’s lines. With different levels of zhuo yan, the leaves develop up to five different colors, including red, yellow, white, green, and brown. The goldfish teabags look very pretty when filled with such colorful leaves. The Oriental Beauty variety was launched at the end of 2014, and has since become the most popular product in the entire range of goldfish teabags.

A better life

Charm Villa was founded in 1999, but it was only in 2013—14 years later—that the company established its own brand.

“Once when attending an international exhibition in Cologne, I became very sad when I noticed that people looking around the Taiwan Pavilion tended to judge us as a land of imitation,” says Su. She ruminated on the fact that Taiwan had many talented designers, so why was it that the nation couldn’t create its own brands of renown? Charm Villa emerged as a natural outcome of these thoughts, formed around the concept of “charming” home life as a starting point for design.

“We deeply love our tea culture, so naturally we want to promote that culture abroad—but in a simple way.” Su says that the original idea of goldfish teabags derived from the natural association of fish with water. Goldfish also represent the Oriental feeling of fortune, and their pretty shapes tend to attract the attention of people from abroad who appreciate oriental culture. Watching a cute little goldfish wiggle around in a cup while enjoying the aroma and the taste of the tea, customers can satisfy the three senses of sight, smell, and taste, all at the same time.

Charm Villa has maintained a delicate balance between design and life, and between creativity and marketing, through a process of continuous innovation, never neglecting nor forgetting their original concept. The company is a shining example of the possibility of integrating the beauty of Taiwan’s culture with its manufacturing and marketing expertise.

Relevant articles

Recent Articles

繁體 日本語

子村莊園, 小金魚茶包游向世界

文‧陳建瑋 圖‧林格立

「杯底嘸通飼金魚」是台語歌曲的經典歌詞,也是朋友聚會喝酒助興時,經常聽到的台詞,意思是要人把杯裡的酒一飲而盡,並不是真的要養金魚。不過,從2013年開始,在杯裡養金魚的人,卻愈來愈多了,究竟怎麼回事?


台灣文創公司子村莊園,以金魚造型設計的「小金魚茶包」,熱水沖下,小金魚會搖頭擺尾,搭配玫瑰花瓣的艷紅色彩,可愛又討喜,已成為熱門伴手禮。融合古典與現代創意的小金魚茶包,在國際間也獲得熱烈關注,搶購者眾,可說是台灣文創商品的當紅明星。

2014年的最後一天,子村莊園在臉書專頁上公告,由於訂單已經排至2016年1月,因此不再接受訂單,引發網友一片譁然。

小金魚熱潮,風靡全球

子村莊園的小金魚茶包,於2013年4月開始規劃設計、申請專利後,就獲得超多詢問,甚至連產品發表會都來不及召開,就在該年中秋節開賣,並且立刻銷售一空,訂單直接排至年底,讓子村莊園負責人兼創意總監蘇靜媚也吃驚。

「金魚和茶都帶有東方風味,只要設計得宜,很容易吸引國際消費者目光。」蘇靜媚說。

小金魚茶包不負期望,在2014年獲得德國紅點設計獎後,又在2015年3月得到素有設計界奧斯卡獎之稱的iF產品設計獎肯定,在1,624個入選產品中,與其他74項商品獲得金質獎榮耀,評審認為小金魚茶包在泡茶時提供了額外的娛樂與驚喜,豐富了日常生活;其簡潔又環保的包裝設計,更讓評審滿意。

得獎後,小金魚茶包受到西方社群媒體大量關注,在全世界掀起一股小金魚熱,甚至還有國外網友架設網頁,專門負責代購。但是小金魚茶包可不是想買就買得到。從2013年推出至今,訂單從沒有少過,預購民眾往往要等半年到一年才能拿到這隻迷人的小金魚,最主要的原因在於這個茶包作工繁複,出貨量不高,因此能夠接下的訂單也有限。

金魚雖小,五臟俱全

小金魚茶包的尺寸雖小,但是製作過程卻一點也不簡單,前後包含16道工序,其中除了精密儀器進行裁剪外,其餘9道都仰賴手工,才能呈現美感與藝術性,為了忠於自然美學的精神,茶包製作過程中不使用黏著劑等添加物,使得難度更高。

小金魚茶包的設計學問不小,除了考慮美學,還要加上力學,包括水裡的浮力、茶葉膨脹的壓力與水壓的變化。經過無數測試,子村莊園發現,兩邊不對稱的魚鰭,才能讓小金魚在茶湯中呈現流動感;同時,小金魚的肚子也不能太大,否則就變得笨重,無法在茶湯中游動,茶葉量也「克克」計較,一包2~2.5克,搭配150cc的茶杯沖泡效果最佳。

茶包的材質,也十分講究。蘇靜媚分析,市面上茶包常用的不織布較厚,彈性不夠,茶湯不易滲出,缺乏靈活度;此外,如果縫製時密合度不夠,邊線就會不好看;若是透明度太高,小金魚的肚子則會如開腸破肚般可怕。幾番挑選後,才相中目前使用的特殊布料。

繁複的工序及手作過程是小金魚難以量產的主要原因。為了克服產量不足的情形,2014年底開始,子村莊園與聖約翰大學進行產學合作,遴選適才適能的學生,以工讀和實習的方式加入生產線,結果成效非常好,最近半年的產量提高了6倍之多。

「這份工作不僅需要熱忱,還需要一些天賦。」蘇靜媚指出,縫製茶包的過程除了細膩度,還要穩定度,能夠勝任的學生未來將有機會獲聘加入小金魚的製作團隊。子村莊園也正在積極物色更多適合的校園合作機會,以應接龐大的訂單。

泡茶:東方風情的美景

迷人造型,是小金魚爆紅的主因,不過裡面選用的茶葉,也不馬虎。

小金魚目前有四種風味的茶葉可以選擇,分別是台灣紅玉紅茶、阿里山金萱茶、南投玫瑰烏龍和最新推出的新竹峨眉東方美人茶。

東方美人茶又名蜜香紅茶,當初茶農在種植過程中遭致蟲咬,品相不佳,只好死馬當活馬醫,將其製成發酵紅茶。想不到,烘焙過程中竟然散發出迷人茶香,沖泡後更透出淡淡蜂蜜甘甜,反而廣受喜愛,甚至被稱為是烏龍茶中的極品。

其中居功厥偉的正是以往被視為害蟲的小綠葉蟬,當小綠葉蟬叮咬茶樹嫩芽後,原本青綠的嫩芽轉為猶如火燒過的黃褐色,這個過程稱之為「著涎」;著涎的程度愈高,泡出來的茶香味愈濃,因此在峨眉鄉的東方美人茶園中不使用化肥、農藥,讓茶樹、雜樹與小綠葉蟬共生,創造出獨特的台灣香。

蘇靜媚在多年前碰巧結識種植東方美人的台灣茶農,由於東方美人茶根據著涎程度不同,色彩上也有層次變化,最多可產生紅、黃、白、青、褐五色,放在小金魚茶包中,更顯得嬌豔可愛,因此雙方在2014年積極洽談合作,趕在年底推出,成為目前小金魚系列最受歡迎的新成員。

設計的本心:讓生活更美好

小金魚茶包連續獲得國際設計獎肯定,幸好其命運和其他大部分的得獎商品大不相同。

過去幾年來,台灣一直是紅點和iF等設計獎的常客,每年獲獎的產品與設計為數不少,但是真正打進市場的卻寥寥無幾。

台灣科技大學工商業設計系主任兼所長王韋堯教授指出:「台灣產業與人才脫節,也缺乏品牌概念,即使有創意設計,離商品化仍很遙遠。」

子村莊園的小金魚茶包回歸設計的初衷:「讓生活變得更美好。」運用可以實現的創意,做出實際成果,才參展獲獎,這種作法值得正在起步的台灣文創產業深思。

事實上,子村股份有限公司成立於1999年,但直到 2013年才成立子村莊園品牌。品牌的動能醞釀了14年之久。

「有次到科隆參加展覽,外國人看到台灣館時,直說台灣是複製大王。」蘇靜媚說,這番話讓她心痛,也反思台灣有很好的設計人才,為何卻沒有響亮的品牌?於是才成立CHARM VILLA品牌,以打造迷人的家居生活為出發點,設計商品。

過去做室內設計及大型家具的子村莊園,轉型做起筷子、筷架、茶包等小型商品,反而更能打破侷限,充分發揮創意,小金魚茶包就是源自於對美好生活的想像而來。

「我們深愛茶文化,想用簡單的方式將茶文化推廣至國外。」蘇靜媚說,當初想到小金魚茶包的點子,是看中魚跟水的結合非常自然,金魚又能代表東方貴氣吉祥的感覺,同時造型可愛,更能吸引外國人認識東方茶文化。看著杯中搖頭擺尾、飽滿可愛的小金魚,享受茶香撲鼻,甘美茶湯,一次滿足視覺、嗅覺、味覺三種享受。

接續小金魚茶包的魅力熱潮,子村莊園2015年也推出了新產品──豐盛點心盤,將書本與點心盤結合,只要順著軸心旋轉,便能將書本打開變成可以盛裝點心的盤子,充滿巧思的設計同樣獲得德國iF設計獎肯定;目前已進入量產階段。

持續不斷的創新,並時時提醒自己設計的初衷,子村莊園在設計與生活、創意與市場間尋找共生美好的平衡點,正是台灣文化軟實力與製造硬實力的最佳結合。

世界へ出て行く小金魚ティーバッグ

文・陳建瑋 写真・林格立

「酒杯は金魚を入れるものではない」と、台湾歌謡の名曲の歌詞にあり、飲み会の席でも聞かれる台詞である。無論、金魚を入れる意味ではなく酒は一気に飲み干せという意味である。ところが2013年からは、酒杯に金魚を入れる人が増えてきた。それはこういうことである。


台湾のクリエィティブ企業・子村荘園がデザインした金魚をモチーフとした小金魚ティーバッグはお湯を注ぐと金魚が尻尾を振り、バラの花びらをあしらった華やかな色彩で可愛らしく、人気のギフト商品となっている。古典的造形に新しいアイディアを組み合わせた小金魚ティーバッグは国際的にも注目を集め、台湾のクリエィティブ産業のスター商品となっている。

2014年が終わろうとする日、子村荘園はフェイスブックの公式ページで、2016年1月分まで予約が埋まったので、注文を締切ったと発表して、ネット上を騒然とさせた。

小金魚ブームが世界を席巻

子村荘園の小金魚ティーバッグは、2013年4月に特許申請を始めてから問い合わせが相次ぎ、製品発表会も間に合わないうちに、ギフトシーズンの中秋節発売開始と同時に売り切れ、年末まで予約が入り、子村荘園の代表兼クリエィティブディレクターの蘇静媚を驚かせた。「オリエンタルテイストの金魚とお茶の組合せで、デザインがよければ世界から注目されます」と彼女は言う。

小金魚ティーバッグは期待に背かず、2014年にはレッド・ドット・デザイン賞を受賞、その後2015年3月にはデザイン界のオスカーと言われるiFデザイン賞において、1624点のエントリー作品から金賞75点に選ばれた。審査員は小金魚ティーバッグのお茶を入れる楽しさと、シンプルでエコなパッケージデザインを高く評価した。

受賞後、小金魚ティーバッグは欧米メディアの注目を集めて評判になり、国外ネットには代理購入サイトまで立ち上げられた。しかし、小金魚ティーバッグは簡単には買えない。2013年から現在まで注文が絶えず、予約は半年待ち、一年待ちである。というのも、このティーバッグの製造工程が複雑で、大量生産できないからである。

金魚は小さくとも整った容姿

小金魚ティーバッグは小さいながら、製造工程は複雑で、16工程のうち精密機械によるカッティングを除く9工程はすべて手作業で、精巧なデザインの美しさを表現する。工程では接着剤などの添加物を使わず、難易度はより高まる。

小金魚ティーバッグのデザインは美しいばかりではなく、水中での浮力、茶葉膨張による圧力と水圧の変化など力学も計算されている。子村荘園ではテストを繰り返し、鰭の両側を非対称にすることで、お茶の中で金魚が滑らかに動くことを発見した。しかも、金魚のおなかが大きすぎると重くなって、お茶の中を泳げない。茶葉の量も重要で、2~2.5グラム、150㏄のカップで入れると効果的である。

ティーバッグの素材も重要である。一般的なティーバッグ用の不織布は厚みがあり、伸縮せず、お茶が浸出しにくい。縫製も密でないと、ラインが美しく出ない。余りに透明だと、見えすぎて薄気味悪い。試行錯誤の結果、ようやく現在の素材にたどり着いた。

複雑な工程と手作業が多いことが、量産のネックになっている。生産量不足を解決するため、子村荘園では2014年から、淡水の聖約翰科技大学と産学協同を開始し、適材の学生を選んで研修として生産ラインに加えた。その効果が上がり、ここ半年で生産量は6倍に向上した。

「この作業にはやる気と才能が必要です」と蘇静媚は話す。ティーバッグ縫製は緻密で安定した作業が求められ、能力のある学生であれば、卒業後に生産チームに迎えられる。子村荘園では、さらに積極的に協力できる大学を募集し、受注に対応したいと考えている。

茶を入れる、オリエンタルな美

魅力的なデザインが小金魚ティーバッグの人気の理由だが、中の茶葉も本格的である。

小金魚ティーバッグの茶葉は、台湾紅玉紅茶、阿里山の金萱茶、南投の玫瑰烏龍茶と、新発売の新竹峨眉東方美人茶の4種である。

東方美人茶は、虫害に遭った茶葉をお茶農家が発酵させて作った紅茶である。これを焙煎したところ、魅惑的な蜂蜜のような香りを備えた紅茶となった。これが人気となって、半発酵の烏龍茶の高級品となったのである。

その虫害の元はチャノミドリヒメヨコバイ(通称ウンカ)で、これに吸汁された若葉が焼けたような黄褐色を呈する。これを著涎と言うが、著涎の程度が高いほど、濃厚な香りとなるという。峨眉郷の東方美人茶園では化学肥料や農薬を使わずに、ウンカと茶の木を共生させている。

蘇静媚は、数年前に東方美人茶を栽培するお茶農家と知り合った。東方美人は著涎の程度により赤、黄、白、青、褐色の五色に変化し、これを小金魚ティーバッグに入れるとより効果的である。そこで2014年から商品化を進め、年末になってようやく製品化できた。

デザインの目的は、より良い生活

これまで台湾の製品はレッド・ドットやiFなどのデザイン賞を受賞しても、市場で売れる商品はほとんどなかった。これについて、台湾の産業界も人材もブランドの概念がなく、デザインと商品化が結びついていなかったからだと台湾科技大学工商業設計学科の王韋堯教授は話す。

実際、子村股份有限公司は1999年の設立なのに2013年になって子村荘園ブランドを立ち上げ、ブランド確立に14年もかかったのである。「ケルンの見本市に参加したとき、台湾館を見た外国人が台湾はコピー王だと言ったのです」と、蘇静媚は胸を突かれたという。台湾にはデザインの人材はいるのに、なぜブランドがないのか考え、子村荘園のCHARM VILLAブランドを立ち上げ、生活を主体に製品をデザインすることにした。

それまでインテリアや大型家具を扱っていた子村荘園は、箸や箸置き、ティーバッグなどの小物に乗り出すことで制約を打ち破り、創造性を発揮することができた。小金魚ティーバッグは、より良い生活の創造を考えたところから生まれた。

「私たちは茶の文化を愛していて、シンプルな方法でこれを国外に広めたいと思いました」と蘇静媚は小金魚ティーバッグが生まれたきっかけを語る。魚は水と自然に結びつくし、金魚は可愛いだけでなく、東洋ではめでたく高貴なイメージもあるので、外国人に東洋の茶文化を紹介するのにふさわしいと考えた。茶碗に泳ぐ可愛い金魚に、お茶の香が漂い、口に含めば甘美な味わいと、視覚、嗅覚、味覚を一度に満足させられる。

小金魚ティーバッグに続いて、2015年には本のデザインの菓子皿を開発した。本を開くように軸に沿って回すと、菓子を盛る皿となる。このデザインも、iFデザイン賞を受賞し、現在量産段階に入っている。

新機軸を打ち出しながら、生活と創造性、市場の需要との間にバランスをとるというデザインの核心コンセプトを守る子村荘園は、台湾文化のソフトパワーと製造のハードパワーを正しく結びつけているのである。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!