新富町文化市場再生 窺見老派靈魂

:::

2017 / 7月

文‧吳靖雯 圖‧林格立 翻譯‧Scott Williams


從空中俯瞰龍山寺東南方,依稀發現一處馬蹄形的建物:新富町文化市場。

這處興建於1935年,伴隨大眾超過80年的傳統市場,隨時光流逝、新興市集出現後,逐漸沒落,為人遺忘。

如今經過忠泰建築文化藝術基金會耗時3年的修復重啟,以「新富町文化市場」之姿重新開張,讓人窺見隱身於市井鄰里的老派靈魂。

 


 

五月時節早晨,天氣晴朗,一位年逾花甲的阿嬤幹完活,拿了張小板凳逕自坐在門外小憩,手套跟雨鞋還沒脫,等著待會兒送冰給附近的海產店。

一位老婆婆提著菜籃經過,停下腳步來跟她抬槓;斜對面的大叔跟她打聲招呼,借來塑膠水管;三兩位準備上班打卡的年輕人,向她輕快道聲早安。

這裡是經過改造後的「新富町文化市場」年代最為久遠的一隅,主人翁則是市場活招牌──愛嬌嬤。

製冰室為新富市場僅存營運中的攤位,第一代經營者為日人戶田藤吉,光復後由愛嬌嬤的公婆接手,如今靠她獨力經營,供應鄰近市場攤商保鮮用的冰塊,迄今已數十載。連國片《艋舺》拍攝期間,也曾跟愛嬌嬤叫冰,冰鎮大量冷飲提供工作人員解渴之用。

「阿你要把我拍得水一點捏!」愛嬌嬤這天特地穿上一件鮮艷花衫,笑呵呵地說。年輕時候,她彎腰使勁抱起五、六十斤的冰桶,鋸冰鋸到手掌長繭;後來年紀大了,得靠自動機械設備吊起沉重的冰桶,才能繼續做工。她一邊忙碌,一邊說明,在冷氣、冰箱尚未普及的年代,為了消暑解熱,客人常跟製冰室訂大冰塊送到府,擺在椅子或床下降溫消暑。

三十多年前,市場鼎盛時期,製冰店裡一天進帳兩三千元,光是送貨到各個國小就應接不暇。但隨著新富市場逐漸沒落,生意大不如前,年輕一代不願做這樣的苦工。「現在都是當作運動,做健康不做賺錢的啦!」伴隨轟隆隆的馬達聲,愛嬌嬤每天依然製冰、切冰、送冰,成為新富市場一道恆常的美麗風景。

老市場轉世,再現庶民風景

位於台北萬華的新富市場原名「新富町食料品小賣市場」,於1935年開張,是日據時代由台北市役所興建的室內公有市場。光復後大量軍民隨國民政府迫遷來台、人口聚集,許多攤商在此落戶,新富市場愈見盛況,不僅週邊狹窄平房、台式建築「半樓仔」櫛比鱗次,攤位數也超過原先規劃35攤的容納上限,漫出館外的空地。

1950年代,此處門庭若市,一度是萬華居民生活的重心,然而1970年代末以降,新建的環南市場開幕,加上外圍聚集攤販合法化的衝擊,新富市場逐漸流失客源。1990年代傳統市場式微、消費人口凋零,最終步向沒落的命運。

相較於附近人聲鼎沸的三水街,新富市場更顯冷清。這座日據建物成為攤商們囤積雜物、停放機車的倉庫空間,靜靜矗立在歲月洪流,直至2006年因文化資產價值被台北市政府正式公告為「市定古蹟」,才重見天日。

經台北市市場處完成空間修復後,2013年「忠泰建築文化藝術基金會」取得新富市場9年經營權,負責推動活化再利用。唯接手之初,團隊發現流傳下來這座市場的資料極少,於是成員深入巷弄,親自訪談在地居民與攤商,向文史工作者請益,逐漸拼湊出這座老市場的昔日風華。

忠泰建築文化藝術基金會的進駐,引來在地老攤商們的好奇,詢問未來新富市場擬販售哪些種類的商品、能否加入設攤行列等疑問。團隊工作成員只得解釋,屆時此處不走「賣場」路線,而將傳統市場的特色引入活動,用新一代的方式跟街坊鄰里搏感情,讓大家「重溫舊市」。

2017年3月,此處以「新富町文化市場」之姿重新開市,卸下傳統市場功能,搖身一變為複合型的創意基地,從飲食教育、社區營造、市場生活觀察等議題出發,舉辦一系列展覽、講座、工作坊等活動,為老市場注入新一代的設計能量與活力,展現新富町文史與庶民風景。

前衛建築設計藏智慧

當年,這座馬蹄形外觀的建築在全台公設市場中相當前衛罕見:主要構造為加強磚造,外牆以洗石子綴成帶狀環繞,建築風格簡潔且具機能性;內部空間挑高、橫向開窗多、馬蹄形平面塑造出流暢的購物動線;獨特的中央天井,滿足市場內部通風與自然採光的需求。

若是從三水街走近市場北側,眼尖的人會發現入口山牆面上有渦捲紋飾與第一代台北市市徽,進門處上方抬頭可見北側天花板的放射狀鋼筋混凝土樑,以及一道橫亙在側、曾遭祝融的焦黑木造拉門,和嶄新亮白的餐飲區,相互呼應對話。

作為日據時期第一座符合新式衛生政策的現代化市場,新富市場的排水系統經過特別設計:四周天花板向中央天井傾斜,屋頂積水自然匯聚至馬蹄形中央的U型排水道,經各條銅管引流至中間地面的陰井,再將水排出。而這種把水往內收的做法,也呼應了台灣人「聚水生財」的觀念。

「我們面對一個很大的難題,就是我們對鄉愁的情懷不斷上升,可是記憶卻不斷在減少,在鄉愁跟失憶之間,應該如何在這個歷史空間裡,找到結合基地跟社會環境的可能性。」

擔任內部空間再利用的工程建築師林友寒,為了盡可能不傷及古蹟,新添加的材料與技術皆秉持「可逆性」原則:採用可拆卸的輕木構架設,無論地面鋪整或隔間都與原有地面或牆面保持一定距離。雖然館體本身具備了厚重質地,但建築師在原有單一的挑高空間內,植入溫潤松木、透光板材與玻璃,營造通透輕盈的視覺感,同時創造出展演活動、辦公使用、餐飲區與參觀空間的明確區隔。

昔日新富市場以販賣肉品的攤商最多,因為吊掛肉類的需要,攤台多在水泥基座加上木造攤架的形式;幸而目前新富市場內仍保存兩座日據時期留下的老攤台,如今擺滿文創物品聊以裝飾,供後人遙想當年的肉販叫賣光景。若是在本館建築內逛完一圈,別忘了外頭東北隅還有一幢悉心保存、原為事務所兼管理員宿舍的木造日式建築,同樣為市場歷史留下註記。

回歸人與人交流互動

走進傳統市場,就像參觀一座生活博物館。曾經湮沒在一堆台式建築「半樓仔」之間的新富市場,如今又有了新生命:把外圍市場視為「好厝邊」資料庫,將飲食、城市、建築、環境教育帶入;透過空間的解構重塑,以不同的使用機能,階段性、漸進式地回應在地社會需求。

「我們期待它可以成為新型態的市場,包容各種資訊的交流、人與人的交往。這種連結不只是市場周邊範圍,而是希望涵蓋整個萬華區域,讓進駐後產生的價值與原有市場的特色結合。」忠泰建築文化藝術基金會執行長李彥良說道。

昨日的土壤營養出明日的能量,未來的新富市場可以讀歷史、品生活,也是一個共同學習的場域,讓新舊使用者、不同時代的運作模式,共存在這個老城再生的公共參與平台,串接更多的開放及可能性。

由此,不僅是阿嬤帶著孫子來走動,慢慢瞭解重生後的市場機能,三兩成群的年輕人也藉由造訪,認識歷經八十多年老建築及城區發展歷史。

這是一趟有關市場、味道、記憶和分享的旅程,有閒不妨「逗陣來迺菜市(台語)」,感受傳統市場裡人與人之間情感交流的核心價值。

相關文章

近期文章

EN 日本語

Taipei's U-Mkt: A traditional Market Reborn

Wu Ching-wen /photos courtesy of Jimmy Lin /tr. by Scott Williams

The “U-mkt” market (also known as ­Xinfu Market) occupies a building shaped like a horse’s hoof, located about 100 meters southeast of Long­shan Temple in Tai­pei.

First constructed in 1935, U-mkt was once a bustling traditional market, but it went decline when more modern markets appeared, and was eventually forgotten.

Reopened after three years of renovation work by the JUT Foundation for Arts and Architecture, the market has revived the area’s long quiescent spirit and is introducing it to a new generation of visitors.


 

On a clear, bright morning in Tai­pei, a woman in her sixties takes a breather on a stool outside the U-mkt market after finishing up a task. Still wearing gloves and rubber boots, she’ll soon deliver her last load of ice to a nearby seafood vendor. An elderly woman carrying a shopping basket stops by to chat. An older man across the way greets her, then borrows her hose. A few young people getting ready to clock in to work wish her a quick good morning. Known as “Granny Ai­jiao,” the woman is an ice vendor and an iconic U-mkt figure.

Established by a Japanese man named To­ki­chi Toda, Granny Ai­jiao’s ice stall is the market’s only holdover from its earliest days. Granny Ai­jiao’s father-in-law took over the business after Japan surrendered control over Taiwan. Granny herself has been running the business for decades now, providing neighborhood and market vendors with the ice they need to keep their food fresh.

At the market’s peak more than 30 years ago, her ice shop might do NT$3,000 in business per day. Her hands were full just with deliveries to local elementary schools. But when the market declined, the ice business declined with it. Meanwhile, young people lost interest in taking on such laborious work. “Nowadays, I treat it like exercise. I do it to stay in shape, not to make money.” Granny Ai­jiao makes, cuts and delivers ice daily, surrounded by humming compressors and herself a beautiful part of the market’s scenery.

An old market repurposed

Opened in 1935 as the Shin­to­mi­cho Food and Sundries Market, the present-day U-mkt was originally a public market built by Tai­pei’s municipal government. When the Nationalist government retreated to Taiwan at the end of the Chinese Civil War, the military families that came with the government and army immediately increased the local population and this encouraged merchants to settle nearby. Residential buildings packed the area, causing the number of stalls in the market to grow far beyond the 35 for which it had been designed and to spill into the surrounding streets. The bustling neighborhood was central to the lives of Wan­hua residents in the 1950s, but began to decline in the 1970s following the opening of Huan­nan Market and the legalization of the vendor stalls outside that market. The waning of traditional markets in the 1990s only made matters worse, with the hubbub on nearby San­shui Street highlighting ­Xinfu Market’s own lifelessness. Rather than a market, it became a place for merchants to warehouse their goods and park their motorcycles. And so it remained, standing quietly through the passing years, until it was named a municipal historic building in 2006.

The Tai­pei City Market Administration Office subsequently renovated it, before awarding the JUT Foundation the rights to operate it for nine years. Shortly after taking responsibility for running and revitalizing the old market, the foundation’s team discovered that there was very little information recorded about it. In an effort to learn more, the team interviewed local residents and merchants, and spoke to culture workers, gradually assembling a picture of the market in its heyday.

Smart design

U-mkt’s avant-garde hoof shape is a rarity among Taiwan’s public markets. Built primarily from reinforced brickwork, its exterior walls have a pebbledash surface, which gives it a clean, utilitarian look. The building has a high ceiling and many horizontal pivot windows, and the hoof shape allows shoppers to flow effortlessly through the stalls, while its unique central light well provides natural lighting and aids ventilation. Sharp-eyed shoppers approaching the market’s north side from Shan­shui Street will note the decorative swirls above the gable, as well as Tai­pei’s original city logo. Inside, concrete roof beams radiating out from a central point and a wooden sliding door scorched black by fire create an interesting spatial dialogue with the bright, new dining area.

As what was then the first modern market to comply with new hygiene policies, U-mkt had a specially designed drainage system: the roof slopes towards the central light well, directing rainfall into a U-shaped gutter along the top edge of the well. From there, downspouts lead the water to a drainage system under the floor. This system for routing the rainwater “inward” happens to echo the Taiwanese view that “gathering water together generates wealth.”

“We’re facing a big issue: our nostalgia is growing continuously, but memories of the things we are nostalgic for are fading. Caught between nostalgia and forgetting, how do we feasibly integrate this historical space into the contemporary social environment?” So wonders Michael Lin, the architect responsible for repurposing the market’s interior. To minimize any possibility of damage to the historic building, he used only materials and techniques that could be reversed, creating removable lightweight wooden structures and keeping new flooring and room dividers separated from the surfaces of the original floor and walls. While the original structure has a hulking feel to it, Lin’s addition of warm pine, translucent panels, and glass to the space have given the building a visual elegance. He has also created clear divisions between work, activity, dining, and viewing spaces. 

In the old days, the market had more butchers than any other type of vendor. Because they needed to hang meat, their stalls generally consisted of a wooden structure atop a concrete base. Fortunately, two of these Japanese-era stalls have been preserved. Now decorated with creative and cultural objects, the stalls help visitors imagine the butchers of yore hawking their products from within.

After you’ve completed your tour of the building, remember to check out the carefully preserved Japanese-style wooden office and dormitory that still stand to the northeast of the market. Built for the market’s caretakers, they too offer a record of the market’s history.

Human relationships

This traditional market has become a living museum. Once hidden amid a jumble of old buildings, Shin­to­mi­cho Market has been reborn. By drawing on the knowledge and goodwill of the surrounding neighborhood, the market has incorporated elements of food and beverage, urban, architectural and environmental education. Deconstructed and then reconstructed, the space is now sectioned by function and is gradually responding to the needs of the local community.

“We anticipate that she will become a new kind of market, one containing all kinds of information exchanges and human relationships,” says Aaron Lee, CEO of the JUT Foundation. “We hope that these kinds of connections won’t be bounded by the market’s edges, but will instead spread throughout Wan­hua, connecting the value created to the original market’s character.”

Just as yesterday’s rich soil becomes tomorrow’s energy, the future U-mkt will be both a forum for studying history and sampling life, and a venue for learning and working together. Users and uses new and old will coexist in the public participation platform of the reborn market, connecting them to still more possibilities.

古い市場の再生 「新富町文化市場」

文・吳靖雯 写真・林格立 翻訳・山口 雪菜

上空から俯瞰すると、台北市龍山寺の東南に、馬蹄型の建物——新富町文化市場が見える。

1935年に建てられたもので、80年にわたって伝統的な市場として人々の暮らしにとけ込んでいたが、新しいタイプの市場が生まれ、しだいに忘れられていった。

それを忠泰建築文化芸術基金会が3年をかけて修復し、「新富町文化市場」としてオープン、街に眠っていた古い魂を呼び覚ました。


5月の晴れ渡った朝、60歳過ぎの女性が仕事を終え、小さな椅子に腰かけて休んでいた。手袋も長靴も脱いでおらず、これから付近の鮮魚店に氷を届けるまでのひとときの休憩である。

買い物かごを下げた老婦人が通りかかり、彼女とおしゃべりを始める。斜め向かいのおじさんが声をかけ、会社への道を急ぐサラリーマンも挨拶をしていく。

ここは改造された「新富町文化市場」でも最も歴史ある一角。主人公は市場の有名人、愛嬌おばさんである。

愛嬌おばさんの製氷店は新富市場で昔から営業を続ける唯一の商店だ。初代の経営者は日本人の戸田藤吉、戦後は愛嬌おばさんの舅姑が引き継ぎ、今は彼女が一人で経営している。数十年にわたり、近隣の市場の魚屋に氷を届けている。

「じゃ、美人に撮ってよ」と、愛嬌おばさんはこの日、特別に花柄のシャツを着てにこにこしていた。若い頃は腰をふんばって50~60キロもする氷桶を持ち上げ、ノコギリで氷を切っていたが、今は重い氷桶は自動化設備で持ち上げる。忙しく動きながら話してくれたところによると、エアコンや冷蔵庫が普及していなかった時代、多くの人が製氷店に巨大な氷を注文し、椅子やベッドの横に置いて暑さをしのいでいたという。

古い市場に再び庶民の風景を

30年余り前、まだ市場が盛況だったころ、製氷店の一日の売上は3000元に上り、複数の小学校へ氷を届けるだけで手いっぱいだったという。しかし、新富市場がしだいに衰退すると商売も下り坂になり、若い世代は辛い仕事をしなくなった。「今は運動のつもりでやっていますよ。お金より健康!」と話す愛嬌おばさんは、巨大なモーター音が響く中で今も毎日氷を作り、切って配達する。新富市場の美しい光景である。

台北市万華区の新富市場の本来の名称は「新富町食料品小売市場」と言い、日本時代の1935年に台北市が建てた屋内市場である。戦後は大勢の軍民が国民政府とともに台湾へ移ってきたため、周辺には人口が増え、多くの人が屋台を出した。新富市場はますます活況を呈すようになり、周辺には平屋や台湾式建築の「半楼仔」などが軒を連ね、新富市場の店舗数は従来の計画の35店舗の上限を超えて周辺の空地にも広がっていった。

1950年代には市場は常に人であふれ、万華住民の生活の中心だったが。しかし、1970年代末には環南市場がオープンし、新富市場周辺の屋台が合法化されたことも衝撃となり、顧客が流出していった。1990年代に入ると伝統的な市場は本格的に衰退し始める。

新富市場にほど近い三水街は人出でにぎわっているのに、新富市場は廃れ、日本時代に建てられたこの建築物は露天商の物置き場となってしまった。そうした中の2006年、この建物の文化遺産としての価値が認められ、台北市によって「市定古跡」に定められたのである。

台北市の市場処が空間を修復した後、2013年に「忠泰建築文化芸術基金会」が新富市場の9年にわたる経営権を取得し、再利用に動き出した。だが当初、この市場に関する資料が極めて少なく、再利用チームは周辺の住民や商店の話を聞いて回り、少しずつかつての市場の様子を理解していったのである。

基金会が進出すると、現地の商店の興味を引き、将来の新富市場ではどんなものを売るのか、出店できるか、などの問い合わせがあった。チームのメンバーは、ここは「売り場」ではなく、伝統的市場の特色をイベントに取り入れて新しい方法で地域とのつながりを持つ、古い市場を感じる空間になると説明した。

そうして2017年3月、「新富町文化市場」へと生まれ変わった。従来の市場の機能はなくなって複合型のクリエイティブ基地となり、飲食、教育、町づくり、市場生活観察といったテーマで一連の展覧会や講座、ワークショップなどの活動を行なう場である。これによって古い市街地に若い世代のデザインと活力をもたらしている。

前衛的建築設計の知恵

この馬蹄型の建物は、かつて台湾の公共市場建築の中では相当に前衛的な設計だった。強化レンガの主要構造に、外壁は洗い出しが帯状に入り、シンプルで機能性が高い。内部は吹き抜けで横に多数の窓があり、馬蹄型が流れるような動線を生み出し、中央の天窓が市場内部に通風と自然採光をもたらす。

日本時代に新しい衛生政策にかなう近代的市場として建てられた新富市場には特別な排水システムがある。中央に向って傾斜した屋根の雨水は中央のU字型の排水溝に集められ、管を通って中央の床下へ排出される。これは台湾人の「水を集めて財を生む」という考えにもマッチする。

「私たちには大きな課題があります。郷愁が高まる一方、記憶は消えていくという点です。この空間で、どのように両者を結び付けていくかが大きな課題です」

内部空間の再利用を担当する建築士の林友寒は、古跡をなるべく傷つけずに新たな素材と技術を「可逆的」な方法で加えた。取り外しのできる軽い木の構造で、本来の床や壁とも一定の距離をとってある。本来の吹き抜けの空間にぬくもりのあるパイン材や透光素材やガラスを取り入れて軽快な空間とし、展覧空間やオフィス、飲食エリア、見学エリアなどを明確に区画した。

かつての新富市場では食肉店が最も多く、肉を吊るすために店舗の多くはコンクリートの台に木製のフレームを立てていた。今も日本時代の古い棚が2つ残っていて、当時をしのぶことができる。市場外の北東の隅には事務所兼管理人宿舎だった日本式木造建築も保存されている。

人と人との交流に立ち返る

改装された新富町文化市場は、生活博物館とも言える。かつて、台湾式の「半楼仔」建築に囲まれていた新富市場は新しい生命を得て、市場の外を囲む商店を「好厝辺」資料庫とし、飲食、都市、建築、環境教育を取り入れた。空間の再構築を通してさまざまな機能を備え、段階的に地元のニーズに応えていく考えである。

「ここが、さまざまな情報と人々とが交流する新しい形の市場になることを期待しています。このつながりは、市場周辺の範囲に限らず、万華エリア全体に広がるものになっていくでしょう。ここで生まれる新たな価値と従来の市場の特色を結び付けていきます」と話すのは、忠泰建築文化芸術基金会の李彦良執行長だ。

かつての養分が明日のエネルギーにつながる。将来の新富市場は、歴史を学び、生活を味わい、人々が共に学ぶ場となり、新旧の利用者とさまざまな時代が共存する旧市街再生のプラットフォームとなり、より多くの可能性が広がっていく。

おばあさんが孫の手を引いてこの市場を訪れれば、生まれ変わった市場の機能が理解できるだろう。若者のグループも、ここで80年の歴史を持つ古い建築物と地域の歴史に触れられる。

これは、市場と味覚と記憶、そしてシェアの旅である。ここを訪ね、伝統の市場における人と人との交流を感じてみよう。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!