竹圍工作室 綠色藝術行動

:::

2016 / 3月

文‧李湘婷 圖‧竹圍工作室提供


藝術與環境生態可以擦出什麼樣的火花?

接待過無數國際藝術家的竹圍工作室,將駐村創作與環境永續鏈結在一起。

透過地區水文樹梅坑溪的追溯,當地居民與藝術家對話交流,重新認識這塊土地。


 

沿著竹圍捷運站出口旁的自行車道,往淡水方向步行10分鐘,不顯眼的竹圍工作室就在路邊。

1995年以前,這裡原是一片荒廢的土雞寮,藝術家蕭麗虹需要創作空間,於是將這塊夫家的土地改成私人工作室,協同陳正勳及范姜明道,三位現代陶藝家開始在此創作。

有別於台北市中心主流的藝廊、美術館,進駐此地的藝術家需要的是另類創作空間,為了讓他們能夠自由進出,當年甚至將鑰匙就擺在門口。

創作者們可以在這塊800坪的空間中放火、淹水、鑽洞、甚至任由黴菌、螞蟻肆虐……,「破除框架與疆界」的藝術理念,讓竹圍工作室成為實驗性的創作寶地,雞寮倉庫搖身一變成了自由的發表舞台。

藝術介入空間

偌大的空間對藝術家來說,也是一種相對挑戰,「藝術介入空間」的作法,以各種行動帶領藝術跨出殿堂,讓許多台灣本土藝術家在此發芽。例如1998年的《君自故鄉來》聯展中,林明弘把他原來1比1的創作放大至倉庫的整面牆上,成為後來享譽國際藝壇的試驗作品;王文志《藤雲架屋》的創作也是從這裡開始,他與自然環境對話的「編織」藝術,如今已名聞國際。

2003年華山1914文化創意產業園區成為北台灣跨域交流與發表的舞台後,竹圍工作室便開始轉型,以藝術工廠以及藝術村的型式發展,構成今日的樣貌。

文建會(現已改制為「文化部」)自2007年起補助藝術村計畫,竹圍工作室每年提供固定的名額,與國外藝術家對等的交換交流。這裡提供住宿、創作空間、以及創作資源,讓藝術家們了解台灣文化與藝術生態。其中文化部推行的翡翠計畫,提高東南亞藝術家來台駐村的比例;此外,竹圍工作室每年跟瑞典Halland Konst Museum、新加坡The Artist Village、印尼Cemeti Art House……等都有固定交換計畫。

蕭麗虹說,「在地行動、國際接軌。是我們十幾年來秉持的理念。」她認為,文化是很有能量的東西,交流不是只為了單純交流,還要有在地的行動,從國外邀請來駐村的藝術家,是希望讓他們看到台灣的創作方法,以及台灣的優勢。

工作室團隊自2010年開始思考,如果能夠讓藝術創作與環境對話,或許能建立起藝術與生活接軌的另類脈絡。

藝術介入環境

2011年開始,在策展人吳瑪悧的推動下,以竹圍地區的溪流樹梅坑溪為主題,讓駐村的藝術家以「水」展開一系列的「綠色藝術行動」。

竹圍工作室營運總監李曉雯說,台灣有四百多條類似的小溪,如果都能夠透過藝術策動計畫,喚起居民對環境的共識與行動,讓大家一起關心我們生活周遭環境的議題,藉此喚起保護意識,維護我們身邊的小溪流,小溪乾淨了,河川就乾淨了,海洋因此也就能更乾淨了。

介於山與河、城市與自然之間,竹圍工作室在創作與經營上,與環境對話成為理所當然的課題。

「樹梅坑溪環境藝術行動」中,藝術工作者帶領竹圍國小的學童,從上游走到下游,感受溪流的顏色,聆聽周遭環境蟲鳴鳥叫,觀察沿岸的居住空間,將所見所聞融入創作課程。過程中發現,多數孩子對於住家旁的溪流,原來是相當陌生的。

「建立地方意識,需要一些團體帶領發聲。」李曉雯說,竹圍國小的例子不僅帶動了學生,更進一步影響了老師。老師們也願意延續這樣的教學方式,教給下一代的孩子,現在竹圍國中也已經有一個樹梅坑溪的社團。

吳瑪悧還舉辦一個月一次的早餐會,讓上、中、下游不同地區的居民有對話的機會。居民們一邊吃早餐,一邊分享各自家門前溪流的樣貌,回顧過去,串連起整條溪的故事,過程中竹圍工作室的駐村藝術家也會一起參與。

早餐會特意使用上游居民自耕的蔬菜食材,設計出與地方節氣相符的食譜,這個活動持續進行了一整年,許多文史老師、生態專家、水利專家也加入討論,甚至提出對樹梅坑溪未來的具體想像,過程以影像記錄,製作成紀錄片。

2012年工作室開辦社區劇場,透過老人家分享老照片,口述竹圍地區的故事,將這些老故事編寫成一齣劇,指導當地的年長者參與演出,「每個人都是這項藝術行動中的一分子」,李曉雯說,工作室努力的方向,是讓更多居民一起參與。

去年來台駐村的印尼藝術家Agus Tri Budiarto(Timbil),具有化工背景,他關注印尼私釀酒的問題,在家鄉以工作坊的型式教導正確的釀酒方法,因而發現水質的重要性。他研究辨識水質的方法,來台後與紐西蘭藝術家Andrea Selwood,帶著竹圍國小的學生到樹梅坑溪,利用科學「集魚器」和「石蕊試紙」的方式學習觀察水質。

小溪的越洋朋友

來自新加坡的偶戲藝術團體「十指幫」,為竹圍創作了一個戲偶,取名「阿坑」,阿坑頭上一顆顆紅色的造型代表著樹梅的果實。透過偶戲演出的方式,激發竹圍人對於居住土地的認同感,是一種互動性很強的演出。

去年竹圍工作室再度邀請「十指幫」來台,與樹梅坑溪上游坪頂國小的學生一起製做戲偶,還訪談當地的阿公、阿嬤,創作出新劇本《寫一封信回家》;藝術家們也教導學校老師操偶技巧,希望阿坑的演出可以傳承下去。

關注生態的泰國藝術家Kongsak Gulglangdon,曾經來台駐村3周,他發現樹梅坑溪流入淡水河口之間的濕地,棲息了許多鳥類,甚至他在上游的樹上見到了為數眾多的台灣喜鵲,他對台灣鳥類可以保有生存空間相當感動,為此主動提出希望能夠再來創作的計畫。

因為一系列的活動,竹圍工作室跟社區鄰里建立起緊密的關係,居民不再認為藝術是很有距離的事情。「以前來駐村的藝術家,創作不限媒材、不限創作方式、不限主題。做了樹梅坑溪計畫之後,這兩年開始希望來的藝術家對環境生態有專長,帶來跟環境藝術創作的經驗。」李曉雯說。

淡水海關碼頭去年底展出「綠色藝術行動」這幾年來的成果,泰國藝術家Kongsak Gulglangdon特別帶來8位泰國藝術家共同參展,與台灣藝術家林晏竹、張博涵、謝思盈,一同以環境藝術與生活為題的創作,分享源自樹梅坑溪的故事。

蕭麗虹說,「在社區的事情上,文化人沒有利益衝突,可以讓藝術有一點話語權,用藝術的手法來為我們居住的環境發聲。」

竹圍工作室的下一步,希望從環境生態,拓展到社會環境。他們期待望透過藝術行動,加強外來人口對居住地的認同感與參與度。

從河口到巷口,生活長出創作,小溪形塑參與動力,藝術家扮演引導的角色,這樣的火花不是一時的,而是要薪火相傳下去。 

相關文章

近期文章

EN 日本語

Bamboo Curtain Studio and the Green Art Action

Lee Hsiang-ting /photos courtesy of Bamboo Curtain Studio /tr. by David Mayer

When art and the environment rub elbows, what kind of sparks are they likely to throw off?

Countless artists from around the world have taken part in the residency program at the Bamboo Curtain Studio, where art and environmental sustainability come together.

By focusing attention on Plum Tree Creek, which empties into the Danshui River not far from the studio, local residents and the artists engage in an ongoing dialogue that leads to a new and deeper understanding of the local area.

 


If you exit the Zhuwei MRT Station and walk ten minutes along the riverside bicycle path toward Tamsui, right alongside the path you’ll come across a nondescript row of ramshackle structures that house the Bamboo Curtain Studio (BCS).

Back in 1995, these buildings were a group of abandoned poultry sheds. But the artist Margaret Shiu, needing a space for her work, converted the property (owned by her husband’s family) into her personal atelier, where she took to working with ceramics alongside Chen Cheng-hsun and Marvin Minto Fang.

The artists who’ve worked in residence here over the years have needed an environment very different from what can be found at the mainstream art galleries and fine arts museums in downtown Taipei.

Artists have the freedom in this space of more than 2,600 square meters to set fires, cause inundations, drill holes, and even let mold and ants run amok. The ideal of “breaking down barriers and borders” has made the BCS into a hotbed of experimental art, and turned a covey of poultry sheds into a platform for free creation.

Art intervenes in public space

For artists, a really big space like this has posed challenges and enabled many Taiwan-based artists to develop a mature style of their own. A good case in point is Michael Lin. As one of several artists taking part in 1998 in the “Back from Home” exhibit, Lin took a work originally executed at life size and expanded it to make an experimental piece that brought international acclaim. And it was at the BCS that Wang Wen-chih started on the rattan and bamboo weaving for which he is now world famous.

In 2003, as Huashan Creative Park came to the fore as a multidisciplinary arts platform for northern Taiwan, the BCS began to transition into the arts atelier and arts village that it is today.

After the Council for Cultural Affairs (now the Ministry of Culture) began subsidizing arts village projects in 2007, the BCS launched an international exchange program for a fixed number of foreign artists each year. Under the program, artists are provided with lodgings, work space, and resources so that they can come and learn about Taiwan’s culture and arts scene. The Ministry of Culture is now implementing the Emerald Initiative to increase the share of resident artists in Taiwan who come from Southeast Asia. In addition, the BCS has set up ongoing exchange programs with Halland Art Museum in Sweden, The Artists Village in Singapore, and Cemeti Art House in Indonesia.

Margaret Shiu states: “We’ve adhered to the idea of ‘local action, global connection’ for over a decade now.” She adds that culture is a force to be reckoned with, and exchange is not just done for the sake of exchange; local action is also needed, and the point of inviting foreigners to come and serve as artists in residence is to have them see how art is produced in Taiwan and what Taiwan’s strengths are.

In 2010, BCS staff started thinking about whether it might not be possible to link art to everyday life by creating a dialogue between artistic creation and the environment.

Art intervenes in the environment

In 2011, curator Wu Mali arranged for the artists in residence to launch a Green Art Action series focusing on the nearby Plum Tree Creek.

According to BCS research and development director Catherine Lee, there are over 400 streams of this sort in Taiwan, and if artists could launch a similar campaign for each one to get local communities concerned and involved with riparian environments, the result would be cleaner streams, then cleaner rivers, and then a cleaner ocean.

In the Environmental Art Movement at Plum Tree Creek, artists lead students from Zhuwei Elementary School along the length of the creek, from the upstream reaches on down, so that they can become familiar with its colors and listen to its birds and insects. These types of outings are incorporated into schools’ art instruction. During the course of the project, the artists have discovered that most children are very unfamiliar with this stream near their homes.

“To raise local consciousness, you’ve got to have some social groups to take the lead,” says Lee, who mentions the example of Zhuwei Elementary School, where the artists have piqued the interest of the students, and then the teachers. The teachers want to continue this type of education for the sake of the students. Now the students at Zhuwei High School have a Plum Tree Creek activity club.

Wu organized monthly breakfast meetings for a time to afford people living along the upper, middle, and lower stretches of the creek chances to get together and communicate. Participants discussed what was happening in the creek near their homes, recalled times past, and in the process put together the story of the whole creek. And the artists from the BCS were involved throughout the entire process.

At the breakfast meetings, they used vegetables grown by residents living near the upper reaches of the stream, and made sure that the food tied in to the seasons. During the meetings, which continued for a year, they arranged for antiquarians, ecologists, hydrological experts, and other such persons to take part in the discussions and provide their views regarding the future of Plum Tree Creek.

In 2012 the BCS launched a community theater. They got together with old folks in the area to look at old photos and talk about the old days, which they then incorporated into plays in which local senior citizens acted under the direction of BCS artists. Says Lee: “Every single person played a part in this art action.”

Friends from overseas

The first resident artist this year at the BCS was Agus Tri Budiarto (Timbil) from Indonesia. The holder of a degree in chemical engineering, Timbil has been involved in a project in his homeland to develop a safe generic fermentation method for home-brewed alcohol. He has set up workshops in Indonesia to teach people proper fermentation methods. In the course of this work he has discovered the great importance of water quality, and developed a method for testing it. After coming to Taiwan, Timbil joined with New Zealand artist Andrea Selwood to lead students from Zhuwei Elementary School to Plum Tree Creek to test the water quality using a fish caller (a device that uses sound to attract fish so that one can observe which species are present) and litmus paper.

A Singaporean puppetry troupe—The Finger Players—did a residency at the BCS in 2012 and created a puppet called Ah Keng. The puppet’s head is covered with little red orbs symbolizing the bayberries (Myrica rubra) growing along Plum Tree Creek. By means of puppet shows, the troupe got local residents to feel a connection to the surrounding environment. These shows were highly interactive in nature.

At the invitation of the BCS, The Finger Players returned to Taiwan this year to make puppets together with students at Pingding Elementary School, located near the upper reaches of Plum Tree Creek. Troupe members also interviewed old folks in the area, created a new play, and taught members of the school faculty how to manipulate the puppets in hopes that Ah Keng could continue performing once the troupe had moved on.

Kongsak Gulglangdon, a Thai artist with a special interest in environmental preservation, did a three-week residency in Taiwan last year and discovered a wide variety of birds living in the wetlands where Plum Tree Creek empties into the Danshui River. Also, along the upper reaches of the creek, he saw lots of Eurasian magpies. He was very impressed to see the many viable bird habitats in Taiwan, and expressed an interest in coming back to Taiwan this year.

The many activities organized by the BCS have forged close ties with the local community, and residents no longer feel that art is something distant. Says Lee: “Since launching the Plum Tree Creek Project, we’ve started hoping in the last two years to attract more artists with environmental expertise who can share experience in the field of environmental art.”

Just last month—when the BCS held an event at the Tamsui Customs Wharf to exhibit some of the work that’s been done over the past few years as part of the Green Art Action—Kongsak Gulglangdon led a group of eight artists from Thailand to take part. Together with counterparts from Taiwan, they displayed works of environmental and life-themed art to share stories connected with Plum Tree Creek.

According to Margaret Shiu: “When dealing with community matters, people from cultural circles have no conflicts of interest. They can see to it that art has a voice, and they can use the medium of art to speak on behalf of the environment in which we live.”

Art sprouts forth from the place where we live, from the mouth of the creek to the streets and lanes of the community. The creek generates an impetus toward public participation. The artists just serve as catalysts. Sparks of this sort are not short-lived, but ignite flames that stay alive through the generations. 

バンブー・カーテン・スタジオの グリーンアート・アクション

文・李湘婷 写真・竹圍工作室提供 翻訳・久保恵子

芸術と環境保護がぶつかると、どのような火花を散らすのだろうか。

世界から数多くの芸術家を迎えたことのあるバンブーカーテンスタジオ(竹囲工作室)は、創作と環境の持続可能性を結び付けたアートビレッジなのである。

樹梅坑渓の川を遡っていくことで、現地の住民と芸術家が交流を図り、この土地への認識を深めることができる。


台北MRTの竹囲駅の出口を通る自転車道を淡水の方向に10分ほど進んでいくと、人目に立たずにバンブーカーテンスタジオがある。

1995年まで、ここは荒れ果てた地鶏の養鶏場だったが、芸術家の蕭麗虹が創作の場を求めて、嫁ぎ先のこの土地を個人アトリエに改造した。そこに陳正勲と范姜明道が集まり、3人の現代陶芸家がここで創作を開始した。

ここに集まってきたアーティストは、台北市の中心にある画廊や美術館とは異なる自由な創作空間を必要としていて、彼らが自由に出入りできるように、かつては鍵までが入り口に置いてあったという。

クリエイターたちはこの800坪の空間に火をつけ、水をまき、穴を掘り、時には蟻や黴菌に襲われながら、枠を超えた芸術理念をもって実験的な創作の場に生まれ変わらせた。かつての養鶏場が自由な発表の舞台となったのである。

空間にアートが介入

ここに広がる大きな空間は芸術家にとってチャレンジともいえる。空間にアートが介入するとは、各種の行動により芸術が様々な場に進出することであり、台湾生まれの芸術家の多くがここで育ってきた。たとえば1998年の「君、故郷より来る」連合展で、林明弘は原寸の作品を倉庫の壁一面に拡大し、後に試験的作品として世界に知られる。王文志の作品の「藤雲架屋」もここから始まった。自然環境と対話する竹とラタンを編んだ芸術は今では世界に認められている。

2003年に台北市内に華山1914文化クリエイティブ産業パークが設置され、台湾北部の国境を越えた芸術交流の場となると、バンブーカーテンスタジオは方向転換し、芸術工場とアートビレッジを発展モデルとして今日の姿となった。

文化建設委員会(現在の文化部)は2007年からアートビレッジ計画に補助金を提供することとし、バンブーカーテンスタジオでも毎年一定の人数の外国人アーティストを招き、交流するようになった。宿泊設備と創作空間などをスタジオが提供し、滞在する芸術家は台湾の文化芸術の現在の様相を知ることができる。中でも文化部が推進する翡翠計画では、東南アジアの芸術家を重点的に招待していて、またバンブーカーテンスタジではスウェーデンのハッランド美術館やシンガポールのアーティストビレッジ、インドネシアのチェメティアートハウスなどと定期的な交流計画を実施している。

蕭麗虹は「地元で行動し、世界とつながるというのが、私たちの十数年の理念です」と語る。文化は可能性のあるもので、交流は単なる交流ではなく、地元で行動して、国外から芸術家を招き、彼らに台湾の創作手法と台湾の優れた点を見てもらおうというのである。

スタジオのチームは、2010年から、芸術創作と環境を対話させる手法や、芸術と生活を融合するこれまでとは異なる手法を模索し始めた。

環境にアートが介入

2011年からキュレーターの呉瑪悧の後押しがあって、竹園地区の河川である樹梅坑渓をテーマにして、芸術家と水を軸に一連のグリーンアートの行動計画を展開してきた。

スタジオの運営ディレクター李暁雯は、台湾には同じような小さな川が400本余りあるが、十分な関心を寄せられていないので、こういった芸術計画を通じて周辺住民の環境に対する認識と行動を喚起できればという。生活環境に関するテーマに皆が関心を寄せ、環境意識が高まり、身近な小さな川がきれいになれば、大きな川、ひいては海がきれいになる。

山と川、都市と自然の間にあるこのスタジオは、創作活動と運営方針に、環境との対話を主要課題として盛り込んだのである。

「樹梅坑渓の環境芸術アクション」において、芸術家は付近の竹囲小学校の児童を連れて、上流から下流まで歩いていく。その中で、川の色を見て、虫や鳥の声を聴き、見聞きしたところを創作に取り入れるのである。その過程で、実は多くの子供たちは家のそばの渓流をあまり知らないことが分かった。「地元の意識を高めるには、リードする団体が必要なのです」と李暁雯は言う。竹囲小学校では、児童ばかりではなく教師も動かした。先生方はこういった教育方法を継続していき、次の世代にも受け継がせたいとしており、さらに竹囲中学校では「樹梅坑渓クラブ」が学校内に生まれた。

また呉瑪悧は、毎月一回朝食会を主催し、上流から下流までの地域住民に対話の機会を提供している。住民は朝食をとりながら、家の近くの渓流について語り、過去を振り返り、川全体の姿に広げている。朝食会にはスタジオに滞在する芸術家も参加するという。

朝食会では、上流の住民が育てた野菜を特に食材に用いて、季節ごとの地元の料理をメニューに取り入れてきた。これまで1年間、毎月続けてきた朝食会だが、中には文科系の教師や自然保護の専門家、水利整備の専門家も討論に加わり、樹梅坑渓の将来像を具体的に描き出してきた。こういった過程は映像化し、ドキュメンタリー映画を製作している。

バンブーカーテンスタジオでは2012年に地域劇場のイベントを開催した。地域のお年寄りの写真や、竹囲地区の物語を聞き取り、これをもとに脚本を仕上げ、現地のお年寄りを指導して舞台に出演してもらった。「誰もがこのアクションの一員なのです」と李暁雯が言う通り、彼らはより多くの住民の参加を目指している。

去年、台湾にやってきたインドネシアの芸術家Agus Tri Budiarto(Timbil)は、化学系の学科を卒業していて、インドネシアの家庭での酒造問題に関心を抱いた。そこで故国にあっては地域で正確な酒造方法を指導していたのだが、そこから水質の重要性を感じていた。水質を鑑定する方法を研究していて、台湾に来てからはニュージーランドの芸術家Andrea Selwoodと共に、竹囲小学校の児童を連れて樹梅坑渓を訪れ、そこでリトマス試験紙や集魚器を使って、水質観察を行ったのである。

小さな川を訪れる外国の友人

シンガポールの人形劇団ザフィンガープレーヤーズは、竹囲で「阿坑」と題する人形劇を創作した。阿坑の頭の赤い飾りは樹梅の果実を表している。人形劇により、竹囲の人々の郷土の認識を深めるという公演だった。

バンブーカーテンスタジオは、去年もザフィンガープレーヤーズを招き、樹梅坑渓の上流にある坪頂小学校では児童と共に人形劇を創作した。さらに地元のおじいちゃん、おばあちゃんに取材し、新しい脚本「家への一通の手紙」を書きあげた。芸術家たちは、これからも人形劇の阿坑が受け継がれていくことを期待し、学校の先生たちに人形劇の技術を教えた。

自然保護に関心を抱くタイの芸術家のKongsak Gulglangdonは、かつて台湾を訪れて3週間滞在したことがある。その時に、樹梅坑渓が淡水河に合流する河口の湿地帯に数多くの鳥が生息することを発見し、さらに上流の樹上にはカササギを数多く目にして、台湾には鳥が生息できる空間が多く残されていることに感動した。そこで、もう一度台湾を訪れて、創作に当たりたいと希望した。

バンブーカーテンスタジオでは一連の活動やイベントを通じて地域住民と緊密な関係を構築してきて、住民もアーティストとの距離を縮めてきた。「これまで滞在した芸術家に対しては、創作手法やテーマ、メディアに制限を設けていませんでした。樹梅坑渓計画を実施してからこの二年は、環境や自然に専門性を有していて、環境芸術の創作経験を紹介できる芸術家の滞在を希望しています」と李暁雯は言う。

淡水の税関埠頭では、去年の末にグリーンアートアクションが開催され、ここ数年来の努力の成果を展示した。この展示にはタイの芸術家Kongsak Gulglangdonが特別にタイから8人のアーティストを連れて参加し、台湾の芸術家である林晏竹、張博涵、謝思盈と共に、環境芸術と生活をテーマに創作活動を行った。ここでも樹梅坑渓が物語が中心となったのである。

蕭麗虹は「地域にはそれぞれの事情がありますが、文化人には利害関係がないので、芸術は何らかの発言権を持つことができます。芸術の手法を用いて、私たちの住む環境のために発言できるのです」と言う。

バンブーカーテンスタジオの次の目標は、環境や自然保護から社会環境へと広げていくことである。芸術行動を通じて、よそから移り住んできた人々に、地域への認識を深めてもらい、社会参加を促したいと願うのである。

河口から地域の裏通りまでをカバーする、生活に根差す創作で、小さな川が参加への原動力を形作ってきた。芸術家が演ずる役割は、一時的な花火ではなく、長く地域に根付き、伝えていかなければならないものであろう。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!